トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <イスラエル、トランプの情報リークに初反応

発行日:5/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月18日(木曜日)
         通算第5295号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 イスラエル、トランプの情報リークに初反応
  ISに潜り込んでいるイスラエル・スパイが危険に陥った
****************************************

 最初に北朝鮮とみられていたワナクライ事件(世界150ヶ国、20万台のパソコンが被害)の主犯は「ラザラス」と呼ばれる北朝鮮のハッカー集団だとロシアの専門家がそろう「カスペルスキー研究所」のアレキサンダー・プステフ主任研究員が断定した(プラウダ、5月17日)。

 プーチン大統領は「ウィルスソフトはマイクロソフトのセキュリティの不備が原因であり、ロシアも被害を受けた。究極的責任は米国にある」と主張し、またロシアに亡命中のスノーデンは「これは米国NSAのソフトを悪用している」とした。

 ということはNSAの外国原子力設備監視システム(核兵器貯蔵所、原発)などのソフトが北朝鮮によって盗まれた可能性がある。

NSAが主として監視しているのは中国、露西亜、イラン、北朝鮮である。ほかに核保有国はパキスタン、インド、イスラエルだ。
 まもなくイスラエル訪問を予定しているトランプ大統領の歓迎のため、イスラエルのメディアはトランプ批判をひかえてきた。

しかしロシアへの情報提供が明らかになると、イスラエルの有力紙『ハーレツ』(5月17日)は、「トランプがロシア外相に機密を漏らした内容がISに関するものであり、おそらくイスラエルが提供した機密情報だった。これによってISに潜り込んでいるイスラエルのスパイの生命が危機に瀕する」と初めての反応を見せている。

         △○▽ミ□△◎ヤ○◇○ザ○◇□キ◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――6月2日発売決定。予約受付中です!(1512円) 
    北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
     韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
 ――六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
    韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 
●本書の特色は米国(「+韓国、日本」vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 
●予約受付を開始しております
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
     ◇◎○▽ □◇◎○ ▽□◎○ ◎◇▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「通州事件」第5回連続学習会は来週です
 第5回目の学習会は「アジア自由民主連帯協議会(会長ペマ・ギャルポ)の三浦小太郎事務局長をお迎えし、「中国の民族虐殺と通州事件」というテーマでご講演いただきます。
 「通州事件」をUNESCO 「世界の記憶」へ登録申請した際には、チベットの代表と共同で、「20世紀中国大陸における政治暴力の記録:チベット、日本」というタイトルで行っております。
 三浦さんはチベットに関する登録申請資料9点をまとめる中心的な役割を果たした方です。今回は、これらチベットにおける政治暴力を主体に、ウィグル、モンゴルにおける政治暴力についてもお話しいただき、通州事件と共通する中国における政治暴力の実態、本質を明らかにしていただきます。
 詳細は下記の通りです。
   http://www.sdh-fact.com/CL/tsu5.pdf
     (「通州事件アーカイブズ設立基金」理事 茂木弘道)



  ♪
(読者の声2)貴誌によれば、米国は北朝鮮との詰めの取引で、米国に飛翔するICBM開発を凍結する条件であれば、取引に応じる可能性があると指摘されましたが、そうなると日本の安全はどうなるのか。
 やはり日本は独自の核武装が必要となるのではありませんか?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)ですから、小生が主張するように最後の手段は、『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社)に書いた通りの近未来が予測できるのです。
 いまとなっては予測が早すぎた観がありますが。。。。。。。。
      ◎◎○▽□◇◎○▽□◎○▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

************************************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
     □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 安倍首相の加計学園疑惑に決定的証拠! 官邸が文科省に「総理のご意向」の文書、萩生田官房副長官も圧力(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/776.html

    国民を舐めきっている菅官房長官(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/777.html

    「不当な要望」野党追及 加計学園巡る記録文書 衆院文科委  朝日新聞
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/773.html

    「地中9・9メートル」などと小細工したのか? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/772.html

    財務省も深い所はゴミがないと知っていたbut8億引きを断行。籠池がメールを公開(日本がアブナイ!)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/775.html

     2017/5/18



  2. ○貴メルマガが報じるホワイトハウス情報漏えい事件。トランプ大統領によるロシア外相への機密情報提供により、ISに潜入しているイスラエルのエージェントが危険に晒されたという。情報収集をもっぱら軍事衛星やドローン、盗聴(エシュロン等)、無人偵察機等に頼っている米国に対し、あのヨシュアとカレブの時代から今もなお泥臭い地道なヒューミント(人間を介した諜報活動)を中心に情報収集に当たるイスラエル。あのポグロム、ホロコーストの惨害を経て建国されたイスラエルは、3億5千万人の敵性国家群に包囲されており今も邪悪な殺意に狙われ不条理な攻撃に晒されている。情報や諜報、防諜への意識も覚悟も、他の国家、他の民族とはまるっきり次元が異なるだろう。命懸けの戦いである。今般、トランプ大統領からの情報を得たロシアが何らかの意図を持ってIS関係者にそのまま情報を流せば、ISに潜入しているイスラエルのエージェントは身柄を拘束され、拷問の挙句無残に惨殺されるだろう。最悪の場合、トランプ大統領はイスラエルの沈黙の戦士の血の責任を問われることになる。そして、ヒラリー・クリントン氏の私的メール問題でも明らかなように、米国民は国家安全保障問題にことのほか敏感であり、厳格である。トランプ大統領は就任後100日を経て、いきなり末期のレーガン大統領のような状態に陥るのだろうか?あのイラン・コントラ事件で窮地に陥ったロナルド・レーガン大統領のように。それとも・・・。

     いずれにせよ、トランプ大統領はイスラエルに大きな借りを作ったことになる。どう埋め合わせるのか?駐イスラエル米国大使館のエルサレム移転実現か、軍事支援の倍増か、ジョナサン・ポラード氏の完全免責・イスラエルへの帰国容認か、未知の何かか?来週からのイスラエル訪問でその答えは明らかになるだろう。

     そして、あぁ、愛するわが日本は・・・。情報戦に関しては、ゾルゲ機関やヨハンセングループの跳梁跋扈をゆるした昭和時代以来、いまも「スパイ天国」で自衛隊幹部(元職含む)らがGRUに自衛隊秘密資料を提供するなど残念な有様を呈している。が、かつては伊賀や甲賀の忍者や根来衆らがおり、あの明石機関が大活躍した時代もあった。諜報、防諜も世界レベルになる素質はあるはずである。が、「共謀罪」に見る如く、今の日本の情報機関は結局国民の監視、政敵攻撃に専心・活用されるばかりで、日本の真の危機には役にたたないばかりかむしろ逆効果だろう。旧GHQが残置した「戦前」が、馬鹿げた神話(宗教プロパガンダ、デタラメ、馬鹿の○○乗)に国民を縛り付ける元凶になっているからである。日本の治安・防衛組織は国民を監視し弾圧対象にするのではなく、まず国家中枢に巣食う北朝鮮工作機関等(なりすまし、日本人協力者を含む)を抉り出し壊滅させるべきだ。『わが闘争』を学校教育教材に使用容認する閣議決定をさせるような張本をこそ徹底調査すべきだろうに・・・。

     危機の嵐の中を漂う凧の様な日本。いまこそ「新しい包括的パートナーシップ」を構築すると約したイスラエルに謙虚に教えを請い、協力を仰ぎ、北朝鮮危機に、中東危機に、そして日本危機に、対峙対決するべきだろう。イスラエルは日本の希望である。





     2017/5/17

  3.  イスラエル、トランプの情報リークに初反応 ISに潜り込んでいるイスラエル・スパイが危険に陥った←すごい情報ですね!

     2017/5/17


  4. 内閣府が文科省に圧力 加計学園の新学部「総理のご意向」 新事実噴出 安倍首相絶体絶命(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/770.html

    <朝日新聞スクープ!> 加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書 <安倍首相、完全にアウト!>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/755.html

    特報! 加計疑惑で安倍首相の関与が発覚! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/760.html

    弩級の籠池砲 森友「地下3m以深ゴミなし」で財務省窮地(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/768.html

    売国奴首相の心臓が止まる!<本澤二郎の「日本の風景」(2608)<籠池爆弾がさく裂> <ごみ処理8億円の値引きはねつ造>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/757.html

     2017/5/17


  5.  

    北朝鮮和平協定、ウクライナ和平協定とイスラエル/パレスティナ問題を含む中東問題の解決はすべて、舞台裏で交渉されている。これが米大統領ドナルド・トランプが今月の24日から始まるイスラエル、サウジアラビアとローマへ行く理由である。トランプ自身、フォックスTVで、これらの会談後、世界を助けることになる国々の大きな会議に行くだろうと語った。(コメントは25分10秒のところで聞くことができる)

     

    https://www.youtube.com/watch?v=k 
     
     
     

     

    北朝鮮の平和協定の詳細はまだ交渉がされていないが、交渉に近い関係筋は、北朝鮮は核兵器計画を公に放棄する代わりに主権と安全保障を保証されると述べた。もちろんこれは、メンツを保つジェスチャーに過ぎないので、秘密裏には北朝鮮はその核抑止力を保持することを認められる。
     未完了の北朝鮮和平協定は、朝鮮半島の和平協定が日本とユーラシア大陸をつなぐトンネルの建設を認めることになるので、中国の大規模一帯一路の主導権に必然的に関連している。このトンネルの建設はすでに始まっている。
     今週末に集まる中国の一帯一路への米国、韓国、日本、ドイツ、英国とフランスの代表団の出席は、この計画への西側の抵抗が終わったことを意味している。中国の習近平主席がトランプとの最近の首脳会談の帰りにアラスカに立ち寄った事実は、アラスカとユーラシア大陸をつなぐトンネルを作ることの合意ができたとするのは非常に良い推測である。
    すでに、貨物列車はロンドンとドイツから中国へ走っており、商品の運搬時間を半分にし、コストを同様に下げた。

     

    http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/transport/4667863/Beijing-Hamburg-train-halves-time-by-sea.html


    https://www.forbes.com/sites/wadeshepard/2017/01/06/the-story-behind-the-new-china-to-uk-train/#2093e8bf261b

     

    これらの新陸上貨物ルートは、ユーラシア内の陸上輸送が安価で速いために、バルティック海運指数が非常に低い水準に留まっている理由の一つである。列車や船の商品がニューヨーク発中国やロシア経由でロンドンへ運ばれることができるようになるのはそう遠いことではないかもしれない。ロンドンとニューヨークを結ぶ地下超高速3,000km/時の真空チューブレールトンネルも稼働する。中国人はまた、コンパス、火薬、神や印刷のような世界を変える技術の発明者に再びなりたいと思っている。中国主席習近平は中国は人工頭脳、ナノテクノロジー、量子コンピュータやスマート都市の分野で画期的なものを創り出すために莫大な投資をしていると言っている。

     


    トランプが「世界を救う」と言った大規模キャンペーンは数京ドルとは言わないまでも数兆ドルを解放する秘密裏に交渉されてきた西側の主導権によって、この大規模な中国主導権は薄らいでしまう可能性がある。このキャンペーンはとりわけ、容易に貧困を終了させ、環境破壊を終わらせ、そして宇宙開発と殖民と言う新時代を立ち上げることが可能である。公開が可能な西側の発明には、光より速い自由エネルギーと何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機が含まれる。

     

    ハザールマフィアがいかに人類の進歩を妨害してきたかを理解するには、1990年代に国連は2000年までに貧困と環境破壊の廃除を求める計画を出してきたことを思い出して欲しい。その計画は貧困はたった2,000億ドルで終わらせることができ、環境破壊はたった4,000億ドルで止める事ができると見積もっている。それにもかかわらず、ハザールマフィアは911を演出し、国際金融システムを乗っ取り続けて、人類の90%を殺すための計画に数兆ドルも費やしてきた。金は戦争、SARSやエボラのような生物化学兵器の拡散、そして大量飢餓を始めるために食料の代わりに燃料を栽培するよう農民に支払うことに費やされてきた。

     

    それは、この地球を天国に変える計画が実行できる前に、ハザール悪魔主義者の抵抗の最終拠点を一掃することが依然として我々の念頭にあることを意味している。

     

    ここに、これについて言わなければならないことがある:「(FBI長官のジェームス)コミーの首切りは110日遅く、クリントン財団、オバマと言った深層国家との戦争を始め、小児性愛スキャンダルや民主党全国委員会は司法省によって積極的に訴追されるだろう」

     

    「コミーは、ヒラリーを自由にさせ、ロシアのハッカーにプーチンに濡れ衣を着せるために贈賄しようとしたり、トランプと他のVIPとの間の盗聴の徹底調査を拒否することで司法妨害で訴追される可能性が高い。

     

    また、ヒラリー・クリントンは実際はデイビット・ロックフェラーの娘である。ビル・クリントンはウィンスロップ・ロックフェラーの息子であるので、我々は今、悪魔血統近親交配は新しい姓名によって隠されていたことを見ている。「デイビット・ロックフェラーの死は人々に、このような情報を提供する勇気を与えた」。

    先週、ホワイトハウスの記者の前にトランプと一緒に突然のヘンリー・キッシンジャーの出現は彼の長年の奴隷ご主人ロックフェラーについて喋り始める前兆かもしれない。キッシンジャー特使は、暗号名ボアといソビエトの代理人であったこと、そしてデイビット・ロックフェラーが彼を辱めたことに憤慨していたことを既に話している。いずれにしても、キッシンジャーは最近、世界中の最終和平取引を交渉するために彼のコネを使っていることは明らかであり、今のところ彼は、指名手配リストからは取り除かれている。

    このような血統支配の暴露はデイビット・ロックフェラーの孫マーク・ザッカーバーグとその眠れる羊支配網のフェイスブックのようなロックフェラーの隠れた権力センターを含む。

    ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く。

     

    コミー後に倒れる次のドミノは国家安全保障担当顧問HR・マックマスターが予想され、解雇あるいは降格そして、国家安全保障会議に仲間と重任している有罪判決を受けた男デイビット・ペトロイアスに機密情報を漏洩した件で軍法会議に掛けられるかもしれない。彼らはシリアまたは北朝鮮で第三次世界大戦を始める悪魔主義者による大きな最後の瞬間の圧力の背後にいる人々である。

     

    もちろん、ワシントンDCのハザール代理人は驚いて、トランプの弾劾について話し合っている。以下に引用された(風刺的)電子メールはDCにおける全物語を非常にうまく纏めている。

     

    「NBCのレスター・ホルトとのインタビューで、ドナルド・トランプは彼が弾劾されれば、歴史上他の弾劾の人々よりテレビの格付けは上がるだろう」と自慢した。「私がどこへ行こうと、人々は私に弾劾されるのかと聞くであろうし、彼らはそれを見つめているだろう」と彼は言った。「評価は屋根を突き破るであろう」彼は彼の弾劾格付けが、1998年のビル・クリントンの弾劾の聴衆の規模よりさらに多くなるであろうと予想されると述べた。

    漫画はますます良くなっている−トランプはロシアと特別なビジネス関係はないと言っている手紙を書いた法律家は、ロシアと豊富な関係を持ち、2016年「ロシアの法律事務所」賞を受賞した法律事務所で働いている。

     

    ロシアが実際に、世界の他国と共にハザール汚物を権力から取り除くことに協力していることは間違いがない。それがイスラエルのハザールマフィアの巣窟に多大な圧力が掛かっている理由です。ここに、中国、ロシアと米国はイスラエルはパレスティナとの二国間解決を受け入れなければならないと主張している。

     

    さらに、米ジョセフ・ダンフォード大将は今週イスラエルに居り、シリアその他の地域にロシアが定めた紛争地域を遵守するように強要している。言い換えれば、彼らはISダーイッシュがトラブルを起こすことを中止し、思い留めなければならない。

     

    日本でもまた、水面下で大きな動きが起こっている。既に、フランス・ロスチャイルドの代理人麻生太郎のようなハザール奴隷を日本の権力に据える企みは完全に止められた。麻生は小沢一郎と共に、解放が期待される大規模資金を手にする為に日本の権力の座に座るべく圧力を掛けてきた。

     

    金塊に苦しんでいるハザール人もまた、インドネシアで問題を起こそうとしている。

    インドネシアにおけるキリスト教徒とイスラム教徒の間の現在の大変化は、その国を不安定にしようとする西側権力によって支えられている。これはジョコウィ政権がフリーポート(マクモラン鉱山)の指揮者の命令に従わないからである。彼らはインドネシアの鉱山法を迂回しようとしている。彼等が言及している大騒動は、民主的に選出され、人気の大統領ジョコウィを打倒するために殺人的前スハルト政権に繋がるハザール人が支配する寡頭勢力による多くの企みである。

     

    いずれにしても、これが終わるまでは、ウクライナ、インドネシア、中東、日本他で、我々はいくらかの継続するハザール人トラブルが予想される。

     

     2017/5/17


  6. 加計学園で重要記録、文科省が「総理のご意向」として配慮!証拠となる文書!「官邸の最高レベル」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16811.html

    「官邸の最高レベルが」と安倍首相の口利き暴露! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/767.html

    籠池氏、ごみの一部がそもそもなかったとするメールを公開
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-91175/

    森友学園問題、理財局の大嘘を許す国家の大罪。(かっちの言い分)  
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/671.html

    亡国のアッキード(内閣・官僚・首相夫妻・警察) (simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/739.html

     2017/5/17

  7. 種子法廃止 資料へのリンク
    http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2017/05/post-2003.html

    欧米で理解されない慰安婦強制連行の虚構…JAPAN EXPOに今年も韓国ブース…民間有志が国連へ!
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1586.html

    ワクチンの危険性 医師が情報公開法を提訴し、衝撃的真実が明らかに 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11444532869.html

    日本の大学40校に慰安婦ポスター、韓国人教授が1万枚を掲示
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31194640.html

    全国地検返戻文書報告
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/16/1643-%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%9c%b0%e6%a4%9c%e8%bf%94%e6%88%bb%e6%96%87%e6%9b%b8%e5%a0%b1%e5%91%8a/

    嘘が常套手段のプロパガンダ報道
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68645414.html

    蓮舫、長島昭久に「最低」!自分は支持団体を裏切って共産党と共闘・野田幹事長「真意は『残念』」
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6666.html

    【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁)
    https://samurai20.jp/2017/05/aka-8/

    国連の日本批判近づく 『慰安婦合意』再検討指摘への対策は 
    http://blogos.com/article/223509/

    新金線
    http://www.nyohohodentetsu.com/railjrshinkin.html

    戦後少女マンガ史復刊 
    http://lacopen.hatenablog.com/entry/20070819

    すべては神のもの 人間のものは何も無い 
    http://www5c.biglobe.ne.jp/izanami/kaminohado/004ashirirera.html

    東京学芸大学附属竹早中学校の倍率過去最低のワケ 
    http://blog.jyukeho.jp/entry/takehaya/

    てるてるあした
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwiOz-a_u_bTAhWDWbwKHfwXCGEQ_AUIBygC&biw=1088&bih=248

    配られたカードで勝負するしかないのさ・・それがどういう意味であれ。 
    http://www.phrasee.jp/phrases/66

    五大検診は病人狩りビジネス!
    http://officefocus.seesaa.net/article/270047365.html

     2017/5/17


  8. 眞子さまご婚約、NHKのスクープに他局の皇室記者「驚きました」(なぜ国家放送のみ?何故今??)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/764.html

    なぜ今、ご婚約「発表」なのか? 裏に「共謀罪」の影 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/750.html

    法務委員会の開始と同時刻に記者会見とは!御用メディア、ここに極まれり。 恥を知れ。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/756.html

    強行採決許すな!「共謀罪は全ての人に萎縮をもたらす」周防正行、平野啓一郎、柳広司…表現者たちが猛反対の声(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/765.html

     2017/5/17

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    5699人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7048人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事