国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <香港のシャドー・バンキングが抱える時限爆弾

2017/07/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月11日(火曜日)
        通算第5348号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 香港のシャドー・バンキングが抱える時限爆弾
  不動産ローンの貸し出しが急増し、当局は逆に不動産価格抑制
****************************************

 香港の一般的商業銀行は不動産ローンの貸し出しを上限51%としている(香港上海銀行、スタンダートチャータード銀行など)。
 つまり頭金など49%を最初に支払う必要がある。

香港の金融当局があまりにも激しく急騰している不動産価格を抑え込むために貸し出しの上限を決めたからだ。
香港の不動産価格は五年前の相場から37%上昇しているが、野村研究所などは「ことし第一四半期で不動産市場はピークを打った」と分析している。あの狭い都市空間が、いまでは間店頭が林立する宇宙都市の景観である。

 「上に政策あれば、下に対策在り」というのが中国人の掟。
 銀行に貸し出しの抑制がかかれば、シャドー・バンキング、街金からヤクザの絡むヤミ金融が栄えるのは世の常。香港のマンション価格はおよそ東京の二倍から三倍に跳ね上がっている。
もちろん庶民はもはや手も出せない。若いカップルは絶望である。

いったい香港の不動産価格を急騰させているのは誰か? 中国大陸からやってきた投機集団と地元の香港ギャンブラー集団である。かれらはマンションに住むわけではなく、投機を狙う金融商品の対象として不動産投機をしているのだ。

 大陸から香港へ稼ぎにきている投機集団は、上海、広州、武漢、厦門などで、これ以上の高騰はないと見切りをつけて香港を狙うわけである。

 香港では大手デベロッパー御三家がある。李嘉誠率いる長江実業、サンホンカイ(新鴻基)、ヘンダーソンランドなど開発業者が、マンションの販売と同時にローンを組ませる。価格の60%まで開発業者が融資するのは、香港では合法である。

 それでも融資額が不足する投資家がシャードー・バンキングを利用する。
 条件は「最初の三年間は金利が高いが、それというのも、三年後に金利はもっと高くなるからだ」というのが謳い文句。金利が高くなる保障はどこにもない。

 通常、住宅ローンは年利2−3%である。ヤミ金融は、5%から120%で、金を動かす。現在、デフォルト率はわずか03%だが、シャドー・バンキングとヤミ金融が、この市場を支えているとすれば、一気にデフォルトになるだろう。

 しかし自由が徐々に抑制され、言論の自由が窒息しかけている香港で、まだ不動産価格が上昇すると読む香港人の心理を読むのは難しい。

        □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 貴誌に書評の出た加瀬英明さんと石平さんの共著『日本の奇跡、中韓の悲劇』(ビジネス社)をちょうど読み終えたところでした。加瀬さんは英語つかい、米国通として知られますが、同時に漢籍や中国古典に通暁しているのには驚かされます。
 ところで、貴誌の年初のころ、宮崎さんと加瀬英明さんの対談が上梓されると予告があった記憶があるのですが、その後のスケジュールはどうなっていますか。愉しみに待っておりますので。
   (NN生、浜松)


(宮崎正弘のコメント)ゲラはいったん出来上がっているのですが、国際情勢の変化が目まぐるしく、北朝鮮問題が急におおきくなったりで、時局的な部分をやり直す必要が生じました。
 このため歴史を論じ、時局は論じないという方向で再調整をはかっているため作業が大幅に遅れております。早ければ秋、遅くとも今冬になりそうですね。

       ▽□◎▽□◎□▽◎□◇◎▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪♪
近刊予告
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 韓国通の室谷氏との対談第四弾。予価1080円、7月28日発売予定


♪♪♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『これからの世界の読み方』(仮題。海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 北朝鮮、中国、イラン、トランプとプーチンと習近平の確執はどこへ?
 予価1300円、8月7日発売

 ▲▽▲▽ 絶賛発売中! ▲▽▲▽
  ♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/10

    ブーゲンビル島は、オーストラリアの北にあるパプア・ニューギニアの島々の一つです。豊かな鉱物資源に恵まれた島ですが、それを狙ったオーストラリア資本の企業に対し、島民が独立をかけて戦ってきた歴史があります。「斧と弓だけ」の島民が、最新兵器で武装した傭兵たちに一歩も引かず、今日まで妥協を許さないのは、まさに驚きです。

      島に埋蔵する金は数百兆ドルと推定され、多国籍企業の譲れないターゲットです。島民は、多くの犠牲を払って、1989年まで鉱山を所有していた「リオ・ティント・ジンク社」を追い出しました。そのリオ社の支配権を譲渡された「ブーゲンビル銅鉱会社」は、ブーゲンビル自治政府の所有ですから、いかにも公的機関のようです。ところが、そのブーゲンビル自治政府は、パプア・ニューギニア政府の代理人、さらにパプアニューギニア政府は、オーストラリアに事実上支配されています。ゴールドを狙う支配構造が、強固に立ちはだかっている状況です。

    こうした「国際食物連鎖の最下層」とも言えるブーゲンビル島ですが、デイビッド王は、懐柔策に妥協せず、真の独立を求める立場のようです。島の豊かな金は、世界にある同様の、多国籍企業に略奪される途上国のために役立てたい意向とのこと。

      小さなネズミでも、大国に勝てる、確かにそう思える時代です。

  • 名無しさん2017/07/10

    タリバンを教育したのはアメリカで、「アフガン侵攻」の際、アメリカ資本でイスラム神学校が建設され、ジハード(聖戦)を徹底的に教え込んだ。その影響を受けたのがオサマ・ビン・ラーディンであり、後にアルカイダを興す。9・11の際、ブッシュ・ジュニアは「アメリカ在住のビン・ラーディンの家族を脱出させよ」と指示し、家族はFBIの保障を得て、政府チャーター機でアメリカから脱出している。ブッシュ家とビン・ラーディン家は家族ぐるみの付き合いで、実際、ビン・ラーディンは殺されていない。



     アメリカはビン・ラーディンの死体を水葬と称して海に捨てたが、証拠隠滅以外の何物でもない。理由は、水葬はムスリムではタブーだからである。そうすることで故意にムスリムに火をつけて敵愾心を煽るのである。



     すべてはアメリカ主導で仕掛けられたが、背後にいるのはロスチャイルドである。ISもアメリカがユーロ建て石油取引を宣言したフセインを倒すため、イラクを侵略したことから生まれた。表向きは9・11の復讐劇だが、フセインは無実だった。



      ジャスミン革命の連鎖でシリア内戦が勃発し、それに便乗してISが拡大、イスラム国を宣言した。これはEUとイスラム諸国を衝突させるアシュケナジー系ユダヤのシナリオである。



     現在、ロスチャイルド最大の敵がロシアのプーチン大統領である。彼は「KGB(ソ連国家保安委員会)」時代にロスチャイルドの世界支配の手口を知り、母国愛から政治家を志して現在に至る。プーチンはEU侵攻と中東支配を握るため、黒海艦隊の基地確保が必要となり、クリミア半島を制覇した。プーチン大統領はロスチャイルド(EU)とロックフェラー(USA)と対抗するために「ロマノフ王朝復活」の戦略を実行する。



     2016年12月、プーチン大統領が訪日しようとしたのも、北方領土返還を持ち出すことで、TPPに楔を打ち込むことが目的だった。



     スーパーリッチは、アシュケナジー系ユダヤが完全支配する第3次世界後の世界に生き残るため、着々と準備を進めていた。 

  • 名無しさん2017/07/10

    共謀罪アラカルト

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/10/1727%e3%80%80%e5%85%b1%e8%ac%80%e7%bd%aa%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/

    韓国人教授(88)「殺される覚悟で言う。韓国人は強制従軍慰安とか歴史捏造をやめるべきだ」 

    http://satehate.exblog.jp/18425252/

    日本人は歴史的事実という真相を知らなければいけない

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-16fd.html

    テレビが石破を猛プッシュ「ポスト安倍の石破茂さんをスタジオにお呼びしました」・連日の政権批判

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6721.html

    TBSが計画的選挙妨害 (都議選・秋葉原) 記者が籠池氏と現場に、横川圭季(左翼活動家)も一緒

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53241078.html

    支那人や朝鮮人が参入すると、世界中で約束が守られない事態が出現する

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-5c12.html

    能登天領(近世)

    http://jlogos.com/ausp/word.html?id=7327038

    英語教育大論争(平泉渡部論争)をできるだけ短く要約する

    http://d.hatena.ne.jp/TerasawaT/20111130/1322650169

    日米癌患者数傾向比較 

    http://tokumei10.blogspot.jp/2017/07/blog-post_34.html

    共謀罪と日韓断交

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA%E3%81%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E6%96%AD%E4%BA%A4&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjHg72-mf7UAhVENbwKHYHvDUkQ_AUICCgD&biw=1280&bih=641

    警察もおかしいのじゃないの?・在日中国人「反アパホテル」デモ 休日の新宿混乱 警察出動

    http://blog.goo.ne.jp/houjou73/e/ecd4f5316f69c16219a29c474420d22f

    パチンコ店で在日韓国人と一緒に働いたけど最悪だった話 

    http://www.continue-is-power.com/entry/2016/12/11/184909

    倒閣に手を貸したTBSが『放送免許の停止を喰らって自滅する』凄絶な事態が進行中。籠池問題で盛大に自爆した

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50501043.html

    落ち着けるパワースポット宗像大社 

    http://powerspot2017.hatenablog.com/entry/2017/01/06/004133

    紀子さん家の前の坂

    http://blog.goo.ne.jp/masa737373/e/3c3de7703e1d68fab6b3b8aab95c9910

    貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本 

    http://www.mag2.com/p/money/10990

    海外「この子は救世主だ!」 日本の高校生による世界的大発見が話題に

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2374.html

    エドマンド・バーク 『フランス革命の省察』 

    http://flavius.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_2562.html

    作家生活 最近良いことばかり起きる

    http://golden-tamatama.com/blog-entry-lot-of-happything.html

    女性宮家創設のヒアリングについて

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/joseimiyakehearing.htm

    日教組民主党はイヤです

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/20874637.html

    コレステロール低下剤

    http://www.long-life.net/newpage811.html

    子宮頸癌ワクチンの被害者(日本人10代)が自ら命を絶った

    http://kenkoubyouki.com/?p=2056

    江戸城外堀を歩く(後編:市ヶ谷掘 四谷駅 真田掘 喰違見附) 

    http://ciao66.exblog.jp/17125733/

  • 眠れぬ夜のヒンヤリ話って?2017/07/10

    ○貴メルマガが報じる香港シャドーバンキング時限爆弾。中国崩壊トリガーは、香港闇銀行がはじくのか?100日期限切れ間近、ハラハラドキドキ緊張が続く。そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。文部行政ねじ曲げ疑獄の闇で、刎頚の友国会爆弾証言(請託等)炸裂か?で、東京地検特捜部、官邸ガサ入れ&首相側近(現職総理も夫婦揃って?)電撃逮捕か?それとも毎度の政権ブン投げカウントダウン、スタートか?ハラハラドキドキ、日本も運命の岐路に立つ・・・?

  • 名無しさん2017/07/10

    香港のシャドー・バンキングが抱える時限爆弾 不動産ローンの貸し出しが急増し、当局は逆に不動産価格抑制←宮崎先生、情報ありがとうございます。