国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <北朝鮮の核施設破壊作戦をトランプは何時命令するだろうか?

2017/01/22

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月22日(日曜日)
       通算第5173号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権発足、第一号はTPP離脱、オバマケア見直し命令だったが
  北朝鮮の核施設破壊作戦をトランプは何時命令するだろうか?
****************************************

 第四十五代米国大統領就任式は無事に終了した。いつものように左翼グループが暴徒化したが、予測の範囲内であり、ホワイトハウスに入ったトランプ新大統領は早速、公約であったTPPの離脱、オバマケアの見直しという大統領命令に署名した。

 これからメキシコとの国境への壁の建設、NAFTAの見直し、同盟国への軍事分担増加要請など、つぎつぎと政策変更の嵐がまっているが、実は最も驚異的な難題は、北朝鮮の核兵器をいかに扱うのか、ということではないのか。

 北朝鮮が米国に届くICBMの実験を行ったことは、これまでの米朝関係を変えた。
 トランプは北のICBMに関して「そうはさせない」とツィッターでメッセージを発信している。
ならば「そうはさせない」という具体的中身は何か?

 選択肢は三つあり、第一はICBMを単なる北のブラフと認識する態度を続ける。
 第二は北が米国と直接対話をしたいための信号であるという外交の駆け引きに対応する。
 第三は、しかし、従来の前者二つの選択肢を無視して、じっさいに米国が予防的先制攻撃という選択をするかである。

 つまり北朝鮮の核施設を空爆で破壊して、脅威をとりのぞくという選択である。おそらく潜水艦からのSLBM発射が主力となるだろう。
 実際に北朝鮮の核施設攻撃オプションは、ペンタゴンで何回か立案されたが、ときのクリントン政権が土壇場で回避し、オバマ政権ではタブー視された。

 ところが北が六者会談を無視し、中国の政治的圧力を避け、ついにICBMのレベルまで達すると、予防的先制攻撃の選択肢が、米国内で公然と論じされるようになった。「フォーリンアフェアーズ」でも、論究されるとなると、ペンタゴンでもシナリオが存在しているに違いない。

 トランプならやりかねない、というのが国際政治の現場感覚だろう。
 しかし先制攻撃というシナリオを前にして、米国が直面する三つの難題がある。


 ▼残された三つの選択肢とは

 第一は中国がどう動くか。これまでには「中国が北朝鮮を抑制し、影響力を行使すれば、やめさせることが出来た。なのに、しなかった」(トランプ)。もちろん中国も、この北朝鮮の核こそが、対米交渉のカードであり、下手な使い方をしないだろう。

 第二に韓国がいかなる反応をするか、つまり作戦遂行後、米韓関係は緊密化するか、対決となってしまうのか、である。現実に朴権恵政権は弾劾の淵に立たされ、命運が尽きようとしているが、次期韓国政権は親北派の勝利が予測されている。
火に油を注ぐ結果が明らかな現状で、米国は軽率な行動はとれそうにない。

 第三は「全面戦争」への発展を米国は考えていないという前提から発生する諸問題だ。つまり、攻撃後の北朝鮮の報復はかならず行われ韓国へ侵攻するだろう。
そのときに在韓米軍はどこまで耐えるか、北朝鮮からソウルは近く、また地下トンネルが無数に掘られている。メトロポリタン・ソウルという人口密集地(1400万人)が人質となるが、その犠牲を恐れずに米国が先制攻撃を行えるか、どうか。

 1981年、イラクのオシラク原子炉をイスラエル空軍機が破壊した。米軍の協力があった。
 2007年、シリアの核施設をイスラエル空軍機が破壊した。むろん、背後では米軍の協力があった。
 しかし、イランの核施設はイスラエル側に破壊能力があるのに、できなかった。

北朝鮮の核施設の正確な場所を把握していない限り、作戦の成功もまた難しくなる。
 こう考えてくると、残された選択は北朝鮮を交渉の場に引き出して、中国にも圧力行使を期待しての「核の凍結」ではないのか。
    ◎○◎○み□▽◎○や○◎○◎ざ○□▽◎き▽□◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (休刊のお知らせ)小誌は1月26日から2月6日まで海外取材のため休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の見せかけの軍事脅威にこうすれば防げる
  機雷敷設専門の小型潜水艇をベトナムなどに供与せよ

  ♪
兵藤二十八『日本の兵器で滅びる中華人民共和国』(講談社α新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 意表を突く題名であり、誰だって本書を手にしたくなるだろう。そういえば、このアルファ新書は、題名の奇抜さ、ユニークさが「売り」でもある。
 米国の核の傘はフィクションでしかないことを多くの人は気がついている。いざ土壇場で核の報復が予測されるとすれば、そういう犠牲を負担してまで、米国は日本を守らないだろうし、核兵器を日本に貸与しても呉れないだろう。
 西欧に提供している米国の核の傘は確実な「核シェア」という発想であり、日本には佐藤政権のときに約束した非核三原則があり、そもそも核シェアを提供できないのである、と兵藤さんは言う。

 だが、日本は核戦争に勝てるという未来のシナリオを提示する、兵藤兵法独特の世界が説くことはいったい何か?
 第一は中国共産党の崩壊である。シナが崩壊し群雄割拠がおこれば、アメリカの特殊部隊が核兵器を撤去回収する。だから内部からの崩壊を首長くして待つのではなく、日本も静かに内密に仕掛ければ良いのだ。
 ところが、日本の外務省や政治家は世界でも珍しい軍事音痴がそろっているため、「戦争のセンス」が欠落していると筆者は言う。
大 事な予防策とはトリップワイアーである。日本語でいうと鳴子。早期警戒システムである。
 これが尖閣諸島に配備されていない。戦争のセンスが欠落しているからである。
 ポーランドやバルト三国にNATO軍が駐留するのはトリップワイアーの役割を果たし、敵が先に仕掛けてきたため、やむを得ず自衛のための報復をするという段階を明瞭化することになる。

 ただちにやるべき事は尖閣諸島に、日本が誇る74式戦車を埋め込み、コンクリートで固めて「沿岸砲台」とすること、侵略者には発砲、射殺が出来る。
 それを歴代日本の政府がしてこなかったし、いまも出来ないがゆえに尖閣問題はまずますややこしいのだ
 「トリップワイアーが島の上にない、いまのうちならば、うまく占領をしてしまえるかも知れないとの妄想を、中共指導部に、ずっと抱かせ続けます。敵性隣国に侵略衝動を誘いかけている」という状態がいまの日本で、だからあれほどの夥しい「海警」と称する舟が尖閣諸島付近をうろうろとはいまわって、上陸奇襲を狙っている。
もし上陸されたら、島根県竹島と同じように敵性国家が居座りを続けることになる。

ところで中国海軍にはアキレス腱がある。
対潜水艦哨戒能力が低く、そのうえ機雷をまくのは得意だが掃海能力がない。つまり機雷をシナ海軍の航路に撒けば、中国の軍事力はたちまち無力化する。そのために日本はアジア諸国に「小型の潜水型機雷敷設専用潜水艇」を供与すれば良いとする。
 極めつきに効果的でユニークは戦術論として読んだ。

   ◎○◎○□▽◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1519回】     
――「賭博思想ハ支那人ノ天性ナルカ如シ」(村木3)
    村木正憲『清韓紀行』(出版地・出版年不明 明治三十三年序)

   ▽
村木は「候補知府 三萬両 候補知縣 壹萬両」と記し、清国には「高價にして無報酬の官を求むる」者がいるが、その数の多さに「喫驚の至に候」と驚く。費用対効果を考えても大損だろうに。そこで、なぜ、そんな無駄なことをするのかを考えた。

「欲道に發達せる支那人の事なれは空しく財を投する氣遣は之なく之には理由の存するもの有之候全体當國にて役人程威光の利くものは無之従て官職は私利を営むの方便に相成居候試に一富商と雖も若し無位無官なるときは諸方より種々の名義を以て財貨を徴發せられ又諸般の難題を設けて營業に妨害を加へらるヽこと少なからす候得共苟も官位を有する者は此等の憂いなし」。つまり官からの無理無体な要求を予め避けるために、「高價にして無報酬」であっても官位を買っておこうというのだ。これまた商売上の道具であり、一種のリスク管理ということになる。

 ところが「買官の資は一種の保儉金と同様の性質」を持っているだけではなく、上級官吏との縁故から、実際に官途に就くことが可能となる。そこで「子息の為に」、「高價にして無報酬の官を求むる」者が多いという。ハイリスク・ハイリターンということか。かくて「焉んぞ良官を得んや清國の前途以て知るべきなり」と記した。

 古来、中国では領民のために働く良官、あるいは清官は極めて稀で、己と己が一族の欲得を第一とする貪官汚吏(あくとくやくにん)は掃いて捨てるほど存在した――いや、貪官汚吏の跳梁跋扈は現在進行形だから、「存在する」というべきだろう。そこで古くから「官逼民反(官が逼れば、民は反す)」といわれ、かくして「造反有理(造反には道理あり)」ということになる。貪官汚吏が民衆に理不尽極まりない要求を押し付けるがゆえに、民衆は暴政を糾弾し、最後に決起する。官のいうがままに過ごしても地獄の生活。決起しても死。ならばイチかバチか、となる。だから造反にはそれ相応の道理がある。かの『水滸伝』も、役人に追われた市井の英傑が梁山泊に上り、貪官汚吏を懲らしめる造反有理の筋立て。
 
 それにしても、「欲道に發達せる支那人」とは凄まじいばかりの表現だが、それを正々堂々と記すことができたとは、まさに奇跡のような時代ではなかろうか。言論ハ自由デシタ。

 以後、門司、長崎を経て4月18日に上海の呉淞に着した。港の「光景宛然歐米に遊ふの感あり」と綴る。

 翌日から精力的に動き出し、先ず在上海の外国郵便局(日本、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ)を訪問し、郵便事情を仔細に調査し、長文の報告書を書き上げる。加えて上海租界の政治・行政・財政事情など“上海百科全書”というべき膨大な記録を残す。

 これだけの仕事を短時日で仕上げるのだからよほどの仕事魔と思いきや、仕事一筋の石部金吉ではなかったようだ。
「支那劇場桂仙茶園」で「當園の呼び物」である「女方小喜鳳」の芝居に見とれたのか、「容姿端麗音吐秀麗心神をして恍惚たらしむるものあり」と記す。また「歌妓の寓居」に上がり、彼女らの奏でる琵琶や胡弓の調べに「旅情を慰」め、妖艶な振る舞いを「可憐の光景」などと綴る。さらには上海の花柳界事情にまで筆を進め、「支那の歌妓」やら娼妓、さらには街娼、その界隈での遊び方まで熱心に綴っているところからして、粋人ぶりもさりながら相当の、いや異常なまでの好奇心・探求心の持ち主と見た。

 4月20日には上海を発ち、南京、武昌、漢口へと長江を遡る。

 某日、村木の乗った船から身投げがあった。
こういった場合、通常は「捜索をなさゞるは勿論舩舶の進行さへも停止すること」はない。だが、船長は「舩を停め端艇を下し儀式的の捜索を行」った。かくて「予は我舩長か同文國人に對して吊意を表したる行為に関し頗る同情を懷くものなり」と呟く。
どうやら「我舩長」は日本人だったようだ。
《QED》
     ▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)アパホテルに関して、今回の中国記者などの批判は、とんでもない暴挙である。日本の表現の自由に対する侵害である。
 南京問題を扱った書籍を置くだけでダメだというなら、日本の書店は、全部だめだということになる。中国の狙いは日本の全書店から南京問題や中国問題を扱う書籍を全部排除することにある。
 これは、中国の日本支配の一里塚であろう。
 そういう狙いを断固阻止するためにも、アパホテルには、是非とも頑張ってほしい。
決して屈しないようにお願いしたい。
   (SS生)
          ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は1月26日から2月6日まで海外取材のため休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘『トランプノミクス  日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  海竜社 240ページ、定価1000円(+税)
  アマゾンへのご注文は下記 ↓
  https://www.amazon.co.jp/dp/4759315187/
 ――アベノミクスとトランプノミクスの両輪で世界経済を牽引できるか
 ――トランプ・ラリーはいつまで続くか?
 ――トランプ外交の対中敵視政策は本物か、すると、どうなる日中関係?
 ――中国とEUは、これで沈没してしまうのか?
       ○○○ ▽▽▽ ◇◇◇ △△△ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。