国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み< 「チベット」(最終回)

2017/03/23

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月23日(木曜日)四
        通算第5235号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「チベットの現状と今後の運動展開」(その3。最終回)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

アジア自由民主連帯協議会 会長 ペマ・ギャルポ氏

  ▽
中国の場合には、その民主主義がないから国民も果たして国を積極的に支えているかどうか。だからあなたたちのほうがいつ壊れてもいいような政府だ、とはっきりと言いました。
  われわれのほうは少なくとも別に誰か指導者が落ちても、どの政党が落ちても、別の政党が出てくる。だからわれわれのほうが強いということを、メディアが一番反論しています。実際上、いま南シナ海や東シナ海、尖閣諸島の問題では記事にもなっているけど、いま中国はインドに対しても挑発的な行為をどんどんやっています。インドのすぐそばの国々に対し、ちょっかいを出している。だから、いまアジア全体の平和と安全を考えるときに、一番のがんになっているのは北京政府だと思います。しかし、その北京政府のアキレス腱は私たちです。

  60年たっても、まだチベット人の心を支配しているのはダライ・ラマ法王です。今回、北京政府は、ダライ・ラマ法王は人をだますような上手な俳優になったとか言って批判しています。これは、法王が中国の頭の固い人たちの脳みそは少し欠如していると言ったことに対する反論です。同じインタビューの中で、インタビュアーのコメディアンが、焼身抗議をやっている人たちについて質問しました。

  しかし法王は、これについては私は答えたくない、答えたらまたその家族にまでいろいろ影響を及ぼすから。
そこで法王は、たとえ話として、例えば法王は最近モンゴルにいらした。モンゴルへいらしたら、モンゴル人はみんなウオッカばかり飲んであまり建設的に仕事をしていない。法王はモンゴル人に、あなたたちはウオッカを飲むよりも馬の牛乳を飲みなさいということをおっしゃったら、いまモンゴル人の多くの人たちが酒はやめたということをおっしゃっています。

法王は間接的に、たぶんまだ、自分の言葉一つによって国内にいる人たちがいろいろな動揺をしたりする。だから自分の言葉の影響力ということを、法王自身が一番認識している。

  法王は去年、ウランバートルへ行かれた。モンゴルは自国の主権の問題ですから、法王を招待して実現したのです。
 もう一つの質問は、「法王が最後の法王であるか」というものだったのです。
なぜかというと、いま北京政府が一番気にしている。北京政府から見ると、チベット問題は法王がもし他界したらどうにでもなると思っているから、台湾もある意味では時間稼ぎのようなもので、特に2012年、今の習近平政権ができてからは一度も対話ができてないです。

  彼らが言うには、法王はお坊さんの衣を着たオオカミだとか、今回のように人をだますのが上手な役者だとかいろいろ言っているのですが、一番の問題は彼ら自身が誠意を持っていないことです。法王、あるいはチベット側からは対話を通して北京政府を一度も裏切ってないと思う。
むしろ、私たちは過剰な期待を持ち過ぎてしまい、振り回されている。誠意を示すべきなのは北京政府です。そして、国際社会の一員としての立場も。

▼歴史と正統

  歴史は私たちが行うさまざまな運動の正当化にすぎないと思う。正当性があるということ。例えばチベットは中国に一度も直接支配を受けたことはない。中国人に、ではチベットを支配していた人、チベットの総督だった人の名前を言えと言ったら、言える人はいないと思います。
少なくとも1950年以前にはです。中国だけではありません。インドの支配も受けていませんし、どこの国の支配も受けていません。
そういう正当性に関しては、歴史は大切です。

  しかし大事なことは、未来につながるのは今の人たちの意思です。今の人たちの意思を考える場合に、私は残念ながら、私たち外にいる人間と中にいる人間の間に差があるような気がします。これは私個人の考えです。私たち外にいる人間は一生懸命に頑張っています。あちらでデモをやり、こちらでデモをやり、あちらでイベントをやり、一生懸命頑張っています。しかし、本質的なものに対し私たちはいま十分に声を出せるかというと、社会に今いるものですから、どうしても世論を?受け取る。国内にいる人たちは、毎日自分たちはいやな中国人と一緒に生活しなければならない。毎日差別を受けている。毎日不自由を感じている。毎日監視されている。車にも全部GPSを付け始めている。上にいる…?…がどんどんこちら側に対して。そのうち、たぶん人間にも何か、そういうのを付けるかもしれない。

  ですから中にいる人たちは、特に1987年から事実上はまだチベットに対する戒厳令が生きています。当時の喬石さんの命令で無差別に撃っていいことと、5名以上の人間が許可なしに集まった場合には集会と見なされる。ですから、いま単独行動を取るしかない。単独行動を取ることは焼身行為しかない。もし中国が言うようにチベットがみんな幸せになって近代化していったら、たぶん焼身行為をする必要はないと思います。

  確かに、いま北京政府は、特に習近平になってから、例えば今回も3月10日の決起記念日の前にチベットのお寺にお坊さんたちを呼んでお金を配っています。お寺に対しても、協力的なお寺に対してはお金を配っています。個人でも1100ドルぐらいのお金。それは中国としては二つの意味があります。一つは、チベット人の仲を悪くさせるために、わざと、一部の人たちは協力者だ。

そして協力者に対してはご褒美をあげ、同時にほかのチベット人からすると、あいつらは売国奴だということになる可能性がある。そうやってチベット人の仲を悪くさせるための意図的な行為。もう一つは、たぶん中国は再び外国から彼らが選んだ学者、視察団を利用し始めました。このような人たちがそういうところへ行き、中国はこんないいことをやっている。

▼アジア諸国の同情と限界

  インドネシアなどは最近、チベット問題を非常にたくさん書いてくれるのですが、一昨年、イスラム系の国々の人たちをウイグルに連れていき、ウイグルの教会でちゃんとお祈りしているようなところを見せ、それを帰ってきてからみんなに書かせている。チベットでは昔からやっていたことです。ついでに彼らに、チベットのことを洗脳しています。
  だから、いまインドネシアとか、あの辺の新聞はチベットについてはしょっちゅう書いています。書いているけど、それは中国がチベットですばらしいダムをつくったとか、世界で一番高いところの空港ができたとか、そういういいことをたくさん書いている。彼らはまだ中国のそういうやり方に対し免疫ができていないから。

  北京政府は、2010年ごろから宗教委員会がお坊さんたちの認定に対し干渉する法律までつくりました。これは僕の推測ですが、たぶん法王が政教分離をやったことに対し、一つは、ダライ・ラマ法王はチベットだけではなくチベット仏教全体の法王です。ですから、次のダライ・ラマどうこうと言ったときには、チベット人だけの問題ではありません。チベット仏教界全体の問題です。
モンゴル、ブリヤート、カルムイク、ラダック、ブータン、あるいはアルナーチャル、広範囲の人たちがチベット仏教徒です。そして、さらにいま世界中にチベット仏教徒が増えています。しかし、もしそれが、政教が一致だったら、これはチベットに限定される。もう一つは、たぶん法王ご自身がチベット人の性格を一番ご存じです。法王がいらっしゃるときに民主化すれば、法王がそれを見届け、法王の下で着実に少しずつ成長していくかもしれない。
もし法王がいらっしゃらなかったら、われわれは騎馬民族ですから、みんなで誰かに従おうというのはあまりしません。一人一人がボスなのです。

  そういう意味では、法王の一番の業績は、海外において、あるいはチベット社会において、民主主義の土台をつくってくださったこと。これは歴代の法王がしなかったことで、たぶん14世が歴史に残ることだと思います。

一方において私たちは何もかも法王任せにしていて、そのおかげで逆にみんな法王の言葉まで勝手に解釈して、そして何かすると、いや、それは法王の意思に反するとか。それにより、北京政府も逆にそれを精いっぱい利用している。

▼難民として誇れることは三つ

私たちが難民になって誇れることは三つあると思います。一つは、いま申し上げた法王のご指導の下で民主主義の制度、民主主義は宗教ではありません。民主主義はあくまでも一つの政治のシステムにすぎないのです。だから、そのシステムを導入する知恵、その制度については法王が土台をつくってくださっている。

  もう一つは、難民社会を中心にしてチベット仏教、チベットを世界中に知ってもらう意味で、ほかの難民よりもたぶん成功していると思います。

  三つ目は、国が持っていないものを法王が持っています。
中国が持っているのは核兵器です。しかし私たち人間一人ひとりの中にも核兵器のようなものはあります。
この核兵器をコントロールする意味では、北京政府のリーダーたちは法王のまねはできない。だから彼らは法王が怖い。北京政府があした民主化しますということで自由な選挙をやる。この場合にチベットも含めてやったら、恐らくマンデラではないけど法王が大統領になる可能性はあると思います。中国人に対しても、習近平に勝つ可能性は十分にあると思います。この三つは私たちの強みです。

  しかし弱いところは、いま中国が崩れかかっているのに、それに対し準備がないことです。
チベット問題そのものの正当性。環境問題は中国にもたくさんあります。インドにもあります。人権問題も同じだと思います。
私は日本へ来て近代教育を受け、人権は大切ではないことを言っているわけではありません。
環境が大事でないということでもありません。実際、生きていく上において、私たちが日ごろ忘れている空気でさえも、汚染されていたら大変です。それぞれの国の税金の使い方により、この空気がどうなるかということを考えたときに、それぞれの政府のそのやり方は非常に考えなければならないことだと思います。

  そろそろチベット国外においても、政党政治のようなものは段階的にこれからの活動としては出現してくるだろうと思う。
それがないと、次のビジョンがあまり生まれてこないのです。
亡命政府としては、政党をつくってもいい。政党はあるとおっしゃっています。実際、確かにあります。一番初めにできたのは1970年代にチベット共産党ができました。それから、チベット民主党ができました。国民民主党ができました。

  しかし、ほとんどは仲良しのクラブみたいなことで、まだ政党としての形は整えていません。そういう候補者も出していません。そういう意味では、運動の展開の流れとしては、中国人に対してもわれわれは何を求めているかということを、もう少し明確にする意味でも、そういう政党がちゃんと出てきて主張があったらいいなと私は思います。
  今後の活動の展開ということについては、残念ながら現在、私は亡命政府の議員でもないし役人でもないので、こうだということは言えません。

 ▼政党の本格化を急がなければならない

そろそろそういう政党政治、しかも中国に先駆けて政党政治を行うこと。そして、それが明確な目標を持たないと。今やっていることは、ただ抵抗しているだけです。
僕は今まで支援してくださった方々、いま支援してくださっている方、これから支援しようと思っている方々に対しても、やはりチベット運動というものの今までの流れ全体を考えてみて、次の段階を考えてほしい。このことをきょう、強く申し上げたいと思いました。

  もう一つは、やはりチベットだけではできません。このチベット問題を解決するためにはウイグルやモンゴルとか。しかし、残念ながら先週もどこかのチベットの会合にいきなり誰かがウイグル人を連れてきて、チベット、ウイグルが一緒になったなんて言っても、そんなに簡単ではありません。基礎的な人間関係が必要です。
  1990年代にありました
今回、僕は学校を替わるものでいろいろ整理したら、当時の雑誌がいくつか出てきました。それを読むと、あのころは、モンゴル人とチベット人と東パキスタンの人にしょっちゅう会っていました。そのころの人たちはお互いの基礎的な信頼関係、人間関係が十分にできていた。残念ながら今のところ、まだ私たちはそういうことが十分にできていません。そこにアジア自由民主連帯協議会が多少なりとも、そういう場を公論としてつくることが目的で今やっているわけです。

  いまチベットとモンゴルはウイグルのおかげで、ある意味で本当に助かっている。ウイグルは一生懸命です。抵抗している。
だから彼らはアメとムチを使います。かつてわれわれを弾圧しているときはモンゴルを非常に優先して、モンゴルにアメを与え、われわれにムチを出していました。
今はウイグルにムチを出し、国境線にもすごい警備をしたり、ウイグル人に外からテロとの関係があるとかいうことを言っている。かつてわれわれに対しても同じことを言っていました。アメリカがやらせているとか。まあ、多少本当です(笑)。しかし、アメリカ人に命令されてやっているわけではなく、われわれがやることをアメリカが援助しているにすぎなかったと思う。

 ▼モンゴル、ウィグル、チベットを使い分けた「飴と鞭」

  私たちは、いきなりチベットはこれから引っ越しますからと言って、地図上にハサミを入れて切って、どこかへ持っていくようなことはできません。
長い歴史の中で仲良くやった時代もあります。お互いにそれによって得たこともある。法王がときどき冗談でおっしゃるのですが、われわれチベット人はおいしいものを食べようと思ったら中国です。精神的に高めようと思ったらインドで哲学です。
チベットの政治制度はモンゴルでした。ですからダライ・ラマ法王のダライもそうだし、ホトクトとか、ザザルとか、そういう肩書、日本語も西洋からバロンとか伯爵、男爵を取り入れた時代があったのですが、チベットの場合、1950年代までは内閣の大臣、大臣だけではなく個々の位はザサルなのか、モンゴルの肩書を使ったのです。チベット人はモンゴルが大好きです。これも満州人のおかげです。

  お互いに対等、平等の下で暮らすことができないことはないと思う。
どちらかが属国になり、どちらかが宗主権があるとか、あるいは支配者になることはたぶんあと100年たっても成功しないと思う。1000年たっても、たぶんチベット人、あるいはモンゴル人が生きている限りは、喜んでそういう支配を受けることはない。

  残念ながら小さい国の運命は小さい国で何とかなるわけではありません。
今後の米中関係、中印関係、あるいは日本もアジアにおいてだんだんと主役の一つになりつつあると思います。

 ▼トランプ大統領はチベット問題に取り組むか?

この辺がチベット問題も含め、現在の中国に対し、何をどう考えるかです。ローマ法王とレーガン大統領はソ連を崩壊させることに成功しました。今のトランプさんはこれからどれだけやるか分かりませんが、レーガンさんを手本にしているということで、いま見ている限りでは多少、レーガンさんのかつてやった、例えばソ連との軍事競争、そして東ヨーロッパの国々に対し民主化運動を側面から応援してやり出した。

  そういう意味で、今たぶんトランプさんは一応、試しに例えば一つの中国ということに特にこだわる必要はないのではないか。民間の利益を考えながら変えることもあり得るということを言ったりしている。

  あるいは中国は、ティラーソン国務長官が長官を任命するかどうかと外交委員会で話したときに、今後、北京政府は法王と対話するように自分は力を貸すと言い、そして法王と会うことについても前向きな姿勢を示したり、それからインドが法王をアルナーチャル州にお招きすることに中国は怒っています。

 それから、アメリカの大使が亡命政府の総理大臣を食事に招くとか、これは全部政治上の演出です。それぞれがメッセージを送る。
相手を試しながらやっている。そういう意味で、いま中印関係においても、あるいは米中関係においても、チベット問題は台湾問題と同様に中国が言う核心的利益、すべて駆け引きの材料になるということです。
ネゴシエーションの材料になるということです。

 ▼台湾、香港の独立問題

  私たちがどれだけ自分たちの価値をカードとして使う側に認めてもらうことができるか。相手がただ将棋の駒として使うだけになるか。それとも、私たちはある程度、自分たちの存在、意思を持って意識的に利用されるか、ということが大切だと思います。
亡命政府としては対話がいつでもできるように、タスクフォースの会議も人材もできています。アメリカがどのように推し進めるか。それから、アメリカの国連大使もインド系アメリカ人です。
現段階においては駐インド・アメリカ大使のリチャード・バーマーさんもインド人です。しかも、彼は僕が日本へ来た後にアメリカへ行った人です。状況をよくわかっている。

  だから中国が、「米国やインドはダライ・ラマカードを使うことはけしからん」と言っています。
カードとして認めてくれています(笑)。そのカードを使い過ぎると両国関係に悪影響を及ぼすことを言っている。
台湾と香港、とくに香港が独立してもおかしくないと思います。
アメリカ自身が英国から分離独立したわけですから。あれが本当の分離独立です。われわれは分離独立ではなく、もう一回独立を取り戻すだけです。香港が分離独立しても十分に可能性があると思います。全くあります。
台湾はもちろんです。

  そういうことで、チベットの全体の運動については、私はここでこれ以上のことは言えませんが、アジア全体の平和と安全を考えたときに、チベット問題、あるいはウイグル問題、そしてモンゴル、台湾……、台湾などは特に日本にとっては本当に重要だと思います。

  これから大国がチベット問題をどう見るか。国連においてもう一回チベット問題を提訴しようということで、今いろいろな動きがあります。
私たちの問題が国連でかつて取り上げられたときも、チベットと関係のないニカラグアとか中南米の国々がスポンサーになってくれた。それは私たちではなく、アメリカがそうしろと言ってくれたからできるのです。

  だから今後も、大国がそういうことを決めてくれたら、私たちのためではなく大国自身の利益のためにも、アジア全体の平和を考えたときに、世界の屋根が雨漏りしていてはどうにもならないと思います。
地政学的な観点からもアピールすることも必要だと思います。
 
 ▼自由と民主主義をもとめて

  僕は大学院のときに先生から、あなたの論文は感情的で論文になっていないということを言われました。テーマは「民族主義と国家」でした。僕は、民族主義そのものが感情的なのに、先生、どうして感情的なのはいけないのですかと反論しました(笑)。

私たちが理論的に全部合理的に考えることもできないと思います。しかし、やはり人間ですから、どこか感情というものがあり、そして自分のアイデンティティ、自分の存在、自分の尊厳……、だったら自分のコミュニティ、自分の国、自分の民族のものをたぶんそう簡単に捨てきれない部分も背負いながら、そういう矛盾を感じながら頑張っていくしかない。それが、きょう、この時点の私の心境です。

  本質的なチベット問題は、何度も申し上げるようですが、私の気持ちでは、チベットが完全に自由と独立を勝ち取ることです。
これは私個人の願いです。これはチベット憲法でもちゃんと自由を認めています。これからも支援していただきたい。恐らく、ウイグルにしても、モンゴルにしても、似たような気持ではないかと思うし、13億人のうち、少なくとも12億人は中国人。この中にはチベット仏教を信仰している中国人も、パンチェン・ラマの話だと3億人はいるとおっしゃっていました。

 自由と民主主義を求めている人たちが大多数だと思います。サイレントマジョリティがいるわけです。
今後、そういう人たちとの連帯、そういう意味で連帯という言葉は何らかの形でそういうつながりを持っていこうということを考えています。どうもありがとうございました。

      ○◎○▽ □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の新刊   ★宮崎正弘の新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643660/
 定価1080円(税込み)。 
        ○◎○▽◎◎○○◎○▽◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
『いよいよトランプが習近平を退治する!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317537/
  (定価税込み994円。↑ 予約を受付けております)



宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/03/28

    文章が長すぎる。

  • 名無しさん2017/03/24



    籠池さんの爆弾FAX証拠が大爆発! こりゃ、凄いことになってきた。ここで枝野は大正解。マジで政権、潰せるぞ!

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/782.html



    名誉校長への就任は快諾だった! 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/780.html



    さらば、私の愛した総理(ネットゲリラ)

    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10847.html



     カゴイケは国会に続いて外国人記者クラブで会見をやってるんだが、何という体力気力だw 首相の劣化は激しいが、心配は要らない、市井の悪人どもは元気ですw アキエの関与が色濃くなって来て、土地取引にも口を挟んでいた証拠のFAXとか出て来て、ヤバいですw

     あのFAXヤバいよね。土地の賃料安くしてくれという依頼を断わるFAXなんだが、それだけでも、依頼を受けて働き掛けをしていた証明になる。しかも、その後、問題の土地は「ほぼ無償」で払い下げが決定している。その間に何があったのか? まだ出してないFAXとか、ありそうだ。



  • 名無しさん2017/03/23



    籠池証人喚問<中> 100万円受け取った状況を生々しく証言(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/775.html



    籠池証人喚問<下> 鴻池氏以外に挙がった政治家3人の実名 ハシゴを外したのは松井大阪府知事です(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/779.html



    <裏切り?>証人喚問で維新・下地議員が自爆?恫喝?「松井知事がはしごかけた」「籠池氏のために制度変えた」

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/776.html



    自民党西田の吊し上げの酷さ、籠池は腹をくくったのか動じず明瞭な答弁(まるこ姫の独り言)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/777.html



    今日の籠池氏の証人喚問は、安倍夫妻にとって最悪な方向に。疑惑は増大。(かっちの言い分)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/781.html

  • 名無しさん2017/03/23







    ○貴メルマガが伝える、チベットの血の叫び。無神論の中国共産党の支配下に置かれたら最後、民族分断、民族抹殺のレールを走らされるのみ。が、奢る中国共産党も久しからず。あの毛沢東自身が言っているように、人間の心を軍事力で押さえつけることなどできないのだ。結局、中国共産党帝国は、いままでに登場しては消え去っていった中国の諸帝国同様、崩壊する定めにある。その時、中国共産党が積み上げてきた因果の応報を中国人自身が刻み付けられることだろう。歴史の鉄則が発動される前に中国共産党は即刻解散、完全廃党を。本当に、もう、これ以上、周りに迷惑をかけないで欲しい。



     いま、ISが「中国を血の川とする」宣言を発し、中国本土がテロとの戦いの主戦場と化すのも時間の問題であり、東には「千年の怨念」を込めた核弾頭ミサイルで北京を狙う北朝鮮が不気味な動きをする。「敵は本能寺(中南海)にありっ!」北朝鮮連続殺人鬼独裁者が決心、決断し、北京をターゲットにありったけの核ミサイルを叩き込めば、3分以内に北京は廃墟となる。チベットでも中国共産党の没義道が続くなら、何が起きるか分からない。かつてあのナチス・ドイツ第三帝国がSS探検隊を派遣したチベット・ヒマラヤ奥深く。そこで彼らが発見したものとは?なぜアドルフ・ヒトラーは、逆卍、ハーケンクロイツをナチス思想のシンボルマークに採用したのか?なぜ、あのベルリン攻防戦でチベット・グルカ兵はソ連軍と死闘を演じたのか?トゥーレ協会、エッカルトとチベットの関係とは?東京初空襲を敢行した米軍爆撃機の出撃地を「シャングリラ」と答えたルーズベルト大統領の真意(暗号)とは?曼荼羅が示す宇宙の構造と未来の姿とは?チベットは多くの謎を秘めている。無神論の共産主義、空疎な毛沢東語録とは全く次元が異なる、悠久の宇宙観、世界観、価値観が厳然として存在する。このまま中国共産党がチベットを追い詰めるとき。いったい何が起きるのか?皆目見当もつかない。やはり中国共産党は一刻も早くチベットから撤退するべきだろうに・・・。いずれにせよ、歴史の歩みは何人たりとも止めることはできない。



     そして、あぁ、愛するわが日本は・・・。靖国ナチスの薄っぺらな長州謀略政治に翻弄されているわれら日本人も、元来チベットに負けず劣らず深い思索と思想的ルーツ、歴史と謎を秘めていたはずである。かつて大和朝廷により抹殺された過去があからさまになるとき。われらの大脳旧皮質に、そのDNAに、その血に刻まれし太古の偉大なる記憶が甦るだろう。現在の混迷する世界は、次元を超える新しい意識の体現者にとっては筆者が率先訪問されご覧になったガラパゴス島の風景のように映ることだろう。まさに人類進化の瞬間である。われら日本人は押し寄せる危機群の中で、その嚆矢となるのだろうか?が、それは人間側の努力(修行、禊等含む)による超人化ではなく、唯一の神(GOD)の御前に謙る謙遜、十字架の回心によってのみ可能なものである。一人でも多くの日本人が、滅びに至る「コジキ・ファンダメンタリズム」「みいつ詐欺」「反ユダヤ」「反キリスト」の呪縛から解放され、『聖書』の約束(福音)に気がついて欲しいと願うばかりである(但し、偽キリスト教、カルトにはくれぐれもご注意を。人生も富も、時間も青春も、心も命も、魂までをも全部ズタズタにされる)。



     日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。

  • 名無しさん2017/03/23



    安倍辞任必至? 籠池理事長が昭恵夫人付役人から「予算化を調整中」の報告を受けたと証言、物証のFAXも存在(リテラ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/774.html



    安倍昭恵がお付きの秘書を人払い! 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/765.html



    安倍昭恵から口止めメールが届いた! 

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/773.html



    新たなアッキード疑惑 ツルの一声でNGOに8000万円調達か(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/771.html



  • 名無しさん2017/03/23



    アッキード事件は、籠池は脇役で、でんの口利きと、官僚の不正事務が主役、西田の籠池事件にする姿勢は漫画である

    http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/745.html



    自公が籠池事件にしようとしても無理、アッキード事件は加計ルートが本命で、その他ルートが順番待ちなのである。

    http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/748.html



    葉梨の決め付け論調が馬鹿丸出し出し、小さな偽証狙いも姑息、アッキード擁護も露骨、本人を呼ぶしかないのである。

    http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/750.html



    創価男も、アッキードか迫田か松井か冬柴に聞けばいい話を籠池に畳み掛けて馬鹿丸出しである、加計が本命である。

    http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/751.html



    いよいよ迫田が参考人招致(ネットゲリラ)

    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10845.html



     いよいよ迫田が参考人招致でw 自民党も逃げ切れなくなって参りましたw 昭恵はカゴイケとズブズブだし、2月に22本、3月にも10数本メールしてるしw 迫田も上司を売るような真似はしないだろうから、どうせ明日もグズグズだろうが、張本人と名指しされた迫田が、誠意のない答弁をする姿がTVで流れたら、自民党の人気が爆下げするだけだw

     ここまでミットモナイ姿を晒して、まだ首相の座にしがみつく安倍晋三の無神経さが凄いねw



  • 名無しさん2017/03/23



      「悪魔大王」米最大財閥ディビッド・ロックフェラー(1915年、ニューヨーク生まれ)が3月20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去、101歳だったとニューヨークタイムズなどが報じた。この結果、世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、名実ともに「新体制」に移行した。すなわち、「世界銀行・IMF(国際通貨基金)」の上に位置する「300人個人委員会」の頂点に米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)が立ち、いよいよ「わが世の春」を謳歌する。











    世界の裏側でなにかが新興していることは事実のようです。

  • 名無しさん2017/03/23



    籠池証人喚問<上> 昭恵夫人「安倍晋三から」と現ナマ封筒 “口封じメール”も発覚(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/770.html



    昭恵夫人が森友国有地問題で口利きしていた! 稲田大臣の夫にも土地のこと相談! 大物財界人の名前も…籠池証人喚問で新事実…

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/768.html



    <速報>迫田国税庁長官と武内財務省国際局長の参考人招致 自民党が応じる <参考人招致じゃなくて「証人喚問 」しろ!>

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/766.html



    永田町に「電撃解散説」が飛び交う3つの理由(週刊文春)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/767.html



  • 名無しさん2017/03/23

    有田芳生議員が国会で個人攻撃 

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53226444.html



    伝説の入江塾が明かす!子どもの性格形成は中学1年生で決まる?

    http://suzie-news.jp/archives/15406



    韓国への渡航規制を!ビザ復活を求める人はシェア

    https://samurai20.jp/2017/03/kolie-40/



    ケリー・フォン・エリック 呪われたファミリー 

    http://ameblo.jp/drummerdaisuki/entry-11246472802.html



    パット・ネシェックの独特な投球フォーム!MLB 

    http://the-gremlin.me/baseball/6460



    永久保存したい本:萩尾望都の超絶的な想像力 

    http://ameblo.jp/mkp2012/entry-12031182287.html



    桜ってどんな花ですか?

    http://blog.goo.ne.jp/trickyricky/e/969b58d2bc45c6dabbb0a4b38b9b09c1



    日本語の凄さが凝縮された1つの文章がツイッターで大反響

    http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/8785321.html



    微ゑろblog 2.0

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%BE%AE%E3%82%91%E3%82%8Dblog+2.0&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjcs7mX4-nSAhWLwbwKHdr4BUIQ_AUIBigB&biw=1536&bih=770#spf=1



    比校舎「韓国国旗に塗り替え」考

    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2844.html



    朝鮮が劇的に豊かになった時代…イギリスの専門家が記した「THE NEW KOREA」より

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1587.html



    エコキャップとワクチンの真実を知りたい 

    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11468912247.html



    深い雪の中をずんずん歩くロシアの猫タン

    http://omoroid.blog103.fc2.com/blog-entry-577.html



    「みなしごのバラード」 〜クラいだけじゃないってば 

    https://plaza.rakuten.co.jp/4thgateopen/diary/200707300000/



    靖國神社

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/44bd66ce0cacdee771e78153c02bf030



    がん治療の真実を考える!)ー権威ある医師たちの本物の言葉。

    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2017624.html



  • 名無しさん2017/03/23



    【速報】森友学園の籠池理事長、国会で証人喚問!怒号が飛び交う国会に!

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16028.html



    【証人喚問】森友学園の籠池理事長、安倍昭恵夫人から100万円と言及!「どうぞ安倍晋三からです」と言われた

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16029.html



    籠池理事長、大阪の松井一郎知事に怒り!山本太郎議員「はしごを外したのは誰か」籠池氏「大阪府知事です」

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16030.html



    (森友疑獄事件)国税庁長官・迫田英典こそが巨悪の元締め

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/741.html



    マスコミが財務省・迫田前理財局長を追及しないのは国税庁長官だから! 税務調査を使った報道への圧力(リテラ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/754.html