国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国、唐突にハルビンの安重根記念館を「移転」させる

2017/03/24

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月24日(金曜日)
        通算第5236号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国、唐突にハルビンの安重根記念館を「移転」させる
   韓国のテロリストを英雄として扱ったのだが。。。
***************************************

  中国黒竜江省の省都ハルビンの駅舎内に設置されていた「安重根記念館」の移転決定がでて、突然、工事に入ったことがわかった。3月22日の決定といわれる。
 しかし「移転」なのか、「撤去」なのかはまだ判然としていない。これは中国の「韓国いじめ」の一環だが、すでに中国内のロッテは二十軒が閉店に追い込まれた。

 中国の一連の苛めは、韓国が防衛ミサイル(THAAD)配備を決定したことへの報復措置である。
 ところで筆者は何回か、ハルビン駅舎のプラットフォームにあった安重根の記念碑をみている(新幹線が開通し、いまの近代的駅舎になる前の話)。

朴権恵前大統領が訪中したときに、習近平に設置を要請し、中国は2014任に新しく大々的な記念館設置を認めた。

当該記念館は、中国の208ケ所にある「反日記念館」と展示内容がほぼ同じ基調で、テロリストを英雄視した構図となっていた。

 一方、数年前に公開された旅順の日本刑務所跡(これも公開直後に見に行った)には、安重根が1910年に処刑された死刑台が展示されていたが、これも改装を理由に2016年秋から閉館されたままとなっている。

 熱い熱い「蜜月」をいわれた中韓関係は突発的に急速冷凍状況となった。
 となれば、韓国は次に誰を頼るつもりなのだろう?
             □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
外貨逼迫のタイミングを狙ってか
 AA(アメリカン航空)が中国南方航空の株式取得へ
***************************************

 世界最有力の航空会社アメリカンエアライン(AA)が水面下で、中国最大の「中国南方航空」の株式取得へ向けて交渉していることがわかった(サウスチャイナモーニングポスト、3月24日)。

 中国南方航空の時価総額は100億ドル。AAの株式取得予定額は2億ドルだから2%の株式保有を狙うわけだ。
中国南方航空は国有企業、最大株主は中国政府。ボーイング、エアバスなど648機を保有し、世界40ヶ国、208都市へ乗り入れており、いまもボーイングに150億ドルの航空機を発注している。

 一方、AA(アメリカン航空)は、世界50ヶ国、350都市に翼を拡げているが、北米、カリブ海方面が主力で、アジア最大の中国へは乗り遅れてきた。
AAは日本航空などが加わる「ワンワールド」の旗艦メンバーであり、これまでにも中国市場の開拓が叫ばれていた。
 米国キャリアではすでにデルタ航空が中国東方航空と連携しており、株式も保有している。デルタと東方航空はスカイチームのメンバーで、提携フライトも実現している。業界では2045年に中国の航空機旅客が米国を凌ぐだろうと予測されている。
AAもデルタ航空も、日本へは相当数が乗り入れており、日本―米国路線は稼ぎ頭の一つである。

さて、これは航空産業だけのはなしではない。
昨年から中国は外貨持ちだし制限にくわえて海外企業買収を事実上ストップしており、海外送金は5000万ドルから、いきなり十分の一の500万ドルに下げてきた。

昨年だけで、7300億ドルが海外へ流失したため、中国はドル規制に踏み切った分けだが、こんどはドルの入金になるので、政府は持ち株を放出する方針に切り替えたのではないかと推測されている。
      ○◎○▽ □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)米国通とされる佐藤則男が3月18日に次の発信をブログでしています。
 (引用開始)「トランプ政権がどれだけこの軍事行動(北朝鮮先制攻撃)のほのめかしが現実的なのか、分かりかねる。トランプ政権得意のブラフなのではないか、と言う見方もできる。何故なら、北朝鮮に軍をすすめ、北の核兵器をどう抑え、どう封鎖するのか。戦略ばかりが先走りし、実践作戦の成功率はどれだけあるのか。第一、北が核兵器をどこに隠しているのか確実な情報はつかんでいるのか。
 ニューヨークに住む筆者のジャーナリストの友人のK氏は、「いつものトランプ政権の外交ブラフではないか。国内の問題が山積みしている。トランプは、苦境に立っている。それをかわすには、戦争をほのめかし、国民の注意をそれに向けさせるのが良い」と言う。そして、「今のトランプ政権が東アジアで軍事行動を展開することはできないだろう。シリアなどの中東問題がある。さらに、中国と大統領就任以来、首脳会談もできていない。日本、韓国の合意もできていないだろう。アメリカ単独、いや、トランプの独断で北朝鮮に軍事行動をとることなどできる状態ではないだろう」と言う。
 しかし筆者の別の記者であるS氏は、「7月か8月に、トランプは軍事行動をとるかもしれない」と言う。何故なら「トランプは、そのころ、行き詰まるからだ」とS氏は言う」
(引用止め)。
 信憑性は如何でしょう?
    (GF生、保谷)


(宮崎正弘のコメント)アメリカもまた日本のミニコミ同様にゴシップが大好きですが、ワシントンでも、そういう声があるのは確実です。
 しかしトランプ大統領はメディアが非難するほど軽率ではなく、慎重居士ですから、当面は4月6日7日の習近平との会談待ちではないか、と思います。
   □▽●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の新刊   ★宮崎正弘の新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
 定価1080円(税込み)。 

大好評につき、キャンペーンをあと三日間だけ行います
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
著者特典がもらえるAmazonキャンペーン!実施中です
*************************

 Amazonで本書をご入し、期間中に下記ページからお申込みをしていただいた方に、宮崎正弘の特別講義音声ファイルをプレゼント!
http://www.maroon.dti.ne.jp/book-tokuten/miyazaki2017/

期間2017年3月24日(金)12:00〜3月27日(日)23:59
(お申し込みにはAmazonから送られる注文番号が必要です。なお、キャンペーン期間以前にAmazonでご予約・ご購入された方もご参加いただけます)
購入ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
        ○◎○▽◎◎○○◎○▽◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
『いよいよトランプが習近平を退治する!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317537/
  (定価税込み994円。↑ 予約を受付けております)



宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/03/24



    <アベ友疑獄>籠池理事長@外国特派員協会 「昭恵夫人というお名前で物事が動いた」(田中龍作ジャーナル)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/809.html



    籠池喚問 読売だけが突出した社説 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/810.html



    籠池理事長の証人喚問、与党の策略が失敗?偽証罪は無理との声!検察幹部「罪に問うのは難しい」

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16047.html



    安倍昭恵夫人の職員が送ったFAX、菅官房長官も事実関係を認める!

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16048.html



    政界地獄耳 広がる疑惑の裾野 幕引きはまだ先(日刊スポーツ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/811.html



  • 名無しさん2017/03/24

    海外では、急速に現代医療離れが進んでいる。そして、代替医療への関心が急速に高まっている。医療費は爆発的に伸びているのに、病人が減らない。それどころか病人も爆発的に増えている。これは医療が間違っているからである。



     ようやく、世界の人々は長い洗脳から解け始めている。大きく遅れているのが日本である。医者の言うこと、薬屋の言うこと、マスコミCM、何でも信じて、疑うことを知らないのが日本である。その先に待つのは検査漬け、薬漬け、医原病、医療過誤による無残な死である。日本人も目覚める時である。



    (フランス)



     薬局では、医師の処方箋なしでは風邪薬すら買えない。しかし、ホメオパシー治療薬レメディは気楽に購入できる。そのため、家庭の応急処置用「常備薬」として日常的に利用する家庭が多い。フランス医療全体の30%はホメオパシー医療だ。さらに、その他の代替医療、鍼灸、オステオパシー(整体療法)、カイロプラクティックも医師によって患者に施術されている。



    (アメリカ)



     代替医療に関心が高まる。医学校125校のうち75校(60%)が代替医療に関する講義を設定している。



    (イギリス)



     英国王室の主治医には代々ホメオパシー医師がいる。チャールズ皇太子も国家レベルの「代替医療研究・5か年計画」を発案している。



    (ドイツ)



     すでに2003年時点で、主要先進国中、最も代替医療を活用している。さらに、医学生にとって自然療法の知識は必須とされている。



     代替医療を激しく攻撃しながら、裏ではホメオパシー医療を受けていたロックフェラー一族の厚顔無恥、二枚舌ぶりにはあきれる。また、これらの代替医療の真実を伝えない政府、マスコミも堕落している。



     ネットには市民の怒りの声が満ちている。



    「最近、医療について、いろいろ調べているのですが、命を奪い、金を奪う、とんでもない業種になり下がっており衝撃を受けています」



    「昔は、『医は仁術』と言われ尊敬される業種でしたが、なぜ現代医療は『算術』と呼ばれるようなことになってしまったのでしょうか?」



    「これは、いつから医療が変化していたのか? 紐解いていけば見えてきます」



     いつから医療は堕落したのか?



     まさにロスチャイルド、ロックフェラー両者こそが国際医療マフィアと言う称号にふさわしい。マフィアとは原意は「アメリカ最大の犯罪組織」の事である。それから転じて、「一定の分野・事業での利害を共にする有力者の集団・闇の意味」となった。つまり、法を犯して、多数の生命と財産を奪って巨万の富を築きながら法の裁きを受けない犯罪組織の事である。



     彼らがばら撒く特効薬と称する化学薬品も詐欺と殺人の道具に過ぎない。



    「これらの化学薬品には、多くの副作用があり、肝臓や心臓、腎臓その他の臓器を痛める可能性があった」「危険な医薬品を常に製造し、販売し続けていれば宿主(人類)からふり払われることはないと彼等(寄生体)は確信している」



     彼らは既に世界の医療利権を掌握している。圧倒的な資金力、情報量、さらに軍事力によって大半の国家はその支配下にある。アメリカという国家ですら支配されている。アメリカの属国の日本も完璧な支配下にあるのは当然である。



     彼らは政府も、医学教育もマスメディアまでも圧倒的に制圧している。そしてテレビや大新聞を通じて巧みな情報操作で日本国民の洗脳を行っている。



     アメリカ最大の死因は医者なのである。しかし、死因にカウントされない。死因1位78万人ですら、かなり甘い見積もりである。医原病の恐ろしさを説明しても、大半の人々は、真剣に聞いてくれない。そして、医療マフィアたちは医原病の原因を隠して棺桶の中に永遠に封印する。アメリカでは病院で亡くなった患者の大半を「心不全」で処理してしまう。この病名が医原病隠蔽に使われている。



    「心不全とは心臓が止まりましたということである。なぜ心臓が止まったのかには言及しないための魔法の言葉なのだ」(マリンズ氏)



     医原病をごまかす便利な病名は他にもある。それが「肺炎」である。厚労省発表では「肺炎」をひとくくりにして死亡原因の第4位としている。これ自体が意図的で、医原病隠しと考えてよい。超猛毒の抗癌剤などで衰弱させられた患者が亡くなるときに、肺炎で死んでいるのに過ぎない。肺炎も重大医療ミスの結果なのである。



    「肺炎死因に繋がっているのが、『院内肺炎』である。医療行為によって、体力が落ちているときに、何らかのウイルスや菌類に感染、肺まで炎症を起こすと窒息で死亡する」(マリンズ氏)



     こうして肺炎も医療殺戮を隠す便利な病名として活用されている。



    日本の公式統計資料に「医原病」は出てこない。死因を精査するだけで相当数の死因を医原病と認定できるケースは山ほどある。



    自殺にせよ、肺炎にせよ、心不全にせよ、死因自体は結果に過ぎない。結果しか出さないのは、原因を知られたくないからである。







  • 名無しさん2017/03/24



    官邸、谷査恵子氏を殺すつもりではないか 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/807.html



    籠池証人喚問:自民党議員が射った矢は大阪府に刺さった まさのあつこ  | ジャーナリスト 3/23(木) 12:30

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/800.html



    生きのいい“末端”の足立議員 籠池さんのように切られるぞ 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/797.html



    森友が認可前にボーリング調査 国有地売却は出来レースか(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/805.html



    いかなる脅しも策略も、「事実」の前では無力! 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/791.html



  • 名無しさん2017/03/24

    中国、唐突にハルビンの安重根記念館を「移転」させる  韓国のテロリストを英雄として扱ったのだが。。。←韓国さん、シナの属国として生きながらえてください。そして、二度と日本を頼らないでくださいね!とだけいいたいです。

  • 名無しさん2017/03/24

    電子レンジは有害

    https://matome.naver.jp/odai/2138303488648395101

    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1251.html

    http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/56bedaaddf87cd65d4ed5647df4b59ca

    http://ww4.enjoy.ne.jp/~macroway/trans/microhaza.html

    http://obatasensei.sakura.ne.jp/densirenjinoosorosisa.html









  • 名無しさん2017/03/24



    「これで大きく物事が進んだ」と籠池泰典! 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/785.html



    籠池理事長 神風が吹いた後に逆風が吹いた!

    http://79516147.at.webry.info/201703/article_316.html



    昭恵氏、FBで反論「100万円の寄付お渡ししてない」「籠池氏は堂々」政権に焦り 想定外の攻防にじむ危機感「蟻の一穴」広がる疑念

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/784.html



    真実の重み・安倍夫妻と維新は真っ黒だった!(simatyan2のブログ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/786.html



    地獄のアベクライシス相場 森友問題で外国人「売り」加速

    https://news.nifty.com/article/economy/business/12136-381509/



  • 名無しさん2017/03/24

    傀儡国家としての南朝鮮の役割も終わりにちかずいた。日本でチョンの血が混ざっている在日(民主。自由、社民共産)の売国奴連中早く去れ!

    以上