トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <文在寅大統領が韓国に誕生したが、米国は冷ややか

発行日:5/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月10日(水曜日)
        通算第5286号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 文在寅大統領が韓国に誕生したが、米国は冷ややか
   結果も過半数に達せず、反対派の総得票数は文氏を越えている
****************************************

 5月9日に行われた韓国大統領選挙の結果は、投票率が77%を超えた。
9日午後八時時点での出口調査速報では、文在寅候補が41・4%で、対立候補をおさえて当選確実となった。
しかし第二位の安哲秀は23・3%、第三位に追い上げた保守系の洪準均は21・8%となり、後者二人の票と、あと二人の有力候補の分をあわせると文在寅の得票より多い。
つまり「圧勝」とは言えない。中道左派と保守の連携が実現しなかったために、反文票がわれた結果である。

 朴権惠前大統領が弾劾で起訴されているため、大統領が不在。このため、文在寅は10日午前に大統領職について青瓦台のあるじとなるが、反米・反日・親北大統領の誕生に、ワシントンは戸惑いの色を隠さない。
 「アメリカにNOと言おう、THAAD配備は見直す。北への制裁は問題解決にはならず、開城工業団地を再開し、拡大し、北朝鮮との交流を拡大させ、金正恩との対話に道をつける。いろいろな批判が金正恩に対してなされているが、対話の相手は彼しかいない」と文在寅は選挙中に訴えていた。

 選挙終盤で米国メディアのインタビューに応じると、過去の発言を部分修正し、「米国は韓国民主化の恩人であり、米韓同盟は友情で成り立っており、大切な友人であることには変わりない」と発言して、ワシントンへ安心感を与えようと躍起になる一方で、「中国との関係改善を急ぎたい」とも発言した。
 日本との最終合意については「見直し」を主張しており、日本との関係をどうするかという態度表明はいまのところない。
       △○▽ミ□△◎ヤ○◇○ザ○◇□キ◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
――6月2日発売決定。予約受付中です!(1512円) 
    北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
     韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
 ――六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
    韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 
●本書の特色は米国(「+韓国、日本」vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 

●予約受付を開始しております
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
           ◇◎○▽□◇◎○▽□◎○▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、5月13日―15日 地方講演のため休刊になります 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1568回】     
――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富7)
   ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

    ▽
 明治39(1906)年6月19日に徳富を迎えた北京の街は、「利權恢復熱か、四十度以上に達し居るかの如く思はれ」るほどの高まりをみせていた。

 清末、列強諸国は雪崩を打って中国に進出する。鉄道敷設権や鉱山採掘権などをテコにして、富を吸い上げるためだ。20世紀当初になると、それら権利は本来は国家・民族のものであるゆえに取り戻すべきだという声が、在米華僑からの支援を後ろ盾に、民族資本家などの間から挙がりはじめた。これが徳富の記した「利權恢復」と考えられる。アメリカ製品を中心とする外国製品排斥運動をテコにしたナショナリズムの勃興である。代表的成功例として挙げられるのは、1904年にアメリカからベルギーに転売された粤漢線(広州=漢口)の敷設権問題だろう。地方のエリートが当該地域を管轄する湖広総督で開明派実力官僚として知られた張之洞からの協力を得て、翌(1905)年に買い戻したのだ。

  「利權恢復熱」の高まりは、一方では清朝(満州族=異民族)支配に対する違和感を醸成させ漢族意識(=反満意識)を呼び覚ますことに繋がり、他方では当然のように排外意識を高揚させながら、眠り呆けていた漢族ナショナリズムに火を点けることとなる。

 徳富は北京で高まる「利權恢復熱」の姿を、「隨處に『國民捐』なる大字の廣告貼附せられ候、或は婦人国民捐も有之候由候。此れは國民の義捐金にて、速かに義和團事變の賠償金を、皆濟せんとする企てと承り候。支那人としては、先つ以て殊勝と可申歟」と綴った。

  義和団事件の結果、清朝は関係各国に庚子賠款と呼ばれる莫大な賠償金を支払うこととなった。財政逼迫の清朝に過重な負担を強いたことはもちろんだ。そこで北京で発行されていた『京話日報』が音頭を取って、徳富の北京入り直前から義援金募集を始めた。これが大反響を呼び、官僚、地主、一般民衆、囚人、老人、子供、はては社会で最下層と見做されていた戯子(芸人)までが、この呼びかけに馳せ参じたと、『京話日報』は報じている。

  長かった清朝(=異民族)支配も黄昏を迎え、新しい時代の予兆を感じさせる社会の動きは、当然のように新しい人材を求める。「日本留學生は、大持てに持て居り候。日本にて漸く大尉になるかならぬかの同期生か清國に歸れは、少将、少なくとも大佐は、當然の由に候。武官此の如し、文官固より然らさるを得す」。利権回復運動の先頭に立つことになる彼らは些末な事にも言い掛かりをつけるようになり、纏まるものも纏まらず、事がいよいよ面倒になってしまう。排外気運のマイナス効果といえるものだ。

  やはり「利權恢復熱と排外熱とか、表裏一體に看あるは、苟も清國の爲を思ふ者、憂慮措く能はさる所なる可く候」。このまま排外熱の過激化を放置してしまうことは諸外国を徒に刺激することに繋がり、清国にとっては得策ではない、というわけだ。排外意識と愛国感情、それに他国からの反発という3者による相克という問題は、現在にも通じる。

  続けて徳富は「ドクトル、モリソン氏」が「清國か排外熱の爲めに、文明列強の反感情を挑發するの非計なることを、痛説致し居り候」と記し、「此れは何人も異存なき事に候」としている。つまり往々にして排外熱の過激化は「文明列強の反感情を挑發する」ことになるので、清朝にとっては決して良いことではない。だから要注意なのだ。

  「ドクトル、モリソン氏」は、オーストラリア出身の旅行家・冒険家で図書収集家のG・E・モリソン(1862年〜1920年)だろう。1893年の中国入り以後、中国とその周辺を縦横に歩いている。
1895年に『タイムズ』の特派員となり、96年から北京在住。この間、義和団の乱に遭遇。乃木将軍の旅順入城、ポーツマス会議も現地から報じている。
彼の膨大な蔵書を買い取ったのが岩崎財閥の岩崎久彌で、我が国が世界に誇るアジア関連研究図書館の東洋文庫の礎となった。つまり支那通は日本陸軍の専売特許というわけではない。
《QED》
    ◇○▽ヒ□◎◎イ○◎○ズ○○□ミ□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  加瀬英明のコラム 加瀬英明のコラム 加瀬英明のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「平和憲法」では守れない 北朝鮮のミサイル攻撃
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
 今年は、明治元年から数えて150年、日清、日露戦争の開戦から、それぞれ123年と113年になる。
 明治維新はアジアを侵略していた西洋の脅威に対して、日本が結束して立ち上った偉業だった。また、日清、日露戦争の前夜には、全国民の眼が、朝鮮半島において刻々と募る危機に集まった。

 3月6日に、北朝鮮が4発のミサイルを同時に発射した。その直後に北朝鮮当局が、「在日米軍基地を標的とした演習だった」と、声明した。そのうち3発が、秋田県の沖合に落下した。
 おそらく4発とも、日本のすぐわきに撃ち込むことを、狙ったと思われる。
 トランプ政権は「北朝鮮に限定的な軍事攻撃を加えることも、検討している」と、言明している。いま、日本は戦後かつて体験したことがない重大な危機に、直面している。
 朝鮮半島において、軍事衝突が起る可能性がたかまっていると、考えねばならない。
 それにもかかわらず、国会は与野党がもう50日以上も、連日、森友学園問題に没頭している。どのようにして北朝鮮の脅威に備えるべきなのか、まったく論じられない。
 民進党も、共産党も、社民党も、マスコミも、日本国民の生命と安全は、すべてアメリカに任せておけばよいという、属国根性丸出しだ。
 いつ、日本国民は独立国としての気概を失ってしまったのだろうか。
 アメリカが痺(しび)れを切らして、北朝鮮に対して軍事力を用いることになれば、北朝鮮の核施設とミサイルを摘出する、限定的な攻撃を加えよう。

 金正恩政権はアメリカから攻撃を蒙った場合に、全面戦争に発展することは望まないが、中国や、国連が介入して停戦が成立する前に、体制の威信を賭けてソウルを砲撃し、韓国にミサイルを撃ち込むかたわら、日本へ向けてもミサイルを発射しよう。
 その場合に、韓国の原子力発電所が破壊されれば、放射能が偏西風に乗って、日本全国を覆うこととなろう。
 日本は北朝鮮から同時に多数のミサイルが飛来する時には、迎撃して破壊する能力を持っていない。

 1991年の湾岸戦争の時に、イラクのサダム・フセイン政権がイスラエルへ向けて、38発のミサイルを発射した。イスラエルは最先端のミサイル迎撃システムによって迎撃したが、撃ち洩らしたミサイルによって、多くの死傷者がでた。
 この5月に、私たちは憲法記念日の70周年を迎える。護憲派が全国にわたって、憲法記念日を祝う集会を開くことになるだろう。だが、私たちはこの「平和無抵抗憲法」によって、アメリカに国防を丸投げして、自ら両腕を固く縛ってきたために、北朝鮮のミサイル基地を攻撃する手段を、何一つ持っていない。
 迎撃するだけではなく、敵基地を攻撃する能力を合わせて保有することが、どうしても必要だ。それでも万全だといえないが、被害を少なくすることができる。
 マスコミも、国民も、毎日のように“森友劇場”と、東京の豊洲市場移転をめぐる“小池劇場”に、熱中している。そのわきで“金正恩劇場”――クアラルンプール空港における異母兄暗殺事件が、テレビを賑わしている。ところが、国民は北朝鮮の核やミサイルになると、関心がない。
 「“平和”憲法」というのは、前後2つの言葉が一致しない、矛盾した撞着(どうちゃく)語だ。
 どの国の憲法も国民の安全と生命を守るために、戦うことを規定している。
 それとも、「平和無抵抗憲法」の妖夢をみつづけるのだろうか。国民の安全と生命を守るために、1日も早く属国幻想を捨てなければならない。
                (かせひであき氏は外交評論家)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)朝日新聞「声」欄へ投稿したのですが、朝日は没にしました。
朝日の日本国憲法に関する記事の有り様から、9条の一部改正は容認するが、憲法全体の否定は容認せず、そういう投稿は没にするようです。
[朝日新聞への投稿]は以下の通りです。
「憲法特集」私の投稿は、日本国憲法非合法論の立場から行う、憲法擁護論者に対する質問です。
 日本国憲法擁護論者の方、次の質問に答えて下さい。
1.ハーグ陸戦条約43条を知っていますか。これは、どこかの国が他国を占領した場合、万やむを得ない場合以外、被占領地の法律を変えてはいけないという規定です。ハーグ陸戦条約は、国際法です。普通、国際法は国内法に優先します。占領軍の誰も、憲法の変更が、万やむを得ないものだとは言っていません。
2.日本の敗戦後、GHQが出した「報道規制30項目」を知っていますか。この第3項に「GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判」を禁じたことをご存じですか。
厳重な言論統制があったことを知っていますか。
バイデン前副大統領は、「日本の憲法は我々(アメリカ)が書いた」と言いました。アメリカの副大統領自身が、陸戦条約違反を自白しているのです。
3.「日本国憲法」を採択した国会議員、その国会議員を選んだ日本人、いずれも独立国民としての主権を持っていましたか。主権は持っていなかったでしょう。その人達が、何故、独立国の憲法を決めることができるのですか。
日本国憲法は、解釈改憲を重ね、日本は、すでに不文法憲法のような国になっています。
成立時の非合法的状況が尾を引いていると考えられます。
   (関野通夫)



  ♪
(読者の声2)テレビを見ない宮崎さんに代わってNHKのニュースなど見ておりますが、昨晩などは韓国に親北・反日大統領が生まれそうなのでたいそう喜んでいる様子でした。
 討論会で他候補から親北で非難されている様子を写した後、「文在寅氏は北と対話しようとしている」と持ち上げ? 「ケソン工業団地」再開も、閉鎖によって損害を出した工場経営者を取材して、「再開を待ち望んでいる」人がいるというような情報を出し、ブレインのどっかの韓国の教授にインタビューし、「文在寅は反日じゃない」とかいうコメントを批判もせずに報道しています。
 もちろん、文在寅に対してだけです。慰安婦像容認をわざわざ公約に上げていることなどはどこ吹く風です。
 さすが、「政治家と癒着し、世論操作をするのが常識」なNHKですね。有言実行ぶりには頭が下がります。
 反日仲間同士、仲良くされるのはご勝手ですが、それでだまされるほど、国民のレベルは低くないと思いますが。
    (NS生、千葉)




(読者の声3)『新しい歴史教科書』(新版・中学社会)(自由社)
英訳シリーズ その1−序章「歴史のとらえ方」
 <修正版 再送>
 5月1日付で下記のご案内をしましたが、表紙の次のページ「日本の歴史の舞台」の日本語訳がついていませんでした。見開きのスペースがなかったためでしたが、英文をそのまま日本語のところに埋めたものが、今回の修正版です。
 http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Introduction%20E%20version1.pdf

 「新しい歴史教科書をつくる会」が製作し「自由社」から出版した中学校向け歴史教科書は、一昨年の採択においては、いろいろ事情があり、極めて限られた学校での採択でした。
しかしこれは一般国民に支持されなかったということを意味しているわけではありません。
これまでの慣行、日教組の影響力、ことなかれになりがちな教育委員会が採択しなかったわけですが、市販本は非常に反響が良く、すでに1万部以上を販売しているということです。言ってみれば、「国民」による採択はきわめて順調といってよいかと思います。
 この教科書が、決して一部の人たちが言うような偏向したものではなく、世界に向けて堂々と紹介できるものであることを示す意味でも、英訳版を出そうということになりました。つくる会・自由社のご了解をいただきまして、「史実を世界に発信する会」 より、英文発信していくことになりました。
 ご覧いただきますように、各ページ対訳方式を取っております。図表・それに準ずるものは英訳をしておりません。コラムは訳しております。
 対訳方式ですので、英語に関心のある日本人向けにもお使いいただけるかと思います。原則として一章ごとに掲載していく予定ですが、量的に多くなる場合には、二回に分けて掲載することもあるかと思います。
 対訳版:http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Introduction%20E%20version1.pdf
     (「史実を世界に発信する会」茂木弘道)

           ◎◎○▽□◇◎○▽□◎○▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

************************************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

     □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、5月13日―15日地方講演のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 教育勅語、銃剣道、『わが闘争』 閣議決定がなんだか変〈AERA〉
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/489.html

    ちばてつや氏語る共謀罪の怖さ「人間の内心取り締まる」(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/487.html

    急展開しつつある国際情勢の安倍包囲網  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/491.html

    ジャーナリスト(山口敬之) 絶賛炎上中 そらそうだろ。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/306.html

    <本音>安倍総理が蓮舫代表を呼び捨て?「スッキリ」「とくダネ」で報道 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/496.html

     2017/5/10


  2. 【森友学園】GW明けの国会は大荒れ!野次に怒号、安倍首相はズブズブ指摘に怒り!公開資料は真っ黒
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16695.html

    毎日新聞社、社説で安倍首相の国会答弁を猛批判!「あまりに無責任でご都合主義だ」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16699.html

    森友問題:集中審議で籠池氏も傍聴 書類に「安倍晋三記念小学院の設置趣意書」 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=128045

    目くらまし改憲 昭恵夫人関与で議員辞職ではなかったのか(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/463.html

     2017/5/10

  3. 文在寅大統領が韓国に誕生したが、米国は冷ややか 結果も過半数に達せず、反対派の総得票数は文氏を越えている←宮崎先生、情報ありがとうございます

     2017/5/10




  4. ○韓国大統領選挙は筆者ご指摘のとおりの結果。あの「自殺」した元大統領の側近にして反米・反日・親北朝鮮の人物が韓国大統領に。対立候補の一本化阻止、反米・反日プロパガンダ、大衆扇動工作、不正選挙(?)等、北朝鮮工作機関による凄まじいまでの謀略戦・秘密戦がかまされたのだろう。韓国新大統領は北朝鮮主導による朝鮮半島統一に邁進、北朝鮮による韓国無血占領の手引きをするのでは?このような人物を最高権力者に選んだ韓国国民は、「中韓によるアジア支配」「反日千年」「民増同士」で北朝鮮にむしろ併呑されたがっているのでは?が、それもまた韓国国民の意思(主権)なのだろう。それともいきなりの新大統領スキャンダル発覚で、就任即弾劾逮捕かも?いずれにせよ、北朝鮮の脅威に目をつぶり、これと対峙対決する気概も決意もなき韓国。混乱は続くだろう。

     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。いよいよ「2020年」という具体的な日程を掲げて憲法変更、超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)の動きが本格化する。いま北欧で北朝鮮との秘密交渉を重ねる米国。北朝鮮壊滅・軍事決着から方向転換し、北朝鮮存続・外交交渉へと舵を切った背景に、今あからさまになった日本の野望があるのではないか?北朝鮮危機を散々煽りつつ「日米同盟」を喧伝、その一方でロシア・プーチン大統領と昵懇濃密に面談し、さらには『教育勅語』に加えてあのユダヤ人ホロコーストの思想的根拠となったアドルフ・ヒトラー著『我が闘争』を学校教育教材に使用容認する閣議決定をなした戦犯三世髭なしヒトラーと靖国ナチス内閣。米国は失望、絶望し、2020年からの「ネオ大日本帝国」「ナチス・ジャパン」の登場に警戒し始めているのではないか。で、北朝鮮をむしろ日本暴走の歯止めとして積極活用することを考えているのでは。米国の深慮遠謀、計り知れない。

     それにしても、「ナチスの手口」を学ぶ日本政府が北朝鮮危機のドサクサに紛れてなした『我が闘争』学校教育教材使用容認閣議決定。内外への悪影響は計り知れないだろうに。この「『我が闘争』ショック」は、米国はじめ国際社会に「ナチスと同盟していた日本」の記憶を呼び覚まし、凄まじきホロコーストの惨害を刻まれたユダヤ人を侮辱し、「新しい包括的パートナーシップ」を築くとしたイスラエルを裏切るものである。あの「真珠湾の騙し討ち」同様、愚かで破滅的・屈辱的な政治決断だった。今からでも遅くはないから、この馬鹿げた閣議決定を撤回し、ユダヤ人とイスラエルに遺憾の意を表し心から謝罪、国際社会の誤解(真っ当な警戒?)を解くべきだろうに。どれもこれも旧GHQが残置した「戦前」が戦争無反省の傲慢不遜の砦となり、日本人の政治的・精神的覚醒を妨害する「馬鹿の檻」となっているからである。今の韓国が明日の日本の姿であり、北朝鮮が日本の未来の姿なのか?残念な民度だった。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。


     2017/5/10

  5. 2017年04月13日(木) 文在寅韓国大統領候補を松江地検に告発した!鈴木信行
    以前にも鈴木氏竹島不法上陸告発していましたが認められませんでしたが…

    ほうちこっか 2017/5/10

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事