国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み < 「大統領が命令すれば中国への核攻撃も辞さない」

2017/07/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月28日(金曜日)弐
        通算第5372号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「大統領が命令すれば中国への核攻撃も辞さない」
   米太平洋艦隊司令官、豪国立大学安全保障セミナーで警告
***************************************

 7月27日、オーストラリア国立大学で開催された安全保障会議における質問に答えるかたちで、スコット・スイフト太平洋艦隊司令官(提督)は、「仮設の質問であることを前提に、もし大統領命令が下されれば、我々は来週にも中国への核攻撃を行う」と回答した。
 このセミナーは米豪合同軍事演習を終えた時点で行われた。

 豪の北西部沿海、豪のEEZ海域内で行われた米豪軍事演習には中国のスパイ船が多数、観測のために付近を航行していた。
 米軍は空母ロナルドレーガンを筆頭に36の艦船が参加し、航空機は220機、合計33000人が訓練を行った。大規模な演習である。

 スコット・スイフト太平洋艦隊司令官は、席上、「米国の憲法に従い、軍はシヴィリアン・コントロールの元にあり、大統領が命令すれば、その通りにするのが軍のつとめである」と軍隊の規律を確認する。

 また提督は「豪の経済排他水域に中国軍の艦船がはいっていることは国連海洋法でみとめられており、ハワイ沖の軍事演習でも中国の観測船が這入り込んできている。問題は米海軍が同じことを中国のEEZで行おうとすれば中国が反対することである」と追加の発言をした。

 米国では憲法の範囲内の発言であり、問題視されていないが、中国語メディアは大騒ぎをしている。

       □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)巷に、何か大事件が近く起こるのではないかという不安が拡がっています。原因は戦後体制の行き詰まりですが、より具体的には国防ができないことです。
 北朝鮮が核ミサイル開発を進めている一方、米国は安保があっても日本の身替わり被爆はしません。
以下感想です。
1.マスコミの専横:
 マスコミは、マスコミ自身の信用度を世論調査すべきと言う意見が出ています。国民のマスコミ対策としては国営放送を提案します。
NHKは公共放送と言いますが、歴史的には占領軍の置き土産であり、独立したのに居座って未だに反日報道を続けている状態です。受信料は占領負担金です。これは我慢できません。

2. ギリシャ彫刻は「優美」だが、エジプト彫刻は根源的な「壮美」を湛えている、これに匹敵する彫刻は世界でも古代の日本にしかない(荻原碌山1879-1910)。
感想:私は世界各地を巡りましたが、一番印象的なのはエジプトです。ギリシャローマの芸術は現代につながるものがありますが、ルクソール神殿の巨大円柱の林には現代とは違う何かを感じました。
   (東海子)



  ♪
(読者の声2)貴誌第5367号「読者の声5」の「AT生」さんのご意見として「歴史の評価において、現代の価値観で過去を計ることは行うべきではないと考えています。」とあります。そして「倭人の女王国のことを初めて紹介するのを自慢しているとも考えられるのが倭人伝だと考えております」と仰言っています。
この部分のご意見はAT生さんがお持ちの現代の価値観では?
 歴史(history)はしょせん物語(his-story)に過ぎないんじゃないでしょうか。
かつて日本の考古学界には「神の手」と呼ばれる偉大な人物(?)がおられました。東北大学の先生方はこの人物の発見した遺物を根拠に壮大な旧石器物語を描かれていました。そしてその結果は…。
宮崎さんはよく「中国人は朝起きてから夜寝るまでずっとウソを言っている」と言われます。中国と台湾に暮らして30数年、ひとつ学んだことがあります。
漢民族にとってウソはウソではなく、ホントなんだと。目下のところ人類は『魏志倭人伝』の書かれた時代にゆき、その時代の人々の価値観を理解することはできません。いや中国古文献の研究を通して理解できるじゃないかとおっしゃるかもしれません。
しかし最近の「蕎麦」をめぐる日本のテレビや新聞の報道をみていると、情報とは自分の信仰する価値観によっていかようにも操作できるものであることがわかります。
ましてや正史としての三国志がかかれた時代のことです。
歴代の中国正史の書き手はどんな人々であったのか…?
宮崎さんのように自分の足であるき自分の目で見、耳で聞いて情報を集め、「考える葦」になることが大切なのです。象牙の塔を盾にした「考えない足」(sankei web.記事)であってはいけません。
(浪子)



  ♪
(読者の声3) 貴誌通算第5370号(読者の声2)で「ST生、千葉」氏の「ドルーズはレバノンに多いイスラム教の一派で、レバノンのドルーズは親イスラエルあるいはイスラエル許容派です。シリアのドルーズも同様ですか」
との御質問を拝見しました。
 参考になるかどうかは分かりませんが、私の知る限りではドルーズ教はその教義上に於いて、それぞれの国の統治者に従順であるという事があります。現在ドルーズ教徒の人口分布はざっくり言って、レバノン、シリア、イスラエル、ヨルダン、に加えて一部の移民の移住先に分かれています。
 レバノンはシーア派が多い地域ですが、元々ドルーズ教やアラウィー派などシーア派の分派はイスラム主流のスンニー派に迫害されることが多くて平家の落ち武者や朝鮮半島の仏教徒の様に山岳地帯に安住の地を見い出し暮らしていた。
現在レバノン山と言われている場所はかつて「ドルーズ山」と言われていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%8E%E3%83%B3%E5%B1%B1%E8%84%88

 レバノンでは独立後に国防族としてレバノン政府軍の国防大臣を輩出していたので、「親イスラエル」という表現が当たらないかと思われます。
レバノンの親イスラエル派としてはキリスト教民兵やかつてイスラエルの友軍であった南レバノン軍がありましたが、同軍の兵の多くは金で雇われたシーア派だった様です。
 次にシリアのドルーズ教徒ですが多くは19世紀から後にレバノンから移住した子孫で、レバノンの旧ドルーズ山(レバノン山)の代わりに新たに移り住んだ山に「ドルーズ山」の名称を移しました。この名は現在でも残っています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%B1%B1%E5%9C%B0

 シリアは国民の八割がスンニー派ですが支配層がアサド家などアラウィー派で少数派の為に同派はドルーズ教徒やキリスト教徒と組んでいる。よくスンニー過激派イスラム国がキリスト教徒を虐殺するのはそういう背景もある。
御質問の答えとしては、シリアのドルーズ教徒の多くは親アサド政府でイスラエル占領下ゴラン高原のドルーズ達も同様です。
 イスラエルで少数民族「ドルーズ人」として扱われるドルーズは基本的に親イスラエル政府で、その点でイスラム教スンニー派やキリスト教徒のパレスチナ・アラブ人とは際立ち違う。
ドルーズ人女性は義務兵役免除されるがドルーズ人男性の義務兵役参加率は左翼的なキブツ出身男女と共に最高で、同国では右派より少数民族や左翼がより積極的に国防に参加する。
 そこが幼稚な空想論を掲げる日本左翼との違い。ドルーズ人はイスラエルでも国防族で国防軍のみならず、警察、警察傘下の国境警備隊、民間警備会社など安全保障関連で勤務する事が多い。今月エルサレムの神殿の丘で銃殺されたのもドルーズ人の国境警備隊員だと思われる。
http://www.sankei.com/photo/daily/news/170715/dly1707150004-n1.html
 
ドルーズ人は教義上で輪廻転生を信じて他教徒との結婚は許されない。
まれにドルーズ人男性とイスラム教徒女性の結婚はあるが破門されたり女性だと殺されかねない。ユダヤ教などの様に他教徒からの改宗も許されず同宗結婚となる。
それでイスラエル占領下ゴラン高原在住のドルーズ人がシリアのドルーズ教徒と結婚する場合はシリア国籍ドルーズ教徒はイスラエル滞在が許されずにゴラン高原のドルーズ人がシリアに家族と別れて住む事になる。

 その題材を扱ったのが『シリアの花嫁』というイスラエル映画だが、内戦以前にその映画の感想を数人の若いドルーズ人女性から聞く貴重な機会があった。美しい彼女達は異口同音に私に「イスラエルを永遠に去りシリアに住みたいドルーズの女の子なんて誰も居ないわ」と言った。
その後でその生の声を親シリアの日本人女性に聞かせたら、「そんな意見は間違いだ」と言って死ぬほど怒った(爆笑)。聞きたい事しか聞かない。それが日本左翼だと学んだ瞬間である(笑)。
http://www.d3.dion.ne.jp/~masaji.s/New165.htm
   (道楽Q)


(宮崎正弘のコメント)詳しい情報をお寄せ頂き、有り難う御座います。ドルーズに関しては、日本ではあまり話題にもなりませんでしたから。
        □▽ ○○ ○□ □▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ▲
7月30日 全国一斉発売 (定価1080円) 
宮崎正弘 vs 室谷克実 (予約受付中)
 『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
Amazon(↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/


   ♪
(8月7日発売 定価1296円) 
 ♪♪♪
宮崎正弘 vs 藤井厳喜
 『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/475931556X/
 (↑ 予約募集中)

   ♪
<絶賛発売中!>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/

『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/30

    【加計学園】玉木雄一郎に贈収賄の疑惑を須田慎一郎が大暴露→文科省・牧野美穂は逮捕されるのか? 

    https://ameblo.jp/seikeiwarosu/entry-12284211444.html

    国会質問と受託収賄罪

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-18/2008101803_02_0.html

     国会議員が本会議や委員会で質問し、議決に加わることは、議員の職務権限です。このため、

    特定の業界の意向を受けて質問し、資金提供を受けたりして、受託収賄罪に問われた例があります。



     一九八八年六月に発覚、政官財をまきこむ一大疑獄事件となったリクルート事件で登場したのは、

    公明党の池田克也衆院議員。

     就職情報誌事業にかかわっていたリクルート社から就職協定にかんして国会質問するよう請託を受け、

    質問した池田氏は、値上がり確実な未公開株五千株と現金三百万円を受領。有罪が確定しています。

     八五年の撚糸工連事件では、民社党(当時)の横手文雄衆院議員が、

    業界に有利な質問をするよう業界団体から自民党議員を通して請託を受け、

    二百万円を受け取ったとして、受託収賄罪に問われ、有罪が確定しています。

  • 名無しさん2017/07/30

    加計学園騒動 民進党玉木の受託収賄に発展!!



    【民進党】玉木議員、自民党の青山議員に「獣医師連盟から100万円の献金を受け取って国会の質問に立つべきではない」と突っ込まれる

    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501325986/



    【加計学園】民進党・玉木雄一郎、獣医師会の総会で「特区・獣医学部新設」を阻止すると宣言していた…

    http://2logch.com/articles/5386778.html



    【加計学園問題】「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を"約束"

    http://www.sankei.com/affairs/news/170522/afr1705220016-n1.html

     



    12 名前:名無しさん@1周年 2017/07/29(土) 20:01:54.31 ID:RYP7gRBm0

    ・父は獣医師会幹部だった

    ・弟は獣医師

    ・獣医師会から100万円の献金

    ・獣医師会から1000万円借り入れ







    ・会合で特区を作らせないと発言

    ・閉会中審査で特区の白紙撤回を要求

  • Tomi Walker @naga5802017/07/28

    「仮設の質問であることを前提に、もし大統領命令が下されれば、我々は来週にも中国への核攻撃を行う」オバマ政権下ではかういふ發言は許されなかつたでせう。



    今米國はその政治の舵を大きく東アジアへ切つてゐるやうです。中共が抱へる問題は瀋陽軍區の処置であり、習近平は、米國からの壓力により江沢民が支配する瀋陽軍區人民解放軍との對峙が避けられず、可能な事ならば、なし崩しに米國の中共への鉾先をかはしたい処ではないかと愚案してをります。



    しかしトランプ政権はオバマ政権とは異なり、次の一手が讀めない。米國の動きにより中共ばかりか北朝鮮・韓國及び日本の將來が大きく影響を受けるのは必至。ここで、日本がなすべき事は、受身的に動くのではなく、積極的に日本独自の動きを米國に提案し、日米共同體として行動を取るべきだと思ふのですが、無能な稲田防衛大臣を擁していた安倍政権に日本の舵取りが出來るのだらうか。政府要人らの情報及び報道對策が未熟な状態を見るにつけ、我が心は不安で一杯になる。

  • 名無しさん2017/07/28

    提督は「豪の経済排他水域に中国軍の艦船がはいっていることは国連海洋法でみとめられており、ハワイ沖の軍事演習でも中国の観測船が這入り込んできている。問題は米海軍が同じことを中国のEEZで行おうとすれば中国が反対することである」と追加の発言をした。→これ、全くその通りだと感じました。