トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <リベラル派のニューヨークタイムズさえ、文在寅を危険視

発行日:3/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月12日(日曜日)
        通算第5221号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 リベラル派のニューヨークタイムズさえ、文在寅を危険視
   THAAD配備を「キューバ危機」の二の舞と錯誤
****************************************

 米国が韓国にTHAADを配備しているのは、敵が攻撃ミサイルを開発し、実験して戦力を高めたため、これを防御するためである。中国も北朝鮮も攻撃能力が減殺されるから、強く反対しているわけである。
 いってみれば強盗の凶悪犯が民家の戸締まりをいけないと言っている構図である。

 ところが次期韓国大統領に最有力な野党の文在寅は「第二のキューバ危機。THAADは不要だ」と発言を繰り返してきた人物で、「政権を取ったらTHAADの配備を見直す」と驚くべき発言をしている。
 
 米国としても、この頓珍漢な安全保障認識しかない文在寅を危険視している。かのニューヨークタイムズがそうなのである。
 「文在寅の家族は北朝鮮から逃れてきた。共産主義の恐ろしさを身に染みて育った世代である。その彼がベトナム戦争の頃から思想的に変化し、「わたしはアメリカが好きだ。だがアメリカにはNOと言おう」など矛盾した発言が目立つ。

 同紙はこう書いた。
 「たしかに1998年から2008年まで韓国は北朝鮮に『太陽政策』をとってきた。その結果、どうなったのか。歴史が示しているように、北朝鮮は時間を稼ぎ、核武装し、ミサイルを配備した。このような北を相手に次期韓国政権が交渉を試みるなど危険この上ない」(3月11日号)。

 文在寅は野党指導者として盧武鉉に使えた。かの頓珍漢な盧武鉉の側近だった。こうした履歴が示すように、鳩山ていどのルーピーがまた隣の国に出現することになる。
 日韓関係は最悪のシナリオの備えるべきだろう。

     ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 有史以来の事大主義国家に「独立」の精神は育たない
  韓国に経済制裁を加え、やがて日韓断交に持って行こうと過激な提言

  ♪
余命三年時事日記『共謀罪と日韓断交』(青林堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 まるでトランプ大統領の速射砲のようなツィッターの咆哮、というよりもっと凄い。結論的に言えば、日韓断交の勧めである。
 外務省どころか穏健派保守言論人でも腰を抜かすかも知れない。
 日本でもブログ、ツィッターなどで主要メディアが決して報じない議論がなされていることは知っていたが、こういう隠れた世論もあるんだ。しかも、このシリーズ開始以来すでに第五弾だというから、このような意見を支えるサイレントマジョリティが、それほど多数いるということである。
 本書の第一章は「共謀罪」についてで、第二章が「日韓の歴史」。つまり韓国に裏切られ続けてきた戦後の関係歴史を概括し、第三章の「安倍総理の深謀遠慮と日本の反撃」へと進む。
 日韓の慰安婦像をめぐる合意は、日本でも反撥が強かったが、韓国は約束事を平然と反古にする国である。
したがって、あの国では日本となした合意は通用せず、「理知的」などといわれた播基文前国連大使でも「合意は守らないから十億円は返せ」と言い出した。こんな人が事務総長を勤めた国連って、信用できるのか?
 それはともかくとして、著者の「余命三年三代目」氏は、かの合意は安倍首相の「深謀遠慮」だったわけで、韓国は逃げ道を塞がれた。つまり日本と韓国の攻守が逆転したのだ、と述べる。駐韓大使と釜山総領事を「召喚」したが、日本国民の八割が、この大使召還を支持した。
 経済界、財界そして政界にはびこる「韓国は大事な国、友好を第一に」とする考え方は根本的にあやまりとする本書では、大胆にも「ビジネスでも韓国は不要だ」と言ってのけるのである。

 韓国は約束を守らないで、それでいて次の要求をしてくる。曰く「通貨スワップ交渉の再開」「日本人はもっと多く韓国へ観光に来て欲しい」
 いかにお人好しの日本でも、こうした図々しさにはあきれ果てて反論する気力も失う。それでいて韓国へ行くと、あの「反日」は嘘のように、本当に心底で韓国人は日本に憧れているのだから始末に負えないというわけである。
 議論はさらにオクターブが上がり、地政学的要衝という韓国の位置づけは古い国際政治感覚であり、「反共の砦」としての韓国の重要性は消えており、マッキンダー時代の「地政学的価値」はないと断言する。理由は「当時はまだソ連が崩壊する前の東西冷戦の時代であり、日本は韓国について「共産主義」に対する防波堤であり緩衝地帯という認識だった」からである。
 こうした冷戦時代の甘やかしが、「日本に対しては何をしても許される」という誤解を与え、韓国前大統領は竹島へ上陸、慰安婦像設置などをやってのけた。
 明治以来、日本は「(朝鮮を)近代化させようと様々な援助を行ったが、朝鮮人は独立心に目覚めることなく、これまで事大していた清の代わりに、こんどはロシアに事大する」
 すなわち「朝鮮人とはいうのは有史以来の筋金入りの属国民であり、常に大国に事大していないと落ち着かないのである」
 つまり、韓国とは断交してしかるべきであり、経済制裁を加えることから始めよう、むしろ日本が今後構えなければいけないのは核武装する朝鮮半島が目の前に出現するという恐怖のシナリオではないのか、としている。
 日本の世論、静かなところで、大きく変わっている。

      ○◎○▽ □◎◎○ ○◎○▽ ◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1542回】        
――「彼等の體力は實に野生である、獸性である」――(高瀬2)
   高瀬敏?『北清見聞録』(金港堂書籍 明治37年)

    ▽
「今や世界は清國を公開して、世界の大市場となさんとしてゐる」。イギリスはいうにおよばず、ロシアはダルニー(大連)、ドイツは膠洲湾、フランスは広州湾を押さえ、「支那の富を吐呑して其の利を占めんが爲」に必死だ。当時、日本の対清国貿易はイギリスに次いで第2位だが、「獨逸の雜貨は今日に於て既に續々輸入せられて、殆ど日本品を驅逐せん勢いである」。だから、「兎にも角にも支那市場に於ける世界の競爭は、将來?々激甚を加へて、其の勝敗は國家の消長に大影響を及ぼすに相違ない」と、高瀬の“雄叫び”は続く。

 高瀬の主張に基づくなら、20世紀初頭の「支那市場に於ける世界の競爭は」、清国=中国の存在感・影響力の増大という点を除けば、1世紀余が過ぎた現在と大差がない。

  19世紀中頃からの「支那市場の於ける世界の競爭」において、清国はプレーヤーたりえず、自国の市場であるにもかかわらず列強による富の争奪戦を傍観せざるをえなかった。弱国弱兵なればこそ、である。極論するなら、屈辱の時代とはいいながら、自らが招いたわけだから、いわば自業自得というもの。

 それから1世紀前後を経た21世紀初頭の現在、中国は中国市場における主要プレーヤーへと大変貌を遂げたのである。これが1世紀の時の流れがもたらした最大の変化といえるだろう。これからの世界を見据えた時、この変化を深刻に考えるべきだ。日々の株式市況、不動産価格の上下に一喜一憂したところで左程の意味があるとは思えない。それは、「上ったものは必ず落ちる」というニュートン力学の法則が教えているところだから。
 
 世界第二位の経済大国の前途には必ずや紆余曲折がある。だが、最上の進路を歩むにせよ、最悪の結末になったにせよ、世界は14億という人間の圧力を受け止めなければならないことを覚悟しておくべきだ。いわば昔も今も、「兎にも角にも支那市場に於ける世界の競爭は、将來?々激甚を加へて、其の勝敗は」、個々の「國家の消長」のみならず、世界の「消長に大影響を及ぼすに相違ない」のである。

ここまではいいのだが、これから高瀬は些か異なことを口走る。

 「支那に四億の人民あり」。彼ら「四億の人民」は西欧列強に蚕食されるがままに眠り呆けている。だが、彼らは「人道の大義を以てすれば、共にわが同胞」であるだけでなく、歴史を遡れば「特にわが日本國民に取つては」「舊文明の父であり母である」。だから「わが日本は、清國人民の爲に、新文明の父母」とならねばならない――これが高瀬の考えだろう。だが「人道の大義を以て」したところで「共に同胞」とは、とても思えない。「特にわが日本國民に取つては」「舊文明の父であり母である」という考えを、そのまま素直に受け入れるわけにはいかない。さらには「わが日本は、清國人民の爲に、新文明の父母」となる必要があろうとも思えない。だから、高瀬の主張には諸手を挙げて賛成するわけにはいかない。

「舊文明の父であり母である」清国に対し、日本が「新文明の父母」となって救いの手を差し伸べる。なにやらアジア主義の原型のような気がしないでもないところだが、この考えの是非についてはいずれ詳細な検討を加えることとして、いまは高瀬の旅を急ぎたい。

  世界が清国の「國家問題、實業問題、宗?問題、?育問題、社會問題」の解決に手を差し伸べるのが20世紀という時代の役割であるなら、日本こそが「最も直接の關係を有する」わけであり、「われもし能ふべくんば、此の事業の爲めに萬分の一を盡」したいと考え、高瀬は「支那に入らんと、微志を定めた」ということだ。

 かくて高瀬は「男兒の意氣常に豪壮なるものあらん」と、「即ち足おのづから北京に向かったのである」。明治35(1902)年8月28日、高瀬の乗る相模丸は神戸港を発った。
  《QED》
▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、地方講演旅行のため3月19日―22日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊予告    ■ 宮崎正弘の新刊予告  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 予価1000円(+税)。 3月18日発売
 まもなく予約募集を開始します !
         ○◎○▽◎◎○○◎○▽◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS!OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)朴大統領罷免、失職。刑事訴訟で、逮捕。起訴となりますが、つぎは反日、親北の極左が大統領となり、韓国はハチャメチャになります。このタイミングで在韓大使と釜山総領事を帰国させろ、と騒いでいるガクシャやジャーナリストが多いのですが、帰任させなくて良いのでは?
  (HI生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)新聞各紙のコメントを読み比べましたが、帰任させろ一色。どこかで世論操作の匂いがしますね。
 もちろん、少女像撤去を約束したのですから、韓国が約束を実行するまで帰任させないのが「普通の国」の常識だと思います。通貨スワップ協議の再開にも応じる必要はないと思います。
 ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★宮崎正弘の新刊予告(その2) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘新刊 
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
         ♪♪
 『いよいよトランプが習近平を退治する!』(ワック)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  予価920円+税   3月25日全国一斉発売!
  (3月18日頃から予約募集を開始します)
     ◇▽□○◎□▽◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、地方講演旅行のため3月19日―22日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。




  1. ○貴メルマガが報じる韓国政治の大混乱の中、着々と軍事作戦の準備を進める米国。5月9日予定の韓国大統領選挙が無事まともにできるかどうか?仮に米国が韓国の統治能力に見切りをつければ、米国主導で対北朝鮮強硬軍事政権、韓国赤化阻止救国臨時政府を作るか、それとも韓国議会の総意で統治権を国連に委託させるのでは?あるいは、反米反日親北朝鮮政権ができ在韓米軍撤退を要求すれば、韓国の民意尊重で「ニクソン・ドクトリン」踏襲、速攻で在韓米軍を在日米軍に統合し部隊再編成、防衛線を引き直すかもしれない。硬軟両睨みで即応できる体制を整えるのだろう。米国の深慮遠謀は計り知れない。いずれにせよ、北朝鮮の暴走をこれ以上放置することはないのでは?が、仮に米国に見捨てられれば韓国はジ・エンドである。あっという間に北朝鮮に併呑される。韓国政府や韓国軍幹部らは高射機関砲でズタズタにされ火炎放射器で焼かれたうえで北朝鮮の犬の餌となろう。韓国人女性はすべからく北朝鮮軍従軍慰安婦として強制連行され、韓国男性は労働者として強制徴用され、韓国の繁栄も財も跡形もなく消え去ることになる。もしかすると「民族同士」「反日千年」「反米独立」を標榜していた韓国国民は北朝鮮による支配をむしろ嬉々として受け入れるかも。が、犬の餌になるときは、もう日本を恨まず、北朝鮮と己の不覚を恨んでほしい、永遠に・・・。

     いま、やれ「中韓によるアジア支配」だの「反日千年」だのと鼻息荒くほざいていたバックレ元大統領。立てこもっていた青瓦台からも戻った自宅で何を思っているのだろう?北朝鮮と厳しく対峙・対決したお父さん(高木さん?)との思い出のアルバムをめくりながら自らを反省し、中国や北朝鮮に対してなした密約や利敵行為、米国への裏切り行為などを洗いざらい書き出して、謝罪文とともに日米当局に告白したらどうだろう。自分とのかかわりの中で知りえた韓国国内や日本国内の北朝鮮工作員や北朝鮮工作機関の協力者の氏名や住所等公開したらどうだろう。一身を以て韓国赤化阻止に挺する。それこそが、いまは亡きお父さん(?)へのハナムケだろうに・・・。

     内乱か、内戦か、クーデターか、再びの光州事件か、38度線突破北進か、南侵か?これから朝鮮半島で何が起きるかわからない。日本は同盟国米国を全力で支え、大量に押し寄せるであろう韓国からの避難民や紛れ込む武装難民、北朝鮮工作員(特殊部隊)の上陸阻止、そして日本国内の北朝鮮工作機関(なりすまし・日本人協力者を含む)の大規模テロ攻撃(例.東京地下鉄サリン事件、今度はVXか?)、破壊殺傷工作活動を完全防圧、粉砕してほしい。

     で、日本防衛の、その核となるはずの現防衛大臣といえば・・・。いま、あの大阪発巨大疑獄事件に関し、国会で検察官出身の野党議員の冷静沈着なる質問に、もうあたふたあたふたし、最後はべらんめぇ調で言い返しする、あぁ勘違いかわいこぶりっこ靖国ナチス教育勅語礼賛軍事どしろーとボー読み白紙領収書財テク泣きべそおばさん大臣、その人である。それにしても、あろうことか裁判所に提出された訴訟の準備書面にその名が記されていても、平然と「相談も受けたことはなく、訴訟もしていない」と国会答弁する肝の太さに改めて驚く。もしかすると今回の疑惑の数々も、その有する法律知識と経験を元に全体像の絵を描いていた張本人かも?定員割れも想定内の学校認可申請、アベ夫婦の名義を無断(?)利用しての寄付金集め、国有地の不自然な取引記録(なぜ国土交通省の航空局を間に挟んだのか?なぜ錯誤による所有権移転無効で理財局に戻してからの移転だったのか?)、産廃処理費用の見積もりの謎と産廃埋戻し指示、3通の契約書の謎、補助金不正取得の闇、買戻し期間経過後の転売計画(土地転がし)の有無・・・。疑惑と謎はますます深まるばかりである。靖国ナチス政権の根幹を直撃する「何か」があるのだろう。はたして、地検特捜部はどこまで巨悪に迫れるのか?産廃ルート、学法ルート、国有地ルート、政界ルート・・・。隠密捜査の山場は、やはり夏頃だろうか?そうなると、捜査妨害、疑惑幕引き解散をいよいよ狙ってくるのでは?東京ジャンヌダルク旋風潰しと疑惑潰しの一石二鳥を狙う、解散総選挙(ナチス・ジャパン・フューラー解散、日本壊滅ネロ指令解散、どーにでもなりやがれ解散?)で変則的W選挙(総選挙+都議選)をかますかもしれない。何が起きても慌てず主権者の矜持を保ち主権者の意地(魂)を一票で表明したい。が、マルコス選挙かも?いずれにせよ、朝鮮半島危機は日本危機でもある。この際、疑惑まみれの防衛大臣は即刻更迭するべきだ。Xデーに間違いのない決断と速攻の実行ができるように。特に国連さえもが警告を発する激戦地スーダンに、あえて「戦闘」を「衝突」と言葉をすり替えてでも自衛隊部隊を派遣、放置し、海外のテロリストによって自衛隊員の血を流させようとした(テロリストを実行犯として自衛隊員の殺害を狙った・自衛隊初の戦死者を出そうとした?)人物であり、日本と自衛隊にとって大変危険である。いま彼女の野望はとりあえずは砕かれた。が、万一、自衛隊員が殺されれば「想定内」とのたまいつつ、アイヒマンの如き目からきたねぇ涙の一つでも見せ「平成の軍神」キャンペーンからの靖国国家護持、憲法変更、超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家、ナチス・ジャパン)、自衛隊国軍(皇軍)化、徴兵制導入、軍部発言権強化、軍事予算大増額を狙っていたはずである。せめて防衛大臣だけでもすぐに更迭し、朝鮮半島有事に的確迅速に対応できる人物を防衛大臣に任命するべきだ、手遅れにならないうちに・・・。日本に神(GOD)の憐みを。もう、祈るほかない。


     2017/3/13


  2. <森友学園問題>籠池泰典氏 緊急独占インタビュー! あの会見で語れなかったこと 菅野完(HARBOR BUSINESS)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/312.html

    <森友学園> 認可申請取り下げの裏で見え隠れする幕引きへの策謀 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/308.html

    森友学園疑惑 大きな力で封印された“籠池砲”〈週刊朝日〉
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/278.html

    虚偽答弁で辞任不可避
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10781.html

    ちょうど国会答弁でイナダが追求されていたんだが、訴訟代理人として名前が出ていながら、いまだに「知らない」「勝手に名前を出されただけ」とイイワケしていたんだが、しどろもどろで死に体だわなw 辞めるなら早く辞めないと、どんどん傷口が大きくなるw

     2017/3/13

  3. 鳩山程度のルーピー、との表現、最高、ぴったりです。

     2017/3/13


  4. 日本の検察は安倍官邸に逆らえない:この閉塞状況を打破できるのは世論調査国民の覚醒しかない!今度こそ安倍氏にNOを突きつけるべき 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36589523.html

    <銚子発・アベ友疑獄> 加計学園のスキーム教えます 元財政当局者「第2の夕張にしてはならない」(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/256.html

    代金支払い遅延:施工業者「まだ5億円しか…」 籠池理事長所有の不動産に設置された抵当権も消え… 〜スキャンダルの中心人物は安倍晋三〜 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124386

    府議会でも質問なし 公明党「森友問題」徹底スルーの異様(日刊ゲンダイ)
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-379582/

    国の捏造が発覚! インチキ政権ここに極まれり(simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/287.html

     2017/3/12

  5. 駐韓大使を帰任させよ、などはもっての外。向こうが行動するまで帰任など不要です。場合によってはこのまま公館閉鎖も視野に入れておくべきです。対北問題で日韓の協調が必要との議論もありますが、我が国としては韓国があてにならない前提で、わが国独自の安全保障対策を。自ら構築するべきです。そのために必要な予算や体制作りはほかの何よりも優先すべき事項です。国会も我が国の安全保障法制を優先して討議すべきです。

     2017/3/12




  6. ○貴メルマガが報じる韓国次期大統領候補の、マッカッカなルーピーぶり。今度はどんな「指南役」がピタリ張り付いているのだろう。例えば、占い師に成りすました北朝鮮工作員(仮名:「サイ・ポクスウ」)が北朝鮮に有利なアドバイス(orまんま北朝鮮指令)をするかも(例.「北には手向かうなかれ、それが大吉。南(日本)を勢いよく攻めるがよし。星に気をつけよ」→北朝鮮の言う事を聞け。日本を攻め立てよ。米国を信じるな)。あるいは、もうそのものズバリ、成りすまし大統領か?これから韓国で何が起きるのか?分からない。が、今弾道ミサイル発射やVXガス異母兄殺しで追い詰められている北朝鮮は、なりふり構わず韓国無血占領を目論み、あからさまに大統領選挙に介入して来るだろう。あらゆる不正、ハッキング、マルコス選挙等を仕込み、なにがなんでも北朝鮮に有利な人物を韓国最高権力者に据えようとするだろう。で、韓国国民はどーするか?やれ「民族同士」だ「反日千年」だ「反米独立」だ、で突っ張れば北朝鮮の思う壺であり、北朝鮮による韓国無血占領に手を貸すことになる。仮に親北朝鮮反米反日大統領が韓国に登場すれば、サードシステム撤去、米軍指揮権剥奪、在韓米軍撤退、反日激化、竹島軍事要塞化、慰安婦少女像大量生産全土設置(1体10億対日買取要求→100万体全土設置で1000兆円?)、北朝鮮主導朝鮮統一政府樹立、核武装赤化統一朝鮮による対日宣戦布告、日朝戦争勃発・・・、悪夢のドミノ倒しが始まるだろう。

     とにかく韓国の政治混乱を益々激化させ、社会不安を煽り、社会騒乱・騒擾状態からの内乱、革命へと持っていき、最終的には北朝鮮による韓国無血占領、韓国併呑を目論んでいるのだろう。万一韓国が、元カノ&叔父さん&側近&異母兄殺しの連続殺人鬼北朝鮮独裁者の軍門に下れば、真っ先に犬の餌になるであろう韓国軍や韓国政府の幹部らの決心とは?もしかすると韓国軍司令部に韓国刀を手に乱入し、大韓民国救国の檄を飛ばし、韓国赤化阻止、救国粛軍クーデターを呼びかける憂国の士が現れるかも。韓国国民もいい加減に目を醒ますべきだ。北朝鮮の恐るべき野望とその無慈悲な実相を直視するべきだ。あの朝鮮戦争のとき北朝鮮軍がなにをしたのか、思い出そう。むかし米軍のベテランだった方からお聞きしたことがある、その言語を絶する残虐非道の数々を・・・。
     
     韓国の次は日本が狙われる。朝鮮半島動乱に際し、日本国内の北朝鮮工作機関(なりすまし・日本人協力者含む)によるテロ攻撃や在日米軍・自衛隊基地に対する攻撃・情報撹乱、日本の世論分断(徹底的な反戦キャンペーン、反米喧伝工作、親北朝鮮反韓国報道等)、日本の政治中枢混乱(仕込んでいた政治スキャンダル炸裂・ハニートラップ・・・)を仕掛けてくるだろう。さらには「熱い愛国者」「自衛隊の良き理解者」の愛国仮面をつけた北朝鮮工作員(?)が、「慰労したい」「激励したい」と自衛隊幹部や戦闘機パイロットを招き、超豪華な食事に何らかの毒物を仕込む超限戦をかましてきたり、反ユダヤ・プロパガンディストと彼らに帰依するグループをテロの用具と化し大規模テロをかますかもしれない(例.東京地下鉄サリン事件、今度はVXか?)。悪夢である。あのオウム真理教による一連の凶悪事件群を遅疑逡巡で阻止できなかった轍を決して踏むことなく、必勝の先制捜査で北朝鮮謀略機関の軽挙妄動、テロ攻撃、破壊殺傷工作活動を完全防圧、粉砕して欲しい。日本の沈黙の戦士に神(GOD)の憐れみとご加護を。祈るほかない。


     2017/3/12


  7. 今の検察は世を正す気概もない。「秋霜烈日のバッジ」が泣いている。(かっちの言い分) 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/250.html

    <森友学園疑惑>「豊中市議ら財務局を背任で告発へ」「肝心なことは何も明らかになっていない」追及続ける必要がある
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/248.html

    森友問題の本筋は安倍首相・財務省理財局長ラインである 日本外交と政治の正体(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/198.html

    民進党玉木議員GJ 理財局・近畿航空局が国家議員に平気で出す捏造資料を確認する。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/261.html

    一度も使われないまま解体、跡地は公園 
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10771.html

     2017/3/12


  8. 府議会でも質問なし 公明党「森友問題」徹底スルーの異様(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/268.html

    森友学園が学校を作る前の土地利用計画が判明!左右の国有地を組み合わせて大公園!実際は半分だけ
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15785.html

    上西小百合議員が森友問題について記者会見「維新潰すくらいしかできません」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/216.html

    上西議員の秘書が重大証言!!
    国有地の売却について一番最初に便宜を図ってくれたのは公明党の市議!!

     2017/3/12

  9. 現役女医さんから、衝撃的なワクチン話 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11625806166.html

    中国人らが国有地を不法占拠し農作業、立ち退き応じず強制撤去
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4743.html

    鎌倉ものがたり
    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%8E%8C%E5%80%89%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjivM6es9DSAhXEwbwKHfpaC1cQ_AUIBigB&biw=1088&bih=188&dpr=1.75

    プーチン大統領、治安関係省庁から将軍10人を解任
    https://jp.sputniknews.com/russia/201703103415511/

    韓国が東日本大震災のドサクサに紛れて日本に何をしたか知っていますか?
    http://www.news-us.jp/article/20170311-001446k.html

    片山さつき氏「外国人政策は性善説ではダメ」
    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2801.html

    稲田朋美×青山繁晴 慰安婦問題めぐる討論 「ザ・ボイス」より
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1846.html

    虚飾にまみれた隣国の実態「悪韓論」
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-3e09.html

    城下町の鍛冶屋と村の鍛冶屋
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3321.html

    マスコミ批判に関する一考(334) 自作自演で日本を辱める朝日新聞の品性下劣な紙面の作り方
    http://udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2017/02/post-b856.html

    在日朝鮮人 犯罪データベース 
    http://ameblo.jp/minegisi-minegisi/entry-11272676387.html

    渋谷ではたらく社長の告白 
    http://www.tm2501.com/entry/2014/02/03/122919

    だからふたたび国境は閉ざされる
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-f4f2.html

    砂糖等のとりすぎは、重症アトピーの引きがね
    http://min-voice.com/toomuch-sugar-4232.html

    西洋医学の9割は嘘、ねつ造! 
    http://blog.livedoor.jp/mizutaku3/archives/1003501509.html

    トキワ荘のマンガ家達が愛したラーメン屋「松葉」の“つけ麺”と“チューダー”
    http://news-act.com/archives/44118594.html

     2017/3/12

  10. ロックフェラー財閥は世界の医療独占を狙った。それは、秘密結社フリーメイソンを支配するユダヤ資本が、世界医療利権を独占することと同じである。その中核組織が悪魔的イルミナティである。彼らは病人狩りを楽しんでいる。「効かない薬のテレビCM」は、獲物を引っ掛けるエサである。「健康のために早期の検査を!」 これは巧みな仕掛け罠である。「××病撲滅キャンペーン」は追い込み猟である。「さあ、みんな乳がん検診を!」 ピンクリボン運動は巻餌釣りである。「癌検診で早期発見、早期治療を!」 本音は早期発見、早期殺害である。彼らの目的は巧みに騙して、健康を奪い、生命を奪い、金を奪うことである。

     ロバート・メンデルソン博士は、「現代医学の神は死神で、病院は死の教会である」と喝破している。さらに「現代医学で評価できるのは1割の救命医療のみで、残りの9割は慢性病には無力である。悪化させ、死なせている」「医療の9割が地上から消えれば、人類は間違いなく健康になれる」「イスラエルで病院がストをしたら、同国死亡率は半減し、再開したら、元に戻った」「人類の半分は、病院で殺されている。病因はストを続けるべきだ。永遠に・・・」

     メンデルソン博士の言うとおり、9割の医療は不要どころか有害無益である。現在、日本の医療費は約50兆円で、国家予算の半分である。世界の医療費は、推計1000兆円と言われている。9割の医療費が有害無益なら、日本は45兆円、世界は900兆円も節約できる。財政危機など一瞬で解消される。もはや、白衣の詐欺犯罪は通用しない。医療と言う名の大量虐殺も許されない。医療大崩壊は確実に始まっている。

     フォイトを「栄養学の父」に、ウイルヒョウを「医学の父」にでっちあげたロックフェラー財閥にとって、邪魔なのは医聖ヒポクラテス以来の伝統医療である。具体的には、自然療法(ナチュロパシー)、整体療法(オステオパシー)、心理療法(サイコオパシー)などである。「生気論」に基づき、自然治癒力を助けて、真に病気を治しているからである。さらに、自然治癒力を加速して病気を治す同種療法(ホメオパシー)も彼らにとって邪魔な存在だった。薬物療法(アロパシー)は、病気を治せないどころか、病気が治ろうとする病状を逆向きに押し返す。だから、対症療法(逆症療法)でしかない。

     風と言う「病気」を引くと、それを治すために「発熱」する。それは体温を上げてウイルス、バクテリアなど病原体を殺し、弱らせるためである。さらに、「咳」が出る。これは、病原体の毒素を排泄するためであり、「下痢」も同じである。これらの「病状」は「病気」を治すための治癒反応である。「命の振子」は振子を下向きに引っ張る力である。振子を下に引っ張るのが自然治癒力である。だから、「発熱」「咳」「下痢」などの「病状」は、病気を治すための治癒反応なのである。「治癒反応を止めてはいけない」と故・安保徹博士は警告している。しかし、西洋医学は「病気」=「病状」と致命的過ちを犯している。そうして「発熱」には「解毒剤」、「咳」には鎮痛剤、「下痢」には下痢止めを処方する。これは命の振子を逆向きに押し返す愚行である。

     薬物療法は病気を治せず、悪化させている。それが一目瞭然なのである。

     医療マフィアにとって、「病気」を治す医療は、全て敵である。彼らの詐術・薬物療法の本質は、病気を悪化させ、副作用で拡大させ、病人を大量生産し、最後は金も命も奪うことが目的である。ロックフェラーが大号令をかけたのは「伝統医療を潰せ」「正しい医療は抹殺せよ」「治すヤツは殺せ」である。彼らは病人狩りと共に敵である正当な医療狩りの雄叫びを上げた。そして真に病人を治す医師、治療師たちに偽医者の刻印を押し、逮捕し、投獄し、長期の刑罰を科した。さらに時には暗殺者を送り、闇に葬り去った。医療マフィアによる暗殺事例は枚挙にいとまがない。例えば、数多くの癌患者を完全治癒させたマックス・ゲルソン博士は突然、不可解な死を遂げる。新しい女性秘書が博士のコーヒーカップに猛毒ヒ素を持った。いったい誰が、その女性にヒ素を入れさせたのか? ロックフェラー・ファミリー・ファンドである。つまり、ゲルソン博士は「数多くの癌患者を食事で治した」と言う罪状でロックフェラー一族に命を奪われた。



     2017/3/12


  11. 森友隠し…あべぴょんのスピン緊急記者会見 / 政治家・官僚を支配する日本会議 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124389

    何か変な力が、大きく動いた!? 本当だとしたら、これは大疑獄事件だ。(永田町徒然草)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/257.html

    日本会議と統一教会は蜜月 偽装団体を介し交流する実態など Poligion
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5ce610d5e9b63d85dd3761bd8d380390

    一体、この日本はどうなってんだ!
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12241368446.html

     2017/3/12

  12. 書評欄についに「余命さん」の本、登場ですね。

     2017/3/12


  13. 【重大】国有地減額の根拠となった資料に画像捏造か!?別の場所で撮影された画像が一致!森友学園問題
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15847.html

    森友学園問題、豊中市議が財務局を背任で告発へ!自民・船田議員からは参考人賛成も!「極めて異常」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15845.html

    森友学園が学校を作る前の土地利用計画が判明!左右の国有地を組み合わせて大公園!実際は半分だけ
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15785.html

    自民・船田氏「特別な力学働いたと…」森友問題に言及 朝日新聞デジタル  
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/173.html

    土の搬出業者がトイレでの変死直後、唐突に、安倍でんでんと麻生太郎が「8億円は妥当」と開き直った 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/192.html

     2017/3/12

  14. 文在寅は野党指導者として盧武鉉に使えた。かの頓珍漢な盧武鉉の側近だった。こうした履歴が示すように、鳩山ていどのルーピーがまた隣の国に出現することになる。 日韓関係は最悪のシナリオの備えるべきだろう。←ルーピー(鳩ポッポw)でも、日本はなんとかもちこたえましたが。。。韓国は??ですね

     2017/3/12

  15. 朝鮮半島人に対する日本人の認識の甘いさ。こいつらを真面な人種とみるのが間違い。唯問題はマスごみ、テレビ等でこれら内部に巣食った在日が垂れ流しでかなりの日本人が洗脳されてきた。問題は日本社会に潜り込んだ反日勢力。そのうち朝鮮総連、民団がテロを起こすやも?野党に潜り込んでるシナ、朝鮮人も早いとこ始末すべき。
    以上

     2017/3/12

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    3909人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事