トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み米大統領選挙 <ヒスパニックの不正投票が二百万票あった

発行日:2/18

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月19日(日曜日)
         通算第5192号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 米大統領選挙 ヒスパニックの不正投票が二百万票あった
  だから投票数ではヒラリーが勝ったんだ
****************************************

 最大二百万のヒスパニックが不法登録によって大統領選挙で票を投じていることが判明した。これは「全米ヒスパニックサーベイ」の調査に拠るもので、オルドドミニオン大学が調査した。

 ホワイトハウスのステファン・ミラー(スポークスマン)も、この数字を認めた(ワシントンタイムズ、2月18日)。

 民主党の末端組織での不正登録は以前から指摘されてきた。五年前のオバマ大勝のときも、あまりの票の開きが指摘されていたし、こんかいも得票数ではヒラリーが、トランプを二百万も引き離していた。

      ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 上に政策あれば下に対策有りの中国で
  下町の庶民も高級幹部も、本気で中国の未来を按じているのだろうか?

  ♪
近藤大介『活中論』(講談社)
@@@@@@@@@@@

 北京の情報通、近藤さんの中国裏路地報告は第六弾。この本も、日本どころか、北京にいても知り得ない裏情報が満載。
なにしろ路地裏のその奧にも知り合いのいる著者だけに、中国人が知らない中国情報を知っている。
 中国は巨大化と同時に混迷化を深くしているが、失政がつづくので、経済的混迷はまだまだ深まるという前提に立つのかと思えば、そうでもなさそう。
 裏路地は活気に満ちているらしい。
 不動産バブルがはじけているのに、裏路地の活気は、いったい何故なのか、奇妙な風景がある。

まずタクシーが捕まらない。豪華レストランは、党幹部こそ出入りしなくなったが、混み合っていて、予約しないと席が取れない店がある。
 そこで白タク(黒車)が合法化されたばかりか、スマホの配車が可能となり、二、三分で近くにいる白タクがやってくるようになった。スマホによる混雑緩和だが、正規のタクシーより安く、しかも運転手は職の見つからない大学新卒のアルバイトが多いというのである。

読んでいく裡に、えっという情報にぶち当たった。
 国家統計局の王保安局長が逮捕拘束されたのは昨年であり、評者(宮崎)も、このことはいち早く書いてきた。
とにもかくにも国家統計局発表のGDP数字は出鱈目であり、その責任者が捕まったのだから習近平は、伏魔殿の清掃に立ち上がって、腐敗分子を統計局からも追い出したのだが、近藤さんは、この局長、じつはヨオロッパへ愛人とともに高飛び寸前だったというのだ。
 2016年1月16日、記者会見を終えた王保安は、その夜、七時半から幹部会議を招集していた。
 「李克強首相の新たな講話を学習するためということだったが。幹部達はなぜ夜に会議なんか開くのかと訝りながらも待機していた」
ところが、王局長は運転手に北京国際空港に向かうよう手配していた。会議は偽装だった。
 「同日夜七時発のパリ行きエールフランス便と、夜九時発のフランクフルト行きルフトハンザ便のファーストクラスを、それぞれ二枚」(中略)「鞄からは『黄国安』と『丁毅』という偽名の偽造公用パスポートが見つかった。愛人は空港の貴賓室で捕らえられた。王局長は古巣の財政部時代に数億元を不正蓄財し、それらをアメリカとヨーロッパの隠し口座に隠匿していた。このような無様な大臣が『中国の経済成長は6・9%』と胸を張って発表していたのだ」
 呆れても物が言えない。
 ほかにも呆れるような内部情報がたくさん書かれている。
      ○◎○ □▽◎ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1532回】                
――「一言ノ口約束能ク一萬兩ノ取引ヲ結了スル・・・」(木村3)
  木村粂市『北清見聞録』(非賣品 明治35年)

   ▽
 当時の情況を中国側から綴る『遠征印緬抗戦』(中国文史出版社 1990年)は、「敵との接近戦になると将兵は凡て『恐日病』に冒され、抵抗もそこそこに算を乱して敗走した」と、告白する。彼ら中国兵は烏合の弱兵でしかなかった。そこで米軍による本格的テコ入れが始まる。弱兵にアメリカ製兵器を貸与し、「アメリカから50、60人からなる『参謀連絡組』を派遣し」て猛訓練を施す。「アメリカ式に装備され、アメリカ人の訓練を受け、凡て彼らの命令を受けた。司令部から遠征軍の末端部隊にまで配置された『参謀連絡組』は常に極端な優越感を持ち、中国人など歯牙にもかけず人間扱いもしなかった」。

 かくてアメリカ軍によって日本軍攻撃用に改造・鍛造された無数の“中国人戦闘ロボット”の波状攻撃を受け、兵站を断たれ、援軍も期待できない日本軍に残された道は、拉孟・騰越の地を「陸のガダルカナル」と化しての玉砕しかなかった。

 「陸のガダルカナル」から生還した古山は、「日本軍は、寡兵よく大軍を迎撃し、粘った。アメリカの公判戦史は、大軍の苦戦のさまを伝えている」。遠征軍の「不甲斐なさを聞いて蒋介石総統は激怒し、(中略)日本軍を見習え、と言ったという。(中略)寡兵よく大軍と戦い、粘って、遅らせはしたが、結局は潰滅するしかなかった日本軍の強さを自慢してもむなしい」。「日本軍は、成算抜きに必勝の信念で張り合ってみるしかなかった」。「いずれにしても、陣地は守りきれない。雲南の戦闘は、斬込みで形勢を逆転することができるようなものではなかった」と回想する。
 
 敗北と潰走。最後の決戦地は騰越。ここは19世紀末から20世紀初頭にかけ、インド・ビルマを拠点に雲南省経由での北上を狙っていたイギリスの中国侵攻拠点だった

  騰越における我が軍の「守備隊は、二千数百名の将兵が、落城の九月十四日には、六十人ぐらいに減り、その六十人ぐらいも、落城の後、ほとんどが死んでいった」。「遠征軍には必勝の態勢があった。日本軍には必勝の信念しかなかった。必勝の態勢と必勝の信念との戦いだったのだ。勝てるわけはないのである」。敗戦1年前の昭和19年のことだ。

 じつは滇緬(雲南・ビルマ)の戦場には「菊」「龍」「壮」「勇」「狼」「安」「祭」「烈」「弓」「兵」で呼ばれた各兵団が展開していた。その総数は「三十三万人で、戦没者は十九万人である。全体の戦没率は五割七分五厘」。まさに「ただ、耐えられるだけ耐え、そして結局、全滅した戦闘」でしかなかったのだ。

  全体情況を俯瞰しての「必勝の態勢」に対し、なんとしてでも局地戦での勝利を狙うしかない「必勝の信念」。かくして、「ただ、耐えられるだけ耐え、そして結局、全滅した戦闘」に終わる。

  かく古山の戦争三部作を追ってみると、木村が指摘した北清事変の際の天津における日本軍の顛末は、そのまま滇緬戦争の悲劇へと繋がっているように思えて仕方がない。

 この辺りで木村に戻る。

天津を後にした木村は、北京、山海関、秦皇島、唐山(開平鉱山)、牛荘港、芝罘と主に渤海湾に沿った経済・貿易上の要地を周り、各地における西欧列強の進出状況、清国商人の実態、経済・金融事情、鉄道・通信事情、商習慣、今後の可能性などを詳細に綴っているが、詳細ではあるが技術的に過ぎるので割愛する。但し、次の2つの項目――天津における「本邦事業の現況」と「信用の發達」―−は書き留めておく必要がありそうだ。

  北清事変の影響で天津の街は寂れ、「戰後荒寥としてまた昔日の觀を止めざりし支那市街」だが、行政体制も整い、「逐次秩序は回復し近來に至りては却て事變前よりも繁華の觀を呈」し、ことに日本居留地は日清の兩商互に軒を交え」るようになってきた。
《QED》
▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国人と朝鮮人の関係について。■エドガー・スノーのかみさんだった二ム・ウェールズと朝鮮人革命家のキム・サンの共著になる『アリランの歌』(岩波文庫 1995年)のなかに「革命の聖地」におけるキムの言動が記されています。■「中国では澄んだ川や運河を見たことがないのです。私たち朝鮮人は朝鮮の川で自殺するなら満足だというのですが、中国の川はきたなくて、そんな気になりません」。「自分たちがもうかるというのでなければ面倒を避けたがる中国人の性格を承知していた」。「中国は無法律だ」。
彼を逮捕に来た中国官憲に対し無抵抗な中国人同志に向って、「なぜあほうみたいにつっ立ってる? 卑怯者め! なぜ逃げないんだ?」「朝鮮人ならこんな時絶対にあきらめない」と怒声を挙げた。
じつは彼を変わることなく援助し続けた兄は、中国に向かう彼を「われわれ朝鮮人はすべて理想主義者であり、理想主義は歴史を創り出す。中国人はあまりにも拝金主義者であるためキリスト教民族とはなれず、やがてその物質主義のため亡びるであろう」と諭したそうです。
「理想主義者」の若大将は、なにをしでかすか予測不可能。一方の「あまりにも拝金主義者」は予測可能で拝金主義に邁進するのみ。さて、こんなトンデモ隣人をどう料理するか。これからが我が神高潔の民の智慧と胆力の見せどころ。御参考まで。
(KH生、名古屋)



  ♪
(読者の声2) 日本文化チャンネル桜からお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2017 日本よ、今...」 
テーマ:「アメリカ・トランプの世界再編は成功するか?」(仮)
放送予定日:3月4日(土曜日)20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!528チャンネル)
「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト
インターネット放送So-TV
(パネリスト:50音順敬称略)菅原出(ジャーナリスト)、田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)、馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
丸谷元人(ジャーナリスト・危機管理コンサルタント)、宮崎正弘(作家・評論家)ほか
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)



  ♪
(読者の声3)ラジオ日本からお知らせです。
マット安川氏の「ずばり勝負」に宮崎正弘さんがゲスト出演します。これは生放送です。

とき  3月3日(金曜日)午後零時半
ラジオ日本 1422hz
番組名 「マット安川のずばり勝負」

     □▽○□◇○ □▽○□◇○ □▽○□◇○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘 新刊ラインアップ
*************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. 売国奴安倍晋三完璧アウト 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/858.html

    塚本幼稚園幼児教育学園が抗議文を「修正」 でも「K国」、「C国」への本音は貫徹するのだ! どうする安倍総理。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/859.html

    日本会議に所属するチンピラどもの後ろにいる統一教会やら幸福の科学に注目すべきだ。彼らは、宗教を利用した奴隷制の賛美者だ
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/860.html

    在日支配の無料ツール:昭恵夫人が名誉校長 大阪の新設小学校に不可解な土地取引 でんでん
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/2a8a2c6d6a7f1185270153b36a52a61d?fm=rss

    3月7日に共謀罪(テロ等準備罪)を閣議決定へ!対象犯罪は277に変更、一般的な市民も対象に!<ダントツ逮捕は安倍晋三!>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/857.html

     2017/2/19


  2. <大阪発・アベ小学校疑惑>8億円値引きの根拠は崩れた ゴミはまだ埋もれている(田中龍作ジャーナル)
    http://tanakaryusaku.jp/2017/02/00015377

    政界地獄耳 首相の疑惑追及なぜ伸び悩む(日刊スポーツ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/849.html

    疑惑にあえて「目をつぶる」読売グループ! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/840.html

    森友学園の闇 安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/836.html

    ペテン宰相とグルの寿司友インチキメディアは(共謀して?)、どうでもいいようなキム・ジョンナムのネタを執拗に報道して時間を浪費し、「安倍晋三記念小学校」のスキャンダルを揉み消そうと躍起になっているみたいだ。

     2017/2/18

  3. 悪を滅ぼすにはピザゲイト事件を追及すれば良いわけです。大手メディアは、この事件をフェイク・ニュースだと言い張りますが、現実にカリフォルニアで大規模な人身売買組織の摘発があり、474名が拘束されています。また、“7万名の会員を持つペドフィリア犯罪団が暴かれこれまで184名が逮捕された”とあります。拘束された者たちの大多数は、子供たちへの性的虐待に関わっているようです。こうした事件が大手メディアで取り上げられるようになると、イルミナティは壊滅です。
      “彼らが考えるのは、一刻も早くトランプを消すこと”なのです。カバール(陰謀団)は、こうした罪を暴かれるのを恐れて、脅迫をしてきます。しかし、彼らがこうした愚かな行為をすればするほど、神々によって死刑を宣告され、次々に処分されていきます。神々は本当に改心した者と、最後まで抵抗する者を見極めるために、こうした連中を監視しています。彼らが逃げ切ることも、彼らの計画が成功することも、絶対にありません。



     2017/2/18

  4. ピザゲイト事件が表に上るとまずい連中は、トランプの首を取るつもりでいます。“影の政府が、トランプに対する核戦争を宣言した”ということです。トランプ大統領には米軍が付いており、米軍とロシア、中国は核戦争をするつもりが無いです。“北朝鮮が特殊核ミサイルを飛ばした”ということです。“世界のどこでも、どんな場所でも…核ミサイルを撃ち込むことができる”というメッセージです。加えて関西、関東平野には、双方に、“500メガトンの爆弾が埋められている”、ロスチャイルドは、“関東平野を爆発破壊し、北朝鮮に移動させる計画でいる”です。
      総合すると、トランプ政権とのアメリカの核戦争の相手は北朝鮮であると考えるべきです。もちろん、金正恩が暴発すれば多くの人命が失われると共に、北朝鮮も消滅します。いわばこれは、ロスチャイルド家のトランプ大統領に対する脅しだと考えられます。トランプ大統領が大量逮捕に踏み切らない理由を、脅迫であると考えています。
      トランプ大統領は、大量逮捕、9.11の再調査、クリントン財団の捜査などを実行するつもりだと思います。ロスチャイルドを中心とする悪党どもは、脅しによってこれらを止めさせたいだけではなく、暗殺あるいはカラー革命によって、大統領の座を奪うことを考えているはずです。
      事態は緊迫していますが、今回のこうした脅迫とカリフォルニア州のダムの決壊騒動を考慮すると、これらに関わった者たちの死刑は確定したという事だと思います。神々にとって、こうした連中を処分するのは簡単です。実際問題として、明日になれば、トランプ大統領を脅した元NSAのジョン・シンドラーは、恐怖で怯えることになると思います。

     2017/2/18


  5. アッキー名誉校長愛国学校 激安国有地疑惑〜補助金までもらい実質タダ同然で土地を取得した森友! 
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12248843960.html

    安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36546049.html

    <必見>テレ東の「ゆうがたサテライト」が森友学園の国有地疑惑を特集!安倍昭恵氏はコメント拒否!  ←テレ東は取り上げたようだ。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/804.html

    【どっちがウソ?】『安倍晋三記念小学校』について「安倍首相」は⇒文春「了承ずみ!」総理「断った!」
    http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/27020

     2017/2/18


  6. <重要>国連が南スーダン内戦「壊滅的規模」と警告!「いかなる政府の統制も及ばない状態がこの先何年も続く恐れがある」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/831.html

    <無茶苦茶>防衛省が「自衛隊日報問題」の調査委員会の立ち上げを与党の反対で断念! 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/828.html

    不信感を増幅させた防衛省の日報隠し <南スーダンPKOの日報、派遣開始当初の分から全て保存!>
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/826.html

    「暗黒の歴史」再びの予兆 稲田防衛相のクビでは済まない(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/797.html

    駆け付け戦死
    http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10629.html

     2017/2/18

  7. 米大統領選挙 ヒスパニックの不正投票が二百万票あった だから投票数ではヒラリーが勝ったんだ←やっぱり、そうだったんですか、納得できました!情報ありがとうございます。

     2017/2/18

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    2866人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事