トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <ルペン、大差でマクロンに敗れた(仏大統領選)

発行日:5/8

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月8日(月曜日)弐
        通算第5283号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
 ルペン、大差でマクロンに敗れた(仏大統領選)
   リベラルが都市部で圧勝、EUは当面、解体の危機を回避
****************************************

 5月9日に行われたフランスの大統領選挙で、EU解体、移民制限を訴えた国民戦線のルペンは、左派のマクロン候補に大差をつけられて敗退した。
 マクロン63・3%,ルペン367%だった。

 リベラル派が連合を組み、これに中道保守が相乗りした結果だが、EUからの脱退は、フランス人の感覚からはまだ距離があったということだろう。ルペンの勝利した地区はパリ北東部の農村地帯と南西部のマルセーユ、ニースなどだった。

 欧州マスコミの殆どはマクロンの当選を歓迎、またホワイトフスもマクロンの当選に祝意を表明した。
        ○▽ミ□◎ヤ○○ザ○□キ□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『金正恩の核ミサイルーー暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
――6月2日発売決定。予約受付中です!(1512円) 
   北朝鮮の崩壊は近いか、トランプは防御的先制攻撃に打って出るか?
    韓国大統領が替わって朝鮮半島は泥沼になるか?
 ――六回目の核実験が行われると米国は「レッドラインを越えた」と判断
    韓国は壊滅するか、新大統領はどうでるか?
 
●本書の特色は米国(「+韓国、日本」vs北朝鮮(+中国、露西亜)という構造的対決図式から離れて、北の思惑、韓国の特異な動き、トランプ政権の対応、中国の路線変更、そしてロシアの積極的介入と六つの章に分け、それぞれの政治的思惑、情勢、背景を、別立ての章で論じながら、総合的判断の材料を提供する。 
●予約受付を開始しております
   https://www.amazon.co.jp/dp/4594077374/
           ◇◎○▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1567回】
――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富6)
  ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

    ▽
「英人の經營にて、何事も秩序正しく、旅客の便宜と愉快とに缺くる所」が見当たらなかった関外鉄道とは、1898年に露清銀行をテコにしてフランスとベルギーのシンジケートを通じて北京から漢口への鉄道敷設権を獲得し、イギリスが制圧していた長江流域への進出を図ったロシアに対抗するため、イギリスが香港・上海銀行による借款の担保として手に入れた山海関と奉天(正確には奉天近郊の新民)とを結ぶ鉄道を指す。ロシアはイギリスが押さえる長江一帯に、イギリスはロシアが制圧を目論む満州に――両国が共に相手の勢力圏に手を突っ込み権益拡大を狙っていたわけだ。

  改めて記しておくと、鉄道敷設権を得ることはレールや車輌などのハードな大型工業製品の清国市場における販路を確保できるだけではなく、沿線の鉱業特権(資源の独占的開発)、種々の関税・租税の免税特権(自国製品の販路拡大)を伴っているなど、沿線地域での独占的活動を確保できただけに、当時、ロシアは満州、イギリスは長江一帯、フランスは広東・広西・雲南(一部)と、各国が鉄道を軸に勢力圏拡大を狙っていたのである。

  やや飛躍するが、習近平政権が掲げる一帯一路に、19世紀末から20世紀初頭に亘って列強が互いに獲得を競った鉄道敷設権の名残りはないだろうか。
つまり共産党政権は我が新幹線のパクリ車輌と過剰生産が生み出した膨大な量の鉄鋼(レール)の売り込みに加え、沿線の諸特権を狙っている。対するに日本は、新幹線で培った安全・安心の最新技術を前面に打ち出す。新しい帝国主義国家に立ち向かうには、心許ない気がするのだが。

  さて徳富に戻ると、天津滞在は明治39(1906)年6月14日から19日まで。この間、18日には李鴻章死後に直隷総統兼北洋大臣に就き、清朝最末期から中華民国建国当初に権勢を揮っていた袁世凱に面会している。
「軍事顧問板西少佐か、通譯の勞を取られたるは、予か深謝する所也」と記すが、ここに見える「板西少佐」の「板」は、おそらく「坂」の誤記だろう。陸軍支那通の象徴的存在であり、長期に及んだ現地生活で開拓した人的ネットワークを誇り、以後の日本の大陸政策に様々な局面で影響を与えることになる坂西利八郎に違いない。

 「支那は日本に頼らざれば何事も順當に行い得ざりとの觀念を國民に刻み込む」ことを信念に、彼は支那通としての一生を貫いた。支那通としての坂西の生涯もまた考察すべきと思うが、それは他日を期することにしておく。

 蘇峰は袁世凱を「總督既に四十有七歳、而して威名隆々北清を壓す。其の白髪多くして、容貌の五十以上の人たるの看あるは、偶ま過去の?史の、單純、平坦ならざるなりを語るに足る」と描く。
「後に聞けは、袁氏は、予か議論を吹き掛けさりしを、不思議に思」ったとのことだが、「予は彼を見んか爲に赴けり。彼に説?せんか爲に、赴」いたわけではないと綴る。袁世凱などと議論しても時間のムダだ、とでも思っていたのだろうか。

 北京滞在は6月19日から28日。先ずは「長城見物に出掛け」、次いで市街を散策の後、「予は北京の皮相を見たる迄に候得共、何となく北京即近の情態は、此儘にて永遠に持續す可きものにあらさるか如く感し候」。続いて「然も只た斯く感したるのみ、別に何等の深き理由も御座なく候」と記す。この時から5年が過ぎた1911年10月に辛亥革命が勃発し、翌年の春には清朝は幕を閉じたわけだから、あるいは「此儘にて永遠に持續す可きものにあらさるか如く感し」た根拠は、当時の清国社会にみられた「利權恢復熱」にあったのかもしれない。

 「北京も利權恢復熱か、四十度以上に達し居るかの如く思はれ候」と形容する徳富は、「利權恢復熱」に加え、それとは表裏一体の関係にある「排外熱」について説いている。
《QED
    ◇○▽ヒ□◎◎イ○◎○ズ○○□ミ□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 安倍首相が2020年改憲目標を発表したことで、憲法改正論議が高まり、とくに保守陣営からは批判が強いようです。中途半端な改正なら、しないほうがマシという議論ですが、貴見はいかに?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)政治家の任務とは「理想と現実のギャップを一歩一歩埋めていく」ことであり、安倍首相は「匍匐前進」が信条の人。短期的な視点で論評するべきではないと思います。
           ◇○▽□◎◎○◎○○○□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)

************************************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

     □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 福島の汚染山林火災が8日間も燃え続け鎮火しないのは何故!? 
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12272365409.html

    福島の山林火災 隣の双葉町まで拡大! 
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/870.html

    福島の山火事 鎮火せず 被曝線量公開せよ 
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/869.html

    放射性物質を視覚化する最新技術を紹介!この映像は誰にとって不都合なのか?(お役立ち情報の杜(もり))
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/872.html

     2017/5/8

  2. 【自由党】山本太郎 「竹島は韓国にあげたらよい」 
    http://imgur.com/mbJGX2b.png

    【自由党】小沢一郎 「日本がもたもたして、在日韓国人の参政権を認めないのは遺憾だ」 (08/2/21時事)
    http://i.imgur.com/20hC9Qa.png

    「小沢一郎は韓国済州島出身」 千葉大名誉教授 清水氏
    http://kome911.blogspot.com/2011/08/blog-post_25.html

    【日本の脱原発は韓国の大きな利益】
    http://kome911.blogspot.jp/2012/08/httpwww.html

    【原発戦争】韓国vs東芝 原発事業の争い 
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/asia/1298206082

     2017/5/8


  3. 「政府はそこまでして、数を少なく見せたいのか!?」原発事故による健康被害の実態を山本太郎議員が追及!
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/875.html

    「人の命を守る気があるのか!?」山本太郎が原子力規制委員長を吊るし上げ! 
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/881.html

    ますます深刻化する健康被害 (20) 2017年4月 葬式続きですっかり葬式慣れした人も 
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/876.html

    「福島県産食品、問題ない」 国連食糧農業機関トップ (朝日新聞)
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/880.html

    674.浪江の山火事による放射性物質の拡散を隠蔽し、北朝鮮の危機を捏造する日本のマスコミは潰れてしまえ!!!!
    http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-906.html

     2017/5/8

  4. >野党は森友疑惑追及の一点突破で安倍首相を辞任に追い込め 天木直人

    天木直人(シナ朝鮮の代理人)

    【天木直人】思い上がった安倍の野郎がまた中国様に喧嘩を売ったよ〜 マジ勘弁  
    http://newhoshu.blog.jp/archives/4725859.html

    天木直人「村山談話見直しを図る安倍首相、このような人物が二度と日本に出現せぬよう法文化する」
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385708274/

    【拉致問題】天木直人氏「横田夫妻はこれ以上、善良な我々国民を苦しめるな」「全てはあなた達のせい」
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402418446/

     2017/5/8


  5. 5・8議会の安倍退治<本澤二郎の「日本の風景」(2599) <官邸の犯罪1本に絞れ> <昭惠喚問で息の根を止めよう>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/395.html

    疑惑解明を閉ざしているのは有権者!? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/397.html

    野党は森友疑惑追及の一点突破で安倍首相を辞任に追い込め  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/391.html

    安倍の2020年「施行」発言は森友疑惑隠しが狙い! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/392.html

    終盤国会〜まずは森友問題で安倍を攻撃せよ!+大阪特捜部は籠池の犯罪捜査も開始(日本がアブナイ!)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/396.html

     2017/5/8


  6. 共謀罪の立法事実につき、『英国エコノミスト』が疑義を指摘する 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/354.html

    「安倍政権がめざしている改憲は9条の力を今度こそ根絶やしにしようという試み」渡辺治名誉教授
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/353.html

    「人権?何それ?」という人も、これら10例を見れば、目からウロコ間違いなし!(お役立ち情報の杜(もり))
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/343.html

    ある日の首相動静。ネトウヨの方、必読 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/357.html

     2017/5/8

  7. (宮崎正弘のコメント)政治家の任務とは「理想と現実のギャップを一歩一歩埋めていく」ことであり、安倍首相は「匍匐前進」が信条の人。短期的な視点で論評するべきではないと思います。←宮崎先生、さすがの分析です!

     2017/5/8

  8. そもそも「医学」とは、生命を癒し、治す学問である。現代医学の主流は西洋医学である。東洋医学は徹底的に排除されている。しかし、西洋医学は、生命を物体としてとらえている。それがルドルフ・ウイルヒョウの「機械論」である。「物体に過ぎない生体に、自ら治る神秘的な力など存在しない」「病気や怪我を治すのは、我々医師であり、医薬であり、医術である」 これが人体「機械論」の主張である。

     ここで誰でも、その過ちに気付くはずである。この近代医学の父は傲慢にも人体に備わった自然治癒力まで否定してのけた。つまり、ウイルヒョウを祖とする近代医学は、根本的過ちを犯したまま、現代に至る。

     現代の大学医学教育でも、自然治癒力を教える講座は1時間も存在しない。ウイルヒョウの過ちを認め、正さない限り、現代医学の過ちは永遠に続く。まさに、現代医学の医師、看護師、研究者から医療行政官、政治家まで、このウイルヒョウの呪いに囚われている。

     「現代医学の神は死神であり、病院は死の教会である」とロバート・メンデルソン博士が主張している。さらに博士は「現代医学は1割の救命医療しか評価できず、残りの9割は慢性病には無力で、悪化させ、死なせている」と断罪している。さらに「医療の9割が地上から消え失せれば、人類は間違いなく健康になれる」と断定している。

     なぜ、この事実がほとんどの人には知らされていないのか? 
    それは現代医療の利権を支配する闇の勢力が、政治も教育もメディアも完全支配しているからである。闇の勢力の正体は、ロックフェラー財閥に代表される国際医療マフィアである。そして、彼らは、波動により自然治癒力を高める波動療法を受けているのである。

     現代医学は詐欺と殺戮に塗られている。その戦慄の悲劇から、人類を救う新しい医学が波動医学である。波動医学には2本の柱がある。1つがファステイング(断食)であり、もう1つがバイブレーション(波動)なのである。ウイルヒョウが唱えた「機械論」に対してもう一つの生命論があった。それが「生気論」である。「生気論」とは生命とは見えない力「生気」によって支配されているという考えである。それは「化学や物理学でも証明できない神秘的な存在である」と生気論者は主張した。それをウイルヒョウらが「ならば生気なる存在を科学的に説明して見せよ」と無理難題で迫った。そうして返答に窮した生気論者を嘲笑い、「生気論敗れたり」と勝手に勝利宣言してしまった。しかし、自然治癒力など、未だ生命現象は神秘のベールに覆われている。結論から言えば、現代医学を席巻した「機械論」は、根本的に誤りで、「生気論」こそが正しかったのである。

     生命エネルギーは波動エネルギーである。さらに、「生命体」は「波動エネルギー体」である。この真理に早くから気付いていたのが東洋医学である。東洋医学は、生命を活かす波動エネルギーを「気」と呼んできた。それは英語で「バイタル・フォース」と呼ばれる。まさに生気の事である。ウイルヒョウらに否定された生気が今復活してきたのである。

     生命体は波動で生まれる。例えば、水の表面に周波数1088ヘルツの波動を与えたとき、水面に現れた模様は亀の甲羅であった。つまり、亀の甲羅は1088ヘルツの波動エネルギーによって、生成されたことを示している。ひまわりの花模様は、10万2528ヘルツで水面に波紋が現れる。その他、三葉虫、サボテン、ヒトデ、ヒョウ柄、シマウマ模様など、特定周波数の波動で形成されることが判明している。

     「ノーベル賞」は別名「ロックフェラー賞」である。悪魔的医療マフィアが所有するロックフェラー研究所の研究者に、独占的に賞を授与するように歪曲されている。つまり巧妙な人類洗脳装置なのである。だから、真に驚異的な科学的発見は、一顧だにしない。それどころか黙殺し封印する。

     ウオーター・サウンド・イメージは明らかに、生命誕生の原理が波動であることを立証している。しかし、学界、マスメディアは完全黙殺している。つまり、この世紀の大発見が世に知られると彼らが捏造してきた科学体系が崩壊してしまうからである。だから、闇の支配者、つまりロスチャイルドやロックフェラー財閥はこの大発見を圧殺し、世に出すことを許さない。

     サウンド・イメージは生命体の各部位は特定周波数の波動で形成されていることを証明している。つまり、生命体の各々の組織、器官、臓器などは特定の周波数で生成した。そのため、生体の各組織、器官、臓器は固有の周波数に反応する。言い方を変えれば、固有の周波数を所有する。これが波動医学の根幹理論である。

     身体のあらゆる臓器などは、固有振動数の刺激で生成される。これは生体発生の謎をも紐解く。受精した卵子は、胚細胞が分裂増殖の過程で、各々、特定波動刺激を受けて皮膚に、筋肉に、骨に、血管に、神経にと変化して生命の身体が生成されるのである。

     そのメカニズムに気付いたのがロバート・ベッカー博士である。

     「食は血となり肉となる」→これは栄養が肉体に変わる。

     「肉は血となり食となる」→これは肉体が栄養に変わる。

    この学説は千島。森下学説である。同学説は!)腸管造血、!)細胞可逆、!)細胞新生の3本柱からなる。

    ちなみに、2016年ノーベル整理・医学賞を受賞した大隅教授の細胞オート・ファジー理論は50年以上前に、森下博士らが発見、実証、解説した!)細胞可逆現象の一端である。半世紀以上も昔に発見、発表された学説を、今頃まったく別人にノーベル賞を授与しているスローモーぶりと的外れぶりには唖然とする。現代の再生医療研究の現場では、この細胞可逆、波動刺激と言う2つの観点が抜け落ちている。子供でも分かるシンプルな理論に、研究者たちは気付いていない。闇の支配者が、これ等の発見情報を徹底的に圧殺し、隠蔽してきたため、教科書秀才の研究者たちは全く気付いてこなかった。

     現代医学を一言でいえば、物体医学である。ウイルヒョウらの生命「機械論」なのである。だから、彼らにとって「生命」=「物体」なのである。現代医学は、医療の皮を被った詐欺と殺戮システムでしかない。既に現代医療は崩壊している。そして新たな医学が伸び始めている。その理論は明快である。

    「すべて組織・臓器は、固有周波数を有する」

    「病んだ組織・臓器は固有周波数からズレている」

    だから、周波数のズレを検知すれば診断できる。周波数のズレを調整すれば治療できる。

    これが波動医学の二大原則である。それは未来に向けた「新医学」の夜明けでもある。

     2017/5/8

  9. ●朝鮮半島で戦争が始まる http://www.nikaidou.com/

    世界大戦は半島から始まるといっても良さそうです。そして、その世界大戦の遠因となるのが、今回の韓国大統領選です。5月9日以降、世界は全く別のものになるのです。今回の世界大戦では、日本人の犠牲者もでることになりそうです。それも全て日本の無知で無責任な左翼勢力の責任です。いずれにせよ、世界大戦は始まろうとしています。我々も全力でそれに備えようではありませんか。

     2017/5/8

  10. ●北朝鮮スパイ【日本人拉致】辻元清美
    http://melma.com/backnumber_45206/

    辻元清美は現在でも若者に社会主義国を船で旅させて、見聞を広げさせることを目的としている「ピースボート」に所属しているが、その実体は日本の若者達を朝鮮シンパシー、北朝鮮のスパイにすることが目的であったといわれている。普通の女子大生にすぎなかった辻元になぜこれほどのことができたのか、公安当局は当時注目した。
    ・運営資金の調達
    ・毎年多くの日本の若者を北朝鮮に渡航させることができる。(朝鮮総連の許可がなくてはならない)
    ・公安当局は辻元が在日朝鮮人で北の工作員であり、「ピースボート」の実質的主宰者は朝鮮総連であることを割り出している。
    ・公安当局は現在でも辻元清美を徹底的にマークし続けているが、それを阻止しようとしたのが前民主党法務大臣、後、公安委員会委員長、同和部落出身の千葉景子であるといわれている
    http://megalodon.jp/2015-1216-1352-59/ddh1101.blog28.fc2.com/blog-entry-179.html

    270&#160;名前:名無しさん@1周年&#160;[sage]&#160;:2015/02/05(木)&#160;02:17:49.56&#160;ID:csZ9tsI60
    辻元の過去の経歴に「ピースボート」主宰というものがある。
    http://megalodon.jp/2015-0204-0208-17/blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/056d5fb4d8f4b5c756f057667a9f40dd

    辻元清美の内縁の夫である北川明は、第三書館という出版社の社長で、北川は昭和50年、スウェーデンから強制送還され、旅券法違反で逮捕された「日本赤軍」のヨーロッパ担当兵。西ドイツの日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加予定だったのが未遂に終わり、公安調査庁がずっと動向を調査してきた要注意人物。

    日本赤軍は、よど号ハイジャック・日本人拉致を実行
    http://tw5t.blogspot.jp/2012/07/1983-200582008-6-tabo-2011-04-01-142549.html

     2017/5/8

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事