トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み< あのマルフォートが中国企業の助っ人(ロビィスト)に

発行日:4/18

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)4月18日(火曜日)弐
        通算第5268号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あのマルフォートが中国企業の助っ人(ロビィスト)に
  トランプ大統領の対中国政策変化の兆しかも知れない
****************************************

 ポール・マニフォート。やや懐かしき名前だ。
 昨年初春に大統領予備選緒線で、ポーランド系の若者を選挙本部主任から降ろしたトランプは、悪名高きロビィストのポール・マニフォートを選対本部長として雇用した。
リベラル派のメディアは一斉に彼を叩く一方で、「これでトランプの当選確率はなくなった」などと書いていた。
 
 マニフォートはウクライナの親露政権ヤヌコビッチ大統領のロビィストを2007年から12年まで、つとめたほか、妖しげな外国政府、機関のロビィストとして活躍した。政治的経歴は古く、ニクソン選挙から頭角を表していた。

 トランプ選対にプリーバス(共和党全国委員長)や、スティーブ・バノンが加わると、マニフォートとの関係が軋みだし、16年8月の本戦最中にトランプはマニフォートを解雇した。

 そのマニフォートガ中国財閥七位の厳介和(ヤン・ジェィヘー)が率いる「中国太平洋建設集団」のロビィストとなった(フィナンシャルタイムズ、4月17日)。
 驚き桃の木山椒の木。

 中国太平洋建設集団と言えば、インフラ建設の大手、地方政府との契約で、代金未納が出始めると次々と訴訟に持ち込み、「建設業というよりも、代金回収屋か」と言われた。
中国の資本規制、金融規制の波をもろに被って、中国太平洋建設集団が請け負った六つの地方政府の物件の代金が回収不能となったからだ。

同社は海外のインフラ進出でもパイオニア的存在であり、ブルガリアや、ギリシアでの工事請負に積極的に進出を果たしてきた。
CEOの厳介和の個人資産は142億ドルと言われる。

さて問題は、トランプ陣営のトップをつとめ、ワシントン政界の闇を知り尽くしたロビィストが、なぜ中国太平洋建設集団のコンサルティングを請け負ったか。
中国側の狙いは、アメリカでのインフラ工事請負であるが、トランプ政権は、中国からの投資は歓迎するとしており、外交とは切り離して考えたい姿勢になる。

       □○▽ミ□◎◎ヤ○◎○ザ○○□キ□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため4月20日―27日が休刊となります!     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS ●読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)渡部昇一先生の訃報に接し、悲しみでいっぱいです。先生の憂国の至情はこれまでの言論活動が見事に証明しています。
 後に続く者として、先生の志を受け継いでまいりましょう。
   (MH生、多摩。HT生、大田区。ほか多数)


(宮崎正弘のコメント)渡部さんとの想い出はたくさんありますので、次号で追悼記を書きます。



  ♪
(読者の声2)北朝鮮にアメリカはミサイル攻撃をするか、しないかで賭がはやっているとか、日本の有識者の意見は80%が「しない」という予測らしいのですが、韓国では如何でしょう?
   (FG生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)まるでゲーム感覚ですが、トランプの過去の言動と、国内の人気回復の戦術からみて、起死回生になり、何もしないということはないのでは?
 韓国はおどろくほど楽観的です。街の表情にも軍事的緊張感はほとんどありませんでしたね。ただし、板門店ツアーだけはキャンセルになっていました。
        □◎◎ ○○▽ ○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

        □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため4月20日―27日が休刊となります    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 誰がどう関わったか 東芝と安倍政権の関係を解明すべきだ 金子勝の「天下の逆襲」(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/353.html

    安倍晋三首相と妻・昭恵夫人が、東京地検特捜部に刑事告発され、朴槿恵前大統領の二の舞(辞任→逮捕・起訴)になる(板垣 英憲
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/374.html

    粉飾まみれなのは日本だったつうね(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10978.html

     中国が予想外に好景気、というんだが、あの国は「民主主義」はないが、日本よりはよっぽど民主的な国で、為政者がちゃんと国民を見ている。あの国にも太子党と呼ばれる「世襲」の偉いさんもいるが、庶民から頭脳だけでのしあがる途もある。そうやって選び抜かれ、磨きあげられた超優秀な人間が国家の運営をやっているんだから、日本とは逆ですw 日本は、「安倍総理の外遊に同行しませんか?そう誘われて、安倍総理の原発トップセールスに同行した東芝幹部。その成果は会社消滅の危機」という、素晴らしい貧乏神・疫病神・死神の支配する神国ですw

     だからおいら、中国の政治家はみんな優秀だ、と言ってる。ネットで騒ぐネトウヨや、その劣化コピーのアベシンゾーには理解も出来ないレベルで優秀。習近平は徹底的に汚職追放をやった。共産党の偉いさんが独占し、海外に流れていた富を国家に取り戻した。その間、日本ではアベシンゾーが国家の富を仲間ウチで盗みまくっていた。中国には、制度としての「民主主義」がないからこそ、為政者は民衆の「意」を意識せざるを得ない。日本は、見せかけの「民主主義」ゆえに、為政者がどんな悪事を働こうが、「それが民意」で押し通してしまう。

     2017/4/19

  2. トランプの北朝鮮攻撃の意味:重要な日本の立場

    現在、日本と北朝鮮では断固たる行動が行われている。

     悪魔の奴隷ドナルド・トランプが北朝鮮に航空母艦群を派遣することを決定したのは、4月27日に行われる予定の北朝鮮に対する核攻撃の命令と関係している。

     先週、習近平が米国を訪問したとき、トランプは、なぜ中国が北朝鮮に断固たる処置をとらなかったのかと尋ねた。習は、北朝鮮と中国北部は、彼の影響が届かない軍事グループの支配下に置かれていると説明した。

    トランプは、イスラエルのために働くように脅迫されている以上もう長くないので、習近平は、ホワイトハウスと公式訪問の罠を避けた。

    だから、トランプは癇癪を起こし、中国と北朝鮮にメッセージを送るために、航空母艦を北朝鮮に向かわせるよう命じた。だが、どう考えようとも、トランプが戦争をしかけることは許されない。

    トランプが北朝鮮を攻撃しようとする本当の理由は、麻薬とエネルギーの収入が現在枯渇しているハザリアンたちが、彼らの主な金のなる木(2兆ドル以上の収入をもたらす)である日本の支配権を、今まさに失いつつあることと関係がある。

    その理由は、デイビッド・ロックフェラーの死が、日本の権力構造の一番上に巨大な権力の真空状態を作り出したからだ。 世界中のハザールマフィアの力を永遠に終わらせる鍵を日本に特定した。米国には約百万人のハザリアン悪魔崇拝者がいるが、日本は1,000人未満だと推定する。東京を支配している、東京タワー近くにあるCSIS本部、日本銀行、東京の赤坂にあるプルデンシャルビルが占領されれば、ハザリアンの日本支配を終わらせることができるだろう。これは彼らを破産させ、その結果、この惑星を覆う支配網全体が破滅されることになる。

    金融の解放をめぐって:キーマンであるキッシンジャー

     米連邦準備理事会(FRB)への攻撃は続いている。リッチモンド連邦準備制度理事会(Fed)の社長・ジェフ・ラッカーは地位を追われたが、一方、世界通貨のリセットを開始するためのコンピューターと不換通貨を作るためのコードが奪われた。

     へンリー・キッシンジャーが捕まり、ドル、ユーロ、円の創造のためのマスターコードを引き渡さなければ、米連邦準備制度理事会、日本銀行、EU中央銀行の物理的占有は無意味だ。だから、キッシンジャーの捕獲のために、広域指名手配が出されたのだ。彼が捕まり、コードが引き渡されれば、新しい時代に資金を提供するために何兆ドルものお金を利用することができる。

     キッシンジャーが戦後の日本の首相や政治家の殺害を命じてきた。

    キッシンジャーは南極の基地に隠れていると最後に報告されたので、特殊部隊が彼を捕まえるために向かっている。



     2017/4/18


  3. 【共謀罪】テロ等準備罪、計画を途中で中止しても処罰可能に!政府が答弁書を閣議決定!乱用の懸念も
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16388.html

    山でキノコを採るだけでテロリスト認定! 共謀罪のトンデモ本質を金田法相が国会でポロリ、大慌ての安倍は…(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/345.html

    死去したペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉!「いまの政権には戦争体験がない。戦争は絶対にだめ」(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/361.html

    安倍政権は反知性主義どころでなく法治を否定した“人治” 改憲論 ペテンを暴く(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/360.html

     2017/4/18





  4. ○開戦前夜の朝鮮半島。筆者、訪韓から無事ご帰国され、何よりです。「韓国はおどろくほど楽観的」「街の表情にも軍事的緊張感はほとんどありません」とのこと。やはり骨の髄まで「民族同士」の北朝鮮による詐術的プロパガンダが沁みこんでしまっているのだろう。あれほどのテロや軍事攻撃、挑発をかまされても、犠牲者が出ていても、それでも「楽観的」で「緊張感もない」とは。もうトホホな状況であり、北朝鮮の軍事的野望、共産主義の脅威に対しての警戒心を完全に喪失してしまっているのだろう。マムシの前のカエル状態というか、すっかり出来上がった茹で蛙状態である。仮に北朝鮮が「ソウル火の海」総攻撃を開始し38度線突破南侵してきても組織的抵抗ははじめからできず、ただもう逃げ惑うだけの烏合の衆であろう。屁のツッパリにもならぬ。あるいは、逆に逝っちゃっているのかも。「民族同士」の北朝鮮からの攻撃がいつあっても、同じ民族として甘んじて真正面から受け止めようとしているのかも。「よーし、ソウル火の海、上等じゃいっ、いつでも来い!一発残らずこの身で受け止めようぞっ!」そんな心意気かも。ならば北朝鮮独裁者が散々叩いてきた大口、「ソウル火の海」。この際、思う存分やってもらおうじゃないか。もう誰も止めはせぬ。ただ「民族同士」の韓国以外に迷惑をかけるのだけは絶対に止めよ。「誇り高き」朝鮮民族の名にかけて、自分たちだけで始末せよ。いずれにせよ、5月9日の韓国大統領選挙までは毎日がXデー候補日である。朝鮮半島で何が起きても慌てず騒がず、同盟国米国を全力で支え、朝鮮半島の大火、その火柱、きのこ雲をただ見守るほかはなかろう。

     そして、あぁ、愛する我が日本は・・・。北朝鮮戦争危機の裏側で大阪発疑獄事件を静定し、閣僚の失言も共謀罪を巡る議論も、原発再稼動も天皇退位問題も、自衛隊日報破棄疑惑も何もかも見事に隠蔽し、どさくさ紛れに『教育勅語』に続きあろうことかあのユダヤ人ホロコーストの思想的根拠となったアドルフ・ヒトラー著『我が闘争』を教育教材に使用することを閣議決定した、戦犯三世髭なしヒトラー率いる靖国ナチス内閣。また戦争危機を煽ることで「国家安全保障」を真正面から野党に問い、二重国籍疑惑党首を戴く野党を弱体化、ボロボロにもした。その一方で報道によれば、朝鮮半島有事の際、朝鮮半島からの難民(韓国国民・北朝鮮人民)を大量に日本に受け入れる準備もしているという。結局、やれ「日本人のホコリ」だの「美しい日本」だのと標榜し「ナチスの手口」で達成を目論んでいるのは、排外的日本至上主義に基づく超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家、ネオ大日本帝国)ではなく、そのものズバリ「日本丸ごと朝鮮化」、「朝鮮民族による日本乗っ取らせ」なのだろう。

     かつて朝鮮半島を併合し、朝鮮民族に創氏改名を強いてその名を奪い、強制移住で家族も地域もバラバラにし、日本語強制で言葉も奪い、朝鮮皇室断絶で心の拠り所・伝統を廃絶した、この日本民族に対する朝鮮民族の百年越しの復讐なのかもしれない。韓国も北朝鮮も関係なく、その民族の血にDNAに日本民族への呪怨と怨嗟が無意識有意識に刻まれているのでは。結局、数々の戦争犯罪を「なかった」ことにし、戦争無反省で過去と正対せずその罪過を清算してこなかった日本の、自業自得ということか。どれもこれも、旧GHQが残置した「馬鹿の檻」「傲岸の砦」、「戦前」のゆえである。残念な民度だった。

     万一、朝鮮半島有事なら、大量の避難民(含武装難民・ゲリラ・テロリスト等)が日本に殺到する。人口減少に転じている日本社会に、数千万人の朝鮮半島からの人々が流入すればドーなるか?日本の主権は遠からず彼らに奪われることだろう(既に奪われている?)。3Sにどっぷり浸かり、都合の悪いことはやれ「ユダヤの陰謀」だの「神の仕業」だのとし、絶対に『聖書』も「イエス・キリスト」も認めず、それでいて自分たちは「天孫民族」「特殊な民族」「神州」と心のどこかでうぬぼれている国民主権ならぬ国民棄権の日の本の世間様では、日本への復讐心に燃え、命懸けで人生と向き合い、激動を必死に生き抜こうとする新国民(朝鮮の人々)には到底太刀打ちできないだろう。今度は日本人が朝鮮風の姓名に変えられ、朝鮮の文化風習を強制強要され、朝鮮の野良犬の餌(糞)になるのでは?奢る平家も久しからず。日本列島が「東朝鮮」となる日が来るのでは?悪夢である。

     いま米朝が一瞬即発の時も「桜を見る会」で芸能人相手にノホホンとやにさがり、ホロコースト犠牲者はじめ過去、現在、未来のユダヤ人全体を侮辱しイスラエルを裏切る暴挙(アドルフ・ヒトラー著『我が闘争』の学校教材使用を閣議決定。なぜその政治的、外交的影響に思いが及ばないのか?本当に馬鹿というほかない。あの杉原千畝氏の偉業も、樋口将軍らの尽力もすべてを水泡に帰す歴史的国家的民族的大愚である。それとも政権中枢に巣食う北朝鮮工作員が日本の国際的信用失墜、日米離間を狙ってあえてこの時期にかましたのか?いまからでも遅くはない、直ちに取り消すべきだ!)をかまし、朝鮮半島難民大量受入を準備し、原発再稼働で核武装をも野望、何が何でも「ナチスの手口」で憲法変更を目論み、「共謀罪創設」で言論弾圧、集会結社の自由粉砕(やがて天皇をありがたがらず政府に抗うキリスト教会や宗教団体、NPOやNGO、政党も全部「テロ組織」に指定し、天皇や靖国を拝まぬ個人は「テロリスト」認定で大弾圧を加えるつもりだろう)を狙う恐るべき靖国ナチス内閣、長州謀略政治である。残念な民度だった。

     いずれにせよ、これが日本の、日本人の限界なのだろう。朝鮮半島危機は日本危機でもある。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。


     2017/4/18


  5. 大手メディアが隠す、安倍昭恵が見せる泣き笑いの異様な精神状態。まるで大麻を吸引しているような―― @花見会
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/318.html

    「安倍昭恵」と大麻 違法な大麻町おこしに心酔、前科者と“オカルト神社”参拝…(週刊新潮)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/307.html

    次はアキエの大麻疑惑だ!(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10867.html

     日本には「大麻吸引罪」というのがないので、いくら吸っても捕まりません。ただし、所持は罪になる。なので、そういう場(って、どういう場だよw)に行くと、やたら大麻を勧められるんだが、その場で貰って吸うのは捕まらない。持っていたヤツが捕まるだけw 変な法律なんだが、仕方ないw 元から日本では産業用の大麻が作られていて、戦前には取り締まる法律もなかった。戦後、GHQの指導で取り締まる事になったんだが、栽培は許可制になり、1949年には2万5千人、1954年には3万7313人が栽培の許可を得ている。それが現在ではわずか33人まで減った。言うまでもなく、なかなか新しい認可を出さないからだ。役所というのはそういうところで、カタチの上では「書類が整って、窓口で申請すれば認可します」となっていても、やってみるとうまく行かない。なかなか書類を受け取ってくれない。グダグダといちゃもん付けて、受け取らないw 嘘だと思うなら、大麻栽培の申請を自分で出してみたらいいよw
     ところが、この大麻栽培の認可を、わずか55日という短期間で取得した人がいるわけだ。その際、口添えしたのは神社。しかも、事業が始まると、そこを安倍昭恵が訪ねて来るんだが、そしたらあーら不思議、補助金まで出たというw もっともこの人、その後、吸引用の大麻を所持していて逮捕されているw 安倍昭恵も大麻、吸ってたんじゃないか? 吸っただけじゃ罪にならないしw

     2017/4/18

  6. 【半島脱出!)】日本人なら知っておくべき朝鮮人の暴虐の過去〜先人の財産〜
    https://samurai20.jp/2017/04/power-of-paper1/

    妹と飯食ってたら、彼女が現れてコップの水をぶっ掛けられた。俺「こいつ妹だよ?」彼女「言い訳とかいいから」
    http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/51091771.html

    対馬
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%AF%BE%E9%A6%AC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi0-cunxa3TAhVjj1QKHcOECnMQ_AUICCgD&biw=1280&bih=641#spf=1

    台湾・八田像損壊犯は元台北市議、沖縄独立運動にも関与する「中華統一促進党」所属
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4829.html

    萩尾望都のエッセイ集『一瞬と永遠と』美しい原画を用いた新カバーにて待望の文庫化!
    http://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20160507/Charapedia_20160507_11124891100001.html

    中村勝宏の魂の食対談
    http://ohtapub.co.jp/archives/books/nakamura2015/

    柳家喬太郎 江戸料理 平らげて一席 
    http://mritu47.hatenablog.com/entry/20130106/1358294133

    日本人はどこまでお気楽なのか? 「在日特権と犯罪」の現実を知れ
    http://ironna.jp/article/5970?p=1

    抜粋・・・・共謀罪と日韓断交
    http://blog.goo.ne.jp/resurrectionjapan/e/a4f8517b959edab5afb28d4fcd7fccbb

    インフル予防接種の直後に女性が敗血症で急死→当局はインフルによる死亡とし予防接種奨励 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12241849572.html

    日本人に韓国の民話を教える教科書。日本の子供達に教えるのは韓国の民話ではなく日本の神話です。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/32509254.html

    捕虜も婦女子も皆殺し!支那の非公開アンケート
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1354.html

    私の祖父は戦時中、朝鮮軍兵事課長をしておりました。朝鮮軍関係の従軍看護婦や従軍記者は私の祖父が判を押した身分証明書を必ず携行していました。がしかし・・
    http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/40296891.html

    元号廃止は皇室への憎しみ
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68618032.html

    PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
    http://www.tamapla-ichounaika.com/knowledge/pet.html

    琉球節 
    http://ameblo.jp/gf3ka3-me8ru/entry-11394257839.html

     2017/4/18

  7. トランプ陣営のトップをつとめ、ワシントン政界の闇を知り尽くしたロビィストが、なぜ中国太平洋建設集団のコンサルティングを請け負ったか。
    中国側の狙いは、アメリカでのインフラ工事請負であるが、トランプ政権は、中国からの投資は歓迎するとしており、外交とは切り離して考えたい姿勢になる。←本日も眼から鱗の情報、ありがとうございます。

     2017/4/18


  8. 天皇陛下の無念を激白したご学友明石元紹氏の勇気  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/333.html

    <共謀罪> こんな奴に精神の自由に踏み込んで来られる… 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/330.html

    安倍首相「通告ない質問を次々と」山尾氏にかみつく(カンペなしでは答えられないよ?)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/324.html

    誰も気がつかない間に次々、閣議決定! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/326.html

     2017/4/18

  9. 安部伸も朝鮮半島有事で難民対策としてかなりトロイことを言ってたが、なぜ朝鮮人の難民が境界線を越えた時には直ちに追い返すか、危険行為をした者には強制送還する。と言わない
    以上

     2017/4/18


  10. ≪Facebook調査≫ 安倍内閣の支持率 「支持しない」92.6% 「支持する」5.0% 大手メディア調査は虚構!?
    http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/773.html

    “口利きのデパート”安倍昭恵 「忖度官僚」を大量発生させた私人(週刊新潮)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/321.html

    佐川理財局長の虚偽答弁を証明する書類(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/316.html

    安倍政権が森友学園報道に激怒してメディア制限!?総務省の検討委員会、テレビ局側に厳しい方針か
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/314.html

    「ごまかされてはダメ」と室井佑月! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/322.html

     2017/4/18


  11. 森友理事長長女、「100万円寄付」偽証の声に反論(週刊新潮)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/331.html

    [JRPtelevision]森友学園の土地取得に関する2つの疑惑 と 「同和」に対する忖度 【前編】 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125208

    [JRPtelevision]森友学園の土地取得に関する2つの疑惑 と 「同和」に対する忖度 【後編】 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125251

     2017/4/18

  12. ●森友学園問題、改めて検証すると2人も死んでる!
    →辻元清美、北朝鮮スパイは怖い
    ▼「嘘証言した工作員を雇った田中造園土木の社長・秋山肇が死亡」まとめ
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/
    https://m.youtube.com/watch?v=7hBFlO4FgII

    ・籠池妻メール「工作員は関西地区生コン支部から送り込まれた。辻元清美が送り込んだ」
    ・田中造園土木は森友の工事を請け負った孫請け会社(藤原工業の下請け)
    ・作業員(工作員)「国に言われて埋め戻しした」と嘘の証言
    ・秋山社長「この作業員は3日しかおらず、非常に態度の悪いヤツだった」
    ・秋山社長「この作業員は連帯ユニオン関西地区生コン支部の人間だ」と暴露
    ・工作員の証言の翌日?に工作員を雇った秋山社長が死亡
    ・豊中市役所のトイレで首吊り自殺らしい
    ・医師は自殺と説明
    ・家族は心臓麻痺と説明
    ・警察は遺書がなく外傷もないことなどから自殺と断定。 
    ▼証言をした作業員も1週間後に死んでいるそうです。
    ご冥福をお祈りいたします。

     2017/4/18

  13. ●TBSサンデーモーニング 谷口真由美の発言「日本人が在日襲撃」
    谷口真由美「国同士の煽り合いやぶつかり合いをそのまま市民同士が持ち込まないということをやっぱり考えないといけないと思うんですね。だから今すごく気になるのは、例えば在日朝鮮人の人とか在日韓国人の人に対する差別とか偏見とかの増長とか、そういう人たちに対する襲撃とかそういうことが起こらないようにするために、我々一般市民は冷静にそういう人と付き合わなきゃいけないという事を肝に銘じなきゃなと改めて思います。」

    ▼余命氏の論評
    何回読んでも何を言っているのか理解ができない。国のぶつかりは国民のぶつかりであろうし、現状、在日朝鮮人とか在日韓国人に対する差別とか偏見とかいうのは単純なすりかえであって、もはや憎悪以外のなにものでもない。戦後、朝鮮人学校の生徒が日本人狩りをしたように、紛争当事国になれば在日狩りとか反日日本人狩りというような事件は当然起こるだろう。歴史は繰り返すのだ。
    戦後朝鮮人や共産党が繰り返してきた蛮行と事件を考えれば、何があってもおかしくはない。谷口真由美とかいう御仁はずいぶんすましたことを言っているが余命の周辺に在日や反日勢力を擁護するものは当然のことながら皆無である。現実は厳しいぜ。

     2017/4/18


  14. 春爛漫に「破廉恥でありつづける日本国総理大臣安倍晋三首相およびその夫人」−「桜を見る会」に観る厚かましくもみごとな狂い咲き
    http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1065553233.html

    北朝鮮がミサイル発射しても安倍首相はフィットネスに絵画鑑賞…危機を煽りまくった張本人が豹変(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/313.html

    なんという厚かましい夫婦なのだろう  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/254.html

    政権の裏で暗躍する「官邸のラスプーチン」 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/246.html

    今こそ立ち上がれ<官邸の怪人を追放せよ> 小野寺光一
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/1e0acf69339d43b37f94db06b4e7e668

     2017/4/18

  15. ●北朝鮮攻撃におけるアメリカのシナリオ
    兵頭二十八 http://ironna.jp/article/6309?p=5

    北朝鮮の工作員みたいな者たちがあちこちで叫んでいるような、38度線沿いの北朝鮮軍砲兵部隊による大規模な京城市街砲撃は起きない。なぜなら、そんなマネをすれば、韓国空軍機による平壌爆撃に米国がGOサインを出すと、平壌は知っているからである。

    今日の空軍機が運搬できる爆弾の重量は1回につき数トン。それに対して、射程の長い大砲やロケット弾の充填炸薬は、数十キログラムでしかない。破壊力でも射程でも、比較にはならないのだ。

    念のため注記しておこう。「北朝鮮空軍」なるものはとっくに存在していない。燃料が無く、パイロットの訓練ができず、したがって空軍機による空襲をしたくてもできないので、北朝鮮はやむをえない選択として、大砲やロケット弾や地対地ミサイルにばかり頼っている次第だ。現代の軍隊が、燃料油が無いのに「南進」などできないことも、いまさら説明するまでもないだろうと思う。短距離弾道弾や、中距離弾道弾は、平壌政府が終戦交渉の切り札として、山の中の横穴トンネルに、最後まで温存しようとするだろう。もちろん、「核爆弾」もだ。

    ところで、シリアとは違って、北朝鮮内にはロシア兵などの余計な邪魔者は存在しない。だから米軍は、巡航ミサイルで「目標A」群を破壊したなら、翌日は「目標B」群、その翌日は「目標C」群……と、誰にも気兼ねをすることなく延々と、巡航ミサイルによる攻撃を継続することができる。北朝鮮国内には、政治犯を強制労働させながら衰弱死に追い込んでいる収容所がたくさんある。米軍が巡航ミサイルでそれら施設の看守棟をひとつひとつ破壊すれば、内外に対して、これが「人道戦争」であることを明快に宣伝できるだろう。

    この、遠くの海からひたすら巡航ミサイルだけを撃ちかける「だらだら攻撃」が続く状態が、最大の打撃を与える対象は、じつは中共なのである。米朝が変則的ながらも常時の交戦状態となれば、黄海〜渤海を利用して通航する商船、なかんずく天津港の物流機能は、戦時国際法の要請とぶつかり、大制約を受けざるを得ない。

    米国と北朝鮮が交戦を再開することで、自動的に、中共から米国への輸出は半減する。東シナ海は「戦場の後方海域」となるので、世界の船員組合は「だらだら交戦」が終わるまで、同海域への乗務を拒否するはずである。トランプ氏の初志は、はらかずもこうして貫徹されるわけだ。

    こうなってはいよいよ中共も、金王朝の「転覆工作」を始動させるしかないだろう。それが、米国と北朝鮮との戦争を、意外にもスピーディに「決着」させることになるであろう。かくして、北朝鮮の核施設と核兵備に対して米軍が巡航ミサイルを発射することが、「金王朝終焉」への最短シナリオとなるのである。

     2017/4/18

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    7055人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    2876人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事