国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <米韓首脳会談、実質的な成果は何もなかった

2017/07/02

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月2日(日曜日)弐
        通算第5337号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米韓首脳会談、実質的な成果は何もなかった
  修辞は並んだが、実行力も拘束力もなく、握手はたったの四秒
****************************************

 トランプはツィッターで韓国大統領をほめあげた。
 「良い会談が出来た」。
 6月29日から三日間に及んだ文在寅韓国大統領の訪米は、韓国のメディアに従うと「異例の厚遇」で「大成功」との由である。
 しかしトランプの握手はたったの四秒間。安部首相とは29秒だったことを思い出した。

 ならば共同声明を見よう。
 ポイントは三つある。
(1)外務防衛担当閣僚級協議(2+2)、高官級戦略防衛協議の定例化
(2)北朝鮮の非核化への最大限の圧力をかけると同時に、適切な環境下で対話に応じる立場を確認
(3)北朝鮮の核問題解決に向けた韓国政府の政策の方向性を米国は支持

 どこをどう読んでも具体的政策はない。「最大限の圧力」、「適切な環境下」とか「方向性」とか、抽象的な語彙で、誤魔化しているに過ぎない。
 この虚しい語彙に見え隠れするのは米国の韓国に対する不信感が払拭されていないことではないのか。

 米韓首脳会談では、トランプは米韓弐国間のFTAに大いなる不満をのべ、また公平な防衛分担を要求したが、この二つは共同声明には盛り込まれず、年内の適切な時期にトランプ大統領の訪韓が行われるだろうとされた。
  かくて米韓首脳会談は具体的成果はなにもなかった。
  □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   

 文科省は聖徳太子を「厩戸王」とだけ記述させ、実在を葬ろうとしていた
  聖徳太子不在論の「三バカ」は津田左右吉、大山誠一、谷沢永一

  ♪
田中英道『聖徳太子 本当は何がすごいのか』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 日本の歴史学界には、まだ蒙昧な左翼思想に洗脳されたまま、おかしな主張を展開している人々がいる。最近もまた「聖徳太子はいなかった」等と頓珍漢な歴史論をのたまうガクシャがいる。
 岩波や朝日を中心とするブンガジンが相場だったが、最近は保守層にも、そうした傾向があると田中氏は指摘する。
 聖徳太子不在論の「三バカ」とは津田左右吉、大山誠一、谷沢永一である。
 そしてあろうことか、聖徳太子不在論に顧慮して文科省が歴史教科書から「聖徳太子」を消そうという動きがあったのだ。
 たんに「厩戸王」と記述させようとしたのだが、猛烈な反対論の勢いに押され、これを引っ込めた。
いったい文科省もまた左翼の跋扈する三流官庁に堕落していたのである。死んだはずのマルクス主義の亡霊がよみがえったかのようだ。
すでに聖徳太子論を弐冊上梓されている田中英道氏は、あたらしく発見された科学的物証を網羅しつつ、平明に聖徳太子不在論の虚妄を衝き上げる。
「端的に言えば、実証主義を自称する戦後日本の歴史学は、権力を常に否定するマルクス主義歴史観に支えられているのです。あるいは歴史学界が無自覚マルクス主義とでもいうようなエセ実証主義者によって支配されているといっても良いでしょう。学界内にとどまっているのならばまだしも、その意見が義務教育の学校の歴史教科書にまで反映される」(20p)
この陰謀的な流れには棹を差さなければならない。
 田中氏はまたこうも言われる。
 「聖徳太子は、ある意味で、日本の信仰の祖であるといってもいいと思います」(126p)
この日本人のアイデンティティを破壊しようとする勢力が、聖徳太子を否定し、日本の文化的共同体、精神的な絆を断ち切れば、国家が分断され、革命を起こしやすくなるという迂回的革命実践のステップ、その戦術の一環として用いるわけである。
とはいえ、仏教を輸入した聖徳太子に批判的な流れは、じつは江戸時代からあった。水戸学は否定的であり、太宰春台、熊沢蕃山らだが、そうはいっても彼らは聖徳太子を否定していたわけではなく批判していたのである。
 聖徳太子不在論を猛烈に反駁されつつ、歴史の本質に迫る書物である。
   ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 「日本文化チャンネル桜」からお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2017 日本よ、今...」 
テーマ:「対中戦争の覚悟を!緊迫高まる東アジア世界」
放送予定:7月14日(土)20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!528チャンネル)
「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト
インターネット放送So-TV
<パネリスト:50音順敬称略>
我那覇真子(琉球新報沖縄タイムスを正す県民国民の会 運営代表委員)
坂東忠信(元警視庁刑事 北京語通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
宮崎正弘(作家・評論家)
宮本雅史(産経新聞社編集委員)
用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将)
矢野一樹(元海上自衛隊潜水艦隊司令官 海将)
司 会: 水島 総(日本文化チャンネル桜 代表)



  ♪
(読者の声2)「国防を語らずして、日本を語るなかれ!」 第36回 軍事評論家・佐藤守の国防講座のご案内です。
 軍事評論家としてブログなどで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの第三十六回目です。
数多くの犠牲者を出しながら、未だにその真相が謎に包まれている日本の二大航空事故「雫石」と「御巣鷹山」。自衛隊を悪者に仕立てて全ての決着をつけようと企んだこれらの事件・事故の真実を元戦闘機パイロットにして空幕広報班長であった佐藤守氏が明らかにします。
脱線を交えての佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。
      記
日 時:7月29日(土)13:00開演(15:30終了予定)
場 所:靖国会館 2階 偕行の間
講 師:佐藤守(軍事評論家、日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)
演 題:日本の二大航空事故、雫石事件と御巣鷹山事故の真実
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「国防講座」とご連絡ください。事前申込みがなくても当日受付けます)
(日本兵法研究会 家村和幸)



  ♪
(読者の声3)6月にスリランカを訪ねました。(中国海軍の潜水艦が寄港した)ハンバントタ港の中国人の評判を聞いて回りました。
 先生が前に書かれたように、評判が悪く口を開くと最悪の罵る言葉で返ってきました。
彼らは仕事が回ってくると思っていたようですが、来たのは非常識な薄汚い連中で治安も悪くなったと言っておりました。
嘆きばかりでどうしようもない憤懣が彼らを敵として見ているようでした。
そこでタクシーの運転手が実は韓国人は汚いどこでも座る汚す飯を食うなどなど、当たり前のことですが聞き捨てならない言葉がその後、彼らは「女性に性的な乱暴を働く」と両手首を前に出し警察に捕まっているんだという。
どこの国でも同じことをする民族かと呆れました。 
日本人はまだまだ信用され尊敬もされております。親日国家との絆は強くなって欲しいと感じながら、日本人でよかったと思った旅でした。
   (EI生、在シドニー)


(宮崎正弘のコメント)スリランカに四年前に行った折、空港からコロンボへの車のなかで、雇ったガイドが言いました。
「中国人労働者のいる建設現場付近でおかしなことが起こっています」
「?」
「周辺から犬と猫がいなくなった。最近ではカラスも。。。。」
         ▽□◎▽□◎□▽◎□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の近刊予告   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘の対談本が今月末から八月末にかけて次の四冊がでます。

宮崎正弘 vs 藤井厳喜『トランプが変える世界と日本』(仮題、海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 vs 室谷克実 第四弾
 『米国が韓国を見限り、北朝鮮に飲み込まれる日』(仮題、徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 vs 渡邊惣樹『間違いだらけの近現代史』(仮題、ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 vs 河添恵子『中国人って、本当は何?』(仮題、ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
          ▽□◎▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
  https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/

『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/

『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

*****************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 「滅びの美学」はひっそりこっそりと・・・。2017/07/02

    ○貴メルマガが報じる、カラッポの米韓首脳会談。親北朝鮮の韓国大統領にトランプ大統領が告げた最終警告とは?4秒の握手の持つ深い意味とは?韓国が本気の本気で北朝鮮との併合を望み、北朝鮮の国家的死間として米国に牙を向くとき。筆者ご指摘の米国の韓国への不信感は、はっきりとした明確な敵意へと変わる。朝鮮半島が再びの地獄の戦場と化し、北朝鮮もろとも韓国も焦土と化すだろう。悪夢である。米国の深慮遠謀、計り知れない。

     米国が本気の本気で北朝鮮の脅威無害化に乗り出すとき。同盟国であるはずの日本国内でも、北朝鮮工作機関(なりすまし、日本人協力者ら)が反米工作、日米離間工作を活発に仕掛けるだろう。毎度の「自称・熱い愛国者」「憂国アジテーター」「翼賛コメンテーター」らが、お涙頂戴の三文芝居や怒鳴り散らすパフォーマンスで十八番の愛国芸をかまし、「皇紀○○年」「一神教より多神教」「日本民族の独立」「アメリカの言いなりになるな」などと勇ましく主張、日本孤立化、日米離間、日韓敵対、日中対立を盛んに仕掛けてくるだろう。さきのアドルフ・ヒトラー著『我が闘争』学校教育教材使用容認閣議決定の如く、日本の国際的信用を失墜させ、日本の名誉を毀損する工作活動も活発化するだろう。「愛国仮面」の朝鮮版ゾルゲ機関が永田町や霞ヶ関で大手を振って跳梁跋扈していることだろう。はたして、日本の真の愛国者は、偽装・擬態のニセ愛国者の策謀を喝破し、これを粉砕できるのだろうか?米国の対北朝鮮圧力が強化される中、日本の覚悟も試される。日本を愛する沈黙の戦士に神(GOD)のご加護がありますように。祈らざるを得ない。



     いま開票進む都議選で示された首都東京・都民の政治意思。「落とせるものなら落としてみろ」傲岸不遜の挑発への回答が政権与党歴史的大惨敗である。はたして「こんな人たち」に負けたセンパン三世髭なしヒトラーは、どのツラ下げて表舞台に出てくるのだろう?「防衛省、自衛隊からも(投票を)お願いする」栄光ある旗の下、日本国の主権と日本国民の生命・財産を命をかけて守りぬく崇高な志で参集する自衛隊を、あろうことか私兵集団に貶め都議選挙の選挙活動に政治利用する異常異様な防衛大臣を罷免することもせず辞任も求めず、むしろ必死に庇いだてし、また「ポツダム宣言」も天賦人権論も立憲主義も理解せず、なにがなんでも「ナチスの手口」で憲法変更し超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)を野望しつつ、その実、移民の大量受け入れ、朝鮮有事の際の北朝鮮難民大量受入れを目論み、日本丸ごと北朝鮮化、大和朝鮮化で朝鮮民族に日本列島を日本人つきでプレゼント、引き渡そうとするかのごとき邪悪。加えての世紀の裏切り、『我が闘争』閣議決定。エルサレムとワシントンでの「ハショアー、レオラム、ロー、オッド!」の宣言も、ネタニヤフ首相との堅い握手も、アンネの隠れ家訪問も全部「ウソ」の『我が闘争』閣議決定。世界中のユダヤ・コミュニティに宣戦布告も同然の挑発、喧嘩を売り、すべてのナチス被害者、ホロコースト犠牲者の魂を冒涜し現在及び将来のユダヤ人を敵に回したアベ総理。あぁ、だからやっぱり、アベ総理よ、都民から引導を渡された今、日本のために辞めてくれ。『狂育勅語』も『我が闘争』もロシアとの密約も、諸々の疑惑・疑獄・国家私物化も、全部背負って辞めて欲しい。靖国ナチス内閣総辞職、政界引退後は、アウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所跡地を訪れ、ガス室跡で思いっきり深呼吸し、「死の壁」の前で瞑想し、無残に殺されていったユダヤ人の心の叫びを感じ取って欲しい。『我が闘争』の結果、いったい何が起きたのか?この歴史的事実、人類史上未曾有の惨害を全身で受け止めて欲しい。また奉天郊外の731部隊実験棟跡やサンダカン捕虜収容所跡地、提岩里教会、バターン半島等を訪れ、大日本帝国がいったいなにをしでかしたのか、その目で確かめ、慰霊の旅をしてほしい。それでもまだ『教育勅語』『我が闘争』を学校教育教材に認めるのですか?超戦前回帰を目論むのですか?



     いずれにせよ、これから「アベおろし」の政界の嵐と、特捜検察の秋霜烈日、峻厳な捜査の手が伸びる。もうテキトーな「内閣改造」ではしのげない。都民によるKK劇場、その舞台をいよいよ国政に移す。「東京の春」が「日本の春」となる。今度は日本国民の出番である。



  • 名無しさん2017/07/02

    懲戒請求アラカルト24大阪、京都

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/02/1707-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%8824%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%80%81%e4%ba%ac%e9%83%bd/

    小池百合子「平慶翔の質問は受け付けておりません」逃亡!平慶翔「あのまま秘書をやってたら腐った」

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6712.html

    【速報】蓮舫まさかの韓国批判キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 支持者のザイニチ困惑www 

    http://www.news-us.jp/article/20170702-000003z.html

    田辺誠は1980年代に南京市を訪れた際、 南京大虐殺記念館を建設するよう求めた

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1980-d6af.html

    知っておいて下さい、彼らの正体を。

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

    韓国は邪魔なだけです。

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52010511.html

    発酵マニアの天然工房

    http://www.sangokan.com/books/978-4-88320-553-0.html

    日本で最も自殺の少ない町の秘密を解き明かす

    https://www.j-cast.com/trend/2016/02/04257540.html?p=all

    南鎌倉高校女子自転車部

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%97%E9%8E%8C%E5%80%89%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%A5%B3%E5%AD%90%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E9%83%A8&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj26sThvOrUAhUFkZQKHZRrAdQQ_AUIBigB&biw=1097&bih=550

    保守の神髄は「人間が勝手に決めるな」

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/ningengakimeruna.htm

    引き続き「教育勅語」を考える

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/22779873.html

    母はロキソニンの副作用で脳幹梗塞になりました(実例)

    http://kenkoubyouki.com/?p=4623

    本物のビールはヱビス、モルツなど5%だけ 「まじりっけなし」の嘘

    http://www.mynewsjapan.com/reports/422

    倭国は東アジアの大国だった

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2960.html

    七里ヶ浜

    http://shonan-photo-gallery.com/spot/%e4%b8%83%e9%87%8c%e3%83%b6%e6%b5%9c/gallery/

    http://shonan-photo-gallery.com/spot/%e4%b8%83%e9%87%8c%e3%83%b6%e6%b5%9c/gallery/2

    蔀帳づくり

    http://seigaiha.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8ae6.html

    巨大カルト宗教の組織的保険金殺人!! 

    http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11659029662.html

  • 名無しさん2017/07/02

    米韓首脳会談、実質的な成果は何もなかった

      修辞は並んだが、実行力も拘束力もなく、握手はたったの四秒←韓国にあるTHADD、6基でしたっけか!日本に移設できたらいいとおもっております。

  • 名無しさん2017/07/02

    小池百合子氏は、今でも自民党を離党していません。都民ファーストとは「自民党小池派」であります。小池都知事を支えている人たちの人脈から、都民ファーストは自民党の別働隊であると考える人が多いようです。

      実際問題として、小池氏は公明党だけではなく維新の会からも支援を受けており、おそらく、菅官房長官から維新を通して、官房機密費が小池氏のところに流れ込んでいるのではないかと想像します。

      これは、自民党の改憲案を支持する勢力として、都民ファーストを裏で自民党が支援しているということなのです。これは憲法改正を最終目的と考える自民党の戦略だったと思います。

      ところが、今起きていることは、これとは違います。ネオコンの言いなりである安倍政権が見限られている以上、安倍政権に攻撃を仕掛けている側が誰で、何の目的で攻撃をしているのかが問題です。

      日本からマイケル・グリーンやアーミテージを追放したのは、キッシンジャー氏だと思います。

      おそらく、キッシンジャー氏は小沢一郎氏に助言をし、小沢一郎氏は小池百合子氏に助言をしていると思われます。長島昭久議員や渡辺喜美議員は、小沢一郎支持に回ったと考えられます。

      

  • 名無しさん2017/07/02

    オーストリア、ハンガリー帝国の復活、これはロスチャイルドの失脚がこうした動きになっている。サウジアラビアは長く持たないだろう。朝鮮半島の統一が水面下で合意されている。イージス艦とフィリピン船籍の貨物コンテナ船が伊豆半島沖で衝突した事件について、これは電磁的なハッキングによってイージス艦が機能を停止させられた。

      まず、オーストリア・ハンガリー帝国復活ですが、この背後にいるのもやはり、ヘンリー・キッシンジャー氏。彼はカール・ハプスブルグ・ロートリンゲンに助言している。中東、カタールの問題にキッシンジャー氏が関与している。朝鮮半島の統一は、キッシンジャー氏がトランプ政権成立以前から取り組んでいたもので、こうした動きを阻止し、北朝鮮を導火線とする第三次大戦を引き起こそうとしたのがロスチャイルド家。これらの状況から、キッシンジャー氏はロスチャイルド家を潰す側に回っている。すなわち、プーチン大統領とキッシンジャー氏は協調して動いている。

      イージス艦のハッキングという説は、事実だ。問題は、これを誰が行ったのか。このようなハッキング技術はロシアか中国が所有していると考えるのが自然なので、今回の事件が中国軍部の仕業と考えるのは、筋が通っている。