国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <中国の外貨準備、急減中。米国債まもなく1兆ドルを割り込むか?

2017/01/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月20日(金曜日)
       通算第5170号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 外貨持ちだしを厳格に制限しているが、地下銀行が日本でも猖獗
  中国の外貨準備、急減中。米国債まもなく1兆ドルを割り込むか?
***************************************

 中国の外貨準備が急減していることは明らかだが、虎の子の米国債保有高が1兆ドルを割り込む気配となってきた。
 2016年11月末の米国債権保有高は1兆493億ドルで、日本が首位を回復した。

 中国人の海外旅行熱はまだ続いているが『爆買い』がおわったことは誰もが認めるところだろう。
 年間5万ドルに制限され、銀行へ外貨両替に行くと、手続きが面倒で、事実上両替が出来なくなっている。
銀聯カードは世界中のATMで使えなくなっている。

 ならば「上に政策あれば、下に対策あり」の中国人はどうするか。
 すでに小誌でもみてきたように、外為取引(FX),ビットコイン、そしてレクサスなど高級車、金の延べ棒、つまり「換物投機」がおこる。
ソ連崩壊時のそれはマルボロだったように、人民元減価の前にモノを買っておこうとするのが庶民の投機行為に現れる。

 日本に来て高給腕時計、高給カメラなど「運搬しやすい」モノへの投機が顕著となっている。持ち出し制限を超えて、人民元を持ち込むか、あるいは地下銀行で決済し、現金で買い物をしている。

 外貨の稼ぎ頭だった貿易も急減していることが明らかとなった。
 中国の2016年通年の貿易統計で輸出は7・7%減少、輸入も5・5%減少となった。
明らかに貿易減退の傾向がでている。

中国税関総署の発表(17年1月13日)によれば、ドルベースの輸出額は7・7%減で2兆974億ドル。輸入は5・5%減で1兆5874億ドルとなった。貿易総額も6・8%減少したことがわかった。
 輸出から輸入額を差引いた貿易黒字は5099億ドルと発表された。

     ○○○▽み▽▽◇◇や△△△◎ざ○○▽▽き◇◇◇△ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 冴え渡る日下節、今日も明日も元気で楽しい
  日本が世界史のプレーヤーに躍り出る時代が来た

  ♪
日下公人『ついに日本繁栄の時代がやって来た』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 『WILL』に連載されているコラムから選別し、並べ替えて加筆した集大成。目から鱗の一冊でもある。
 なにしろ日下氏が言うのは世間一般、とりわけ官僚の世界からは異次元の話、ものの見方が異星人的である。日下ファンは、これを「日下節」と読んで重宝している。
 アベノミクス第一弾は三本の矢だが、金融出動、財政出動までは快適なエンジンだった。途中で息切れしたのは何故か。
 新しいアベノミクスとは『日本出動』にあり、日本が発信するメッセージが次の世界を牽引するとその基本は楽天主義である。
 かく言われる。
 「新しい模範国として、日本はまもなくトップになるような気がする。それはこれまでリーダーだった国から新しい提案がでてこないばかりではなく、日本は言わず語らずの裡に新しいことを次々と提示しているからである。(中略)
 相変わらず欧米追従が進歩発展の道だと思っているらしいが、そんな考えはまもなく日本の半分だけになり、絶滅危惧種として残ることになる。残り半分は欧米追随以外の道を歩む人で、いまは墜ちこぼれとか、ニートとか、変人とか、遊び屋のなかにいる。
 山中伸弥教授は京大や神戸大では『ジャマナカ』扱いだったらしいが、ノーベル賞委員会が心を入れ替えて東洋重視、応用重視になると、日本での評価が変わった」

 日米構造協議の延長になったTPPは、日本が裨益するところとは何もなく、アメリカが一方的に押しつけようとしていた貿易ルールだが、雲散霧消した。
日下氏は早くから、そう主張されてきたが、トランプの出現でTPPは本当に雲散霧消となる。
 アメリカからルールを提示されて、たちまちその対応をとってきたのが日本。しかし、そろそろ日本がルールを決めてアメリカと侃々諤々のルール協議をはじめるときが来ている、と日下氏はあらためて自尊自立の精神を、やさしく面白い比喩を多用して、諄々と説かれるのである。
 息抜きの清涼剤として有益な一冊である。

   ◎○◎○□▽◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「通州事件」連続学習会、第3回のお知らせ
「通州事件アーカイブズ設立基金」(代表:藤岡信勝)が設立され、去る5月、UNESCO「世界の記憶」への通州事件の登録申請がなされました。
 「史実を世界に発信する会」では、これまでに登録申請された18点の記録資料のうちの8点を、Newsletterにより、日本文、英文で国内3500、海外4000のアドレスに発信してきました。
 さて、設立基金では連続学習会を企画しまして、9月28日に第1回学習会(阿羅健一先生)、11月29日に第2回学習会(田中秀雄先生)を開催しました。多くの方々のご来場をいただき、大好評でした。
 第3回学習会は、1月25日(水)に「通州事件の精神的・思想的背景」と題して、立命館大学名誉教授北村稔先生にご講演いただきます。下記のとおりです。皆さまのご来場をお待ちしています。
 なお、第4回学習会は3月22日(水)(講師:田辺敏雄氏)、第5回学習会は5月24日(水)(三浦小太郎氏)に予定しています。
    記
通州事件アーカイヴス連続学習会第3回 
http://www.sdh-fact.com/CL/tsuu3.pdf
日 時 1月25日(水)午後6時開場 6時半開会
場 所 文京シビックセンター3階会議室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
 講 師:北村稔(立命館大学名誉教授)
テーマ:通州事件の精神的・思想的背景
今回の学習会では「「南京事件」の探求」(文藝春秋)にて、中国のプロパガンダ戦略の実態を暴き、かつ『日中戦争─戦争を望んだ中国 望まなかった日本』(PHP研究所)にて、日中戦争の本質を明らかにされた北村稔先生をお招きします。皆様のご参加をぜひともお願いいたします。
参加費 1000円
http://tsushu.sakura.ne.jp/archives/77
    (史実を世界に発信する会 茂木弘道)



  ♪
(読者の声2) ドナルド・トランプ新大統領就任式はもう間もなく。既に次期国防長官ジェームズ・マティスは北朝鮮の核施設爆撃計画を盛り込んだ報告書を米議会に提出すると明らかにした。
米軍の対北朝鮮先制打撃論は1994年以降初めて。当時日本政府は米国のクリントン大統領に支援協力を要請されたが故橋本龍太郎首相が怯えて実行されず。結果北朝鮮の核ミサイルが日本国民の頭の上に落ちる可能性が強まった。全くの阿呆である。
http://japanese.joins.com/article/759/224759.html

 あまり注目を集め無いが二日前岩国米軍基地にF35Bステルス戦闘機二機が到着。最新鋭F35は米国外で初。配備されたのは垂直離着陸出来る海兵隊仕様のB型でFA18戦闘攻撃機12機とAV8ハリアー攻撃機8機と交代して今月中に10機、8月に6機が配備される。ステルス戦闘機は沖縄嘉手納基地に世界最強F22が二十五機配備されており、米軍はいつでも防空網を破り北朝鮮の核施設を爆撃出来る。
http://www.jiji.com/jc/article?g=soc&k=2017011800701

 F35だが先月米軍以外で初めてイスラエルが手に入れた。オバマ米大統領とネタニヤフ首相の個人的確執に拘らず米国はイスラエルに渡すものは渡すのだ。
イスラエル空軍のパイロットは世界一優秀と言われてるが、気違いに刃物、ならぬ、鬼に金棒、となるか。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121300049&g=int

 まるでデジャヴだが、カーター政権末期の1980年に米国は当時最新鋭F16戦闘機をイスラエルに渡したが、たった一年後イスラエル空軍がサダム・フセイン大統領統治下イラクのオシラク原子炉を爆破。当時下野した労働党のシモン・ペレス党首は作戦に反対するあまり国防秘密を漏らしたと批判された。
ペレスは大統領時代にもネタニヤフがイランの核施設爆撃するのを止めたと証言したが、ステルス戦闘機を手に入れた以上は誰もネタニヤフを止められないしペレスももうこの世にいない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89%E7%88%86%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 
 イスラエルは1994年には地上攻撃出来るF15の改良型を手に入れたが、2007年にシリアの秘密核施設を爆破。爆破直後核施設の存在を知られたくないシリアは沈黙したが、爆撃で数十人の科学者や技術者を殺された北朝鮮がイスラエル批判を始めて出したので事件が明らかになった。
当時、イスラエル首相だったエフード・オルメルトは権力掌握を疑われたバシャール・アサドをリスペクトしたが、実際は爆撃作戦でエルドアン仲介でアサドが望んだイスラエル・シリア平和条約締結は消える事になった。尤もオルメルトもゴラン高原を返すより平和条約締結自体を潰してほっとしただろう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Operation_Orchard
  (道楽Q)



  ♪
(読者の声3)「言論テレビ」からお知らせです。今晩(20日)の番組に宮崎正弘さんがゲスト出現します。

とき   1月20日(金曜)午後10時
番組名  花田紀凱の「右向け、右!」
テーマ  トランプ政権でどうなる、世界と日本(番組は凡そ45分ほどです)。
http://www.genron.tv/ch/hanada/
 この「言論テレビ」は桜井よしこ氏主宰の放送局、この時間だけ無料で視聴できます。後日、観賞希望者は会員向け、有料となりますのでご承知下さい。



  ♪
(読者の声4)新刊の貴著『トランプノミクス』を拝読しました。いま書店へ行くと、ずらーりとトランプ本だらけ。トランポノミクス、ってのまでありますね。
 ともかく類書の山の中で、貴著がもっとも内容的に優れていて、先見性があると思ったのは世界的なグレートゲームの視野に立っていることです。ほかのトランプ本も面白いのですが、日米関係にのみ的を絞っての見解が多く、それもアメリカの誰々がこういったという類いです。
 いま日本に必要なのは、日本がいよいよ世界的プレイヤーとして登場し、安部外交が、それを静かに実践しているということではないのでしょうか。
 御新刊『トランプノミクスーー日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』(海竜社)を友人に勧めているところです。
  (GH生、名古屋)
          ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘『トランプノミクス  日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  海竜社 240ページ、定価1000円(+税)
  アマゾンへのご注文は下記 ↓
  https://www.amazon.co.jp/dp/4759315187/
 ――アベノミクスとトランプノミクスの両輪で世界経済を牽引できるか
 ――トランプ・ラリーはいつまで続くか?
 ――トランプ外交の対中敵視政策は本物か、すると、どうなる日中関係?
 ――中国とEUは、これで沈没してしまうのか?

       ○○○ ▽▽▽ ◇◇◇ △△△ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は1月26日から2月6日まで海外取材のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。