トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <ボリス・ジョンソンを首相にかつぐ動きが表面化

発行日:6/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)6月12日(月曜日)弐
        通算第5323号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
 英国総選挙敗北のメイ政権低迷
  ボリス・ジョンソンを首相にかつぐ動きが表面化
****************************************

 総選挙で過半数に到らず、事実上の敗北となった英国保守党。メイ首相は連立を組んで続投の構え。五人の閣僚の留任を決めたばかり。

 保守党内にはメイ首相のリーダーシップでは政局を乗り切れないと判断し、ボリス・ジョンソンの首相就任の動きが表面化した(『ザ・タイムズ』電子版、6月11日)。

 ジョンソンは現在外務大臣だが、さきの国民投票(BREXIT)で、キャメロン前首相が退陣に追い込まれたときの最有力後継だった。
ジョンソンが土壇場でBREXIT賛成に回り、保守党内が混乱したとの理由で、首相就任を辞退し、メイ首相の登場となった経緯がある。

 ジョンソンも英政界では異色。ジャーナリスト出身で、暴言放言にまつわる逸話が多く、『英国のトランプ』とも呼ばれる異端児。

   □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1583回】          
――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富22)
  ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

    ▽
 福沢諭吉の表現を借りるなら、どうやら共産党政権はヒト(人民)の上にヒト(幹部)を作り、ヒト(幹部)の下にヒト(人民)を作った。いや、より実態に即するなら極く少数の幹部の下に圧倒的多数の「老百姓(じんみん)」を置いた。
これが毛沢東の唱えた新民主主義の実態らしい。昔から中国には3種類の人間しかいない。奴隷を使う者と奴隷と、奴隷になりたくてもなれないヒト――と言ったのは魯迅だったように記憶するが、どっちにしても救われないことは確かだ。

 (32)【役人の表と裏】=「成る程役人は、無暗に威張り候得共、そは表面の話」でしかない。「郷紳」たる地主を蔑ろにしたら、役人は「轉任若しくは免職なる」。そのうえ「浮説流言は、動もすれは議會以上の勢力を有」つ。だから中央の政治方針を末端まで貫徹できるわけがない。そこで「支那は、最惡の役人政治たると同時に、又た最惡の平民政治たりと申すも」過言ではない。

 (33)【政府は本來の害物】=「公義心、公共心、所謂る公徳の缺乏は、支那人の協同生活に、覿面に反應」する。「役人は先つ泥坊と、認定さられ、政府は害毒と、豫定せられ」る。「役人に租税を出す」ことも「馬賊に運上を出す」ことも、同じく「惡魔の呪いに出金する迄」のこと。政府であれ官吏であれ、「彼らは先天的に」信用しないし、なんらの期待も持ってはいない。そこで「彼等は政府其物か、本來の害物であると云ふことを、しみしみ確信致し」ているようだ。

(34)【征服者と被征服者】=なぜ、このように政府を信用しないのか。その背景には政府と人民の間が実態的に「征服者と、被征服者との關係なるが爲め」だろう。これを、より直截に言い換えるなら、「強盗と、被強盗の關係に候」。「君主は強盗の隊長」であり、「人民は此の強盗に押し入られたる者」ということになる。「強盗の目的は、只た手當り次第、其の押入りたる家の財寶や、人畜を、奪掠するにあり」。一方の「押入られたる者」は、「幾許にても、其の所有物を與へて、速かに其の危難を?か」れようとする。

  とどのつまり「君主は、強盗の隊長にして、官吏は、公許の強盗」だ。であればこそ「人民か政府を以て、先天的害物と見做すも」、「决して異しむに足らす」だろう。

  いわば共産党政権は「強盗の隊長」であり、地方幹部は「公許の強盗」。ならば「人民か政府を以て、先天的害物と見做すも」、「决して異しむに足らす」ではある。建国時には「旧中国」は打倒され「新中国」に全く以て生まれ変わったと喧伝されていたはず。にもかかわらず、新中国誕生から70年近くになるというのに、中央・地方を問わず幹部の「強盗」ぶりの凄まじさが伝えられる。ということは、一旦は根絶された「強盗」が狂乱と強欲な経済状況の渦中で息を吹き返したということか。いや、旧も新もなく中国は飽くまでも中国だったのか。因みに建国から文革当時までは一世を風靡していた「翻身(うまれかわり)」という単語は、いまや死語のようだ。そうそう、「為人民服務」「自力更生」「百戦百勝の毛沢東思想」「全世界的無産階級団結起来」などなど・・・死屍累々ならぬ死語累々。

 (35)【帝力于我何有哉】=「支那人は、獨立自主の人民」だ。「卑屈とか何とか申せとも、そは支那人の斷念の善き迄」であり、「損する喧嘩」「得せぬ一揆」「割の善からさる謀反」などには「滅多に加入せす」。つまり彼らは「卑屈」なんぞではなく、一瞬のうちに損得を計算し、被害を最小限に止めるよう振る舞う。「卑屈」ではなく自己防衛ということ。加えて「政府には、殆んと爪の垢程の依頼心」はない。「極端な個人主義者」であり、なによりも他からの「干渉か嫌」いだ。かくて「彼等の理想の政治は、一切放任」と説く。

 だが彼ら流の「一切放任」は、他を顧みない勝手気儘な振る舞いを意味する。
《QED》
    ◇○▽ヒ□◎◎イ○◎○ズ○○□ミ□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 金沢方面の愛読者の皆さんへ、宮崎正弘氏の講演会のお知らせです。きたる6月17日午後、金沢市内です。
会合名は「日本のこころ党、タウンミーティング IN 金沢」。

とき    6月17日(土曜日)1400(1330開場)
ところ   石川県女性センター 二階大会議室
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/jyoseicenter/access.html
      (金沢市三社町1−44)
講師    宮崎正弘(作家、評論家。金沢市出身)
演題   「最新の中国情勢」
参加費   無料
主宰    タウンミーティング実行委員会
連絡先   (090)6709−9380(担当佐藤)
      どなたでも予約なしで御参加いただけます。
         ▽□◎▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊 宮崎正弘の最新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★
宮崎正弘の緊急書き下ろし! 
  ♪♪♪
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
   韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
     韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
         ▽□◎▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため、6月17日―18日休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘新刊ラインアップ  宮崎正弘新刊ラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 

宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
*****************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)海外取材のため小誌は6月21日から30日まで休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. レイプ容疑者逮捕のモミケシが罷り通る日本:安倍内閣を支持する若者はベトナム戦争に派遣させられた韓国の若者延べ32万人(年間5万人)の歴史を知るべき! 
    https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36766157.html

    準強姦事件をもみ消した中村格刑事部長がなぜ、共謀罪運用責任者になるんだ? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/297.html

    共謀罪は米国の圧力でつくらされている本当の理由  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/321.html

    仰天!安倍政権の「共謀罪」は不必要と国連担当者! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/327.html

    共謀罪をめぐる状況は石川啄木が大逆事件について警告した内容とそっくりだった! 暗黒の歴史を繰り返させるな!(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/325.html

     2017/6/12

  2. サウジアラビア、UAE、エジプト、バーレーンなどの国がカタールと国交を断絶した件ですが、カタールはイラン、トルコ、ロシアとの関係を深め、圧力に屈するつもりはないようです。カタールは、サウジ・UAE等のボイコットに報復せず、これはラブロフ外相のアドバイスに従ったものではないかという気がします。このことでカタールは国際社会の信頼を得、ハザールマフィアから足を洗ったことを内外に示しました。おそらく、カタールが崩壊することはないでしょう。
      フィリピンの動向ですが、ドゥテルテ大統領は、フィリピン南部のミンダナオ島に戒厳令を敷いたようです。主な衝突地点はマラウィ市ということで、5月23日に、ここをISダーイッシュと繋がる武装集団が制圧してしまったということです。マラウィ市奪還作戦には米軍が参加していたようですが、ドゥテルテ大統領は、“アメリカ側に支援を頼んでいない”と言っています。
      ダーイッシュを口実にしてアメリカ軍が侵略をしていると考えるのが自然だと思います。ただ、この侵略行為がマティス国防長官の命令によるものとは思えません。シリアに関してもそうですが、トランプ政権は米軍をコントロール出来ていないように見えます。
      どう考えても、金に困ったハザール達が金塊を略奪しに来たとしか考えられません。だとすると、今後、インドネシア、中国に、この混乱が波及する可能性が高いと考えなければなりません。

     2017/6/12


  3. 安倍・情報操作政治の限界<本澤二郎の「日本の風景」(2634)敵を作り、繰り返し攻撃して世論操作 内部告発でギブアップ
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/281.html

    隠蔽首相が「徹底調査指示」 文科省の文書再調査は茶番だ 全部お見通しだぞ、国民は(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/339.html

    <今治発>総理主導のカツアゲに住民が差止め請求 「土地とカネ奪うな」(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/331.html

    安倍自公政権の瓦解は近い、「野党連合」の結集を急げ。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/335.html

    徹底的に隠蔽を指示 野次馬
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/dc54bd323d4f266e0fc20ddafd9a4107

     2017/6/12




  4. ○貴メルマガが報じる、毎度の中国大風呂敷、一帯一路に現地住民大反発の実相。中国の一帯一路がむしろ現地社会を混乱に貶め、住民を分断し、IS暗躍の下地醸成の触媒となっているのではないか。報道によれば、今、有志連合軍がIS本拠地への攻勢を強めているという。米露正規軍合同軍の猛烈なる攻撃でISを東へ東へと追いやる策ではないか?逃げて行くISの先には、「血の河とする」宣言の中国本土、ウィグルがある。既に6000名のISテロリストが潜伏しているといわれるウィグルを中央アジアに続く「第三イスラム国」とするのかもしれない。欧州に向けている矛先を本格的に中国へと向け、あわよくば中国全体を「第四イスラム国」化せんとするかも。そうなると、「1年限定」どころではない本格的なテロとの戦いの本番が、中国本土を主戦場として勃発するのでは?あのかわいらしいウィグルの坊や〔親元から誘拐され、中国人〔漢族〕の大人たちから殴る蹴るの暴行を受け、そのかわいらしい手をか細い指を何度も何度も踏みつけられ泣き叫んでいた、本当にかわいそうな坊や・・・〕と同じ目にあっているであろう何千、何万のウィグルのかわいらしい坊やをお嬢ちゃんを助けるために、世界中の同じ志を持つお兄さんやおじさんたち、お姉さんやおばさんたちが駆けつけてくるのでは。さらにはグルカ兵や中国国内からも回族のほか義憤に燃える若者らが立ち上がるかも。米軍やロシア軍、NATO軍との熾烈な戦闘を経て実戦経験を豊富に積んだ若者たちが、無神論の中国共産党の傍若無人、残虐非道な振る舞いに、もうやむにやまれず手に手にAK47や対戦車ライフル、RPGやスティンガーミサイル、ククリ刀や対戦車地雷を持って、あるいは自家用プーク地対空ミサイルや自家用T90A戦車や自家用パーンツィリS1等をキビキビとした無駄のない動きで組織的有機的に運用するどこぞの「市民」も、全速力で中国最前線に駆けつけるかも。中には大量破壊兵器(核兵器やVXガス、サリン、生物兵器等)をこっそり持ち込む不心得者もいるかも(なりすまし北朝鮮工作員も?)。中国でこれから何が起きるのか?もう誰にもわからないし、もう誰にもとめられない。中国共産党は即刻解散、完全廃党を。本当に、もう、これ以上、まわりに迷惑をかけないでほしい。

     そして、報道によれば、北朝鮮が第六回目の核実験&弾道ミサイル発射の準備をしているという。あの中国人民解呆軍61398部隊を歯牙にもかけぬ北朝鮮ハッカー部隊が、日本の衛星「みちびき」のデーターをも自由自在に入手、活用し、命中精度を上げているのかも。あるいは「反米・反ユダヤ・反キリスト」の一点で北朝鮮にシンパシーを抱く日本側内通者・協力者がいるのかも?いずれにせよ、その時、トランプ政権の決断とは?いまあえて空母打撃群を日本海から去らせ北朝鮮の油断と暴発を誘導しているのかも。北朝鮮が核実験(プルトニウム型&ウラン型同時または連続核爆発?爆縮型orニセ水爆?)や米国まで届くICBM発射をかまそうとするその瞬間、米軍原子力潜水艦からステルストマホーク雨あられか?B2、B1、F22等がマッハですっ飛んできて最新鋭バンカーバスター、MOAB、デイジーカッターの飽和集中攻撃か?朝鮮半島、何が起きるか分からない。核爆発or ICBMの発射ボタンが北朝鮮壊滅のスイッチとなるのでは?国際政治の闇は深い。が、はたして北のICBMはまともに飛ぶのか?核分裂無限連続反応が起きるのか?物理力に変じた超能力者らの念力や極秘工作員ゴキ○リXXがコントロールパネルの制御システムを破壊できるのか?それとも韓国軍停電爆弾炸裂か?目が離せない。いずれにせよ、北朝鮮のバカはもういい加減にしてほしいものだ、が・・・。

     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。「ナチスの手口」を学び何が何でも憲法変更をなし超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)を目論み、日本を滅亡させた「教育勅語」に加えなんとあのアドルフ・ヒトラー著『我が闘争』を学校教育教材として容認する閣議決定をなし、内外に「靖国ナチス教育」「陸軍内務班ヒットラーユーゲント教育」推進の国家意思を明示したセンパン三世髭なしヒトラー内閣。数々の疑獄疑惑を封印し、なにがなんでも国体護持の特高警察、監軍護法の憲兵隊を甦らせんとする。隣組や愛国婦人会、職域・地域の大政翼賛会が、相互監視、密告奨励の闇黒社会をあっという間に現出させることだろう。『我が闘争』で「ヒトラーの思想」をマインドコントロールされ、教育勅語や戦陣訓、軍人勅諭の暗誦唱和、宮城遥拝、ご真影にひれ伏すことを強いられる世がやってくる。日本丸ごと北朝鮮化、大和朝鮮化で、悪夢のネオ大日本帝国、ナチス・ジャパンの登場、地獄への一直線を突っ走る・・・。大量の適応障害患者が病院に列をなすだろう。が、『戦ふ東条首相』ならぬ『戦ふアベ総理』でも歌いつつ、あの東条憲兵ならぬアベ憲兵が跳梁跋扈、ゴミ箱を漁り「総意にならぬ日本人」「美しくない日本人」「国家神道に帰依せぬ日本人」ら不平不満分子を探し出し片っ端からしょっ引いて獄死・拷問死か、戦場送りで国民粛清か?学べなかった歴史が繰り返される。残念な民度だった・・・。



     2017/6/12


  5. なぜ安倍自公政権の支持率が高いか、−マスメディアが世論誘導しているからだ。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/284.html

    NHKのスクープをもみ消した男(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/328.html

    文科省追加調査に独立した司法組織必要/政界地獄耳(日刊スポーツ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/322.html

    経費は国民に 利益はお友達に。(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/06/post-11265.html

     何とか国会終了の18日まで、事態をグダグダのまま逃げようというのがアベシンゾーのタクラミなんだが、国会さえ終わればオシマイというわけじゃない。延々と、どこまででも追求してやれw 幸い、ネタはまだたくさん控えている。アベシンゾーは身内に税金を垂れ流す事しかやってないので、ネタだらけだw

     2017/6/12

  6. 「国会は天皇を強制退位させうる」との“天皇制廃止準備法”に様変わりした「今上陛下のご譲位」特例法──共産党員・菅義偉の言いなり、
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/06/12/142805

    民団の連中が、二重国籍を悪用した朝鮮工作員であると白状した様なものだ。反日行為利敵行為を見つけ次第共謀罪で罰するか有事が起きれば外患誘致罪
    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18517706.html

    【韓国の損切り開始】東海・独島表記を見つけ次第教えてくださいby外務省【日本海!と思った人はシェア】
    https://samurai20.jp/2017/06/japansea/

    ヘイトスピーチ対策法施行から一年 (2)  毎日新聞社の不可解な記事
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53236179.html

    紀勢本線
    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B4%80%E5%8B%A2%E6%9C%AC%E7%B7%9A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwjxubzu67fUAhVEE7wKHcS8B3cQ_AUIBigB&biw=1280&bih=641

    「人手不足でも賃金停滞の謎」を解く
    http://conservative.jugem.jp/?eid=599

    フライデー・ナイト・スペシャル / 大統領にたかる異邦人 (後編)
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68435274.html

    戦争と性犯罪4 被害者(?)をさらし者「慰安婦」問題の異常さ
    http://blog.livedoor.jp/ishiitakaaki3/archives/2285784.html

    散歩のとき何か食べたなつて
    http://www.t-webcity.com/~pipedan/other/newpage6-sanponotokinanikatabetakunaltute.html

    げに恐ろしきは、北千住駅構内…… 
    http://ameblo.jp/itsuyaruka/entry-11301380030.html

    インドで「子宮頸癌ワクチン」接種の犠牲者多数で緊急停止!? 
    http://quasimoto.exblog.jp/12458320/

    国を歌わせず、国を考えさせなかった 「里の秋」
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/25615316.html

    お医者さんにおいしい高血圧患者(その3)<降圧剤を飲むのを止めた老人は元気になります>
    http://blog.goo.ne.jp/miyakekazutoyo230910/e/2d9aa4a1c27c0b02264fb2bfb82b512d

    異常な在日外国人優遇制度 日本人ならこの事実に怒り爆発します
    https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n223269

    ゴー宣ネット道場トッキー氏への反論パート2
    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/280915.html

    健康診断 本来の基準値
    https://ph-miyake.jimdo.com/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%9C%AC%E6%9D%A5%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%BA%96%E5%80%A4/

     2017/6/12


  7. 上杉隆氏が暴露:山口敬之氏の「準強姦疑惑事件」の全内幕 / 自民・若狭議員「中村刑事部長(当時)を許せない」
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=129750

    準強姦事件をもみ消した中村格刑事部長がなぜ、共謀罪運用責任者になるんだ? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/297.html

    権力の私物化か。腹心のジャーナリストを無罪放免にした官邸の闇 新恭(まぐまぐニュース)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/290.html

    山口敬之氏と安倍政権のズブズブの関係(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/285.html

    右翼対左翼ではない、これは国民対カルト集団との闘いだ!(simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/296.html

     2017/6/12


  8. 木村草太さん / 「(共謀罪はテロ対策のために必要だという政府の説明は)ほとんど誤報というレベル 」 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/314.html

    共謀罪は米国の圧力でつくらされている本当の理由  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/321.html

    <共謀罪に反対する緊急渋谷街宣> 森ゆうこ議員「共謀罪が成立したら真っ先にやられる!危機感一杯です。最後まで頑張ろう!」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/313.html

    国連特別報告者は安倍官邸の反論のインチキを完全暴露 リテラ
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6dab800c9b4161eb940c22a162f80cb6

     2017/6/12

  9. ロスチャイルドによって開発されたパングナ鉱山は、リオ・ティント社が管理している。しかし、鉱山所有者から受けた悲惨な処遇と、鉱山によって引き起こされた汚染に怒った地元の人たちが、長い抵抗運動の末に掌握した。また、デイヴィッド王の代理人たちは、ロスチャイルドの鉱山所有者が、鉱山の収益を搾りとるために島全体を破壊することをもくろんでいたと主張する。彼らの過去の実績に基づけば、ロスチャイルドが鉱山から得られるお金を、惑星を救うために使うつもりなどなかったことは間違いない。

     
    アイデアのひとつは、鉱業が島にもたらす全体的な影響が、以前存在していたより多くの生き物のスペースを作り出すことになるように、鉱山の跡地を埋め立てて、生き物たちのための新しい土地を作るというものだ。



    喉から手が出るほどゴールドが欲しいハザール:インドネシアのM1
     




    いずれにしても、ハザールマフィアは、ここ数ヶ月の間に、惑星のコントロールグリッドが目に見える形でどんどん崩壊して行くにつれ、惨敗を喫し続けている。

    最も重要なことは、世界のほとんどにはまだ隠されているが、ハザリアンはゴールドを使い果たしているので、世界の多くは彼らの紙幣を受け入れなくなっている。それは、消滅しつつあるマインドコントロールの仕組みなしでは、何の裏づけもないからだ。

    アジアのインドネシア、日本、フィリピンや他の地域で、ハザリアンがゴールドを手に入れようとする試みはすべて妨害されている。

     先週、シティバンクの代表者と米国のジョセフ・ドノバン駐インドネシア大使は、ジョコ・ウィドド大統領に対し、12,500トンのゴールドと引き換えに、インドネシアの対外債務をすべて帳消しにすると約束したが、彼らは手ぶらでそこを後にした。

     マレーシア西部にあるジョホール州のスルタン(君主)は、ジャカルタのゴールドを奪おうとする企てに関与している。

    そのゴールドは彼の王族にだけ支払われるもので、自分には、過去70年ほど保管されていたインドネシアからとり戻す権利があると主張している。

    このジョホール州スルタンの主張によれば、これは、インドネシアがアジアのロイヤルファミリーのゴールドを保護預かりして、M1としてスカルノが委任された担保付金口座の一部である可能性があることを意味する。


    スカルノは、米国のジョン・F・ケネディ大統領と同じく、このゴールドを惑星のために活かそうとする彼らの努力を止めるために、ハザールによって殺された。今、ゴールドの預金者が報復しているのだ。

    マレーシア首相、ナジブ・ラザクは、ハザールマフィアのメンバーなので、何らかの形でこのことに関わっている。



    影響力を失ったハザール:米トランプ大統領のパリ協定離脱


    ハザールたちは、ゴールドを奪うために、いまだにロンドン、フィリピン、インドネシア、そして世界中でテロ攻撃をしかけているが、組織的に孤立させられていっている。

    6月4日に終了したハザールマフィアのトップ奉仕者たちのビルダーバーグ会議は、地球をめぐる戦いで敗れた者たちの会議となった。ハザールの首領デビッド・ロックフェラーが死亡して以来最初の会議で、ロックフェラーの取り立て屋、ヘンリー・キッシンジャーは、地球の新しい秘密の支配者になるための努力を続けた。しかし、ゴールドもロックフェラーの後ろ盾もなければ、キッシンジャーも古いエアバッグに過ぎない。

    ロックフェラーの死後、ロスチャイルドが惑星を完全にコントロールしようとする試みは、米国大統領のドナルドがパリ協定を離脱したことで大きな打撃を受けた。 トランプは、炭素取引を止め、ロスチャイルドの地球温暖化の嘘を暴露するためにパリ協定を離脱した。

    家の中を掃除しようとするトランプが、パリ(協定)を離脱することで、元ゴールドマンの最高執行責任者ゲイリー・コーン率いるシオニスト・グローバリスト・ゴールドマン派閥とジャレッド・クシュナーを脇に追いやった。

    ハザールマフィアのブッシュ派閥は、次々と犯罪が暴露されているため、“完全なパニック状態”にある。先週、ブッシュの殺し屋たちは、『CIAの麻薬密売と汚職について密告されるのを防ぐ』ために、元パナマ大統領の元マヌエル・ノリエガ大統領を殺害した。

     デヴィッド・ペトレイアスや元NSA長官マイケル・ヘイデンなどのネオコン・ブッシュの工作員を逮捕する動きと、米国家安全保障問題担当大統領補佐官H.R.マクマスターを解任して逮捕する動きもある。機密情報を不正に受け取ったり、漏洩したりした容疑がある。

    ロックフェラー、ブッシュ、クリントンの米ハザールマフィア一派の取り巻き連中のトップたちは、刑務所に入れられないように苦闘し続けているが、ワシントンDCの権力闘争には明らかに敗北している。



    コントロールを奪還したいハザール:中国

    現在、中国では巨大な権力闘争が進行中である。この闘いは、中国の権力構造で事実上ナンバー2であり、今や中国のロスチャイルド筆頭代理人である王岐山(Wang Qishan)が関係している。

     最近、ジェイコブ・ロスチャイルドやダライラマと一緒に撮影され、フロリダにあるトランプのマー・ア・ラゴリゾートに滞在していると思われる謎の男、郭文貴が、

    https://www.forbes.com/sites/nathanvardi/2017/04/25/chinese-fugitive-guo-wengui-lost-500-million-in-ubs-margin-call/amp/

    先週、『(王は、)スカルアンドボーンズとフリーメーソンとのつながりが強い。』と主張していた動画が消えた。

    この秋の第19回中国共産党大会で王が首相になり、公式にナンバー2になれば、“中国国家主席の”習近平は死ぬだろう。王の権力は、彼がここのところ不可思議に入手して周りにばらまいている莫大な金額から生じている。

     習近平は『非常に危険な立場にある』。彼が共産党による支配を続けようとすれば、彼の任期が終わる前に、他の利益団体が彼を排除しようとするだろう。そうでなければ、90年代のソビエトのように、彼は共産主義を終わらせることができる。

     中国の別の上級亡命者である令計劃(Ling Jihua)は、ロスチャイルドがコントロールする王に対する抵抗の為に、米国に『潜水艦や核コードなどのより詳しい情報を』与えている。

    https://www.theguardian.com/world/2016/feb/12/state-secrets-or-golf-secrets-murky-case-of-ling-wancheng-tests-china-us-ties

    次の政局を握ろうとして、今から真夏までの間に中国情勢が乱れ続けるのは間違いない。秋には正式に発表される予定だ。



    カタール断絶の背景:ロシアになびくサウジアラビア





    また、ヨーロッパにも変化が訪れている。トップハザールマフィアの独首相アンゲラ・メルケルも、ロスチャイルドの奴隷で仏大統領エマニュエル・マクロンも、もはや彼らをロシアから守らないと言ったトランプ政権の言葉の意味を自覚している。その結果、フランスとドイツは両国とも、最初こそ青色吐息だったが、突然ロシアに取り入り始めた。

    また、エジプト、サウジアラビア、クウェート、バーレーン、アラブ首長国連邦が、突然カタールとの関係を断ったことで、中東でも分裂が起きている。

    カタールは、アルジャジーラニュースネットワークと、米国の大規模な航空基地の本拠地だ。カタールの首長、タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニーは、イスラエルだけでなく、イラン、ハマス、ヒズボラについても肯定的な発言をすることで、公式な中東のハザール路線から逸脱した。サウジアラビア人は、とんでもない目くそ鼻くその話(自分のことを棚に上げて他人を批判すること)で、ISの責めをカタールに負わせて非難している。

    &#8232;http://www.arabnews.com/node/1104556/saudi-arabia 

     実際には、この争いは、カタールはガスを輸出するパイプライン契約をロシアやシリア人と締結したが、サウジアラビアはしていないという事実に関係していることは確実だ。

    その結果、今やサウジアラビアも、慌ててロシアに取り入っている。今までのところ、ロシア人は、遠い北極地方で彼らのお金を使うように勧めたようだ。

    http://tass.com/economy/949691

     2017/6/12



  10. 韓国留学生御用達だった加計学園への安倍不正誘致に見る深刻な朝鮮利権の闇
    http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/4ab83ba9ad287c9384564c27ca17ecf0

    更迭された釜山総領事の発言は、政権寄りの自称、保守系新聞記者が晋三に密告したという 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/272.html

    /*昭恵夫人が安倍と加計の正体が朝鮮人と暴露!「二人は爆弾酒大好き」 */
    http://vvarabidani.hatenablog.com/entry/2017/06/11/090427

     2017/6/12

  11. 今週のトピックは、中東6カ国のカタール断交でした。カタールは、これまでサウジと組んで、シリアに作ろうとしていた天然ガス輸出のパイプラインを、一転、ロシアと提携して輸出するパイプライン契約を結びました。梯子を外され、資金源も逼迫するサウジ他、湾岸諸国によるカタール封鎖でしたが、現在「サウジアラビアも、慌ててロシアに取り入り」、ロシアの北極での資源開発プロジェクトに投資することになったようです。なお、カタール断交の真相は、湾岸協力会議の解体だっとビックリ!

     2017/6/12

  12. 懲戒請求アラカルト
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/06/11/1675-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/

    【前川氏の行政マンとしての資質】東日本大震災で多数の児童が亡くなった大川小の検証委から遺族を排除していた
    https://samurai20.jp/2017/06/maekawa/

    小池百合子知事は何がしたいの?
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53236567.html

    天照大神の子は女系継承にあらず
    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/241128.html

    ひこね芹川駅
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%B2%E3%81%93%E3%81%AD%E8%8A%B9%E5%B7%9D%E9%A7%85&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwing7j5o7XUAhUJE7wKHZSQDfAQ_AUICCgD&biw=1053&bih=392

    韓国人一家が隣に越してきてから、生活が滅茶苦茶に。弁護士に相談すると「あの国の人間と関わるのは…。」
    http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/34324639.html

    南北朝時代の人物 系図 皇統 
    http://jimoren.my.coocan.jp/kyu/ura/nanboku/z-02-01.html

    やはり混合インフルエンザワクチンも危険だった! 
    http://quasimoto.exblog.jp/12548567/

    日教組はそんなに悪いの?というメッセージ
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/25685168.html

    パチンコはやめましょう!日本が朝鮮人に乗っ取られ滅びますよ!
    https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n249613

    発達障害のお子様に、
    http://tsjkyositsu.web.fc2.com/awwg.html

    学校では教わらない朝鮮半島の歴史
    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

    お医者さんにおいしい高血圧患者(その2)<メタボ検診を導入し、降圧剤投与の悪乗り>
    http://blog.goo.ne.jp/miyakekazutoyo230910/e/a1974b11f2496b39c37dc53ca84efa23

    過激デモをするのは「普通の市民」ではない−裏を考えよう
    http://blog.livedoor.jp/ishiitakaaki3/archives/2057540.html

    番町方面地図
    http://www.tokyosaka.sakura.ne.jp/map1/map-chiyoda-bancho.htm

    支那人は、自分たちがしでかした悪魔の所業の痕跡の全てを消し去ろうとしている
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-7482.html



     2017/6/12

  13. 森下博士によれば、癌は体毒による血液の汚れ(汚血)から発症する。これはマックス・ゲルソン博士と同じ発想である。

    「癌が何故できるのか? それは血液浄化のためです。血液の汚れが進むと、最悪、敗血症を発症する。これは、血液が腐敗する病気です。発病したら、1週間以内に死にます。それを回避するために、弱い臓器が犠牲になって血液を浄化するのです。だから、、癌が出来る第1の理由は『血液の浄化装置』です。第2の理由は、『患者の延命装置』です。敗血症で数日で死ぬところを数か月、数年と生かしてくれる。癌だって、ちゃんと存在理由があるのです。感謝すべきですね」

     だから、先ず癌に深く感謝しなければならない。癌と戦うのではなく、癌に感謝すべきなのである。

    癌が出来たのは、血液浄化のためである。それなら、ファステイング(断食)すれば、人体は消化吸収モードから排毒排泄モードにシフトする。つまり、デトックスがどんどん進む。最も優先的に排毒されるのが癌である。その正体は「毒溜め」だからである。甲田光雄博士が実証した断食による病巣の自己融解が、まさにそれである。こうして断食による排毒の後には、自己浄化されたクリーンで理想的な身体が残る。だから、ヨガの奥義はこう断定している。

     「ファステイング(断食)は万病を治す妙法である」

     2017/6/12

  14. 少食・断食を行うと身体の病巣部分の細胞は自己融解していく。そして、新たな細胞→組織→器官→臓器が再生されていく。まさに、「同化作用」「異化作用」のダイナミズムである。

     病巣の自己融解→この現象は少食医療の国際的権威、甲田光雄博士が発見している。つまり、ファステイング(少食・断食)療法こそ、真実の再生医療なのである。しかし、再生医療のホープとして、山中伸弥教授はiPS細胞でノーベル賞を受賞し、マスコミは「再生医療の時代が始まる」と大騒ぎしている。こうして夢の再生医療幻想が世間にばら撒かれた。安倍首相は「今後10年間で再生医療研究に1100億円の税金を投じる」とぶち上げた。国際医療マフィアたちのしたり顔が目に浮かぶ。

     他方で、狂気のSTAP細胞騒動でマスコミに魔女狩りを扇動させ、邪魔な小保方さんを圧殺し、笹井教授ら理研を抹殺した。そして、STAP細胞の特許を密かに奪取したのはハーバート大学であった。

     当時マスコミを騒がせたiPS細胞はどうなったのか? 
    実はiPS細胞こそがペテンだった。

    京大チームの公表でも、その成功率は0・2%だ。つまり、1000回の内998回は失敗する。そんな医療が成り立つわけがない。同チームの試算では、1回の治療費は、最低2000万円だ。安値な夢の再生医療は嘘だった。

     さらにiPS細胞には致命的欠陥がある。作成の過程で、2つの癌増殖抑制酵素P53、RBを破壊している。つまり、夢の医療iPS細胞にはブレーキが無い。専門家は確実に癌化すると憂慮する。つまり、P53、RB破壊こそ、iPS細胞の致命的欠陥なのである。しかし、学界も、政界も、メディアですら、この事実を知らない。なぜなら、一切表に出ない情報だからである。闇の支配者がそれを隠蔽しているからである。

     2017/6/12

  15. 英国総選挙敗北のメイ政権低迷
      ボリス・ジョンソンを首相にかつぐ動きが表面化←情報ありがとうございます。メイ首相が総選挙で敗北したのが残念です。

     2017/6/12


  16. 安倍・情報操作政治の限界<本澤二郎の「日本の風景」(2634)敵を作り、繰り返し攻撃して世論操作 内部告発でギブアップ
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/281.html

    菅悪代官曰く、「加計氏はたまたま総理の友人だった」どれだけ都合のよいたまたまなんだか(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/295.html

    なぜ、内閣府の調査をやらないのか? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/293.html

    見苦しい! 加計疑惑「隠し」に奔走する文科省! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/299.html

    徹底的に隠蔽を指示 野次馬
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/dc54bd323d4f266e0fc20ddafd9a4107

     2017/6/12

  17. ジョンソン氏が首相になったら(不謹慎かもしれませんが)面白くなりそうですね。トランプ大統領との会談とか、爆裂トークになりそう?!

     2017/6/12

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13238人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17019人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/29
    読者数:
    5712人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7041人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/29
    読者数:
    2858人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事