トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <富士山見物の静岡空港は14路線が4路線に縮小していた

発行日:2/8

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月8日(水曜日)
       通算第5181号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 だから言ったじゃないですか。「中国人の爆買いは『突然死』する」って
   富士山見物の静岡空港は14路線が4路線に縮小していた
****************************************

 富士山静岡空港のホームページをみると、二年前の2015年8月、富士山静岡空港を出発する中国路線は上海、天津、寧波(浙江省)、温州(浙江省)、杭州(浙江省)、南京(江蘇省)、西安(陜西省)、武漢(湖北省)、南寧(広西チワン族自治区)、鄭州(河南省)、長沙(湖南省)の11路線だった。くわえて台湾(台北桃園)線も就航しており、中華圏への路線は合計で12路線。

就航していた航空会社は中国東方航空(MU)、中国南方航空(CZ)、台湾のチャイナエアライン(CI)に加え、北京首都航空(JD)や天津航空(GZ)などローカル企業。これが2016年上半期には14路線となっていた。

そして、異変が起きたのだ。
富士山周辺の温泉旅館、ホテルから悲鳴があがった。
 中国人ツアーの激増に対応して売り場面積を拡げたり、客室を増築したり、あるいは中国語のできるスタッフを雇ったり、大わらわ。これは銀座、新宿のデパートが中国人の「爆買い」に対応し、売り場の改築などをしてきたことと軌を一にする。

そして改築、増築完成してみれば?
中国からの団体は消えていた。静岡空港が、その典型である。上記14路線は、欠航、減便、ツアーキャンセルが相次ぎ、現在は四便のみが生き残っている(武漢、寧波、杭州、南京便)。団体ツアーが消えた替わりに個人旅行の中国人が目立つものの、かれらは民泊を利用し、買い物をしない。
 静岡空港の年間利用者は2015年が40万人、昨年は23万、そして今年は確実に20万人を切るのではないか、と懸念されている。 
       □▽◇み□◎◎や◇◎◎ざ◎◎◎き□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 アナキストだった筆者が日本へ目覚めるまでの精神の軌跡を描く
   遡及史的展望で日本の政治思想の変遷をまとめた

  ♪
大沢正道『アはアナキストのア  さかのぼり自叙伝』(三一書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 本書は自叙伝だが、倒叙法を用いたスタイルで、老人となった現代から壮年、青年時代と振り返り、そして幼年時代へと逆日本史のように溯って生涯を遡及していく。アナーキスト人生は、かくありきという自省の書でもある。
 この本の著者である大沢さんの文章は平明でありながら粗忽ではなく、芯にパンチのある筆力、語彙の選び方も豪放と言ってよいほどに、一見無造作に見え、実は言葉を武器に相手の肺腑をえぐる。
評者(宮崎)は兼ねて大沢さんが世界史の謎を書いていた頃から、ファンの一人である。文章が直截であり、且つ直球が飛びこんでくる。変化球が少ない。
嘗て「長屋のご隠居」と比喩したことがあったが、なにしろ平凡社の編集長、個人雑誌『黒の手帳』の創刊、百科事典の編集など、この業界で大沢氏の名前を知らない人がいたら、モグリか、よほどの若い人だろう。
 ところが氏が初めて書いた自叙伝で自らが明らかにしたのはアナキストであったという事実である。クロポトキン、大杉栄? 
70年代安保では、黒ヘル軍団のアナキスト集団もあった。が、氏の活躍年代はチト古い。60年安保より、早い活動歴があり、内ゲバの体験者でもある。
最近、氏は四年近く『テーミス』誌上で、辛口コラムの「寸鉄録」を連載されているが、これがまた面白い、というより辛辣すぎるほど痛快なのだ。
たとえば『テーミス』の2017年三月号で、大沢氏は「国民的雑誌だった『文芸春秋』は『非国民雑誌』となった」として御厨某や、半藤一利などの左まきを集めた文藝春秋は左路線に陥没、左翼が大好きな人種のあつまるメディアに成り下がってしまったと嘆く。御厨といい、北岡伸一と言い、東大閥政治学者は口だけがうまり。北岡はJICA総裁になり、御厨は、サントリーの社外取締役になる。
その世渡りは華麗、在野の人間から見れば、やっぱり宇宙人だ。
 『戦争と平和』を書いた猪口邦子への批判もすごい。
 「あまりにもお粗末」で、「抽象的な平和のお喋り」でしかなく、平和などと唱えながら、「みかけだけの仕草」だとばっさり。「この程度の本に先輩の佐々木毅のような政治学者が仲間褒めをしているのに腹を立て」たそうである。
 猪口夫妻はともに宇宙人的な、地球市民的な世界観をお持ちのようで鳩山由紀夫と同様な空疎な議論を雄弁に多彩に喋っているが、拠って立つ政党が、なぜか自民党なのである。自民党って、鵺的集団だ。
 それにしても、本書には夥しい政治家、思想家、活動家の名前が、著作がでてくる。大沢氏が稀な読書家ということが判る。また『中央公論』にいて早世した名編集長の平林孝氏など、共通の友人がいることが、本書で初めて知った。
 大沢氏は編集者兼労組責任者として労働運動も経験したが、さまざまな試行錯誤の結果、「わたしは現実世界の問題については私自身の実感に即した考えに従おうという結論にたどり着いた。こうして『アナーキズム』から自由になった時、なにか私はそれまでのおつむの上にあった重石が取れ、身体が軽くなったような開放感を味わったのである」(80p)と正直に告白している。

○◎○□▽◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1))先週あたりからマスコミはトランプの暴走を裏で操るのはバロン(上級顧問)と言いだし、バロンは人種差別主義、女性蔑視主義、破廉恥な右翼などと一斉攻撃を始めています。
 それほど危険な人物でしょうか?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)土曜日(4日)ロスアンジェルス空港の書店で、TIMEの表紙をみたらバロンでした。何か、問題がおきているな、と帰国したらTIME日本版も米国版と同じ特集でした。
 補佐官ふぜいがTIMEの表紙になるなんて、異例中の異例です。
つまり左翼ジャーナリズムが、トランプ攻撃の代理標的に、このバロンを撰んだということでしょう。
 すでに小生は、先月出した拙著『トランプノミクス』(海竜社)のなかで、バロンを次のように表しております。

 引用します。
 「大統領上級顧問にスティーブン・バノンを指名した。バノン氏はトランプ選対のトップとして、ロビィストの大物フィクサーとして知られたマルフォート解任のあとの選挙本部を支えた。風貌は芸術家風で挑発、不敵な笑いを浮かべる。バノンは元々、映画プロデューサーで、保守系のメディア企業を経営してきた。ハーバード大学卒のMBA保持者。共和党保守本流はバノンの超保守的な立場を嫌っており、党内宥和のためバノンの首席補佐官就任は流れ、上級顧問というわけだ」。

 「とくにバノンは下院議長のポール・ライアンとそりが合わず、トランプ次期政権にとって、公約を実現するには議会対策が政策実行の要となるため、保守本流になびく人事を優先したことになる。(中略)大統領首席補佐官は大統領府にあって大統領の日程調整や閣僚との意思疎通をはかる重要ポストで、「影の大統領」ともいわれるほど政治的影響力が強い。またこの人事は安全保障担当補佐官同様に、上院議会の指名公聴会の承認を必要としないため、トランプの任命が最終決断ととれる」。

 「では首席補佐官と上級顧問とではどちらがパワフルかといえば、ケースバイケースである。ブッシュ・ジュニア政権では選挙参謀をつとめたカール・ローブが上級顧問に就任し、首席補佐官を超えて、辣腕をふるい「影の大統領」といわれた。ローブはコロラド州出身で学生時代から保守学生運動の指導者として活躍し、ブッシュ・ジュニアとは、そのときからの親交があった」(引用止め)。
 


  ♪
(読者の声2)アジア自由民主連帯協議会主催講演会、久保田るり子氏講演の動画と内容です。ぜひご覧ください。
http://freeasia2011.org/japan/archives/5050
 また、チャンネル桜で、「南モンゴルの風」第二回が放映されました。
https://www.youtube.com/watch?v=_cegM3s0jP8
  (三浦生)


(宮崎正弘のコメント)久保田女史の講演録、拝読しました。テープ起こしご苦労様です。たいへん秀逸な朝鮮半島の分析で参考になりました。


 
  ♪
(読者の声3) イ−スタ−島、ガラパゴス諸島の取材は紛争地域でもない穏やかな島々だろうと思っていました。「文明滅亡」かの思考を拡げるための調査を兼ねていたのですね。
 さて、地方中央を問わず欺瞞に満ちた政治家たちの生気を逸した言動に、国家滅亡の危機を感じていました。
 文科省の組織的な天下りの問題。官僚たちがこんなに体たらくでは真面な教科書が作れるわけもなく、実に恐ろしいことです。都府県単位では東京都議連の、自民党の莫迦さ加減にはほとほと嫌気がさします。
 権力は腐敗する、ですか。
 県単位では、視察と称して観光旅行。視察内容の報告書も必要なしとか。税金の無駄遣いも然る事ながら精神の弛緩には程があります。
 市町村単位では、市長と副市長が庁舎を抜け出し賭けマ−ジャンをしていたことを指摘されると、「マージャンは賭けるもの、賭けずにマ−ジャンしている人たちがどれ位いるものか調査してみてください」だと。市民もこの程度なのでしょうね。
国防にも無頓着な売僧国会議員たち。欺瞞に満ちた行政。
日本は此の侭で大丈夫か、と真剣に思いつまされています。これも皆、教育の欠如からです。日本の行く末が真剣に心配になります。
   (北九州素浪人)
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1527回】        
――「賭博思想ハ支那人ノ天性ナルカ如シ」(村木11)
  村木正憲『清韓紀行』(出版地・出版年不明 明治三十三年序)

   ▽
村木の「紹介」は続く。
■「支那に於て商業上獨乙人の優勢なるは假に性来の忍耐力を同しとするも日常の生活節儉にして久しきに堪ゆること英人の遠く及はさすものあるか為なりと論するものあり夫れ或は然らん」。当時、すでに清国市場でドイツは俄然優勢だったということか。

 そういえば2016年の中国市場での車の工場出荷台数をみると、外国企業ではドイツ系が451万台余で日系は379万台余。メーカー別ではVWはトヨタの3倍ほどの300万台強だった(以上は中国汽車工業会発表による)。ということはドイツは清国市場以来、「優勢」を保っていたようだ。ドイツ産業と中国市場との関係には長い歴史があった。どうりでメルケル首相の北京詣でが頻繁だったはずだろうし、今後ともドイツと中国の関係は、その歴史的経緯からして要注意といったところだろう。

 ここに一言付け加えると、重慶発でウルムチを経由し阿拉山口で国境を越え、中央アジア、ベラルーシ、ポーランドを経由してドイツへ。重慶製ハイテク製品がドイツを経てヨーロッパへ。ドイツからはヨーロッパ農産品などが重慶へ。線路は何処までも続いていることも忘れてはならない。

■「(生活環境が劣悪の上に)言語は異り日常の愉快なき地に営業する日本商人日本舩員は我等十分之を歓待せさるへからす」。にもかかわらず、偶々帰国した者に対し「之を援助せすして却て之を詐僞に陥れんとし或は一両年にして収支相償はされは直に之を擯斥」する始末だ。「漸く彼地の事情を通して稍力を伸さんとするに至れは之を轉換非免するが如きは不都合の甚しきものと謂はさるを得す」

「一両年にして収支相償はされは直に之を擯斥」し、「漸く彼地の事情を通して稍力を伸さんとするに至れは之を轉換非免する」とは、やはり「一気呵成の業」がそうなさしめるだろうが、それにしても村木の指摘は、日本人の行動様式の持つ負の一面の本質をズバリと衝いている。

■「支那人と商業上の取引きを為さんとするものは我より彼に貨物を注入すると同時に彼より我に彼の地の貨物を引取るを要す」。それというのも清国の決算期は年3回、あるいは2回であり、「單に我より彼に貨物を送るのみにては其間利子を忍んて忍耐せさるへからす」であり、そういうことには「我邦商人の堪ゆる所に非されはなり」

■「日本人は兎角に成功を急くの癖あるを以て大會社又は一私人の支那に於ける事業は稍成功するものありと雖も些少の資本を以てするは小團体の事業は殆んと中途にして頓挫するを免れさるなり」

つらつら考えるに、以上の指摘は120年ほど後の現在でも十二分に通用する「支那人の特徴」――それは同時に日本人の特徴でもあるが――と思える。

成否に拘わらず「一気呵成の業」を良しとする“美学”を身に体し、「兎角に成功を急くの癖」を持ち、「一両年にして収支相償はされは直に之を擯斥」するような短兵急な経営方針では、「急がず、噪がず、子ツツリ子ツツリ遣て除ける」「猜忌深き支那人」にかかったら、ひとたまりもなさそうだ。確かに「殆んと中途にして頓挫するを免れさる」ことを覚悟しておく必要が・・・舐めたらアカン、です。

ついで村木は「支那人は一種不可思議の人種なり其真性を穿つや實に難し」とした後、「カーライル氏」の語る「予は凡そ人又は物に就き正當なる判断を下さんと欲せは先つ其善性を察し而して後其悪性を論せさるへからすとの金言を信す」との言葉を記した後、「予は支那人に関し特にカーライル氏と其感を同ふするものなり」とした。
熱烈同意デス。
《QED》
◎▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━━…━…━
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━━…━…━ 
    ♪
2月15日発売 新刊予告
 宮崎正弘 石平 福島香織の鼎談  三人のオリジナル書き下ろし
『日本は再びアジアの盟主になる』(宝島社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4800266033/
(現在、アマゾンで予約受付中↑)

ISテロとの戦いや新興国の台頭により、相対的に存在感を失うアメリカ。
トランプ新大統領の誕生は「ひきこもり化」するアメリカ国民の意識が色濃く反映されています。
一方で、フィリピンなど地政学的に重要な国がアメリカと距離を置くケースも目立ってきています。
従来、アメリカに賛意を表明するだけでよかった日本ですが、現状は日本が対中包囲網などのアジア外交を主導し、そこにアメリカを引き込むことを余儀なくされています。日本が再びアジア外交の主要プレーヤーに返り咲きつつある今、どのように考え、行動していくのか。
また、かつてのキーストーン的な役割から、アジア地域の攪乱者になりかねないアメリカと、最大の「攪乱者」中国を、どう制御すべきか。米中日の事情に詳しい3人がそれぞれ専門分野を分担して、丁寧に解説。巻末に宮崎、石、福島の異色鼎談を収録。
  ♪
『日本は再びアジアの盟主になる』(宝島社。1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4800266033/
(現在、アマゾンで予約受付中です ↑)
       ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 サイト情報 サイト情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
マティス国防長官の来日 
@@@@@@@@@@@

 マティス国防長官は2月2日から4日まで、長官として初の外国訪問で東アジアの韓国と日本を訪れました。2月3日には安倍総理大臣を表敬訪問し、また4日には稲田防衛大臣と会談後、共同記者会見を行いました。 
 日米防衛相共同記者会見 
https://www.defense.gov/News/Transcripts/Transcript-View/Article/1071436/joint-press-briefing-by-secretary-mattis-and-minister-inada-in-tokyo-japan 
ビデオ https://www.defense.gov/Video?videoid=508304
安倍総理大臣との会談 
https://www.defense.gov/News/Transcripts/Transcript-View/Article/1070919/remarks-by-secretary-mattis-and-prime-minister-abe-in-tokyo-japan
マティス国防長官、安倍首相との会談で強固な日米同盟を強調 
国防総省ニュース 2017年2月3日 
https://jp.usembassy.gov/ja/secretary-of-defense-mattis-visits-japan-ja/
ジェームズ・マティス国防長官の略歴 
https://jp.usembassy.gov/ja/our-relationship-ja/key-officials-ja/secretary-of-defense-ja/
国防総省の特別サイト 
https://www.defense.gov/News/Special-Reports/Travels-with-the-Secretary/0217_mattis1
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
**************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. トランプ大統領になってヌーランドは米国務省から去った。
    閑話休題:ウクライナ危機から3年
    「国務省次官補、ヴィクトリア・ヌーランドというユダヤ人がこの作戦の首謀者」
    https://jp.sputniknews.com/blogs/201702033305605/

    アメリカの反トランプの抗議デモを暴動に変えたプロ市民
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52002417.html

    他の大統領も特定国に対する入国禁止命令を出していました。  ←それを、さもトランプが無謀なことを始めたように執拗に報道を繰り返すユダヤの犬HK
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52002456.html

    ブーメラン:「偽ニュースの横綱デーブ・スペクターと池上彰がNHKで偽ニュース特集をする」 
    http://quasimoto2.exblog.jp/23610505/

     2017/2/9




  2. ○筆者ご指摘の、複雑怪奇な米国政治事情。今、入国制限を巡りガチンコで国論が激突するその米国、ワシントンへ、仲良くお手手つないで旅立つアベ夫婦。友愛の盟主、米国のトランプ大統領は、おおらかな笑顔で出迎えることだろう。「シンゾー、よく来た、ウェルカム」 抱擁からのヘッドロック、鼻をつまみながら、「おい、わかってんだろーなっ!」か?で、「日本の公的資金(年金原資等○○兆円)による米国インフラ整備、米国雇用創出」実現か。「自衛隊戦闘部隊による米軍護衛作戦実施」「自衛隊戦闘部隊IS掃討作戦参加」「在日米軍駐留費全額日本負担」「日本製品関税20%決定」か。あぁ、悪夢の訪米旅行の顛末とは?

     そして、留守を守るはずの、中核閣僚を欠いた靖国ナチス内閣は?今、野党のターゲットになっている3閣僚。いずれ劣らぬ愚鈍の衆のようである。特に、あのあぁ勘違いかわいこぶりっ子軍事どシロート白紙領収書財テク靖国ナチス泣きべそおばさん大臣。国会答弁で「戦闘」を「武力衝突」と毎度の言葉のすり替え。で、南スーダンの自衛隊部隊が置かれている深刻な事態を隠蔽、危険を誤魔化し、何が何でも自衛隊員の「血を流させる」覚悟を固める。むしろ「武力衝突」の現場(戦闘のど真ん中、死地)に自衛隊部隊を積極的に送り込む命令を下し、自衛隊初の「戦死者」、犠牲者を作り出す腹積もりかも。何が何でも自衛隊員の血を流させることで、国民の関心を外へ向けさせ、内閣への求心を高めつつ、「平成の軍神キャンペーン」を大々的に展開、靖国国家護持、憲法変更、徴兵制、超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)へ突っ走るつもりでは。疑念が膨らむ。自らは屈強なSPに警護された安全地帯に身を置きつつ旨いものを飲み食いし、「自衛隊員戦死」の第一報にもおそらくは「想定内」とのたまいつつ、汚い涙のひとつでも流して見せるのだろうか?が、失われた自衛隊員の命はもう戻らない。そして日本の平和も・・・。こんな人物らの野望のために、命を奪われる自衛隊員が気の毒でならない。

     あぁ、ガタガタの靖国ナチス内閣。だからもう、アベ総理よ、日本のために辞めてくれ。辞任後は、戦犯三世髭なしヒトラーと愉快な仲間たちで「復古隊」でも結成し、テロとの戦いの最前線「武力衝突」地帯へと行き、米軍の武器弾薬を運ぶボランティアでもして欲しい(但し、地雷をふんずけても、流れ弾に当たっても、人質にされても自己責任で)。日本の「戦前」も突然死するかも。が、その方が日本人の究極の救いにとって近道かもしれない。が・・・。


     2017/2/9


  3. 学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000012-asahi-soci

    森友学園に激安で大阪の国有地売却 名誉校長は安倍昭恵氏「日本初で唯一の神道の小学校」
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/08/moritomo-gakuen_n_14647672.html

    学校法人・森友学園(軍国・愛国・天皇絶対教育)に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か
    http://blogs.yahoo.co.jp/akaruria/35166263.html

    「森友学園が買った土地には、今春に同学園が運営する小学校が開校する予定。籠池理事長は憲法改正を求めている日本会議大阪の役員」「同校の名誉校長は安倍晋三首相の妻・昭恵氏。」
    http://b.hatena.ne.jp/entry/321212776/comment/pollyanna

    国有財産14億盗む
    http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10584.html

    日本会議系のカルトな学校法人が、アベシンゾー首相婦人を「名誉校長」に仕立てて、国有地を相場の9割引きで払い下げしてもらうという、酷い話もあったもんで、こら、揉めるぞw 折よく池沼首相はトランプ様のお髭のチリをはらいに渡米中w 帰ってきたら席がないぞw

     2017/2/9

  4. ・トランプ政権は従来のパパブッシュの政策を変える。

    ・トヨタなどの経済界が対応する必要がある。安倍は関係ない。


    ・高度経済成長時代の運営に戻れば景気がよくなる。
    ・人口減対策も必要

     2017/2/9


  5. 「訪米の土産に年金献上」をばらされて激怒した菅官房長官  天木直人
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/435.html

    ロイター報道は「デマだ!」 トランプ大統領を真似る安倍晋三首相? 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/412.html

    世論調査で安倍自民党を支持する国民のみなさんに告ぐ:安倍自民党は、われら日本国民の年金や血税を嬉々としてアメリカ様に献上しようとしている 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36526319.html

    感情的になって否定する=図星
    http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10578.html

    とにかくアベシンゾーの言う事は全てが「嘘」だから。デマとか、そんな生易しいもんじゃない。フェイク・ニュースとか言うなら、まずはインチキな大本営発表をやめろw

     2017/2/9

  6. 天皇は渡来人の通名を罰した
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

    第四次告発
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/02/08/1517-%e7%ac%ac%e5%9b%9b%e6%ac%a1%e5%91%8a%e7%99%ba%e2%91%a1/

    アラベスク文様
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%99%E3%82%B9%E3%82%AF%E6%96%87%E6%A7%98&biw=1097&bih=550&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwiq7cTIyf3RAhULu7wKHcofBQkQ_AUIBigB

    潮流発電で世界最大級、五島列島の海底で2019年に実証運転 
    http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1607/28/news030.html

    なぜ「平等」は実現できず、むしろ危険なものになるのか?
    http://www.bllackz.net/blackasia/content/20170203T0402360900.html

    蓮舫を追い詰める決定打。出自についての最新版情報と、日台のフィクサー?の謎の祖母
    https://samurai20.jp/2017/02/multiple-nationality-13/

    少年の名はジルベール
    http://www.chil-chil.net/goodsDetail/goods_id/55954/

    医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか?
    http://biz-journal.jp/2012/08/post_559.html

    梶田さんのノーベル賞受賞で注目の「ノーベル街道」とは? 
    https://matome.naver.jp/odai/2144421000802759301

    TBSテレビが中小出版社を攻撃
    保守系出版社故に狙われた。
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53220228.html

    福岡県立小倉南高校で日教組教師による洗脳教育? 在日にはすでに母国での参政権があるのですが! 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12245901321.html

    厚労省のお役人は、ワクチン打ちませんよ 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12125827496.html

    欧米で理解されない慰安婦強制連行の虚構…JAPAN EXPOに今年も韓国ブース…民間有志が国連へ!
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1586.html

    16時間断食するだけで様々な効果が現れます
    http://danjiki-kouka.com/entry17.html

    辛淑玉BPO敗北!犯罪教唆の証拠動画も流出「爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください」
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6555.html

    「いやなら出ていけ」オランダ首相が意見広告、反移民ムード背景か 
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4671.html

    民主党大不況
    http://oyoyomemo.blog.fc2.com/?no=118

    臼田畏齋(うすだ いさい)と人の幸せ
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3289.html

    俺達は全てが世界一!(のはずだった。)2
    http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-771.html

    天才的なアメリカの少年が日本語を勉強する光景
    http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/29433755.html

     2017/2/9




  7. 〇筆者ご指摘のとおり、ホワイトハウスの権力構造は複雑怪奇であり、ジャングルジムのように様々な力が重層的に作用している。米国の国家戦略は、あたかも時空を超越しているかのように壮大さでダイナミックであり、同時に仔細に至るまで神経質なほど繊細でもある。そして、その国家目標を指向・追及・貫徹する米国の国家意思に揺らぎはない。“In God We Trust!”を国是とする米国に神のご加護と祝福を。”God Bless America!”星条旗よ、永遠なれ!祈るほかない。

     そして、あぁ、愛するわが日本は・・・。いよいよ明日、2月10日(対米「アベ日」・シン建国記念日)、米国トランプ大統領の前にズラリっと雁首並べる戦犯三世髭なしヒトラー&ナチスの手口大臣様ご一行。いったいどんなやりとりになるのか?ホワイトハウスのお白州に引き立てられる靖国ナチス大臣らに、トランプ大統領は何を語るのだろう。まるで遠山の金さんのお裁きを受けるかのように・・・。

    「これより、超戦前回帰をもくろむ日本指導者の嫌疑に関し吟味をいたす。すでに取り調べの結果、『ナチスの手口』で憲法変更する段、明らかになっておる。まずは、『ナチスの手口』のどこを学ぼうとするのか?『立憲主義』をどう思うのか、申してみよ。」「それでは『ポツダム宣言』についてはどうじゃ。また『東京裁判』についてはいかがじゃ?」「では『靖国』をこれからも拝み続けるのか、どうじゃ?」「するとナチス・ドイツと同盟し、真珠湾のだまし討ち攻撃の首謀者をこれからも拝むと申すのか?」
     矢継ぎ早の問いにも、国会で鍛えたのらりくらり答弁でごまかさんとするアベ総理ら。そこでトランプ大統領は少し目先を変え、さらに尋ねるのだった。
    「米国の貿易赤字は膨らむ一方である。が、おぬしらの為替操作が裏にあるとの申し立てがある。それは真か?」「ロシアのプーチン大統領との間で軍事協力の密約をしたという噂がある。どうじゃ?」「いったいロシアにどんな約束をし、いくら手渡すことにしたのじゃ?」
     提示される疑惑を理路整然と否定し、適当に言いつくろうアベ総理ら。そこで、トランプ大統領は証人を連れてこさせ、証言させるのであった。
    「本当にこの人たちは、『ナチスの手口で憲法変更する』と企んでいました。『東京裁判なぞ無効じゃ、くそ食らえ』『なんで靖国わるいんかぃ』『原発再稼働で核武装しちゃる』などと申しておりました。」
     どよめくお白州、アベ総理ら。「ふざけるな、こんな小娘のいうことを信じるのですか?」「そんなのはうそっぱちですよっ!」猛々しく罵り出すのだった。
    「そういえば、その場には遊び人のキンさんもいました。そうだキンさんにも聞いてください。」
    「何がキンさんだ、その遊び人のキンとやらを連れてこい。」「こんなでたらめなおとりしらべあるかっ!ふざけるな!」「トランプ殿、同盟国日本から来たわれらに、あまりにもひどい仕打ち、ただではすみませぬぞっ!」「そうだ、そうだ、キン連れてこいっ!」

     「シャーラップッ!いいかげんにしろぃ、悪党ども!」
    ラリアットをかまさんとする勢いでやおら立ち上がるトランプ大統領。「おめえらは、あの夜、とんでもねぇものをみちまったんだよ」上着を脱ぎ、タイツ一丁に。「おめえらの悪事は、この背中の鷲(CIA,NSA、米軍情報部、エシュロン、諸々)が全部聞いておるんじゃあ!どうだっ、ぐーの音もでめぇ!」
     トランプ大統領の背中の鷲の彫り物を見て唖然とするアベ総理ら。で、すごすごと「在日米軍駐留費全額日本負担」「自衛隊戦闘部隊IS掃討作戦参加」「自衛隊米衛隊化実行」「日本の公的資金(年金原資等○○兆円)による米国インフラ投資・整備」「日本製品関税20%課税」等、「シン無条件降伏文書」にサインさせられるのだった。あぁ、無残。あの東京湾上、戦艦ミズーリ号での原風景が蘇る。悪夢である。どれもこれも、旧GHQが残置した「戦前」のゆえである。長州謀略政治の延命のために、日本の富と日本人の命が一瞬で奪われる。残念な民度だった・・・。

     帰国後、速攻で総辞職か?それとも総選挙か?日本も運命の岐路に立つ。はぁ〜。


     2017/2/9


  8. 米CNN「慰安婦最大20万人」  ←さすが1%(ユダ金・ネオコン)の御用メディア。
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-290096/ 

    米支配層は支配の戦術として住民皆殺しを採用、ベトナム、中南米、中東/北アフリカなどでも実行 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201702090000/

    オバマ政権がイランと話し合っていたのは何らかの工作を進めるための時間稼ぎだという見方もある 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201702070000/

    ネオコンがイランを殲滅すると主張していたのは1991年で、その計画は続いている(その1) 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201702070001/

    ネオコンがイランを殲滅すると主張していたのは1991年で、その計画は続いている(その2) 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201702080000/

     2017/2/9

  9. 石原慎太郎×亀井静香「米には日本も逆障壁作ると言え」
    http://www.news-postseven.com/archives/20170206_490323.html

    石原慎太郎氏「政治家は恫喝されたら恫喝で返すべし」
    http://www.news-postseven.com/archives/20170207_490536.html

    亀井静香氏 トランプ氏との「花札」会談への舞台裏を明かす
    http://www.news-postseven.com/archives/20170208_490981.html?PAGE=2

    石原慎太郎氏 天皇退位問題に「企業の社長交代とは違う」
    http://www.news-postseven.com/archives/20170209_490999.html

     2017/2/9


  10. 「共謀罪」創設策動はMWO征略の一環 国際秘密力研究
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/782581aaf53c9cc6728777cbcb527816

    法務省は「共謀罪」は平成12年に国連で採択された「国際組織犯罪防止条約」なる条約に加入する為の条件となっていると説明している。要するにオカルト団体国連で採択されたNWO推進策の一環として共謀罪がある訳である。グローバリストである安倍が急ぐ理由はここにある。TPP推進と同じである。

    共謀罪創設を加入条件とする「国際組織犯罪防止条約」とは「国境を超えた警察制度」を作る為の布石だと思われる。つまり、正真正銘の組織犯罪者が設立した国連が推進するワンワールド征略の一環である。

    経済分野でのNWO征略がTPPだとしたら、司法分野でのNWO征略が共謀罪創設策動なのである。

     2017/2/8

  11. http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/airport/326868.html
    静岡空港について事実誤認あり。メルマガでは台北線がない。登場者数の認識もちょっとだけ事実とは違うのでは?

     2017/2/8


  12. 安倍政権が国民の年金を我が物顔でトランプに献上!日本国民が積み立てた年金をアメリカの雇用対策に投資(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/210.html

    安倍首相が年金私物化…GPIFが米インフラ投資に消える(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/215.html

     2017/2/8

  13. http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10578.html

    首相がGPIFの運用方針きめれるの?

    ↑裏で圧力を掛けたら決めれるだろ
    独立してるはずの日銀があのザマだぜ?

    ↑GPIFは厚生労働省が支配
    その大臣は安倍の部下

    あとは分かるだろ?

    また批判でんでんには当たらないって言った?

    指示はしないがお願いするんだろ

    gpifなんてただの役人だし、日銀みたいに表面上の議会や法律の縛りもないのに、むしろなぜ指示できないと思った?

    ロシアへの経済援助は民間が行う政府が国として行うものではない
    安倍チョン政権→メガバンク首脳と会談ロシアへの融資を促す
    頭取、HD会長等の泪目 と言う図式と全く一緒 

    じゃあ、この今日の安倍の発言は何だよw

    【年金】安倍首相「私は指図できないが、GPIFが独自の判断で米国のインフラに投資する可能性は当然あり得る」
    http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1486451198/

    そりゃ、直接指示はできなくても、
    厚労大臣がGPIFのメンバーを任命してんだから
    総理大臣の指示でなんとでもなるわなw

     2017/2/8

  14. >安倍自民党は、われら日本国民の年金や血税を嬉々としてアメリカ様に献上しようとしている

    安倍首相はGPIFの独立性に触れ、政府から運用を指図できませんと答弁しています。
    これがすべてでしょう。

    そしてGPIFの高橋理事長は「GPIFが行っているオルタナティブ投資のうち、インフラに関する投資は投資信託のスキームを活用し、2015年度末の時価総額は814億円、収益額は6億円としたうえで、全体の5%を認められているので、7兆円前後の投資が可能」

    確実に回収できそうなところだけを選んで運用しているので
    安定している欧米への投資が多くなる。
    結果としてその中から米国のインフラへの投資になる可能性がある。
    と正確に答弁しているのであって、

    マスゴミが報じたような
    「トランプのご機嫌を取るためにGPIFを利用する」
    ものではありません。

    民主党は年金問題を悪用することで政権が取れたし、
    民主党の支持層が圧倒的に団塊の世代に集中している事から
    このように煽ることで票を集めようというものでしょう。

    もし、煽る目的でないとしたら、
    玉木雄一郎は絶望的に日本語ができないという事になります。
    彼が無能なのは今に始まったことじゃありませんから仕方ないですね。

    で、民進党ですよ?
    これだけで終わる話なはずがないですよね。

    民主党政権では年金の積立金を特亜に使おうという動きがありました。
    http://ttensan.exblog.jp/d2017-02-05/

     2017/2/8

  15. 【民進党(民主党)】大震災の復興は放置で韓国支援


    【民主党】 韓国支援5兆円に拡大!野田首相  [2011/10]
    http://megalodon.jp/2014-0219-0138-19/www.sponichi.co.jp/society/news/2011/10/20/kiji/K20111020001853810.html

    【民主党】 政府、韓国国債を初購入へ…年内に数百億円規模 [2012/05]
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1336259466/

     2017/2/8

  16. ジョージ・ソロスの母国ハンガリーで、彼のNGOに対する取り締まりが始まったという報道がありました。続いて、マケドニアで反ソロス運動が始まり、今ではヨーロッパ全土に広がっているとのことです。ホワイトハウス(ウェブサイト)にジョージ・ソロスを直ちに逮捕することを求める請願書が正式に提出されたということでした。“ひょっとしたらプーチン大統領のアイディアではないでしょうか”。“トランプはソロスは国家安全に脅威であると表明”したとあり、プーチン大統領に情報提供を要請したとあります。
      ジョージ・ソロスがウクライナに違法な介入を行って政権を転覆させた事ははっきりとしているので、彼を逮捕して刑務所に入れなければならない。彼の次は、ロスチャイルドでしょうか。
      ロスチャイルド家は中国に組み込まれているという事でしたが、パナマ文書がプーチン大統領はもちろん、習近平氏を狙ったものであることは明らかなので、いずれ中国で様々な暴動を起こし、中国をいくつかの国に解体する計画だったのではないかと思います。習近平氏はそうした事を当然知っているはずで、ソ連のゴルバチョフの役割を自ら引き受けるかどうかは微妙なところです。

     2017/2/8


  17. 世論調査で安倍自民党を支持する国民のみなさんに告ぐ:安倍自民党は、われら日本国民の年金や血税を嬉々としてアメリカ様に献上しようとしている 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36526319.html

    安倍首相「検討してない」→GPIF理事長が米インフラ投資否定せず 約51兆円のインフラ投資で70万人の雇用創出 〜日本経済の意図的な破壊〜 
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=122950

    感情的になって否定する=図星
    http://my.shadowcity.jp/2017/02/post-10578.html

    51兆アメリカ様に貢ぐというトランプとの密約を暴かれて、安倍晋三発狂ですw なーに、今までにも散々、ユダ菌の持つ株式を高値で買い取ったり、暴落で貢いだりして、いつもの事なんですけどねw 清和会は売国奴、日本の冨をユダヤに貢ぐためだけの存在ですw 売国奴は今に始まった事じゃない。先祖代々、売国奴w 売国奴として生まれ、売国奴として死んで行く。アベシンゾーに子供がいないだけ、日本の未来はマシと云うものだw

     2017/2/8


  18. 安倍支持者カンカン 内閣府「米国訪問事業」に“裏の狙い”(日刊ゲンダイ) 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/404.html

    安倍首相「デマだ」 民進議員の質問に猛反論(TBS)-GPIF資金の投資先めぐり
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/405.html

    総統閣下は大統領への貢物に年金を持っていくつもりです 総統閣下「どこから漏れたんだ!俺にはそんな権限はないと言い通す!」 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/400.html

    スノーデン上映打ち切り圧力と憲法違反即廃止の官邸政治 小野寺光一
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b715a036d8bf2cda20c7463aa2af0e2d

     2017/2/8


  19. 政府がゴリ押しする共謀罪のワナ「戦時体制へ向けた取り組みの一環」(週刊女性PRIME)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/384.html

    <これは酷い>法務省「共謀罪は提出後に議論を」 異例の見解に野党反発!金田法相に撤回要請  ←戦前の治安維持法復活を画策するアベ政権
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/355.html

    金田衆院議員 選挙違反の証拠PC海にドボン 元秘書を略式起訴 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/331.html

    ビートたけしが安倍政権に吠えた!「軍国主義を狙ってると思うくらい」「拒否反応を示さない日本人はヤバい」(リテラ)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/354.html

    <共謀罪・国会質疑>書きお越し、動画あり 2/6衆議院予算委員会〜山尾志桜里議員の鋭い追及!…金田法務大臣、ぼろぼろです
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/380.html

     2017/2/8

  20. 第3次世界大戦になった場合、日本はどうなるのでしょうか?

     日本の海上自衛隊、あるいは航空自衛隊もホルムズ海峡に派遣されるから、当然ながら戦死者が出る。多くの自衛隊員が死ぬことになる。そして、死んだ自衛隊員を政府(自民党政府)は靖国神社に祀る。自民党は、日本のために戦って死んでくれたことを強くアピールする。その英霊を祀ることに対して、誰も反対させない。これで靖国の復活である。日本は戦前に戻ってしまう。

     核武装もやるでしょうね。

     トランプだって「日本は核武装をやれ」と言っているのだから。

     「お前ら自分でやれ」みたいな。ただ、経済効果と言うことでは、自衛隊は今の2倍〜3倍に増強して、核武装したほうが確かに経済的にはプラスだろう。

     だから、18歳選挙権を通したわけ。18歳から自衛隊員募集オーケーとなれば、自衛隊員を徴兵することになる。なぜ18歳かと言うと、アメリカがベトナム戦争の頃、21歳過ぎに与えていた選挙権の付与を18歳に引き下げたことからきている。これは当時のアメリカの徴兵に関わることで、選挙権の無い18歳の若者を国が戦地に送り、戦死リスクを与えるのは、参政権の無い若者には理不尽とする気運があった。そこで、アメリカは選挙権を18歳まで引き下げ参政権を持たせたのである。要は、国を守る責任を与えた。長引くベトナム戦争で派兵人員を増やすための国策だった。それが霞が関(官僚)と自民党が日本に持ち込んだ。つまり、日本のアメリカ化であり、18歳志願制から始まる「18歳徴兵制」を見据えた自民党の政略なのである。

     今、アメリカは「底辺への競争」が加速する中、若者に仕事がなく、1%の富裕層が99%の弱者を支配する「超格差社会」が完成した。その中で、奨学金を返せない若者が溢れ、生活の安定を求めて志願兵になっていく。一方、日本では小泉・竹中政権時代、外国のグローバー企業を誘致する為、自由貿易とグローバリゼーションの中で、正社員を激減させる政策が徹底された。その結果、契約社員と派遣社員が日本中に拡大した。

     当時の若者たちが我慢したのは、竹中平蔵が唱える「富める者が富めば、貧しい者にも富が滴り落ちる」と言う詭弁だった。これを「トリクルダウン」と言うが、レーガン大統領の時代に、トリクルダウンは妄想と言うことが判明していた。だから、小泉・竹中が日本中に蔓延させた嘘は今の状況の準備段階だったことになる。だから、選挙権の付与年齢の引き下げは徴兵制にも結び付きかねない。

     徴兵制の前振りと言うわけですね。

     徴兵制をやるには、若い人たちにとって社会が閉塞状態にあって、自衛隊員になれば国家公務員扱いになり、給料は高額で資格も取れる・・・・と言うふうに持って行く。そしてアメリカのようにバンバン宣伝する。

     アメリカでは貧しい黒人とかが軍隊に入りますからね。

     日本でもそれをやるのだ。そのために18歳に選挙権を与えた。小泉・竹中時代にすでにアメリカでは新富裕層やグローバル企業が税金を納めない「タックス・ヘイブン」が当たり前になっていた。だから、あの2人がそれを知らなかったはずがない。その結果、2人に1人が奨学金を借りているという現状の日本の大学生の内、自己破産する数が、既に1万件を突破している。借金返済のためのアルバイトに追われ、大学を中退する羽目に陥る若者も激増している。中には数百万から1千万円の借金を返せない国立大学生も珍しくない。その結果、自民党によって、アメリカとの一体化が進み、借金と就職難に追い込まれた若者が巷に溢れ、未来が見えてこない社会が出来上がった。

     この状況で「国防軍」が正式に認可され、大量採用の国家公務員への道が開かれたら、同じく奨学金の借金を背負うアメリカの若者のように、軍への門をたたくことになる。その内アメリカと足並みをそろえて戦争を理由にして、「徴兵制」に移行するだろうが、若者の多くは、アメリカの駒として戦場で犬死にする運命を背負わされる。

     経済政策としての自衛隊拡張策自体は、論理的にあっていい。それだけ経済効果があるなら、若者に職を与えるわけだから。ましてやこれだけ天災が多い日本だから、天災対策で自衛隊必要ですからね。
     ただ、その時には国防軍と言う名前に変わっている。安倍首相のバックには中曽根康弘元首相がいる。基本概念は「美しい日本の再建と誇りある国造り」で「政策提言と国民運動」を旨とする集団だが、どう見ても戦前回帰運動としか思えない。これをロックフェラーは最大限利用して日本全体を戦争の駒にするのは明白で、アメリカにとって用済みになれば、日本会議はロックフェラーとロスチャイルドに一掃される。中曽根氏には、ロスチャイルドの本音、つまり血統的ユダヤを支配下に置き、それに入れ代わろうとする底意が全く分かっていない。戦前は良かったというだけの視野狭窄の時代錯誤に陥った醜悪老人。言葉は悪いが、そうも言いたくなる。

     中曽根氏は日本のことを「不沈空母」と言った。

     アメリカはその「不沈空母」発言を忘れてはいない。そのうちオスプレイが東京上空にも編隊を組んで飛びますよ。だって、自衛隊がオスプレイを買うことになっているから。

     熊本の時も、オバマの広島訪問の時も、オスプレイが飛んでいた。オバマも、広島訪問で平和に目覚めたみたいなことを言っているけど、表向きの軽いパフォーマンスでしょう。

     最大の問題は、日本人が偽ユダヤ人のロスチャイルドの懐を肥えさせる肥料にされるということ。自民党がその傀儡と言う点が、日本人にとって最大の悲劇である。自民党はアメリカ一辺倒の政党で、最後は日本人の全ても裏切るだろう。


     2017/2/8

  21. 私たちは先人が守ってきた神話を否定するほど賢くも偉くも無いのです
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-fa0c.html

    青山繁晴「一年で永住権の取れる国など無い」官僚「ある」青山「それ韓国だろ」「私の言ったのは先進7か国だ。何故韓国を真似なければならないのか!」
    http://netouyonews.net/archives/9481728.html

    禁じられた「政治活動」とは何? ラインをはっきりせよ!
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235644

    がん医療のタブー…効かない抗がん剤、寿命を縮める手術が横行するカラクリ
    http://biz-journal.jp/2013/02/post_1565.html

    「人工スリバチ」の因縁  ─ららぽーとTOKYO-BAY
    http://matogrosso.jp/suribachi/r05.html

    潮力発電
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB

    朝鮮で大流行した通名は伊藤博文の「伊藤」だった
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

    中国が日本を侵略する日・デモは首都東京で行われた【怖いと思ったらシェア】
    https://samurai20.jp/2017/02/apa-4/

    第2次大戦中、英連邦下の独立国アイルランドは、ひそかに日本を支援…「シンガポール陥落」では日本領事囲み祝賀会!
    http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/49429034.html

    朝比奈彩 始球式
    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9C%9D%E6%AF%94%E5%A5%88%E5%BD%A9+%E5%A7%8B%E7%90%83%E5%BC%8F&biw=1097&bih=550&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjMkN37___RAhVGULwKHZESDvkQ_AUIBigB

    伝説の“大泉サロン”秘話から、名作『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』を生み出すまで 竹宮惠子さんインタビュー【後編】
    http://ddnavi.com/news/293595/

    富山「ノーベル街道」を目指せ!
    http://www.tanken.com/toyama.html

    日本が嫌いな在日朝鮮人は祖国に帰れ!
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1539.html

    16時間絶食で体重を落とす「8時間ダイエット」の効果とやり方
    https://5min-massage.com/8-hours-diet-effect/

    定期接種・任意接種 被害の届け方 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12126962664.html

    慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1584.html

    在日通名は偽名です。在日通名制度は犯罪の温床! 福田茂男こと秋元茂男こと黄茂男逮捕! 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12245557582.html

    共産シナへの対応は言葉だけでは駄目
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53220104.html

    ピーター・ハンス・コルベンバック=イエズス会のTOP>イエズス会>イルミナティ 
    http://ameblo.jp/chlorohead/entry-11957438442.html

    トヨタ
    http://livedoor.4.blogimg.jp/netaatoz/imgs/e/5/e550a64b.png

     2017/2/8




  22. ○ガラパゴス、イースター両島への長旅を終えられ、休む間もなく抜く手も見せずのご健筆、誠に感服いたします。本日は、富士山観光の中国人旅行者激減の記事を拝読。静岡県の政治経済を担う指導者の皆さんが、筆者のご警告に真摯に耳を傾けておられたなら、無駄な損失、巨額の損害を未然に回避、防止できただろうに、悔やまれてなりません。経済に限らず、政治でも軍事でも、中国は突然死する滅亡の坂を転がり落ちています。中国共産党・共産裸官らの、地獄の道連れにされるのは真っ平ごめんです。日本の政治経済の指導者、官僚や企業参謀の方々も、筆者のご見解、予測から謙虚に学び最大限のリスク回避をしていただきたい、そう願わされます。

     そして、あぁ、愛するわが日本は・・・。いよいよ2月10日。アベ総理らご一行様が訪米し、トランプ政権と日米首脳会談という政治決戦に臨む。入国制限を巡り米国世論が真っ二つで、大統領令と司法判断がガチンコで対決しているまさに火中に飛び込むわけです。一部で不支持率が非常に高い水準にまで達したと報道されているトランプ大統領と、おそらくはこれ以上ないつくり笑顔でへーこらへーこらおべんちゃらを言い接待ゴルフでヨイショしまくるアベ総理ら日本の閣僚の姿が、全米及び全世界に配信されるわけです。選挙期間中はクリントン候補にだけ会見し、トランプ氏にはハナも引っ掛けなかったアベ総理が、トランプ氏が当選するや否や速攻で手のひら返し、超高級ゴルフクラブを携えてNYの自宅にまで押しかける醜態を晒しました。そして、今、トランプ支持派と反トランプ派の沸騰する世論の只中にアベ総理が飛び込んでいく。燃え盛る炎の中に自ら飛び込む冬の虫、といった所でしょうか。そこで待ち構えるトランプ大統領の対日要求とは?「『自衛隊が米軍を守る』履行要求・自衛隊戦闘部隊による米軍護衛作戦実施」「『日本は傍観者ではない』『血を流す覚悟』履行要求・自衛隊戦闘部隊のテロとの戦い最前線投入作戦実施・IS掃討作戦実施」「『米国の雇用を創出する』履行要求・日本の公的資金(年金資金等○○兆円)による米国インフラ投資整備実施」「『TPPに反対とは一度も言ったことがない』あらため『二国間協議実施します』履行要求・日本製品関税20%課税計画」などがぶっつけ本番、騙まし討ち的にかまされるのでは。ホワイトハウスで、何らかの書面(要求丸呑み文書)に署名させられるのではないか。不安は募る。果たしてアベ総理らご一行は、日本で威勢よくかましているように「ポツダム宣言シラネーお」「日本に戦犯おりませぬっ」「なんで靖国わるいんかぃ」「戦争犯罪全部ウソ」「『侵略』という文字が気にいらねぇ」「ナチスの手口で憲法変更すっから」「真珠湾、謝罪しねぇー」「東京裁判無効だよーん」「立憲主義も天賦人権論も認めねぇー」などとトランプ大統領相手にほざけるのか?

     あるいは、ロシアとの関係をただされ、米国を取るのか、ロシアを取るのか、真正面から決断を迫られたとき、どう答えるのか?待ったなしのこの問いに。今回の訪米で同行する「極東ロシア経済支援担当大臣」は、正直に「ウフッ、うらじぃ〜みるぅ〜が好き(ハートマーク)」と告白できるのか?その瞬間、トランプ大統領のラリアット炸裂か?分からない。が、滅びの美学(?)とやらは、一人でこっそり完結せよ。日本国民を巻き込むな!

     いずれにせよ、この歴史的な対米「アベ日」、2017年2月10日。従来からの「建国記念日」とされてきた2月11日に変わり、トランプ大統領の要求に従う「シン日本・建国記念日」となることでしょう。帰国後、やれ「言った言わない」「外務省が悪い、いや、経産省が悪い、官邸が悪い・・・」などと醜い責任の押し付け合いだけはやめてほしいものです。かつての帝国陸軍と帝国海軍の仲たがいの醜態で対米戦争に突入したり、ポツダム宣言「黙殺」で原爆投下やソ連参戦を招いた愚だけは繰り返さないで欲しいものです。で、ドーにもならなくなって、とりあえず総選挙でもかまそうか、となるのかどうか。いま、東京ジャンヌダルクの前にイジメ殺しドン一派は力を失い、金目生保T4ガラクタ親子老元知事は追い詰められ、さらに文部科学省がらみの天下り斡旋疑惑があの関連諸団体から限りなく黒(賄賂)に近い金を受け取りつつも逃げ切ったかのように見える(?)文教族大物議員(元大臣)にまで波及し、東京がシッチャカメッチャカの大騒動になるのを勿怪の幸いとして、争点隠しの衆議院解散・総選挙をかまし、変則的W選挙(東京都議選挙と衆議院総選挙)で、二重国籍疑惑の党首を抱く野党壊滅を狙うのか?あるいは訪米後、元カノ&叔父さん殺しの北朝鮮連続殺人鬼独裁者と話しをつけ平壌電撃訪問で北朝鮮による日本人拉致被害者を数人連れ帰るパフォーマンスをかまし「日本の救世主」を演出、国民を幻惑しつつ解散か?それとも尖閣を巡り対中国で軍事的緊張を高め、日中武力衝突で求心力を強めて解散か?長州謀略政治が何をしでかすか、分からない。

     果たして国民主権ならぬ国民棄権の世間様は、GWやサマーシーズンの旅行計画や3Sにどっぷり浸かることなく、「主権者の矜持」を保ち「主権者の意地」を見せられるのか?それとも、「みいつ詐欺」の積極的被害者のまま、命と財、尊厳と人生を奪われるままなのか?暑い夏になりそうです。日本に神(GOD)の憐れみを。もう祈るほかはありません。


     2017/2/8


  23. デマなわけないだろう。読売新聞が憤激して最初に記事にしたんじゃないか。
    安倍首相
    反論で「デマ」 衆院予算委は与野党ヤジで騒然
    http://mainichi.jp/articles/20170208/k00/00m/010/095000c

    やっぱりそのとおりだ。馬鹿で弱い人が政治をやると民は救われない。
    トランプ氏へ雇用の土産 首相周辺「朝貢外交さながら」
    http://www.asahi.com/articles/ASK274469K27ULFA00M.html?iref=comtop_8_01

    日本史上最大の朝貢外交  小林よしのり
    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/282.html

     2017/2/8

  24. 大沢正道『アはアナキストのア  さかのぼり自叙伝』(三一書房)←今日は、これを私のトップにさせていただきました。にしても、富士山静岡空港とその周辺の旅館の悲鳴とか、これって、その悲鳴を聞きつけ、シナ人が旅館そのものをシナ人経営にするなんてことにならならければよいのですがと危惧をしております。

     2017/2/8

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    3909人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事