トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <トランプ大統領がロシアの機密情報を漏洩した?

発行日:5/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月17日(水曜日)弐
         通算第5294号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ大統領がロシアの機密情報を漏洩した?
  政権内の機密をメディアに漏らした「内部の敵」がいることが、もっと深刻では?
****************************************

 左翼メディアの暴走ぶりは相も変わらずだが、いま議論の焦点は、5月10日にトランプがロシア大使ならびにロシアの外務大臣と会談したおりに、ISに関しての情報を与えことに絞られている。
実査しには、IS撲滅の共同作戦に情報の共有を企図したからで、むろん、大統領にその権限はある。
メディアの過剰な批判はあたらない。

 情報を供与した「同盟国」に失礼という解説も、国名を上げての証拠がなく、たぶんイスラエルだろうが、それならイスラエルから抗議があがっているかといえば、それもない。それより問題はトランプ政権の内部に「敵」が潜んでいることである。

 そのほうが国家安全保障問題の文脈では、もっと深刻な問題である。
トランプ大統領が国務省、国防相の副長官クラスの人事を遅らせている最大の要素は、まず「内部の敵」を炙り出すことに置かれているからだ。

 そもそも米国のリベラルなメディアは大統領と一緒に国家の命運を真剣に考え、ともに国益のために共同歩調をとって歩むという気持はさらさらない。トランプを追い詰め、可能なら大統領弾劾に持って行きたい。気に入らない人物だから、国家の命運より、かれらが気に入らない指導者の排斥が最大の目的となっているのである。

 この点は、日本の大手メディアとまったく同じである。
安部首相の些細な問題を、針小棒大にスキャンダラスに報道し、なんとしてでも安部首相の足を引っ張りたい某新聞、某テレビの論調を見よ。

 大統領弾劾に関して言えば、ニクソンのウォーターゲートと完全に異なり、証拠がないうえ、上院は共和党が多数派、最高裁判所判事も保守派が多数派である。
弾劾を報じているメディアやジャーナリズムは、かれらの希望を一方的にがなり立てているだけである。

 安全保障上、北朝鮮の核ミサイルと同様な危機が迫った。
 5月12日に起きた「ワナクライ」事件は、ロシアへの機密情報云々より、遙かに危険な事態の出来と言える。
 北朝鮮にもハッカーの天才がいるという恐るべき現実が浮上したからだ。

 これまでにもハリウッド映画製作会社にハッカー攻撃を仕掛け、あるいはバングラデシュの中央銀行から91億円を不正に送金させたりの「実績」がある。
 従来、北朝鮮はインターネットに遅れ、コンピュータ技術は後進国とされたが、猛烈なシステムの改革によってコンピュータ教育を拡充し、学校でもデルのコンピュータで授業をしている。


 ▼北朝鮮のハッカー部隊は先進国レベルに達している

 なにしろ核開発、大陸間弾道弾をつくってのけた独裁体制。アメリカ本土をねらうICBMの完成は秒読みに入った。付随するコンピュータ技術、エンジンや合金技術が躍進した背景がなければ出来ないことである。

 北のハッカー部隊はいまや7000名規模に膨れあがり、しかも、この部隊は通信事情の悪い北朝鮮からではなく、中国遼寧省の丹東や瀋陽のホテルに陣取って、世界にウィルスをばらまく作戦を展開している。

 「ワナクライ」では英国の医療機関やロシア内務省、フランスのルノー、在英日産などに被害がでた。時差で遅れたが、日本でもJR東日本、東急電鉄、川崎市水道局、そして日立製作所に被害が出た。

 ところが金融機関が被害を免れている。これはバングラデシュの中央銀行事件以後、北朝鮮制裁で、世界の銀行のシステムから排斥したこと。銀行など金融機関がセキュリティ強化を行ったことなどにより、また被害が多かった国々はマイクロソフトの最新バージョンを使っていなかったことが主因とされる。

 だが、ワナクライ事件など、これから起こるであろう大規模なハッカー犯罪の嚆矢でしかなく、世界同時に金融システムが奇襲され、あるいは原発が襲われるなどコンピュータのテロが惹起される可能性が日々高くなっている。

 こんなおりに内政的危機を回避し、世界のリーダーと連続的に面会して大胆なメッセージを用意しているのがトランプの戦略である。

 トランプは就任後初の外遊に出発する。それも九日間である。
 サウジアラビア、イスラエル、バチカン、そしてブラッセルとイタリアである。
 サウジとはオバマ前政権が冷却化させた2国間関係の劇的な改善をなし、イスラエルとは、パレスチナ問題でおそらく大胆な提案をするだろう。

 ブラッセルはNATO首脳会議であり、従来の米欧関係の要であり、同盟関係の再確認と強化が唱われるだろう。
そして、バチカンとの関係修繕のあと、トランプはイタリアでG7に望む。
        △○▽ミ□△◎ヤ○◇○ザ○◇□キ◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――6月2日発売決定。予約受付中です!(1512円) 
    北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
     韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
 ――六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
    韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 
●本書の特色は米国(「+韓国、日本」vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 
●予約受付を開始しております
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
     ◇◎○▽ □◇◎○ ▽□◎○ ◎◇▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)文在寅・韓国新大統領が、北京より先にワシントンに行くそうです。はやくも公約違反。かれは選挙中、米国より先に北京へ行くと行っていましたから。
 で、トランプは文をどのように扱うと思われますか?
    (YU生、板橋区)


(宮崎正弘のコメント)予測不能なふたりが対面するのですから、予測不能ですね。トランプは在韓米軍の撤退を究極的に狙う文の底意を確かめようとするでしょう。
 本気で「赤い韓国」に使用としているのなら、米国は韓国を見限りかねません。日本の安全保障にとって大問題ですから、注視が必要です。

      ◎◎○▽□◇◎○▽□◎○▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

************************************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
     □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 皇室の政治利用 「安倍スピン」に乗せられるな(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/771.html

    眞子さまご婚約、NHKのスクープに他局の皇室記者「驚きました」(なぜ国家放送のみ?何故今??)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/764.html

    なぜ今、ご婚約「発表」なのか? 裏に「共謀罪」の影 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/750.html

    法務委員会の開始と同時刻に記者会見とは!御用メディア、ここに極まれり。 恥を知れ。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/756.html

     2017/5/17


  2. <菅野完氏、朝日、やりよるなぁ。すげぇな> 一面「加計学園の新学部設立が『総理の意向』として扱われていた」とスクープ 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/763.html
     
    新潮が“安倍御用達”コメンテーター山口敬之のレイプ疑惑第二弾でさらに決定的事実を公開! 新たな不倫疑惑も?(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/740.html

    昭恵を庇う趣旨か、世耕弘成と阿比留瑠比が山口敬之の強姦コメントに「いいね!」をしたぞ 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/715.html

    東京とソウル<本澤二郎の「日本の風景」(2606)<ソウルなら安倍夫妻は監獄入り?> <共謀罪はもってのほか>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/690.html

     2017/5/17

  3. トランプ大統領が弾劾されるかもしれないと
    巷でワクワクしている人たちが増え。
    テレビの影響で。
    宮崎先生のブログで少しほっとしました。

     2017/5/17

  4. 音による癒やし効果で、よく知られているものに「1/ f のゆらぎ」がある。これは、別名「ピンクノイズ」と呼ばれる特殊な波形である。専門的に言えば、「揺らぎの程度が、周波数(f)に、ほぼ反比例するような分布になっている」揺らぎ現象である。つまり、統計的に単位時間当たりの平均を取ろうとしても、一定にならないズレで、規則性はないが全くのランダムでもない揺れを指す。静かに回っているコマも、よく見ると不規則にゆっくり揺らいでいる。これが、揺らぎ現象である。見ていると心が和んでくる。規則正しい時計の音は、正確でも聞いていると疲れる。それに対し、せせらぎの音や滝の音には、なんとなく心がほっとして癒される。これが「1/ f 」揺らぎ波動である。いいかえると、「遊びの波形」と言える。

     自然界は、「1/ f のゆらぎ」リズムに満ちている。それは、生命力が生き生きとしてくるリズムで、魂と共鳴する魂自身のリズム」と言える。「1/f 」のゆらぎに反応するのは人間だけではない。「1/ f 」のゆらぎ波形パターンをコンピュータで画面上に光の天で再現した実験がある。それを水槽内のメダカに見せると、揺れる光の点を餌だと思い込んで、食いつく仕草を見せたという。これは、安甲賀獲物をおびき寄せる擬似餌の動きと同じ波形パターンだという。つまり、「1/ f 」のゆらぎは、魚類の動きそのものでもある。

     植物にも音楽の好みがある。D・リアラック夫人が行った実験では、植物はクラシックが好きだという。

    全く同じA、B2つの温室を準備して、同じ種類の植物を栽培する。

    A温室→クラシック専門の番組を流すラジオを入れた。

    B温室→ロック音楽専門の番組を流すラジオを入れた。

    すると、両者の植物に奇妙な変化が現れた。

    A→クラシックを聴いたキンセンカは満開で花を咲かせた。

    B→ロックを流した方のキンセンカは2週間後に全滅した。

    夫人は、この実験結果に、大いに驚いた。さらに、植物のロック嫌いを確かめるため、強烈なスチールドラムを聞かせる実験を行った。すると、植物はドラムの音を嫌がり、10度ほど反対方向に傾いていった。逆に、バイオリンなどの弦楽器を聞かせると音源に向かって寄ってきた。バッハのオルガン曲だと35度も傾いてきた。つまり、植物はクラシックが大好きでロックが嫌いだという真実が証明されたのである。

     この実験で、思い当たる人は多いはずである。お花に「おはよう」「元気」と声をかけて水をやると、花の咲き方が違う。酪農家は、クラシックを聞かせられると牛乳の出がよくなると言う。醸造家によれば、発酵蔵で、いい音楽を聞かせると菌の働きが全然違うという。植物も、牛乳も、菌類も生物はすべて波動エネルギーで生きている。そこに、心地よい音響波動が与えられれば、生理活性化するのは当然と言える。

     しかし、マスコミがつくり出した常識に洗脳されている人々は、ただ嘲笑うだけである。自分たちが、真実から遮断されたタコツボで生きていることに気づいていない。

     CDで音楽を聞くと、なんとなく疲れるのは、CDが2万2000ヘルツ以上の音をカットしているからである。カットした理由は、人間の可聴域は20〜2万2000ヘルツなので、不要な周波数域はカットしたという。しかし、高周波域の音も聴覚で感知しなくても、身体は体感として聴いている。それを証明する実験がある。

    「2万2000ヘルツ以上の音をカットした音楽を聴かせると、被験者のアルファ波が減少し、カットしていないレコード盤を聴かせるとアルファ波は増加した」

    この実験から、耳の聞こえないとされた高周波の音に、意識をリラックスさせる効果があることが証明された。不自然な音を聴いていると疲れるのは当然である。

     最近アナグロのLPレコードが大変なブームであるという。レコードには2万2000ヘルツ以上の自然な音も収録されている。その自然な響きにオーディオマニアがアナログに回帰している。具体的には、バイオリンやフルートなどから発する音色である。専門家によると、バイオリンとフルートの音色は、最も脳の視床下部を刺激するという。つまり、「高周波の音色で視床下部が刺激され、快感ホルモンなどが分泌され、深い感動に満たされる」と言うメカニズムである。

     では低周波はどうでしょうか? それは1〜1000ヘルツ程度の音である。特に20ヘルツ以下では人間の耳で聞き取れない。これら強い超低周波は、人体には非常に危険である。「吐き気」「めまい」「頭痛」「イライラ」「自律神経失調症」などを引き起こす。

     人間関係では、波長が合う人、合わない人がいる。これら感情、思考が互いに相乗作用する。

    !)波長が合う→同じ形の波と波が出会うと、重なって大きな波になる。気分が高揚し、たがいに乗ってくる。具体的には、会話が弾み、笑顔で相槌を打つような状況である。

    !)波長が合わない→波動が打ち消し合い、波形が乱れる。会話では、否定的な答えが返ってくる。気まずくなり会話が途切れる。

    !)波長が反発する→怒りの感情を相手にぶっつけたら、反発して跳ね返ってくる。これではコミュニケーション不能であり、人間関係も崩壊する。

    !)波長が呑み込まれる→気が小さい人が気の大きな人に呑み込まれる現象である。呑み込まれないためには、自分の存在をはっきりした波動を発信することである。

     人間の波動エネルギーも、相手次第で、「同調」「増幅」「打消」「反発」「消滅」などの相互作用を受ける。誰とでも心の波長を合わせる生き方が理想である。その秘訣は、思考、感情、愛憎、嗜好を否定するのではなく、共感してみることである。

     同じ波動同志は同調し増幅する。つまり、同種の波長やバイブレーションが重なると、「同調効果」によって、その振幅数は高まる。これは人間同士の「引き寄せ効果」を生み出す。「類は類を呼ぶ」と言う現象である。逆に不安を抱き続けると、その人の周りには、不安を感じやすい人が集まり、不安を感じさせるような出来事が多く集まる。つまり、同調波動の引き寄せは、いい面も悪い面もある。

     祈りの波導エネルギーは時空を超えて相手に届くという。これも一種の引き寄せである。それは遠隔気功と同じ原理と思われる。

     2017/5/17


  5. <朝日新聞スクープ!> 加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書 <安倍首相、完全にアウト!>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/755.html

    特報! 加計疑惑で安倍首相の関与が発覚! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/760.html

    【暴露】森友学園の籠池氏、ごみの一部が無かった事を示す資料を公開!財務省はヒアリングを拒否!
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16803.html

    売国奴首相の心臓が止まる!<本澤二郎の「日本の風景」(2608)<籠池爆弾がさく裂> <ごみ処理8億円の値引きはねつ造>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/757.html

     2017/5/17


  6. 森友学園の残土処理を行った田中造園土木の秋山肇について、立花孝志が毒殺の可能性を指摘。 「死者は黙らない 兵頭に訊こう」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/706.html

    [JRPtelevision]森友学園事件の真相 【前編】 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=128132

    [JRPtelevision]森友学園事件の真相 【中編】 〜「森友学園の件から手を引け」 / 政治家の心構え / 突然辞任した森友学園の顧問弁護士〜 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=128179

    [JRPtelevision]森友学園事件の真相 【後編】 〜限りなく真実に迫った仮説〜 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=128197

     2017/5/17

  7. 全国地検返戻資料
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/15/1642-%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%9c%b0%e6%a4%9c%e8%bf%94%e6%88%bb%e8%b3%87%e6%96%99/

    北朝鮮のミサイル高度2000km、イージス艦のSM3は1000kmまで。今後の”有事リスク”への影響は?【真剣に考える人はシェア】
    https://samurai20.jp/2017/05/2000km/

    朝鮮総連「日本は敵」 
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48792549.html

    「イバラギスタン」とも揶揄される茨城県政 長期政権化する背景とは
    http://news.livedoor.com/article/detail/9896437/

    東京、幽霊出る街、怖い街ベスト5 オカルト研究家が選ぶ最恐の心霊スポット
    http://tocana.jp/2015/11/post_7829_entry.html

    誓いの丘
    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%AA%93%E3%81%84%E3%81%AE%E4%B8%98&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwje_-2K_PPTAhWEJ5QKHdcvA_YQ_AUIBygC&biw=1097&bih=550

    慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1584.html

    予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11452145095.html

    君が代不起立の教員停職、都に30万円賠償命令
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31226516.html

    食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ
    http://macrobiotic-daisuki.jp/tenkabutsu-death-food-10-1176.html

    明治安田生命CM 釣りのロケ地はどこ?松坂桃李と宮藤官九郎のほのぼの兄弟いいね 
    http://irodori-salada.com/enter/cm/7816/

    朝鮮人は
    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-355.html

    知りたくない!? 食&医療産業の ”裏側”増川いづみ×船瀬俊介
    http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/356de9830f238c2786c098e25436f572

    都倉俊一「メッセージ」
    http://blog.goo.ne.jp/p_lintaro2002/e/f1465a8ee637426775243305127fdc73

    シリア問題
    https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/04/09/%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a2%e5%95%8f%e9%a1%8c/

    タイガーマスク #105最終回「去りゆく虎」 
    http://ventilatorblues-sway.blogspot.jp/2014/04/105.html

     2017/5/17


  8. 国民を舐めきった 卑劣な首相がもくろむ改憲の本当の狙い 二極化・格差社会の真相(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/738.html

    教育無償化はウソ 自民が大学授業料“出世払い”提言のア然(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/736.html

    安倍憲法骨抜き案である9条1項、2項の失効と抱き合わせで提案された高等教育の無償化は、返還義務付き。無償と呼ぶのは詐欺だ
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/699.html

    フェイクニュース・産経が2ちゃんねるに乗って「北朝鮮の暗号解読、15日もミサイル発射」とデマ拡散(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/737.html

     2017/5/17




  9. ○貴メルマガが報じる米国トランプ政権内の「敵」の存在。CIAやFBI等最強諜報機関群が有機的組織的能動的に活動する米国ですら、獅子身中の虫に悩まされる現実がある。ならばスパイ天国日本をや。筆者ご指摘のとおり、現在のアベ政権を攻撃するメディアはある意味「敵」かもしれない。が、むしろ国家権力中枢にあって日本を超戦前回帰せしめ(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)、やれ「日本民族の独立」だの「アメリカの言いなりになるな」「一神教より多神教だ」などと怒鳴り散らすパフォーマンスやお涙頂戴の三文芝居を演じ、結果、今の北朝鮮のように日本を国際的に孤立させ再びの滅亡に導く「自称・熱い愛国者」や「憂国闇紳士」「面従腹背ブラック官僚」らのほうが、よほど日本にとってより悪質な真の「敵」ではないのか?

     今、大阪発疑獄事件に加え、新たなる疑惑が発覚したアベ内閣。「総理の意向」が本日の朝日新聞朝刊でスクープされていた。文科省の記録文書に記載があるという。先にあのナチス・ドイツのユダヤ人ホロコーストの思想的根拠となったアドルフ・ヒトラー著『わが闘争』を学校教育教材として使用を容認した閣議決定も、「総理の意向」ではなかったのか?『教育勅語』についても同様に「総理の意向」ではないのか?記録文書を公開して欲しい。なにがなんでも「ナチスの手口」で日本国民から主権を奪い、「天皇の赤子」「皇軍兵士」「ヒトラーの思想」「反ユダヤ」のマインドコントロール施術を目論む靖国ナチス内閣。その邪悪な野望を白日の下に晒し、ナチス・ジャパン、日本丸ごと北朝鮮化、東朝鮮化させんとする靖国ナチス長州謀略政治を粉砕して欲しいものだ。

     あの515事件では、犬飼首相の「話せば分かる」に「問答無用!」と容赦もなく銃弾を撃ち込んだ青年将校たち。が、言論を否定した彼らは自らが愛する日本を滅亡へと煽動・先導してしまった。とことん「問答有用」、その教訓を忘れるべきではない。

     かつて大本営検閲部の指導・指示に屈し日本をして無謀な戦争に突入させ、負け戦の実相を隠してウソをつき続け戦争を継続させ、敗戦後はGHQの弾圧に無抵抗、従属し原子爆弾の惨状を封印した日本のメディア(言論人?)。もう二度と同じ轍を踏まぬようにして欲しい。強大横暴な権力に立ち向かい、その握るペンで勇敢に戦うとき。たとえアベ政権の「敵」になったとしても、自由と平和を愛する日本人にとっては「友」であり「英雄」となろう。「ミイツ詐欺」の共犯になる道ではなく、邪悪な詐術を喝破して国民を覚醒させるジャーナリズム本来の使命と役割を果たして欲しい。負けるな、日本の言論人!日本の良心、日本の良識を発揮、発信し続けて欲しい。が・・・。



     2017/5/17


  10. 森友学園 疑惑をウヤムヤで終わらせるな! 隠し録音が証明した「財務省の大ウソ」と「アッキーの威光」(サンデー毎日)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/747.html

    アベ倒閣勢力発足 「加計学園問題」に業煮やす村上議員が中心(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/748.html

    籠池氏「新たなメール」公開 地下3メートルより下には「そもそもゴミが存在しなかった」 8億円引きの根拠が全て崩れ去った!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/754.html

    加計学園疑惑の全体像が見えてくる動画 国民が知れば「安倍政権はひとたまりもない」(大マスゴミは取り上げない?)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/787.html

     2017/5/17

  11. 自衛権の行使は国としても当然であるが個人も当然必要警察で対応不可な時我々も銃で武装すべし、
    以上

     2017/5/17

  12. トランプ大統領がロシアの機密情報を漏洩した? 政権内の機密をメディアに漏らした「内部の敵」がいることが、もっと深刻では?←情報ありがとうございます。宮崎先生、安倍政権の内部には敵はいないのでしょうか?

     2017/5/17


  13. <許される?>財務省が籠池氏から逃亡!国交省と内閣官房も逃亡!民進党の森友ヒアリングに出席せず!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/746.html

    籠池氏、ごみの一部がそもそもなかったとするメールを公開
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-91175/

    森友学園問題、理財局の大嘘を許す国家の大罪。(かっちの言い分)  
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/671.html

    森友問題:財務省官僚を刑事告発してきました(八木啓代のひとりごと)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/710.html

    亡国のアッキード(内閣・官僚・首相夫妻・警察) (simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/739.html

     2017/5/17

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事