国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米連邦政府職員、契約者のデータ。2200万人分が中国に盗まれていた

2017/08/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月5日(土曜日)弐
         通算第5385号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米連邦政府職員、契約者のデータ。2200万人分が中国に盗まれていた
  これらは機密情報にアクセスできる資格保有者の個人データだ
****************************************

 米国の情報戦略上、重大かつ深刻に危機が露呈した。
 中国のサイバー攻撃部隊は、米連邦政府職員と、CIAなどと契約する人々で、機密情報にアクセスできる資格のあるおよそ2200万人の個人データを盗み出していた。

 「もし金銭的困窮や女性問題、組織への恨みをもつ人間に中国が巧妙にに接近して代理人に取り込めば、米国の機密情報は中国に筒抜けになる」

 すでにその兆候がある。
 というのも、過去二年間で中国からのサイバー攻撃は下火となり「90%減った」と報告されている。つまり重要情報を手に入れたからである。
 しかし激減したのは手口が洗練されてきたからであり、サイバー攻撃そのものは決して沙汰止みにはならないのである。

 中国ばかりか、米国の機密情報がテロリストにも渡っている形跡があるという。
 レイモンド・トニー・トーマス三世陸軍大将はアスペン会議で、次の発言をしている。
 「ロシアが発表したISの指導者「バグダディ死亡説」だが、この信憑性は薄く、いまもラッカ南方に身を潜めている。しかしバグダディの影響力はすでになく、ISとアルカィーダの組織再建の指揮を執るのはザワヒリと睨んでいる」

 上記分析はメディアに現れている両人の死亡説を覆し、ISは以前として生き延びていることになるが、テロリストにも米国の機密情報が漏洩している可能性があるとCIAが分析している(ワシントンフリー・ビ−コン、2017年7月26日)。
□◇□み△□◇や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は8月9日―14日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌5382号に「日本は目の前の北の核ミサイルに極度の警戒をしているが北欧四ヶ国はロシアの軍事的脅威に緊張が高まり、中国に接近中」とありました。
北欧のフィンランドに在住している日本人としての感覚を一言。
 北欧諸国、バルト三国の状況は宮崎先生が指摘されている通りです。過去2年ぐらい前から北欧諸国はロシアに対して危機感を持ち始めてきました。ウクライナ問題以降になります。スウェーデンの徴兵制復活、北欧諸国間での軍関係者間の会議等がその証左だと思います。先日、バルト海に中露の戦艦が入ってきましたが、別に共同で軍事演習をしていません。単なるデモンストレーションかも知れません。
フィンランドの大統領とプーチン大統領は年に2回ほどは会談をしています。先月もプーチン大統領はフィンランド大統領の別荘で会談をしていました。
我が家から車で30分ぐらいの距離に別荘があります。また、ニー二スト・フィンランド大統領は奥さんと二人で私の住んでいるトルク市の川べりを散歩しているのを家内は見ています。対露緊張があるのか、ないのか、それとも・・・・
今年に入って、EUの規制が厳しい中、対露食品輸出を幾らか緩和したり、ロシア人のフィンランドへの旅行者の数も随分と増えています。
北欧諸国の対露感情はそれほどではありませんが、私が危惧するのはエストニアの対露感情が激しいのは少し心配です。とは言え、北欧・バルト三国ではロシアとの国境問題は全て解決していますので、国境問題を巡る対立から来る戦争はないと思われます。
 因みに、ロシアが抱える最後の国境・領土問題は北方領土問題だけです。
プーチン大統領は各国との領土問題を解決してきました。
 フィンランドの中国接近は今のところ経済だけですが、軍事的接近には注視していかなければなりません。
   (AS生、在フィンランド)


(宮崎正弘のコメント)フィンランドにお住まいですか。先月、ヘルシンキに弐泊しました。白夜で、夜中でも明るく、日本から行くと違和感がありましたね。



  ♪
(読者の声2)8月15日の午後1時より靖国神社におきまして、靖国忠霊祭を執り行います。
徳川義親元侯爵を総代、今村均元陸軍大将を副総代として、昭和36年8月15日に始められた靖国忠霊祭も、今年で第57回となりました。
 現在の総代は第9代となり、第29代航空幕僚長をつとめられた田母神俊雄閣下です。
 8月15日の靖国神社における慰霊祭へのご参列を望まれている方は是非ご参列ください。詳細は下記の通りですので、宜しくお願い申し上げます。

靖国忠霊祭
日時   8月15日(火)午後1時より
場所   靖国神社拝殿(開式までは参集殿にて待機)
玉串料  お一人様3000円を目安としてください
受付は午前11時30分より参集殿の前にて開始します。
      正午より黙祷、天皇陛下の御言葉を拝聴します。
      靖国忠霊祭が終了した後、遊就館の前にて記念写真の撮影を行います。
      祭祀に相応しい服装でご参列ください。
靖国会については次のホームページをご参照ください。
http://yasukunikai.com/
以上、ご案内いたします
       ◎□◇◎□◇◎□◎◇□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 ◎現在アマゾン国際政治部門 第五位です!
  ♪♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(8月7日発売 定価1296円) 
https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
 (↑ 予約募集中)

 ▲
大好評発売中 (定価1080円) 
  ♪♪
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Amazon(↓ 在庫僅少)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/

   ♪
<絶賛発売中!>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++

宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、旅行が続くため8月9日―14日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。