トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <アフリカに住んでいる中国人は百万人、「第二の大陸」になるのか?

発行日:1/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月21日(土曜日)
       通算第5171号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 アフリカに住んでいる中国人は百万人、「第二の大陸」になるのか?
  永住組は各地でコミュニテイィを造り、現地人を雇用し始めた
***************************************

 いったい何人の中国人がアフリカにいるのか、現地の大使館も把握していない。そればかりか各国駐在の大使館担当者さえ、当該国に中国人が何人いるのか、という大問題に興味がないかのようだ。

 この問題に詳しいジョージ・タウン大学のヨンジョン・パク教授によれば、「百万とも二百万人とも見積もられている在アフリカの中国人は、半分がSOE(国有企業)からの派遣組であり、契約がおわれば帰国する。しかし残り半分は各地にコミュニテイィを造り、現地人を雇用し、小さなビジネスを展開し始めている」という。

 これは2010年頃から見られる新しい傾向であり、アフリカにおける「チャイニーズ・デアスポラ」(流浪の民)だ。

 アフリカ各地で国有企業とは無関係の中国人が起業するのは雑貨店、服飾店、レストランである。このなかには国有企業との契約(通常一年から三年)を終えても現地に留まり、現地のコネを独自に作り上げて起業するグループが目立ち始めた。

 2014年にニューヨークタイムズ特派員だったハワード・フレンチはアフリカが中国の進出によって飲み込まれつつあるというセンセーショナルな本を書いた。
『中国、第二の大陸』は、米欧ではベストセラーとなったが、実態はフランスの影響力にとても及ばない。
「中国がアフリカを席巻しているというのは事実ではない」(アジアタイムズ、17年1月17日)。

 一時期、最大560万人とも言われたが、ブルッキングス研究所などの報告に拠れば、多くても200万人、しかし移動が激しく、実質は100万人だろうと推定されている。

 中国の国有企業は石油、ガス、鉄鉱石などのレアメタル採掘、精製現場にあり、また各地で請け負った鉄道、道路、鉄橋などの工事現場にいる。
 
 現在、中国人が目立つアフリカの諸国を一覧すると、南ア、タンザニア(およそ一万)、ザンビア(23000人)、ガーナ、ナイジェリア(2万)、アンゴラ(25万人、アフリカ最大)、モーリシャス、アルジェリア(4万人)マダガスカルなどにコミュニ艇が確認されている(数字の伴わない国の実体は不明)。

     ○○○▽み▽▽◇◇や△△△◎ざ○○▽▽き◇◇◇△ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)アメリカ大統領は、就任前に好感度が高かった人ほど、ダメ大統領だったようです。オバマしかりカーターしかりです。
 17日にあった宮崎正弘講演会で、宮崎氏は、オバマの8年間は、日本で言えば、鳩山由紀夫が8年も首相だったのと同じだと言っていました。
オバマは無能だっただけではなく、反日でした。広島訪問を評価する日本のマスコミが多いようですが、内実は、CIE文書の中にある原爆投下非難への対応指南書にある、「原爆投下の非難に真っ向から反論するのではなく、日本の「悪行」をならべて言って中和せよ」を忠実になぞっています。
 トランプがポリティカルコレクトネスを破壊してくれたように、平和憲法、立憲主義などの言霊信仰を利用したプロパガンダを破壊してくれる勇気ある政治家は現れないでしょうか。
  (MS生、杉並)

 

  ♪
(読者の声2) 「南京事件」の民間言論に介入した中国政府への緊急抗議声明
        平成29年1月19日       新しい歴史教科書をつくる会
 中国外務省報道官は1月17日、日本のアパホテルが、いわゆる「南京大虐殺」を否定する書籍を客室に備え付けていたことについて、「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない」と批判し、「正しい歴史観を国民に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」とのべた。
 これは、日本の一民間企業の思想信条や言論について、他国の政府がそれに口を出し命令口調で批判するという、あってはならない異常事態を意味するものである。「言論の自由」「思想信条の自由」が全く保障されない共産党一党独裁国家中国の未熟な社会規範を日本に押しつけようとするものでもある。我々はこうした介入を行った中国政府の暴挙に厳重に抗議する。
 事の発端は、中国人男性とアメリカ人女性が当ホテルを使用した際、部屋にあった件の書籍をインターネットで批判的に取り上げたことだった。これが中国のネットに火を点け、中国人投稿者が「アパグループボイコット運動」を開始。投稿は2日間で7700万件にのぼったといわれている。中国共産党の大会を前に、愛国運動で国民を統一させるための材料に、この件が使われたとする観方もある。
 今回のアパホテルの件は、いかなる法にも抵触するものではない。そんなことを言えば、長年にわたって特定の宗教に特権的な便宜を与えてきた日本のホテル業界の慣行も非難しなければならなくなるが、かつてそのようなことを言い出した者はなく、今後も問題にすべきではない。それと同じ事である。客が気にするなら他のホテルを選べばよいだけの話である。
 当のホテル側は、国内外の批判に対し、「本を撤去しない」としたが、当然であろう。中国からの「言いがかり」にすぎないものを真に受けて引き下がれば、後々の悪しき前例になりかねない。このような筋の通らない要求はつっぱねてしまうこと、これが結果として一番効果的な対応である。
 そもそも、問題となった「南京事件」は、多くの学者などによる研究で完全な捏造であったことは今や明らかだ。
平成20年5月5日には「南京事件の真実を検証する会」が、中国・胡錦濤国家主席(当時)に 対し、南京事件に関する5項目の「公開質問状」を発している。しかし、それについて未だに中国からの返答がない。今回の件で中国外務省が批判コメントを出しているが、そんなことより、8年間以上も放置し続けている「公開質問状」への返答をするよう、この際改めて要求する。
(以上)
          ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘『トランプノミクス  日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  海竜社 240ページ、定価1000円(+税)
  アマゾンへのご注文は下記 ↓
  https://www.amazon.co.jp/dp/4759315187/
 ――アベノミクスとトランプノミクスの両輪で世界経済を牽引できるか
 ――トランプ・ラリーはいつまで続くか?
 ――トランプ外交の対中敵視政策は本物か、すると、どうなる日中関係?
 ――中国とEUは、これで沈没してしまうのか?

       ○○○ ▽▽▽ ◇◇◇ △△△ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は1月26日から2月6日まで海外取材のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. イスラム過激主義のテロを壊滅させるにはカネと武器のスポンサーを壊滅させる必要がある。

    「権力を国民に」強調=イスラムのテロ壊滅誓う−トランプ米新大統領就任演説
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012100083&g=int

    デリゾールを攻撃していたダーイッシュを露軍が最新鋭ミサイルや航空機で攻撃、政府軍が優勢に 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701210001/

    トランプ就任前に証拠隠滅
    http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10471.html

     2017/1/21

  2. アパホテル関連
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/20/1495-%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e9%96%a2%e9%80%a3%e6%8a%95%e7%a8%bf/

    アパホテルを名指しする言論弾圧に断固抗議する!
    http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/b14fd2064aca6373142df9b55d942cec

    冬のアジア大会組織委、アパホテルに本の撤去打診 アパ「撤去する考えはございません」
    http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1911617.html

    空母「遼寧」が尖閣・沖縄本島の南を横切ったが、「軽空母四隻を直ちに建造する」と声明しない“反・国防主義”安倍晋三の異常と“死に体”日本 
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/01/20/174534

    「強制連行」というのは、ソ連が、「日韓分断」を目的に、日本共産党員に作らせた「虚構」だった
    http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2017/01/post-246d-3.html

    【悲報】電通さん、厚生労働省に完全にロックオンされる
    http://nicolog.net/articles/50440.html

    【マスコミ】NHKが速報で報じた「冬期アジア大会組織委、“アパホテルに”本の撤去打診」は誤報の可能性?
    http://www.honmotakeshi.com/archives/50479720.html

    千葉・花見川の河川敷不法占有 「増えた中国人」県が放置で歯止めなく 
    http://ameblo.jp/sikihanana156/entry-12239625043.html

    思わず拍手したくなる。小さな女の子が決めるトリックショット動画が人気
    http://jyouhouya3.net/2015/07/trickshot_kids.html

    新町館(三宅家住宅) しんまちかん(みやけけじゅうたく) 
    http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/136408

    NHKの画面の品位のなさはどうにかならないのか
    http://blog.goo.ne.jp/kuranishis/e/30973aabc567761b4e10c3646786ffe0

    【対CHINA】一歩も退かぬAPAホテルを支えよう!【支援表明】
    https://samurai20.jp/2017/01/apa/

    元教員が考える「教員の世界がおかしい」10の理由
    http://agora-web.jp/archives/2023930.html

    uyghur
    https://www.google.co.jp/search?q=uyghur&biw=1097&bih=550&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwieiMvU1dDRAhVLerwKHU_QBoIQ_AUIBigB

    アパホテルの書籍に過剰に騒ぐ人々
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4661.html

    がんの特効薬は発見済みだ
    http://blogos.com/article/46003/

    茶道の神様・千利休の謎
    http://marujo.net/tea-saint-strange-story

    韓国の中高生の性を乱す不良軍団 飲酒・集団カンニングもする 
    http://lovecorea.exblog.jp/14599220

    岡山理科大が『韓国の妄想をコテンパンに論破して』完全粉砕する偉業を達成。韓国人には理解できないと指摘する声も
    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50493356.html

    「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1202.html

    先ず「通名制度」廃止を!
    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2583.html


     2017/1/20


  3. トランプ氏、TPPとNAFTAで大統領就任後直ちに行動へ−報道官
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-19/OK1D5H6VDKHT01

    TPPからの撤退、NAFTAの再交渉は就任後直ちに命令
    https://www.bloomberg.com/politics/articles/2017-01-19/trump-will-act-on-nafta-tpp-very-shortly-spokesman-says

    政府コッソリとTPPの国内手続き完了 ニュージーランドに承認を通知
    http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1063849012.html

    TPP 米国を辛抱強く待つべき〜日商会頭:待つだけムダ、グローバル企業の利益にはなっても国家国民の利益にならないTPP
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/409.html

    アベは、何を考えてTPPを可決したか。彼の新自由主義志向から考えるべし。すなわち、グローバル大企業に日本を献上したがっている
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/387.html

     2017/1/20


  4. 言論の自由のある国を言論統制の厳しい国の国民が批判する滑稽さ。(日々雑感)
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/424.html

    「頑張れ、アパホテル!」:南京大虐殺は支那人がやった。日本人じゃないゾ!→「南京救出劇!」 
    http://quasimoto2.exblog.jp/23559656/

    GHQのニューディーラーの戦後処理計画の秘密
    http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe806.html

     2017/1/20

  5. 共和党のレックス・テラーソン、ジョセフ・セッションズの公聴会は茶番劇である。
    ・アメリカは水面下では能力主義に変わろうとしている。
    ・能力主義の下決まった人事なので、議会ではひっくり返らない。

    ・アメリカが世界をリードする力はなくなった。
    ・日本は立ち上がらないと中国の一人勝ちになる。
    ・日本も立ち上がらないと。

    ・アジアの一人勝ちにならないようにキリスト教同盟を作ろうとしている。
    ・世界は一つに思想を浸透させる必要がある。



    ・アメリカ軍がソロスを殺した。
    ・本人が出てきていない。
    ・麻生総理と会ったというけれど、一緒の写真はないでしょ。
    ・ソロスはハンガリー出身のユダヤ人ですが、ハンガリーはソロス関係の団体を追い出すと発表している。
    ・ロスチャイルドの高級下僕だったけれどパージされたので、他の下僕がびくびくしている。
    ・麻生は同じ下僕としてビクビクしている。

    ・慰安婦騒動、日韓を険悪にする第三者の企みに乗らないで下さい。
    ・世界各地に慰安婦はいる。70年前の売春より今のひどい売春に目を付けよ。


     2017/1/20

  6. 中国人の面の皮の厚さに毎度のことながらイラつく。
    騙されている日本人にも。

     2017/1/20

  7. アパ代表を独占直撃! 
    中国の著書批判「日本には言論の自由ある」 慰安婦大誤報「朝日への広告出稿ない」
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170120/dms1701201130003-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170120/dms1701201130003-n2.htm


    「トランプ殺す」予告男を逮捕 大統領就任式周辺は超厳戒態勢

    プオポロ容疑者の母親は、9・11米同時多発テロで、世界貿易センタービルに突っ込んだ民間機に
    搭乗していて犠牲になった。母親はトランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン氏(69)の熱烈な支
    持者で、葬儀にはヒラリー氏本人が参列し、弔辞を読んだという。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/642661/

     2017/1/20

  8. とても興味深いです。
    中国とアフリカの関係は、というか中国に関しては何でもですが、実態が見えてこずに顔がない巨人といった印象で不気味です。
    こうして確かな取材に基づいた情報を得られると少し安心する気がします。

     2017/1/20

  9. 馬鹿みたいに観光客の取り込みに熱を上げてる安部政権。奴らはどこでも住み着くから監視、通報が重要。特にシナ、朝鮮。いい例が小澤、孫、射連邦、民主、自由の議員連中。早く母国に帰れと促しているが。
    以上

     2017/1/20

  10. (読者の声2) 「南京事件」の民間言論に介入した中国政府への緊急抗議声明
    平成29年1月19日 新しい歴史教科書をつくる会←情報ありがとうございます。さきほど、組織委員会のほうに、わたくしも抗議メールを送りました。

     2017/1/20


  11. 米英仏から戦闘員が今でも軍事訓練を受けているダーイッシュがシリアのデリゾールで大規模な攻勢 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701190000/

    アメリカは、どうやって、ISISによるデリゾール占領を可能にしたのか
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/isis-d34a.html

    デリゾールで大規模な攻撃を始めたダーイッシュは米軍の偵察衛星から写真を受け取っていた可能性
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701200000/

    偽ニュース: 情報空間における最新兵器
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-e14e.html

    クリントと比べ、トランプがいいと思える一番の事情。トランプを巡っては、血生臭い事件が起きない 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/358.html

     2017/1/20

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    2866人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事