国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み< 「法螺吹き男爵」の三人男、アメリカに揃い踏み

2017/07/29

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月29日(土曜日)弐
        通算第5374号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「法螺吹き男爵」の三人男、アメリカに揃い踏み
  こんどは郭台銘(鴻海精密工業)がウィスコンシン州に大工場
****************************************

 トランプ大統領がじきじきに列席した。鴻海精密工業(英語名ファックスコム)の郭台銘がウィスコンシン州に新型の液晶パネルとiフォン工場を建てる。100億ドルを投資し、13000名を雇用するというのだから。
「アメリカ人の雇用」がアメリカンファースト公約の優先事項であり、トランプ大統領がはしゃいで、わざわざホワイトハウスで調印式典を演出したのも無理はないだろう。

しかし、この法螺話、本当に実現するのか?

あの郭台銘がトランプの前では緊張したのか、顔が引きつっている写真が、大きく配信された。これでアメリカへの大投資話は、三人の法螺吹き男爵が揃った。孫正義、馬雲、そして郭台銘だ。

トランプ当選でまっさきにNYトランプタワーへ参上したのは孫正義、500億ドルをアメリカに投資し、100万人の雇用をつくると豪語して、じつはその一例をして、フォックスコムの新工場に70億ドルを投資する提案書を持って行ったのである。
記者会見におりてきたトランプは「マサは偉大だ」と行ってすぐに引き上げたのが、ロビィに残った孫正義が握りしめていた提案書は、ちゃんとテレビ画像に残っている。

ついでトランプタワーに登場したのが、アリババの馬雲(中国財閥第二位)だった。馬は五年間に100万人の雇用と作り出すと豪語し、これまたトランプはロビィに降りてきた共同記者会見。
孫はアリババの最大株主であり、同時に鴻海のアメリカ進出を早くから提案している。つまり、この三人は裏で繋がっている。

 郭は台湾籍とはいえ、山西省から台湾へやってきて精密部品の下請けであて、1988年に中国大陸へ復帰し、おりからのスマホブームに波に乗ってiフォン、iパッド部品、組み立てビジネスで大当たり、中国各地に大工場を建てて一時は100万人をこえる労働者を雇った。

 ところが深センで労働過剰批判、奴隷工場の酷評に見舞われ、11名の従業員が工場から飛び降り自殺を図った。工場には網が張られ自殺防止対策。
 各地の工場では労働条件の改善と賃金アップで抗議集会、デモが頻発し、警官隊が導入されるという騒ぎを引き起こした。
 

 ▲じつは三人とも中国に嫌気がさしているのではないのか?

 これに懲りたのか、鴻海は日本からのロボットを大量に輸入し、生産効率をあげる一方で、効率的な工場を海外に求めてきた。
 中国では労賃が急上昇しており、コストが引き合わず、むしろアメリカのほうが、コスト的に安く上がりそうな環境の大変化がある。

 言うまでもなく中国では生産コスト、労働コストのほかに、別の出費(党幹部への賄賂)が必要なため(それも引き合わないほどの高額になる)、米国と中国に労働コスト比較を単純に識別するわけにはいかない。

 それにしても、アメリカへ工場を建てると公言しながら、小さなオフィスだけでお茶を濁して過去が語り継がれている鴻海だけに、国際的にも滅法評判の悪い鴻海精密が、ウィスコンシン州に新型LCDとiフォン工場を建てるというのだから半信半疑だろう。

 もう一つは八ヶ月前に郭台銘は広州にLCDの新工場を建設するとして調印式を終えたばかりであるからだ。投資金額は88億ドル。従業員は15000名。つまり米国の規模をほぼ同じである。同時に同じサイズの工場を中国とアメリカに建てる?

 広州工場は2019年、ウィスコンシン州工場は2020年に稼働開始が予定されている。
 しかし、中国がいま中国企業の海外投資を抑制し、500万ドル以上の海外送金を事実上禁止しているなかで、はたして100億ドルなどと言う巨額の海外移転を円滑に認可するかという大問題を、郭台銘はいかにしてクリアするのだろう?
       □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌で日本に関する中国の諸王朝の正史での記述に関しての投稿がいくつかありました。各正史が書かれた状況により、精確さが大きく異なり一概に内容が正確か否かは言えません。
 たとえば魏志倭人伝の記述はかなり歪曲したものと私は考えています。
 魏志倭人傳の内容が荒唐無稽であるのには理由があります。漢の人口は当時の日本の10倍から20倍くらいあり、当時朝鮮半島の南部には日本人が住んでいましたが、朝鮮半島の北部は漢が支配していました。三世紀初めには満州南部から移動してきた人たちが朝鮮半島北部に百済、新羅、高句麗を建国し、百済は呉王朝あるいは呉王朝のあった華南の住人たちとの関係が深く、新羅は魏と大和朝廷の両方に二重朝貢し、高句麗とは軍事的な敵対関係にありました。
三国時代末期には戦乱で人口が激減し魏が統一を果たしたころには日本の人口が漢の時代より増加していたので両国の人口が同程度になっていました。このような背景から魏を継いだ晋王朝の陳壽は神功皇后を卑弥呼としてパロディー化して魏志倭人傳を執筆したと考えます。
劣等感と悔しさを糊塗するために日本を貶めて書いたのでしょう。したがって、魏志倭人傳の内容を当時の日本を研究するための資料として重要視することは馬鹿げています。隋や唐の時代になると嘘で塗り固めるのではなく事実も書く余裕がでてきたようです。
隋書は、魏志倭人伝から引用した部分を除くとかなり精確な内容と私は考えています。
隋の時代には使者の往来もあって、彼らの残した資料が執筆の基礎資料となったからでしょう。特に遣隋使に関する部分は日本書紀の記述より精確であり、かえって日本書紀の記述は潤色が多いと考えます。
両者を比較してそのことを論証した論考をあるところで以前発表しましたが長文なので省きます。

『隋書』(東夷傳倭國條)は、正式には、「隋書巻八十一列傳第四十六東夷 俀國」で通常略して隋書俀國傳です。
ちなみに本紀五巻、志三十巻の後から列伝が始まるので列傳第四十六は5+30+46=81で巻八十一となります。倭國ではなく俀國です。俀(タイ)は倭と字体が似ていますが別の字で訓は「よわい」または「よわよわしい」です。中華帝国らしい馬鹿にした呼び名なので、日本人の学者は倭國傳と呼ぶ場合が多いのですが、本来は俀國傳ないしは東夷傳俀國の條が略称です。
これには、日本で鵜飼が行われていることが記述され、日本側の最古の鵜飼の記述は古事記ですが、これより古いものです。
また日本には「伊尼冀」があることも書かれていますが、これを基に成務紀にある「稲置」に関する記述が書かれたものと私は考えます。
雄略紀には隋書からの長文の点綴(文章を一部変えての引用)があります。
中国諸王朝の国史にある日本に関する部分をまとめたものが講談社学術文庫「倭国伝」として出版されています。
ただし、隋書東夷傳俀國の條にある「伊尼冀」に関する部分の現代日本語訳には誤訳があります。
 「八十戸置一伊尼翼、如今里長也。」とあるところの「如今里長也」を「隋の里長のようなものである」と訳していますが、正しくは、「(隋書を執筆している時点つまり唐の時代で、日本では律令制が導入された)『今』では里長と日本で呼ばれるようになったものである」です。
語法的、文脈的にこう読むべきですが、それに加え隋では里の長官は里長ではなく、里正と呼ばれていました。他にもこの本には誤訳があるので利用するときにはご注意ください。
   (當田晋也)



  ♪
(読者の声2) 昨日、帰宅途中に書店に立ち寄り、並んでいた御新刊(宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』、徳間書店)を買い求め、電車のなかで、読み始めました。
 裏情報が詰まっているうえ、対談のテンポが速く、読んでいて面白いです。韓国がいかに愚劣な反日国家に転落したかがよく分かります。
 それにしても通勤帰りの電車、八割方はスマホ、それもゲームかマンガ。小生のように本を読んでいる日本人なぞ希です。つまり、書籍が売れない時代、誰も情報を得よう、最新の世界情勢の裏舞台のことをしりたいとは思わないのですね。立腹しつつ、読み終えてから感想を再度申し上げます。
   (KY生、横浜)


(宮崎正弘)民主政治の危険性というのは、このシステムでは衆愚政治に陥っても、それを防止するメカニズムがないことです。
衆愚政治は、おかしな政治家を国会に送ってしまいます。北朝鮮の核、中国の軍事力を前にしていながら、国家安全保障を論じないで、加計とか、森某とか、些細なことを論じて、左翼謀略である倒閣運動の先端を走っているんですからね。
 いまの日本は民衆主義の堕落、まもなく地獄でしょうかね。



   ♪
(読者の声3)文化大革命時代のモンゴル人ジェノサイドのユネスコ記憶遺産を目指すシンポジウムが9月24日に東京四谷で開催されます。

 中国の文化大革命時代、南モンゴル(内モンゴル自治区)では「モンゴル人であること」それ自体が弾圧、拷問、虐殺の原因とされました。その犠牲者の数はいまだに明らかになっていませんが、中国政府の公式発表でも約3万人、モンゴル人研究者の中には数十万人が犠牲になったという説もあります。特に、満州帝国時代、日本による近代的な教育を受けたモンゴル人は日本のスパイとみなされ悲惨な運命を強いられました。そして、今も南モンゴルに対する弾圧と環境破壊、そして土地の強奪は続き、モンゴル民族絶滅政策は今も進行中です。
  海外のモンゴル人連帯組織「南モンゴルクリルタイ」は、来年、ユネスコの記憶遺産に、モンゴル人虐殺の記録を、当事者の証言、当時の報道、中国政府側の資料などに基づきユネスコの記憶遺産に登録申請することを決定しました。
  今回の講演会は、クリルタイのオルホノド・ダイチン幹事長が、ユネスコ記憶遺産登録の意義と資料の紹介を行い、ジャーナリストの西村幸祐氏が、中国共産党の過去の他民族虐殺と、現代日本に迫る脅威について語る予定です。そして、テキサス親父日本事務局の藤木俊一氏より、現実の国連での活動を通じた激励のメッセージを戴きます。皆様のご参加をよろしくお願いします。
     記
日 時 2017年9月24日(日) 午後2時開場 2時半開会
場 所 TKPスター会議室四谷第2会議室
           東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 301号室(第2)
           http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-yotsuya.html
参加費 1000円
登壇者  オルホノド・ダイチン(南モンゴルクリルタイ幹事長)
     西村幸祐(ジャーナリスト、アジア自由民主連帯協議会副会長)
     ゲスト:藤木俊一(テキサス親父日本事務局)
 主催  南モンゴルクリルタイ
連絡先 オルホノド・ダイチン 080−9129−2872
詳しくは下記サイトで。
http://southmongolia.org/archives/161
   (三浦小太郎)
        □▽○○○□□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1606回】           
――「支那の官吏は賄賂を取る・・・金なくば訴訟するな」――(廣島8)
   廣島高等師範學校『滿韓修學旅行記念録』(非賣品 明治40年)

    △
 個人的な好みをいうなら、「其衣服を剥ぎ所有品を奪ひ遂に其屍を野外に放置し犬猫の餌食となしたりと」といった話も捨て難いし、「平素嗜好せる娯樂に心情を慰めんとするものにして來り傍聴するものの多し。聞く所によれば支那の無常の娯樂は演劇にして此夕合奏する所は之を模擬せるものなり」といった風景もステキだ。

  いやステキというだけではなく、そこから残酷・冷酷でありながら、同時に底抜けにゴ陽気な「無告の民」の《生きる形》《生きる姿》《生き方》――これを文化と呼ぶ――を感じ取れるはず・・・なのだが、日本の“正統”を自任する四角四面で道学者風に堕した漢学という学問は、ついぞ彼の「無告の民」の生きる姿に思いを致すことはなかった。高踏的であることは、やはり現実から目を背けさせることになるのではないか。

  次は「地理?史部生徒記事」である。
 「氣滿韓の天に飛ぶこと既に久しく、門出の今日を待つこと亦久しかりき。この日幸に天氣快晴を極め、滿天一點の浮雲なく、暁風微に面を吹き壮心?々動く」と、若者の心の高鳴りがそのままに伝わってくるように書き出されたているが、「大連市街は所謂支那層に屬する粘板岩の上にあり、この層はこれより北に渡りて、金州を經、普蘭店に及ぶ、大連南方の山は大狐山層に屬する岩石を以てなり、旅順附近の諸山と共に主として硅岩よりなるが如し」などの記述に当ると、さすがに地理?史部生徒とは思う。

兵要地誌もかくあれと思えるような冷静で詳細な記述が続くが、それでも「我軍が正攻法を以て最も深く意を用ひし所」である東鷄冠山に立てば、やはり「誠にいひしられる感慨に打たれ」るのであった。

 かくて、「一寸の地面も、一片の岩石も悉く是れ人の血、人の骨にてかち得たるもの。我等は今この塲に臨み、胸せまるを禁じざりき。その爆發の跡は、岩飛び壁崩れ、山態丘容爲めにいたくかはれる近世戰爭の慘烈痛酸なる、すさまじともすさまじや。かなたこなたを見ありければ、坑道の跡、蜘蛛の?の如く、手りゅう彈の三四、目に入りぬ、彼我のこれを以て接戰せし當時、さてもいかなりしや、自から出て來るものは、忠死の我國民に對する感謝と崇敬の念なり」と綴ることを忘れない。

  淡々と兵要地誌的記述が続くが、営口における満州特産の豆粕取引についての提言が興味深い。

  先ず「苟も本邦に於て商業家と云はれ資本家と呼ばるゝ士は、この際大奮發をなし、競ふて營口に渡り斯業に就事し豆粕製造に一新紀元をへて我邦商の一手に収むるの策を講ずるべからず」と記した後、「假令豆粕業の利益を邦商にて獨占すべしと云ふも、决して清國人を排斥せよとの意にあらず。宜しく我邦人は續々清國に渡航し彼の國に我文明を移植し、猶ほ彼の國人と親和し漸次彼をして同化せしめて、互に相依り相扶けて以て今後に於ける相互の發展を圖らざるべからざる覺悟あるを要す」と続ける。日本人は積極的に渡満すべきだが、その際、「双贏(ウイン・ウイン)関係」が前提だ、というわけだろう。

  だが、「特に戒心すべきは邦商は一般に團結一致して商業上の外敵に當るの精神に乏しく、嫉妬陷擠内爭に汲々として目前の小利を爭ひ、適々華客の注文あるも見本と實物とを相違せしめ約束を無視して期間を守らざることなり。堅實なる商業家は思をこゝに致さヾ可けんや」と注文を付けることを忘れてはいない。

  それにしても広島高師生徒の指摘から1世紀余が過ぎた現在、「嫉妬陷擠内爭に汲々として目前の小利を爭」うという「邦商」の性癖は克服できたのか。「堅實なる商業家は思をこゝに致さヾ可けんや」との忠言は、今なお生きているような気がする・・・のだが。
《QED》
      ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ▲
大好評発売中 (定価1080円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Amazon(↓ 在庫あります)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/


  ♪♪♪
(8月7日発売 定価1296円) 
 ♪♪♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
 (↑ 予約募集中)

   ♪
<絶賛発売中!>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/

『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/30

    ホワイトハウス広報部長のアンソニー・スカラムッチ氏が、ラインス・プリーバス首席補佐官とスティーブン・バノン戦略担当顧問を辛辣に批判したようで、「ラインスは妄想性の精神分裂病だ」と語り、バノン氏については、自分の利益のためにホワイトハウスで働いていると非難し、「私はバノンとは違う…大統領の威光をかさに着て自分の名を売ろうとはしない」などと主張したようです。

      こうした発言もあって、プリーバス首席補佐官は退任となり、後任としてジョン・ケリー元海兵隊大将が就任することになったようです。もちろん、このジョン・ケリー氏はオバマ政権時代のジョン・ケリー国務長官とは別人です。

      すでに、スパイサー広報官は辞任に追い込まれ、副報道官サラ・サンダース氏が昇格しています。

      プリーバス氏とスパイサー氏は共和党全国委員会に所属しており、トランプ氏と同党との橋渡し役を担っていました。スカラムッチ氏は、“政府からの情報流出が続く責任もプリーバス氏にある”と言っているようで、彼らは情報流出の責任を取らされた形になると思います。

      トランプ大統領は、どうやら反撃を開始したようです。クリントン財団の関係者に対し、特別検察官が調査を行うよう要請したとあります。ここを突かれると、ヒラリー・クリントン側はひとたまりもありません。

      

  • 愛国仮面、しかしその実態は?出たな、嘘つきデタラメ裏切り星人・・・って?2017/07/29

    ○貴メルマガが報じる、大法螺男爵三人衆、米国揃い踏みの巻。筆者の冷徹なるご慧眼で喝破されるウソの数々、デタラメ舞台裏。桁違いの数字を出しての法螺話に、昔はやっていた『M資金詐欺』を思い出した。舞台設定としては大体が超一流ホテルであり、数千億、数兆円のドデカイ話でまずはビックリさせ冷静な判断能力を麻痺させる。まことしやかな作り話を信じ込ませ、とんでもない借金を背負わせたり、担保不動産・資産の丸獲りを狙ってくる毎度の手口である。秘密厳守を誓約させ犯罪の発覚を遅らせたりもする。詐欺話のネタとしては、マッカーサー資金(M資金)の他、皇室秘密資産だったり、山下財宝だったり、某国や某秘密結社の秘密運用資金だったり・・・。が、結局、全部うそ、詐欺である。



     大法螺男爵らを出迎えたトランプ大統領。勿論、世界最大最強の軍事諜報大国米国の最高権力者にして米国随一の不動産王だけに、法螺吹き男爵らのウソ話はとうにお見通し、その実態・真相は百も二百も承知だろう。で、ウソを十分分かった上での徹底的政治利用、米国の深慮遠謀、計り知れず。米国が本気になれば、中国の在米資産はあっという間に凍結・没収され、中国保有の米国債は全部無効チャラだろうし、世界市場からの中国締め出しもオチャノコサイサイ朝飯前だろう。さらに経済的破壊どころか、貴メルマガ既報のとおり、対中国全面核攻撃でいつでも中国を「灰」にできるだろう。中国共産党幹部は、人間(戦闘・非戦闘員問わず、老若男女妊婦赤ちゃんまでも)の頭上に原子爆弾を落とした(しかも二度までも)唯一の国が米国であるという歴史的事実をもう一度認識すべきである。一旦定まった米国の国家意思は必ず貫徹されるのだ。



     そして、あぁ愛する我が日本は・・・。防衛大臣ら幹部辞任騒動でドタバタしているまさに魔の時間(空白)、北朝鮮は弾道ミサイルを発射した。これが奇襲核攻撃なら日本は今頃壊滅状態である。異常異様な問題防衛大臣を庇い続けたアベ総理の遅疑逡巡、任命(罷免)責任は重く免れようがない。日本を危険に晒すアベ総理ら権力中枢、長州謀略政治勢力は即刻中央政界から去るべきである。それとも、あえて日本防衛の主力にして最後の砦、日本国自衛隊を祖国日本から遠く離れた紛争地(戦闘地域)に送り込みこれを消耗させ、指揮命令系統に齟齬と疑念を差し込ませ、防衛省・自衛隊両組織に分裂と混乱をもたらし日本防衛体制の弱体化を謀り、自衛隊員の士気を喪失させようとしているのかも。北朝鮮と裏でガッチリ手を握り、日本列島を日本人付きで丸ごと北朝鮮(朝鮮民族)の手に引き渡そうとしているのかもしれない。逆にそう考えれば、あれほどまでに自衛隊を愚弄、私物化し、ホームラン級の馬鹿をかまし続けた軍事どしろーと靖国ナチスおばさん大臣をあえて任命し、猛烈な国民批判の中でも庇い続けたその理由が分かろうというものである。つまりかわい子ぶりっ子泣き虫大臣の正体とは、自衛隊弱体化の密命を帯びた北朝鮮死間大臣だったのではないか?防衛省を去る際の、あの彼女の笑い。その意味とは?密命を完遂し、任務を終えての満足の笑顔、凱旋将軍のような気分だったのでは?当日の北朝鮮ミサイル発射は、賞賛と勲章の意思表示だったのでは?膨らむ疑念は拭えない。



     いずれにせよ、彼女の残した傷跡はそうそう簡単には癒せないだろう。彼女の自衛隊への蔑視、愚弄的態度と日報隠蔽事件とが、高度な軍事専門集団としての自衛隊をして政治的意思形成と政治的決断を促し、謀略的行動をせざるを得なくした(情報漏洩・下克上等)。後世の歴史家は、この騒動・事件を自衛隊の変容変質の契機として評価することになるだろう。あの軍務局長永田鉄山惨殺事件や226事件のように・・・。あぁ、だからやっぱりアベ総理よ、日本のために辞めてくれ。もうこれ以上、日本国民に迷惑をかけないでほしい。ウソが手柄になる日本社会とはいえ、人間としての良心がほんの少しでも残っているのなら、その魂の残滓、純心の欠片に期待したいものだ、が・・・。



     どれもこれも、旧GHQが残置した「戦前」の故である。日本人の霊的・政治的覚醒を阻害する馬鹿の檻と化している。果たして日本国民・日本人は、いったいいつまで「ミイツ詐欺」の大法螺にどっぷり漬かって踊り続け、積極的被害者のままでいるのだろう?残念な民度だった。



  • 名無しさん2017/07/29

    外国法事務弁護士

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/28/1786-%e5%a4%96%e5%9b%bd%e6%b3%95%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e2%91%a0/

    蓮舫は何人なのか? / 弱みを握られた政治家

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68660783.html

    半島有事便衣兵リスト11

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/20/1765-%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e6%9c%89%e4%ba%8b%e4%be%bf%e8%a1%a3%e5%85%b5%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e2%91%aa/

    石破茂の政治生命は終わった 

    http://freezzaa.com/archives/2035

    大阪都構想がいかに危険かがわかる判決だ。橋下は大阪に独立朝鮮自治区を作るつもりなのだ。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18583576.html

    大阪地裁で売国奴の西田隆裕裁判長(三輪方大裁判長代読)が不当判決!

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6742.html

    【台湾の反応】民進党代表を辞任した蓮舫氏に台湾から追い打ちの声「祖国を裏切ったんだから当然の報い」「遅かれ早かれ辞任していた」 

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-4673.html

    蓮舫辞任の朝に朝日新聞が出したお詫びの記事

    http://agora-web.jp/archives/2027441.html

    わが子に語りたい知られざる日本人の物語

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/se-extra16.htm

    【拡散】軍艦島の強制労働がウソだと一発で分かる資料はこれだ!!! 全世界に拡散して韓国の捏造国家ぶりを広めよう!!!

    http://www.news-us.jp/article/20170729-000003k.html

    政治家とはどうあるべきか

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34828037.html

    東京貧民窟をゆく 四谷鮫河橋01

    http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/649873653eca0d35d43116859bf7e933

    【五輪招致疑惑】 電通は霞が関でもタブーだった

    http://tanakaryusaku.jp/2016/05/00013662

    大阪朝日放送『ムーブ』で暴露されたパチンコ業界における在日朝鮮人経営の割合

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

    公園 夏

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%85%AC%E5%9C%92+%E5%A4%8F&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjg47u__K3VAhVBHZQKHfrYCPcQ_AUIBigB&biw=1280&bih=641

    学食巡り 31食目 高千穂大学 

    http://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2016/09/04/021634

    場所をとる大きめ文具を100均の鉢に収納 

    http://roomclip.jp/mag/archives/7245#block_26

    リンゴで乳癌を予防せよ

    http://kenkoubyouki.com/?p=1120

    ベストセラーは狙って書けるものなのか

    http://www.shinoby.net/2016/11/8838/

    なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた

    http://turbulence.whdnews.com/p/1707/FF8800Kh1.html

    抗酸化物質が癌を増殖させることがある

    http://www.long-life.net/newpage829-1.html

    エコが表す、駐車場と駐輪場の変化 

    http://blogos.com/article/237171/

    日本漫画家大全 石ノ森章太郎 自伝名作集 

    https://plaza.rakuten.co.jp/aikero330/diary/201309260000/

    新しい女子礼法

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/c/f59caf897cdabe8b9b66ca39148c5241



  • 名無しさん2017/07/29

    三人の法螺吹き男爵が揃った。孫正義、馬雲、そして郭台銘だ。←情報ありがとうございます。に・しても、宮崎先生までが、民衆主義の堕落をお嘆きとは・・・・、日本国民、めを覚まさないとですよね。

  • 名無しさん2017/07/29

    とてもたくさんの勉強をさせていただいて居ます。有難うございます感謝です