トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <中国の外貨送金規制強化で海外プロジェクトに暗雲

発行日:3/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月31日(金曜日)
        通算第5247号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の外貨送金規制強化で海外プロジェクトに暗雲
  となると「一帯一路」(シルクロード構想)は危なっかしいナ
****************************************

 中国の大風呂敷は数々あれど、こういう詐欺まがいの遣り方も近年は顕著となった。
 例のジャカルタとバンドンを結ぶ「インドネシア新幹線」プロジェクトを、日本から横取りして融資も付けますと言いながら、いざ昨年にスタートしてみると、工事開始から一年以上を経過してガツンと行き詰まり、おそらく中断に追い込まれるだろう。

 この醜態は中国が造ってみせると豪語した「ニカラグア運河」挫折の二の舞である。ニカラグアは香港の請負業者の資金繰りが続かず工事中断のままとなっている。パナマ運河を凌駕する新運河、なるほど世紀の法螺話だった。

 さてジャカルタからバンドンまで実地踏査して地勢を調べ、完璧なフィージビリティスタディを三億円かけて作成し、その詳細で精密な報告書を日本側はインドネシア政府に提出し、入札は間違いないと言われた。
このプロジェクト調査が開始されたのはユドヨノ前政権時代だった。
 
ジョコ新政権となって、締め切り直前に応札してきた中国は、日本が作成した報告書とほぼ同じものの中国語を提出し(インドネシア語の翻訳版はなかった)、強引に割り込んだ。なぜ日本の報告書がかれらにわたっていたのかは、ミステリーである。

ともかく土壇場で日本を蹴飛ばして中国に寝返ったインドネシア政府としては、いまさら日本に再依頼はできず、また日本側も企業連合は解散しているから、再び受諾する気持が萎えてしまった。
国際入札の難しさは技術や金融条件も大事だが、その国の政権にいかに食い込むかである。

ジャカルターバンドン間を走る列車は、筆者も四年ほど前に乗ったことがあるが、揺れが激しいけれども沿線風景は起伏に富み、風景が豊かである。
田園、山岳、渓谷をぬけ、五時間ほどかかるが、旅愁を誘う旅ができる。率直に言って平行したバス路線もあり、新幹線は必要ないように思えた。

第二の都市バンドンは美しい学園都市である。
またリゾート地も兼ねており、のんびりした町を歩くと辻々に画廊があったり、時間の流れもゆったりとしている。洒落れたカフェ、画材屋。大通りを女子学生が談笑しながら通っていく。
下町へ行くと猥雑で、並べられた商品も殆どが中国製だった。

1955年、このバンドンでアジア非同盟会議を開催したのは当時のスカルノ大統領だった。その国際会議場はいまも観光スポットとして保存されており、観覧自由。スカルノの蝋人形がある。

このジャカルターバンドン新幹線の工事遅延は、土地の買収が進んでいないため中国が融資の実行をしないからだと理屈が述べられている。

当初、土地収用予定価格は1億5000万ドルだった。総工費51億ドルの75%を中国の開発銀行が用立てる約束だった。しかし案の定、買収予定地は計画を知った地主らが、値上げ期待のため売却に応じないうえ、起点の駅、操車場予定の土地にはインドネシア空軍基地がある。


 ▼中国からのドル流出がとまった?

裏の理由は中国が外貨流出を防ぐため、5000万ドル以上の物件を許可しなくなったことが挙げられる。
外貨による貸し付けは中国が自慢する対外債権になる筈だが、中国の切迫した外貨準備状態から判断すれば、貴重なドルを何年も寝かせられないというわけだ。

中国の外貨送金規制強化で海外プロジェクトに暗雲が広がり、世界各地でプロジェクトが頓挫しはじめた。こうなると習近平の唱える「一帯一路」(シルクロード構想)は危なっかしい。

インドネシアに当初、中国が示していた条件は五年据え置き、超低金利だった。だれがみても採算は取れない赤字プロジェクトを、習近平の鶴の一声で国有企業が受注するのは上から絶対的な命令だったのだ。


 ▼ジャカルタの渋滞緩和にMRT

近年、急速なモータリゼーションの波にのまれて、交通渋滞に悲鳴を挙げるインドネシアは、とくに首都ジャカルタにMRTを建設している。27キロの環状線である。
どちらかと言えば、首都のMRT建設のほうが、2019年に再選を控えるジョコ大統領にとっては優先課題である。

いま工事完成が間近いのはジャワ島横断ハイウェイで、こちらは英国が請け負ったこともあるが、1997年のアジア通貨危機に遭遇して中断され、20年ぶりに完成に漕ぎ着ける。

 もう一つ、目玉プロジェクトして浮上してきたのがジャカルタースラバヤ間685キロを結ぶ高速鉄道プロジェクトだ。
これもまた日本がフィージビリティスタディを済ませており、現在12時間かかっている路線を五時間にする近代化工事。
総工費250億ドル、沿線の988の踏切を立体化する工事も含まれ、ファイナンスを如何にするかが大問題だという。

      □○○み□◎◎や○◎○ざ○○□き□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1548回】            
   ――「彼等の體力は實に野生である、獸性である」――(高瀬8)
     高瀬敏?『北清見聞録』(金港堂書籍 明治37年)

   ▽
高瀬は「東北西に手を擴げて、之を一握せんとする露國」、「東方に立脚地を定めて、山東の大半島を割有せんとする獨逸」、「中部以南の沃野千里、その富を竊取せんとする英佛」などの「外より來る打?」がなくても、「清國は早晩滅亡を免れざるなり」と説く。

 「早晩滅亡を免れざる」わけは、「精密なる國家の定義を以てすれば、今日に於て既に清國なき」からであり、そこに存在するのは国家ではなく「唯舊慣固結して神經遲鈍、利己の念盛にして腐敗壞亂せる四億の人民あるのみ」であるからだ。

 表面的にみるなら、「支那人は勤勉にして倦まず、節慾にして飲食に耽らず、堅忍にして能く事に耐へ、商賈にして信用を重んじ、團結心に富みて能く共同の事業を爲すことを得」るが、「其の外皮を擺剥してその眞相を見」れば、「その利得の念の盛にして、其の思想の野鄙吝嗇なること、廣き世界に於てまた支那人に及ぶもの」はいない。
それは商人も労働者も高位高官に共通する。いわば「支那全體を通ずる國民の性格なり氣風」であり、それゆえに彼らの血液の色は「銅色」「銀色」「黄金色」ということになる。

勤勉は「利を得んがため」、堅忍も「唯利慾のため」、節慾は「浪費せんことを恐れ」るためということになる。商人が敏なのは「利に忠なるが故」であり、信用を重んじることも団結心に富むことも「また皆な算盤玉より割り出したる利?心の發展に外ならざる」のである。

 「支那人と相對して試みに會談」してみれば判ることだが、彼らは「貴君の帽子」からはじまって洋服、靴など目に付くものはなんでも五月蠅いばかりにしつこく値段を尋ねてくる。そんなことは「吾が國民の氣風よりすれば」失礼であり恥でもあるが、彼らは一向に平気なのだ。この一例を引いて、高瀬は「支那人の頭腦に、金錢なる思想の、深く浸染せる」ことを説く。

 「彼の諸般の勞働に從事するものを見」れば判ることだが、「敝衣蓬髪、惡食を喫し、淤泥を被つて、毫も意とする所なく、能く苦艱を忍びて勞働するは」、ただ小銭を手にしたいからだ。だが本当は怠惰なのだ。だから彼らを「督勵し、之を鞭撻するに非れば」、勤勉でであるわけでも労働意欲に溢れているわけでもない。

 以上に加え、高瀬は彼らが極めてケチである点を挙げる。たしかに人口が多いから生計の維持が困難だろう。そこで「彼等が儉嗇の情また憫むべからずや」となるわけだ。

 「支那の官吏が賄賂を貪り、租税を私する」ことは周知の事実であり、その原因に発給が挙げられるが、じつは「彼等の性質に於て既に利慾心あり、盗心あり」。だが、この悪癖を一掃することは困難である。なぜなら人民の膏血を絞れるだけ搾り取ったうえに、まだ搾り取ろうとするからであり、「一國の重きを負擔しながら」も「賄賂を貪り、租税を私する」者が後を絶たないからである。「實に言語道斷の極といはざるを」えないが、これまた「支那人の特質」なのだから、マタナニヲカイフベケンヤ、であろう。

ここでまたまた林語堂を持ち出したい。
  林は「収賄汚職は人民にとっては罪悪であるが、家族にとっては美徳である」と“定義”し、さらに「中国語文法における最も一般的な動詞活用は、動詞『賄賂を取る』の活用である。すなわち『私は賄賂を取る。あなたは賄賂を取る。彼は賄賂を取る。私たちは賄賂を取る。あなたたちは賄賂を取る。彼らは賄賂を取る』であり、この動詞『賄賂を取る』は規則動詞である」と断定する(『中国=文化と思想』講談社学術文庫 1999年)

 「支那人の特質」で「家族にとっては美徳である」なら、彼の国ではトラもハエも不死身というわけで、習近平政権のトラ・ハエ退治もそろそろ息切れ・・・でしょうか。
《QED》


(宮崎正弘のコメント)台北の北郊外、陽明山の中腹に林悟堂記念館があって、数年前に見学したことがあります。林が使いこなした旧式手動の英文タイプとか、書斎、洋装の写真などセピア色の展示がしてありました。
貴文を拝読しながら、そのことを思い出しました。

    ▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)韓国で慰安婦像を撤去しないばかりか、こんどは強制労働で日本につれてこられた労働者の像を建てるとか。
 五月の大統領選挙は極左の親北派がなりそうですが、そうなると日韓関係修復どころではなくなりますね。
   (BN生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)事大主義の過激路線、韓国を直すクスリはなさそうです。付き合わないのが一番ですが。。。
       □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★大好評発売中 ↓ 宮崎正弘の最新刊二冊 !!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317537/
  (定価税込み994円。↑)
 ――来月に訪米する習近平は強敵トランプとの交渉で、多くを引き出そうとしている。南シナ海も、尖閣、沖縄も一歩も譲歩する意思はない。ところがアメリカは当面、北朝鮮の核ミサイルを前にして中国との直接対決は避けるだろう。
中国は景気後退、バブル破産が秒読み、暴動が各地で起こり治安が悪化した。
 しかしトランプ政権の政策が議会の反対で座礁しつつあり、両者矛盾を抱えたまま、東アジア外交に熱意を入れることができない。こうした状況で日本はどうなるのか?
 
  
♪♪♪
宮崎正弘新刊 
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
 定価1080円(税込み)。 
      ◎□▽□◎◇□◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. <至急大拡散>松井知事「今日の立入調査の結果によって大阪府警に告発する」 犯罪捜査のために行政調査は違法 郷原信郎
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/356.html

    相当焦っている維新、真相暴露で維新も安倍政権も終わり 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125129

    昭恵夫人が当初から小学校建設に関わっていることを示す写真 / 安倍一族は逃げ切る腹づもり、離婚も視野に 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125293

    自民はささいな事件というが、国家トップ夫妻の疑獄事件である。(かっちの言い分)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/350.html

     2017/3/31


  2. 森友疑獄もう一つの唖然 首相の資質このレベルでいいのか(日刊ゲンダイ) 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/332.html

    誰もが思ったはず あなたの女房がやらせたんちゃうの? 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/328.html

    ≪『しんぶん赤旗日曜版』スクープ≫首相夫人付から籠池氏に「昭恵さんにお電話いただいた件ですが」の電話があった!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/309.html

    りそな りそな りそなー(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10877.html

     今の安倍政権は、カネで買った政権。壺売って、麻薬売って稼いだ、先祖伝来のカネをバラ撒いて自民党の国会議員を買収して首相になった。総裁選は公選挙ではないので、買収が罪にならない。カネの足りない石原はカネで負けた。世論もカネで作るというのが、アベジョンイルの手口。評論家を買収し、ネットはジサクジエンで支配する。
     その、「世論支配」がうまく行ってないので、アベジョンイルは焦っている。支配下の統一協会メンバーが、一人で数百のIP切り替えて書き込んでも、それを上廻る反対派が反論してくるw

     2017/3/31

  3. 支配層の悪魔崇拝儀式は、遠い昔から地球上の至る所で、秘密結社によって行われてきたのです。旧約聖書を見ると、旧約の神とイスラエルとの契約は、イスラエルの民が悪魔崇拝に陥らないようにということだったことがわかります。イルミナティの高位階者は、ソロモン王を高位の魔術師として敬意を払っています。
      ユダヤ人の中にソロモン王を憎む人たちが居るのは、このためです。エルサレム王国は、その後分裂します。
      こうした事柄を考慮すると、悪魔崇拝はずいぶん古い時代からずっと続いていることがわかります。悪魔の世界は恐怖による支配であり、人類を奴隷支配することが目的のように思えます。彼らがターゲットとして子供を選んでいるのは、この目的を実現しやすいからだと思います。最終的には、マイクロチップを埋め込んで、奴隷化を全人類に拡大する予定だったと思われます。
      ローマ・カトリックはペドフィリア・スキャンダルの母であります。現在、邪悪な悪魔崇拝儀式がイルミナティによって行われていることがよく知られていますが、イルミナティはイエズス会の命令によって、アダム・ヴァイスハウプトが作り出したものなのです。イエズス会が、悪魔崇拝をローマ・カトリックの内部で密かに続けてきた事に、疑いの余地はありません。

     2017/3/30


  4. <今治発・アベ友疑獄>加計キャンパス建設 元外務副大臣の親族会社が受注(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/294.html

    <桜井充議員、加計学園疑惑追及>「首相と理事長の関係が有利に働いたのではないか」 安倍首相「獣医師会の要請」と嘘答弁!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/187.html

    首相“お友達大学”で補助金トラブル、千葉・銚子市長選で「水産・獣医学部」新設話も〈週刊朝日〉
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/205.html

    第2の森友と言われる加計学園も官邸が関与か 一族への利益誘導疑惑まで 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125175

    654.従来からの日本の「特区」と「国家戦略特区」はどのように違うのか?
    http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-884.html

     2017/3/30

  5. 試し腹
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1143583/a43a4nbbv7obbv8na4k0l8c0a1a28c0a4a4a4bfa4a4a1aa/1/32863
    http://brief-comment.com/blog/koreanincident/18595/
    http://sound.jp/sodaigomi/dorei/kankoku/tamesihara.htm
    http://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11296086406.html
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1.html
    http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/396433791.html
    http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/440505872.html

     2017/3/30


  6. 加計学園と安倍首相の深い関係を示す、一枚の写真を公開しよう 「40年来の仲」で「腹心の友」(現代ビジネス)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/313.html

    森友疑惑問題の主犯は昭恵夫人より安倍首相本人である  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/311.html

    3月28日、参院決算委、斎藤嘉隆(民進)質疑 「晋三が産経新聞の『辻元議員』云々のデマを引き合いにして逃げる」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/321.html

    「なぜそれをしない?怪しい」と室井佑月! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/320.html

    チャウシェスクかカダフィか(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10881.html

    Youtubeで朝堂院大覚の番組を見てるんだが、「ドーワが〜、ドーワが〜」と言ってるんだが、そういう人たちが行政に食い込んで無理難題を押し付けるヤリクチというのを、普通の人は知らない。おいらは知っている。実際には、「ドーワを偽装するチョーセン」だったりするんだが。あるいはヤクザだったりw おいらの関わる業界というのは、そういう人種が多いのだ。おいらは違うが。違うんじゃないかな? そうか? 何でも疑えby.二階堂.com

     2017/3/30

  7. ●大手ブログ「保守速報」が、何者かによるDoS攻撃でダウンさせられた!下記の投稿の後にテロ工作が行われたか?
    中山なりあき(中山成彬)@nakayamanariaki
    籠池夫人とのメールで昭恵夫人の寄付はなかったことが分かったが、同じメールで辻元清美議員の疑惑が浮上して民進党は火消しに大わらわだ。マスコミに報道しないよう頼むに至っては何をかいわんや。辻元議員といえば東北大震災の義捐金(ぎえんきん)3600億円の使途の責任者だった筈だが、報告はなされていたか?
    ●DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、ウェブサービスの妨害攻撃であり、意図的に過剰な負荷をかけたりするサーバーテロである。

     2017/3/30

  8. 自発的に刑事告発をされる方が現れて来た。外患罪は、見せ球であり決め球である。有事があれば決め球になり、有事が無ければ見せ球として使える。徐々に敵を追い込む際にも使い勝手が良い。
    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18404279.html

    野生動物の戦い
    http://www.tokagetarou.com/yasei.html

    辻元清美
    http://netgeek.biz/archives/94426

    日本に居住資格がある在日韓国人は1世と2世だけで、3世以降は日韓条約による永住者では無い
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5e7bb178aaff398934d178703d936a86

    台湾「日本の統治は偉大だった」 日本統治時代の台湾を映した貴重映像に感動の声
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2238.html

    小沢一郎 北朝鮮
    http://www.moeruasia.net/archives/49575237.html

    民進党・福山哲郎、口利きが発覚wwwwwww 
    http://matometanews.com/archives/1847623.html

    河村市長頑張れ&支那軍と支那人の特徴及び南京陥落前の大混乱
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1152.html

    赤旗強制購読問題・続々続報
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2330.html

    平成26&#12316;27年シーズンのインフルエンザワクチンの副反応の纏め
    http://satouclk.jp/2015/12/post-67.html

    新編懐古的洋食事情3
    http://lbn.hizuki.lomo.jp/?eid=792649

    『この世界の片隅に』片渕監督に「もの凄い“嫉妬心”しかない」。『機動戦士ガンダム』富野監督は「すず」をどう捉えたのか?【後編】
    https://ddnavi.com/news/358637/a/

    ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ ・・・(3)
    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170323.pdf

    典範奉還と宮家復帰の関係について 
    http://ameblo.jp/sangreal333/entry-11195168379.html

    耳をすませば 聖蹟桜ヶ丘
    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%80%B3%E3%82%92%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%81%B0+%E8%81%96%E8%B9%9F%E6%A1%9C%E3%83%B6%E4%B8%98&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj_gZei4f3SAhUQ32MKHYijCbAQ_AUIBigB&biw=952&bih=217#spf=1

    コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな 
    http://min-voice.com/do-a-neutral-fat-medicine-drink-1815.html

     2017/3/30

  9. 韓国とお付き合いをしないのが良いのだが・・・何故それでも国交を結んでいるのか?日本政治化が痛いところをみぎられて居るのかな?そう考えると対韓国外交は国益を失う外交が多いようですね

     2017/3/30

  10. 目玉プロジェクトして浮上してきたのがジャカルタースラバヤ間685キロを結ぶ高速鉄道プロジェクトだ。←これで、また、インドネシアがシナに寝返るようなら、もう、マレーシアとは縁切りしたほうがいいんじゃないすか!

     2017/3/30

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事