国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2017/02/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月6日(月曜日)
       通算第5178号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

  AIは「希望」か「絶望」か
人間は「道具の道具」にされるのだろうか?
****************************************

 AI、IoTという新語がメディアに頻出している。
 スマホが携帯電話をこえて主流となり、パソコンは小型化、多機能化して海外でも通信ができる。世界のニュースを同時に共有できる時代となった。
 IoTとはあらゆるモノ、事象がコンピュターに繋がるという意味だ。
 企業が業務の効率化、製造の技術革新と合理化を目的に力をいれているのがAI、ioTが築き上げようとしている、未知の、しかし確実にやってくる社会への対応である。
 
AI(人工知能)は将棋、囲碁、チェスのチャンピオンを負かした。この程度のことに驚いてはいけない。
 運搬や塗装などが専門だったロボットは愛玩、介護ロボットなど実用段階から、やがて兵隊に代替する軍事ロボットになる。中国、ロシア、米国ではこの方面の研究開発が進んでいる。
 げんにドローンはAIを積み込み、高精度のカメラを搭載して、山奥でも洞窟に潜む敵でも見つけ出し、殺害できる段階にあるし、無人の潜水艇が海中を遊弋している。
 自動車がAIによって無人化し、いずれ製造業もロボット労働者が主流となる。
 日本は人手不足を嘆くが、単純労働者は不要となる時代がすぐそこまで来ている。
 失業が激増すれば社会は暗くならないか。AIは必ずしも明るい未来を運ばないのではないのか。
 
そればかりかAIが悪用され、世界的規模のサイバー・テロが起きると英米の諜報関係機関が警告しはじめた。
 もしサイバー攻撃で銀行や製造業が機能停止となればコンピュータで成り立つビジネスは壊滅的な被害を受けるだろう。
 国家の壁を越えてコンピュータは世界のテロリストを育て、想定されなかった場所で大規模なテロが起きている。

 かくして究極的は問題は「2045年にAIが人間を超える」(これが「シンギュラリティ」問題だ)と予想されることだ。「猿の惑星」という架空の娯楽映画が、リアルな世界となる懼れがある。つまりホモ・サピエンスが機械に司令されるシナリオの存在である。

 石川県出身の哲学者、鈴木大拙が箴言を残している。
 「人間のみにみられる特異な点は、さまざまな道具を作るようにできているということです。名はまた道具でもあります。われわれはそれでもって対象を扱います。しかし道具の発明によって『道具の専制』が始まります。われわれの心はさまざまな道具が作れるように便利にできているのですが、道具が専制的になれば、我々が道具を使うのではなく、道具のほうがその発明者に反抗し報復するようになります。つまり、われわれは我々の使う道具の道具にされるのです」

 マイクロソフトのCEOが発言しているように「そのときはAIを破壊しなければならない。あくまで人間のために開発している」
 「絶望という名のAI」か、「希望という名のAI」か、それが問題である。

(この文章は『北国新聞』コラム『北風抄』(1月23日号)からの再録です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■余滴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで、小生、昨晩、ガラパゴス島とイースター島の取材から帰国しましたものの、さすがに遠いので時差ぼけ、ニュース呆けです。
往路は日本からロスで乗り換え、さらに14時間かけてチリのサンチャゴへ。そこでまた乗り換えて5時間。イースター島でモアイ象をじっくりと三日間掛けて見学し、またサンチャゴへ戻り、一泊、こんどは北上してグアイキルで一泊。
その翌日、ようやくガラパゴス島へ。三日間、あちこちフェリーで島を巡りつつウミガメ、イグアナ、軍艦鳥など古代生物がなぜ生き残っているのか?
もちろんダーウィン研究所を見学しました。
テーマはAI(人工知能)が文明を滅ぼすのか、どうかをガラパゴスで考えてみようという動機からです。写真もたくさん撮りましたので、次号と次々号の『エルネオス』でその一部を紹介します。単行本は初夏を予定しています。
 帰路はガラパゴスからTAMEというローカル航空で、エクアドルの首都キトからペルーのリマへ南下して、ここで乗り換えてロスまでuターンの飛行機で九時間余。
 ロスでようやく日本行きのAA(アメリカン航空)で12時間余。
ロスはトランプの移民政策の余波で、入国管理は長い長い行列でした。こんなにくたびれた旅はひさしぶりです。

    ◎○◎○み□▽◎○や○◎○◎ざ○□▽◎き▽□◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@
【知道中国 1523回】    
――「賭博思想ハ支那人ノ天性ナルカ如シ」(村木7)
   村木正憲『清韓紀行』(出版地・出版年不明 明治三十三年序)

   ▽
「貧富の懸隔甚しく富者は玉を炊き貧者は飢に泣くか如き支那」との表現は、なにやら現在の超格差社会を言い得て妙といっておこう。やはり昔も今も、彼の国は「貧富の懸隔甚しく」、「富者は玉を炊き」、「貧者は飢に泣く」ことに変わりはないということか。かくて「中華民族の偉大な復興」が聞いて呆れ果てるわけだが、あるいは「貧富の懸隔甚し」いことが中華民族の往古からの“常態”なら、毛沢東時代に掲げた国是である「平等」を擲ってしまい、本来の「貧富の懸隔甚し」い道を突き進んでいる現在こそ、「中華民族の偉大な復興」といってもよさそうだ。いや決して皮肉ではなく。

  さて沙市市内を「逍遥す場末の不潔は又一層なり本日氣候炎暑一種の支那醜氣持は鼻を突くを覺ゆ」。ところが現地在住の日本人の「久阪君曰く『私共は馴れた為か左程に感じません、又感する様では一日も居られませんからな』と平氣なものなり」。村木の思いも判るが、「感する様では一日も居られませんからな」との久阪の応答に納得せざるをえない。

 上海に戻ってのことだが、村木は「茶樓を観望し其結構壮大なる」に改めて驚く。そこで料亭やら遊郭やら男の夜遊びの場が「結構壮大なる」は、「清人か日中孜々其業務に服し暮夜店を閉ちて茶樓に遊ひ一日の鬱を散し英氣を新にするの習慣」からだろうと考える。翻って見るに、「我商估の昼夜規律なく忙閑常なきものと同日の論にあらさるとを驚嘆」せざるをえなかった。

 遊ぶために働き、働くために遊ぶ。つまりは働くことと遊ぶことをスパッと切り替えて「一日の鬱を散し英氣を新にするの習慣」を持つ清人に対し、「我商估」は劣悪な環境の異郷に在りながらも働くためにだけ「昼夜規律なく忙閑常な」く働きづめ。だから効率が悪く体はガタガタで神経はズタズタで廃人の一歩手前。商売も何もあったものではない。村木の綴る「我商估」の姿は現在にも通じるようにも思える。

  中国で働く日本人は現在もなお「昼夜規律なく忙閑常な」く働いているのだろうか。それとも「日中孜々其業務に服し暮夜店を閉ちて茶樓に遊ひ一日の鬱を散し英氣を新に」にしているのか。日本料理店、あるいは居酒屋などでのウジウジとしたセコい憂さ晴らしなどでは、「英氣を新に」する効果はないだろうに。パーッと遊べばいい。

  やはり郷に入らば郷に従え、という。彼の地では日本人も「日中孜々其業務に服し」た後、「暮夜店を閉ちて茶樓に遊ひ一日の鬱を散し英氣を新にするの習慣」を持つ必要は大あり。これこそが、キレイごとではない異文化交流やら多文化共生というものだろう。

 武漢三鎮の一つである漢陽で、清末の重臣の1人で近代化を進めた張之洞(1837年〜1909年)が創業した鉄政局(製鉄所)を見学している。火災などが原因で経営困難に陥った後に半官半民に組織替えし、政治家で実業家の盛宣懐(1844年〜1916年)が経営に当っていた。莫大な私財と投じても「好果を奏せす伊藤侯爵来漢の時資金の調達を哀訴せしも用ひられす今や資本欠乏のため大に其業務を縮少し殆んと機械運轉を中止せさる許りの現況なり」と。かりに伊藤が融資に応じていたら、はたしてどうだったか。それにしても「哀訴」の2文字に、当時の日清両国の関係が浮んでくる。

 上海に戻った後、清国における貿易・商業統計と全国の鉄道状況を基に詳細な報告を綴っている。そこで興味深い記述のいくつかを挙げておきたい。

 先ず「支那の商業」について、「交通不便の為め面積の割合には其範圍甚た狹隘なるを免れすと雖も鐵道の年々延長せらるヽことヽ支那人は上下を通して生なから営利心に富み且つ其術に巧なることヽを考へ合すれは頗る有望なりと謂はさるを得す」と。ならば延長され便利になった鉄道に「生なから営利心」が加味されれば、「頗る有望」となるのか。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 1524回】  
  ――「賭博思想ハ支那人ノ天性ナルカ如シ」(村木8)
   村木正憲『清韓紀行』(出版地・出版年不明 明治三十三年序)

   ▽
一時期、これからは反日の中国より親日であるインドの時代だ。日本はインド経済に活路を見い出せといった類の“掛け声”が話題になったことがある。最近はトンと聞かれなくなったが、やはりインド経済は未だし。それとも経済的に考えるなら、やはりインドより中国ということだろうか。

 19世紀末の時点で村木も「支那を以て印度と比較せん」とし、経済的可能性を論じている。「此二國は其廣袤に於て其生産品に於て略相似たりと雖も支那の人口は印度に比して頗る多く且つ忍耐勉強に資性を備へ其智力亦印度人の比にあらす」。
加えて「土地は概して肥沃にして其上鑛物富むの差異あり」。ここまではインドが劣っているが、「支那の輸出額は僅に印度の三分の一」でしかない。その原因は、「印度に在ては道路良好、鐵道運輸業は盛大にして課税は殆ど無税と云つても可なる程低廉なるか為」である。その結果、「支那は目下の所總て印度に於ける状態と正反對なるを以て輸出額も亦随て少なきを免れさるなり」。だから「鐵道の便利擴張せられ採鑛冶金術盛に行はるヽに至らは斯る輸出額の大差は漸次消滅するの時期あるへし」と結論づけた。

 ここでインドと中国の経済上の将来性や優劣を比較検証する心算はない。まして「支那の人口は印度に比して頗る多く且つ忍耐勉強に資性を備へ其智力亦印度人の比にあらす」などと中国人の肩を持とうとも思わない。ただ21世紀初頭に、これからは中国よりインドだと「インドの世紀」を喧伝した人々にあって村木になかったもの。前者になくて村木にあったものを考えると、やはり表層的な好悪の感情を去った上での客観的条件を見据えた冷静な判断力ではなかったか。好き嫌いではなく、事実を如何に冷静に捉えるか、である。

  かくして村木は「予は千八百九十九年に於ける好況を以て他日を推すに難からすと信ず」とした後、1899年における輸出入・再輸出や船舶の運航状況を詳細に分析しているが、興味深いのがそれに続く全国鉄道網の現況と将来計画に関する詳細な分析、殊に以下に示す雲南省に関連した項目だろう。

「第十七、雲南鉄道/本鉄道は遼東半島還付に報酬として仏国に獲得したるものにして其線路は左の如し/(一)東京の海防より河内を経紅河を上り老街、蒙自を経て雲南に至る凡そ二百哩/(二)広東省北海より南寧を経て蒙自の北方に於て前記の線路と連絡するもの/(三)広東より三水、梧州、南寧を経て龍州に至るもの」

 「第十九、?緬鉄道/本線は雲南(?)と緬甸とを連結する英国企画の鉄道なり本鉄道は左の二線あり(一)重慶より雲南に至りスマオを経て緬甸のムルメーンに至る線/(二)雲南より大理府を経緬甸のラングーンに通するマンダレー線と接続する線/緬甸と支那の境界には高山大川あり工事上至難なるへしと雖も英は百難を排して敷設を遂行するの目的を以て昨年来線路の踏査を行ひつヽありと云ふ」

 「雲南鉄道」はフランスが、「?緬鉄道」はイギリスが、共に植民地としてインドシナとミャンマー(ビルマ)から発して雲南を経由して南方から中国本土を押さえようとした路線だ。その目的の一端が「鑛物富む」地域の占有にあったことはいうまでもないだろう。鉄道を敷設するだけではなく、その沿線の利権も手に入れようという狙いである。

  ここで注目しておきたいのが、1990年代初頭から中国が進めてきた東南アジア大陸部への進出計画であり、それが村木が報告した雲南鉄道と?緬鉄道のルートにほぼ沿った形で進められていることだ。

地政学的に考えるなら、南方から中国を押さえようとするにも、中国が“熱帯への進軍”を狙うにしても、時代の違いはあれ、柱は雲南鉄道と?緬鉄道ルートしかなかろうに。
《QED》
      ◎▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の新刊予告 二月十五日発売の新刊予告です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 v 石平 v 福島香織『日本は再びアジアの盟主になる』(宝島社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――トランプvs.習近平! 米中激突で漁夫の利を得る日本 
 ――米中ガチンコ対決が始まったが、中国はアジアで孤立する
――鼎談シリーズ第2弾! 2月15日発売(1404円)
  ♪
『日本は再びアジアの盟主になる』(宝島社)
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E5%86%8D%E3%81%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%81%AE%E7%9B%9F%E4%B8%BB%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97vs-%E7%BF%92%E8%BF%91%E5%B9%B3-%E7%B1%B3%E4%B8%AD%E6%BF%80%E7%AA%81%E3%81%A7%E6%BC%81%E5%A4%AB%E3%81%AE%E5%88%A9%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E5%AE%AE%E5%B4%8E-%E6%AD%A3%E5%BC%98/dp/4800266033/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1485232978&sr=1-2
 (現在、アマゾンで予約受付中です ↑)
       ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「とびっきりの講演会のお知らせ」です。

?題 「激動の東アジアと日本の安全保障」
?講師 国際法裁判所裁判長・元外務事務次官 柳井俊二 先生
?日時 平成29年2月23日(木)PM6:00
?定員 先着90名(要予約)
?場所 神奈川県民サポートセンター3F 304号会議室
?http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/kanagawa.htm
?問い合わせ先 045−263−0055 




(読者の声2)『エルオネス』誌の2月号の貴論「マルタ」に「駆逐艦『松』、巡洋艦『榊』などが。。。」とありますが、
両方とも駆逐艦、より正確には二等駆逐艦(排水量500トン以上1000トン未満)です。
  (ST生、千葉)



   ♪
(読者の声3)貴著『トランプノミクス』を成田空港で購入し、拝読しました。このようにタイムリーに本をお出しになる技量はすごいですね。
一晩掛けて全部、拝読しました。
ドイツでは、トランプ叩きが激しく、宮崎さんの本には裏情報がふんだんに載っていたので、大変興味深く読みました。とくにドイツの状況など簡潔でありながらも正確にまとめてあり、大変参考になりました。
世界のあちこちで、トランプ旋風に大慌てをしていますが、宮崎さんのおっしゃるように、アメリカがロシアを敵視するのをやめて、シリアを任せるだろうというのは、正しいと思います。もう、アメリカは中東は必要ないでしょうから。
ドイツとアメリカはすでに敵対ムードに入っていますが、これは一時的なポーズではなく、やはり宮崎さんの予想通り、結構続くのではないかと思われます。
今、ヨーロッパでは、反トランプ勢力がまだ力を持っていますが、これからオランダ、フランスなどで政権が変われば、どうなるかわかりませんから。
  (EK生、在ドイツ)
           ◎◎ ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『トランプノミクス』(海竜社、1080円)
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/02/06



    自民党の内紛を面白がるマスメディアのバカさ加減。(日々雑感)  ←どちらへ転んでもグローバル、同じ穴の狢のカラクリ。

    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/291.html



    千代田区長選惨敗の自民 これから始まる瓦解と離党者続出(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/314.html



    「小池劇場」演出者が目指す「ニ党独裁」の日本ー(植草一秀氏) ←ゆくゆくは自民・コイケ・維新で大政翼賛会を目指しているのだろう。

    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/297.html



    小池氏発言の陰に純一郎氏か  ←やはりコイズミ劇場と同じ手口のようだ。

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12176-79345/

  • 名無しさん2017/02/06





    ○おかえりなさい、長旅、お疲れ様でした。ガラパゴス島とイースター島という、神秘と謎に満ちた場所で、それぞれ3日3晩をお過ごしになられたとのこと。南半球の独特の日差しと南十字星のもと夏風を感じつつ、東京の時間軸とは異なる悠久の時間をさぞかし体感されたことでしょう。筆者の冷徹なる慧眼を通して語られる、ガラパゴスから観た人類の進化の行方、イースター(モアイ像の瞳)から視る現代文明の末路・・・。御健筆を祈りつつ、今から楽しみにしております。



     筆者ご指摘のように、AIがもたらす未来は希望か、絶望か?人間を超越する道具が、いつしか道具自身の意思を持ち、道具としての感情を抱き、道具の幸福(道具の、道具のための、道具による政治)を追求し始めたら?「道具の道具」となった人間の生活はどうのようになり、そこで人間としての幸福を味わうことができるのかどうか?かつて「夢のエネルギー」だった「原子力」の惨害を容赦なく刻みつけられている今、楽観はできないと感じます。新しい技術は未知の文明、斬新な文化を招来するとともに、世界大戦規模の大被害、未曾有の大損害をももたらすことでしょう。それが何かは、分かりません。が、貴メルマガによれば、既に各国諜報機関はその危険性を指摘しているようです。AIテロリストが、テロ計画をAIで練り、「道具の道具」とされた人間がテロを実行する、あるいはAIテロリストそのものがコンピューターネットワーク、電脳空間でとんでもないテロをしでかす・・・。悪夢です。1万年後、たとえ地表に人類がいなくなったとしても、ガラパゴス島ではイグアナや軍艦鳥が昔と変わらず生息し、イースター島のモアイ像は涙を溜めた瞳で天空を見続けていることでしょう・・・。



     まずはお身体を労わられ、ますますパワーアップしたご活躍をお祈り申し上げます。どうぞご自愛ください。









  • 名無しさん2017/02/06



    日本史上最大の朝貢外交  小林よしのり

    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/282.html



    オリバー・ストーン監督が喝破する「日本は米国の“人質”」〈AERA〉

    http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/257.html



    GHQが掛けた集団催眠「自虐史観」から未だに目覚めていない日本国民。(日々雑感)

    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/823.html



    逃れきれない闇の隠蔽者(geneumiのブログ)

    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12244542855.html



    日本政府は年金基金17兆円をアメリカのインフラ雇用に充てると決定したそうだ。

    トランプ大統領がそれを受け取るかどうかは知らないが、これほどまでに貢ぎ物外交をする理由はなにか?

    これまでどおり、闇を隠蔽し続けるためである。



  • 名無しさん2017/02/06

    AI(人工知能)が人類を道具として使役する未来と、先生のイースター島、ガラパゴス諸島への旅行との関係に興味深々というところです。しかし、体力ありますね、宮崎先生!すごいわ