トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <台湾、国防費をGDPの2%から3%へ拡大し

発行日:3/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月30日(木曜日)弐
        通算第5246号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 台湾、国防費をGDPの2%から3%へ拡大し
  中国の1500発のミサイルに対応。ジェット戦闘機も自主開発へ
****************************************

 さきに台湾は潜水艦の自主建造を決定し、発表した。完成目標は十年後である。敵である中国は沿岸地域に台湾を標準としたミサイル「東風16」を主力におよそ1500基を配備している。

 DF(東風)21というミサイルは対艦攻撃用で、これも台湾向けに配備している。また中国海軍の拡充ピッチが想像以上に迅速であり、かつ空母「遼寧」を東シナ海から西太平洋へ繰り出し、台湾をぐるりと一周させて威嚇し、海南島へ向かった。

 さらに東風16の改良型ミサイルは射程が1000キロ、日本の南方地域とフィリピンの一部の射程に入る。くわえて中国海軍は二隻目の新造空母「山東」を急ピッチで就航させようとしている状況が偵察衛星の写真からも判断されている。

 米国は台湾への武器供与を発表したが、中国の軍事力に明確に対応できる武器システムとは言えず、また台湾が熱望した潜水艦供与をトランプ政権さえ、躊躇った。
このため蔡英文総統は、潜水艦に加えてPAC3などミサイル防御システムの充実、地対艦、空中早期警戒域、武装ヘリ、あまつさえ1500キロ射程のミサイル導入などを検討している。

 台湾の憑世寛・国防部長は現在27万人という兵力の人的不足もさりながら、装備ではジェット戦闘機の拡充、戦艦の建造にくわえ、サイバー部隊の強化を急ぐとした。同時に国防費は現行のGDP比2%から3%に増強する必要があると議会の承認を迫った。
それが達成されても台湾の国防費は中国の十五分の一、兵力は十分の一である。

3月27日に、馮世寛・国防部長が軍の式典で講演し、「敵の脅威が日に日に拡大している。われわれは常に戦闘への警戒を維持する必要がある」と述べ、戦闘員の訓練を強化すべきとした。

 台湾は国防軍を志願制に切り替え、21万5000名の定員とする計画が示されてきたが、実地が遅れ、完全志願制は2018年以降にもつれ込む。ただし予備役は165万人がいる。

 2012年から16年の五年間で、台湾は総額28億ドルの武器、兵器システムを外国から輸入したが、これは中国、豪州、ベトナム、韓国、インドネシアに次いで六番目だった。

      □○○み□◎◎や○◎○ざ○○□き□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国は外貨準備激減のため、とうとう海外M&Aを事実上禁止しています。中国一の万達集団のハリウッド映画製作会社への買収案件も、送金が出来なくて宙に浮いているそうです。
日本でトマムリゾートを買いまくっていた復星集団も、海外投資を中断し、中国国内に向けるとか、これらは宮崎さんが最新作『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)のなかで予測されている通りですね。
 インドネシアの新幹線だって、日本から横取りした中国でしたが先行き、妖しいでしょう。その後の展開に何か情報はおありでしょうか?
   (KY生、桐生市)


(宮崎正弘のコメント)インドネシア新幹線も、中断に追い込まれ、おそらく推測ですが、プロジェクト事態が挫折でしょうね。
土地の買収が遅れているとインドネシア政府に責任をなすりつけ、逃げようとしています。次号で詳しくお伝えします。
       □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★大好評発売中 ↓ 宮崎正弘の最新刊二冊 !!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317537/
  (定価税込み994円。↑)
 ――来月に訪米する習近平は強敵トランプとの交渉で、多くを引き出そうとしている。南シナ海も、尖閣、沖縄も一歩も譲歩する意思はない。ところがアメリカは当面、北朝鮮の核ミサイルを前にして中国との直接対決は避けるだろう。
中国は景気後退、バブル破産が秒読み、暴動が各地で起こり治安が悪化した。
 しかしトランプ政権の政策が議会の反対で座礁しつつあり、両者矛盾を抱えたまま、東アジア外交に熱意を入れることができない。こうした状況で日本はどうなるのか?
 
  
♪♪♪
宮崎正弘新刊 
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
 定価1080円(税込み)。 
      ◎□▽□◎◇□◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. [JRPtelevision]森友学園の土地取得に関する2つの疑惑 と 「同和」に対する忖度 【前編】 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125208

    [JRPtelevision]森友学園の土地取得に関する2つの疑惑 と 「同和」に対する忖度 【後編】 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125251

    籠池理事長から送られた夫人付への手紙が明らかに…籠池氏の要望に「満額回答」だった! 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125232

    国家を完全に私物化する安倍一族の中でも混乱と仲間割れ…中国との戦争を描いているのは今井首相秘書官か 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125230

     2017/3/30

  2. 国防費は現行のGDP比2%から3%に増強する必要があると議会の承認を迫った。
    それが達成されても台湾の国防費は中国の十五分の一、兵力は十分の一である。←でも、台湾の国防費はGDPの2%なんですね、立派だとおもいます。日本政府よ!しっかりせぇ!といいたい

     2017/3/30

  3. ●保守速報がダウンしている!サイバーテロの可能性があるが、下記の投稿の後にテロ工作が行われたか?
    中山なりあき(中山成彬)@nakayamanariaki
    籠池夫人とのメールで昭恵夫人の寄付はなかったことが分かったが、同じメールで辻元清美議員の疑惑が浮上して民進党は火消しに大わらわだ。マスコミに報道しないよう頼むに至っては何をかいわんや。辻元議員といえば東北大震災の義捐金3600億円の使途の責任者だった筈だが、報告はなされていたかな?

     2017/3/30


  4. 籠池証人喚問の思惑失敗 森友問題で立ち往生の安倍政権 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/305.html

    ≪『しんぶん赤旗日曜版』スクープ≫首相夫人付から籠池氏に「昭恵さんにお電話いただいた件ですが」の電話があった!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/309.html

    隠されている資料を早く出せ! 「財務省や国交省に、資料は残されているはずだ」 小林よしのり
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/299.html

    「忖度どころの話ではない。圧力だ」 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/268.html

    改めて、すごい安倍スキャンダル<本澤二郎の「日本の風景」(2560) タダ同然の国有地払下げ事件は首相犯罪 昭恵は共犯者
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/310.html

     2017/3/30


  5. 籠池理事長の長男・佳茂氏がツイッター開設!安倍政権の裏切りに大激怒!「忠告する。国が滅びるぞ」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16129.html

    辻元清美議員の騒動、工作員とされた作業員が証言!「辻元さんと面識ない。産経にも伝えています」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16126.html

    辻元清美議員の疑惑はデマ確定!籠池理事長の妻が認める!「私は辻元さん見ていません。思ったこと書いただけ 菅野氏取材で判明
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/297.html

    安倍首相の国会答弁、偽メール事件の再来か!?デマ情報を参考に辻元清美議員を批判!
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16118.html

     2017/3/30

  6. &#9724;ネット工作の嵐が始まる?
    &#9724;【ピットクルー】とは、インターネットの風評被害を防止する建前で設立されている、(北朝鮮?)ネット監視工作機関であり、この種の会社は何社もある。工作の手法は次のようになる。
    ・擁護コース
    風評に関する矛盾点や事実に反する点を客観的かつ論理的に指摘し、風評の拡散を防ぐ。
    ・工作コース
    無関係な話題への誘導や風評に関する否定的な印象操作を行う。
    ・釣りコース
    誤情報で風評流布者をミスリードする事により 風評に関するやり取りを錯綜させる。
    ・マッチポンプコース
    風評流布者に成り済まし論理や倫理に悖る投稿を行う。
    ・煽りコース
    風評流布者に対して粘り強く挑発を行う事により 風評流布者の意欲を挫く。
    ・荒らしコース
    定型文やアスキーアートを連投する事により 風評に関するやり取りを妨害する。

     2017/3/30


  7. 【安倍応援団】百田尚樹氏らの「視聴者の会」が森友学園報道に抗議!バランスを欠くと批判
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16110.html

    ジャーナリスト(山口敬之) 絶賛炎上中 そらそうだろ。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/306.html

    安倍応援団の報道圧力団体「視聴者の会」がNEWS 加藤シゲアキにまで「偏向」と攻撃!言ってもない台詞をでっち上げ リテラ
    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/289.html

    大手ブログの「やらおん」、「保守速報」、「はちま起稿」が同時に閲覧不能!同じ運営が経営?
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16123.html

    日本会議が集会、国会議員ら700人が集結!公明党議員も初参加!「憲法改正の投票は必ず実現」  ←朝鮮会議?!
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16124.html

     2017/3/30

  8. ●田原総一朗という北朝鮮のスパイ→やはり、籠池を擁護。副島隆彦と同じかー。
    http://agora-web.jp/archives/2025219.html

     2017/3/30

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事