国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)

2017/07/26

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月27日(木曜日)
               (号外)   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪
 室谷克実 vs 宮崎正弘 対談シリーズ新刊

 『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 (予約受付開始)
https://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E5%8C%96%E7%B5%B1%E4%B8%80%E3%81%A7%E6%B6%88%E6%BB%85%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD-%E9%80%A3%E9%8E%96%E5%88%B6%E8%A3%81%E3%81%A7%E7%93%A6%E8%A7%A3%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%AD%E5%9B%BD/dp/4198644233

 7月30日発売! 定価1000円+税 248ページ、

 (本書の中味のご紹介)
 第一章 文在寅大統領の危険な本質
 「赤い韓国」はどこへ行くのか
   文在寅・韓国大統領は「赤い韓国」を目指し、反日路線強化し、「親日派を清算する」
   慰安婦問題蒸しかえし、北の脅威には沈黙。米国へ早期に訪問。
   秘書室長になった任鐘晢の過去、北との親密度と「民族主義」的な左翼。
   反日ポピュリズム政権が発足したが、民族主義が濃厚。日本流にいえば「右翼」?
韓国の情勢をみていると、市民は安堵感、不動産価格値上がり、株式沸騰の不思議
なぜ韓国人は国家の運命を真剣に考えないの?


第二章 朝鮮有事をめぐる日米中韓の思惑
朝鮮半島の南北統一はあり得るのか
  韓国の軍事情報はすべて北に漏れているのではないのか?
いかなるシナリオがあるのか(1)北主導(2)韓国主導(3)列強が介入連邦制
東西ドイツ統一とはわけが違う
保守陣営は「テロ演出」「核を撃たせる」から「軍事クーデター」期待なのか?
韓国軍は、はたしてクーデターをおこなう気力さえ喪失では?
しかし親米勢力は力を失ったのではないか。米大使館の警備は厳重。

第三章 仲良く沈んでいく中国と韓国の経済
 なぜ共産主義、全体主義、独裁への恐怖が消えたのか
  韓国民の不思議な、不思議なメンタリティは事大主義の名残り?
  東西冷戦終結で、自由陣営が勝利したのではないのか
  韓国メディアはなぜ反共を捨て、親北寄りに変身したのか
  韓国の保守勢力は、悲痛な叫び

第四章 韓国、中国の歴史戦に完勝する日本
  中国の北制裁はポーズに過ぎない。国境に配置された瀋陽軍区は?
  経済特区を持ちかけ、袖にされ、面子を潰されても起こらないホントの理由は?
  中国は北朝鮮を甘やかせたのか。それとも鉄砲玉としての持ち駒?
  2013年以来、共産党幹部の訪問がない
  北のミサイルが北京を標準にしている恐ろしさは感じていない?
  丹東、瀋陽のホテルからハッカー集団がウィルスを発信しているが。。
  中国としては米国主導を排除し、ロシアの介入を静かに排除しているようだが。。。

第五章 中韓で勃発する異変に日本はどう対処すべきか
米国は韓国を見限るのでは?
  米国はイスラエルパレスチナ問題で外交得点を狙うが。
  北の核処理は、どれほどの政治上の得点となるのか
  文在寅訪米、米韓会談の中味
  韓国が日本に媚びるのはスワップ協定のみ、しかし日本は毅然と無視すべし。
韓国と各国とのスワップはほぼ全て頓挫したが、韓国株式が上昇、ウォンも高騰。 

 室谷克実 vs 宮崎正弘 対談シリーズ新刊
 『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店 予約受付開始)
https://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E5%8C%96%E7%B5%B1%E4%B8%80%E3%81%A7%E6%B6%88%E6%BB%85%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD-%E9%80%A3%E9%8E%96%E5%88%B6%E8%A3%81%E3%81%A7%E7%93%A6%E8%A7%A3%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%AD%E5%9B%BD/dp/4198644233
 7月30日発売! 定価1000円+税 248ページ

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • keyeye2017/07/27

      宮崎先生

     都内米軍施設某内でのミッキー安川さんのパーティ以来ですね

     20年以上は経ってますね。

     その折りミッキー安川さんの文字通りグローブのような手と握手させて頂きました。

     私も若かりし頃には「朝日」の新聞配達少年の過去がございますので、宮崎先輩のその 後のご努力の経緯にはとてもとても敬意を抱く者です。

     

       







    前代未聞 こころが奮えた! 投稿者  keyeye  投稿日 2015/12/17

    形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入   

    この本はネットではアマゾンからしか購入出来ないらしい。

    (現時点では一部例外もあるかどうかは不明)

    これほど解り易い色分けは無い。

    なんら理由の開示もなく、薄暗がりの闇の向うから言論封殺的な動きを

    やっている勢力の存在を否が応でも意識させられた。



    (他所から入手できないので必然的にアマゾンへ集中して

    このジャンルの本にしてはなんとアマゾン書籍総合での2位である。これは異様に目立たせてくれている・・・笑)



    もしも日本に「アマゾン」が存在していなかったらと仮定すると・・(ぶるっ!)

    「アマゾン」は偉大なりオーパ!



    現在の日本国内がいかにある種の汚染に曝されているかノンポリの自分でも気付かされた、

    そして日本人として強烈な「覚醒感」を惹起させられた。



    おそらく日本全国一般の書店で注文しても「入荷出来ません」店が続出するのであろう。



    嘗てこのように凄まじい破壊力を持った本(ブログ)があっただろうか、

    今回日本の出版流通業界が何者かの勢力にコントロールされているということが

    鮮明に露見したことで、図らずもこの本の意義を強烈に認識させてくれた。

    日本にはこのようにあからさまに「コントロール」する勢力がいるのだと。

    そしてお陰様で「何が効いたか」を暗示させてくれる次第となった。



    これこそは「日本を取り戻す!」為の日本人覚醒の本(ブログ)であると。



    何故「日本を取り戻す!」?という言葉が発せられたのか、

    この本を読み「余命三年時事日記」のブログへ至れば納得できる。

    そして日本人としてのこころが奮えてくる。



    「余命三年時事日記」が保守側であることはまず間違いなかろう、

    がなんとこのブログ主は不偏不党であり、非営利である(自弁らしい)。

    (つまり<保守>をシノギとしていない)



    そう日本人の核心は不偏不党な存在なのだ。



    あるバイアスを仕掛けられると本能的に違和感を覚えて身構えてしまう。

    究極一個人一勢力の小賢しさなどは永劫に通用しないということだ。

    せいぜい○○党や△△党の員数の閾値を抜け出てくるということは有り得ない。



    その違和感を感知できる感性こそが日本人の特性なのだ。



    「余命三年時事日記」ブログは個人のとあるが、

    その実体は日本を愛する日本人の複数人(世代も多岐に渡るそうだ)が

    「余命」として一体となって情報発信している?。

    だからこそある勢力にとっては「まるで其処に漂う空気を掴むような」標的なのであろう。



    日本人の「不偏不党の空気」が上等な武器になるのだということかな、



    この空気を共有する無名の一市井の日本人が燎原の火のように燃え広がる、

    その意識の共有こそが日本を強固に守るのだ。

    其処に群れていなくても良いのだ。



    それが個人や特定できる組織ならばいつでも「つきまとい・盗聴・猫やねずみの死骸投げ入れ」など定番の嫌がらせなどで「介入」可能なちょろい存在と見下すだろう。



    真性日本人を知らぬ者らであるからこそ

    その本質的弱点がやがてブーメランとなって

    自らの頭上をかすめ飛び交うカオス的状況へ陥っていくであろう。



    ある意味過激な本が書店店頭に平積みさせられているのを見れば

    日本は自由な国だからとそう思い込まされる。

    しかし逆にそれは優しい日本人のこころへのカウンターパンチとしての撒き餌である。

    世界へ向けてこれを差別発信証拠として・・ネタ仕込みの常套手段であり、

    自作自演するその思考回路のワンパターンなところなど遺伝子レベルでの真性日本人との

    格差は千年万年経ても不変であろう。



    非反日本人勢力がコントロールする日本の○○業界において周到にリサーチした結果は、

    どんな保守論客の本であっても、毎度御馴染みの固定客の閾値を出ない、

    多少伸びしろがあったとしても誤差の範囲でチョン よゆう?っ てか。



    適度に泳がせておけば傍目には日本は自由と民主主義の社会というお花畑拡散効果や

    逆説的(この場合小勢と大勢が非対称ゆえ)ガス抜き効果などの余禄も得られる。



    そういった随分と日本人を舐め切って思い上がってきたことへの

    天然自然の摂動が起こり始めているのだ。



    ブログ内記事での「スヒョン文書」というものを読めば、

    いくらお花畑大好きな日本人であっても一気に覚醒させられるだろう。

    このブログ記事は強烈で刺激的な内容となっている。

    そうか! そうか! そうだったのか!と。



    今回の標的にはそうは問屋が卸さなくなっている。



    「青林堂」Good Job!  謹んで敬意を表します。



    一日本の市井人より

  • 名無しさん2017/07/26

    在日本朝鮮人人権協会と関わりのある法曹関係者

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/26/1785-%e5%9c%a8%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%ba%e4%ba%ba%e6%a8%a9%e5%8d%94%e4%bc%9a%e3%81%a8%e9%96%a2%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e6%b3%95%e6%9b%b9%e9%96%a2%e4%bf%82/

    村田蓮舫の『国籍喪失許可証7つの疑惑』を報じないマスコミ 

    https://darkness-tiga.blogspot.jp/2017/07/blog-post.html

    メディアよ、なぜ死に急ぐ 蓮舫氏「二重国籍」会見でみえた「報道しない自由」と「論点のすり替え」 

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170722/soc1707220006-n1.html?ownedref=rensai_not%20set_newsList

    安倍首相は違法ではないが蓮舫代表は違法である

    http://agora-web.jp/archives/2027408.html

    【速報】蓮舫の四重スパイ疑惑は事実だった!!!?  「韓国に帰化する華僑は増えてます。その方がビジネスがしやすいから」  キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!

    http://www.news-us.jp/article/20170726-000003z.html

    半島有事便衣兵リスト8

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/19/1761-%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e6%9c%89%e4%ba%8b%e4%be%bf%e8%a1%a3%e5%85%b5%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e2%91%a7/

    日本国にとって本当に必要な議論とは何か

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34823880.html

    明治日本と朝鮮の関係

    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-986.html

    北朝鮮のテロ国家の再指定と同時に、日本も否応なく対応を迫られる。現状でテロリスト候補は4桁にもなりそうだ。海外の指定はゆるいからな。←日共と民進の議員はテロ指定されそうだ。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18580011.html

    暗黒半島・李氏朝鮮 韓国歴史ドラマの時代背景はウソばかり

    http://happyarrows.seesaa.net/article/369335798.html

    正しい歴史認識を武器として在日朝鮮人に突きつけるべき。嘘つきを永久に加害者として断罪しなければならない。

    http://tokua777.blog.fc2.com/blog-entry-4639.html

    信念ある政治家をつくる選挙制度へ

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/senkyoseido.htm

    韓国人向けの日本語教材の例文が話題に「父親がやくざです」

    http://news.livedoor.com/article/detail/13382085/

    韓国人

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

    通州事件を連想させる一切の建物は取り壊され欠片(かけら)も残っていない

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-246d-7.html

    中国産・落花生から猛毒カビ検出 殆どのピーナツは中国からの輸入品

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53242910.html

    【拡散】「こども保険」という大増税と、財務省の闇【ヤバイと思ったらシェア】

    https://samurai20.jp/2017/07/studenttax/

    【マスメディアの自殺】もはや報道テロ!フェイクニュースで倒閣運動

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/8d408c4e357b0569d00cfec239314dc6

    【速報】毎日新聞社長、秘密漏洩罪で刑事告発される 

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48797610.html

    【拡散!!!】【在日特権】無償化より深刻な、外国人学校保護者補助金制度 !こんなもの廃止しろ!! 

    http://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11554700606.html

    フランス人も難民が増えることに限界を感じ始めたらしい

    http://military38.com/archives/50462306.html

    交響楽 シンフォニー

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD+%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8B%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj2rcKhuKbVAhWCvrwKHWJKBVsQ_AUIBygC&biw=1097&bih=550

    二宮尊徳の教え 其の十七 積善の家に余慶あり 

    http://2bda.com/book/806.html

    川島なお美さんが頼った「ごしんじょう療法」とは

    http://kenkoubyouki.com/?p=505

    将棋の世界から教えてもらった「人生で勝つために大切な3つのこと」

    http://www.shinoby.net/2016/12/8885/

    コエンザイムQ10の実態

    http://www.long-life.net/newpage827.html

  • 名無しさん2017/07/26

    なぜ韓国人は国家の運命を真剣に考えないの?→宮崎先生、新刊発行おめでとうございます。んで、この質問は、日本人にも向けられているとおもいます!なぜ、国会の質疑で、北朝鮮のミサイル問題が優先議題にならないのか?ということです