トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <テロ大国パキスタンでは、また中国人ふたり誘拐

発行日:5/25

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月25日(木曜日)
        通算第5304号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 英国テロ、欧州は厳戒態勢、渡航注意勧告。そして、フィリピンに戒厳令
   テロ大国パキスタンでは、また中国人ふたり誘拐
****************************************

 パキスタンのバロチスタン地方は、民族も言語も異なり、独立運動が燃えさかる。北隣はアフガニスタンで、タリバンが往々にして逃げ込む先が、このバロチスタン地方でもある。

 州都はクエッタ。中国がパキスタンと推進する世紀のプロジェクト(パキスタンにとって)、一帯一路のパキスタン版「CPEC」の中心拠点である。
 CPECとは中国パキスタン経済回廊の略。

 5月24日、真昼。クエッタの語学センターからでてきた中国人教師ふたりが武装グループに車で誘拐された。
もう一人もセンター付近で誘拐されそうになった。身代金を狙う中国人誘拐事件としてCCTV(中国中央電視台)が大々的に報じた。

 CPECは総額550億ドルという天文学的巨額を投下してグアダール港から、パキスタンを斜めに横切り、中国の新彊ウィグル自治区カシュガルまで、鉄道、ハイウエィ、パイプラインの三つを同時に敷設し、付随して光ファイバー網を建設するという習近平の政治生命をかけた取り組みであり、北京で一帯一路国際フォーラムを開催して二週間後の事件だから、すっかり習近平の顔に泥を塗られた形となった。

 巨額の商談に群がるパキスタン政府は中国と協力関係にあるため、語学センターに通って中国語を学ぼうとする人が増えた。
クエッタでは中国語熱が盛んだといわれてきた。その象徴が語学教師であり、これを誘拐するという行為は、中国に対しての挑戦である。

 すでに中国人に対するテロ事件はバロチスタンで頻発しており、2004年には中国人エンジニアふたりが誘拐され、ひとりは殺害された。
2015年には中国人観光客が誘拐され、タリバンと交渉の結果、一年後に身代金を支払った釈放された。

 こうした治安環境の悪化のため、中国人労働者は現場でも隔離された場所に収容され、その周辺ならびに工事現場の沿線をパキスタン軍兵士が警護するというへんてこな構造になっている。


 ▼バロチスタンはもともと独立国家だった

 さてパロチスタンは何故治安が悪いのかと言えば、パキスタンへの帰属に不満があるからだ。
歴史的に見れば、この地方は「カラート藩国」である。カラート藩国は1639年に成立し、1876年に英国の支配を受けた。英国の密約によりパキスタン軍が1948年に侵攻し、併呑した経緯がある。

 バローチ人が関与しないところで勝手に決められた領土策定の密約は、中東地図を一方的に線引きしてイラク、ヨルダン、シリア国境などを策定し、パレスチナにユダヤ人国家の建設も示唆し、密約した「マクマホン書簡」、バルフォア宣言」、そして「サイクスピコ協定」のようなものだった。

 サイクスピコ協定は1916年に英国、仏蘭西、露西亜が結んだ密約で、オスマン・トルコ帝国の解体以後の地図の策定だった。
 これは英国お得意の二枚舌、三枚舌外交の典型であり、結局は力のある勢力が勝つのだ。

 バロチスタンは、「バローチ人の国」という意味であり、ハザラ人、ペルシャ人、パシュトン族が混在しており、言語も独自の言葉のほか、ウルドウ語、ペルシア語が通じる地域が点在する。

ソ連がアフガニスタン侵攻のおり、背後を突く地勢を利用して、バロチスタンを支援した。
パキスタン軍の情報部やタリバン、アルカィーダの裏の結び付きは、このクエッタが中心とも言われる。

 近年は、国際力学から、中国に対応し、パキスタンに敵対するインドの陰謀という説も広く流布している。実際にクエッタではモディ(印度首相)の人形とインド国家を焼く、反インド暴動が起きている。
これもまた、パキスタンの反中感情をすり替えるため中国が背後でやらせたという説もあるから、陰謀論の拡大ドミノだ。

 パキスタンは、このバロチスタンで1998年に核実験を強行し、米軍の偵察機が上空のサンプルを収集した結果、北朝鮮と同様なミサイルや核施設が使われ、プルトニウムを検出するに至った。

        △○▽ミ□△◎ヤ○◇○ザ○◇□キ◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)産経新聞によれば、現在、中国にスパイ行為をでっち上げられ、不当に拘束されている日本人が11人におよぶ由です。諸外国は、こうした不当行為に断固として交渉して解決していますが、いったい日本政府は何をしているのか。
 これはかたちをかえた拉致誘拐と同質の不当行為であり、身代金代わりに政治カードとして、安保、経済などで取引材料として活用するに決まっています。
 日本は在日中国人のスパイを一挙に数十名逮捕するとか、スパイとみられる外交官、ジャーナリストを国外退去処分とすべきでしょう。
   (HI生、市川市)


(宮崎正弘のコメント)外交とは二つの背景が必要です。第一に情報、すなわちインテリジェンス、第二に軍事力です。
 この二つがない日本が、国際常識としての外交交渉をすることには最初から無理があり、ともかく諜報機関の設立強化、軍事力の強化をはかることが先決だと思います。

□◎ ◇◎ □▽ ◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★
宮崎正弘の緊急書き下ろし! 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――6月2日発売決定。予約受付中です!(1512円) 
    北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
     韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
  ――六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
      韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 ●本書の特色は米国(+韓国、日本)vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 
●予約受付を開始しております
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
    
 ◇◎○▽ □◇◎○ ▽□◎○ ◎◇▽□ ◎□▽◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************

『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
************************************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      □◇mi▽□ya○◎za□◎ki▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 室井佑月「奥さん、あの噂、知ってます?」〈週刊朝日〉 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/311.html

    安倍ヨイショなら強姦もOK 普通の人なら悪口も逮捕(田中龍作ジャーナル) 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/542.html

    安倍政権を擁護するレイプ魔が出て来ない 「レイプ魔のことは報じた方がいい。またレイプされるかもしれない」 小林よしのり
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/156.html

    レイプ疑惑の山口敬之はやっぱり官邸と癒着していた! 週刊新潮対策を内調トップ・北村滋に相談したメールが流出(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/891.html

     2017/5/25

  2. 英国テロ、欧州は厳戒態勢、渡航注意勧告。そして、フィリピンに戒厳令  テロ大国パキスタンでは、また中国人ふたり誘拐←情報ありがとうございます。

     2017/5/25


  3. 安倍晋三首相がテレ朝会長と赤坂の高級料理店で会食!篠塚浩報道局長も同行、加計報道で圧力? <追い込まれた証左!>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/302.html

    文科相前次官を国会に招致して文科大臣と白黒つけさせよ。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/299.html

     ゴミ売りにリークして自ら落とし穴に落ちる(ネットゲリラ)
     http://my.shadowcity.jp/2017/05/post-11160.html

     前次官の売春騒動なんだが、なんか、北朝鮮みたいw 金豚が政敵潰すのに、よく、喜び組のオンナに色目を使った、とか難癖つけてるよねw 喜び組というのは「国営売春婦集団」ですw 中国でも、政敵潰すのにオンナのスキャンダルは常套手段。愚民はそういうのに乗せられやすいw
     残念ながら、いくら官邸が騒いでも、中国人売春婦をカネで買ったくらいじゃ逮捕も出来ないw 政治家は自分の愛人を議員に仕立てたり、大臣にしたりしているんだから、官僚だって自分のカネで売春婦を買うくらいは許されるだろうw

     2017/5/25

  4. 「天皇陛下の譲位特例法」に正し日本国の継承に命を 
    https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/65634028.html

    ついに在日待望の韓国から救いの迎えクル━━━━(゚∀゚)━━━━!! 文在寅大統領、在日韓国人の引揚げと財産没収表明へ!!!
    http://asianews2ch.jp/archives/51346971.html

    全国地検返戻文書報告5
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/18/1648-%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%9c%b0%e6%a4%9c%e8%bf%94%e6%88%bb%e6%96%87%e6%9b%b8%e5%a0%b1%e5%91%8a%ef%bc%95/

    人間ドックなどの日本独自の検査ビジネスで病気がドンドン作られていく現実
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=298108

    小原弘万
    http://blog.livedoor.jp/mysticart/archives/1907954.html

    minack theatre
    https://www.google.co.jp/search?q=minack+theatre&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj3kO7SgYjUAhXJqVQKHRMGAGYQ_AUIBygC&biw=1536&bih=770

    「ブラック病院」の見極め方 新人医師の出身大学をチェック
    http://news.livedoor.com/article/detail/13099108/

    「子宮頸がんワクチン」で失神「567人」!:各省庁役人に「東大話法」蔓延!? 
    http://quasimoto.exblog.jp/18267498/

    朝日の英語版慰安婦検証記事は人目につかない場所に埋めてある
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1605.html

    「強制」の記述は改めるべきだ。「歌わないとクビ!?」、という前に、なぜにそんなに嫌なの。嫌なら日本から出ていくべきです。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/30525526.html

    外国人差別だ!と言われる方へ
    https://www29.atwiki.jp/shougaku/pages/45.html

    坂本龍馬暗殺犯人は斎藤一で黒幕が西郷隆盛の新説と驚愕の理由!
    http://mikarin1215.com/sakamotoryoma/12097/

    不毛地帯
    http://blog.livedoor.jp/mineot/archives/51717823.html

    黒澤浩樹
    http://toyofumi1130.com/kurosawahiroki-karateka-shikyo/

    呉善花「反日」という「バカの壁」からの脱出
    http://ironna.jp/article/1307

    中川俊直
    http://light-shade.net/post-2047

     2017/5/25


  5. 文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」と証言(週刊文春)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/283.html

    「総理の意向」文書、担当課が提示 前文科次官が証言  朝日新聞
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/297.html

    内部文書が次々流出…「加計学園」問題は堤防決壊寸前 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/296.html

    “新たなメール”を民進が公開、文科省「加計の構想は不十分」
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-91937/

    加計文書、前文科次官が信憑性を証言&共産党が新たな文書入手。安倍関与の疑惑強まる(日本がアブナイ!)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/298.html

     2017/5/25

  6. 16人の末期癌患者を全員治して、医学界を追放された男がいる。その名はロイヤル・レイモンド・ライフである。彼は「癌に苦しむ人を救った」と言う罪で、アメリカ医学界から永久追放された。

     市民シンクタンク「THINKER]は若者中心のジャーナリスト集団であり、代表の鶴田ナオキさんをはじめ、最も評価するグループである。

     そのブログにはライフ博士の偉業が紹介されている。「ロイヤル・レイモンド・ライフ博士は、人々を苦しめる、あらゆる種類の病気を、完全に治癒する方法を、約80年前に見つけた人物である。ライフ博士の魅力的な治療が本物ならば、スタンダードになっていいはずである。誰もが抱く疑問の答えは、医療の正史には決して出てこない。抹殺された天才の壮絶な人生が物語っている」

     レイモンド・ライフは米国ジョンズ・ホプキンズ大学で医学を学ぶ。さらに細菌学に興味を抱いた彼は、独学で光学を学び、超高精度の顕微鏡を発明する。さらに、様々な最新機器を発明する。すべて自ら設計し自ら製造した。その発明品には、「ヘテロダイン・紫外線顕微鏡」「ミクロ解像管」「極微操作装置」などがある。1910年代、細菌学を研究していたライフ博士は、生きたままウィルスを観察した世界最初の人間となった。

     我々は、高性能顕微鏡と聞けば、即座に「電子顕微鏡」を思い浮かべる。現代でもミクロ世界の観察で多用されている。しかし、致死性の強烈な電子線を観察対象に照射する為、微生物は一瞬で死滅する。つまり、ミイラ化した残骸や死骸が観察できるだけなのである。一方、ライフ博士の顕微鏡は、生きているウィルスの動きを観察することができた。環境の変化により形を変えたり、発癌性物質と反応して素早く複製したり、正常な細胞を癌化させていく様子も観察できたのである。

     ここで、誰もが不思議に思うはずである。1933年にライフ博士が超高精度のスーパー顕微鏡を発明しているのに、どうして未だに欠陥品の電子顕微鏡で微生物を観察し続けているのか?

     電子顕微鏡は、その電子線で微生物を焼殺し、ミイラ状の死体しか観察できない。→ここに謎のヒントがある。

     現代医学を支配する闇の権力にとって、生きたまま微生物やウイルスを観察されては困る理由があった。医薬業界の利権が崩壊するからである。

     しかし、ライフ博士はそのタブーを犯してしまった。ライフ博士は、他の研究者が見ることのできない微生物やウィルスの生態を観察することに成功した。そして、彼は見てはいけないものを見てしまった。つまり、1920年に、人に癌を作るウィルスの存在を発見して、この事実を実験で実証したのである。彼は発癌ウィルスを使って、正常細胞を癌化させる実験を2万回以上試みたのである。そして、全ての実験で、正常細胞は癌化した。さらに、このウィルス培養液から、400種類もの腫瘍をつくり出すことにも成功した。彼はこれらの観察過程を全てフィルム映像や写真に記録して収録した。その他、実験内容は、細部に至るまで記録に残した。そうして、彼は発見した発癌・ウィルスを「クリプトサイズ・プリモーディアルズ」と命名した。

     次に彼は、この殺人ウィルスを退治する方法の研究に没頭する。癌を作るウィルスを根絶すれば患者の癌は消滅する。不治の病の癌が治るのである。その光明が見えてきた。
    この発癌・ウィルスを根絶する方法はないか? 
    彼はウイルスの姿を視覚化させるために用いた技術を思い出した。それは波動の共振・共鳴原理である。その原理でウィルスを破壊することに挑戦したのである。

     彼はあらゆる物質と同様、目に見えないレベルでウィルスも独自振動数で振動していることに着目した。そして、そのウィルスと共振する周波数の光を照射して、ウィルスをさらに振動させた。光の振動数でウィルスを強制的に共振させたのである。そして、ついに発癌・ウィルスは自らの共振振動に耐えきれなくなってきた。彼は、ウィルスが構造的な形の維持に耐え切れなくなるまで照射レベルを上げていった。すると、ウィルスの形は歪み、ついに崩壊してしまった。こうして、ライフ博士は、共振現象を用いた波動療法で癌を根絶する方法を発見したのである。

     ライフ博士はこの周波数を「致死反応振動数」(MOR)と呼んだ。そして、この致死反応振動数の光は、ウィルス以外の周りの正常な細胞には一切害を与えないのである。

     ライフ博士が発見し成功した癌治療法は、極めて画期的だった。癌に致死反応振動数の光線を照射するだけで済んだ。だから、治療費は驚くほど安くなった。さらに、患部に光を当てるだけだから、苦痛も副作用も無い。このMOR療法を施された患者の癌は、急速に縮んで消滅していった。だから、患者は完治して、家族もとに笑顔と共に帰って行った。それは奇跡の癌治療法だった。

     他方、超猛毒の抗癌剤を投与する化学療法は、脱毛や猛烈な副作用で患者を苦しめる。放射線療法も同じである。極めて有害性が強く、患者を衰弱させる。手術も過酷な負担、苦痛を与える。これら三大療法は、癌を治せない。それは厚労省も認めている。治療法というより、正体は悪魔的な虐殺法である。これら地獄の癌治療に比べれば、ライフ博士が発見した治療法は患者にとって天国である。

     1934年、ライフ博士の研究所で末期癌患者16人の治療実験が行われた。3か月をかけてMOR照射による治療実験で、治癒率が100%と確認された。ところが、この癌治療率100%と言う驚愕な結果が、博士に悲劇をもたらす。

     医薬品業界が一番恐れているのは、末期癌患者を100%完治させてしまう治療法の存在である。結果的に、ライフ博士に筆舌に尽くしがたい、戦慄の悲劇が立て続けに襲うのである。

     2017/5/25


  7. 安倍晋三首相がテレ朝会長と赤坂の高級料理店で会食!篠塚浩報道局長も同行、加計報道で圧力? 
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16927.html

    【加計学園問題】前川文科省前事務次官が告白!「総理のご意向文書は本物です!」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16921.html

    <驚き>加計学園疑惑、安倍首相は加計グループの監事だった!報酬を受け取った疑惑も! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/293.html

    おお、愛媛県から、狼煙が上がった 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/286.html

    加計学園問題、前次官から出てくる新事実で、もう逃げられない!(かっちの言い分)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/288.html

     2017/5/25


  8. 「総理のご意向文書は本物」文春の前次官証言報道で新聞・テレビが一斉取材へ! 一方、官邸は「口封じ逮捕」で恫喝(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/285.html

    加計学園疑惑リーク元 読売新聞が異例報道の「官僚の風俗通い」は安倍官邸からの“リーク”(週刊新潮)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/284.html

    億単位でアベシンゾーにカネを使っている(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/05/post-11157.html

     前次官の造反で、アベシンゾー発狂だそうでw 怒り狂って、マスコミに圧力掛けまくりだそうで、こりゃ面白いというので、マスコミ各社は一斉に取材に走っているそうでw 圧力掛けられて、ハイハイと引き下がるほど、マスコミはお人好しではない。つうか、新潮が安倍内閣の手羽先となって工作し、文春がアベシンゾー追い落としに走る光景を見せられたら、マスコミ人、誰だって田中角栄の騒動を思い出す。
     「いままで見たことがないくらいの、それは凄まじい発狂ぶり」(官邸担当記者)で、マスコミ各社の上層部から官邸記者にいたるまで恫喝しまくっているという。「前川がパクられたら、どうするつもりなんだ。犯罪者の証言を垂れ流したことになるぞ」
     新潮は公安筋からネタ貰っているが、文春はCIAからネタを貰っている。CIAがアベシンゾーを見限ったという事だ。

     2017/5/25

  9. 喜寿を過ぎると、日本のマスごみの解説コメントはこの程度と予測できる。飽き飽き、嫌悪感を覚える中で唯一傾聴したい情報である。健康に留意され活躍される事を祈っている。

     2017/5/25

  10. そうだ全く安部伸は腑抜け。占領基本法たる現憲法破棄し大日本帝国憲法を復活し治安維持法を制定しマスゴミ、通信社、テレビ局を閉鎖、左巻スパイを一層し国内を掃除。同時に核武装を宣言。
    以上

     2017/5/25

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事