国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <任鐘晢(文在寅の秘書室長)は確信的な北の「主体思想」信奉者

2017/05/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月16日(火曜日)
         通算第5291号 <前日発行>  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 任鐘晢(文在寅の秘書室長)は確信的な北の「主体思想」信奉者
  89年、林秀卿(女子大生)の平壌入りを画策し、投獄歴あり、左翼闘士
****************************************

 韓国大統領の秘書室長となった任鐘晢は左翼活動家。北朝鮮の主体思想の信奉者。つまり筋金入りの左翼闘士であるばかりか、北朝鮮主導のもとで、統一を推進する集団の指導者である。
 アメリカが嘗て入国を禁止し、ヴィザを与えなかった危険人物が韓国政権中枢を担うことになった。

 任は1989年に平壌で開催された「平壌世界青年学生祝典」に韓国から参加した女子大生(当時)の林秀卿を影で支え、政治ショーを演出した。林女子が金日成と面会した、ソフトな印象を演出するという仕掛け人である。

 この反国家的な政治行為は北朝鮮の政治宣伝に加担する利敵行為と見なされ林は帰国後すぐに拘束、起訴された。当時は盧泰愚政権だったから、まだまともな判断が出来た。
しかし任鐘晢はしばらく逃亡清潔を送った。

「ヒロイン」扱いされた林秀卿は3年4ヶ月の実刑。その後、米国の大学院へ留学し、結婚し、そして国会議員(一期)に当選。北朝鮮へ行くと、彼女をヒロイン扱いした絵画、彫刻が展示されている。

 任は文在寅とともに、金大中、盧武鉉らの「太陽政策」を実践し、政治活動家として活躍を続け、米国に敵対した。この考え方が文在寅新政権の基本概念である。
 大統領就任後、対米政策を修正する発言をしているが、文在寅が任を秘書室長に起用したことからも、表面的な対米歩み寄りは偽装とみたほうが良いだろう。

 ひとつには韓国に於ける反日教育の浸透が、抗日ゲリラを闘ったという神話のある金日成を「民族の英雄」とみる歴史認識の転換があり、自主独立を自給自足の北朝鮮が、韓国の見習うべき目的を、現実を倒錯させる認識が韓国の若い世代に拡がってしまったことである。

 自由や法治、人権を否定する北朝鮮の考え方を咀嚼したうえでの思想ではない。韓国の 現在の社会状況、イデオロギー的分裂状態は、さらに過激な政治行動に流れやすい環境となっている。

 ところが戦後のアメリカの影響力も韓国社会には一方で強く浸透しており、自由の概念が異なる。北朝鮮も中国もまったく自由のない全体主義国家であり、韓国は曲がりなりにも、「自由」なるものが存在する。
 一例が、法を犯し、国是を踏みにじって敵対国家の政治宣伝に加担した林秀卿への判決が僅か3年、しかも出獄後は結婚もできたし、海外留学も許可された。「こんなこと、北朝鮮では考えられない」と脱北者は言う。

 脱北して韓国にいる人々は文在寅政権の誕生に不安を募らせ、できれば韓国から脱出したいと願う者が3000人以上いるという。


 ▼なぜ韓国は反共の砦から親北に様変わりしたのか?

 だが、緊張緩和以後、とくに1987年にマルクス主義と共産主義を教えることも韓国で許可されて以来、左翼かぶれで海外留学帰りの大学教授やジャーナリストが幅を利かせ、一部の反共保守主義は反動として顧みられなくなり、価値観の大変動が起こって、アメリカへの信頼が希釈化されていた。

 「主体思想派が韓国の左派運動の中核になるのがこの頃だ。彼らは韓国の現代史を徹底的に否定する『反韓史観』に心酔している」(西岡力、産経『正論』5月12日)。

 「これは恰も1930年代の大不況に際してアメリカに共産主義への信仰が蔓延したような熱狂と同様な新しい考え方への魅力に取り憑かれ、異物の思想が社会に渦巻いたことに状況は似ていた」(ブラッドレイ・マーチン『アジアタイムズ』5月14日号への寄港)
 
 こうした奇妙な史観、思想の蔓延は韓国に於けるリベラリズムの特異性にあると指摘するのは倉田秀也(防衛大学教授)である。
 「韓国の進歩主義は、市民的価値を民族的価値の関係性から位置づける。したがって、人権などの市民的価値と民族的価値が拮抗したとき、進歩主義は民族的価値を優先する」(中略)これは「日本政治の文脈でいう『右派』に近い。」(産経『正論』5月15日)。

 このムードを知悉している北朝鮮は『話し合いで統一すべきだ』と主張し、韓国の無知な学生等は、北朝鮮の指導者の言葉をうっかりと信じる。その典型が林秀卿だったわけだ。その林を背後で煽り、演出した人物が韓国新政権の黒子となった。
 この国の前途から明るさが消えた。
       △○▽ミ□△◎ヤ○◇○ザ○◇□キ◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――6月2日発売決定。予約受付中です!(1512円) 
    北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
     韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
 ――六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
    韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 
●本書の特色は米国(「+韓国、日本」vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 
●予約受付を開始しております
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
     ◇◎○▽ □◇◎○ ▽□◎○ ◎◇▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)関西方面の愛読者の皆さんへ黄文雄先生の講演会のお知らせです。
 儒教はなぜ宋の時代に新儒教としての朱子学そして陽明学に転生することができたのか、またマルクス主義と毛沢東思想に塗りつぶされた社会主義中国は改革開放後なぜ孔子学院を誕生させ、文明の上に何ら新しい要素を加えて来なかった儒教復活をはかったのか・
 今回の講演は評論家の黄文雄先生です。
 事前申し込みください。 
           記
日時:平成29年5月27日(土) 14:00〜17:00
内容:1400〜1530 講演 黄文雄先生: 「儒禍ー中国二千年の呪縛」
  1530〜1600  質疑応答     1610〜1700  懇親会
場所:たかつガーデン(大阪府教育会館)2F 「ガーベラ」会議室 
      TEL:06(6768)3911  〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番1号 
       地下鉄千日前線(又は谷町線)谷 町9丁目下車(北東へ)5分
会費: 4,500円程度(懇親会費を含む。講演のみは1,500 円。
特記  学生は無料、当日参加+500円
主催:弘志会                  fukuima@tree.odn.ne.jp
            TEL090-3090-5452



   ♪
(読者の声2)南モンゴル関連で6月、下記のような記者会見、デモ、講演会などが開催されます。興味のある方はぜひご参集ください。
6月3日 デモ行進 http://southmongolia.org/archives/138
6月4日 講演会  http://southmongolia.org/archives/135
6月1日 記者会見 http://southmongolia.org/archives/126
           (三浦小太郎)
      ◎◎○▽□◇◎○▽□◎○▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

************************************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
     □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/05/17

    (読者の声1)関西方面の愛読者の皆さんへ黄文雄先生の講演会のお知ら

    せです。



    >黄文雄「歴史とは何か」

    http://blog.livedoor.jp/hjm2/archives/52522252.html



  • 名無しさん2017/05/15

    林秀卿にまつわる話、驚き呆れます。

  • 名無しさん2017/05/15



    世界的サイバー攻撃のウィルスは米政府作成:WindowsXPが特に危険:謎のハッカー集団

    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12274945970.html



    スノーデン氏、「世界規模でのサイバー攻撃の黒幕はアメリカ」

    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12274552494.html



    インターネットで繁栄したこの世界は、そのインターネットに滅ぼされるのかも……と、150カ国を襲撃中の史上最大のサイバー攻撃の中で思う

    http://indeep.jp/mega-cyber-disaster-of-wannacry-suggest-future-our-world/



    ほとんどの人が周りに流されやすい羊のようであることが証明された社会的実験

    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12274662406.html



    支配されない(geneumiのブログ)

    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12274856470.html



  • 名無しさん2017/05/15

    世界規模で、サイバー攻撃が広がっているようです。ウィルスは、マイクロソフト社のWindowsの欠陥を突いて感染するタイプのものらしく、元々このウィルスは、米国家安全保障局(NSA)が開発した悪性プログラムだとのことです。早速、ハッカー集団とロシアのつながりが囁かれているようですが、全く証拠は無いようです。

      WikiLeaksによると、CIAは大規模なサイバー攻撃を他の国やハッカー集団がやったように見せかけることが出来るとのことで、スノーデン氏の発言によると、このサイバー攻撃の背後には、“アメリカが存在する”とのこと。米国家安全保障局(NSA)が、このサイバー攻撃に参加していると言っています。

      WikiLeaksとスノーデン氏の情報であれば、これはもはや確定と言って良いでしょう。こうした事件からわかる事は、CIAやモサドといった邪悪な組織は、完全に解体される必要があるということでしょう。トランプ大統領は就任早々にCIAを解体する必要があったと思います。CIAに採用される職員は、ことごとくサイコパスであるとのことでした。

      国家の免疫組織(諜報組織)が悪性腫瘍(悪魔崇拝)に侵されていて、もはや手遅れだという時、一体どのような処置を取れば良いのでしょう。国家の存続という意味では、悩ましいところです。光線を照射するといきなり善人になる、という最終兵器はないものでしょうか。

      単純な人は、よく“神様はどうして悪をずっと放っておかれるのですか?”と聞くのですが。

      このような兵器がなくても、コーリー・グッド氏は、“多くの秘密結社のメンバーが、いずれ太陽フラッシュが発生し、地球のインフラはすべて破壊されると予想している”と言っています。同時に人類のDNAは変化するとも言っているのです。これが起こるかどうかはわかりませんが、万一起こると、地球上の全ての原発は全電源喪失となり、南極の氷の下にでも逃げ込まない限り、人類は生き残れそうにありません。このシナリオが、多くの秘密結社のメンバーの予想する未来なのです。

      もちろん、私たち人類の意識の転換によって、このような未来は回避できます。しかし、ほとんどの人はこうした未来の混乱を回避するために、心を浄化するのではなく、世の中のつまらないことばかりに気を取られています。

  • 名無しさん2017/05/15

    1,韓国は米国と北朝鮮の紛争勃発の際に中立宣言を行う可能性はありませんか?



    2,トランプが支那傾斜の今こそ、米側負担減の為にも原子力空母1隻を米に発注、それに加えレンタル核契約が望ましいのでは?



    Wildlife@一応真面目です。

  • 名無しさん2017/05/15



    安倍首相「自衛隊が違憲と教科書に書いてある」これが真っ赤な嘘だった  

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/676.html



    衆院法務委質疑 山尾しおり議員 「マイクは、聞いていた!(金田法相が官僚からレクを受けたことをそのまましゃべるぞ)」 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/680.html



    安倍憲法骨抜き案である9条1項、2項の失効と抱き合わせで提案された高等教育の無償化は、返還義務付き。無償と呼ぶのは詐欺だ

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/699.html



    古賀茂明「2020年 安倍改正案は“加憲”ではなく“壊憲”」〈dot.〉

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/685.html



    共謀罪を成立させようとしている連中が最も共謀してやがる! 

    http://ameblo.jp/64152966/entry-12273915212.html



  • 名無しさん2017/05/15



    2017年5月14日早朝、北朝鮮からICBMが発射される:事前準備していたと疑われるフジテレビ新報道2001は米マスコミ同様に米国戦争勢力の軍事プロパガンダ機関に成り下がっている 

    https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36711705.html



    北朝鮮のミサイル危機を煽るしかない無能な安倍政権  天木直人

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/655.html



    政府が北朝鮮のミサイルに備えて避難訓練実施!? 「気分は、もう戦争!」ってわけか。阿呆くさっ!!

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/694.html



    これでも政府か? 北朝鮮頼みの安倍内閣!(simatyan2のブログ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/700.html





  • 名無しさん2017/05/15

    日本の「水」と「主要農作物」が危ない!

    http://gaia.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-ee16.html



    刑事訴訟法第239条

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18475773.html



    【拡散】暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁)【怖いと思ったらシェア】

    https://samurai20.jp/2017/05/aka-7/



    海外「なんて気高い民族なんだ」 『焼き場に立つ少年』の気丈な姿に外国人が涙

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2314.html



    コンビニで食べるべき商品、食べてはいけない商品

    https://hbol.jp/90596



    西岸良平

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%A5%BF%E5%B2%B8%E8%89%AF%E5%B9%B3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiv_r6GwfHTAhWJvLwKHWZGBvcQ_AUIBigB&biw=1088&bih=248



    明治安田生命(松坂桃李)CMの釣りロケ地の湖の場所はどこ?曲名も!

    http://perspective.wp-x.jp/archives/1236



    米軍慰安婦訴訟は日本にとって吉か凶か…Tweetまとめ14.06.16〜14.06.30

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1581.html



    三種混合ワクチンと自閉症の関連性をイタリアの裁判所が認める判決 

    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11465845764.html



    国を愛することを教えない教育。「愛国心」を「右翼」と中傷して正しい日本を取り戻すことを妨げる愚か者がいる。

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31262480.html



    トランス脂肪酸を「なかったことにする」調理器具、フッ素樹脂加工のない鍋&フライパン

    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51956155.html



    【在日】通名悪用問題って何?振り込め詐欺 携帯詐欺 生活保護詐欺 スポーツ界 芸能界 

    https://matome.naver.jp/odai/2137768418620418201



    歌い方で悪い癖の治し方

    https://www.moto-utaite.com/uta-jyoutatu/waruikuse/



    いかにも朝鮮人らしい選択だ

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-3dc7.html



    五大明王

    http://blog.livedoor.jp/biz111/archives/1881403.html



    船瀬俊介さんと増川いづみさんの医療の裏事情の衝撃のエピソードをご紹介♪

    https://blogs.yahoo.co.jp/sintyounobirsuyodokomademo/65521442.html

  • 名無しさん2017/05/15

    倒産したアメリカ株式会社を買収する!



     何も起きていないふりをし続けてきたものの、実際は、株式会社アメリカ政府(プエルトリコで登記され、ワシントンDCが本拠地)が、先週、破産していたことが明らかとなった。プエルトリコの破産は、デトロイトの破産の類とはわけが違う。なぜなら、プエルトリコは、ワシントンDC全額出資の子会社であるからだ。その親会社は、責めを負わなくてはならない。



     先週、中国財務大臣が、「金融の緊急事態」を理由に、突然、日本や韓国の当事者との会議をキャンセルしたのは、このためだ。



    http://www.reuters.com/article/us-adb-asia-trilateral-idUSKBN1802V2



    先週、英国王室がバッキンガム宮殿で緊急会議を開き、フィリップ王配(=エリザベス女王の夫)の引退を発表したのも、このことが理由だ。



    ある銀行幹部によると、どちらの緊急会議も、中国のゴールドによって裏付けられ、世界の王室の多くのメンバーが握っているSuper Petchili債またはLung-Tsing-U-Hai 債の現金化に関係していたという。 

     (Super Petchili(Lung-Tsing-U-Hai(蘭泰豫海鉄道国債)は、1913年(中華民国2年)発行の中国鉄道国債。)



     具体的に言うと、フィリップ王配は辞任と引き換えに、彼のPetchili債を現金化することが許された。つまり、英国王室は今では、完全に惑星を変えるのに十分なお金を手にしたということだ。



    だとすれば、それは、今やカナダが、破綻した株式会社アメリカの債権者に対して、LBO(=買収対象となる企業の資産を担保にして、少ない自己資金で企業を買収すること)の融資を呼びかける立場にあるということだ。



     (カナダは、英国連邦王国のひとつで、立憲君主制国家。現在のカナダ国王は、英国のエリザベス女王。莫大な資金を得たイギリス連邦のカナダが主導者となって債権者たちを募り、カナダが株式会社アメリカを買収すべきだということ。)



    それが叶ったら、ワシントンDCから放出されてきた終わりなき狂気と犯罪は、終止符を打つことになる。

    これが、この惑星にどのように影響するかについては見過ごされているが、フランス大統領選よりもはるかに重要なことなので、このことに関しては、さらに深く洞察して行くつもりだ。

















    フランスの戦いは終わらない



    この選挙は、ロスチャイルドの奴隷、エマニュエル・マクロンのために、ロスチャイルド家によって盗まれたもので、その票数は、大胆不敵にも悪魔の数字66.06%だった。



    フランスの選挙は、実際にはヨーロッパの支配権をめぐるドイツ対ロシアの代理戦争だ。米海軍諜報部は、選挙に先立って、ドイツ軍がフランスに派遣されていたと報告しているが、一方、ペンタゴンは、同時期に、ロシア軍はセルビアに向かったと言っている。



     現在の情勢を見て、ヒトラーの娘アンゲラ・メルケルは、公然とした戦いを通さず、この度は密かな方法を使うことで、フランス征服という父の偉業を踏襲した。



    しかしいずれにせよ、敗北したフランス大統領選候補者のマリーヌ・ル・ペンは、実はモサド・エージェントの娘であった。

    これはつまり、たとえル・ペンが大統領になっていたとしても、ロスチャイルド家がフランスの選挙で勝利したことになったということだ。大多数のフランス人は、「ペストとコレラのどちらか、または、ファシズム独裁政権と銀行家の独裁者のどちらかを選ばなくてはならない」ものとして選挙を見なしていたので、フランスの戦いは決して終わったわけではない。



    http://www.independent.co.uk/news/world/europe/france-presidential-elections-le-pen-macron-french-polls-vote-abstentions-odds-who-will-win-a7722356.html





    選挙直前にハッカーにすっぱ抜かれたマクロンの脱税やその他の犯罪の証拠は消えたわけではなく、刑事訴追とそれに続く本当のフランス革命は、まだ起こり得るのだ。



    いずれにしても、フランスの選挙が窃盗されていたとしても、基本的な現実が変わるわけではない。それは、フランスがイタリアとスペインと共に破産しており、ドイツはそれらの国の主要債権者であり、これらの国は財政を通じてひそやかなやり方で内密に征服されたという現実だ。







    ロシア軍のセルビア派遣の意味



    ヨーロッパに影響を及ぼすドイツとロシアの代理競争は、今や東方に移っている。







    出典:Wikipedia(Author:Милан&#1032;елисавчи&#1115;)





    その戦いの前線で、ロシア人は、少なくとも15万の軍隊をセルビアへ派遣した。その理由は、『セルビアを守り、バルカン諸国で展開されているISのヘロインとハシシ(大麻)作戦を止めるために』だ。



    また、ロシア人は、ハザールマフィアの*大アルバニアプロジェクトを止めるためにそこにいるのだ。ハザール人の大アルバニアプロジェクトの目的は、アフガニスタンのヘロインの新たな流通経路を確保すること以外にも、数兆ドルの価値がある鉱物資源を盗むことだ。ロシア人は目下、ハザール人によるこの資源窃盗とキリスト教徒民族浄化を止めようとしている。



    *(大アルバニアとは、アルバニア内外にまたがって分布しているアルバニア人の居住地域を統一し、アルバニアの領土とする大アルバニア主義の願望を表している。アルバニア人の間では、「民族的アルバニア」とも呼ばれる。Wikipediaより抜粋)







    Author:MarcNozell





    トランプ大統領の中東訪問は何を意味するのか?:イスラエルとの距離



     全体的に見ると、ドイツとロシアは、ヨーロッパでそれぞれが影響を及ぼすゾーンを構築するために、有利な立場を得ようと画策しているように見える。

     悪魔を崇拝しているハザール人との戦いはまた、全ての一神教の宗教が関わるものへ拡大してきているように見える。これは、ローマ教皇フランシスコとロシア正教会の総主教キリル1世が、2016年の初めに、1000年間で初めて、2つの教会のトップが会談した時に見てとれた。先週、教皇フランシスコはエジプトへ出向き、そこでトップのイスラム教徒の聖職者たちと会って、悪魔崇拝者とそれらのISダーイッシュ軍に敵対することへの支持を得た。



    それで、ドナルド・トランプ米大統領は、今月末にバチカン、イスラエル、サウジアラビアを訪問する予定となった。これらは、世界の3つの主要な一神教であるキリスト教、ユダヤ教、イスラム教それぞれの最も重要な聖地だ。

     一神教に関係する何か大きなことが起きようとしているのだろうか?

    これは中国や英国王室内での緊急金融会議と何か関係があるのだろうか?





     株式会社アメリカの事実上の倒産により、その大統領であるドナルド・トランプと彼の影の支配者たちは、ハザールの悪魔崇拝者に対して、より強硬な反対の態度をとらざるを得なくなったのではないか。そういったわけで、トランプは、ロシア、イラン、トルコが提案した、イスラエルが占拠しているゴラン高原を含むシリアの飛行禁止区域案に合意したのだ。イスラエル人は、不法に奪った土地を引き渡してパレスチナ人と和解するように世界中の他の国々から強く求められているため、今やすっかり頭にきている。しかし、今回違うのは、もはや米国が、彼らの反社会的行動を無条件に援護してはくれないことだ。



    また、ペンタゴンの幹部たちは、アフリカや中東のキリスト教徒に対するハザールの攻撃と戦う計画に署名するように、トランプに強制した。



    トランプが、(彼の首輪につけられた)鎖をグイっと引っ張られて、『太った少年(金正恩)に会う、と言わされた』時、北朝鮮の状況は解消された。



     金正恩(キム・ジョンウン)を偽者のパペットに交代させるというロスチャイルド計画は、西洋とアジアの秘密結社の協力のおかげで中止された。フランスのロスチャイルド・パペット、麻生太郎を日本の首相に据えるという計画も停止されている。







    接近する米中:飢えた狼と戦うよりも



     また、南シナ海については、米国と中国との間で何らかの秘密協定が結ばれているという兆候がある。米国は、日本人に尖閣諸島と呼ばれ、中国人には釣魚台と呼ばれている、争点となっている諸島について、中国の管理権を認めることになるだろう。これと引き換えに、中国は、マラッカ海峡近くのインドネシア諸島に、米国が新しい海軍基地を開設することに目をつぶることで同意した。



     この展開は、日本の支配者層に、米国からのさらなる自立を促した。これは、アメリカに押し付けられた憲法を日本のために改正することを、安倍晋三首相が公式に表明したことに現れている。また、アメリカと中国の友好関係が深まりつつあることで、自立することによる脅威を相殺するためにロシアとの接触が増えているのだ。



    米中の協力関係を示すもう一つの非常に興味深い進展は、中国が、鉄道、港湾、エネルギーパイプラインのインフラ整備プロジェクトの広大な「一橋一路」構想の中心地にある新疆と雲南省を拠点とした2つの事業を、フロンティア・サービス・グループ(FSG)と呼ばれる企業に与えたことだ。 FSGの会長と最高経営責任者(CEO)は、悪名高い、今は無きブラックウォーター・セキュリティ社(民間武装警備会社)の創設者であるエリック・プリンス氏以外は、誰もいない。



    https://www.sott.net/article/349692-Beijing-hires-Erik-Prince-as-guardian-of-the-New-Silk-Road



    中国人は、アドバイスを聞いたようだが、飢えたオオカミと戦うよりも番犬に餌を与えるほうが安くて安全だということのようだ。また、アフリカやその他の地域では、失業中の傭兵たちに、アジアのインフラ・プロジェクトを警備する多くの仕事が確実に手に入ることにもなる。





    カナダが買収することのメリットは、こんなにある



    全体的に見れば、世界の大国どうしの発展しつつある友好関係は、今やこの惑星上のあらゆる国境を越えた犯罪戦争を商売にすることを終わらせることを意味する。



     破産した株式会社アメリカを買収するというカナダの提案は、このプロセスを大幅にスピードアップするのに役立つはずだ。



     考えてみてください。米国は、第2次世界大戦の終結以来、ほぼ止むことのない戦争に明け暮れてきたことを。そして、カナダは、平和維持軍によって戦争を止めるアイデアを思いつき、実行するのを助けてきたことを。カナダの知識は、米国最大の2つの問題、悲惨な医療制度と犯罪問題の解決にどのように役立つだろうか。カナダ人が費やす医療費は、アメリカ人の半分だが、寿命は彼らより長いのだ。また、たとえば、カナダ人も銃を所持できるが、米国の殺人率は、カナダの殺人率より23倍も高い。おまけに、多くのアメリカ人はカナダのコテージで夏を過ごすことができるようになる。



    カナダはまた、犯罪組織に巻き込まれていた善良な人々が再出発できるように、米国政府のために真実と和解委員会の設立を助けることができるだろう。 どうやら死期が近いらしいビル・クリントン元米国大統領は、この世を去る前に、良心をすっきりさせるために告白をすることで、よい手本になっているらしい。



    https://www.youtube.com/watch?v=sKgo5u1knHk&feature=youtu.be&app=desktop



    進化の戦いは、戦っているライオンが勝ち取ったのではなく、愛を交わすために洞窟に戻っているライオンによって勝ち取られたのだ。だからこそ、 「make love, not war.(殺しあうのではなく愛し合おう)」というヒッピーの格言を支持しているのだ。



  • 名無しさん2017/05/15



    この国の経済を決めている恐るべき事実です。しかし、落ち着いて考えてみて、納得する、納得せざるを得ないガッカリな事実です 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/678.html



    ご都合主義の「アホノミクス」  ←事実誤認というよりも二枚舌・ペテン師の類いだろう。 

    http://my.shadowcity.jp/2017/05/post-11102.html



    未来の増税が1071兆円(ネットゲリラ)

    http://my.shadowcity.jp/2017/05/1071.html



     日本の借金が増え続ける件なんだが、とにかく法人税が安すぎる。大企業の法人税、実質負担が10パーセントそこそこ。何故、法人税は下がり続けるのか? 「法人税を揚げると企業が外国に逃げる」とか、理屈です。理屈は理屈なので、何とでも言える。これを古人は「理屈と30後家はどこにでもくっつく」と言った。下品な言葉だが、そういう下品な理屈です。

     国民から消費税でカネを奪い、奪ったカネ以上の額を上級国民で分け合ってしまう。足りなくなった分が、国債w 未来の増税w 全部、自民党の責任なので、自民党は国債をすべて抱えて自己破産すべき。そうすれば自民党以外は全国民、シアワセに暮らせるw



  • 名無しさん2017/05/15

    任鐘晢(文在寅の秘書室長)は確信的な北の「主体思想」信奉者  89年、林秀卿(女子大生)の平壌入りを画策し、投獄歴あり、左翼闘士←宮崎先生、読みながら目が覚めました。すごい情報です。ありがとうございます。