トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <ドゥテルテ比大統領が、テロリスト退治に大胆な二枚舌戦術

発行日:6/6

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)6月6日(火曜日)弐
       通算第5317号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ドゥテルテ比大統領が、テロリスト退治に大胆な二枚舌戦術
  中国にテロリスト殲滅作戦の支援を要請、中国海軍艦がダバオに寄港
****************************************

 中国海軍の駆逐艦、フリゲート艦など三隻がフィリピン・ミンダナオ島のダバオに寄港している。ダバオはドゥテルテ大統領の地盤である。
 駆逐艦はPGM(精密誘導ミサイル)を多数搭載している最新鋭艦で、この過程で明らかになった事実は、フィリピンが中国に対してPGM、高速ボート、ドローンの供与を要請していることだ。

 先月来、ミンダナオ島の中央部にあるマラウィ市に戒厳令が敷かれ、ISの影響を受けた「マウテ集団」との戦闘が続いている。
すでに100人前後が戦死、そのなかにISに近いマレーシア、インドネシアからの応援武装戦闘員が含まれていることも判明した。

 同時にミンダナオ南西部にトビウオのように群島が南シナ海へむけて広がっているが、バシラン島、スル島、タウィタウィ島をカバーする海域は「アブサヤン」という過激な武装集団が抑え、付近の海域で海賊行為を展開している。
この海域ではマレーシア、ベトナムの漁民が人質となっている。アブサヤンとの戦闘は半永久的に継続されており、フィリピンの国内治安の頭痛の種とされた。

 ドゥテルテ大統領は、一方に於いて麻薬密売グループの一斉捜索、犯人を射殺しても良いとして麻薬戦争を展開し、すでに8000名ほどの密売人を刑務所にぶち込んだ。
 ゲリラ戦争が特異な「マウテ集団」との戦闘には正規軍を投入し、また戦闘訓練の指導にはアメリカの特殊部隊が派遣されている。
このことはシンガポールの「シャングリラ対話」に出席したハリー・ハリス太平洋司令官が示唆している(アジアタイムズ、6月6日)。

 フィリピンは中国海軍との合同軍事訓練を催行するが、海賊退治に関しては、すでにソマリア沖で豊富な実戦経験を積んできた中国海軍ゆえに、もしフィリピンに協力するとなれば、アブサヤンの弱体化は必至の情勢だろう。

 しかし、スカボロー礁をめぐってフィリピンは中国と対立しており、国際仲裁裁判所はフィリピンの訴えを認め、中国が「あの判決は紙くず」と豪語した。
この経緯を無視してリアリティを重視するドゥテルテ政権によって、不思議な中比関係が露呈した。

矛盾をもろともしない複雑な環境下で、ドゥテルテ大統領は中国との領土係争を棚上げし、「中国と戦争になれば、われわれは国をなくす」と釈明しつつ、大胆に中国に近づき、ましてや軍事品の供給を要請し、あまつさえ中国海軍とは共同軍事訓練と展開するという綱渡り。毒をもって毒を制す、を地で往く。

 「フィリピンのトランプ」という異名をとる老人、ドゥテルテ比大統領、ただ者ではない。
      □▽◎み□◇□や□▽◎ざ□◇□き◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1580回】      
――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富19)
   ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

   ▽
 無頓着とは、また後先を考えないことでもあろうか。
  たとえば1958年に始まった大躍進である。毛沢東がブチ上げた鉄鋼大増産の掛け声に煽られて人々は狂喜乱舞の態。素人手作りの土法炉と呼ばれる小型の溶鉱炉による製鉄に励んだ。鍋釜や農機具、果は窓枠まで――凡そ身の回りの鉄という鉄を土法炉に放り込み、近在の山々の木々を切り倒して燃料とした。

その結果、たしかに鍋釜が溶解し大量のインゴットが“生産”されはしたが、マトモな鉄鋼であるわけがない。たんなるクズ鉄の塊にすぎなかった。かくして鉄鋼大増産運動の熱狂が冷めた後、鍋釜も農機具を失った人民、窓枠さえ消えた家屋、それに広大な禿山が残されてしまう。家庭生活は崩壊し、木々を失い貯水機能を失ったゆえに禿山に降った雨が洪水を引き起したことは言うまでもない。

  ひたすら毛沢東の歓心を求めて、後先考えずに鉄鋼大増産に邁進した挙句の果てに待っていたのは、泣くに泣けず、笑うに笑えない悲惨な日々。後先を考えないということは、今を刹那的に生きるということ。無頓着が過ぎる。
だから、過ぎたるは及ばざるが如し。

  いまではあまり聞かれなくなったが、かつて中国人は大原則に生きる民族であると論じられたことがある。
思い起こせば文革時代、自他共に現代中国研究“大権威”と認める著名なセンセイまでが盛んに口にしていた。当時は、その説を信じてはいた。だが今となっては、それが根拠なき“戯言”に過ぎなかったと確信する。たしかに彼らは大原則に生きているといえるが、それは無原則で無頓着という大原則に過ぎないのだ。

  以上は徳富の見解とはまったく無関係。再び徳富に戻る。

 (26)【新屋と舊屋】=彼らは「舊屋」が不具合になったからといって、それを修築することも解体することもせず、隣に「新屋」を建てる。「故に支那に於ては、半死の舊屋と、全盛の新屋と、並立するは、通常の事」である。「萬一舊物を破壞するか如きあらは、そは改善の爲」ではなく、やはり「慾得の爲め」だ。

  この項に関しては徳富が何をいわんとしているのか判然としないが、敢えて“忖度”するなら、目先の利得に奔るばかりで物事の本質を弁えない、との主張のようにも思える。いいかえるなら何が大切で、何が不要か。何が本質で、何が枝葉末節か。その辺りが判らないということだろうか。

 そこで考える。社会主義を「舊屋」で市場経済を「新屋」と見做すなら、たしかに現在は「半死の舊屋と、全盛の新屋と、並立」させているといえる。その間の矛盾を「中国の特色」という“万能の特効薬”で糊塗しながら、なし崩し的に「舊物を破壞する」ことになるだろう。「そは改善の爲」ではなく、やはり「慾得の爲め」ということになりますか。

 (27)【大切なる結婚と葬式】=「支那人の最も大切とするは、結婚と、葬式とにして、隨て墓所の撰擇は、申すに及はす」。だから「彼等は飽迄も之を保護し、之を保存し、之を大切に奉持す可き筈」にもかかわらず、じつはそれほどまでに大切な「其の墳墓さへも。荒廢、零落に一任」するがままに捨て置く。ここから徳富は、彼らの本質は「冷淡、無頓着」であり、「彼等は保守的人種」ではない。「保守の精神なき保守は、無頓着と云ふこそ、寧ろ適當なれ」と断じた。

  (28)【彼等は沙魚の如し】=「彼等は存外に保守的にあらす」して、「案外氣輕く他の物を借用もし、應用もし、採用もする」。そこで「彼等に見出すことの能はさるは、創造の天才と、向上の精神とに候」。とどのつまり彼らは「古昔の型を、其儘襲用する」だけということになる。そこで「彼等は只た沙魚の如く、鼻の先に餌を與れは、之を食ふ丈の、自動力を有する迄」だ。彼らは付和雷同でご都合主義の権化にすぎない、ということか。
《QED》
    ◇○▽ヒ□◎◎イ○◎○ズ○○□ミ□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 南モンゴル記者会見資料を掲載しました。
http://southmongolia.org/archives/149
   (三浦生)



  ♪
(読者の声2)和歌山の動物園からパンダが三頭、中国へ返されることになり、飼育員達が涙ながらに別れを惜しむニュースが流れて、激しい違和感をもちました。
そもそもパンダはチベットの動物であり、中国のものではない。チベットを侵略した中国が、パンダも盗み取って自分のくにの平和のシンボルに使うなど、許される行為ではありません。
  (II生、埼玉県)


(宮崎正弘にコメント)返す条件として、中国でスパイ容疑をでっちあげられて冤罪で拘束されている日本人12名の釈放を交換したらよかったのに。



   ♪
(読者の声3)カンボジア総選挙、フンセン与党が圧勝したと速報されていますが。あの独裁政治を中国の支援ですすめるフンセンが、またカンボジアを統治するのかと思うとゾッとなりますね。この点、いかがでしょうか?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)カンボジアは立憲君主国にもどっていますが、王宮は政治に口を挟まず、プノンペンの建築ラッシュは殆どが中国からの投資、道路をつくり橋梁をかけ、新都心を建設し、まるでカンボジア経済を飲み込もうかという勢いです。
 この中国の支援を活用し、メディアを支配し、ラジオ局の99%を握るのがフンセン与党です。
 国民の不満は鬱積しており、選挙結果の精密な票数は三週間ほどかかりますが、6月5日時点の速報では70%の議席を抑えた由で、フンセンは早々と勝利宣言をしています。
 しかし見所は野党の大躍進でしょう。40議席から、おそらく480議席へ。12倍の躍進をとげそうです。
 野党への支持の広がりはフンセンへの不満の表れです。
         ▽□◎▽□◎▽□▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  絶賛発売中!
 ******
  北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
   韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
    六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
     韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 ●本書の特色は米国(+韓国、日本)vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
         ▽□◎▽□◎ 

   ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 

宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
*****************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
            ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. レイプ捜査もみ消し 疑惑の警察官僚は古賀氏排除でも暗躍(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/854.html

    安倍政権はやっぱり共謀罪を治安維持法にするつもりだ! 金田法相が「治安維持法は適法」と明言、処罰対象も次々拡大(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/845.html

    <騒然>金田法相が「治安維持法は適法」と発言!治安維持法犠牲者には「損害賠償も謝罪も実態調査も不要」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/712.html

    安倍内閣、加計文書の再調査を拒否&質問にもまともに答えず+国際ペンクラブ、共謀罪に懸念(日本がアブナイ!)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/838.html

    <スノーデン氏、安倍政権を批判!> 「新たな監視手段を手に入れるための共謀罪だ」 「日常的に大量監視社会になる」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/782.html

     2017/6/6


  2. 「くれよん」晋ちゃんと進ちゃん
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f4488eb2f9d5860177d5eb297706b992

    安倍政権、米の安定供給を放棄…専門家の議論なし、突然の種子法廃止が波紋(Business Journal)
    http://www.asyura2.com/17/hasan122/msg/102.html

    アエラが指摘する"学者の肩書を使ってビジネスをする"竹中平蔵の吸血の罠、『戦略特区』  
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/725.html

    国家主導で証拠隠滅(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/06/post-11220.html

     アベシンゾーのマックロケのケが連日マスコミで報じられて、支持率が物凄い勢いで下がっているようで、元から下駄なんだが、下駄をとっぱらったら、既に10パーセントを切っているだろう。シンキロー現役時と同レベルだと思う。それにしても答弁の酷さがどんどんエスカレートして行くw もうすぐ国会答弁は報道禁止になるだろうw

     2017/6/6


  3. 安倍首相錯乱! 国会で嘘と逆ギレ連発、差別発言や「加計学園良いことやってるんだから当然」のお子さま答弁も(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/817.html

    15回断られても…加計学園はなぜ獣医学部に執着したのか(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/833.html

    驚き!政府専用機に加計学園理事長が同乗! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/821.html

    日本獣医師会顧問が証言!「加計学園には、『天の声』が降ってきた」 だから、無理が通ったのか…(週刊現代)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/832.html

    加計疑惑 文科省の複数の現役職員が暴露! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/818.html

     2017/6/6

  4. 有村治子:附帯決議案に「女性宮家の創設等について・・・検討」という、従来、安倍政権や自民党が検討も主張していなかった文言が、民進党の主張を呑む形で突如現われました。
    http://www.arimura.tv/pdf/20170602riji.pdf

    [拡散依頼]退位特例法と女性宮家に断固反対する! 
    http://megu777.blogspot.jp/2017/06/blog-post.html

    ”祖宗の遺意”に反逆する大悪党・自民党を全力で打倒せよ!
    http://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2017-06-04

    家族観を取り戻せ(女系天皇の意味する恐怖の時代)
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3410.html

    「生前譲位」を拙速に決めてはならない 〜明治政府はなぜ生前譲位を否定したか〜 
    http://ameblo.jp/mutou-takaya/entry-12247871277.html

    皇籍復帰の先例
    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/281110.html

    ワクチンというものの本質を知る   「ポリオ騒動」転載記事より
    http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/802.html

    日本史でハングル授業 
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/29329515.html

    一変する自閉症との戦い:百年前の薬が症状を解決――研究が実証
    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170601.pdf

    アルタイ黄金山地
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E9%BB%84%E9%87%91%E5%B1%B1%E5%9C%B0&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiyn5XJt6bUAhUEULwKHWrABf4Q_AUIBygC&biw=1097&bih=550

    蓮舫が中国「微博」で公式アカウントを運用して35万フォロワーを獲得。日本の国会議員がなぜ中国のサイトで?
    http://netgeek.biz/archives/97456

    健康ブームは、病気ブーム!?〜「病人」にされる健康な人々〜
    http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2008/05/319.html

    廃校が 図書館になる
    http://blog.goo.ne.jp/enn37/e/9efd2d24e200ba775b6477c7fe5fcb9e

    在日韓国朝鮮人は強制送還されないのでしょうか?
    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

    飲んでもムダな薬リスト #2
    https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_2530/?fid=synexpc

    京都市の”トキワ荘”計画の行方は?
    http://value-design.net/wordpress/?p=1526

     2017/6/6

  5. 新しい医学理論への誹謗中傷といえば、記憶に新しいのがSTAP騒動である。当事者、小保方晴子さんへのバッシングの凄まじさに心が凍った。マスコミは「上げて、落として、二度おいしい」と言われる。まさにSTAP細胞がそうだった。若い女性1人への攻撃は常軌を逸していた。森下敬一博士は、「STAP細胞は有ります。あれはリンパ球ですよ」と開口一番おっしゃった。

     しかし、マスコミは「STAP細胞はない。小保方はうそつき」と責めたてた。そして、理研は国際特許申請の放棄に追い込まれた。ところが、2016年4月、「ハーバード大学チームがSTAP細胞の作成方法で国際特許を出した」というニュースが流れてきた。やはり、STAP細胞は有ったのである。ハーバード大学が特許申請したのは日本、米国、欧州、カナダ、オーストラリアなどである。既に更新料・維持料として、推計約1000万円が支払われている。そして、「今後20年間、STAP細胞特許権を独占する」。

     しかし、あれほど「ない」と決め付け、魔女狩りに血道をあげていたメディアは、全員知らぬふりである。このニュースに触れれば、自分たちが赤恥をかくので、われ関せずを決め込んだ。つまり、メディアの正体は、大衆の洗脳装置、扇動装置なのである。

     STAP細胞騒動には、闇の勢力の大きな陰謀が潜んでいた。理研はSTAP細胞に関して、国際特許を申請していた。それは、将来の再生医療で数千億円もの利権になるとみられていた。あの騒動は、理化学研究所にSTAP細胞の生物特許を取らせないため仕組まれたものだった。そして、ハーバード大学チームが楽々と特許申請した。彼ら闇の勢力は、日本のマスコミなど造作なく操ることができる。国際医療利権を牛耳っているのは医療マフィアの頭目ロックフェラー財閥である。背後に彼らの悪意が働いた。しかし、悪意と騒動の代償はあまりにも大きかった。将来を嘱望されていた笹井教授は猛烈なバッシングにより、自殺に追い込まれた。闇の勢力による他殺説まで根強くささやかれている。

     医療利権を支配し続けてきた医療マフィアは、彼らの利権を脅かす者は容赦なく潰してきた。ライフ博士の悲劇で判るように、まずは買収で懐柔する。それに応じないと次は裁判等で嫌がらせをする。警察、司法は、彼らの支配下にある。なにしろ、アメリカでは歴代大統領ですら、顎で使ってきた連中である。掴まえる理由ならいくらでも捏造できる。そして、逮捕、投獄、有罪・・・で、世間にさらし者にする。こうして、信用失墜をはかり、その人物の社会的地位を抹殺する。

     微小生命体ソマチッドを発見したガストン・ネサン博士も警察、司法から不当な弾圧を受けた。その経過は、日本のソマチッド研究第1人者、福村一郎氏の著書『ソマチッド、地球を再生する不死の生命体』に詳述されている。

     ネサンはフランスの生物学者で好奇心あふれる天才だった。20代で現代の約十倍と言う高倍率の顕微鏡「ソマトスコープ」を発明している。これもライフ博士と共通する。世界中の顕微鏡メーカーは、ある倍率を超える光学顕微鏡を作ってはいけない。極秘の内規である。いったい誰が決めたのか? 
    言うまでも無く、闇の支配者である。超高倍率の光学顕微鏡を作ると、生きているウィルスや、未知なる生命現象が発見されてしまう。ライフ博士もネサン博士も、このタブーを犯した。好奇心にあふれる学究の彼らにそのようなルールなど知る由もない。

     ネサンは、自作の高倍率顕微鏡によって、ミクロ世界を観察するうちに、奇妙な現象に釘付けになる。

    「植物の樹液や動物・人間の血液中にこれまで知られていなかったナノサイズの有機体を発見し、それを『ソマチッド』と名付ける」(福村氏)

     それは「小さな命」と言う意味である。さらに、その生命体は驚異的な性質を示し、ネサンを驚嘆させた。

    「血液中を動き回る、その謎の生命体は、炭化処理温度にも、強い放射線にも耐え、遠心分離器の残留物から取り出しても無事であり、その殻はダイヤモンドのナイフでも切ることのできない硬度を持つ不滅の存在だった」

     そして、それは植物、動物だけでなく鉱物の中にも存在する。さらに、ネサンはそのミクロの生命体が体内の健康状態に合わせて16タイプに変態することに気付いた。それは病状が悪化する具体的な兆候が現れる18か月前に、その発病が予測できる。これなら、食事や生活習慣などを変えることで未然に防ぐことができる。この人類史上でも画期的な発見が、ネサンを苦難の道へと歩かせた。

     2017/6/6


  6. 【これは酷い】野党が安倍首相を追求⇒安倍首相が激怒、差別用語「めくら判ですか」と発言!国会騒然
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17089.html

    安倍晋三首相が国会で大激怒!加計学園の追求に猛反発!「印象操作だ!印象操作は止めて」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17093.html

    安倍首相「野次は止めてください!」⇒10分後に安倍首相が野次!委員長からも注意される・・・
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17094.html

    前川喜平・前事務次官、菅官房長官の国会答弁に反論!「辞任について事実と異なる点がある」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17099.html

    【加計問題】複数の文科省職員、総理のご意向文書を認める!共有フォルダーにも存在!政権は調査せず
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17095.html

     2017/6/6

  7.  「フィリピンのトランプ」という異名をとる老人、ドゥテルテ比大統領、ただ者ではない。←するどい分析、ありがとうございます。

     2017/6/6


  8. 前川前次官が暴露 官邸に巣くう大臣より偉い補佐官たち(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/810.html

    官僚監視の元締めは公安出身の杉田和博! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/765.html

    文科省のこころある職員の官邸への反乱(かっちの言い分)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/764.html

    「前川の乱」が「文科省の乱」に、そして「霞が関の乱」に! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/762.html

    真っ黒! もはや言い逃れが出来ない安倍晋三と昭恵(simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/809.html

     2017/6/6

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事