トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <北朝鮮のミサイル発射は日韓は当然ながらロシア極東軍も警戒態勢を取っていた

発行日:4/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)4月30日(日曜日)
        通算第5273号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 北朝鮮のミサイル発射は「自爆」という結果だったが
  日韓は当然ながらロシア極東軍も警戒態勢を取っていた
****************************************

 北朝鮮は4月29日、早朝にミサイル発射実験を行った。
 平壌の北東、北倉から発射された中距離弾道ミサイルは「KN17」と米軍はみており、これは失敗したとはいえ、空母キラーという異名をとる。

おりしも米空母カールビンゾンが、対馬沖から日本海へ入った、そのタイミングを狙っており、そのうえ格別に留意すべきは、ミサイルは北東へむかって発射されたことである。米軍筋は、ミサイルは44キロ飛翔し、北朝鮮領内に落下したと分析した。

 四月にはいって、5日、16日、そして今回は三回目だが、いずれも失敗した。
 失敗は北朝鮮の技術的貧困、あるいはミサイルの欠陥からくるものか、あるいは意図的に失敗させてはいるが、ある目的のために一連の実験ではないのかとする見方もある。

 すでにオバマ政権の時代に、ミサイルを電波妨害で破壊する研究が開始されているが、その研究成果の報告はまだ出ておらず、北のミサイル失敗は米軍が妨害電波を出したからという観測もあるが、ミサイル内部の電子命令系統は、外側から隔絶された設計になっている。
したがって米軍の電波妨害が成功しているとは考えにくいのではないか。

 むしろ北東へ飛ばすと、その先は日本海ではなく、ロシアである。
 ロシアへ向かわせ、途中で自爆させているのだ。つまり技術力が格段に向上していることを北朝鮮は見せつけ、米国、韓国、中国ばかりか、ロシアに示威したとい解釈も成り立つ。

 おりからNYの国連では安保理事会が開催され、ティラーソン国務長官は「深刻な危機」と分析し、ロシアや中国との論戦の最中だった。
 中国の王毅外相は「問題解決の鍵は中国にはない」と盛んに逃げをうった。ティラーソンは「話し合いは意味がない。過去に何回も騙されている」という意味の発言をした。

この直後に、北のミサイル実験のニュースが飛びこんで、中国が主張していた「平和的解決」も国連安保理事会の緊急会合では虚しく聞こえた。

 ロシア代表はガジノフ外務次官で、「もし米軍が先制攻撃を行えば、破局を迎える」と横やりを入れていた。
 またロシアは中国とともに「六者協議」を再開して話し合いを続けるべきと主張したが、安倍首相は訪問先のロンドンの記者会見で「六者協議再開という環境にはない」と、楽観的観測を否定した。


 ▼日本では警戒、監視態勢つよまったが

 「この状況は戦後最悪の危機である」と有力政治家の発言が続く。
 日本ではミサイル発射ニュースの直後から、「安全確認」を目的に東京の地下鉄は十分間、停車した。
ほかに北陸新幹線も停車して、被害を避ける準備に入った。

すでに秋田県男鹿半島などでは避難訓練が行われており、日頃の平和ぼけから防御への頭に切り替えが行われつつある。
 地下鉄の場合は、地下シェルターとしての態勢がとれるか、どうか。いや地下鉄の構造に、そういう能力があるのか。鉄道にしても、ミサイル被害がもしでた場合、いかなる措置を必要とされるか、政府は具体的検討に入った。

 ミサイルは失敗しても、その自爆あるいは自壊場所によって、残骸が墜落する危険性を伴い、あるいは日本海であってもイカ漁船などが操業中の海域に落ちれば被害が出る。
陸続きの朝鮮半島から中国、ロシアの国境付近も、落下の危険性の潜在的ポイントとして加えておくべきだろう。

 じつは4月29日の北朝鮮ミサイルは失敗したが、落下を警戒してロシア極東では警戒態勢が取られていたのだ。

極東防空識別圏内で「アラート」が発せられ、東部軍区(ハバロフスク)ではS400対空ミサイルシステムが稼働した。
 「ミサイルの残骸が露西亜領内に落下する危険性に備えた」とビクター・オゼロフ(ロシア連邦上院軍事委員長)が発言した(アジアタイムズ、4月30日)。

 一連の北朝鮮擁護発言をくりかえしてきたロシアとて、政治的思惑と世界政治の攪乱、アメリカ主導への当てつけ、トランプ外交への妨害などが目的で、計算づくでなされた政治発言はロシアの地位回復を企図した政治的ジェスチャーである。

そして、矛盾するかのように極東ハバロフスク軍区の警戒態勢入りがなされている。

       □○▽ミ□◎◎ヤ○◎○ザ○○□キ□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1563回】        
――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富2)
   ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

   ▽
 趙爾巽(1844年~1927年)は漢人八旗の出身。清末民初の政治家で、東三省総督時代に遭遇した辛亥革命に際しては満州において革命勢力を押さえ込み、革命の余波が満州に及ぶことを防いだ。清朝が崩壊し中華民国が成立するや、漢人官僚の代表で中華民国の実権を握った袁世凱や後継者となった段祺瑞の幕下に馳せ参じ、清朝の歴史を記した『清史稿』の編纂を主幹した。

 徳富を前に趙爾巽が「頻に日本の新聞か、自分を誤解し居る」と“不満”を口にしたということは、趙が自分を軽んずる日本に不満を持っていたということであり、日本は趙の政治家として実力を見限っていたということだろう。

 奉天にある清朝の王宮へ足を向けた。「宮殿の内部、寶物、及ひ四大書庫の一なる文溯閣を見物」している。「宮殿は朝鮮も、支那も、其の荒廢は同樣也。目下修繕中の由にて候得共、それも覺束なく存し候」。宝物は数あるが、やはり乾隆帝が勅命で編纂を命じ、清朝の総力を傾け、400人を超える学者を総動員して全土に残された書籍を網羅した四庫全書を納めた「文溯閣の戴籍」を目にしては、さすがに「快心洞目」せざるをえなかった。

 とはいえ文溯閣には長期にわたって人の出入りがなかったらしく、貴重な書籍には塵が堆く積もっていた。「塵埃の積る寸餘なるには閉口致し」ているが、ここで一転して、「支那にては、流石に四億餘の人口ある故にや、人間程廉價のものは、此れなく」と呟く。それというのも「斯る寶物庫や何やを見物するにも、役人やら油虫やら、ぞろぞろと左右前後より取り捲き、?々喋々の奇聲を發し、且つ名状す可らさる奇臭の包圍攻?には、閉口中の大閉口にて有之候」と。

  何にもまして繁文縟礼を旨とするだけに、清朝の役人が多くのお供を従えて案内したことだろう。態度物腰は慇懃のうえに慇懃ではあるが、ベチャクチャと喧しい限り。加えて彼らに入浴の習慣もなく、油の沁み込んだような厚手の衣裳を纏っている。「名状す可らさる奇臭の包圍攻?」には、神州高潔の民を任じていたはずの徳富ならずとも「閉口中の大閉口」と呟かざるをえなかったはず。
 
 次に向かったのが、清朝2代目皇帝ホンタイジ(漢字で皇太極)を祀る昭陵だった。
 
 奉天の城門を出る。「支那詩人の所謂る一坏土たる、土饅頭の墳墓と、且つ糞塊の堆をなす間を、用捨なく排進し、渺々たる廣原を過ぎ、鬱然たる森林中に入」ると、その先に昭陵が構えていた。「塲所と云ひ、結構と云ひ、奉天第一の見物」ではあるが、ここでも「支那の役人、若しくは小价等か、左右に附き纏ひ、大聲にて何やら分らぬ言を喋舌するには、聊か五月蠅からさるにあらす候」。案内する役人やらお供の下役の振る舞いが、よほど気に入らなかったに違いない。それにしても「糞塊の堆をなす間を、用捨なく排進」とは、想像するだけでもクサそうだ。

  18万の人口を称する「奉天は、流石に(中略)滿洲中の都會也」。「日本人の居住する者二千名、其の在留者は、概して六千名内外、軍人は其外に候由に候」。ということは、日本人滞在者は長期が2000人で、短期が6000人ということか。これに駐留軍人が加わっていたわけだから、やはり当時の奉天では日本人は一大勢力だったと考えられる。

  日露戦争が終わったとはいえ、「戰後の情態は、未た全く恢復したりとは、申し難かる可く候」。それは、「物價の格外なる不廉にて、明白に候」。物価の高止まりが「此儘にて永續するは、甚た面白からす候」。だから日清協同事業の声が挙がるのは判らないわけではないが、満州における日清両国民の信用と好意とが容易に得られない以上、「言ふ可きも、决して容易に行ふ可らさるかと察せられ候」ということになる。
次なる目的地は大連。
《QED》
    ◇○▽ヒ□◎◎イ○◎○ズ○○□ミ□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前々号で、米国はカーター元大統領を北朝鮮に特使として派遣するむねの打診がトランプ政権で行われているというニュースがありましたが、その後の動きはどうなっていますか?
 (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)英国のフィナンシャルタイムズがつたえたもので、その後、同紙に後追い記事がないようです。
政界の常識としては、政権の高官が情報操作の一環として、世論の反応を見るために打ち上げる観測気球かもしれません。そもそもカーター元大統領は癌を患っており、特使の任務を果たせる健康状態ではないようです。



  ♪
(読者の声2)4月28日の主権回復国民集会にでかけて、政治家、拉致家族会、ジャーナリストらの講話を伺いました。
とくに中山恭子さんの淡々と喋る姿勢、感動的でした。
 さて「主権」に関して憲法、国防、領土に言及があり、また赤池参議委員議員は「教育」の主権に関して触れた。
 その後に登壇された宮崎正弘先生は「主権は政治、軍事、文化に加えて『経済主権』のことを忘れていないか。経済にも主権があり、それは金利、通貨、政府紙幣、通貨供給量などを決める。英国は「通貨は主権である」としてユーロに加盟せず、経済主権をまもった云々と提言され、目に鱗でした。
 詳しく、このポイントを書かれた貴著はありませんか? あるいは、このメルマガのバックナンバーをご教示下さい。
   (HK子、川口)


(宮崎正弘のコメント)拙著のどこかに書いた記憶がありますが、ちょっと捜す時間がありません。しかしこれは持論なので、どこかに挿入していると思います。
 ともかく主権を四つのカテゴリーにわけ、政治は憲法、軍事は自主防衛と領土問題がからみ、文化は言語、教育とりわけ道徳教育が主権の現れ、歴史教科書もそうです。
 ややもすれば保守陣営の議論が、改憲とか防衛論議に流れ勝ちですが、文化にくわえて、「経済の主権」をいかに守り確立するかを論じる必要があります。
 毎年、4月28日に『春の憂国忌』として開催される『主権回復記念』の大会は、そうした意味でもたいへん意議深いイベント、ことし21回目でした。




   ♪
(読者の声3)日本文化チャンネル桜からのお知らせです。来る5月2日の「フロントジャパン」という番組で、キャスターの福島香織さんと、宮崎正弘さんの一時間のトーク番組があります。
 予定される議論は、北朝鮮を巡る中国、露西亜、そして韓国取材から帰国したばかりの宮崎さんが韓国の政治状況を語ります。
 ご期待下さい。
     (日本文化シャンネル桜)

     □◎◎ ○○▽ ○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 問題は、北朝鮮ではなく、ワシントンだ
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-5755.html

    ロン・ポールがトランプに「影の政府には気をつけろ」と警告
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12267537409.html

    人身売買業者が、告白ビデオで400人以上の子供を殺害したと認める
    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12266021038.html

    オランダの元エリート銀行家/投資家が内部告発:「聖なるミサ」「生贄の儀式」「ルシファー」 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=127150

     2017/5/2




  2. ○貴メルマガが報じる北朝鮮ミサイル発射方向の謎。北朝鮮への国連制裁決議履行を実行せんとし、国境付近に軍の大部隊を集結させるロシアへの牽制だろうか?筆者によれば、ロシアは即座に防空体制を敷いたという。米国東海岸に到達する核弾頭ICBMは、モスクワをも射程範囲に収める事になる。もしかすると、元カノ&叔父さん&側近&異母兄VX殺しの北朝鮮連続殺人鬼独裁者は、北朝鮮の生みの親、ロシア(旧ソ連)までをも脅迫、攻撃対象としているのかも。頭にのっけた黒電話、受話器にぱねぇデンパ受信中か?「変な声」や「妙な指令」がガンガン来てるかも。もう常人には分からない。平壌発北京行核弾頭特別超特急(仮称:カリアゲ1号)に続き、平壌発モスクワ行核弾頭特別超特急(仮称:カリアゲ2号)出発進行を目論んでいるのでは?悪夢の「火の海・三都物語」で「ソウル火の海」「北京火の海」で「モスクワ火の海」か?が、KGB出身のプーチン大統領を怒らせないほうがいいだろう。米国のように派手に騒いだり、日本のようにワーワーいうだけではなく、KGB流の対抗措置が静かにしかし確実に執行される。地下宮殿のトイレに隠れても無駄であろうに・・・。

     北朝鮮危機の中、いよいよ5月9日、韓国大統領選挙で韓国新大統領が選ばれる。前評判によれば、親北朝鮮派で自殺した元大統領の側近が有利だという。もしかすると韓国国民は、北朝鮮に併合されたがっているのかもしれない。もういくら攻撃されても、酷いテロをかまされても、ただ漫然と「民族同士」「反日千年」のカラから出ることあたわず。で、北朝鮮の人民と一緒になって北朝鮮連続殺人鬼独裁者に「バンゼー」を叫びたがっているのでは。あるいは「犬喰って 犬に喰われて 犬の糞(くそ)」、北朝鮮の野良犬の餌になったり、北朝鮮軍強制連行従軍慰安婦になりたがっているのかも。われら日本人には到底理解不能な心理状態か。で、あぁ愛するわが日本は・・・。この北朝鮮危機をまんまと政治利用している戦犯三世髭なしヒトラー率いる靖国ナチス内閣。何が何でも「憲法変更」からの超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)を目論む。いまどさくさに紛れて「教育勅語」「我が闘争」を学校教育教材とする閣議決定をなし、朝鮮半島からの移民難民大量受け入れの準備もする。おまけに「(大災害が)東北でよかった」本音を吐露する。その延長線上にある野望とは?単に「国家神道に基づく大政翼賛体制下の『神国・日本』」ではないのではないか?つまり、精神的にも成長過程にある日本の児童・生徒に「教育勅語」で「天皇の赤子」「臣民」としての自覚・意識をすりこみ、「我が闘争」でナマの「ヒトラーの思想」をマインドコントロール、「反ユダヤ」「反キリスト」「反英米」の「他人を殴れる人間」「兵士予備群」を大量に育成・養成、個人の自由や人権、思想や信仰を抹殺し、日本国民をして被支配種族、永遠の奴隷、民草にしようとしているのでは?日本人の思考と心を奪ったところで、崇拝の対象を天皇から北朝鮮独裁者に変更、すりかえて、流入する朝鮮半島からの移民・難民(なりすまし・武装難民等含む)のマンパワーともあわせ、日本丸ごと北朝鮮化を狙っているのではないか?いまも大震災の惨害に苦しみ、東電原発事故も終息の見通しも立たぬ東北を切り捨て、西日本だけで5000万人程度の「適正国家規模」による「ヤマト皇国」(仮称)を建国しようとしているのでは。対日復讐朝鮮政治勢力と長州謀略政治勢力による日本支配の永続化を企んでいるのかも。疑念が膨らむ。さらには、かつて大日本帝国の一部とされていた北朝鮮と、北朝鮮に飲み込まれる韓国ともあわせ、日本列島をして「東朝鮮」となし、今度は「大朝鮮帝国」にでもなるのかも。大日本帝国残置諜者国家・皇軍ラストバタリオン国家、北朝鮮の核兵器をそのまま流用、対米リベンジ核攻撃で百年戦争の決着をつけようとするかもしれない。もしそうなら、まさに狂気の沙汰である。再びの、そして永久の敗戦、廃土、焦土の運命が待っている。

     いずれにせよ、朝鮮半島危機は時間の問題である。日本は、大日本帝国への野望を潔く葬り去り、むしろ旧GHQが残置した「戦前」を超克、廃棄、廃絶し、“In GOD We Trust!”を国是とするイルミネイトされた日本へと新生するべきだ。暗い野望を持ち続けていれば、米国から信頼を受けることはできず、せいぜい補給艦の護衛どまりである(日本からの情報漏えいやイザのときの「後ろ弾」を警戒しているのだろう)。北朝鮮危機をとおして、日本の進路も正すべきだ。友愛の盟主、自由と人権の旗手である米国と、真の「兄弟」として世界の未来を開くべきである。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。



     2017/5/2


  3. 民進党のヒアリングに「組織の判断」という調子のよい言葉で田村室長を隠す組織(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/895.html

    NHK・籠池と田村のやり取りを完全書き起こし、龍作・マスコミに加計に触るなと圧力。無理な注文である。
    http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/900.html

    「そもそも」には「基本的に」という意味があるという安倍総理(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/889.html

    口だけ!一度も「任命責任」取ったことなし! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/864.html

     2017/4/30

  4. 北朝鮮は4月29日、早朝にミサイル発射実験を行った。
     平壌の北東、北倉から発射された中距離弾道ミサイルは「KN17」と米軍はみており、これは失敗したとはいえ、空母キラーという異名をとる。←宮崎先生、情報ありがとうございます。さらに、ロシアの対空防衛システムが稼働という情報にも眼から鱗でございました。感謝です。

     2017/4/30

  5. 公益を優先する社会にすることが、結果としてはより多くの人々を幸せにする
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-70ce.html

    中川八洋『小林よしのり「新天皇論」の禍毒』を読みました
    http://hoshuichiro.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-2b57.html

    建軍節はただの射撃訓練、でしたが・・・。
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235670

    365日の紙飛行機
    https://www.google.co.jp/search?q=365%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%B4%99%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiMx4Wc4MvTAhUJF5QKHW6rAzwQ_AUICSgE&biw=1097&bih=550#spf=1

    【画像あり】ロシア人「リプニツカヤ(リプ子)選手の最近の姿‥体重が42kgに激痩せ、身長は160cmに伸びスレンダーに」 海外の反応
    http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/49948028.html

    アメリカ経済史に見る通貨発行の意義(No.22)
    http://ajer.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/no22-c6e3.html

    日本から見た韓国併合2反日史観を糺す
    http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/kankoku_heigou2.htm

    狙われる日鮮混血児 / 朝鮮人との結婚は悲惨だ
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68626133.html

    【国民保護】弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A
    https://samurai20.jp/2017/04/sonaeyo-2/

    人を動かす
    http://booksmessage.seesaa.net/article/112575993.html

    血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
    http://www.long-life.net/newpage968.html

    慰安婦問題まとめ
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1245.html

    ワクチン成分をデトックスする方法 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11944025805.html

    日本に必要な歴史教科書は正しい歴史認識で書かれた国定教科書である。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/32248009.html

    錦華公園 
    http://www.ide-sign.jp/ochanomizu/info/8082.htm

    竹島の日 
    http://ameblo.jp/jjtaro/entry-10457706133.html

     2017/4/30


  6. <盛田隆二氏、NHKすごい。急に本気出し始めた。全部書き起こしてる>  「籠池前理事長と財務省幹部のやり取り詳細」 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/875.html

    国会関係者によると「加計学園には触るな」とマスコミに対して《 おふれ》 が出ているのだそうだ。  田中龍作
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/873.html

    じわじわきてます。森友学園問題(八木啓代のひとりごと)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/869.html

    森友疑惑からの不必要な「逃避外遊」! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/860.html

    「朝ナマ」で森本敏氏と初めて意気投合 「やるなら今しかない」  小林よしのり 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/876.html

     2017/4/30

  7. 何かあるとすれば27日以降だと思っていたので、このタイミングでの北朝鮮によるミサイルの発射は、驚くことではありません。金正恩の安全が確保されたタイミングで、これらのことが起こっているのです。“北朝鮮のミサイル発射は5時30分で、着弾までは6〜8分”なのに、“30分後に電車を止める意味”が全くありません。何もかもが茶番だということがよくわかる出来事です。
      金正恩が家族をウラジオストクに避難させることを決めて、家族は先に避難して、金正恩自身は27から28日の辺りで家族に合流したということだと思います。現在は、全員がスイスに逃れていると思います。彼らの避難をロシアが助けているのは、明らかだと思います。
      
      これまで、南北は統一されて、統一朝鮮の王族として金正恩は残ることになっていたはずですが、金正男氏暗殺事件によって、これはなくなったと思います。南北統一のシンボルとして選ばれるのは、キム・ハンソル氏の可能性が高くなったと思います。
      誰もが金正恩の排除を考えているので、将来的に南北が統一し、キム・ハンソル氏が統一のシンボルとして擁立されるという見方が、最も有力だと思われます。

     2017/4/30


  8. ミサイル飛んで来たけどまだ外遊する?共謀罪で金田大臣のコント答弁が酷すぎる(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/854.html

    議論一切通じず 戦後最低の凶悪、愚劣国家のやりたい放題 二極化・格差社会の真相(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/665.html

    原始的中世国家か<本澤二郎の「日本の風景」(2587) <世界に冠たる民主憲法軽視の官邸>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/701.html

    安倍ってまだロシアに疎開してんだっけ?(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-11028.html

     2017/4/30

  9. 我が平和ボケ政治やも朝鮮半島有事に際し生ずる難民受け入れではなく、海上封鎖をし我が了解進入者は直ちに射殺。チョンのゴミはサメのエサに、国内に巣食う在日および不法滞在者は強制送還テロ行為に走るパヨクは公開処刑。我が日本から非大和民族一掃の好機。
    以上

     2017/4/30


  10. 財務省の森友学園文書はやはり存在していた! 情報開示請求で黒塗りだらけの近畿財務局の記録が(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/857.html

    北朝鮮危機でゴマカシは効かない 森友疑獄に新事実続々 主犯・安倍夫妻、共犯・財務省(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/762.html

    音声データに関する財務省のバカバカしい答弁(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/850.html

    昭恵の旅費 90万円を国が負担! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/856.html

    森友問題の音声データ公開 財務省担当者が「特例」発言 日刊ゲンダイ ほか
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d16f21f3dc7196a2aae0cb309b804d64

     2017/4/30

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    5715人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事