トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <スエーデンの徴兵制復活をどう読むか?

発行日:3/5

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月6日(月曜日)
       通算第5210号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 スエーデンの徴兵制復活をどう読むか?
  ロシアの軍事的脅威に対応は表面的理由ではないのか?
****************************************

 スイスで国民投票の結果、72%が徴兵制の継続に賛成した。
 フランスでは、じつに80%が賛成票を投じた。ところがドイツでは僅かに36%だった(英紙『インデペンダント』、2017年3月5日号)。

 3月2日、スェーデン国防相のフルトクビストは、「2018年から徴兵制度を復活する。男女を問わない。ロシアの軍事的脅威に対応するためだ」と発表し、世界的な反響を呼び起こした。

 徴兵制復活といっても、変則的なシステムで、まず10万人の徴兵年齢対象者から13000名を選抜し、さらに軍隊に適切を判断される4000名に絞り込んで、工学、コンピュータ、サイバーなどの技術に向きそうな若者を選抜するシステムだ。
これは志願制度を殆どかわらない。むしろ質の良い若者を強制的に採用できる。主眼は若者の失業対策ではないかといわれる。

 スエーデンはNATO非加盟で、国防問題はそれほど深刻に論じられなかったが、フィンランド、ノルウェイなどが国防力を増強させているという国際環境の変化、とりわけロシアのクリミア併合、15年のパリのシャルルエブト襲撃テロを目撃し、世論が急速に代わった。

 もともとスエーデンの徴兵制は百年の歴史があり、東西冷戦の終結と、欧州全体の緊張緩和、経済的好況によって徴兵制度を廃止したのは2010年のことだった。
 テロの脅威は、それから寧ろ増えて、経済的停滞もその頃から始まり、さらにはシリア難民を受け入れたため、社会に不寛容が生まれた。

 クリミア併合は、ドミノのように欧州政治に地殻変動をもたらした。
ロシアに隣接するバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)が悲鳴を挙げて、NATOは4200名を派遣した。ポーランドにも4000名が増強された。北方に隣接するフィンランドは、まだ具体的な対応を示していないが、おそらく国防力増強に踏み切るだろう。

 バルカン半島に目を転じると、ここでもコソボ独立以来、納まっていたはずの民族紛争が再燃する気配をみせている。
 それもかなり急激になりそうである。
 
 第一にシリア難民に偽装してISの活動家が潜入している。
 第二に具体的な動きがある。先月、モンテネグロでクーデター未遂事件が発覚した。

 第三は『独立』したはずのコソボである。
 コソボはNATOのセルビア空爆の恩恵で独立できたが、アルバニア人がいつのまに増えていて、喜んだのはアルバニアだけ。この国はまともな国家とは言えず、NATO軍が防衛の任務に就いている。しかし、セルビア系住民の多いコソボ北部ではセルビアへの復帰を呼びかける運動が興っている。

バルカン諸国はマケドニアのほかでも急速に治安が悪化している。いずれもシリア難民の通り道となって以来、イスラム過激派の浸透が見られることなども遠因である。

    ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)3月3日のラジオ日本で、宮崎さんがゲスト出演されたおりのコメントに、金正男はマレーシアからLCCで、マカオへ還ろうとしていた。それだけ資金が不足したのだろうとコメントされていましたが、クアラランプールからマカオへの直行便はLCCしかないそうです。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)そのようです。小生もあとで調べ直したところ、クアラランプーツからマカオはLCCの大手「エアアジア」しか、飛んでおらず、直行便が便利ですので、それを撰んだということのようです。
      ▽△◎◇▽◎○◎□○□◇       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘新刊 緊急書き下ろし
  ♪♪
『米国混迷の隙を衝いて覇権を狙う中国は必ず潰される』(仮題)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 予価1000円(+税)。版元 徳間書店。3月15日発売予定
 まもなく予約募集を開始します !
       ▽△◎◇▽◎○◎□▽◎○◎□○□◇       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日―旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    □◇▽□○◎□◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 【速報】安倍晋三首相、再び国会で大発狂!森友学園の追求に反発!「私の名誉を傷つけた」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15766.html

    「財務省と国交省を動かした…相当の大物政治家」が誰かほぼ明らかな状況、”第二の森友”事件で安倍政権はほぼ詰み 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124046

    頭おかし過ぎの異常教育…自民党・日本会議の者達が目指す国家の理想像、反撃の中核は天皇陛下を支持するグループでは 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124043

     要するに、この阿呆共は、天皇陛下をダシに使って、“天皇陛下を超える安倍皇帝”が支配するファシズム国家を目指しているのです。森友学園はこうした異常な教育をするためのモデルケースで、いずれこのタイプの学校を全国に作る計画だったと思われます。
     共謀罪で国民の口を塞ぎ、憲法改正でこうした野望が実現出来ると思っていたのでしょう。現在起きている反撃は、天皇陛下を支持するグループが中核に居ると考えて良いのではないでしょうか。

     2017/3/6

  2. 今の日本民族の惨事は戦後の占領基本法で日本統治をしたGHQが招いたものを未だに継承また後生大陽にしている国民事態ではないのか。大和民族としての誇りを取り戻すなら日本民族自体の意識改革が必要でまず国の基本たる新憲法の制定、国賊たる左派勢力の一掃、民族としての歴史教育。
    以上

     2017/3/6


  3. 森友学園問題 「錯誤」登記をめぐる謎(郷原信郎が斬る)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/763.html

    ますます燃え広がる「アベ友事案」の黒い炎ー(植草一秀氏)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/765.html

    安倍昭恵氏が森友学園に利用されたとしたい自民・下村、エグい自民党の演出(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/761.html

    誤った報道を鵜呑みにすることになる!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/692.html

     NHK、読売を中心としたマスコミ安倍親衛隊は「森友疑惑の対象からの安倍外し」に必死だ。森友学園理事長の籠池泰典が、「小学校の設置認可や国有地の取得で地方議員にも働きかけた」(読売)。
     「このレベルで財務省に圧力かけられる話じゃない」と元外交官の孫崎享。森友学園の政界工作をばらした鴻池を、「疑惑の人物」のように追っかけるマスコミも異常だ。
     こうした報道の裏には「安倍ー財務省ー森友学園」の疑惑ルートを隠す意図がありありだと孫崎は言う。同感だ。
     私は前から強調しているが、「森友疑惑」の本丸は安倍晋三夫妻だ。

     2017/3/5

  4. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女そしておときた駿に対してもガッカリしているところである。
    尚、森友学園疑惑とか言って騒いでいる馬鹿ども!マスコミとコメンテーターもいい加減にしろ!
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/5


  5. 死に物狂いで”森友疑惑”を隠蔽しようとするアベ政権と子飼い官僚!

    【悲報】与党が再び参考人招致を拒否!NHK番組で野党が求めるも難色!「違反があるわけではない」
    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15753.html

    産経新聞、廃棄したとする協議文書を入手! <森友学園問題> 近畿財務局が産廃の「場内処分」促す 費用増大懸念し埋め戻しか
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/702.html

    IWJ 『赤坂飯店』直行記。なお、安倍でんでんは、会計検査院の長とも会食してるよ  ←だからアベはしきりに、”会計検査院は独立した機関”云々を強調しているのだろう。 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/519.html

    森友学園"国有地値引き"交渉の最中、安倍首相が財務省の国有地責任者と何度も面談! 子飼い官僚説も
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12218-5766/

    あべともの国小學院 + 311な抵当権抹消
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/baf87e4fc80402450a8f2e23120ebbea

     2017/3/5

  6. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女そしておときた駿に対してもガッカリしているところである。
    尚、森友学園疑惑とか言って騒いでいる馬鹿ども!マスコミとコメンテーターもいい加減にしろ!
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/5


  7. 見苦しいブチ切れ答弁…森友疑惑、主役は安倍晋三である(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/714.html

    救い難いチャラさ 昭恵夫人「蔵王温泉スキー」満喫の厚顔 アッキード事件もそっちのけ(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/742.html

    権力の乱用極まれり<本澤二郎の「日本の風景」(2531) <安倍の妻も国会喚問だ!> <女帝のつもりか>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/720.html

    森友疑惑の主役は安倍晋三
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10726.html

    そもそも、刑事コロンボみたいなもんで、最初から『コイツが犯人』というのが名指しされてるわけですw よく考えて欲しい、いや、よく考えなくてもいい、ちょっとだけでもいい、安倍晋三小学校のために動く政治家というのは誰なのか? そら、本人しかいないw 本人以外のどの政治家が、安倍晋三小学校なんて作りたがるというのかw

     2017/3/5


  8. 国会議員になる前の稲田朋美先生は塚本幼稚園の顧問弁護士だったそうです
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4e4a9dd74bf50a1442a013b33b2c608a

    <アッキード事件 嘘のつき始め> 稲田朋美に関する、保守の会会長・松山昭彦氏によるフェイスブック記事が削除 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/755.html

    塚本学園問題に見る、日本政府の縮図のような人間関係を描いた、ぼうごなつこさんの漫画「美しい国の美しい友情」、まじで笑える
    http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/753.html

    稲田は森友の顧問弁護士(ネットゲリラ)
    http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10725.html

    あの稲田が、森本学園の顧問弁護士だった、という爆弾投下で、今日もネットは元気ですw 日本会議はカルトなので、なんでも仲間ウチで済ませるわけです。創価学会もそうだが。新興宗教系でも、たとえばMOAなんかは普通に民間業者と仕事のやりとりもしていて、閉鎖的ではない。カルトは閉鎖的で、必ず身内に仕事をまわす。だから、こういう時には芋づるで掘れるw

     2017/3/5

  9. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女に対してガッカリしているところである。
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/5


  10. ・トランプの演説、抽象的だけれど、これから「アメリカを元気にします」
    ・世論調査では75%が良かった。トランプ人気が上がっている。
    ・ナンシーペロシの顔が恐怖の顔であった。なんか起こっている感じです。写真探してみてください。


    ・児童虐待している人1500人逮捕している。
    ・ワシントン・ポストの態度が急に変わった。

    ・アメリカがCIAにIS工作を止める様に指示を出した。
    ・武器の供給、金の供給が止まった。
    ・サウジとイランが和平の話し合いをしている。
    ・世界平和が中近東でも近い。



     2017/3/5

  11. あなたの雛人形を確認してみてください。
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/38f1a2bf84b62cd340838a8200795122

    『この世界の片隅に』が最優秀アニメーション賞!『君の名は。』破る【第40回日本アカデミー賞】
    http://www.cinematoday.jp/page/N0090001?__ct_ref=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F&__ct_ref=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fi%2Fcards%2Ftfw%2Fv1%2F837989894538608644%3Fcardname%3Dsummary_large_image%26autoplay_disabled%3Dtrue%26forward%3Dtrue%26earned%3Dtrue%26lang%3Dja%26card_height%3D344%26scribe_context%3D%257B%2522client%2522%253A%2522web%2522%252C%2522page%2522%253A%2522profile%2522%252C%2522section%2522%253A%2522profile%2522%252C%2522component%2522%253A%2522tweet%2522%257D

    蜀の桟道
    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%9C%80%E3%81%AE%E6%A1%9F%E9%81%93&biw=1088&bih=248&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi1l-S-7r7SAhVFWbwKHefqD40Q_AUIBygC

    NHK【報道したくない自由】、維新・丸山議員の質疑『マスコミ社屋・朝鮮学校の格安払い下げ』部分を削除 
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4725.html

    医者の私が、がん検診を受けない9つの理由
    http://min-voice.com/cancer-examination-7053.html

    あの国のあの法則
    http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

    韓国メディアの歪曲に日米歴史家が困惑
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1719.html

    エイズになる原因は、ワクチンである! 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11747973062.html

    世界中の海底トンネルは日本の技術!
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-dfac.html

    朝鮮人こそ「脱亜論」を感謝すべき理由〜福沢諭吉の生きた時代
    https://samurai20.jp/2017/03/datsuaron4/

    小池さんのできるまで 
    https://books.google.co.jp/books?id=wiJ-ygSXvF0C&pg=PA69&lpg=PA69&dq=%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%80%80%E8%97%A4%E5%AD%90&source=bl&ots=W3Fx_1SgaV&sig=PCMNA4E8zLFxUfumnRYU9Ecsrs8&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjM6Prds7rSAhUCwbwKHZlyAoIQ6AEIKjAD#v=onepage&q=%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%80%80%E8%97%A4%E5%AD%90&f=false

    下地島空港・自衛隊機訓練誘致問題(その1)
    http://www.jca.apc.org/HHK/Tsushin/129/129_ap.html

    暗殺は防げない?目的達成のためなら手段を選ばない犯罪者たち!民主主義社会の敵 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12249058396.html

    山田久志
    http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E4%B9%85%E5%BF%97

    どうして司馬遼太郎は、このような誤解と偏見に満ちた文章を書くのだろうか
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-a650.html



     2017/3/5

  12. 石原慎太郎の会見に対して、三浦瑠璃が的確な論評をしている。又、アゴラという言論プラットフォームの池田信夫も『もはや豊洲市場の問題は決着がついた』と語っている。すなわち、安全という科学的見地から、早く築地から豊洲市場へ移転すべきだと言うのである。僕も小池百合子を応援していた者として、彼女に対してガッカリしているところである。
    http://lullymiura.hatenadiary.jp/
    http://agora-web.jp/archives/2024755-2.html

     2017/3/5

  13.  スエーデンの徴兵制復活をどう読むか?
      ロシアの軍事的脅威に対応は表面的理由ではないのか?←情報ありがとうございます。なにかきになります!

     2017/3/5

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    3909人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事