トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <北朝鮮の核開発凍結、イラン方式で米国は対朝交渉を始めるのか

発行日:3/9

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月9日(木曜日)弐
       通算第5215号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 北朝鮮の核開発凍結、イラン方式で米国は対朝交渉を始めるのか
  中国は他人事のように米国の疲弊をまつ戦略、THAAD配備に反対
****************************************

 全人代最中の3月8日、記者会見に現れた王毅外相は「猛スピードの列車が正面衝突する前に、双方が赤信号を灯し、急ブレーキを掛けるべきだ」と、まるで他人事のように米朝対決を批判した。
 北朝鮮を緩衝地帯として利用し、核技術と部品を平壌に提供してきたのは何処の誰なのか?

その一方で王毅は韓国へのTHAAD配備に強く反対した。
 中国国内ではTHAAD基地の土地を提供するロッテに対して、露骨に不買運動を組織化させ、嫌がらせを強める。そして韓国にTHAAD撤廃を迫るというのだから、まるで「凶器をもった強盗が民家の戸締まりをなじる」(石平氏)という構図である。

 そのうえ王毅は日本に対しても「こころの病気を治せ」と言い放った。
ようやく戦後の自虐史観から立ち直りつつある日本に、「健全なナショナリズムを回復せよ」と活を入れてくれたのかと誤解したが、真逆で日本の正気回復が危険だから、それがビョウキだと言っているのである。
こころのビョウキの国が、正常かつ清浄な人間に言いがかりを付けている構図である。

 北朝鮮が四発のミサイルを発射し、日本海に落下させた事件の衝撃は、平和ぼけ日本にも軍事的脅威を認識させるに十分だった。
 「日本の排他的経済水域」はイカ漁船が操業する海域でもあり、能登半島から北北西に200キロ、過去のどのミサイル実験よりも日本本土に近く、安部首相も「脅威は新しい段階にある」と述べている。

 国連安保理事会は北朝鮮非難決議と制裁強化をきめたが、ヘイリー米国連大使の発言が示唆的だった。
 「対話が重要なことは了解しているが、相手は無謀な人間よ」。
 トランプ政権になって「戦略的忍耐」という従来の姿勢は様変わりしており、「あらゆる選択肢」路線となった。これは北朝鮮への先制攻撃を含めるという意味である。

 トランプ政権が直面する焦眉の危機は中国の南シナ海不法占拠ではなく、北朝鮮の核とICBM、VXガスなど化学兵器の脅威である。
 「北朝鮮の暴走をとめようとしたら出来たのに中国が甘やかせたのだ」とトランプ大統領は中国を名指しで批判してきたが、実際に北朝鮮のICBMが米国の到達できるほどのレベルに達している事態を目の前にして、中国を包囲網の仲間に入れようと、中国への攻撃的姿勢を大きく後退させた。

 マティス国防長官、ティラーソン国務長官、つづけてペンス副大統領を日本に派遣し、北朝鮮への対応について緊急の協議が続く。
ティラーソン国務長官が日本訪問後、韓国と中国を訪問するのは「北朝鮮包囲網」の構築の打診にあると日本のメディアが分析しているが、中国の協力が得られるとは考えにくい。中国は米国の疲労を待って「漁夫の利」を得ようとしているのだから


 ▼ウッドロウ・ウィルソン研究所が北朝鮮の核の脅威に提言

  米国のシンクタンク「ウッドロウ・ウィルソン・センター」の研究者で斯界の権威とされるロバート・リトワクが「核テロを排撃せよ」という研究論文を発表した。
 以下、この論文の重要部分を紹介する。
 
 まず論文は北朝鮮の核戦力が量的拡大ばかりか質的に向上し、とうとう米本土にまで到達出来る能力をもつに至ったことを挙げ、2020年までに核兵器搭載のICBMを20発から100発保有するだろう、と予測している。
 
 過去四半世紀、米国が北朝鮮の核の脅威に直面したのは三回目となる。
 最初はブッシュ政権のときで、米国は金正日政権の権力基盤を見誤った。フレームワークづくりを実現しようとし、体制の転覆を狙うのか、ならず者国家の変革が目的なのか不明のまま1994年に「米朝枠組み合意」を撤廃した。
 当時、米国に届くミサイルもなく、ウラン濃縮実験をしてはいたが、核実験もしていない段階だった。上院は共和党が多数派となり、合意遵守が疑わしいことを理由に挙げた。

 オバマ政権ともなると、北朝鮮を「ならず者国家」と呼ばなくなって「局外者」という位置づけに変えた。
 大幅な後退で、隙を狙って北は何回も核実験を行った。
核拡散防止条約体制に加わるか、国際的孤立の道を歩み、制裁を受けるのか、しかし北朝鮮は平然と核実験をおこなって、国際秩序に挑戦しつづけた。
 オバマ政権は「戦略的忍耐」を称して、何も効果的な措置を講じなかった。


 ▼鵺的にふるまう中国の深謀遠慮

 中国は常に北朝鮮側にたって朝鮮半島の問題解決を探っており、北の体制崩壊を警戒してきた。
中国のもっぱらの関心は北朝鮮が米国主導で韓国と統一されるシナリオであり、そうなると中国としては、大事な「緩衝地帯」を失うという安全保障上の脅威に繋がる。それゆえ韓国へのTHAAD配備に強く反対し妨害してきた。
 
 北にとっては核兵器保有こそ、生き残る唯一の道であり、米国、韓国、日本から経済的支援を引き出す最大の取引材料でもある。
 2011年にNATOのリビア介入は、米国がカダフィ大佐の体制を保証していたが、「武装解除に乗ったカダフィ大佐は、結局、西側に騙されたのだ」という総括を北朝鮮はしており、兵力の削減には絶対に応じようとしなかった。

 西側は忍耐の限界に達し、経済制裁を強めるが、そもそも「制裁」は戦略ではないのである。米国は従来の交渉路線をまったく別方向へ改め、量的質的向上を阻止することを外交目標の第一義とするべきだろうとリトワク論文は言う。。

 そこには「三つのNO」が基本原則となる
(1)新しい兵器を開発させない
(2)核実験、ミサイル実験をさせない
(3)核技術ならびに兵器の輸出をさせない

 こうして核開発、ミサイル開発ならびに実験を凍結させ、北の譲歩を引き出すというイランとの核合意方式が、当面の米国の外交目標とすべきだと同論文は提言している。
この提言もかなり微温的、融和的と取れるが米国外交の多数意見とみられる。
     ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1541回】
――「彼等の體力は實に野生である、獸性である」――(高瀬1)
   高瀬敏?『北清見聞録』(金港堂書籍 明治37年)

  ▽
 高瀬敏?。号は花陵。生没年は不詳ながら、本書冒頭の徳富蘇峰が漢文で記した「序」から、その人物像が浮んでくるように思える。

 「予、君と故郷閭を同じくし、又學窓を共にす」というから生まれは熊本で、熊本洋学校で学んだのだろう。その後、京都の同志社で「歐米日進の學」を講じ、「北京東文學社?官」に招聘される。北京に住む間、暇をみつけては「山河の險を跋渉し、(中略)北清を遍く遊蹤し」、春秋の昔より繰り返されてきた興亡の歴史を学んだ。「東文學社に在っては、人材陶冶の業に從う」。高瀬の願いは、一は清国を救うことにあり、一は清国の現状を日本国民に知悉せしむることにある、という――以上から想像するに、早い時期の“インテリ支那通”といったところだろうか。

 徳富の「序」に続き、「朝日新聞」の初代北京特派員の上野岩太郎(慶應3=1867年〜大正14=1925年)、キリスト教伝道者・教育者・思想家で知られる海老名弾正(安政3=1956年〜昭和12=1937年)、早稲田大学で教鞭を執った思想家・政治学者の浮田和民(安政6=1859年〜昭和21=1946年)が推薦の文章を寄せているところをみると、どうやら高瀬は彼らと熊本・キリスト教・同志社・北京で繋がっているようにも思える。

 高瀬の本文に入る前に、ここに挙げた3人の推薦文を見ておきたい。それというのも、そこから当時の我が国知識人の中国に対する考えが窺えるからだ。

 上野は、北京の自然は貧弱で単調だが、「社會は複雜にして興味饒し」。日本人は殺風景な景色に飽きてしまい、「面白き人事の研究を忽にし」てしまう。「眞個の北京」とは東西の文明と古今の歴史とが交錯する人種と文明の坩堝であり、「?瓦を戴ける殿閣樓臺」が目に入るかと思えば、一方では「汚穢滿目、黄塵空に漲り、惡臭鼻を衝くの處、車聲、馬聲、人聲相呼び相應して喧囂雜踏、殆ど一幅の不潔世界」でもある。そこで「不潔の都會、?僞の人民なる概括的評語を以て一切を斷定して了るもの多し」。だが、それでは「眞個の北京を知るものならんや」――と疑問を呈す。

 次いで海老名は、「日本人の熟讀玩味する言語文章が支那の古文字であ」り、また「日本人の手にする書籍は、多くは支那聖賢の希望し、修養したる事等を記載したもので、普通常人の風俗習慣とは全く趣味を異にしたものである」。「封建時代の儒者多くは聖賢の經典を讀んで、支那は聖人の國を無止に稱譽したのも全く空想なので」あり、日本人は現実の「支那の人情風俗」が判らない。「彼我の儒者が互いに交際する時」は同文同種を感得するかも知れないが、「普通常人の交際は、日本人と西洋人とのそれに何も異る事はない」。とどのつまり「日本人の支那に於ける知識は天地も啻ならないのである」――と諭す。

 残る浮田は、今や「列國は恰も世界といふ有機體一部分となり、各國は他國と分離独立しては自國の問題をも正當に解釋すること能はざるに至れり」。「東洋の一國たる日本が将來如何なる發展を爲し得べきかは、(中略)第二十世紀に於ける極東支那帝國の運命に關して正當なる解釋を爲し智慮ある政策を斷行し得るや否やに在て存す」――と説く。

 そこで高瀬だが、「第二十世紀に於て世界が當に解釋すべき大問題は、啻に一のみではあるまい。而かも所謂支那問題なるものは、其の最も大なるものに相違あるまい」。「今や北京は殆んど世界外交の中心であるかの觀がある。少なくとも日本外交の中心點は北京である。若しわが日本が、北京外交の舞臺に於て敗を取ることがあるならば、大日本の理想は遂に一個の空想に過ぎない」と。まさに大上段に構えた。

 四者四様で大時代風の表現が気になるが、その真意は21世紀初頭の現時点にも十分に通用するだろう。ならば日本人の対中認識は進歩、退歩、いや大いなる停滞なのか。
《QED》
          ▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)日本のメディアは北朝鮮の金正恩斬首作戦が近いなどと書いていますが、米国はさかんに中国との交渉を重視し始めている様子です。
 もし斬首作戦となると、第二次朝鮮戦争の勃発は避けられないと思いますが、如何でしょう?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)今号にも書いたように、当面斬首作戦はないだろう、と予測されます。しかし、トランプ大統領のことですから、何をやらかすかまでは予測できませんが。
       ▽△◎◇▽◎○◎□○□◇       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊予告 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
  ♪♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず潰される』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 予価1000円(+税)。3月18日発売
 まもなく予約募集を開始します !
      +++++++++++ 

  ♪
宮崎正弘 vs 石平 対談第八弾
  ♪♪
 『いよいよトランプが習近平を退治する!』(ワック)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  予価920円+税   3月25日全国一斉発売!
  (3月18日頃から予約募集を開始します)
     ◇▽□○◎□▽◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 森友学園の籠池理事長が反論動画を公開!「稲田さんとは二年前にも会ってる」「尻尾切りはやめて」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15809.html

    森友学園:保育園で虐待の疑い 補助金不正受給も(毎日)
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0309e040280/

    森友学園が学校を作る前の土地利用計画が判明!左右の国有地を組み合わせて大公園!実際は半分だけ
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15785.html

    カゴイケ動画は何故、削除されたのか?(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10754.html

    カゴイケが自分で動画をアップしたんだが、ウチで貼ったら数時間で削除されましたw 今日はTVの生放送でも理事長登場、大混乱で、こうなると勢い止まらないw この事件はネタが横に広がりすぎていて、関係者が多すぎて、コントロールしきれない。みんなでニラメッコして、誰が口を開くのか、戦々恐々なんだが、中でも一番、しゃべっちゃイケナイ人間が、ペラペラ唄いすぎw オマエ、刺されるぞw オウムの村井とか、金投資の豊田商事とか、思い出しますw

     2017/3/9

  2. >その目は、あのイスラエル・テルアビブで裁判にかけられたナチス・ドイツによるユダヤ人ホロコースト実行責任者アドルフ・アイヒマンの目のようだ。

    アインヒマン裁判はテルアビブじゃなくてエルサレムだw 知っとけチョンwww

     2017/3/9


  3. 森友学園問題が「捜査ナシ」で済むはずがないこれだけの理由 特捜部に起死回生の時が来た(現代ビジネス)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/132.html

    <アベ友疑獄>土木業者の自殺 8億円の土、搬出に関係か(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/121.html

    森友問題にも懲りず 安倍昭恵夫人がセミナーで“珍説”連発(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/108.html

    「すごく戸惑っている」という安倍昭恵、自分の置かれた立場や情勢が分からないとは(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/106.html

    <小沢代表、森友学園現地調査>「異常な話ばかり。安倍総理の威光をバックに進められたことが最大の問題!」 上西議員も合流!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/123.html

     2017/3/9

  4. ↓こいつは在日大韓民団=韓国国家情報院の工作員。キリスト教会には韓国人売春婦とスパイが一杯www

     2017/3/9




  5. ○貴メルマガが伝える米国トランプ政権の対北朝鮮政策。ソウル火の海、犠牲者100万人、韓国崩壊、第二次朝鮮戦争、朝鮮戦争(触媒戦争)からの米中全面核戦争、テロリスト&中東(イラン、ハマス、ヒズボラ、アルカイダ、IS等)へ大量破壊兵器拡散、原爆自爆テロ、VXガス大量撒布ホロコーストテロ、大量破壊兵器による世界大戦規模テロで第三次世界大戦惹起・・・。これらの悪夢をどの程度まで抑止し、どの程度まで受け入れるのか?筆者ご指摘の、米国シンクタンクによる対北朝鮮微温政策は、その見極めのための時間稼ぎだろう。が、もはや米国の利益にならぬ(米国本土を核ミサイルで狙う)北朝鮮の暴走を食い止めるためにはある程度の犠牲はこの際やむをえないと判断、米国指導部が決心さえすれば北朝鮮壊滅作戦(作戦名・仮称「自由の半島作戦」大規模全面(核)攻撃か、作戦名・仮称「黒電話」斬首作戦)が執行されるだろう。

     あの真珠湾の騙討ち攻撃で対米戦争を始めた大日本帝国の、残置諜者国家の如き北朝鮮ゆえに米国から攻撃を受ける前に騙まし討ち攻撃を仕掛けるのでは?米国には「イラン式核合意」の交渉に応じる振りをしたり、日本へは北朝鮮による拉致被害者の「調査」をすると匂わせたりしつつ、その実、日本国内の在日米軍基地を狙うかも。どこか?あの大日本帝国海軍が始めに狙ったのが、クリスマスシーズンの日曜日にハワイ真珠湾に停泊していた米国海軍太平洋艦隊であったことを想起すれば自ずと見えてくるだろう。ズバリ第七艦隊の母港を狙ってくるのでは(今度はイースターの休日か)?悪夢である。が、日本から真珠湾の騙まし討ちを喰らった米国が、再び同様の北朝鮮による騙まし討ちを喰らうとは思えない。最新鋭テクノロジーで完全に防御、阻止するだろう。あるいは、あえて北朝鮮に攻撃させ、それを対北朝鮮攻撃の口実にするかも?米国の深慮遠謀は計り知れない。元カノ&叔父さん&側近&異母兄殺しの北朝鮮連続殺人鬼独裁者がしでかす 次の馬鹿(弾道ミサイル・ICBM発射、核実験、対韓国軍事攻撃、対マレーシアテロ攻撃等?)が、北朝鮮壊滅のトリガーになるのでは?北朝鮮指導部は、原子力爆弾を人間の頭上に落とした唯一の国が米国であることを想起すべきだ。「灰にしろ!」新しいカーチス・ルメイ将軍が米軍作戦司令部でそう命じるかもしれない。

     そして、あぁ愛するわが日本は・・・。今、大阪発の疑惑に飲み込まれる靖国ナチス政権。それにしても、国有地タダ同然払下疑惑学校法人認可疑惑産廃埋戻疑惑建設費用虚偽報告疑惑推薦枠虚偽報告疑惑政府補助金不正取得疑惑児童虐待疑惑教育基本法違反疑惑ヘイト文書疑惑アベ夫婦名義無断使用疑惑経歴詐称疑惑コンニャク請託未遂疑惑・・・、もう疑惑が巨山となり収拾がつかない有様である。が、この靖国ナチス政権の根幹を揺るがす一大疑獄事件の最中にあって、またしてもあのあぁ勘違いかわいこぶりっ子軍事どしろーと白紙領収書財テク靖国ナチス棒読み泣きべそおばさん大臣が、なんと「教育勅語」を礼賛する国会答弁をしたという。何が何でも日本国民に「教育勅語」を暗誦させ、「天皇の赤子」「皇軍兵士」に仕立て上げ、地獄の戦場に叩き込むつもりだろう。今、国連さえも警告するスーダンで、「戦闘」を「衝突」と言葉をすり替え自衛隊員をとどまらせ、テロリストによる攻撃で自衛隊員を殺しにかかっているのではないか(不作為の殺人)。万一自衛隊員に死傷者が出れば、汚い涙を流しつつも「想定内」とのたまい、「平成の軍神」として靖国国家護持、自衛隊国軍(皇軍)化、軍事費増大、軍部発言権拡大強化を狙ってくるだろう。本当に恐ろしい。その目は、あのイスラエル・テルアビブで裁判にかけられたナチス・ドイツによるユダヤ人ホロコースト実行責任者アドルフ・アイヒマンの目のようだ。本来祖国日本防衛を任務とする自衛隊を海外の「衝突」現場に差し向け、防衛の担い手である自衛隊員(日本を守ってくれる大切な戦士)を死に引き渡し自衛隊を弱体化させ、さらには肝心要の日本防衛を手薄にさせる・・・。いったい誰が喜ぶのか?すぐに分かるだろうに。おまけに「教育勅語」を礼賛、日本国民の臣民化をはかる。大阪の疑惑と根は同じである。自衛隊がいなくなった日本を安易に現北朝鮮指導層(北朝鮮壊滅で日本に逃げてくる連中)にそっくり無傷で引き渡し、日本丸ごと北朝鮮化を目論んでいるのであろう。旧GHQが残置した「戦前」の、「馬鹿の檻」の中でいつまでも「みいつ詐欺」に浸かっている国民主権ならぬ国民棄権の世間様も、今、「愛国仮面」をつけた靖国ナチス長州謀略政治の裏側にある、醜悪な悪鬼の形相を喝破しなければならないだろう。かわいい自分の子どもや孫たちが、片道燃料の航空機や潜水艦、ベニヤのモーターボートや粗末なロケットで人間爆弾にさせられたり、棒の先っぽに爆薬をくくりつけ海中で待機、押し寄せる上陸用舟艇を突っついて自爆させられたり、地雷を背負って戦車のキャタピラの下に飛び込まされたり、そんなんで「なんで靖国わるいんかぃ」と強弁される中、靖国拝む「九段の母」の、あの涙を流す日が、再び来ることがないように・・・。

     北朝鮮危機は日本危機でもある。ミサイルは陽動作戦で、本命攻撃は日本国内の北朝鮮工作機関(なりすまし・日本人協力者を含む)による大規模テロ攻撃(例.東京地下鉄サリン事件。今度はVXテロか?)かもしれない。特に反ユダヤ・プロパガンディストと彼らに帰依するグループがテロ実行犯にリクルートされるかも。遅疑逡巡でオウム真理教による凶悪事件群を阻止できなかった轍を決して踏むことなく、必勝の先制捜査で邪悪なテロ攻撃、破壊殺傷工作活動を完全完璧に防圧、粉砕して欲しい。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかない。




     2017/3/9


  6. 第二の森友学園、加計学園疑惑を野党が国会追及!安倍首相の友人学校に36億円の土地!政府答弁は曖昧に・・・
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/119.html

    文科省高級官僚、自民党文教族の中核「清和会」、幼稚園、小学校から大学まで「文教関係の補助金」に群がっている(板垣 英憲)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/126.html

    【補助金詐欺】森友学園、費用の見積もりは同じ日に提出!筆跡も一致で確信犯か!国と府で使い分け
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15789.html

    ポケットを叩けば契約書が三通
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10749.html

    契約書がもう一通出てきたw 手品かよw まぁ、少なくとも2通は偽物です。全部偽物かも知れないw 日本国の財政は破綻寸前なんだが、そこまで追い詰められた原因というのは、言うまでもない、「補助金」という名前で垂れ流されるカネカネカネカネ。今回は地面は無料で手に入れ、建物は補助金掻き集めて、手銭ナシで済ませるというスキームだったわけです。

     2017/3/9


  7. 【悲報】自民党と公明党、参考人招致拒否を再確認!森友学園の籠池理事長ら 「民間人は慎重に」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15800.html

    籠池氏招致に反対する国会議員は「森友学園」疑惑が解明されたら不都合な人たちだ。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/127.html

    田んぼに園児を突き落とす、バケツで頭から水を掛ける、森友学園の教育内容が完全に幼児虐待(BUZZAP!)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/895.html

    言う事が微妙に嘘混じり(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10745.html

     理事長なんだが、元奈良県職員だというのは知られていたんだが、本人は「自治省からの出向」と言っていたんだが、嘘で、最初から県職員だったらしい。しかも、本人の言う卒業年度が一年違うw コイツね、言う事が微妙に嘘混じりw まったくの大嘘というわけでもないところが微妙にいやらしいw 
     愛国を声高に叫ぶヤツはチョーセンジン。これ、覚えておけw

     2017/3/9

  8. 在日「日本人は日本から出て行きなさい」 
    http://ameblo.jp/minegisi-minegisi/entry-11301992496.html

     2017/3/9


  9. <速報>森友学園の工事関係者の方が亡くなったと上西小百合議員がツイート。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/878.html

    <安倍晋三記念小学校> ついに出たのか、死者? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/899.html

    財務局が埋め戻し提案 森友学園予定地産廃 工事関係者が証言 <しんぶん赤旗>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/890.html

    ついに死者が出た! 恐るべし森友アッキード疑獄事件(simatyan2のブログ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/102.html

     2017/3/9

  10. 北朝鮮の核開発凍結、イラン方式で米国は対朝交渉を始めるのか 中国は他人事のように米国の疲弊をまつ戦略、THAAD配備に反対←シナには、あきれるばかりです!

     2017/3/9

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    2866人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事