国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <トランプ、G20直前にポーランドを電撃訪問

2017/07/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月7日(金曜日)
        通算第5343号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ、G20直前にポーランドを電撃訪問
  パトリオットミサイルの売却と再配備を発表へ
****************************************

 オバマ前政権はポーランド政府の反対と懐疑を無視してポーランドに配備していたパトリオットミサイル(地対空迎撃ミサイル)を撤去させ、ワルシャワは対米不信感を増大させていた。

 旧東欧諸国のなかで、バルト三国とポーランドは旧ソ連の軍事的脅威を目の前にしており、反ロシア路線は強烈である。
トランプ政権になってバルト三国へ4200名、ポーランドへも4000名の兵力増派と決めた。これらの国々はNATOのメンバーである。
ワルシャワでトランプはアンジェイ・ドゥダ大統領と会談した。 

 トランプはドイツのG20出席のためハンブルグ入りするが、ドイツ第二の都市ハンブルグでは10万人が参加しての「熱烈歓迎」(反対デモを組織化した極左は暴走し、500名が逮捕された)がドイツで待ち受けており、また冷却したメルケル首相とは犬猿の仲は修復できないだろう。

 G20でトランプ大統領はプーチン、習近平とそれぞれ個別の首脳会談を開き、また米日韓の三者会談も予定している。
 ワシントンを離れる直前にはエジプトのシシ大統領の訪問を受けている。

 欧州へ向かうエアフォースワン機内でトランプはエジプト大統領との会談内容に触れ、「北朝鮮制裁への強化要請ならびにカタール問題を語り合った」として。また出発前には「北朝鮮は深刻な結末を覚悟しなければならない」とも発言した。

 ロシアの『プラウダ』(英語版)が、G20直前にトランプのポーランド訪問予定を速報していた(7月4日)。7月6日に米国は正式にポーランド訪問を発表したが、一部の保守系メディアは「オバマが撤去させたパトリオットミサイルの売却を決定した」と伝えた。
     □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 加藤康男氏が「慟哭の通州」に続いて、「通化事件」の連載を『月刊HANADA』で始めました。
 たしか宮崎先生も、通化事件に関しては、かなり早い時期に現地取材をされていると記憶しますが、バックナンバーの再録をお願いできませんか?
   (HJ生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)このメルマガではなく、雑誌に書いた記憶がありますが、媒体がどれだったか。しかし清流出版から2003年頃に出した貰った拙著のいずれかに収録しております。ただし絶版のようです。
 というわけで再録には時間がかかります。ご了解下さい。



  ♪
(読者の声2)作家・百田尚樹氏が外国特派員協会で会見(2017年7月4日)のヴィデオです。ベストセラーを連発する百田氏が日本のマスゴミの酷さを外国特派員協会で暴露しています。
 https://youtu.be/4vnU514lpVo


(宮崎正弘のコメント)画面を早送りで見ましたが、外人記者はすくなく、日本人の会員が多いようですし、ストークスさんの翻訳者の藤田氏や、後方にはケント・ギルバード氏の顔もみえました。かれらは応援団?
        ▽□◎▽□◎□▽◎□◇◎▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
   ♪
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
+++++++++++++
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

<宮崎正弘の鼎談シリーズ>  
*************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/07

    (読者の声1) 加藤康男氏が「慟哭の通州」に続いて、「通化事件」の連載を『月刊HANADA』で始めました。

    >通州事件  

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1962.html

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2335.html

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2718.html

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-535.html

  • 名無しさん2017/07/07

    七夕のお話

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3443.html

  • 右を向いても左を見ても、あぁ、魑魅魍魎だらけの世・・・。2017/07/07

    ○貴メルマガが報じるトランプ大統領ポーランド電撃訪問、そしてポーランドへのパトリオット売却・再配備。ロシアの目と鼻の先で展開される米国の対露対抗外交に、プーチン大統領が打つ手とは?とりま北朝鮮問題での親北朝鮮路線で、北朝鮮を対米攻撃の捨駒にするつもりか、あるいは目には目を、で、米国の喉元、キューバへロシア中距離弾道ミサイル配備か?再びのキューバ危機か、第二次朝鮮戦争か?米露の深慮遠謀、計り知れない。



     すでに貴メルマガ既報のとおり、ロシアは中国の「一帯一路」に一枚かむことにより中国砕氷船化を推進せんとする。北極圏の海底資源開発をも容認し、石油や天然ガス、レアメタル等が発見されるまでは中国にやらせ、それらが発見されたときは無理難題を押し付けて中国を締め出し横取りするつもりではないか?中国の野望の矛先が北進でロシアに向わぬ限り、中国の海洋侵出には無関心、黙認だろう。むしろ中国を煽って対米戦争の尖兵に仕立て上げるつもりかも。かつて大日本帝国を南進、対米戦争へと誘導したように・・・。ロシアの深慮遠謀、謀り知れない。



     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。報道によれば、あのあぁ勘違いかわい子ぶりっ子軍事どしろーと靖国ナチス泣きべそおばさん大臣がまたやらかしたという。未曾有の集中豪雨に見舞われた九州で、その指揮下にある自衛隊員が命懸けで被災者救護にあたっている真っ最中、あろうことか日本国防衛大臣としての「公務」よりも一政治家としての「政務」を優先、持場を離れていたという。ホームラン級の馬鹿、再びである。やはり都議選でのあの「私兵集団宣言」に見るごとく、彼女の意識が日本国自衛隊を束ね統帥する防衛大臣というレベルには達しておらないのだろう。靖国参拝や『教育勅語』礼賛でセンパン三世髭なしヒトラーのお気に入りとなり、なんとなくいわれるままに大臣ポストをあてがわれ、しょーがなく防衛大臣になったのでは?自衛隊出身の前任者が尽力し安保法制が仕上がった後であり、わりと楽なポストと思ったのかも。片手間のやっつけ仕事で防衛大臣の座にしがみついているだけか?いま北朝鮮の弾道ミサイルが発射され、米国がいよいよ本気で北朝鮮の脅威除去に本腰をいれようかという時に、しかも九州を襲う未曾有の集中豪雨の中、職場を放棄してまで駆けつけなければならなかった「政務」とはいったいなんだろう?被災者の人命にも勝る「政務」の正体、公表すべきである。いずれにせよ、異常異様な問題防衛大臣は即刻罷免するべきだ。もうこれ以上、自衛隊と日本国民に迷惑をかけないでほしい。



     が、任命権者(罷免権者)であり自衛隊最高指揮官である現内閣総理大臣は、罷免もせず辞任も求めず、このまま突っ走るつもりのようだ。政府・内閣もろともお気に入りの彼女と政治的無理心中する覚悟なのだろう。総理と防衛大臣との間にいったい「ナニ」があるのだろう?余人には窺い知れぬ特別の、秘密の関係でもあるのではないか?まさかツケ髭つけたナチスSS軍装の髭ありヒトラー仮装と軍服姿のタンクガールコスプレで、秘密のオフ会でも楽しんでいるのではないか?疑念が膨らむ。もうこうなったら、防衛大臣もろとも総辞職して欲しい。このまま強引に突っ走れば、都議選の惨敗結果が衆議院総選挙等国政選挙や他の地方選挙でも拡大再現されることになる。「ナチスの手口」での2020年憲法変更、ナチス・ジャパン・フューラー就任の野望実現はもう無理だろうに・・・。「滅びの美学」とやらに自衛隊も日本国民も巻き込まないで欲しい。一人でこっそりひっそり完結して欲しい。が・・・。



     どれもこれも旧GHQが残置した「戦前」の故である。この北朝鮮危機、大災害の最中、毎度の「ミイツ詐欺」コトホギ祭りで漫然とよすがにすごすのか?「東北で、よかった」が「○○でよかった」「日本でよかった」とならぬよう、日本人も覚醒すべきである。記憶を消し、良心を消し、人権を消し、議論を消し、言葉を消し、書物を消し、人間を消し去った「ナチスの手口」を学んでみたり、「ヒトラーの経済政策は正しかった」とヒトラーを礼賛したり、『我が闘争』学校教育教材容認閣議決定をしたり、いつまでもナチスやヒトラーの幻想に浸っている場ないではないのに・・・。残念な民度だった・・・。









  • 名無しさん2017/07/06

    トランプ、G20直前にポーランドを電撃訪問 パトリオットミサイルの売却と再配備を発表へ→トランプさん、GJだとおもいます。