国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <バノン、側近たちと激突。ホワイトハウスを去る

2017/08/19

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月19日(土曜日)
        通巻第5399号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 バノン、側近たちと激突。ホワイトハウスを去る
  トランプを支えた首席戦略官、クシュナー、マクマスター、ケリー連合に苦杯
****************************************

  トランプ大統領の上級顧問、首席戦略官として一時期はホワイトハウスを牛耳ったステーブ・バノン。左翼メディアが眼の仇にしたほど影響力が強く、四月にはTIMEが表紙にしたほどだった。
その彼も8月18日に『辞任』を発表、事実上の更迭である。

 北朝鮮問題で周囲と激突し、とくに中国への貿易戦争の解釈で大統領とも対立、このところ更迭説が有力だった。
全米各紙ならびにテレビは一貫してバノンを敵視してきたため、歓迎論調、逆に保守陣営は怒りを表明し、「ゴールドマンサックスのロビィに転落したトランプ政権との戦いが始まる」と政権批判に転じた。
ひょっとして後世の歴史家は「このバノン解任でトランプ政権の姿勢が変わった」と書くことになるかも知れない。

 ステーブ・バノンは選挙中にも、「いずれ五年以内にアメリカは中国と戦争になる」と予言していた。共和党の過半の考え方は中国との宥和、共存的競合関係の維持を望んでいるため、バノンの大統領への影響力は次第に先細りになっていた。

 そこでバノンは更迭される直前、珍しくメディア(それも左翼メディア)に登場し、トランプが北朝鮮に対して「米国への脅しを続けるのであれば「炎と怒り」で報いを受けることになる」と警告したことに関してコメントし、「北朝鮮問題に軍事的な解決策はない。これは前座に過ぎない。それより北朝鮮問題で誠実な仲介役を中国に期待するという罠に陥ってはならない」といった。

トランプ大統領の対中姿勢の大幅な後退ぶりに対しての当てつけともとれる。大統領は北と中国を「口撃」するばかりで、中国への45%関税も為替操作国への指定もなされず、南シナ海における中国の横暴にも敢然と対応できていないとする批判が含まれる。

またバノンは「米国は中国と経済戦争の最中であり、どちらかが25年から30年後に覇権を握る。このまま行けば彼らの勝ちだ」と大統領の周囲とは異なる発言を繰り出した。現にIMFは七月の報告で『2022年に中国は米国のGDPを上回るだろう』としている。
 つまり、この発言はホワイトハウス内のクシュナーとジョン・ケリー首席補佐官、マクマスター補佐官への批判なのである。
 
 浮き上がった立場に追い込まれたバノンはことあるごとに彼らと激突した。業を煮やしたトランプ大統領はバノンを遠ざけ始め、大統領の周囲ならびに共和党の大半がバノンの更迭を叫ぶ状況となっていた。

 発足からわずか七か月で、トランプはフリン補佐官、スパイサー報道官、スカラムチ広報部長、プリーバス首席補佐官とバッサバッサ馘首してきた。こうなるとホワイトハウスは誰がまとめているかといえば、女婿クシュナー、首席補佐官となってジョン・ケリーのふたり、そのうえで重要事項の決定はマティス国防長官、マクマスター安全保障担当補佐官の四人が最強ということになる。

 この陣営と国防、外交における政策をみていると、今後のトランプ政権は最強の軍人内閣といえるかもしれない。
      □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (休刊のお知らせ) 小誌は8月21日から十日ほど休刊となります。  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日清・日露の勝因は「政治と軍の連携がうまくいった」からだが
   大東亜戦争では不一致という齟齬が、状況をいっそう悪くした

  ♪
江崎道朗『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(PHP新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 コミンテルンは世界共産革命をおこす陰謀の中心センターだった。
ソ連としては、敵のエネルギーを消耗させ、疲労困憊させて意欲を失わしめ、その隙を狙うのである。
したがって日米英を戦わせるという世紀の大謀略に、アメリカも英国も、そして日本も騙され、振り回され、しかも第二次世界大戦を終わってみれば、中央ヨーロッパは赤化され、中国も共産党の独裁体制となり、戦後はアジア諸国にターゲットが絞られ、ベトナム、ラオス、カンボジアが赤化した。
 結局は誰の責任か?
ルーズベルトより前に江崎氏はウィルソンをあげる。
人種差別反対を叫んだ日本の主張を退けたのはウィルソン政権だった。
そのうえ、日本の知識人は社会正義、不平等撤廃という名状しがたい「正義」のテーゼがあり、ウィルソンを敵視した。
日本に於けるメディア工作と大学教授等が、そういうムードをつくったのだが、「当時の日本のエリート達から見て、憎らしく、迷惑この上なかったのが、アメリカのウィルソン大統領であり、レーニンとソ連はむしろ、そのウィルソンを牽制するような存在だった」(142p)。
それゆえ、日本では左翼が強くなった。
しかも近衛文麿内閣は優柔不断、日本の進路を誤らせた。近衛自身が語ったように、かれは「二重人格者」だった。
 その近衛内閣のブレーンが集まるのが昭和研究会。ここに朝日新聞記者の尾崎が、愛国者の仮面をつけて紛れ込んだ。いやそればかりか昭和研究会の意見をリードした。尾崎はゾルゲの配下にあってコミンテルンのスパイだった。
 中国では1921年に共産党が陳独秀によって創立され、しかもそのメンバーが来日して、「堺利彦らに対して、旅費を出すから翌年一月にモスクワで開催される極東民族大会へ出席するよう要請した。これに応え、日本から徳田球一らが極東民族大会に出席、その後に日本共産党がつくられることとなった。(中略)日本共産党は、コミンテルンの指示を受けた中国共産党の指揮下で結成されたのである」(148p)
 コミンテルンの主張が、なぜ易々と日本に浸透できたのか。 
 それがいちばんの謎であった。

 本書で江崎氏はコミンテルン成立以前の、レーニンの生い立ちから説き起こし、ソ連成立前史にも焦点を当てる。なぜレーニンが台頭し、しかもボルシェビキを中核とする暴力謀略集団が、多数派のメンシェビキを粉砕し、資本家とブルジョア階級を根こそぎ粛清してしまったのか、その謀略の淵源、その謀略が好きなかれらの体質の本質にあるものとはいったい何かを諄々と説き起こしている。
 戦前、日本帝国陸軍にもコミンテルンの細胞は浸透していた。大学の知性は失われて、共産主義礼讃の思想が猖獗を極めた。
 本書は、そうした裏面史を巧みな例証と早い筆致で綴る。
 次の指摘も重要である。すなわち日清・日露の勝因は「政治と軍の連携がうまくいった」からだが、大東亜戦争では不一致という齟齬が、状況をいっそう悪くしたのだと分析するのである(320p)。
 さて読み終えて考えたのは、現代日本である。メディアはまるで戦前のコミンテルンの秘密指令でもあるかのように、面妖で謀略的な論調を掲げて日本を奈落の底へ突き落とそうとしている。
 対応する政治家の感覚は鈍く、全体的に戦う保守の力は弱く、共産主義の謀略にあっけないほどに団結しない。これはアメリカも同じであるが、危機意識の欠乏こそが次の危機を産むのである。
 レーニンは「5%の組織された人間が残り95%を支配する」と言い、毛沢東もこれにならった。しかし5%ではなく1%でもよいのである。
 「確信を持った一人の人間は、単に利害関係の実を有する99人に匹敵し得る社会的な力である」(ジョン・スチュワート・ミル)。 
          ◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ▼READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 前号拙文中(貴誌5298号「読者の声2」)、「 TIME誌によるロシアにおける支那人観光客数は2016年は760万人」と記しましたが、76万人の誤りでした。訂正を御願いします。
(KU生、世田谷)



   ♪
(読者の声2)「中国ガン・台湾人医師の処方箋」(林建良著)。中国の本質を知る最高の解剖学とその処方箋が本書に掲載されています。
その3
 【ブラックジャックになれ】優等生的医者では治せない中国ガンーー ブラックジャックは日本的発想

 中国ガンに対し、日本はどのような対応をとるべきか。これほど深く、広く、そして速度の速いガンに対しては、一般的な手法、普通の優等生的な治療法では歯が立たない。つまり、今の日本の体制、思想では対処しようがないと断言できる。

そこで日本は普通の医者ではなく、「ブラックジャック」にならなければならない。
日本の医者はルールに縛られ、認められている治療しか行わない。そもそも日本の医者は、頭の良さよりは根性で勝負する受験戦争を勝ち抜いた人間たちだ。医学生はルールだらけの医学部で学んだ後、社会に出た途端、高い地位を手にする。だから、ほとんどの医者はその地位を守ってくれる医学界の軌道からはみ出ることをせず、忠実に医学界のルールに従っている。

それに対して手塚治虫が描いたブラックジャックは、医師会に所属したり、大学病院に勤務したりするような優等生的な医者ではない。医学界どころか、世の中には認められないような存在である。彼は他人の批判を恐れず、型破り、破天荒な発想、哲学を持ち、きわめて大胆な治療を行う。その哲学は「どんな方法を使ってでも、この病気を治す」である。そして、自分の独自の発想でやりたい治療を行う。

この作品の魅力がいかに大きいかは、全世界に多くのファンがいることを見ればわかるだろう。ブラックジャックが二十数ヵ国の言葉に翻訳され、広く読まれ、愛されている。それはブラックジャックの義侠心が感動を与えているだけでなく、彼の大胆とも言える手法が、荒唐無稽の発想からではなく、それなりに現実性を持っているからだろう。
なぜルールを最重要視する優等生国家である日本に、そのような異端児、一匹狼のブラックジャックが生まれたのだろうか。だが、一台湾人の目からみれば、日本だからこそブラックジャックが生まれたのだと思う。ブラックジャックは極めて「日本人的発想」なのだ。

●東大医学図書館にブラックジャック全巻

私自身、台湾の医学部にいたときにこの作品を読んでいる。当時、台湾でコミックとは、買うものではなくレンタルするものだったが、同級生が講堂で医学講義を受けているとき、私は何十冊もの『ブラックジャック』を借りてきて、家の中で「勉強」していた。
しかし、これを笑ってはいけない。なぜなら「白い巨塔」といわれる大学の医学部の、そのまた頂点である東大医学部の、その知識を象徴する医学部図書館に入ると、一番手前の本棚に置かれているのは『ブラックジャック』全巻である。つまり東大医学部ですら、ブラックジャック的な創造力と冒険心がなければ、病気を治すことなどできないと考えているのだ。

日本にブラックジャックが生まれたことは、歴史を見ればわかる。信長、秀吉、家康などの戦国時代の武将たちは、みな型破りな発想を持った存在だった。明治維新の志士たちも同じで、体制の中で当然と思われていることを打破し、新たな体制を作りあげた。彼らが作った体制とは、近代国民国家という、それまで日本には存在しないものだった。

昭和時代に入ってからの大東亜共栄圏構想なども、EUなどの今日のグローバル経済圏の一つの原型になっている。満州国の建国も、今ではよその土地に国家を造るなどとんでもないことだと批判されるが、そこに数百万人もの中国人が喜んで住みついたのだから、まさに日本人の創造力と冒険心が生み出した歴史上の奇跡である。実際、台湾と同様、日本人が建国した満州国は現在の中国東北経済圏の産業基盤になっている。

ルールに縛られて活力を失っている今の日本人は老人のように見えるが、かつてはこのように、未知の世界に飛び込んで成功を収めてきたのである。だから、かつての活力を取り戻すことができれば日本はブラックジャックになれるのだ。

●ブラックジャックならどうするか?

ブラックジャックなら、どのような大胆な手法で中国ガンを退治するのだろうか。ブラックジャックを読んで医者になった私は、いつも「師匠」なら、どうするのかと考える。既成の概念にとらわれず、細心かつ大胆な中国ガン治療法とはなにか。
中国ガンの治療方針は、以下の事実を認識した上で立てなければならない。

1、ガン細胞は完全に殲滅できないこと。
2、治療には痛みが伴うこと。
3、ガン細胞の強い抵抗に必ず直面すること。
4、日本がイニシアチブをとらなければいけないこと。

中国ガンは普通のガンと違い、十三億の人間を外科的手法で摘除することは当然不可能である。そこが中国ガンを退治する一番の難点であろう。だからこそ、ガン細胞を殲滅するではなく、無害化する以外に取るべき方法はない。どうやって無害化できるのか、ブラックジャックならどうするのか?

中国ガンを治療するにあたって、一番の困難は恐らく日本国内からの抵抗であろう。まず経済界からは株が大暴落からやめろとの大合唱が起こり、外務省からは中国が報復するからやめろと邪魔をするだろう。国民からも余計なことをするなとの非難の声が起こるだろう。
このような反応は想像ではなく、確実に起こると言ってよい。

●「中国を刺激するな」という金科玉条

 ガン治療の難しいところは、ガン細胞の狡猾さと強い生存本能と戦わなければいけないことだ。中国ガンも然り。世界第二の経済力を持つ核保有国で、国連安全保障理事会の常任理事国でもある中国ガンは、日本以上に影響力を持ち、軍事力を使うこともためらわない。このような中国を怒らせないでガン治療することは至難の業だ。しかし、中国ガンを退治しなければ、地球全体が壊滅してしまうことは明らかなのだ。
戦後の日本は国際政治に主導的な役割を果たさず、経済のみに専念してきた。中国のことに関しても同じアメリカ任せだった。
 日本は中国と国交を樹立して以来、中国の嫌がることをしない、中国が聞きたくないことを言わないようにしてきた。「中国を刺激するな」という姿勢をかたくなに、まさに金科玉条として守ってきた。だから、資金も技術も投入して中国の経済発展に貢献するだけでなく、「反日」という中国社会のガス抜き機能にも一役買っている。
 つまり、日本は中国ガンにとって、栄養分を供給してくれるだけでなく、中国社会が時たま服用しなければいけない「ナショナリズム」という名の安定剤にもなるありがたい存在なのだ。
 しかし、いくら中国に贖罪意識が感じていたとしても、中国ガンの牙は日本に向けられていることを忘れてはいけない。やがて全世界を侵食してしまう中国ガンが真っ先に飲み込もうとしているのは、日本と台湾なのだ。

●日本にしかできない神業とは

中国問題をアメリカ任せにしている日本は、実は中国と二千年以上、対等に渡り合ってきた国だ。日本の中国研究は世界でも屈指なのだが、その正しい知識は政界や財界に反映されていない。それどころか、日本の政財界もマスコミも、中国の真実から目を背けている。
 アメリカは太平洋国家と言っても、思想や知識の面ではやはり西欧中心である。さらに一神教のキリスト教国家であるため、思想的には善と悪がはっきりしており、灰色的な中国思想の深層部分を完全に理解することは難しい。
 その点で日本は違う。二千年以上の中国に対する累積知識は世界のどの国をも凌駕している。だから戦争のトラウマがあるにせよ、日本がイニシアチブをとらず、中国問題をアメリカ任せにすることは無責任な態度だと言わざるを得ない。この厄介な中国ガン退治は、日本が主導して挑む以外に方策はないのだ。
 では、師匠のブラックジャックなら、中国ガンをどう治療するのか?
 
 私が台湾のガンセンターで研修していたとき、センター長の先生がよく口にしていたのは「手術は成功しても、患者が死んでしまったケースは、医者の驕り以外なにも残らない」という戒めだった。
 現実世界にはこのようなことがよくある。妥協しない外科医ほどガン患者を死なせる。中国ガンを退治することも同じであるが、重要なのは地球が健康になることだ。ガン細胞を一つ残らず綺麗にとろうと、広範囲の組織を摘除して患者を痛めつけたうえ、死なせてしまうような治療ではなんの意味もない。
 だから、中国ガンの治療は限定的切除と広範囲な免疫療法によって、中国ガンを無害化する以外に道はない。このような神業はブラックジャックを生み出した日本しかできないのだ。
   (史実を世界に発信する会)



  ♪
(読者の声3)「楽園の夢破れて」で、最初の段階で北朝鮮帰国事業の虚偽を告発した関貴星氏のご息女、呉文子氏の最新作「記憶の残照の中で」(社会評論社)が発行されました。
様々な音楽をはじめとする文化との出会い、両親との様々な思い出、朝鮮総連で受けた圧迫、そして、一時は北朝鮮帰国を決意しようとした呉氏夫妻を、割腹自殺してでも止めようとした関貴星氏の想いなど、全編が在日コリアン女性の生涯を通じた現代史の証言となっています。
ぜひご一読をお勧めします。なお、光栄なことに本書に私の拙文を寄稿させていただく光栄に恵まれたことを、著者に深く感謝いたします。
http://hrnk.trycomp.net/news.php?eid=01239
北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
hrnk.trycomp.net
   ((三浦小太郎)



  ♪
(読者の声4)元防衛事務次官 守屋武昌先生講演「日本はアメリカに守ってもらっているのか」(日本のこころ タウンミーティング in 東京)。
 守屋武昌(もりや たけまさ)先生 元防衛事務次官:1944年、宮城県塩竈市生まれ。東北大学法学部卒。71年、防衛庁入庁。装備局航空機課長(FSX担当)、長官官房広報課長(カンボジアPKOの広報担当)、防衛局防衛政策課長(阪神・淡路大震災対応)などを経て、96年、内閣審議官として普天間問題に係わる。長官官房長、防衛局長を務めた後、2003年、防衛事務次官。07年8月に防衛省を退職。
  記
【日 時】 平成29年9月16日(土) 14時〜16時30分(開場:13時40分)
【会 場】 文京シビック4階ホール(文京シビックセンター内)
        東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111
交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」直結or都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円
大学生以下無料、党員無料(当日申込も受付)
【懇親会】 17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】 9月15日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は9月14日 23時迄。当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます)
【主 催】  千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
         https://twitter.com/Masahiro_Senda
         FAX 0866-92-3551
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
【後 援】 一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会 岡山県支部



  ♪
(読者の声5)中共の軍事をからめた攻撃的な対外活動が西側で問題になっています。そこでこの活動資金をみると西側への輸出による莫大な利益です。 
 しかし中共が、西側が苦労して構築してきた信用制度を無料で使っているのは不公平と思います。
そこで日米など中共に投資している国は、共同して中共産品の輸入に当たり、信用利用料を取るべきではないか。
そしてこれを積み立てて、中共へ投資した外資の保全を図るのはどうでしょうか。中共も勝手なことが出来なくなります。 
  (東海子)



  ♪
(読者の声6)『北の大地は大丈夫か 日本が中国に支配される危機』
視察報告と講演のご案内
北海道の現状視察団の報告と こうした問題に関わって来た言論人に登壇して頂き、北海道が32番目の自治区になると中国メディアが報道されている事が現実とならないよう国民運動として盛り上げていきましょう。
 外国人労働者の大量受入れと移民化は確実に進み日本は取り返しの付かないことになります。一人でも多くの方にこのイベントに参加して頂きたく又誘い合ってお越し下さい。、  
 第1部 【北の大地は大丈夫か】           
ビデオメッセージ 山谷えり子 参議院議員
視察報告   山田 宏 参議院議員
【北海道の現状と問題点】
宮本 雅史   産経新聞編集委員
小野寺 まさる 元北海道議会議員 
第2部 【日本が中国に支配される危機】
アジア自由民主連帯協議会 三浦小太郎
日本沖縄政策研究フォーラム仲村 覚  
         記
とき    8月23日(水) 開演 16:30 19:45 終了予定
ところ   憲政記念館 講堂
参加費   1000円(事前予約不要 )
総合司会  赤尾由美
主催者挨拶英霊の名誉を守り顕彰する会 佐藤和夫 
後援団体代表挨拶  日本会議東京本部    加瀬 英明
閉会挨拶 新しい歴史教科書をつくる会 岡野俊昭
主催 英霊の名誉を守り顕彰する会
後援 日本会議東京本部、アジア自由民主連帯協議会、日本沖縄政策研究フォーラム、新しい歴史教科書をつくる会、美し国、なでしこオピニオンの会、史実を世界に発信する会、呉竹会、二宮報徳会、そよ風、自治基本条例に反対する市民の会、東京教育研究会、空の神兵顕彰会、幕末史を見直す会 
お問合せ 090-6709-9380 (佐藤)
       ◎□◇◎□◇◎□◎◇□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ▼
重版出来!(定価1296円) 
  ♪♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アメリカ通の藤井氏は最新のワシントン情報を分析し、ペンタゴンの慎重かつインテリジェンスの高い動向から、トランプ人事の軍人重視を良しとする。
 中国通の宮崎氏は、高層部の動きと軍の北朝鮮との絡みからも、アメリカが攻撃することを阻止するうえ、どうしても、この緩衝地帯、鉄砲玉を維持したいと動いている。
 「トゥキジディスの罠」をめぐって両者の意見は交錯しつつ、世界情勢の次がどう動くかの激論が続く。世界情勢を政治、経済をカバーし、裏情報満杯、直近の分析。
 https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/

  
 ▲
大好評発売中 (定価1080円) 
  ♪♪
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/


   ♪
<絶賛発売中!>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は8月21日から十日ほど休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/08/19

    スティーブン・バノン首席戦略官が辞任することになったようです。マスコミへの情報漏えいを組織した人物という疑いがかかっていた関係で、辞任に追い込まれる可能性が高かったわけですが、予想通りの結末になったという感じです。

      ホワイトハウス内では、トランプ大統領の娘イヴァンカさんと夫のクシュナー氏が、バノン氏と主導権争いをしていましたが、ようやく決着がついたわけです。

      マイケル・フリン氏の辞任は残念ですが、それ以外の人物はトランプ大統領にとってあまり好ましい人物とは言えません。トランプ大統領は、周りをほぼ敵方に囲まれていたのがわかります。

      バノン氏を排除したことで、トランプ政権の司令塔はイヴァンカさんになり、ペンタゴンの良識派が軍事を押さえ、キッシンジャー氏の部下が外交をコントロールしているという形でまとまってきました。

  • 名無しさん2017/08/19

    「非戦ネット」

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/08/17/1853-%ef%bd%a2%e9%9d%9e%e6%88%a6%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%8d/

    日本でテロリストの指定をするのは簡単ではないが、外圧を利用すればスライド指定ができるようにすでに法整備は完了している。国連での北朝鮮制裁が日本でも制裁強化の原動力となっている。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18609421.html

    経団連会長は朝鮮人「崔定征」通名 榊原定征 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-4862.html

    女系論は難癖だけ

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/nankuse.htm

    62番のバス

    https://www.google.co.jp/search?q=62%E7%95%AA%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%B9&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiU26f48-LVAhVGsJQKHbdiBU4Q_AUICygC&biw=1097&bih=531

    第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会

    https://yutakanaumi-fukuoka.jp/

    続柄(つづきがら)

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%9A%E6%9F%84

    シャーロッツビルの暴動の背後にCIA、ディープステート、ジョージ・ソロス、ヒラリー陣営が!

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52013017.html

    離婚は遺伝する!? 「両親の夫婦仲が子どもに与える影響」調査で判明

    https://www.men-joy.jp/archives/314560

    錆びたものを食べると体も錆びる 

    http://www.long-life.net/new_page_294.htm

    エボラ患者、Zmapp効かず、エボラで死亡

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=18&cid=11

    この3品をミックスすれば、癌になることはない!

    http://blog2.tumuzikaze.net/index.php?QBlog-20150312-1&mode=category&catname=%E7%99%8C%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82

    島津公爵家 薩摩藩主 その2 

    http://omugio.exblog.jp/17385924/

    歴史の舞台に登場した能勢地方とその人物 

    http://shoprenkaryohin.blog91.fc2.com/blog-entry-125.html

    立候補者の名前はなぜひらがな表記?

    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/676510.html

    白百合学園

    http://blog.goo.ne.jp/kudan0074/e/681f916862a47dfefc5d8ca99163277c

    関西と関東の海水浴場が違いすぎると話題に →画像

    http://2ch-matomenews.com/254954/

    「強い絆」は重すぎる!? 『生き心地の良い町』オンライン読書会で学んだこと 

    http://hirocsakai.hateblo.jp/entry/ikigokochi-book-club

  • 名無しさん2017/08/19

    バノン、側近たちと激突。ホワイトハウスを去る トランプを支えた首席戦略官、クシュナー、マクマスター、ケリー連合に苦杯←宮崎先生、情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2017/08/19

    東京新聞コラム



    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/08/18/1856-%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/



     NHKが隠した731部隊の裏側 / 凄惨なロシアの強制収容所生活



    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68664605.html



    【女性宮家】はご意向にあらず、おかしいのは「皇室を守っている」と思われている「あの組織」そのものなのだ



    https://togetter.com/li/230689



    これは新しいギャグなのか



    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/atarasiigag.htm



    パレルモ条約はその冒頭にあるように「以前は犯罪として取り締まりが困難であった行為を犯罪化する」という大きな目的があった。



    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18606982.html



    【馬渕睦夫】世界を操る支配者の正体 



    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

  • 名無しさん2017/08/19

    サウジアラビアのバンダル王子が死去したとのことです。68歳で、死因は明らかにされていないようです。8月8日には26歳の別の王子が心臓発作で死んでおり、殺されたと考えた方が自然だと思います。

      バンダル王子はダーイシュ(IS)創設の中心人物の1人でありました。

      もし、今回のバンダル王子の死が、王子たちが次々に消えていることと関係しているならば、バンダル王子が実のところロシアに通じていたことが、ばれてしまったのかも知れません。

      こうしたロックフェラー派による裏切り者に対する粛清と、アメリカで起こっている一連の暴力事件は関連しています。ロックフェラー派の、死に物狂いの抵抗だと考えられます。内戦の起こる可能性はほとんどないでしょう。

  • 名無しさん2017/08/19

    真実の追求の一番最初が、ニューヨークの9・11同時多発テロ(2001年)だった。9・11は、これはおかしいぞ、自作自演だろうと、すぐに、「これは自作自演で、ブッシュがやったんだ」と発言したら、すぐにキチガイ扱いされた。いち早く真実に気が付いているだけである。



     当時の国際情勢を分析してみると、あれは内部犯行、自作自演以外ありえない。ビン・ラデインの仲間が飛行機を乗っ取って、空中でUターンさせて、WTC(世界貿易センタービル)に突っ込むなんて、出来るわけがない。それができるパイロットは、アメリカにだって1人、2人しかいない。ところが、それは簡単にできる。オートパイロットで、座標を打ちこんで「そこに行け」とボタンを押すと、そのまま行く。だから、正確にWTCに突っ込んだ。それができるのはアメリカの軍部(ペンタゴン)しかない。



     ペンタゴンに飛行機だかミサイルが突っ込んだが、あれも巧妙である。飛行機とミサイルは両方飛んでいた。そしてミサイルの方が突っ込んでいる。飛行機はペンタゴンを飛び越えて、レーガン空港におりている。目撃者は飛行機が突っ込んだと錯覚している。実際にミサイルが突っ込んだ場所には、ペンタゴンの財務上の犯罪を追求していたチームが陣取っていたが、全員死んだ。つまり、ペンタゴンの犯罪を隠蔽するための内部犯行だった。



     WTCの方は、地下に金のインゴットがいっぱい寝ているという想定で、ビルが倒壊したので、金のインゴットは全部燃えて溶けてしまったという話にしたが、実は、前日、前々日に全部、金の延べ棒は外に持ち出されている。これも金融犯罪の隠蔽である。



     9・11とオウム真理教事件は繋がっている。これに気付いたのは2006年の頃である。オウム事件はCIAの仕業である。麻原彰晃なんてチンピラ、変なカルト親父ができる仕事ではない。国際的な軍事作戦である。何を目的にしたのか? 

    それは北朝鮮を助けるためである。北朝鮮が南に進入するには、日本国内のアメリカ軍の基地を麻痺させなければならない。そのための陽動作戦をオウムにやらせようとした。何故、オウムがロシアに出て行ったのか? 

    ロシアにはユダヤ人が2%くらい住んでいる。このユダヤ人を糾合して、ロシア国内でユダヤの組織内組織、つまり国家内国家みたいなものを作ろうとした。このオウムのもくろみは潰された。



     プーチンがロシア国内におけるオウムの活動を禁止したというニュースがあったが、プーチンはロシアのオウムの目的をわかっている。だから禁止した。あれはロシアのユダヤ人のオウムなのである。要するに、11世紀に滅亡したハザール王国を再興しようとした。これがオウム・ロシアの役割である。



     オウム事件はマインド・コントロールじゃない。それから、1995年の地下鉄サリン事件は、あれは「サリン・ソマン・タブン・イペリットガス事件」と呼ぶべきであり、7、8種類の毒ガスを混合して使っている。しかもサリンは使った人が全部死んでしまう。だから、サリンガスは使ったけど、それはオウムの作ったものではなく、軍事作戦的に作られたものである。例えば、北朝鮮が作ったものを使用しているか、CIAかもしれない。A液とB液を現場で混ぜると、そこでサリンが発生する。これが軍事作戦で使うサリンである。2液型を使う以外に、作戦に従事した人が生き残れる方法はない。

  • 名無しさん2017/08/19

    >「いずれ五年以内にアメリカは中国と戦争になる」(中略)「北朝鮮問題に軍事的な解決策はない。これは前座に過ぎない。それより北朝鮮問題で誠実な仲介役を中国に期待するという罠に陥ってはならない」

    この辺のバノンの考え方(北朝鮮との軍事衝突は避けることで米国の国力は温存し、通商問題で中国を「締め上げ」ながら、中国経済の弱体化と北朝鮮問題とを通商問題によって解決し、対中国では、南シナ海などについては、最終的には、軍事も辞さない)は、マティス国防長官、マクマスター安全保障担当補佐官の考え方と全く同じということはないのでしょうか?