国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国を交えて南北統一の話を切り出せとボルトン元国連大使

2017/03/29

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月29日(水曜日)弐
        通算第5244号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 25年も無駄な会議をやって北朝鮮に時間を稼がせた
  いっそ、中国を交えて南北統一の話を切り出せとボルトン元国連大使
****************************************

 ジョン・ボルトン元国連大使は先月も「沖縄の海兵隊を台湾へ移動せよ」と意見具申して関係者が慌てた。
 いまは保守系シンクタンクのAEIの主任研究員とはいえ、元国連大使、トランプ政権で国務副長官の声がある。

 今回はあっと驚く南北朝鮮統一の議論を、中国を交えてはじめてはどうか、とくに北朝鮮が崩壊するとなると鴨緑江をこえる大量の難民をおそれるのが中国なのだから、難民が発生しないような通信方法をいまから構築しておくべきではないかと、新しい提言をしているところに特徴がある(ワシントンタイムズ、3月27日)。

 過去四半世紀、北朝鮮と話し合って何か成果の一つでもあがったのか。26年目もまた交渉のテーブルについて、時間稼ぎをされ、その間に北は核兵器の数を増やし、小型化をなしとげ、米本土に到達するICBMを保有するだろう。いまやそういう話し合いを再開する必要はない。

 「北朝鮮の核開発など極東アジアの地域的問題に過ぎなかった。いまでは米国の安全を脅かす世界的問題となった」。
 そして「こんにち、この事態を招いたのは、すべてがオバマの無策に起因する」とボルトンは語気を強める。

「ワシントンの戦略家たちは、軍事的攻撃の選択肢を検討し始めたが、それより南北朝鮮の平和的統一をいかに成し遂げるかという交渉をはじめたほうがよいのではないか」とボルトンは吠えた。

 南北統一は北朝鮮の崩壊後になるのか、韓国主導になるのか、いや中国など関係国をまじえての話し合いになる、いずれかだろう。
「いずれにせよ、統一問題は、中国にとって、米国の介入などより、大いに興味があるはずなのである。理由は地域の安定のため、いかにして、いつ統一するのかということが、戦争によって決まるよりは遙かに現実的であるからだ」(ワシントンポストの寄稿から拙訳)。

 六者協議で中国はいい加減にお茶を濁してきた。アメリカが丸投げしたのが悪く出た。
中国自身は経済的支援を梃子にいつでも北の王朝など取り替えることが可能なのだ。

 米国はむしろ中国に対して難民がでないように朝鮮国内に於ける通信システムの構築と、難民が鴨緑江をわたりはじめた時には西側が協力を惜しまずに、キャンプの設営、食料と医薬品、医師団派遣による医療の供給、救援隊やボランティアの派遣などで、ノウハウの蓄積があるわけでもあり、中国を前向きに変えてゆく努力が必要である、とボルトンは結論している。
 従来の保守陣営になかった提言の登場である。
      □○○み□◎◎や○◎○ざ○○□き□◇◇  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)通勤途次、よく駅で夕刊紙を買います。先週、宮崎さんが『夕刊フジ』で連載されていた「大混乱の中国」ですが、要領よく纏められていて大いに参考になりました。
 弊社も中国に支点があり、商売をしてはおりますが、苦難と失笑の連続です。この連載を基礎に単行本を上梓される計画はありますか。もっと詳しく読んでみたいのです。
   (HJ生、川崎)


(宮崎正弘のコメント)現在、発売中の『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)に詳しく書き込んでおります。



  ♪
(読者の声2)貴著『米国混乱の隙に覇権狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店)ですが、大変好評のようです。
以下のカスタムレビューがでています。

(その1)国際通貨入りしても世界から相手にされない人民元! By  アマゾンカスタマー  トランプ政権で米国内は混乱しているが、中国こそ、それどころじゃない!
国際通貨入りしたとは名ばかりの人民元、思わぬ人民元の暴落を止めようと中国政府が介入。叩き売りされている人民元を買い支えようとすれば、外貨の流失は当然のこと!これが痛い!世界中で中国が投資し、うまく行くはずだったベネズエラやタンザニア等のプロジェクトは次々破綻。さらにフランスで起きた大規模な「中国出て行け」のデモ!フランスのワイン畑まで買い漁る中国は嫌われ者に!
イタリアでも、中国人が5万人もいるプラト―市で中国人は警察と衝突!これまで親中派だったドイツにも中国への反発が明らかになっている。こちらでも嫌われ始めたのにはわけがある。
先進国ほどはリーマンショックでの影響がなく、グローバリズムの良いとこどりで、甘い汁を吸った中国だが腐りきった共産党内部の御体裁が、どこまで保てるか、これから見てのお楽しみ!各国現地取材を重ねた著者のレポートをどうぞ。
余談・我が家は主人がODAで働いているため世界各地の情報が入るが、治安の悪い国で日本人が襲われたと言う時、中国人や韓国人に間違われてということがよくある。中韓の人々は、約束を反故にしカネ払いが悪いためどこででも嫌われがちなのである。日本人と分かると現地の人々は、SONYやHONDAの国として歓迎してくれる! 日本人なら約束を守り、決められた金額をきちんと支払うことが知られているからだ。
追記P205「消された通州事件」を読むと、あったことはなかったことにして、なかったことをあったことにする中国の悪質な癖が、よくわかる!世界中が中国の本質に気づき、いくら中国が御託を並べても内情を隠せない時代になるにちがいない。
そしてそれだけでは済まず、次第に外資が逃げ中国経済が行き詰まり、その挙句中国がもたらす世界への悪影響は、決して小さいものではないだろう。その後が思いやられる…。

 (その1)中国崩壊の真実性 By  アレックス  
 中国の経済は一段と悪化していてメルトダウンしているのは明らかですね。多くの難題を抱えている上、南シナ海や北朝鮮問題でアメリカとも対立しているだけでなく世界に移住している中国人の素行の悪さが問題を起こしているようですがこれは人事ではありません。全ての中国人が犯罪者ではないですが、安易に移民を受け入れているカナダ、オーストラリア、などは既に大問題になっているそうです。
 EUも中国と経済連携を続けてきましたが、AIIBの悲惨な状況を見れば分かるように中国と言う国の独特なシステムは欧米の価値観とは相反するものであり経済衰退と共に、中国共産党の腐敗による内部分裂で四面楚歌の中国の悲惨な状況がよく解説されていました。
EU、特にドイツは中国に投資をしてきましたが最近になって、中国の外貨準備高の激減による資金の枯渇で多くの問題を抱えていると言う事は、外資が一気に中国から撤退する引き金になりますね。
 中国の抱える多くの問題は非常に解決が困難でありこの国が古代王朝と同じ道を歩んでいると言うことを示していると思いますが、中国崩壊に懐疑的な人は、中国崩壊の意味をわかっていませんね。本当に中国の抱える問題は深刻で、世界に与える影響も多いのですが、韓国と北朝鮮と言うどうしようもない国も付属しているので日本の治安も経済も不安定にさせられるリスクを考えさせられました。
 EUについても述べられていましたが、イタリアやフランスの小さな町が中国人に占拠されたり、中国人韓国人の売春婦が現地で罵られたり親中国家のはずのロシアやパキスタンでも中国人襲撃事件が起きている。このことは世界で反中が増えていることであり中国のイメージの悪化は日本だけでなく世界に蔓延している、これは決定的ですね。 
 https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
    □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★大好評発売中 ↓ 宮崎正弘の最新刊二冊 !!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317537/
  (定価税込み994円。↑)
 ――来月に訪米する習近平は強敵トランプとの交渉で、多くを引き出そうとしている。南シナ海も、尖閣、沖縄も一歩も譲歩する意思はない。ところがアメリカは当面、北朝鮮の核ミサイルを前にして中国との直接対決は避けるだろう。
中国は景気後退、バブル破産が秒読み、暴動が各地で起こり治安が悪化した。
 しかしトランプ政権の政策が議会の反対で座礁しつつあり、両者矛盾を抱えたまま、東アジア外交に熱意を入れることができない。こうした状況で日本はどうなるのか?
 
  
♪♪♪
宮崎正弘新刊 
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
 定価1080円(税込み)。 
      ◎□▽□◎◇□◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/03/29

    ジョン・ボルトン元国連大使は先月も「沖縄の海兵隊を台湾へ移動せよ」と意見具申して関係者が慌てた。いまは保守系シンクタンクのAEIの主任研究員とはいえ、元国連大使、トランプ政権で国務副長官の声がある。←ボルトンさんの発言を支持します!

  • 名無しさん2017/03/29



    安倍政権の舞台回しをした人物は・・・ 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/232.html



    森友学園騒動、真の黒幕に今井尚哉氏が浮上!谷査恵子氏の上司!15年9月4日に首相と会食

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/193.html



    江田憲司議員、今井尚哉首相秘書官の証人喚問を要求!「夫人担当が独断でやるのは絶対にあり得ない」

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/194.html



    裏の顔が「オレの視界から消えろっ!」と罵倒! 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/184.html



    <国外追放の噂も>「安倍政権から谷さんを守ろう」「人間として安倍昭恵と晋三は許せない」との声が続出!

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/179.html



  • 名無しさん2017/03/29

    「熱を出させた方が早く治る」 これは、まさにコペルニクス的転換であった。発熱作用は、振り子が正常の位置に戻ろうとする現れなのである。振り子を止めずに、逆に加熱してやる。すると、より早く振り子は、正常な垂直位置に戻る。つまり、熱病は治る。



     そこでハーネマンは、自分の家族、友人、生徒などを実験者に、様々な物質投与を試みた。その時に用いたのが、様々な症状を起こす微量の毒物である。それらをレメディと呼ぶ。例えば、熱病を治すには、同じ熱を出す微量毒を使う。だから、ホメオパシーは、日本語では同種療法と呼ばれている。しかし、彼は患者に毒物をそのまま投与するような無茶はしていない。彼は、まず「水で薄めれば、毒性は弱まる」と考えた。ところが、希釈を繰り返すと毒性は弱まるが、治療効果も無くなってしまう。そこで、ハーネマンは特殊な手法を考案する。それは「容器を強く振る」ことである。この方法は、ある種の毒が持つ有害な作用を取り除くだけでなく、治療効果もあることが判った」(『ホメオパシー入門』)



     とにかく、ホメオパシー医療に置いて、レメディの希釈率は半端ではない。薄めて薄めて極限まで薄めると、「分子も存在しない」と言う薄さになる。つまり、「物質は存在しないのに、効能は存在する」のである。



     現代医療の体制に認められない理由がここにある。「存在しないものが病気を治す」ことは、科学の根本理論からありえない。批判派は鬼の首を取ったかのように、ここぞとばかり攻めたてる。こうして既成医学者たちはハーネマンの提案を嘲笑い、一笑に付した。



     しかし、ハーネマンはこう考えた。



    「希釈によって、毒性を消し、さらに強く揺すって振とうさせる方法で、『物質のエネルギー・パターン』が溶液に写る。よって、物質(毒)そのものを服用する必要はなくなる」



     そしてハーネマンは!)希釈、!)振とうーの過程を「ダイナマイゼーション(潜在力活性化)」と命名する。実際に、彼は多種多様なレメディを用いて数多くの患者を治癒に導くことに成功している。彼の「自然治癒力を強める」治療法は、目を見張る臨床効果を上げたのである。彼は数多くの臨床例と共に、その理論を論文として世に問う。しかし、返ってきたのは既成医学界の嘲笑と冷笑だった。



     ハーネマンが確立した画期的なホメオパシー療法は、実際に病気に苦しむ人々を救った。医学界からの反発があっても、患者の側からは圧倒的な支援を受けた。ハーネマンはこれらの支援を支えにホメオパシー理論の実践の集大成を『オルガノン』と言う著作にまとめている。それは今でもホメオパシー医療の原典となっている。



     こうしてホメオパシー医療は既成医学界の妨害にもかかわらず、欧米に深く静かに広まっていった。それは明らかに薬物療法より、はるかに多くの病気を完治させたからである。こうして、ハーネマン没後も、その理論は後継者たちに受け継がれ、世界中に広まっていき、今日に至る。



     一時、ロックフェラー医療マフィアが台頭して、代替医療を徹底的に弾圧した時、同種療法も弾圧の憂き目をみる。しかし、近年、薬物療法の無効、残酷さが明らかになるにつれ、他の代替医療同様、ホメオパシーも再び脚光を浴びるようになってきた。



     ホメオパシーを教える専門医療学校も世界各地に設立され、医療資格を持つホメオパシー医師も急増している。西洋医学の医者でも、一念発起してホメオパシーを学ぶ研究者が増えている。



     ロックフェラーは薬も飲まない、医者にもかからない。それなら、私たちもそれを見習えばよいのである。





  • 名無しさん2017/03/29



    第2の森友と言われる加計学園も官邸が関与か 一族への利益誘導疑惑まで 

    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125175



    <桜井充議員、加計学園疑惑追及>「首相と理事長の関係が有利に働いたのではないか」 安倍首相「獣医師会の要請」と嘘答弁!

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/187.html



    首相“お友達大学”で補助金トラブル、千葉・銚子市長選で「水産・獣医学部」新設話も〈週刊朝日〉

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/205.html



    安倍の顔色悪い。獣医に見てもらえば?(ネットゲリラ)

    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10863.html



     加計については、「親戚疑惑」が出てきてからが本番ですw アベジョンイル落としがアメリカ様の仕掛けだとするなら、週刊文春あたりがやるだろうw



  • 名無しさん2017/03/29



    第2の森友疑惑 大学に公有地36億円を無償譲渡  今治市、実は1989年(竹下・宇野・海部)の3内閣当時に決まっていた

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/243.html



    大阪の松井一郎知事、菅野完氏に抗議文書を送る!実は大激怒だった!橋下徹氏の事務所を通して圧力 菅野氏「救い難いアホだ」

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/227.html



    幕府を倒すのじゃ〜(ネットゲリラ)

    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10873.html



    自民党がカゴイケを偽証罪で告発、というんだが、カゴイケはそうなったら持っている爆弾を投下するだろうから、楽しみだw 安倍晋三もカゴイケも菅野完もみんな「悪人」ではあるが、そこには腹の座った悪人と、チンピラの違いがあるw カゴイケを逮捕して口封じできても、菅野完の口はふさげないw それに、いったん火が着いてしまったら、マスコミだって本気モードに入る。特に、週刊誌はアンコンされてないので、押さえきれない。



  • 名無しさん2017/03/29

    ●辻元清美の森友学園疑惑は、辻元がネット監視/工作会社「ピットクルー」の献金を受けていたことからも見られるように、北朝鮮の安倍内閣追い落とし陰謀の一環として、周到に仕組まれていたことが明らかになってきた。関係者の不審死もあった。中国人か台湾人か素性が未だ不明の蓮舫を筆頭に、民進党は中国韓国のスパイの巣窟となっている。

  • 名無しさん2017/03/29



    安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/252.html



    森友問題で政府が隠していた手紙の中身が判明!籠池理事長から昭恵夫人への口利き依頼はゼロ回答どころか満額回答だった(リテラ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/244.html



    なぜ、こんなことまで閣議決定するのかな。信ぴょう性、ゼロじゃん。いよいよ、政権メルトダウンの徴候が激しくなったな 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/241.html



    アッキード事件を誤魔化したい権力の犬たち  小林よしのり

    http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/238.html

  • 名無しさん2017/03/29







    ○筆者ご指摘のように、北朝鮮にとって全ての「交渉」は対米攻撃用核弾道ミサイル(核弾頭ICBM)開発のための「時間稼ぎ」でしかない。貴メルマガご紹介のボルトン元国連大使が呼号する中国を巻き込んでの朝鮮半島南北統一化提案も机上の空論、というか米国内外へ向けた政治的アドバルーンにすぎないのだろう。米国も対北朝鮮壊滅軍事作戦を本気で準備しているはずである(というか、もう準備万端、命令待状態?)。北朝鮮独裁体制崩壊や第二次朝鮮戦争勃発で北朝鮮難民が中国へ逃亡しようと中朝国境(鴨緑江)へ殺到するとき。中国は北朝鮮難民を国境線を越えさせないのでは?鴨緑江の中国側の岸辺にはあの6.4血の天安門強進突撃大戦車軍団をズラリ並べ、北朝鮮から逃げてくる北朝鮮住民に情け容赦なく一斉砲撃を食らわすだろう。つまり、鴨緑江が文字通り「血の川」、「鴨赤川」と化す。悪夢である。難民は対中国でカードにならないだろう。で、北朝鮮無害化にむけ中国を用具化するためには、やはり中国中枢の対北朝鮮壊滅へ決心の醸成が必要不可欠である。北朝鮮が中国国内で大規模テロをやらかしたり、中南海要人(中国中枢幹部)をVXガスで殺害したり、北京核奇襲攻撃準備に取り掛かったり・・・。のっぴきならぬ事態になって始めて中国は動くのでは?北朝鮮危機を「米朝問題」にすりかえ、すべてを米国に丸投げせんとすれば、中国自身が北朝鮮に脅迫され、攻撃を受ける羽目になるだろうに。米国においても、北朝鮮壊滅後、38度線から鴨緑江までの旧北朝鮮領土は軍事的空白地帯、「アジア平和サンクチャリー」とする提案を中国に提示し、対北朝鮮攻撃に際しての中国不介入の合意(密約)をとり付けるべきでは?「それなら」と、中国も北朝鮮の背後から「後ろ玉攻撃」を仕掛けるかもしれない。



     いずれにせよ、朝鮮半島をテーブルの上においた米国と中国、そしてロシアの「大人の政治ゲーム」であり、敗戦国・日本は蚊帳の外ではあるが・・・。日本は同盟国米国を全力で支え、この北朝鮮危機を突破しなければならない。日本国内での北朝鮮工作機関(なりすまし、日本人協力者含む)による軽挙妄動、政治スキャンダルテロ、破壊殺傷工作活動を喝破し、完全防圧、粉砕を。北朝鮮による日本人拉致被害者救出軍事作戦準備の万全万端を。「ナチスの手口」で超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家、ナチス・ジャパン、日本丸ごと北朝鮮化)を目論んだり、寝耳に水の7条解散(死なばもりとも解散、忖度疑惑VS二重国籍疑惑解散、黒か赤か体制選択解散、野党完全壊滅大政翼賛解散、ナチス・ジャパン・フューラー解散、東京ジャンヌダルク豊洲断頭台解散・・・)をかましている場合ではないだろうに・・・。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。