国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <中国共産党のパシリ(走狗)になりさがったのかアリババは

2017/07/21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月21日(金曜日)
        通算第5364号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国共産党のパシリ(走狗)になりさがったのかアリババは
  習近平側近の醜聞記事(サウスチャイナモーニングポスト)を撤回させた
***************************************
 
 香港の老舗英字新聞「サウスチャイナモーニングポスト」は1903年の創刊である。
香港返還直後の1987年に英国のオーナーから「世界の新聞王」と言われるルパート・マードックが買収し、さらに1997年にはマレーシア華僑の郭?年が買収した。

郭はシャングリラホテルを経営する商人であり、報道姿勢は中国共産党への批判姿勢が薄れた。
この買収に嫌気をさして多くの英国人ジャーナリストが退職し、別の英字紙を創刊した。(スタンダートエクスプレス)。
 
さらに紆余曲折を経て、2015年にはアリババの馬雲が買収した。つまり中国共産党路線に報道姿勢が「修正」されたことになる。このため往時の勢いはなく、部数は十万部を割り込んでいる。

同紙は7月19日で習近平の側近である栗戦書(中央弁公務主任。アメリカで言えば大統領首席補佐官)の娘、栗潜心が香港で登録している住所にはシンガポールの大財閥の会社が登録されてい、多くの株式、豪邸、競馬馬所有などのあやしい資産形成への疑問を報じた。

翌7月20日に「裏付けが取れないので記事撤回」の告示と謝罪が掲載された。この記事撤回騒動をめぐって、これを命じたのは誰か、老舗新聞もついには言論の自由を中国共産党に売り渡したのかと批判が殺到した。

アリババの馬雲は実質的オーナーであり、彼がいまや中国共産党の走狗と化している事実が鮮明になった事件とも言える。
        □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    

 北京郊外で日本人居留民225名が中国人に虐殺された通州事件
   戦後歴史学のダークサイトに大胆に切り込んだ論文集が日の目

   ♪
藤岡信勝、三浦小太郎『通州事件 日本人はなぜ虐殺されたのか』(勉誠出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 これ一冊で通州事件の全貌をほぼ抑えることが出来る。
 アーカイブを立ち上げ資料の収集から始めようと努力されてきた藤岡信勝、三浦小太郎両氏が編者となって、阿羅健一、北村稔、田中秀雄氏らが所論をのべ、全体が見渡せるような編集上の工夫がされている。
推薦の辞は桜井よしこ氏である。
 『通州事件』という残虐非道な日本人殺戮事件は、戦後の日本である何者かの政治的圧力のもとに、スルーされてきた。
 だからほとんどの戦後は世代は、事件そのものを知らない。岩波の年表には通州事件が意図的に落ちていた。
 日本人虐殺事件が知れ渡るようになると、左翼が使ってきた手は日本軍の誤爆が最初にあり、その報復だという、言いがかりによる歴史の歪曲だった。
 中国人より、その走狗におちた日本人らが認めたくなったのだ。
 こうした事件の歴史的評価と当時の報道ぶり、そして、時代背景を、適切に仕分けしながら本書は事件の全貌に迫る。外国ジャーナリズムがどう報じたかも考察されていて貴重な記録である。
 さて、評者はここであらためて通州事件のあらましについては言及しない。
 それよりも、通州事件現場を二回取材した体験があるので、その経験をちょっと触れさせていただく。
 阿羅健一、加藤康男の各氏も現場に立った。阿羅氏の場合は十六年前、加藤氏はつい最近である。すでに事件の痕跡はあとかたもなく消され、慰霊塔もなかったという。
 評者が十数年前に、最初にいったとき近水楼跡地にはビジネスホテルが建っていて、付近の歩道には通州事件のあらましを書いた掲示板があった。
 中国的な解釈で、殺戮氾たちは英雄として説明されていた。公園の先には慰霊塔が残っていた。
 南側はイスラムの貧民窟で、その先の階段をおりると南門、その先が通州液である。
 貧困のにおい、少数民族への差別の雰囲気があり、スーパーに並んだ品物は見劣りがした。
 二回目に行ったときはホテルも建て替えられていた。殺戮現場痕はビルとなっていた。
 いま北京政府は通州を副都心開発として再開発のさなかで、結局、通州事件を連想させる一切の建物は取り壊し、欠片(かけら)も残っていないのが現実である。

(本書は28日発売、現在予約受付中です)
https://www.amazon.co.jp/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E8%99%90%E6%AE%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%97%A4%E5%B2%A1%E4%BF%A1%E5%8B%9D/dp/4585221867

  ♪  
通州事件80周年「記憶と慰霊の国民集会」のお知らせ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
無辜の同胞が無慈悲に大量惨殺されたかの通州事件から80周年となります。事件の記憶と犠牲者の慰霊の国民集会が、下記のとおり行われます。
          記
(1)靖国神社昇殿参拝と慰霊祭
12時30分靖国神社参集殿集合/午後1時昇殿参拝と慰霊祭 【玉串料】千円

(2)記憶と慰霊の国民集会  
午後3時受付開始/3時30分開演(終了5時40分)
    新国際ビル9階(日本交通協会大会議室)千代田区丸の内3-4-1【交通】JR有楽町駅「国際フォーラム口」から徒歩3分。有楽町D3出口直結(新国際ビルの玄関から会場まで3分)
 参加費2千円(参加予約不要。直接会場にお越し下さい)
 <プログラム>     
                  <総合司会>佐波優子
開会挨拶            呼びかけ人代表 加瀬英明
【第1部】通州事件関係者が語る事件の真相! <コーディネータ>皿木喜久
加納満智子「通州の奇跡 母の胎内で銃弾の中を生き延びた私」
石井 葉子「血染めの手帳に辞世の句を残した伯父の最期」
奈良 保男「事件後最初の救援部隊を指揮した父が見たもの」

【第2部】<リレートーク>通州事件がわれわれに問いかけるものは何か 
   <登壇者> 加藤康男 阿羅健一 小堀桂一郎 北村稔 緒方哲也  ペマ・ギャルポ
        オルホノド・ダイチン 三浦小太郎 藤岡信勝
<閉会のあいさつ> 宮崎正弘
主催 通州事件80周年行事実行委員会(呼びかけ人代表:加瀬英明)
連絡先 112-0005 文京区水道2−6−3 つくる会「80周年実行委員会」
tsusyu80@gmail.com

呼びかけ人 加瀬英明(代表)、宮崎正弘(事務局長)、阿羅健一、加藤康男、北村稔、
      ケント・ギルバート、黄文雄、小堀桂一郎、桜井よしこ、堤堯、藤岡信勝
ペマ・ギャルポほか多数
参加団体 アジア自由民主連帯協議会 新しい教科書をつくる会 美し国
     英霊にこたえる会、関西宗教懇話会、呉竹会、史実を世界に発信する会
     世界連邦日本仏教徒協議会、通州事件アーカイブ設立基金 日本会議東京本郡
     メディア報道研究政策センター
こちらもご覧ください http://www.sdh-fact.com/CL/80.pdf 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)現在の政治情勢と今後の見通しについて先に縷々べさせていただきましたが、肝心なことを書き忘れていました。
 現下最大の焦点は、加計学園などはなから問題ではなく、朝日新聞をリーダーとする左翼メディアが安倍政権に対し、生き残りを賭けた戦いを仕掛けてきているということです。彼らにしてもれば、秘密保護法、安保法制、テロ準備法とこのところ3連敗で、その上憲法改正までやられてしまっては、自分たちのレゾンデートルにも関わるということでしょう。
 従ってなりふり構わず、とにかく安倍政権を叩けるなら記事の信憑性などに関係なく撃ちまくっているのが現状です。その戦術が奏功して都議選は自民党が大敗、野党各党と左翼メディアの意気は上がっています。恐らくこのまま衆院解散まで追い込み、政権打倒を目指すのでしょう。
 しかし“野党第1党”の民進党は四分五裂状態で、恐らく政権の受け皿にはなり得ません。都議選で急進した都民ファーストの会が国政に進出してくる可能性もありますが、まだ実力もなく、当面百戦錬磨の共産党が主導権を握ることは間違いありません。左翼メディアの攻勢から透けて見える主要な敵は共産党です。
(加藤清隆)



   ♪
(読者の声2)貴誌5358号、フーバー大統領の回想録ですが、この話ももちろん重要ですが、ルーズベルト政権側から観た話も興味深いものです。
 シェーンノート将軍が米国人退役軍人のパイロットを募集してシナ駐在日本軍に対して爆撃していたのはご存知でしょう。
The Flying Tigerと呼ばれている爆撃部隊です。
米国統合参謀本部は当時「The JB」(The Joint Board)と呼ばれていましたが、そのThe JBがそれまでの限定的なThe Flying Tiger の活動を拡大して、当時の日本の軍需産業が集中していた、東京、大阪、長崎の工業地帯をシナにある基地から飛び立って爆撃する計画を策定して、ルーズベルト大統領に承認を求めました。
 全体で五千機くらいです。
 この計画書に1941年7月23日にルーズベルトが署名しており、その署名付きの文書が1970年代に発見されました。実際には、署名の二日後に、日本に対する石油輸出を禁止すれば日本の方から先制攻撃せざるを得ないので、その方が米国にとって有利であると判断され8月1日に日本に対する石油輸出が禁止されました。
このことは2007年にABC放送の人気番組20/20で報道されました。
日本はオランダ政府との間でジャヴァからの石油の輸入の協定を結んでいましたが、オランダ領ジャヴァで実際に石油を採掘していたStandard Vacuum社は米国資本であり、日本への石油輸出を拒否し、結果として日本は対米戦を始めました。
Standard Vacuum社がオランダ領ジャヴァに於いてオランダ政府と日本政府との間の協定を無視することは勿論ジャヴァの宗主国であるオランダの法に照らして違法行為です。
ルーズベルト大統領が翻意した理由は、日本に先制攻撃をさせることにより、道義上の優位を確保するためであるというのが今までの通説です。
私は多分そうでそうではないと考えます。
おそらくその時点でゼロ戦の存在が米軍に知られていて、シナから爆撃機の部隊を日本に飛び立たせても途中で撃ち落とされると判断したからでしょう。
表向きには日本のような野蛮国にまともな飛行機を作る技術はないとしていましたが、精確に事実を分析すす諜報スタッフがいたのでしょう。
 重要な点は、あのような人気番組で事実が報道されても日本の卑怯な真珠湾攻撃という嘘が米国民の間では信じられているということです。人間とはそういうものです。
   (ST生、千葉)
 

(宮崎正弘のコメント)湖南省の西南部、ほとんど山奥ですが、フライングタイガー基地跡を見に行きました。フライングタイガー記念館(飛虎紀念館)はたいそう立派な建物で、ブッシュ(パパ)大統領が訪問しています。
 シェーンノートと、中国人妻の展示もありました。



  ♪
(読者の声3) 日本の二大航空事故「雫石」と「御巣鷹山」について、今日でさえ、あたかも自衛隊や米軍がこの事故を起こしたり、生存者を見殺しにして犠牲者を拡大させたかのような「荒唐無稽なデマ・つくり話」が流布されているのはなぜでしょうか。
それは、実際にこれらの事故を起こした側が、その責任を回避するため、何としても「真実」を国民に覆い隠したいからなのです。
卑怯者がまき散らす「自衛隊や米軍を悪者に仕立てるとんでもないデマ」に騙されず、一人でも多くの国民が、「起こるべくして起きた大惨事」の真実を知らなければなりません。それこそが、「雫石」や「御巣鷹山」で犠牲になられた方々への「真の慰霊」になるのです。
https://www.youtube.com/watch?v=UDjeVvYXqkY
 
 「国防を語らずして、日本を語るなかれ! 【第36回 軍事評論家・佐藤守の国防講座】
軍事評論家としてブログなどで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの第三十六回目です。
数多くの犠牲者を出しながら、未だにその真相が謎に包まれている日本の二大航空事故「雫石」と「御巣鷹山」自衛隊を悪者に仕立てて全ての決着をつけようと企んだこれらの事件・事故の真実を元戦闘機パイロットにして空幕広報班長であった佐藤守氏が明らかにします。
脱線転覆を交え、大人気の佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。
        記
演 題:日本の二大航空事故、雫石事件と御巣鷹山事故の真実
日 時:平成29年7月29日(土)
    12:30開場、13:00開演(15:30終了予定)
場 所:靖国会館 2階 偕行の間
講 師:佐藤 守(軍事評論家、日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「国防講座」にてご連絡ください。なお事前申込みがなくても当日受付けます)。
     (日本兵法研究会事務局)



   ♪
(読者の声4) 以下の企画に未だ少しの残席が御座います。今回は先生が特に北朝鮮ミサイル問題に力を入れて詳細な解説をしてくださいます。貴重な機会ですので多くの方々の御参加を待ち申し上げております。
 阪神・淡路大震災から東日本大震災を経て、日本の危機管理体制は、制度的にも機材的にも、どれくらい充実して来ているのでしょうか?それは国際テロさらに北朝鮮ミサイル危機等に関し、どれくらい応用可能なのでしょうか?危機管理に関する日本の最高権威者が詳細にお話ししてくださいます。多くの方々の御参加をお待ち申し上げております。
       記
【日 時】 平成29年7月28日(金)午後6時〜8時 (受付5時30分)
【会 場】 憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面向側)
【参加費】 2000円
【講 師】 小川和久(静岡県立大学特任教授)
 略歴:1945年熊本県生。第7期自衛隊生徒として陸上自衛隊生徒教育隊に入隊。続いて、陸上自衛隊航空学校等で航空機整備を学びつつ神奈川県立湘南高校通信制で併学。陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部中退。
 ジャーナリストを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策等)の分野で政府の政策立案に関わり、国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、日本紛争予防センター理事、総務省消防庁消防審議会委員、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任し2012年より現職。
【主 催】日本安全保障・危機管理学会 防災・テロ対策研究会
【共 催】一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
【協 賛】グローバル・イッシューズ総合研究所、株式会社近代消防社
【要予約】 お名前とお電話番号を以下の尾崎財団アドレスにお送り下さい。
       受信した時点で受付完了となり、確認のメールは致しません。
       予めご了承下さい。
お申込み先= info@ozakiyukio.jp
  詳細は、以下の尾崎財団ホームページをご参照下さい。
  http://www.ozakiyukio.jp/information/2017.html#0627
       ▽□◎ド▽□◎ク□▽◎シ□◇◎ヤ▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
◎宮崎正弘の近刊予告  
7月28日全国一斉発売 1080円 
宮崎正弘 vs 室谷克実 第四弾!
 『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
♪♪♪
 8月7日発売  定価1296円 
宮崎正弘 vs 藤井厳喜
 『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
   ♪
<絶賛発売中!>
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/

『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円)  
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。