トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <ネオコンの代表格、ロバート・ケーガンは何をしていたのか?

発行日:3/6

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月6日(月曜日)弐
       通算第5211号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 ネオコンの代表格、ロバート・ケーガンは何をしていたのか?
  「共和党はフランケンシュタイン(トランプ)に乗っ取られた」と捨て台詞
****************************************

 東西冷戦の終結、ソ連邦の解体と続いた89年から90年代初頭、ネオコンの旗手だったロバート・ケーガンの旗色は良く、凄まじいほどの勢いがあった。ソ連が崩壊したからには米国の天下である、と自信に満ちていた。
 かれはジャック・ケンプ下院議員のスタッフから国務省に入省し、1988年まで勤めた。ケンプはレーガン革命の旗手として、有力な議会指導者でアメラグのヒーローでもあったから国民の人気が高かった。そのうえ、ケンプは2004年の大統領選挙の時は共和党ボブ・ドール候補の副大統領候補だった。

 その後、ロバート・ケーガンはブルッキングス研究所主任研究員となり、『新しいアメリカの世紀』という政治運動の主唱者ともなり、彼が書いた本は、政治議論の好きな人々に読まれた。
 共和党が下野したときは保守系シンクタンクのパリ代表となって欧州からコメントを寄せていた。弟のひとりは保守系AEIの研究員である。

 続けてブッシュ・ジュニア政権となると、911NYテロ事件直後の世論の激化を背景にして、イスラム過激派との対決姿勢を鮮明に打ち出し、イラク戦争、アフガニスタン戦争で米国は闘え、新しい世界秩序が世界の安定をもたらすと首唱した。

実際にイラク戦争開戦の世論つくりに貢献したのはネオコンだった。
米国の外交はブッシュ大統領よりも、チェイニー副大統領が主導権を握った。このチェイニーの副補佐官にはケーガン夫人のヌーランド女史が乗り込んで、米国の外交の基本を左右するほどだった。だからリベラルなマスコミはネオコンを敵視した。

 ネオコンの主張は「畏怖と力による世界秩序」である。
 ネオコンは保守本流ではなく、トロッキストからの転向組が多い。始祖とされるアービン、ウィリアム・クリストフ親子は元トロッキストだった。

したがって共和党の保守本流とは馬が合わないどころか、人脈もことなり、仲が悪く、またユダヤ人が多いため、穏健保守派とも大きな距離があった。
筆者は、この時代の思潮的変化、安全保障問題を、ネオコンを軸に論じ、『ネオコンの標的』(二見書房。絶版)という本を書いて、ネオコンの人脈、その思想的背景と変遷を多岐に分析しつつ、イデオロギー的団結が脆弱であり、この天下は長続きしないだろうと予測した。


 ▼立場を一転、トランプ批判の急先鋒に

 トランプが予備選前の泡沫候補から、予備選で首位に躍り出ると、ロバート・ケーガンは、ワシントンポストに「共和党はグジャグジャに溶解した。トランプはフランケンシュタインだ」(2016年2月25日、ワシントンポスト)と批判した。
ついでに保守強硬派として、テッド・クルーズ(茶会代表)も同時に批判し、「もし彼らが共和党の正式候補となれば、わたしはヒラリーに入れる」と明確に宣言した。
ヒラリーなら世界秩序維持に貢献するだろうから、「トランプよりマシ」というわけだ。
 
そして驚くなかれ、ロバート・ケーガンは、嘗てこき下ろしてきた民主党政権に近づき、オバマ大統領に助言する立場を得ていた。
すでに2014年からニューヨークタイムズのインタビューで「ヒラリー国務長官の安全保障観と外交は心地よい」などと言い、アラブの春、ウクライナ民主化を賛美した。
 ヌーランド夫人は国務省幹部として、ウクライナに派遣されて、反ロシア派の陣営を鼓舞していた。

 ウクライナで親露派の勢力が東部で影響力を行使し、またシリアに対して米国は後ろ向きに転じても、ロバート・ケーガンは「リベラル世界秩序」などと修辞を弄び、オバマの不作為による失敗を批判しなかった。このため嘗ての主張から転向していると保守派論客から鋭くこき下ろされた。

 つづけてエジプトに「アラブの春」運動が飛び火し、イスラム同胞団が政権を抑え、米国の利益と対立した。シシ陸軍大将が軍事クーデターを起こし、イスラム同胞団過激派を追い出したが、米国は軍事政権を容認した。

 これはオバマ政権の下、ヒラリー国務長官が展開した外交の後退ではあるが、現実路線であり、イスラムと民主主義とは水の関係である。
 レーガン、ブッシュから、平然とオバマに乗り換えるという転向は、トロッキスト特有の世渡りではないか、というわけだった。

ところが「エジプトの軍事政権を容認した米国は『外交的失敗』を犯した」とロバート・ケーガンは、またまた民主党政権を批判し、支持政党がころころ代わるという意味ではカメレオン評論家と言われた。

 そのケーガンが最近、何を言い出しているかというと、力の行使、米国の秩序主導の世界秩序の回復を強固に主唱し、「戦後世界は米国主導で秩序が維持されてきたのであり、もし、この路線が後退すれば、世界は第三次世界戦争となる。米国が築き挙げた法の支配、民主主義と人権、市場経済という世界秩序はロシアと中国のいう軍事国家から挑戦を受けており、米国主導秩序が破壊されかねない状況に陥没した」と言うのである(「フォーリン・ポリシー」、最新号)。

 ケーガンの物言いは、「オバマ政権の八年間の無作為、国防力の急速な衰えは中国をして堂々と南シナ海制圧、ロシアのクリミア併呑を招いた。米国は力の行使を選択肢としていつでも行使できる軍事大国に復活するべきだ」とするトランプの主張と変わらない。
 カメレオン論客の立場の変更ではあるものの、ケーガンにとっては「畏怖と力による世界秩序」という基本姿勢には、寸毫の変更もないのである。

    ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1540回】    
  ――「衰亡國民ノ意節ナキニモ浩歎セサルヲ得サリキ」――(植村)
   植村雄太郎『滿洲旅行日記』(東京偕行社 明治36年)

   ▽
 なぜに日露戦争に突き進まねばならなかったのか。ロシアの不当な扱いに対する怒り、満州を抑え北京までも影響下に置こうとするロシアに対する素朴な恐れ、満州の大地が秘める無尽の可能性への熱い念いが、戸水の『東亞旅行談』からはヒシヒシと伝わってくる。やはり歴史は常に現代史である。現代人の小賢しい理屈を持ち込むことなく、当時の国際環境と、その時代を生きた人々の立場に立って、日露戦争を振り返る必要があるだろう。

 それにしても「何卒日本人も此の如き壮大なる心を懷いて世界に雄飛するの計畫を立てヽ欲しいものです」という戸水の気持ちは痛いほどに判る。だが、その例として引いた「古人の詩」はイタダケマセン。「衣ヲ振ウ千仭ノ岡、足ヲ濯ウ萬里ノ流」と漢文音読式で朗々と吟ずれば、確かに調子良く耳に響き心を沸き立たせはする。だが、考えてみれば、これまでも再三再四に亘って指摘したように、白髪三千丈式の気宇壮大なダボラの類に過ぎないのである。

  戸水の旅行にほぼ1年遅れた明治36(1903)年8月9日、陸軍歩兵少佐植村雄太郎は神戸港を発つ。先ず釜山に上陸し元山、ウラジオストック、ハルピン、奉天、営口、天津、芝罘、旅順、ダルニーを経て9月25日に「山形衛戍地歸着」した。コースは戸水とも重なる。

 「緒言」に「露國研究の念慮は數年前より予か腦裏に浮ひしありも年々勤務に餘暇を得」なかった。幸い「一般将校夏期休暇」を許されたので、「年來外國旅行費として俸給の幾部を貯えありし少額を懷にして」旅立ったとある。本書は植村少佐の自費旅行の旅日記ということになる。なお、原文のカタカナ部分のみひらがなに改めた。

先ずウラジオストック。
統計は不正確ながら人口は「約四萬人にして内露人一万五千歐米人五百日本人三千清人二萬韓人千五百位なり」。日本人は「出入頗る繁にして不明なる由」だが、「約三千人」というのが実態に則した数字だろう。だが、このうちには「支那人の妾出の如きは無國籍同樣にして此種の雜出兒甚だ多し」。「市中最も多く見るものは支那朝鮮の勞働者」だが、日本人には労働者は見当たらず、「皆其職を得たるを見る」。だから「此點は他に對し誇るに足る」が「醜業婦の數甚だ多きは歎息に耐へぬ」。

 「清人の勞働者は多い」が、「富豪の商店亦他國人に比し秀出せり」。そこで「當地の商權は過半清人に歸す」。街に品物は溢れ商売は繁盛しているが、「其賣主は悉く清人にして殆と彼等專有の體なり」。つまりウラジオストックの経済は清人の「富豪の商店」に抑えられていると考えて間違いないだろう。

 「露人の清人を虐待するには驚きたり」として、「(ロシア人は清国人を)無暴に蹴り又は打?する」。「人物の高下を問うはす辮髪と見れは恰も犬馬の如く酷に取扱ふ露人の跋扈惡むへし」。同時に「衰亡國民の意節なきも浩歎せさるを得さりき」と。だが「當地の商權は過半清人に歸」していることを考えると、清国人を富豪から労働者まで一緒くたに「衰亡國民」と見做すことは、やはり間違いだろう。おそらく富豪の中には、いや大多数の富豪が自分たちと「恰も犬馬の如く酷に取扱」われる労働者を同国民とは思ってはいない、いや同胞という認識すらないはずだ。国民としての一体感など期待する方が、どだいムリ。

  醜婦業も含め日本人全体は「露人から敬愛を受け諸事親切懇篤に取り扱われている」とするが、一方で「露人は弱味に付け込む性質を有」するから「遠慮する者は却て不幸を來たす」とも記す。

 ロシア人を指し「大國民は氣性は淡泊にして宏量なり」。一方、「我邦人は小局量と猜疑心とを以て之を見るを以て大に其眞相を誤るか如し」と。
苦言は無期限有効なのか。
《QED》
▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊予告
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
  ♪♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅びる』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 予価1000円(+税)。3月15日発売予定
 まもなく予約募集を開始します !
       ▽△◎◇▽◎○◎□▽◎○◎□○□◇      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)北朝鮮が最初の核実験を行ったのが2006年、読売新聞のエルサレム支局長を勤めていた三井美奈氏は、イスラエルのユダヤ人から「日本はいつ北朝鮮を攻撃するのか」としょっちゅう尋ねられ、うんざりしたと書いています。(「イスラエル ユダヤパワーの源泉」新潮新書 2010年)
 同書では北朝鮮によるスカッドミサイルの輸出に脅威を感じたイスラエルが北朝鮮と直接交渉を行った経緯にも触れています。1992年にモサドのシャビット長官はハレビ副長官を国交のない北朝鮮に直接送り込んだ。シャビット長官は日本の国会議員や外務省の担当者とも会談し、北のミサイルの輸出について警告し証拠も見せたのに、日本側は真剣に取り合わなかったという。
 平壤にはモサドとは別に外務省からもベンツール外務副次官が乗り込んだ。「むなしい交渉でへとへとになり、眠りに入って一時間すると部屋の扉がノックされ『歯ブラシを持ってきた』『歯磨きはあるか』と言って起こされる。消耗戦でした。それに、彼らは面と向かってウソをつく。私はエジプトやヨルダンなどアラブ諸国とも交渉してきましたが、北朝鮮にはずっと手こずりました」
 外務省代表団と北朝鮮は1993年には北京で交渉を継続、北の譲歩を引き出すも、モサドは交渉継続に反対、ラビン首相は交渉中止を宣言、北朝鮮との交渉の不毛さが伝わってきます。面と向かってウソをつくのは韓国も同じ、南北コリアン共通の性格なのでしょう。

 三井氏は米国のユダヤロビーによりアメリカ外交が過剰にイスラエルを擁護する結果、かえってイスラエルの外交政策を縛ってしまうことも指摘しています。トランプ大統領がテルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移すとの発言は大きな問題になりましたが、これは1995年に米議会で成立した「エルサレム大使館移転法」が元になっているのですね。この法案成立もユダヤロビーの成果なのですが、当時の米議会記録によると、イツハク・ラビン首相の報道官は「和平交渉を妨げようとする右派の画策だ」とまで述べ、反発したという。

 他にも興味深い話題が多い。1967年の六日戦争でイスラエルが圧勝、エルサレムを東西に分けていた鉄条網が撤去されるや東の住民は「西エルサレムにはなんでもある」という噂を聞いて、おっかなびっくり出かけたという。冷蔵庫やラジオなど、初めて見る家電製品に興奮し、横断歩道では信号機を見学する人の群れができ、点灯する度、拍手が起きた。イスラエルとアラブの格差を象徴する出来事です。
 三井美奈氏、現在は産経新聞で外信部編集委員。「三井美奈の国際情報ファイル」でトランプ大統領の移民入国禁止令がなぜかアラブ諸国で擁護されている理由を解説、『入国禁止措置は「イスラム教との対決」ではない。それを装った、トランプ新政権の巧妙なイラン封じ込め政策である点を見逃してはならない』との指摘など、ひたすら人権問題としてトランプ叩きをする他のメディアとは視点がまったく異なります。
欧州のイスラム移民問題から安楽死問題まで守備範囲は広く、とくに安楽死問題は日本にとっても他人事ではありません。産経は良い人材を受け入れましたね。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)ドイツでは外国人登録法が改正になり、外国人はすべて十指の指紋を採取されることになった。これは宮崎市定が1965年にドイツのハンブルク大学から客員教授に招聘された時の話で、10月に赴任した本人は指紋押捺はなし。
一月遅れの同僚たちは、みな指紋を押捺せねばならなかった。当時のドイツはバルカン方面からの労働者の急増で治安に問題が生じていたらしい。迷惑な話ではあるが、少数の悪い奴、とは言わぬまでも取締対象者のために、多数の関係ないものが一律に同じ法制の取扱いを受けることは已むを得ないことなのである、と納得。
 隣国フランスでは外国人は常時IDカードの携帯を義務付けられ、IDカードの写真は警察にも届けてある。肖像権の保持もまた重要な人権の一種であるが、この場合そんな堅苦しいことは言っておられない、とフランス当局を支持している。

 日本の場合はどうか。
1985年に書かれたものですが、日韓で指紋押捺問題が騒がれた折、当時の島崎法相が韓日議員連盟の権会長に説明したのは次のようなもの。
一、登録外人の氏名変更が年間二千五百件ある。二、自治体から同一人性確認で疑問があるとの届出が、年間七百件ある。三、昨年は三十七件の不正入国が発見された、等。
 さらに北朝鮮からのスパイ事件が後を絶たないこと、辛光洙の日本人拉致事件にふれ、辛光洙が韓出身二世、原 敕晁を拉致し北朝鮮に送り、原さん名義の日本国旅券、運転免許証、印鑑登録証、国民健康保険証などを奪い、原さんに成りすましたのは、日本人は指紋押捺の義務がないため、指紋照合によって身元がばれる心配がない、というのが最大の理由であった、とする。

 タイでは15歳で写真入りIDカードをつくりますが、同時に十指指紋を登録します。そのため犯罪現場で指紋さえ採取できれば犯人がタイ人ならすぐに特定できる、とタイ警察で犯罪捜査を教えている日本人の元刑事がテレビ番組で話していました。
犯罪に限らず痴呆老人の徘徊、震災での犠牲者の本人確認などでも指紋が登録されていればすぐに判別できたことでしょう。
日本では身元不明死者が年間数千人とも言われます。そのうちの何%かが外国人による背乗りだとしたら恐ろしいことです。大阪の葬儀業大手の会社では身元不明遺体を常時50〜60体保管しているという。
http://www.j-cast.com/2016/03/11261120.html?p=all
 
 本人確認にDNA鑑定などといった手間暇をかけるより、希望者の指紋を登録できるシステムが必要ですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)日本の法律の不備は多いのですが、最大の問題は、こうした法改正に反対する左翼団体、在日団体、それらを応援するリベラルなメディアが元凶となって法律改正が進まない、というのが現状だと思われます。
      ▽△◎◇▽◎○◎□○□◇       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
  ♪♪
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅びる』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 予価1000円(+税)。3月15日発売予定
 まもなく予約募集を開始します !
       ▽△◎◇▽◎○◎□▽◎○◎□○□◇       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 指紋押捺を やめたことを、当方は、危険な事・と 反対するのか と 思っていたら、愚かかな、マスコミ 左巻きが うるさいからと、「やめてしまった」。
     その結果、地方の コンビニの 窓には、その土地の 「行方不明の ご婦人の写真が 張られて しまっている。

     宮崎メルマガを 読んで 安倍氏よ、「押捺、 国籍とバックボーンの 把握」をされたし。と 尻を叩きたいです。

     2017/3/7


  2. (拡散希望)今日の国会中継で重大な情報が! 詐欺学園の実態。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/811.html

    森友学園が買収した国有地、何故か契約前にホバーリング調査をしていた!最初から出来レースか?
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15757.html

    森友学園問題 「錯誤」登記をめぐる謎(郷原信郎が斬る)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/763.html

    国民が目覚めた 「支持率急落」は安倍内閣瓦解の予兆(日刊ゲンダイ)  ←寿司友メディアの世論調査なんて信用してる人いるの?
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/809.html

    タダでは動かない利権第一の政官界<本澤二郎の「日本の風景」(2533) <謝礼金とポスト安倍の攻防戦に注目が集まる>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/808.html

     2017/3/6





  3. ○貴メルマガに詳しいネオコン人脈の変遷。永田町的お遊戯政治とは異なる、世界権力の中枢で繰り広げられる本場の権謀術数に嘆息する。次元と空間を超越したような米国の世界戦略の前に、いま、できそこないの弾道ミサイルとニセ水爆、異母兄殺しのXVガスを手にガンチンコ勝負を挑まんとする元カノ&叔父さん&側近&異母兄殺し連続殺人鬼北朝鮮独裁者。
     報道によれば、またまたミサイルを発射したという。VXによる異母兄殺しで追い詰められた挙句、ムシャクシャしカッとなって発射したのだろう。軍事演習真っ最中の米韓両軍を挑発する意味もあるのだろう。それにしても、いまマレーシアを国外退去処分となった北朝鮮大使はドーなるのだろう?異母兄殺しでヘタうちし、事件の隠蔽も、事件処理ももう「故意」を疑わざるを得ないほど杜撰であった。事件直後一旦は「独裁者の異母兄」とあっさり認めたものの、遺体返還がならないと見るやすぐに撤回、「誰か分からない」と言い出す始末。国際社会に北朝鮮への疑惑と不信、警戒の目を向けさせ、北朝鮮独裁者の異常性・危険性を強調することで、北朝鮮独裁者の孤立化と国際的信用(あれば)を失墜させ、もって北朝鮮独裁者の失脚を狙ったのではないか?異母兄殺しを偽装した「外交クーデータ」と見るならば合点がいく。異母兄はVXで抹殺し、独裁者は米中露の国際的圧力で排除する計画だったのではないか?ならば、その首謀者とは?おそらく平壌の、独裁者最側近が黒幕なのでは?異母兄殺しを契機に北朝鮮指導部の粛清が一層激しく実行されるのでは?北朝鮮の犬どもも、糖尿病を心配しなければならなくなるかも。あぁ、犬喰って 犬に喰われて 犬のクソ、か?疑心暗鬼の平壌大粛清の嵐の中で、冤罪もあれば下克上もあるだろうし、裏切りや暗殺合戦もあるかもしれない。これから北朝鮮で何が起きるのか、予断を許さない。今頃北朝鮮国境付近の中国やロシアの軍隊も臨戦体制を整え、北朝鮮独裁体制崩壊の際には間髪いれず一気に突入、平壌制圧を謀るだろう。日本政府の人工衛星でどこまで分析できているのだろう?いずれにせよ日本は同盟国米国を支え、朝鮮半島動乱に備えるしかない。

     また、報道によれば、スエズ運河の貨物船の中から北朝鮮製ロケット弾が3万発も発見されたという。弾道ミサイルも異母兄殺しも、この中東への武器輸出(数百億、数千億円のビッグビジネス)をカモフラージュするための偽装、陽動作戦だったのかも。ロケット弾だけではなく、危機の本命、核兵器やVXガス、サリン等大量破壊兵器も北朝鮮は中東に運び込もうとしているのでは?悪夢である。が、今回貨物船を拿捕したエジプト政府が独自に情報を得たわけではないだろう。北朝鮮の中東への軍事ビジネスは完全に監視下にあることの証左、示威であろう。
     
     北朝鮮がテロリストに大量破壊兵器の販売・譲渡を本格的に始めるなら、もはや米国も本気になって北朝鮮を壊滅させるだろう。北朝鮮の大量破壊兵器の拡散阻止・無害化を図りつつ、米中露が納得できる枠組みつくりとは?北朝鮮殲滅後、鴨緑江から38度線まで(旧北朝鮮領土)は、完全に軍事空白地帯とするほかないのでは。一種の「平和サンクチャリー」として、独裁体制の恐ろしさ、大量破壊兵器を保有せんとする野望がもたらす結末、悲惨を、戦闘後の残骸や刑場跡(人喰いワンコの剥製も)、廃墟となった軍事基地、強制収容所、地下宮殿等を見ながら学ぶ教育観光地とする。それならば、米中露も韓国や日本も納得できるのでは?とにかく、もういい加減に北朝鮮の人々を連続殺人鬼独裁者の頚木から解放するべきだ。今回のミサイル発射、そして近々かまされるであろう核実験(?)で、Xデーのカウントダウンはいよいよスピードアップするだろう。覚悟し、その日に備えるしかない。




     2017/3/6

  4. 朝鮮半島で戦争が始まろうとしている時に、''森友学園疑惑''とか騒いでいる馬鹿ども! 日本で反日活動をしている、中国韓国朝鮮のスパイども! 祖国がまっている、帰りやがれ!

    日本にいたら、外患誘致罪で死刑になるぜ…! それとも内乱でもするのかね? あの関東大震災の時のように、自警団にやられるよ! 教科書ではデマによる虐殺だったとか書かれているが、実際に朝鮮人の犯罪があったことを隠している。戦後GHQの命令で、朝鮮人の悪口を言うことができなかったからだ。しかし、いまだにこの事実を隠蔽している歴史学者とは一体何者なのだ?

     2017/3/6


  5. <速報>安倍晋三首相、再び国会で大発狂!森友学園の追求に反発!「私の名誉がかかってる!」「私と妻の名誉を散々傷つけた!」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/798.html 

    「財務省と国交省を動かした…相当の大物政治家」が誰かほぼ明らかな状況、”第二の森友”事件で安倍政権はほぼ詰み 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124046

    頭おかし過ぎの異常教育…自民党・日本会議の者達が目指す国家の理想像、反撃の中核は天皇陛下を支持するグループでは 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124043

     要するに、この阿呆共は、天皇陛下をダシに使って、“天皇陛下を超える安倍皇帝”が支配するファシズム国家を目指しているのです。森友学園はこうした異常な教育をするためのモデルケースで、いずれこのタイプの学校を全国に作る計画だったと思われます。
     共謀罪で国民の口を塞ぎ、憲法改正でこうした野望が実現出来ると思っていたのでしょう。現在起きている反撃は、天皇陛下を支持するグループが中核に居ると考えて良いのではないでしょうか。

     2017/3/6


  6. 地検特捜部も胡散臭い組織みたいだから、今回の”森友疑惑”も有耶無耶にするんじゃなかろうか...。

    森友学園問題 籠池理事長らが刑事告発される(今西憲之 商売繁盛で笹もってこい!)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/810.html

    政界地獄耳 自民総裁任期は延長になったけど…(日刊スポーツ) 「検察が動くとの情報もある」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/792.html

    安倍首相の関与は明らかである 「封じようとするなら、検察が動くしかあるまい」 小林よしのり
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/782.html

    自民党「経世会」「清和会」と「東京地検特捜部」 (杉並からの情報発信です)  ←清和会と経世会を比べてみると一目瞭然!
    http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/556.html

    一体、この日本はどうなってんだ!
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12241368446.html

     2017/3/6


  7. ネトウヨが自民党工作員だった事実が判明!バイトの大量動員でネット対策 #自民党
    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2025827.html

    安倍退陣 うん この道しかない!
    http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10677.html

    ニュース速報+の森友学園スレは、とうとう102まで突入です。完全に火がついた状態。ニュース系の板には常駐の自民党工作員がおりまして、スレが立つとワーッと寄ってきて、初めの200レスくらいを自民党の応援書込みで埋めて、それを2ちゃんねる系まとめスレに転載して世論誘導、というのが通例なんだが、今回ばかりは、アベシンゾー攻撃の勢いが凄すぎて、工作は不発ですw

     2017/3/6

  8. 朝鮮半島で戦争が始まろうとしている時に、''森友学園疑惑''とか騒いでいる馬鹿ども! 日本で反日活動をしている、中国韓国朝鮮のスパイども! 祖国がまっている、帰りやがれ!

     2017/3/6

  9. 【背乗り・すり替え】KFC(ケンタッキーフライドチキン)では1987年から「コンス」で接客してたそうですw【記憶が汚鮮されている】
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/53a248531f6d89257b97d36092fd7801

    遺伝子組み換え食品:普通の食べ物、それとも生物兵器?
    https://jp.sputniknews.com/opinion/201703053399812/

    【韓国崩壊】アメリカ政府が韓国と在日を同時に批判し始めたぞwww 世界中に韓国人の悪行が拡散クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!
    http://www.news-us.jp/article/20170305-000009k.html

    【拡散希望】パチンコをはたき出せ!・・・3月17日パチンコ違法化国民の会設立大会 in 豊島公会堂
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html

    陳、謝、白の3外人が質疑!3月6日の国会で民進党・野田幹事長「支持率が落ちた理由はわからない」 
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6585.html

    豊洲市場の最終地下水調査の業者「都の指示で不適切な採水した」
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4736.html

    続「STAP細胞」騒動に関し
    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2501.html

    植村隆LA講演テキスト…在米日本人「朝日慰安婦記事取り消しも日本の保守の声も米国では全く知られていない」
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1720.html

    ワクチンにガン化ウィルス(SV40など)を混入!メルク社が認める! 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11738892661.html

    「片腹痛い」韓国
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-2321.html

    下地島空港・自衛隊機訓練誘致問題(その2) 
    http://www.jca.apc.org/HHK/Tsushin/130/130_AP.html

    日本は欧米で売れなくなった抗がん剤の在庫処分場!
    http://s.webry.info/sp/16296315.at.webry.info/201510/article_7.html

    元阪急の山田の球速はどれくらいだったのでしょうか。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1462253399

    トルコライス
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9&biw=1088&bih=248&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj4k9Dj2MHSAhWJfrwKHTJsAFAQ_AUIBigB

    【怒りを感じたらシェア】地図でわかる、寺社関連の放火・盗難・破壊他
    https://samurai20.jp/2015/01/tenbatsu/

    トキワ荘の漫画家さんたちが食べた松葉のラーメンを味わいに行く 
    http://sanpo.sherpablog.jp/archives/51104238.html

     2017/3/6


  10. アベシンゾ−が窮地に陥る度に、こうも都合良くパク・クネがスキャンダル(統一絡み)で失脚したり、北朝鮮がキム・ジョンナム(替え玉)を殺害したり、ロケット花火を打ち上げたりするものだ。
    まるで、南北の同胞に守られ支えられているみたいじゃないかw そうは思わないか皆の衆。

    【速報】北朝鮮が日本海側に向けてミサイル発射か!?飛しょう体発射、激化するミサイル開発
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15762.html

    630.金正男<キム・ジョンナム>暗殺は、安倍晋三記念小学校を隠蔽する為のフェイクニュースか?
    http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-858.html

    自民党「経世会」「清和会」と「東京地検特捜部」 (杉並からの情報発信です)
    http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/556.html

    日本会議と統一教会は蜜月 偽装団体を介し交流する実態など Poligion
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5ce610d5e9b63d85dd3761bd8d380390

    安倍は皇位簒奪を狙う逆賊  ←案外リアルな話かもしれないなと思えてきた。
    http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10687.html

     2017/3/6

  11. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女そしておときた駿に対してもガッカリしているところである。
    尚、森友学園疑惑とか言って騒いでいる馬鹿ども!マスコミとコメンテーターもいい加減にしろ!安濃豊博士の呪いで天に召されるぞ〜(笑)
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/6


  12. 誘導報道に踊らされてはならない! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/802.html

    総裁任期延長でまたぞろ「改憲」喚くペテン総理&森友学園理事長切りに動き出した日本会議&「私も真実を知りたい」(安倍昭恵)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/795.html

    森友学園理事長長男「関係が深い自民党の先生の名前明かす」(週刊ポスト)/安倍首相に『しつこい』とまで言われ、父はどれほどショックを受けているか!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/789.html

    オヤジは一文無し
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10734.html

    色々とオカシナ話が多いんだが、モリトモが銀行から借りたカネは「3億円」という話が出てきて仰天だw 21億だって言ってたじゃないかw しかも補助金、1億数千万貰っているしw おいらがずっと書いてるように、このオヤジは「一文無し」です。一文無しといえば思い出すのが朝鮮総連で、一文無しなのに総連ビルを手放したくなくて、大騒ぎしていたなw

     2017/3/6

  13. 「ガンは3カ月で治せる」と自信を持って断言している宗像久男医師。
    肺に転移した子宮癌患者。医者からは余命1&#12316;2週間と宣告されたようです。ところが宗像氏が提唱する食事療法や温熱療法を行ったところ、3ヶ月で肺に転移した癌が綺麗に消えます。子宮の癌の方も8!)から2!)にまで小さくなったようです。
      ブドウ糖に蛍光物質をくっつけて、点滴を打つと、1時間後には癌がある場所にそれが集まって、光り出すようです。「ブドウ糖はガンの餌」と言われる所以がよく分かりました。抗がん剤を打つのは、3ヶ月間、ブドウ糖を我慢して、ひたすら体を温めて、食事療法に取り組んでからでも遅くないと思えてきます。
      グラフでは、2015年には37万人(約1000人/日)の癌患者が亡くなっていますが、宗像氏は「"一人も死ぬ必要が無かった"と医者として断言します」と述べ、さらに「これは殺人です」とはっきり言い切っています。
     高額抗がん剤。想像を絶する額です。医療費が年間40兆円を超えるのも納得です。
      余命1&#12316;2週間を宣告された癌患者の息子さん。有機の人参ジュースをベースにした食事療法だったようです。有機の野菜は全体の0.3%で、そのほとんどがタケノコのようです。抗がん剤に使われている医療費を有機農法に回せば、全ての野菜が有機野菜になるのではないかと思えてきます。



     2017/3/6


  14. 安倍首相と記者クラブ 「赤坂飯店の夜」全真相(NEWSポストセブン)
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-498732/

    食事会は本当だった!赤坂飯店前で撮影をした市民メディア、安倍晋三首相が店から出てくる瞬間を激写!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/489.html

    ペテン総理と内閣記者クラブのキャップが「赤坂飯店」で会食。騒動の真っ最中に、よくもまあ、恥知らず!!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/501.html

    赤坂飯店アンコン事件
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10733.html

    赤坂飯店アンコン事件なんだが、カネを出したのは首相側ではなく記者側だというんだが、新聞記者が自分のポケットマネーで出したわけじゃあるまいし、会社が出しているので同じですw 

     2017/3/6

  15. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女そしておときた駿に対してもガッカリしているところである。
    尚、森友学園疑惑とか言って騒いでいる馬鹿ども!マスコミとコメンテーターもいい加減にしろ!安濃豊博士の呪いで天に召されるぞ〜(笑)
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/6


  16. 政界地獄耳 自民総裁任期は延長になったけど…(日刊スポーツ) 「検察が動くとの情報もある」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/792.html

    安倍首相の関与は明らかである 「封じようとするなら、検察が動くしかあるまい」 小林よしのり
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/782.html

    森友学園に関して「特別」なことばかりに怒りを覚える。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/786.html

    <アッキード事件 嘘のつき始め> あの敷地には埋まっているという8億円分もの“ゴミ”は、どこにあるのか 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/787.html

    <支離滅裂>昭恵夫人「(森友学園問題)私も真実を知りたい」と言いつつスキーへ行く・・ 国民ナメとる!!批判殺到!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/781.html

     2017/3/6


  17. 産経新聞、廃棄したとする協議文書を入手! <森友学園問題> 近畿財務局が産廃の「場内処分」促す 費用増大懸念し埋め戻しか
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/702.html

    IWJ 『赤坂飯店』直行記。なお、安倍でんでんは、会計検査院の長とも会食してるよ  ←だからアベはしきりに、”会計検査院は独立した機関”云々を強調しているのだろう。 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/519.html

    森友学園"国有地値引き"交渉の最中、安倍首相が財務省の国有地責任者と何度も面談! 子飼い官僚説も
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12218-5766/

    あべともの国小學院 + 311な抵当権抹消
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/baf87e4fc80402450a8f2e23120ebbea

     2017/3/6

  18. 「貨幣発行権を我らに与えよ。それ以外は要らぬ」は、ネイサン・ロスチャイルドの有名な言葉である。ペーパーマネーの印刷権を掌握したら、無尽蔵に富を得ることが出来る。その悪魔の錬金術を彼らは熟知していた。こうして得た無限の軍資金で、狡猾なユダヤ財閥は、念願の世界医療利権の収奪に取り掛かる。

    「彼等はアメリカの医療を自然療法(ナチュロパシー)や同種療法(ホメオパシー)から、無理やりに薬物療法(アロパシー)へと変更した。薬物療法とは、ロスチャイルド家が発達させたドイツの医療制度である」(マリンズ氏)

     これが「機械論」者ウイルヒョウらが全面的に推進した医療利権システムであることは言うまでもない。この時弾圧された伝統療法は、自然療法だけではない。さらに整体療法(オステオパシー)と心理療法(サイコオパシー)も弾圧、排除されている。

     これらは、全て医聖ヒポクラテスが薦める自然治癒力を活かす治療法である。だから、病気が治るのは当然である。しかし、世界の医療利権の独占を謀るイルミナティにとって、本当に病気を治す治療法の存在は邪魔でしかなった。

     こうして、4派の伝統・有効医療は無残にも放逐された。世界の医療利権を独占する医療マフィアたちは「病気が治ってもらっては困る」。そして残りの1派・薬物療法(アロパシー)のみが近代医学の王座を奪い取った。双頭の悪魔(ロスチャイルドとロックフェラー)は医療においても、その絶対支配を貫徹した。

    「薬物療法は、自然療法、同種療法に対して、敵対関係にある。なぜなら、薬物療法は体にとって自然な治療法のすべてを禁じ、その代りに化学薬品や危険な外科手術、長期間の入院を強制するからである」(マリンズ氏)

     彼らは医療と共に「教育」「報道」も徹底的に支配し、今日に至る。現在のテレビ、新聞で、イルミナティなどの単語は使用不可である。闇の支配者は自らの名前を一言でも、漏らすことを許さない。人類と言う家畜に真実を知らせることはタブーなのである。

    「こうして1世紀にも満たない間に、ロックフェラー医療独占体制の下で、アメリカ国民は健康でエネルギッシュかつ生産性の高い国民から、慢性病に侵され、覇気にかけ、弱弱しく、いつも健康を気にかけ、『特効薬』と言う化学薬品を毎日大量に飲む国民へと変わってしまった。これら化学薬品には、多くの副作用があり、肝臓や心臓、腎臓その他の臓器を痛める可能性があった」(マリンズ氏)

    「ユダヤ人と言う寄生体は、既に『教育制度』、『マスコミ』、『政府』を操っている。加えて、医療システムを支配し、宿主(人類)を組織的に弱体化させ、安心して宿主に憑りついている。危険な医薬品を常に製造・販売し続ければ、大衆に気付かれることはない。そう彼らは確信している」(マリンズ氏)

     薬漬けになった人々を、奮起させ、危険が迫っていると警告しても、反感を買うだけである。なぜなら、大衆は既に一種のマヒ状態に陥っており、最終的な死を待っているだけの状態にあるからだ。私は、人類が最後に彼らによって打ちのめされ、よっくりと死を迎えることなく、敢然と立ちあがり、あの寄生体と戦うことを、全ての人々に訴える」(マリンズ氏)

     1900年当時、アメリカでは国民750人に1人の割合でしか医者はいなかった。当時の医者は通常2年間の見習い期間を経て、一人前になる。その収入も、腕の良い機械修理工と同じ程度だった。現在のような高収入を得ているほうが異常なのである。むろん、この時には現在のような大学医学部制度も医師免許制も無い。これらは、全て後にロックフェラーが絶大な資金力と権力で国を動かして作らせたものである。当時のロックフェラー財団総帥はジョン・D・ロックフェラーである。彼の忠実な部下として暗躍したのがF・T・ゲイツである。1892年、ジョン・D・ロックフェラーはゲイツを同財団「慈善事業」の責任者に任命した。つまり、ゲイツが全世界で行う慈善事業の総責任者に就任した。しかし、「いずれも彼らの権力を増大させたばかりでなく、裏に隠れていた本当の主人(ロスチャイルド)の富と権力を増幅させるよう巧妙に仕組まれていた」(マリンズ氏)

     忠実な下僕ゲイツは、アメリカ医師教育に目をつける。その着目は、米国の医学教育制度をロックフェラー財閥が支配するという計画の第一歩だった。そのスタートが1901年、ロックフェラー医学研究所の設立である。1907年、米国医師会はカーネギー財団に対して、全米の医学公然調査を依頼する。これも背後からロックフェラーの差配によるものだった。ロックフェラー財団はその巨額資金ですでにカーネギー財団の設立から運営まで実質支配していた。1910年、全米医学校の調査報告書がまとめられた。同報告書は、ドイツで薬物療法を学んだ医師たちの影響を強く受けていた。ロックフェラーの狙いは、全米医学教育を薬物療法一色に染め上げることだった。

     「報告書」は、まず「医師の数が多すぎる」と言う米医師会の嘆きを解決する内容であった。

    医学教育をエリート特権階級だけのコストのかかるものとする。教育年限を長くする。つまり、金も時間もかかる難関とする。すると、たいていの学生は「医者になろう」などとは思わなくなる。こうして医療利権は地位と財産のある支配階級の特権となる。

     {医学教育制度を、4年間の学部教育に次いで、さらに4年間の専門教育を受けさせる。155校を31校に減らす。大学医学部は高額な研究設備や装置を完備していなければならない。つまり、資金の無い大学には医学部を作らせない。」

     その結果、米国医療は、事実上、ごく少数の裕福な家庭出身のエリート学生だけのものとなり、この小さな集団が、医療独占体制からの強力な支配を受けるという構図を確立させたのである」(マリンズ氏)


     2017/3/6

  19. 三井美奈氏、現在は産経新聞で外信部編集委員。『入国禁止措置は「イスラム教との対決」ではない。それを装った、トランプ新政権の巧妙なイラン封じ込め政策である点を見逃してはならない』との指摘、欧州のイスラム移民問題から安楽死問題まで守備範囲は広く、とくに安楽死問題は日本にとっても他人事ではありません。産経は良い人材を受け入れましたね。←きょうは、三井美奈さんに括目しました。情報ありがとうございます。

     2017/3/6

  20. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女そしておときた駿に対してもガッカリしているところである。
    尚、森友学園疑惑とか言って騒いでいる馬鹿ども!マスコミとコメンテーターもいい加減にしろ!安濃豊博士の呪いで天に召されるぞ〜(笑)
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/6


  21. 「財務省と国交省を動かした…相当の大物政治家」が誰かほぼ明らかな状況、”第二の森友”事件で安倍政権はほぼ詰み 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124046

    頭おかし過ぎの異常教育…自民党・日本会議の者達が目指す国家の理想像、反撃の中核は天皇陛下を支持するグループでは 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124043

     要するに、この阿呆共は、天皇陛下をダシに使って、“天皇陛下を超える安倍皇帝”が支配するファシズム国家を目指しているのです。森友学園はこうした異常な教育をするためのモデルケースで、いずれこのタイプの学校を全国に作る計画だったと思われます。
     共謀罪で国民の口を塞ぎ、憲法改正でこうした野望が実現出来ると思っていたのでしょう。現在起きている反撃は、天皇陛下を支持するグループが中核に居ると考えて良いのではないでしょうか。

     2017/3/6

  22. ネオコンの代表格、ロバート・ケーガンは何をしていたのか?
      「共和党はフランケンシュタイン(トランプ)に乗っ取られた」と捨て台詞
    ****************************************

     東西冷戦の終結、ソ連邦の解体と続いた89年から90年代初頭、ネオコンの旗手だったロバート・ケーガンの旗色は良く、凄まじいほどの勢いがあった。ソ連が崩壊したからには米国の天下である、と自信に満ちていた。
     かれはジャック・ケンプ下院議員のスタッフから国務省に入省し、1988年まで勤めた。ケンプはレーガン革命の旗手として、有力な議会指導者でアメラグのヒーローでもあったから国民の人気が高かった。そのうえ、ケンプは2004年の大統領選挙の時は共和党ボブ・ドール候補の副大統領候補だった。


    >2004年→1996年

     2017/3/6

  23. ロシアは、遺伝子組み換え食品を生物学兵器と考えているようです。専門家の意見でも、“遺伝子組み換え食品は、完全に、そうした兵器になりえる”と言っています。これほど危険な事に“なぜ社会は警笛を鳴らさないのか?”ですが、それは、これが“巨大多国籍企業によるビジネスだから”です。メディアは、完全に彼らにコントロールされています。また、政治家も同様です。
      したがって、こうした事柄に対してバランスの取れた視点でものが言えるのは、代替メディアだけなのです。
      代替メディアはNWO(新世界秩序)を推進するカバールの人口削減計画の一手段として、この遺伝子組み換え食品を捉えています。その観点からは、ワクチンやケムトレイル、そしてISというテロリスト集団なども、こうした計画の一部だと認識しています。
      多くの人は、テロリストたちが凶悪な者たちだという事は理解していても、そうしたテロリストたちを支援し、彼らを使って一般民衆を殺戮しようとする社会のエリート層が存在することを、なかなか認められません。それほど凶悪な人間が自分たちの近くに存在している事を、信じられないのです。
      ところが、テロリストやイスラム教徒は危険だというわけです。私には、銀行家の方がよっぽど危険だと思うのですが… 。

     2017/3/6

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    2866人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事