国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 0< 「さらば、中国」と香港財閥第一位の李嘉誠が靜かに中国から退去

2017/08/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月7日(月曜日)
         通算第5387号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「さらば、中国」と香港財閥第一位の李嘉誠が靜かに中国から退去
  英豪独加のエネルギー産業へ大規模投資を加速。気がつけば中国と離別していた
****************************************

 香港経済は三つの柱で成立している。第一は不動産、第二は国際金融。そして第三が観光立国、免税品の買い物天国、賭場マカオへの中継地。
 この香港経済を明らかに牽引してきたのが李嘉誠率いる長江実業とハッチソン集団、この二つの企業集団の株価だけで香港市場の時価総額の三分の一を占めたこともあった。

 李嘉誠は広東省潮州出身。放浪のあげくに香港へ流れ着き、最初は香港フラワーで当てた。不動産ビジネスに参入し、マンションの開発、分譲ビジネスでさらに当て、貿易、発電、輸送に進出し、いまや電力、ガスでも世界有数の企業となった。

 李嘉誠は天安門事件で世界に孤立した中国に、むしろ果敢に進出し、北京、広州にランドマーク的なビルを建築した。トウ小平、江沢民から深く感謝された。
この成功を見て多くの華僑が後追いし、中国のマンション、ショッピングモールの開発はあたりに当たった。

 そのピークの時(2012年)、李嘉誠は突如、中国大陸に保有してきたほぼ全ての不動産物件を売り払った。人民日報は「逃げるのか、李嘉誠」と批判したが、気にも留めず、「私は一インチの空地も残していない。私が建てたのはすべて価値ある不動産物件であり、高値で売却するのは商業の基本である」とした。逃げの姿勢を否定したのだ。
 中国で七つの旗艦ビルの売却は総額434億元(邦貨換算で7000億円弱。)

 これを見ていた中国大陸の新興財閥は、アリババも大連万達集団も複星集団も、HNA(中国海航)も安邦生命も舵取りを変え、海外企業を買収、海外の有名不動産買収で、中国から逃げの態勢に入ったのである。

 ところがその後の李嘉誠が展開していたのは、西側諸国へのシフトだった。ほかの中国の新興成金のだぼはぜ的な衝動買いとはことなり、李嘉誠には長期的な戦略があった。
 第一に投機的な不動産開発は行わない。
 第二に確実で安定的な水道、電力、ガス供給という分野に本格的に進出する
 第三に自由民主主義の国に投資する。


 ▲投資する対象国は民主主義体制が原則なのだ

 英国では不動産開発、ニュータウン建設も手がけたが、主力はガス、水道、下水処理、電力会社を買収した。
豪でも、カナダでも、同じ大英連邦ゆえに法律、規制が香港と似ていてビジネスがやりやすかったこともあった。この勢いは止まらずポルトガル、ルクセンブルグなどへのエネルギー産業投資を続けた。

海外展開の嚆矢となったのは英国「ノース・アーバイイン・ウォーター」買収(2011年、282億香港ドル(4230億円)で、ついで「ウエールズ&ウェスト・ユテリティ」(12年、82億HKドル=1230億円)。
 
豪では電力供給会社と水道配給会社を買収し、2013年にはルクセンブルグのAVR(発電、水処理企業)を買収した。
その後もガス、水力発電など重要なエネルギー関連にのみ的を絞り、2016年には空前の金額(453億HKドル=6800億円)で、豪のデュエット集団(電力、ガス供給企業)を買収した。

同年にはドイツの総合エネルギー企業「イスタ・ルクセンブルグ」も414億HKドル(6200億円)で買収し、過去六年だけの買収トータル金額は1900億HKドル(2兆8500億円)にも上るのである。

 なぜ李嘉誠実は中国を見限り、本丸香港でも事業も拡大はせず、西側に焦点を絞り込んで投資拡大にいそしんでいるのだろうか。
 それは言うまでのない。中国に未来に夢がないからである。
        □◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は8月9日―14日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「北の大地は大丈夫か? 日本が中国に支配される危機」
北海道の水資源、港湾、土地が中国資本によって次々と買収されています。このまま放置していて、我が国は大丈夫でしょうか?
 この問題を多角的に考えるイベントです。

とき   8月23日 1630−1945
ところ  憲政記念館
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1066443-d1987339-Reviews-Kensei_Kinenkan-Chiyoda_Tokyo_Tokyo_Prefecture_Kanto.html

プログラム  総合司会 赤尾由美
       挨拶   佐藤和夫、加瀬英明
第一部「北の大地は大丈夫か」
 山谷えりこ、山田宏
宮本雅史、小野寺まさる
第二部「日本は中国に支配される危機」
 河添恵子、三浦小太郎、仲村覚
       閉会の辞 岡野俊昭
参加費    1000円(予約不要です)
主催     英霊の名誉をまもり検証する会(佐藤和夫代表)
問い合わせ (090)6709−9380

       ◎□◇◎□◇◎□◎◇□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 ◎現在アマゾン国際政治部門 第五位です!
  ♪♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(8月7日発売 定価1296円) 
https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
 (↑ 予約募集中)

 ▲
大好評発売中 (定価1080円) 
  ♪♪
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Amazon(↓ 在庫僅少)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/

   ♪
<絶賛発売中!>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++

宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、旅行が続くため8月9日―14日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/08/07

    なぜ李嘉誠実は中国を見限り、本丸香港でも事業も拡大はせず、西側に焦点を絞り込んで投資拡大にいそしんでいるのだろうか。

     それは言うまでのない。中国に未来に夢がないからである。←中国人実業家:李嘉誠の情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2017/08/07

    私は事の経緯を調べていくうち、あるとんでもない疑惑に気づいた。

    それは、「石破茂ははじめから特区潰しが目的で担当大臣の椅子を貰い受けたのではないか」ということ。

    なぜなら、状況証拠はかなり黒い。ただ、この「第二の疑惑」に関しては当記事の趣旨ではないので、別の記事にまとめた(*記事下にリンク)。

    ■「石破4条件」の作成には絶対に協力者がいる!

    さて、この新設潰しのための4条件は、石破いわく「練りに練った」ということだが、そもそも門外漢の石破とその秘書に獣医教育関係の政策が"練れる"はずもなく、どこかの専門家が必ず作成に関与したに決まっている。

    果たして、それは「誰」なのか。

    4条件には、業者というより、政策サイド(規制当局)の考えがより反映されている。よって、協力者は、獣医教育を担当する文科省の高等教育局(出身)の官僚だと、私は推測する。だいたい、私は当初、4条件を見た瞬間、「これは文科官僚が新設阻止を目論んで作成したものではないか」と直感し、そう記事に書いておいた。

    実は、高等教育局は日本獣医師会とタッグを組んで、将来あるべき獣医療教育体制をずっと模索していたのだ。ライフサイエンス云々の用語の出所もそこに違いない。

    仮にそうだとしたら、前川元事務次官が知らなかったはずがない。石破が4条件を作成したのは2015年度前半と思われるので、まだ前川は最高官ではなかったし、また畑違いで直接タッチしなかったとしても、必ず耳には入っていたはずだ。

    ■反安倍側が"共謀"していた可能性とすると、国民はまんまと彼に一杯食わされたことになりはしないか。

    http://agora-web.jp/archives/2027404.html

  • 名無しさん2017/08/07

    テレビが石破を猛プッシュ「ポスト安倍の石破茂さんをスタジオにお呼びしました」・連日の政権批判 

    https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/49863727.html

    TBSにて《石破茂氏「時間が経てば、人は忘れるだろうと高を括ってたらとんでもない事になる」と安倍批判 2017年6月26日

    http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-9063.html

    ところが・・・↓↓↓

    【加計問題】玉木氏ご執心の石破4条件、獣医師会が石破に作らせていたw 

    http://japan-newsforest.com/domestic-news/tamaki-ishiba4jyouken-jyuuishikai-tukuraseta170601/



    要点1:日本獣医師会が石破大臣に獣医学部新設阻止について相談した。

    要点2:上記要点1を踏まえ、石破大臣が「(獣医学部新設等について)

    誰がどのような形でも現実的に参入は困難なように」成長戦略における大学・学部の新設の条件を作った。



    417 : 無記名投票2017/07/17(月) 09:06:24.67 ID:dgaeiXHt

    石破と獣医師会の繋がりが更に出てきた 2団体は経営が一緒みたいだ



    公益財団法人・ 動物臨床医学研究所

    http://www.dourinken.com/introduction/syoukai.html

       顧問: 石破茂 ←←

       理事長: 山根義久 ←前獣医師会会長

     人と動物の会

    http://www.haac.or.jp/member.aspx

       顧問: 石破茂 ←←

       理事長: 山根義久 ←前獣医師会会長

  • 名無しさん2017/08/07

    【加計学園】絶対に報道されない真実 前愛媛県知事 加戸 守行 の悲痛な叫び 

    https://www.youtube.com/watch?v=DNLhLVMdHyY

    地上波でカットされた加計学園の真実!犯人が前川喜平だと露呈する国会質疑【超神回】 

    https://www.youtube.com/watch?v=xJs8l0-X24M

    前愛媛県知事が前川氏に反論 「文科省の強烈な岩盤に穴が開けられて歪んだ行政がただされた」

    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1499676206/

    加計学園問題について、24日に2つの情報に接した。国会で小野寺五典議員の質問があり、

    『月刊Hanada』9月号に小川榮太?論文が掲載された。(中略)

    ちなみに、24日の小野寺五典議員の質問は見事だった。あの1時間で、加計学園問題の真相が解明された。この1時間の録画と小川論文を読めば、冒頭で書いたとおり、この問題はキマリである。 2017.07.29 藤岡信勝

  • 名無しさん2017/08/07

    【加計学園】加戸守行前愛媛県知事の重大証言を報じなかった5つの大罪メディア 朝日新聞、毎日新聞、NHK…

    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1499851765/

    【閉会中審査】朝日と毎日は「ゆがめられた行政が正された」の加戸守行前愛媛県知事発言取り上げず 

    http://www.sankei.com/politics/news/170712/plt1707120010-n1.html

    前愛媛県知事「テレビ新聞よりYouTubeのほうが真実の報道してる」

    https://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/ogame/1499677293/

  • 名無しさん2017/08/07

    いつもエネルギッシュで、おもしろく拝見させて頂いてます。

    先日、株屋さんと中国の話しになり、国策でもありバブルは次から次へと現れ、まだまだ先でしょうとの見立て。その根拠として銅先物の上昇。世界の消費4割が中国、本当にしぶといですね。

  • 名無しさん2017/08/07

    >「さらば、中国」と香港財閥第一位の李嘉誠が靜かに中国から退去 英豪独加のエネルギー産業へ大規模投資を加速。気がつけば中国と離別していた

    このタイトルを見て日本の某携帯電話会社のことを頭に浮かべました。日本国内での投資を(多分)ほとんどせずに海外ばかりに「投資」をする。資本逃避のようにも見える。普通の民間企業であればともかく、携帯電話という国の独占的な許認可事業から得ている莫大な利益を国益の観点を全く顧みないかのように国外に流出させることが許されるのか。