トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <金正恩斬首作戦はたしかに存在することを中国は実感した

発行日:4/9

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)4月9日(日曜日)弐
      通算第5261号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 金正恩斬首作戦はたしかに存在することを中国は実感した
  米国の北朝鮮単独爆撃に、中国は沈黙を余儀なくされるだろう
***************************************

 シリア空軍基地へのミサイル攻撃は、「戦果」としては疑わしい。
 59発撃って命中は僅か23発。滑走路には被害が殆どなく、翌日からIS空爆にシリア空軍は飛び立っている。
つまりシリア空軍基地に壊滅的打撃をあたえてはいない。

 しかし、軍事的成果より、政治的効果は激甚であった。
 中国首脳との夕食会最中にミサイル発射を習近平につたえ、マティス国防長官が具体的に説明した。だから反論の時間的余裕も、いやその準備もなかった中国側はそそくさと宿舎に引き上げた。

 通商交渉でも「百日計画」の策定を呑まされ、南シナ海で国際秩序を護れと言われ、いったいどこに訪米の成果があるのか、習近平は帰国後、鼎の軽重を問われることになるだろう。

 夕食会直前に政権の最終意思決定は、トランプの別荘でなされ、テレビ中継でホワイトホウスのオペレーションルームのペンス副大統領と繋がった。
会議にはティラーソン国務、ロス商務、ムニューチン財務、大統領補佐官と顧問四名が居並び、シリア空軍基地襲撃が決まった。バノン上級顧問が隅っこのイスに腰掛けている写真が配布された。
 
 問題は、このタイミングの選び方、まさに中国の反応ぶりをリトマス試験紙のように試したのではないのか。

 北朝鮮攻撃のシナリオは(1)金正恩斬首作戦(2)ミサイル基地爆撃破壊(3)核施設破壊。(2)と(3)の同時作戦などがおおまかに考えられるが、どれでもいつでも実行できる態勢は整っており、すでに米軍は600発のミサイルを配備している。しかも在韓米軍とは演習中である。

 中国は米国のシリア攻撃を目の前に見て、にぶく対応しただけで、もし北朝鮮に大規模な米軍単独軍事行動がおこなわれても、沈黙を余儀なくされる可能性が高いことが分かった。つまり中国の軍事的介入はない、とトランプ政権は判断したと考えられる。

 時期的には予想より早いかも知れない。
 北朝鮮が、もし核実験をおこなったら、48時間以内にミサイル発射が命じられる可能性は薄いとはいえ、存在する。
 朝鮮半島に戦雲高し。

□○○み□◎◎や○◎○ざ○○□き□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1553回】       
――「彼等の體力は實に野生である、獸性である」――(高瀬13)
   高瀬敏?『北清見聞録』(金港堂書籍 明治37年)

    ▽
 高瀬が「泥棒根性の支那人に盛なる」と口を極めたのは20世紀初頭の日露戦争前夜。それから110年余が過ぎたが、この間、あの時代この時代、あの局面この局面に起った様々な重大事を振り返ってみれば、高瀬の卓抜な警告を日本人が深刻に受け止めてこなかったことが改めて悔やまれる。

 今となっては遅きに失した感がなきにしもあらずだが、やはり間違いを改めるに憚ること勿れ。大声で正面切って面と向かって啖呵を切ることも仲間内だけで盛り上がる必要もないが、高瀬の見方を心ひそかに拳々服膺すべきだと強く思う。とはいえ国際政治において「泥棒根性」は「支那人に盛なる」だけではないことも、また肝に銘じておくべきだ。かつてミャンマーに独裁者として君臨したタンシュエも、「中国との関係は保身のため以外の何ものでもない」「永遠の敵とか永遠の友人とかいうものは存在しない」「中国が好きだから仲よくしているのではない」と、口にしているではないか。(『ビルマの独裁者 タンシュエ  知られざる軍事政権の全貌』べネディクト・ロジャーズ 白水社 2011年)

 高瀬に戻るが、「利を好むものには隣人なし、唯己あるのみ、豈に國家あらんや、國民あらんや。わが輩が支那に國家なしといふは之に外ならず」と続けた後、「利を以て集まるものは、また利を以て散ず」とし、とどのつまり列強諸国も利が失せれば「別の利の在る處に就」くだけで、清国という「國家の存否は彼等の問ふ處に非ず」。だから、このままでは「支那亡國」となってしまう。

  そこで「今の時に當りて、支那國民の中堅ともなり、支那國民を奮起せしめ、支那の國家を改革して、東洋の天地に大帝國を建設すべきは、彼の讀書人」でなければならないにもかかわらず、「彼等の腦中、唯だ利存するのみにして、毫も愛國の大精神、愛民の至情なきこと」は甚だしいばかりだ。その原因を考えれば、やはり「支那人の遲鈍なる神經是なり、支那人の懶惰なる是なり、支那人の腐敗是なり」。

  日本と前後して「支那が西洋各國と接觸し」たはずだが、「その西洋の文明を感知し、之を輸入し、之を利用するの點に於て、支那は確に三十年遲れたり」。現在は「維新當時の徑路を經過しつつゝあり」とする考えがあるが、「その眞相を觀じ來れば」、「支那人の頑夢は頑乎としてなほ覺め」てはいない。それというのも、「保守的文明の中に保育せられて、數千年の久しき時間を經過し來りたる支那人の腦髓は、既に保守的に固結化石して、その神經極めて遲鈍、容易に他の刺擊を知覺し能はざればなり」。

「或著者が支那人の特點を擧げ」て「従順にて人に抗さざるを以てその一」と語っているが、彼等の従順は美徳から生まれたものではなく、「意氣地なき餘りの従順にして、毫も美徳とするに足」りるものではない。

 また「或る種類の支那人は」「傲慢自尊、徒に邊幅を修飾し、以て自ら高うし、以て人に跨らんと」する振る舞いが見られる。たしかに「自尊もまた人間の美?なり」とはいえるが、「支那人の自尊は、その心靈の奥より湧き出でたるものに非ず」して、「唯?榮を喜び、傲慢を喜ぶ心靈の病的現象」でしかない。しかも「今は早やその痼疾となり、靈的神經萎靡し盡して、容易に他に高尚なる精神を受容すること能はざるものとなり了れり」。「神經の既に固結している支那人」であればこそ、「仁慈の心の彼等の中に存ずる」わけはなく、「支那人の仁愛は自己の外に及ぼす」ことはない。だから、たとえば「眞晝中に憫むべき老婆の、死して街上に?はるあるも、之を顧みるものさへ」ないことになる。

  かくして「支那人民の慈悲心なきは」否定しようがなく、ゆえに「支那に人民保護の政府」はありえないし、あったとしても「無頓着もまた甚だしい」に違いないと説く。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎さんが『エルオネス』誌に書かれた南米の紀行文にアルマジロが出て来ましたが、まさか触らなかったでしょうね。アルマジロは最近日本でペットとして人気がありますが、ハンセン病の宿主となります。
 農林水産省がなぜあんなものの輸入を許可しているのか不思議です。
 人に感染するのは極稀で南米で野生のアルマジロに触った場合だけではないかと思っていましたら、CNNで最近米国での感染が増え、フロリダ州では三週間に一人の割合で人間に感染しているとのことでした。
以前、日本でワイルドドッグをペットとして飼うことが流行していましたが、このことを知った米国の国立公園の野生動物監督官が、こんな危険なものを飼うことを許可していることに驚き、日本政府に手紙で危険を知らせてペットとして飼うことが禁止されました。
 ワイルドドッグは凶暴なだけではなく、ペスト菌の宿主となります。日本の医者はペスト患者なんか見たことがないから正しく診断できません。
うつされたらイチコロです。監督官庁である農林水産省の官僚なんてそんなものです。
 マスコミも以上のことを知ってか知らずか能天気にアルマジロが日本でペットとして飼われている場面を時々報道しています。何とかならないのでしょうか。
   (ST生、千葉)
        □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため4月13日―17日が休刊となります  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店。1080円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 石平 『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 和田議員「辻元はテロリストから間接的に支援を受けて」「テロリストを支援している」

    報道特注(右)【辻元疑惑追及SP 後編】
    深い闇!関西生コンと衝撃の関係 野田中央公園のウラ
    足立康史 和田政宗 SPゲスト有本香
    https://www.youtube.com/watch?v=7hBFlO4FgII 


    報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】
    足立議員 和田議員 山口敬之緊急参戦
    https://www.youtube.com/watch?v=rffEETlqUQI

     2017/4/10

  2. 北朝鮮と生コン、小沢一郎、辻元清美 
    http://2ch-tamo.chu.jp/archives/16617
    https://matochan.net/th/1180627

    26: 栓抜き攻撃(茸)。 [US] 2017/03/27 14:04:03.16 ID:Mt5zI3670
    997 :名無しさん@1周年:2017/03/26(日) 13:30:26.91 ID:WKw1Cx8Y0
    ああ、生コン業者と北朝鮮ね
    北朝鮮から砂利を輸入してたんだよ
    山口組が仕切ってさ

    それを禁輸措置にしたのが安倍・スガだからね

    724 :2017/03/27(月) 01:40:58.032 ID:IXkBQkVc0
    北朝鮮砂利利権は、金丸 竹下 野中あたりがやってた利権。
    小沢一郎で有名になった水谷建設だっけ?あれも砂利利権に関わってるって言われてなかったかな。
    砂利利権関連にはゲルの名前も出てくるね。
    それを安倍さんたちがぶっ潰したの。

    75: ファルコンアロー(広島県)。 [CN] 2017/03/27 14:13:42.89 ID:HaOKIxh70
    >>26
    安倍ちゃん見えないところでもGJしてるなぁ
    そりゃ民進は降ろしたいはずだわw


    622 :名無しさん@1周年:2017/03/28(火) 07:26:20.66 ID:x3AD3IRH0.net
    要するに電通と川砂利利権が
    反安倍で共闘したのが
    今回の結果だった訳か


    99 :名無しさん@1周年:2017/03/28(火) 07:17:25.80 ID:PfOQj8sv0.net
    今回の件では政府もかなり手間をかけさせられてる訳なので、工作に加担した同和と朝鮮には
    罰を与えないと納得いかない。
    空転した国会も調査にさいた人員の日当も
    我々の税金ですので


    115 :名無しさん@1周年:2017/03/28(火) 07:17:45.60 ID:6wDpz24D0.net
    辻元共謀罪に該当するんじゃねw


    409 :名無しさん@1周年:2017/03/28(火) 07:22:43.54 ID:7/D1M4zoO.net
    辻元工作員と関連団体の
    森友問題捏造事件の真相をしっかりと理解し、
    家族内に知らない人がいたらキッチリと説明しましょう

    辻元工作員を共謀罪逮捕者
    第一号にしましょう

     2017/4/10

  3. ■民進党と北朝鮮・同和利権

    野党は森友学園問題で法案を潰すつもりが、逆に「辻元清美と北朝鮮との繋がり」が暴露されそうで大慌て。
    辻元の支持母体の「連帯ユニオン関西地区生コン支部」は中核派繋がり、辺野古にも関わっていて、
    キャラバンカーにはハングルも。
    http://com21.jp/modules/cpress/topics/labor/solidarity

    生コンといえば必須なのが砂と砂利。
    北朝鮮の砂利利権といえば小沢一郎や金丸信でしたがいまも民進党で繋がっているのですね。
    http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1180.html

    豊中の土地はもともと同和地区で産廃の処分地だったとか、
    同和利権と在日利権がからむ面倒な土地で国としても早く処分したかった


    1996年に大阪の堺市で発生した O-157集団食中毒事件では、菅直人がカイワレ大根に原因を押し付けましたが、動物の排泄物由来の大腸菌がなぜ水耕栽培のカイワレ大根から検出されるのかの説明もなく多くの農家が大損害を受け、破産、自殺が相次ぎました。
    当時、関西の食肉関係者から聞いた話ではO-157は牛肉に決まっている。食肉業界のドンといわれるハンナンの浅田満が圧力をかけたのだ、ということでした。
    福岡空港の赤字も松本龍の同和利権によるもの、中部空港の工事でも浅田満が関わっていたと言われています。

     2017/4/10

  4. 教育勅語について簡単に見てみましょう。

    1親孝行しましょう
    2兄弟姉妹仲良くしましょう
    3夫婦仲良くしましょう
    4友情を育みましょう
    5言動を慎みましょう
    6他人にも優しくしましょう
    7勉強しましょう
    8知識は大切ですよ
    9良い人になりましょう
    10仕事に励みましょう
    11法律は守りましょう
    12国に危機が迫ったら国のために力を尽くそう
    以上、私(明治天皇)も守るので国民のみなさんも努めていきましょう。

    うん。これで戦争になるという理由がよくわかりませんね。
    http://ttensan.exblog.jp/23970931/

     2017/4/10


  5. <この法案が通る前にドンドン騒ぎましょう!>2017年4月6日、共謀罪法案廃止を求める山本太郎議員の演説、冴えていた!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/765.html

    船田元 「教育勅語」を教材に、に違和感 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/761.html

    NHKで大暴言、憲法読めない高村副総裁が露呈―自民党改憲草案のデンジャラスさ 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/746.html

    安倍晋三にピンチが来ると北朝鮮がミサイルを発射するのはなぜか 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/780.html

     2017/4/9

  6. 金正恩斬首作戦はたしかに存在することを中国は実感した  米国の北朝鮮単独爆撃に、中国は沈黙を余儀なくされるだろう←シナは、強い米国には沈黙することを実感いたしました。日本を舐めてるのは拳法9条があるからですね!

     2017/4/9



  7. 東芝崩壊の元凶・原発ビジネスの裏に今井首相秘書官の存在が! TPPも一億総活躍も安倍首相に入れ知恵する“影の総理”
    http://lite-ra.com/2017/04/post-3056.html

    痛快 報ステ出演・井上達夫東大大学院教授の解説が快刀乱麻で拍手喝采!トランプ、安倍、今村、稲田、金田をバッサバッサ斬り捨てる!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/742.html

    加計学園疑惑の全体像が見えてくる動画 国民が知れば「安倍政権はひとたまりもない」 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125863

    [板垣英憲氏 ほか]安倍晋三首相は「300億円」で「森友学園問題」を解決、近々に「内閣改造→辞意表明→内閣総辞職」の手順で退陣!! 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125733

    官房長官機密費で森友学園事件の解決を(隠滅)を進行中している奴ら 亀井静香 野中広務 村上正邦 菅官房長官【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 森友学園事件 2017/04/07(@YouTube) 
    https://www.youtube.com/watch?v=deqY2jBMAok

     2017/4/9




  8. ○貴メルマガが伝える、北朝鮮斬首作戦の存在。筆者ご指摘のとおり、米国単独爆撃断行でも中国は沈黙を余儀なくされるだろう。本気の米軍の、本気の猛攻撃の前になす術もなく指をくわえて見ているだけ。思えば、昨年の米国大統領選挙で日本の多くのジャーナリストや評論家、コメンテーターらが「トランプ当選、ありえない」としていた中、筆者は冷徹に「トランプ大統領誕生」をいち早く分析されていた。いま北朝鮮危機を巡り、再び多くのジャーナリストやコメンテーターらが何らの根拠もなしに「米軍攻撃ありえない」とそれぞれに「自分の感想、願望」を垂れ流している。が、筆者ご指摘のように軍事作戦は「時期的には予想よりも早い」のでは。北朝鮮核実験強行が米軍総攻撃開始のオートスイッチでは?それが斬首作戦(作戦名・仮称「黒電話」)なのか、灰燼作戦(作戦名・仮称「シン・プルガサリ」)なのか、分からない。問題は、攻撃後の後始末である(「首なし北朝鮮」or「木っ端微塵北朝鮮」をドーするか?)。傍観しただけの中国には何らの発言権もないだろう。むしろ南シナ海人工島が次のターゲットになり、中南海はパニック状態だろう。北朝鮮壊滅が中国政変、共産党壊滅の扉を開くのでは。無害化された旧北朝鮮領土の分捕り合戦が起きぬよう、今のうちから朝鮮半島統治スキーム(例.38度線から鴨緑江までを「東アジア平和サンクチャリー」に)を準備しておくべきだ。特に、このところ判断が鈍りつつあるロシアの暴走(火事場ドロボー)をゆるさないで欲しいものだ。

     いずれにせよ、北朝鮮崩壊カウントダウンは止まらない。これから何が起きても慌てず騒がず、日本は同盟国米国を全力で支えこの未曾有の国家的危機を乗り越えるほかはない。日本に神(GOD)のご加護を。もう祈るしかない。



     2017/4/9

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事