国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <米、北朝鮮の不正送金、資金洗浄に手を貸した中国の銀行を制裁

2017/06/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)6月30日(金曜日)弐
        通算第5334号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  
 米、北朝鮮の不正送金、資金洗浄に手を貸した中国の銀行を制裁
   米中「外交・安全保障」対話直後にムニューチン財務長官が発表
****************************************

 北朝鮮に禁止されているミサイル部品、精密機械など制裁品目に該当する不正輸出に手を貸して、資金洗浄に協力してきた遼寧省の丹東銀行を、米国は「取引停止」とする。
同時に密輸に関係した二人の中国人と海運会社1社(大連のグローバル・ユニティ海運)も制裁対象に加えるとした。

 これは6月29日にムニューチン財務長官がホワイトハウスの記者会見で明らかにしたもので、制裁を名指しされたのは以前から噂のあった銀行だけに、それほどの意外感はないが、同銀行と迂回取引のある米国の銀行は当惑している。迂回融資、迂回送金も含めての捜査がなされるとした。

 制裁の内容はと言えば、丹東銀行が米国内の金融システムにアクセスが出来ないことにするためであり、制裁効果は疑わしい。トランプ政権の対中姿勢の象徴的な打ち上げ花火に過ぎないと捉えることも出来る。

 しかしタイミング的にみると、米中の高官対話(米中外交・安全保障対話。ただし会談は決裂し、共同声明は発表されなかった)が行われた直後でもあり、まして同日にトランプ大統領が文在寅・韓国大統領と首脳会談を行う直前だったのである。
 効果的なタイミングを演出していることがわかる。

 トランプ・文在寅会談は、韓国のメディアにしたがうと米側は異例の厚遇を示していると積極的な前宣伝に余念がないが、北朝鮮の核開発凍結に非協力的であり、そのうえ米軍が進めるTHAAD配備に意図的な遅延をなす韓国の文政権への不信感は払拭しがたく、米韓首脳会談が成功する可能性は薄いだろう。
    □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1590回】        
――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富29)
  ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

    ▽
 いま手許の『新潮国語辞典 現代語古語』(久松潜一監修 新潮社 昭和40年)を開くと、「忖度」は「他人の心を推し測ること。推察。推測。」とあり、「手数料」は「?手数の報酬。コミッション。?[法律]国家・地方自治体が特に個人のためにするする行為の報酬」と記されているが、やはり「忖度」には日本式のウエットな、「手數料」には中国式のビジネスライクでドライな響きが感じられる。同時に「忖度」にせよ「手數料」にせよ、それぞれの社会の仕組みと人付き合いの文化から生まれた振る舞いと考えるなら、兎にも角にも互いの違いをハッキリと知っておくべきだ。

 だが、ここで些か戯画化して考えてみるに、はたして殿サマと越後屋の関係は「忖度」によって支えられているのか。はたまた両者は「手數料」によって結ばれているのか。おそらく権力と財力をテコにしたアコギな間柄が「忖度」と「手數料」の相乗効果によって暴利を生み出すカラクリは、日本も中国も同じようなものだろう。だが、考えてみれば、どこかが違うように思う。

 日本の場合、取り引きの場に「葵の御紋」を手にした越後のちりめん問屋に扮した水戸黄門が登場し正体を明かせば、一切が問答無用。殿サマも越後屋も転がるように庭に飛び出し、「水戸のご老公様」の前に土下座して一件落着となる。だが中国の場合、おそらく水戸黄門役も、ましてや「葵の御紋」に相当する権威も存在しないだろう。万に一つ水戸黄門役が登場したとしても、おそらく中国版の殿サマと越後屋の2人が「忖度」を働かせる一方、水戸黄門は殿サマと越後屋の2人に応分の「手數料」を要求するに違いない。

 ここで半世紀程昔の香港での細やかな経験を。
 ある時、歩道を歩いていると、後ろの方からサイレンが。振り返ってみると、猛スピードのバイクを白バイが猛追。50メートルほど前方で白バイが追い付きバイクを強制停止させ、取り調べを始めた。物見高いが何とやら。早速、走っていって2人の脇に立って取り調べの見物と思いきや、どうも様子がおかしい。

 どうやら交通違反を見逃す代わりの金額の交渉、つまり「手數料」の相談らしい。話が長引くばかり。すると暫らくして後方からもう1台の白バイが。てっきり助っ人かと思いきや、どうもそうではないらしい。それというのも後の白バイの接近を見届けるや、先の白バイの警官が違反者を急き立て別の場所に行ってしまったのだ。2台目の白バイの警官は、ニヤニヤしながらUターンし、いま来た方向に走り去っていった。

  もうお判りだろう。かりに後から来た白バイを取り調べ(「手數料」の交渉)に加わらせたら、「手數料」は目減りしてしまう。違反者(正確には、違反容疑者)からの「手數料」は検挙した者が“徴収”する・・・今は昔の香港での生活の知恵だった。

 (54)【立憲政治と受負主義】=「才取主義(コンミツシヨン)」に骨絡みであればこそ、「如何に政治上に於て、受負社會主義を改め、才取主義(コンミツシヨン)を改めんとするも」、成功は覚束ない。じつは「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」はコインの裏表の関係で、とどのつまりは同じで社会の仕組みに組み込まれている。「受負ふ故に手數料を取る。手數料を取る者と豫定し、豫定せらるゝか故に、受負となる次第」である。だから政治面の改革だけで、この悪弊・病理を取り除くことはできない。

  当時、盛んに論じられていた立憲政治の行末を捉え、徳富は「立憲政治は、受負政治とは、兩立致し難く候。如何に受負を廢止するも、「才取主義(コンミツシヨン)」の流行する間は、先以てだめ」であり、それゆえに飽くまでも立憲政治を遂行しようとするなら「代議制度と、才取主義(コンミツシヨン)との調和」を図るのが急務だろう、とした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 1591回】      
 ――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富30)
      ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

   ▽
 徳富の主張を現在に敷衍してみると、共産党の一党独裁を廃止し、立憲政治を貫徹し民主化を目指そうとするなら、やはり社会全般の全域に根を張っている「才取主義(コンミツシヨン)」の根絶が必要条件となるだろう。逆に独裁政権が「受負政治」を墨守・貫徹するだけでなく、より巧妙な形で進める一方、国民の側が「受負政治」に利得を求めている限り、民主化は夢のまた夢・・・春の日の街道の前方に現れる「逃げ水」のようなもの。近づいたと思うほどに、民主化=立憲政治は遠のくことになる。

   これを逆にいうなら、共産党政権は中国社会を“円滑”に動かしてきた伝統的な「受負政治」と「才取主義(コンミツシヨン)」のカラクリを熟知し、それを不断に“改良”しながら、より巧妙に延命を図っているとも考えられる。

  30年に近い毛沢東の暴政によって政権基盤が動揺をきたすや、共産党政権は国是を政治(革命)から経済(金儲け)に180度切り替えることで、失われた国民的支持の再構築を目指した。なりふり構わずに社会主義市場経済という野蛮資本主義の道を驀進することになり、経済活動において「受負政治」と「才取主義(コンミツシヨン)」が大手を振って動き出す。かくて共産党政権と国民――北京の最上層から最下層の庶民レベルまで――の関係に「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」という伝統が完全に息を吹き返した。

 独裁政治が「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」によって成り立っていることが顕著になったのは、やはり天安門事件後に起きた経済の高度成長だった。それというのも混乱収束後、権力と財力の合体した「権貴体制」の弊害が叫ばれるようになりはしたものの、一向に改まる気配がみられないからだ。やはり民主化の大前提は「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」の克服しかないだろう。であればこそ共産党独裁打破ではなく、諸悪の根源ともいえる「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」という悪しき伝統の打倒を掲げるようになってはじめて、中国における民主化運動は本格化するのではないか。

 だが、ここで考えるべきは、中国が中国であるゆえに受け入れざるをえない広大な土地と膨大な人口という前提条件である。この条件を受け入れたうえで(いや、受け入れざるをえいないわけだが)、より効率的な統治制度を考えるなら、おそらく「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」の組み合わせを選択するしかなかったのではなかろうか。それというのも強大な封建王朝といえども、末端の個々人までを管理することは事実上不可能だからだ。いわば「受負主義」と「才取主義(コンミツシヨン)」という統治のカラクリは、中国にとって必要悪だったということになる。

  歴史的に振り返った場合、中国は連綿として続く王朝国家ではなく、中国と名づけられた統治制度を受け入れた封建王朝の集合体だと考えられるが、この問題は孰れ別の機会を設け詳細に論ずるとして、徳富に戻ることとする。

 (55)【英人と支那人(一)】=「日本人と支那人とは、同文同種と申し候得共、其の一皮を?ひて」みると、「日清の距離よりも、清英の距離は、寧ろ接近致し居り候」。それというのも、清英双方は「其の個人主義の實行者たる點に於て」、「其の?禮を大切にし、儀式を重んずる點に於て」、「不器用にして、重くるしき趣味を有する點に於て」、「酷肖致し」ているからだ。

  たとえば「英國の日用品と、支那の日用品」を手に取ってみると、「其の手鞏きと、頑丈なる擲ても、叩ても損はれぬ點に於て一致する」ことからも判るはずだ。

それにしても「日本人と支那人とは、同文同種」などという子々孫々にまで害悪を流し続けるインチキを、いったい誰が、なぜ、いつ頃から口にしはじめたのだ。
    《QED》
        ◇○▽ヒ□◎◎イ○◎○ズ○○□ミ□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 「正論を聞く会」からのお知らせです。次回講師は宮崎正弘先生です。どなたでも予約なしで御参加いただけます。

とき   7月19日(火曜) 午後六時半
ところ  「産経プラザ」三階大会議室
講師    宮崎正弘
演題    トランプ vs 習近平(+金正恩)
参加費   お一人1500円
主催    正論の会(代表三輪和雄)

         ▽□◎▽□◎□▽◎□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘の最新刊
  『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
   韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
     韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
         ▽□◎▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『トランプノミクス』(海竜社、1080円) 
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

*****************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • さぁはじまる夏の陣、7月政変ヨーイ、ドン?2017/06/30







    ○貴メルマガが報じる米国による中国制裁。が、その対北朝鮮制裁効果は、筆者ご指摘のとおり疑問である。中国による北朝鮮独裁政権懲罰軍事攻撃、中国による北朝鮮独裁体制崩壊工作をいくら促しても、結局、中国は動かないだろう。というか動けないだろう。ヘタに北朝鮮問題に取り組めば、中南海の親北朝鮮派・対米強硬派・毛沢東原理主義者らの猛反発を惹起させ、習金平体制崩壊、中国中枢軍事クーデター、ネオ文化大革命的国内線が始まるかもしれず、また、対北朝鮮軍事攻撃を仕掛けても中国人民解呆軍の手の内を知り尽くしている北朝鮮がそう簡単に中国の軍門に下ることはないだろう。超限戦の応酬、泥沼のゲリラ戦が待っている。いよいよとなれば、死なばもろとも「敵は中南海にありっ!」で、ありったけの核弾頭ミサイルを中南海に叩き込むかも。5分以内に北京は消滅、中国人民解呆軍にこれを阻止する術はない。結局、北朝鮮潰しは米国に丸投げでは?果たしてトランプ政権がどのような手段を講ずるのか?米国流超限戦開始か、それとも世界最大最強の軍事力(正規軍)を真正面から行使か、あるいは未知の最新鋭超極秘兵器群実戦使用か?朝鮮半島危機はこれからが本番である。



     今、米国訪問中の韓国大統領、満面の笑みを浮かべてトランプ大統領と握手する。が、その目は決して笑ってはいない。勿論、トランプ大統領もである。果たして対北朝鮮で韓国が選ぶ道とは?肝心要のところで東軍に寝返った小早川の如く、「反米北朝鮮補」と化すのか?北朝鮮の死間として米国の背中から後ろ弾をかますのか?それとも、赤化阻止で米国との血の同盟を貫徹するのか?そして米国は韓国を見捨てるのか、北朝鮮もろとも灰にするのか?米国の深慮遠謀、計り知れない。



     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。風雲急を告げる国際情勢の中、日本国の主権と日本国民の生命、名誉、財産を守るため栄光の旗の下に集う自衛隊を、あろうことか私兵集団(イ△ダ衆、ト□ミ組)に貶め都議選挙に政治利用せんとし、国民世論の批判を浴びるやいなや速攻で発言撤回、なにがなんでも地位に恋々とする、あぁ勘違いかわい子ぶりっ子軍事どしろーと靖国ナチス泣きべそ棒読みおばさん大臣。こんな醜態、意識で、果たして日本有事に際し、冷静沈着に情報を分析評価し、遅疑逡巡なき決心、決断をなし、高度な専門的軍事組織である自衛隊の最大効果を発揮する指揮命令、統帥的運用ができるのか?無理だろう。やはり即刻罷免すべきである。が、彼女の任命権者であり自衛隊最高指揮官でもある日本国内閣総理大臣は、罷免はおろか辞任も求めずこのまま突っ走るつもりのようだ。どうあっても彼女を必死に庇い、おばさん大臣もろとも政治的無理心中をする覚悟のようである。なにか二人の間に他人にはうかがい知れぬ秘密の、特別の関係でもあるのだろうか?疑念が膨らむ。その様は、あたかもあのソ連赤軍迫るベルリンのバンカーで愛人と無理心中した元祖髭ありヒトラーのようだ。が、「滅びの美学」とやらに自衛隊や国民を巻き込まないで欲しい。



     それにしても、首都決戦を前に靖国ナチス内閣のドタバタは続く。「この、は○っー、ちがうダロー」で禿頭の方々を敵に回し、「がん患者、働くなっ!」で全ての癌サバイバーといまも癌と必死に闘病している患者さん、その家族の皆さん、関係者の方々を敵に回し、「子ども生んだらオンナじゃねー」女性蔑視で子育て真っ最中のヤングマザー、奥様たちを愚弄し多くのファミリーを敵にし、「(巨大地震、巨大津波、原発事故で2万人の方々が亡くなり、いまも放射能汚染で故郷を追われ苦しみ続けている人々が多くいる地が)東北でよかった」と東北各県出身者と復興に尽力する人々を嘲笑、馬鹿にしつつ敵に回し、「全国に獣医学部を」疑惑隠し、実態無視の暴言で獣医学界の先生方、大学、畜産関係者らを挑発、敵に回し、なんとあろうことかあのアドルフ・ヒトラー著『我が闘争』を学校教育教材使用容認閣議決定をなし、すべてのナチス被害者、ユダヤ人ホロコースト犠牲者の魂を穢し、世界中のユダヤ・コミュニティに宣戦布告も同然の挑発をなし、現在及び将来のユダヤ人に喧嘩を売り敵に回し・・・、もう、何が何だか分けのわからない大混乱、騒擾状態に陥っている靖国ナチス内閣である。報道によれば、都議選挙で政権与党壊滅的大惨敗が予想されているという。未曾有の失言、暴言、妄言を繰り返すおばさん大臣や議員らを抱えるセンパン三世髭なしヒトラー靖国ナチス内閣。まるでスカンクやハリネズミを飲み込んだガラガラ蛇のようだ。が、どれもこれも身から出た錆である。あぁ、だからやっぱりアベ総理よ、日本のために辞めてくれ。大好きなおばさん大臣や(不?)愉快な仲間たちもろとも内閣総辞職で、辞職後はアウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所跡を訪れ、『我が闘争』の結果起きた事実を自らの身をもって感じ取って欲しい。あるいはテロとの戦いの最前線で米軍の武器弾薬を運ぶボランティアでもして欲しい。自らが自衛隊員を送り込もうとした戦場の地獄を身をもって味わって欲しい(但し、人質になったり地雷を踏んだり流れ弾にあたっても自己責任で)。



     とにかく、都議選挙には必ず投票所へ行き、「オイッ!ふざけるな!」「(お前たちが)ちがうダロー」意地の一票を投じたい。





  • 名無しさん2017/06/30

    またしても偽旗化学兵器テロを利用して、アメリカ主導の有志連合がシリアで戦争を始める可能性があるようですが、こうした彼らの計画をプーチン大統領も見抜いているはずなので、おそらく米軍と事前に調整され、戦争にはならないと見ています。

      以前のシリア空軍基地に対する巡航ミサイル攻撃の際には、イヴァンカさんは闇の勢力に惑わされ、攻撃に賛同するコメントを出してしまいましたが、当時の彼女と父であるトランプ大統領はお互いに信頼し合っていたと思います。

      ところが、2人の関係はかなりぎくしゃくしているようです。トランプ大統領は、おそらく前回と同様に脅されていると思います。トランプ大統領にネオコン側の脅しが通用する背景には、彼のキリスト教に対する信仰、すなわちハルマゲドンを容認する思想があると思います。その辺りが、スティーブン・バノン氏と思想的にウマが合う理由なのだと思います。結果的に、トランプ大統領はイエズス会にコントロールされているかのような振る舞いをすることになります。イヴァンカさんが父親と考えが違うということは、彼女は今や闇の勢力とは関わりがないということです。

      トランプ大統領が闇に引きずられているとは言え、トランプ政権は軍部やヘンリー・キッシンジャー氏、そしてイヴァンカさんたちによってうまくコントロールされているので、あまり心配はありません。米軍はマティス国防長官の事実上のコントロール下にあり、トランプ大統領のコントロール下にはありません。万一トランプ大統領が手に負えなくなると、彼らは共和国宣言を行い、いつでもトランプ大統領を大統領の座から放逐出来るのです。ただ、このような荒っぽいやり方は出来るだけやりたくないわけで、あくまでも合法的に、本来のアメリカ合衆国憲法に法った米国に戻したいというのが彼らの考えです。

  • 名無しさん2017/06/30

    何故かTVで追及されない小池都知事の政治資金疑惑と池袋の闇金業者との仲

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4984.html

    北海道を中国が侵略中

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52010242.html

    国政と地方政治は別もの / 何度でも騙される有権者

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68655219.html

    カルト創価と小池劇場

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53239370.html

    日本の自殺希少地域における自殺予防因子の研究

    https://www.health-research.or.jp/library/pdf/forum18/fo18_6_03.pdf

    みせ みせづくり 海部町

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%BF%E3%81%9B%E3%80%80%E3%81%BF%E3%81%9B%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%80%80%E6%B5%B7%E9%83%A8%E7%94%BA&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjq7sHMi-XUAhUDjZQKHTpUCB0Q_AUIBygC&biw=902&bih=523

    皇統に対する世論調査のいかがわしさ

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/240924.html

    日教組と戦う校長

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/23143920.html

    インフルエンザワクチンは効果がないことをNHKが放送(笑)

    http://kenkoubyouki.com/?p=437

    政府が隠そうとするもの(3)

    http://muroutahito.blog33.fc2.com/blog-entry-559.html

    モンテッソーリ教育ってどんなもの?保育園・幼稚園の特徴や教育内容をご紹介!

    http://benesse.jp/kosodate/201705/20170530-1.html

    凄い、日本政界のホモ人脈、野田総理も!! 

    http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11213458931.html

    「エリゼ宮の食卓」?その饗宴と美食外交?

    http://d.hatena.ne.jp/globalmanager/20071105

    子宮頸がんワクチン副作用 ワクチンを打たない人にも症状が起こるのは「当たり前」

    http://t-yoshimura.doorblog.jp/archives/54696654.html

    [日本航空123便墜落事故]  自殺した航空自衛隊員が所持していた 2枚の写真 (世界の真実の姿を求めて!)

    http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/474.html

    発がん物質入りシャンプーワーストはノエビア、コーセー、カネボウ…中小のナチュラル系に要注意 大手は資生堂『ツバキ』だけ

    http://www.mynewsjapan.com/reports/1888

    傷をきれいに治したかったら消毒してはいけない、ガーゼは使わない、乾かさない 

    http://soukai213.com/no-dry

  • 名無しさん2017/06/30

    米、北朝鮮の不正送金、資金洗浄に手を貸した中国の銀行を制裁 米中「外交・安全保障」対話直後にムニューチン財務長官が発表←米国も特亜(シナ、南北朝鮮)の実態をよく認識できたんじゃないすかね。