トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <ジョージ・ソロス、トランプ当選で10億ドルの損出

発行日:1/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月13日(金曜日)
       通算第5164号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ジョージ・ソロス、トランプ当選で10億ドルの損出
  ヒラリー・クリントンに賭けていた世界一の投機家の読み違え
***************************************

 トランプ当選後、ウォール街は株高に転じた。
日本は時差の関係で直後にはかなり下落したが、翌日から、東京市場でも「トランプラリー」が始まった。予期せぬ出来事である。

 投資家がトランプ当選で強気にでたのは、彼が掲げた「大幅減税、インフラ投資、積極的財政」の三つで、これで米国景気は上向くと判断した。
 閣僚人事がすすむ裡に急騰の場面は少なくなったが、市場は安定している。

 ドルが強くなったのも、トランプは軍備拡大、世界一の武器を開発するなどと軍事予算が増えること、そしてFRBの利上げが主因である。
ドルは日本円ばかりか対ユーロでも上昇し、まもなく1ドル=1ユーロの等価となりそうな勢いである。

 以前にソロスの右腕だったドラッケンミラーは、今回は師匠とは反対の逆張りにまわり、トランプラリーで相当の利益を得た。

ソロスは大統領選挙中、ヒラリー陣営に数百万ドルの寄付を行って、投票日直前まで、彼のファンドは5%の収益をあげていたとういう。

 選挙中、ウォール街を敵視していたかに見えたトランプだったが、かれの公約の中にトッド・フランク法(消費者保護法)撤廃、グラス・スティーガル法(銀行と証券の垣根)復活を掲げた頃から、ウォール街はトランプに期待していた。
     ○○○▽み▽▽◇◇や△△△◎ざ○○▽▽き◇◇◇△ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)来る2月11日は紀元節です。
 国民有志による式典が行われますので、ふるってご参加ください。
 紀元節奉祝式典
 記
とき     2月11日 午後四時(三時半開場)
ところ    星陵会館
参加費    千円(学生無料)
記念講演   新保祐司(都留文科大学教授。文藝評論家)
演題     神武東征と交響曲「海道東征」
主催     紀元節奉祝式典実行委員会   
       (03)5314−9470



  ♪
(読者の声2)釜山の慰安婦像設置に対する日本の対抗措置に韓国内は半狂乱のようですが、日本総領事が釜山東区庁長に送った手紙が公開されたという。
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12237397391.html
 
 いまさら公開したところでどうなるものでもない。高山正之氏は雑誌『正論』連載コラム「折節の記」で以前から警告していました。
「朴槿恵は大きな間違いをしている。被害者は日本のほうで、至らない彼女の国のために二つの戦争に巻き込まれ、今も在日の不善に迷惑を蒙っている。早めに間違いを改めないと、日本は大使召喚どころか。国交をやめてもいいと首相以下、本気で考え始めている」(「アメリカと中国は偉そうに嘘をつく」 徳間書店 2015年2月)。
 「慰安婦合意」など韓国が守るはずがない、とわざわざアメリカ立ち会いのもとで「不可逆的」という文言まで盛り込んだのは何のためか。日本政府はとっくに愛想をつかしていたのに今に至っても気がつかない韓国、本当に救いようがありません。韓国政府は当事者能力を失い、責任逃れの醜い争いが始まっています。迎恩門が復活するのか、クーデターでも起こすのか、朝鮮戦争が再開するのか、日本企業と在韓日本人は有事の備えが必要でしょう。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声3)天皇陛下、皇后陛下におかせられましては、下記の御日程によりまして、ベトナム社会主義共和国とタイ王国を巡幸啓あそばされるとのことです。
【御出国】2月28日
【ベトナム行幸啓】2月28日〜3月5日
【タイ行幸啓】3月5日〜3月6日
【御帰国】3月6日
以上ですが、皇居御出発、御帰着の御時間は、まだ分かりません。判明いたしましたら、あらためてお知らせいたします。多くの皆様とともに赤誠をこめて、奉送迎いたしたいと願っております。
  (三澤浩一)
     ◇○◇□☆☆○□☆○◇□○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
新刊 明日(1月14日発売!)
宮崎正弘『トランプノミクス  日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  海竜社 240ページ、予価1000円(+税)
  アマゾンで予約募集中です!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4759315187/
 ――アベノミクスとトランプノミクスの両輪で世界経済を牽引できるか
 ――トランプラリーはいつまで続くか?
 ――トランプ外交の対中敵視政策は本物か、すると、どうなる日中関係?
 ――中国とEUは、これで沈没してしまうのか?
       ○○○ ▽▽▽ ◇◇◇ △△△ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は1月26日から2月6日まで海外取材のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 米国の圧倒的多数にとって良い方向へ「チェンジ」させないままホワイトハウスを去るオバマ大統領
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701130000/

    女性と子供の戦犯殺りく者、オバマ
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-8111.html

    トランプから大統領の座を盗み取ろうとしている支配体制
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-16d4.html

    米大統領就任式が行われている最中に警備の責任者が任を解かれるという尋常でない日程の疑惑 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701150000/

     2017/1/15


  2. A Happy New Year Earthquake prediction!:マクモニーグル「2017年首都直下地震が起こる!?」  ←イルミナティのワン・ワールド、オリンピアの祭典は一人でも多くの生贄を足止めしておくためのエサだろうなぁ。
    http://quasimoto2.exblog.jp/23544283/

    気になる絵シリーズその1 横浜、お台場、神戸について
    http://golden-tamatama.com/blog-entry-375.html

    終わりの絵ふたたび その1
    http://golden-tamatama.com/blog-entry-278.html

    ローマカトリックについて その2 ドルイド教について
    http://golden-tamatama.com/blog-entry-256.html

     2017/1/13

  3. ジョージ・ソロス、トランプ当選で10億ドルの損出 ヒラリー・クリントンに賭けていた世界一の投機家の読み違え←ジョージ・ソロスもそろそろ、引退されたほうがよくなったようですね!老兵は死なず、ただ消え去るのみ・・かなw

     2017/1/13

  4. 読者2氏=「慰安婦合意文書は作成されていない」と韓国側は「只の口約束で国際的には無効」と主張しています。日本は性善説外交をしたのです。そのおかげで国交断絶の一歩手前まで来たのですから評価はしますが・・。

     2017/1/13


  5. 国民の福祉を削って重税を押しつける一方、1%(ユダ金・ネオコン)の御主人様に命じられるがまま海外に大金をバラマキ続ける忠犬アベ公!

    ≪マジ?!≫安倍総理がフィリピンに1兆円支援を表明!ネット「日本人から集めた税金は、まず苦しい日本人に」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/112.html

    そんなに金があるなら日本国民に回して欲しいものだ/消える血税40兆円安倍首相がばら撒く対外支援
    http://ameblo.jp/kannami-boy/entry-12207140491.html

    ≪悲報≫ 年金制度など、廃止すべきだ。日本の官僚機構は、国民の虎の子を預かるだけの責任感を有しない 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/820.html

    GPIFは日本株いつ売るのか、許容幅上限「ギリギリも」と理事長 巨額の含み益 50%の目標値に「もう近づいている」
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/849.html

    安倍晋三によって日本が殺される!  ←こいつ以上の国賊・売国奴がいたら教えて貰いたい。 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/917.html

     2017/1/13


  6. ≪批判殺到≫安倍総理が改憲項目として「教育無償化」⇒ネット「改憲関係ない」「やり方が卑劣」
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/890.html

    15歳が気付いた「教育」という名の洗脳の怖さ 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/832.html

    自民党よ、頼むから安倍晋三を何とかしてくれ!  ←アベ様に逆らえない情けない奴ばかりだから言うだけ無駄。
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/922.html

    A Happy New Year Joke:「小泉進次郎さんお先にどうぞ!」 
    http://quasimoto2.exblog.jp/23534336/

    精神崩壊! テレビCMに見る方向性を失った日本(simatyan2のブログ)  ←アベシンゾ−ような輩が総理という名の植民地総督やってるんだから、そら精神も崩壊するわな。
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/823.html

     2017/1/13

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    3909人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事