トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み< 虎視眈々と介入機会を狙うのはロシア、北はふたたびロシアと険悪

発行日:3/31

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月31日(金曜日)弐
        通算第5248号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 虎視眈々と介入機会を狙うのはロシア、北はふたたびロシアと険悪
   中国はどこまで本気で、この重大問題への解決協力をしめすのか?
****************************************

 トランプは2016年の米国大統領選挙中、「北朝鮮問題をどうするのか?」と問われ、「金正恩と一緒にハンバーガーを食べながら、歓談し、核問題を解決したい」とツィッターに書き込んでいた。

 ややのんびりした発言も、当時、北朝鮮は米本土のとどくICBMの発射実験には成功していなかったからだ。激怒するのはフロリダ州での安倍首相との会談中に、北が四発のミサイルを発射したためで、夕食途中に、安倍首相と一緒に記者会見に現れ、「米国は100%日本を支持する」と改めて表明したほどだった。

 ロシアのメディア「スプートニク」(3月29日)によれば、米国が北朝鮮との対話にロシアに仲介を呼びかけているという。
 ロシアの「ポストソビエト研究センター」のゲオルギー・トロヤフ(東アジア諸国部長)は、「国際舞台でのロシアの役割は日々高くなってきており、重要な仲介役を引き受ける可能性はある。しかし具体的な要求もなく、まして北朝鮮は『韓国統一省など解散した方が良い』などと公言している状況であり、北は韓国統一省を『ならず者集団』呼ばわりしている」。
 つまり仲介の労をとる積極姿勢はいまのところ、クレムリンにはない。

 表面的な宣伝合戦、にせ情報による陽動、世論操作、情報誘導など、ロシアは中国、北朝鮮と同様に諜報戦争に長けた国である。KGBは解散したが、その後継組織FSBは、以前のKGB同様にちゃんと機能している。
 そのうえで、ロシアは対北朝鮮戦略をおおきく転換させた。

すなわち、米朝の二国間会談は認めず、中国、韓国、日本をくわえて六者協議には渋々出席したが、つねに様子見に徹して、これまでは主導権をとろうとしなかった姿勢を転換したのは2014年だった。
 
 ソ連崩壊後、ソ連科学者の一部が北朝鮮へわたった核開発に協力したが、「それは26名であり、2000年までに全員が帰国している」とロシア外務省はのべているものの、すでに北朝鮮籍にかえた旧ソ連科学者が残存しているというダークサイドは明らかにされていない。 


 ▼2014年からロシアの態度が変わった

 ロシアが北朝鮮への積極的アプローチを急速に再開したのは2014年だった。同年二月のソチ五輪に金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長(国会議長に相当)が出席し、プーチン大統領と会見している。
これが直接的な露朝関係の復活となった。
 
その後、玄永哲・人民武力相(当時)が二度、モスクワを訪問して、ロシアとの軍事関係の緊密化を話し合った。
 時期的には北朝鮮政治の中枢にあった張成沢の処刑(2013年4月)に激怒した中国が北朝鮮への経済支援を縮小した直後だった。ロシアはこの機会に便乗した。長期的にみても、ロシアが朝鮮半島に介入してくることは不思議ではない。

 また張成沢粛清に立腹した中国は習近平がソウルを訪問するという破天荒な外交に舵取りを切り替え、平壌は平常心を失いかけていた。
このタイミングでロシアは平壌にぐんと近づく。じっさいに中国は2014年1月から4月まで北朝鮮への石油供給を停止していた。これは中国税関の統計で判明したもので、日本のメディアは重要記事として伝えなかった。

 そのロシアが路線修正、北へのアプローチを本格的に復活させた。
 中国とのバランス、西側への牽制という政治的意図は露骨だが、もう一つはクリミア併合で国際社会から非難をうけて孤立したときに北朝鮮が賛成にまわったからだった。

 世界史の主要プレイヤーとして復活したロシアは、周辺諸国すべての関係を見直し、優先順位をきめて戦略的行動を日々具体化しているということである。

 プーチンは訪朝の予定も組んでいた。そのうえ、過去の110億ドルにものぼる対北借款の九割を免除するという寛大な措置をなして、金正恩を喜ばせた。

 ネット通信の「ロシアNOw」(15年7月2日付け)によれば、ロシアが北朝鮮に近づく理由は、ロシア科学アカデミー・東洋学研究所、朝鮮モンゴル部長のアレクサンドル・ボロンツォフがいうように、「ロシアの全体的な東洋への転向、朝鮮半島も東アジアにロシアが融合する重要な要素であり、トランポリンのようなもの」だからだろう。


 ▼北朝鮮の埠頭を咀嚼、鉱山開発、鉄道網の拡充

ロシアも中国同様に北朝鮮の鉱物資源に目を付けており、ロシアの港と北の羅津港は航路で結ばれており、すでにいくつかのプロジェクトを実施している。埠頭の一つは既に49年契約で借り受けており、ロシアへの航路、あるいは鉄道を繋いでシベリア鉄道を使えば貿易ルートも拡充できる。
ロシア経由で西ヨーロッパに向かう貨物線を活用するべきであり、またロシアはガスパイプライン敷設プロジェクトなどの計画をオファーしている。

また北朝鮮からみても、中国からの援助を切られたら、次のロシアを頼るしかない。
 米国はロシアも加わっての六者協議で、しばしばロシアをないがしろにしようとし、不快を表明したロシアが距離をおいたこともある。その心理を掴んだ。

 あきらかに北朝鮮の意図はロシアを中国とのバランスを取る材料として外交活用することになり、露朝関係の発展は中国とて警戒して観察するだろうが妨害はしないだろうと言われた。

 再開がぐらり揺らぐのは2015年4月、親露派の代表格として二回訪ロした玄国防相が処刑され、そのうえ、モスクワでの対独戦争勝利式典に、出席意向をちらつかせながら金正恩が土壇場でキャンセルしたことだった。
親露派だった玄永哲(ヒョンヨンチョル)人民武力相(国防大臣に匹敵)を処刑するという乱暴な遣り方に激怒したうえのドタキャンという小賢しい仕打ちにクレムリンは堪忍袋の緒を切った。

 金正恩からすれば、金日成がおこなったように、権力基盤の確率過程で独立派、親中派そしてソ連派を粛清し、独自路線をかためたように、部内の政敵排除こそが、政治生命の安定に繋がるのだ。

 そして2016年になって、また状況が激変した。同年1月6日、北朝鮮は「水爆実験を行った」と発表したからである。
 ロシアはただちに国連に『重大な違反である』と日頃と反対の立場を鮮明にして北朝鮮の行為を糾弾した。

 ただし、北の「水爆実験」という宣伝は眉唾もので、2013年に行った核実験場と殆ど同じ地区で実験が行われており、爆発の震度も、規模も同じだった。
軍事専門筋によれば「水爆とは言えない」(原爆と水爆はまったく違う。広島・長崎程度が原爆であるとすれば水爆は、もし、東京におとされたとすれば、半径250キロ全域が消えて亡くなる)


 ▼水爆実験成功というのは宣伝であり、嘘くさい

 北朝鮮の過去三回の実験では原爆を保有したことが明確になったが、「四回目は小型化の技術を得るためのものであり、実験成果を誇張している」とロシアの科学者等は異口同音に批判した。

 実験をくりかえすことで、北朝鮮は核の小型化、ついでミサイルへの搭載能力を身につける過程での実験である。北の核武装は、リビアや旧ユーゴスラビアがNATOの空爆をうけても為す術がなかったが、原爆さえあれば、西側の無制限の空爆が行われることは考えにくい」
 この間に在韓米軍は、ひそかに家族を非難させる訓練を行っていた。

 現時点で、ロシアは北朝鮮制裁を傍観しているのではなく、かなり厳しく規制をかけている。
たとえば2017年3月、ウラジオストックの税関は北朝鮮の人間が、現金3万3840ドルを、国外に持ちだそうとしていたのを発見し身柄を拘束、現金を押収した。ロシアは300P0ドルの現金持ち出しに許可が必要で持ち込みも1万ドルである。

 容疑者はウラジオストックなどの建設現場で働く労働者の賃金をまとめて北朝鮮に持ち帰ろうとし、ウラジオストックから平壌へ向かう高麗航空に登場しようとしていた。
 国連決議2270も、北朝鮮への多額の現金をもちこむことを禁止している。北朝鮮の銀行への送金は完全に封鎖されている。

 2016年にも北朝鮮のハッカーがバングラデシュ中央銀行の口座に忍び込んで、9億ドル余を搾取し、海外へ送金しようとした未遂事件がおきた。 
 キャッシュ不足という究極の状況の陥った北朝鮮は次に打って出る手段は何か?

      □○○み□◎◎や○◎○ざ○○□き□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)トランプ政権ははやくもガタガタ、政権運営、この先があやしいと米国メディアが大騒ぎ、支持率急落、オバマケアと葬れず議会との関係もギクシャク。このまま自壊するんでしょうか?
 しかし米国のリベラルはメディアが報道してトランプ叩きをしているだけなのか。
 どういう見極めが必要でしょうか?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)リベラルなメディアの報道は以前より過激にして、過大で、而も自分たちに都合の悪いことは報道しない。不法移民がカリフォルニアで九歳の女子生徒を強姦した事件など、意図的に報じていませんね。
 どんな些細なことでもトランプを批判する記事は書く。なんだか森友学園で、安倍首相を連日批判しているどこかの国のメディアそっくり。
 一番大事なこと、それは トランプがいまやっているのは政権のなかに巣くう敵のあぶり出しです。メディアに情報を漏洩したスタッフを探し出しており、これが終わってから副長官以下の人事に手をつけ、陣容の強化をはかる予定です。
 フリン補佐官がモスクワの高官と電話していた。まだ就任前の越権行為。でも考えてみても、フリンは休暇を取ってドミニカにいたのです。その電話のなかみを知っていた? 米国の情報機関が盗聴していたわけで、フリン批判は同時に自らの盗聴行為を証明したことになる。前代未聞の醜聞でしょう。
だからトランプは情報機関と敵対しているのですが、政権内の内通者を炙り出し、そのために様々な頭脳プレイがホワイトハウスで展開されている。
 
 さて、公約のオバマケアを止めるという懸案事項ですが、ライオン下院院内総務が頼りなく、また議会共和党のヘルスケア案は、トランプが想定しているアイディアとはおおきな距離があるため、いったんは引っ込めたと見ておくと良いと思います。
 エジプト大統領との会談のあと、習近平との首脳会談ですが、習はトランプの別荘には泊まらず、しかも前日にはフィンランドに立ち寄って、訪米だけが目的ではないというジェスチャーをしますが、腹の底は見え透いています。
 米中首脳会談は予定通り開催されるとすれば、北朝鮮問題で相当突っ込んだ話し合いになるでしょう。
 どうやらトランプは本気ですね。北朝鮮に対して、あっと驚く行動を取る日が近いと推測しております。
       □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★大好評発売中 ↓ 宮崎正弘の最新刊二冊 !!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317537/
  (定価税込み994円。↑)
 ――4月6日に訪米する習近平は強敵トランプとの交渉で、多くを引き出そうとしている。南シナ海も、尖閣、沖縄も一歩も譲歩する意思はない。ところがアメリカは当面、北朝鮮の核ミサイルを前にして中国との直接対決は避けるだろう。
中国は景気後退、バブル破産が秒読み、暴動が各地で起こり治安が悪化した。
 しかしトランプ政権の政策が議会の反対で座礁しつつあり、両者矛盾を抱えたまま、東アジア外交に熱意を入れることができない。こうした状況で日本はどうなるのか?
 
  
♪♪♪
宮崎正弘新刊 
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
 定価1080円(税込み)。 
      ◎□▽□◎◇□◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. <菅野完氏、「籠池潰しても無駄やで」> 籠池の手紙「ノートは多数。ノートは全てスキャンされ、あちこちにバックアップ」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/363.html

    【森友学園問題】籠池ノートの存在が発覚!赤旗がスクープ、政権とのやり取りを記載している可能性も!
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16139.html

    傑作な、籠池氏の習慣 おおお、おお〜と叫んでいるだろう、官邸の焦りが目に見えるようだ 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/347.html

    安倍の罪状は、国民に対しての侮辱罪(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10885.html

    ところで、財務省から出てきた書類がのり弁だらけだというんだが、学校名までもが黒く塗り潰されていて、その「文字数」が「安倍晋三記念小学校」でピッタリというw そら、黒く塗るわw つうか、学校の認可申請も、土地のディスカウント交渉も、「安倍晋三小学校」の名前を振りかざしてやっていたんだろうw 忖度とか、そんなナマヤサシイもんじゃねーぞw

     2017/3/31




  2. ○貴メルマガが報じる、対北朝鮮を巡るロシアの深慮遠謀。もちろん、あのときどこからか連れてきた一人の男(金生虫)を抗日の英雄に仕立て上げ北朝鮮という独裁国家を作り上げたのは旧ソ連スターリンであり、北朝鮮の生みの親はほかならぬロシア(旧ソ連)である。が、度重なる累代の馬鹿に、いよいよロシアの堪忍袋の緒も切れたのか?特に三代目の勘違いは目に余る。このまま放置してもロシアのため(利益)にならないと判断しているのだろう。が、本来「北朝鮮製造責任(脅威PL責任)を負うロシアは、自国の手を汚すことなく、米国と韓国の血で北朝鮮を始末させようとしているのでは。で、北朝鮮崩壊の暁には毎度の火事場ドロボー、「ロシアの権益確保」「在北朝鮮ロシア国民の保護」等を名目に、満を持してロシア大戦車軍団が突入してくるのでは?あるいは「人道支援」と称し休暇を利用した多数のロシア軍人が「一私人」(プライベート、ボランティア)として、白く塗った軍用トラックや白迷彩の戦車で大挙駆けつけるかも?また北朝鮮の育ての親中国共産党も黙ってはおらず、あの6.4血の天安門事件で労働者や学生らを蹂躙、踏み殺した大戦車軍団で鴨緑江渡航、平壌強進突撃させるのかも?いま独房入りの韓国バックレ大統領に代わり、韓国軍トップが全軍を指揮、38度線突破北進、新シルミド作戦執行を命ずるかも?あぁ無残、北朝鮮、四分五裂の慘。北朝鮮独裁者一味や権力者らは逃げるのに精一杯だろう。中には独裁者を裏切って独裁者の首を土産に米韓に寝返ろうとする者が出たり、核兵器はじめ大量破壊兵器をイランやハマス、アルカイダやIS等に売り歩く者も出てくるだろう。もうてんやわんやの大混乱である。

     来月早々、米中首脳会談で何が話され、何が密約されるのか?米国の握った北朝鮮の超極秘情報(北朝鮮による対中国奇襲核攻撃作戦、習金平体制転覆クーデター計画、米朝戦争を触媒とした米中戦争による中国壊滅計画等?)に習金平ら中国指導部は真っ青になるのでは?「オタクがやるか、ウチがやるか、いま決めてくれ」「オタクがやるならいつまでにやるのか?」「ウチがやるとき文句言うな!」的なぶっきらぼうなやりとりか?習金平帰国後、中南海で親北朝鮮派人脈粛正か?中朝国境封鎖、石油禁輸、贅沢品輸出禁止、ピンハネ賃金運搬禁止・・・、締め上げてからなりすまし北朝鮮部隊投入か?朝鮮族出身の中国人民解呆軍特殊部隊を編成、数週間程度の厳しい断食、倒れぬ程度の減量でそれっぽく北朝鮮軍の雰囲気を出しつつ、それなりの格好をさせてステルス複葉機アントノフ弐型で北朝鮮領内に侵入、「斬首作戦」(作戦名「黒電話」(仮称))執行か?それとも、はじめから核ミサイルの飽和集中攻撃で灰にするか?中国の決心とは?いずれにせよ、米中首脳会談の真っ最中にかまされるであろう(?)北朝鮮核実験が、朝鮮半島ぶんどり合戦、ヨーイ、ドンッ、号砲となろう。日本は、同盟国米国を全力で支え、この未曾有の危機を乗り切るほかない。

     いま政権中枢を巻き込む大阪発政治スキャンダルテロも、かまされた「ご・め・ん」カウンターが作用しつつあるようだ。もうしばらくすれば、国民主権ならぬ国民棄権の世間様もあきあきし忘れ去るのでは。今後も執拗にかまされるであろう、野党(与党内協力者・内応者を含む)を用具化しての日本世論分断、政治決断阻害、日米分断、自衛力不完全行使を狙った北朝鮮工作機関(永田町支部・官邸支部?)による政治スキャンダルテロを速やかに察知、探知し、北朝鮮の野望を喝破し、破壊殺傷工作活動を完全粉砕、防圧してほしいものだ。日本に神(GOD)のご加護を。もう祈るほかない。


     2017/3/31

  3. いよいよ2次朝鮮戦争の勃発、そこで海上封鎖で日本領海周辺に機雷を仕掛け万一に備え我々は銃で武装する必要がある。
    以上

     2017/3/31


  4. 【森友学園問題】籠池ノートの存在が発覚!赤旗がスクープ、政権とのやり取りを記載している可能性も!
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16139.html

    傑作な、籠池氏の習慣 おおお、おお〜と叫んでいるだろう、官邸の焦りが目に見えるようだ 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/347.html

    国会で「子どもの言い訳」をするな!(simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/344.html

    安倍の罪状は、国民に対しての侮辱罪(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10885.html

    ところで、財務省から出てきた書類がのり弁だらけだというんだが、学校名までもが黒く塗り潰されていて、その「文字数」が「安倍晋三記念小学校」でピッタリというw そら、黒く塗るわw つうか、学校の認可申請も、土地のディスカウント交渉も、「安倍晋三小学校」の名前を振りかざしてやっていたんだろうw 忖度とか、そんなナマヤサシイもんじゃねーぞw

     2017/3/31

  5. ホメオパシーの原理を聞いたとき、「これは西洋の漢方だ」と直感した。その東西の理論は、あまりに似通っている。まず、ホメオパシーで用いる治療薬(レメディ)は、次の3つの天然物から生成する。!)植物、!)動物、!)鉱物である。

     まさに、漢方と同じである。漢方では草根木皮から動物、昆虫から薬石まで自然界のあらゆる物を漢方薬として用いる。東洋医学では、患者の気エネルギーを高め、病気を治す。漢方で言う気は、ホメオパシーで言う「バイタル・フォース」そのものである。だから、レメディは西洋の漢方薬なのである。ホメオパシーは毒蛇までレメディにする。これもマムシやハブなど毒蛇も薬として用いる漢方とまったく同じである。

     レメディの作り方は、直物原料と、それ以外で2通りある。

    (直物原料にするレメディの作り方)

    !)直物は細かく刻んでアルコール水につけて「原液」を取る。

    !)「原液」1滴に「アルコール水」99滴でうすめる。100倍液→「ポテンシー」(IC)

    !)容器を強く「振とう」する。

    !)ICの液1滴に99滴のアルコール水を加える。(2C)

     このプロセスを繰り返し必要なポテンシーまで高める。(ポテンタイゼーション)

    !)完成した「レメディ」を「丸薬」「粉薬」「軟膏」などにする。

     「ポテンシー、1C」を2Cにすると、元の濃度の1万分の一になる。3Cでは100万分の一、4Cでは1億分の一となり、濃度が薄まるので効力も弱まると誰でも考える。ところが、逆に「レメディ」の効能は高まるのである。つまり、「溶液を強く振る」ことで、元来の効能は水に記憶される。最近、「水は情報を記憶する」と言う事実が証明されている。科学的に、水に情報が写ることを転写と呼ぶ。

     ホメオパシーの溶液「振とう」と言うダイナマイゼーションは、バイブレーションによって波動情報が水に転写されている。

    「我々は、今やCDやDVDを転写して複製コピーを作ることがある。音や映像の波動情報の記憶は転写で増幅される。レメディの持つ波動情報もこうして転写されていくのである。だから、分子すら存在しない超希釈濃度でも、レメディは効果を発揮する。こうなると、量子力学レベルの科学の再構築が必要となる。

    (直物以外を原料にするレメディの作り方)

    !)原料1に糖100の割合で混ぜてすりつぶす(トリチュレーション:1C)

    !)これを3回(3C)まで繰り返す(原料割合は100万分の一)

    !)直物と同じやり方でポテンシーを高める。

     *原料を1対10の割合で希釈したものは「10倍法」(デシマル・ポテンシー)と呼ばれ、単位をXで表す。

     それにしても波動医学は、最先端コンピュータやセンサー開発で、ようやく解明されてきた分野である。1700年代のハーネマンにとっては、手探り状態の研究であったはずである。それでもハーネマンは実験を重ねこう断言している。

    「自然のままでは不活性な物質(塩や石英など)も、『振とう』処理を行うと『薬効』が生じる」

     またも漢方を想像する。漢方医は、処方する素材を特殊な臼(薬研)で、ゴリゴリとすりつぶして粉末にしている。これはホメオパシーの振とう効果に通じる。

     このダイナマイゼーション効果は、現代科学の「アルントシュルツの法則」(ホルミシス効果)を反映している。

    「ある物質を生物に多量に投与すると致死的な場合があり、中程度なら活動を抑制し、少量なら活性化する」 イースト菌の反応がそうである。この菌類にヨウ素などの毒物を与えた場合、「極めて薄い」濃度では、成長は刺激される。しかし、「中程度」溶液では、成長が抑制され、「濃い濃度」では死滅してしまう。ホメオパシー効果は単細胞レベルでも出現する。


     2017/3/31


  6. <至急大拡散>松井知事「今日の立入調査の結果によって大阪府警に告発する」 犯罪捜査のために行政調査は違法 郷原信郎
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/356.html

    民進党に森友疑惑を解明する意志があるのかー(植草一秀氏)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/336.html

    マスメディアは一切報じていないが、主要穀物種子法と農業機械化促進法が廃止された。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/354.html

    655.印象操作に騙されるな!
    http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-885.html

    贔屓の引き倒れ(geneumiのブログ)
    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12261001782.html

     2017/3/31

  7. どうやらトランプは本気ですね。北朝鮮に対して、あっと驚く行動を取る日が近いと推測しております。←きわめて重要な情報に感謝します。それと、政権内に工作員がいてその焙り出しをしている、どこも大変ですね。安倍政権にも工作員がいそうですね・・・きになります。

     2017/3/31


  8. 籠池証人喚問でウソがばれた以上、安倍氏は約束通り辞任するしかない:隠れ核武装派の正体を見せた似非右翼・安倍氏は核兵器至上主義者・ネオコンの影に怯えている 
    https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36623832.html

    安倍首相が籠池を「高く評価」した意味! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/338.html

    「(昭恵夫人は)渡したに決まってるやんか」と豊中市議 国会前集会(高橋清隆の文書館)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/339.html

    靖国はA級戦犯専用の魂のゴミ箱(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/a.html

    これは、戦後最大の政治スキャンダルです。燃やすのにも時間がかかる。大量の燃料が必要w 燃料の薪をせっせと割っているのは女房のアキエなんだから笑えるがw

     2017/3/31

  9. 自発的に刑事告発をされる方が現れて来た。外患罪は、見せ球であり決め球である。有事があれば決め球になり、有事が無ければ見せ球として使える。徐々に敵を追い込む際にも使い勝手が良い。
    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18404279.html

    野生動物の戦い
    http://www.tokagetarou.com/yasei.html

    辻元清美
    http://netgeek.biz/archives/94426

    日本に居住資格がある在日韓国人は1世と2世だけで、3世以降は日韓条約による永住者では無い
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5e7bb178aaff398934d178703d936a86

    台湾「日本の統治は偉大だった」 日本統治時代の台湾を映した貴重映像に感動の声
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2238.html

    小沢一郎 北朝鮮
    http://www.moeruasia.net/archives/49575237.html

    民進党・福山哲郎、口利きが発覚wwwwwww 
    http://matometanews.com/archives/1847623.html

    河村市長頑張れ&支那軍と支那人の特徴及び南京陥落前の大混乱
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1152.html

    赤旗強制購読問題・続々続報
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2330.html

    平成26〜27年シーズンのインフルエンザワクチンの副反応の纏め
    http://satouclk.jp/2015/12/post-67.html

    新編懐古的洋食事情3
    http://lbn.hizuki.lomo.jp/?eid=792649

    『この世界の片隅に』片渕監督に「もの凄い“嫉妬心”しかない」。『機動戦士ガンダム』富野監督は「すず」をどう捉えたのか?
    https://ddnavi.com/news/358637/a/

    ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ ・・・(3)
    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170323.pdf

    典範奉還と宮家復帰の関係について 
    http://ameblo.jp/sangreal333/entry-11195168379.html

    耳をすませば 聖蹟桜ヶ丘
    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%80%B3%E3%82%92%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%81%B0+%E8%81%96%E8%B9%9F%E6%A1%9C%E3%83%B6%E4%B8%98&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj_gZei4f3SAhUQ32MKHYijCbAQ_AUIBigB&biw=952&bih=217#spf=1

    コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな 
    http://min-voice.com/do-a-neutral-fat-medicine-drink-1815.html

     2017/3/31


  10. 【至急大拡散】今日の大阪府の森友学園への立入調査、松井知事が、「今日の立入調査の結果によって大阪府警に告発する」と発言。行政調査を「犯罪捜査」のために行うと明言するもので違法。拒否に対して罰則の制裁がある行政調査には「犯罪捜査のためのものと解してはならない」との制約がある。
    https://twitter.com/nobuogohara/status/847592325819781120

    相当焦っている維新、真相暴露で維新も安倍政権も終わり 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125129

    自民の思惑外れ…怪しくなってきた籠池理事長の「逮捕」(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/346.html

    自民はささいな事件というが、国家トップ夫妻の疑獄事件である。(かっちの言い分)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/350.html

     2017/3/31


  11. 82年入省組に共通点 「森友」解明阻む悪徳財務官僚の源流(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/318.html

    【森友問題】8億円の値引き根拠崩れる…専門家「3メートルより深い部分は天然の堆積物であって、9.9メートルの所からゴミが出て来ることなどあり得ない」 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125286

    昭恵夫人が当初から小学校建設に関わっていることを示す写真 / 安倍一族は逃げ切る腹づもり、離婚も視野に 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125293

    つまり最初から昭恵が噛んでんじゃねえか(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10880.html

    ストリートビューで確認したらたしかに小学校建設予定地で撮影した写真だな >>1 

     2017/3/31


  12. 当事者ことごとく否定 安倍首相が辻元議員攻撃でまた墓穴(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/327.html

    辻元清美の“スパイ”とされた作業員が関係を否定し安倍支持者であることを告白! 産経と安倍はデマ拡散の責任を取れ(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/334.html

    いわれのない辻元清美攻撃、安倍首相とその周りのネトウヨ脳は想像以上で(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/330.html

    【要保存】ネトウヨ&産経と一緒に「辻元デマ」に飛びついちゃった人一覧(安倍・三原じゅんこなど)
     http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/28585

     2017/3/31

  13. ●辻元清美疑惑を報じた、大手ブログ「保守速報」などがDoS攻撃【サーバーテロ】を受けた!
    中山なりあき(中山成彬)@nakayamanariaki
    籠池夫人とのメールで昭恵夫人の寄付はなかったことが分かったが、同じメールで辻元清美議員の疑惑が浮上して民進党は火消しに大わらわだ。マスコミに報道しないよう頼むに至っては何をかいわんや。辻元議員といえば東北大震災の義捐金(ぎえんきん)3600億円の使途の責任者だった筈だが、報告はなされていたか?
    ●DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、ウェブサービスの妨害攻撃であり、意図的に過剰な負荷をかけたりするサーバーテロである。

     2017/3/31

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事