トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <トランプ次期大統領が、当選後、はじめて記者会見

発行日:1/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月12日(木曜日)弐
       通算第5163号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ次期大統領が、当選後、はじめて記者会見
   左翼メディアは「最も不誠実は人々である」と批判
***************************************

 2017年1月11日、NYのトランプタワーには内外250名余の新聞記者、テレビ関係者が集合し、異様な熱気に包まれた。
 大統領当選後、じつに300回前後もメッセージをツィッターで発信しながら、トランプは一度も記者会見を開いてこなかった。
 歴代大統領として、これは異例、それだけメディアへの警戒心が強いことを示している。
 
 トランプ次期米大統領はフォード・モーターなどがメキシコにおいて、新しい工場建設の計画撤回や米国内工場の増強を発表したことに「感謝」した。そのうえで、「私は最も多くの雇用を生み出す大統領になる」と強調した。トヨタについての発言はなかった。

 トランプ氏はこの一連の動きに、「GMが続くことを期待する」とし、優先順位はアメリカ人の雇用であり、「多くの産業もアメリカに戻ってくる」と、製薬産業などに米国回帰を求めると発言、次の圧力の矛先を明らかにした。

 注目されたのはロシアのサイバー攻撃をどう考えているかである。
 これまで明言してこなかったロシアの関与を、トランプは初めて認めた。しかし、「私自身はロシアと一切、取引をしていない。ロシアとは過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで協力する必要がある。プーチン露大統領と仲良くできるか分からないが、そうするチャンスはある」と述べた。

 メディアへの攻撃は相変わらずで、「最も不誠実な人たち」と批判しつつ、過激な言いがかりはツイッターで反撃してきた。
 それゆえトランプは「ツィッター大統領」と渾名されるに至った。

 同日、セセッション司法長官、ティラーソン国務長官などに対する上院の指名公聴会が回された。
 共和党主流派は、とくにこの二人の指名承認を見送る構えを見せており、ほかの人事に関しての指名公聴会は延期された。

  ◇○◇□☆み☆○□☆○や◇□○◎○ざ◇○◇□☆き□☆○◇□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1515回】     
――「其民は頑冥不靈を以て世界到る處に拒絶せられんとす」(教学8)
   教學參議部『清國巡遊誌』(佛?圖書出版 明治三十三年)

   △
日本も日本人も知らない「土民」に、次のように答える。

 「我復日本中國を距ること東方數千里に在り、仁義を貴び忠孝を重んじ、風俗敦厚汝等國人少數書を讀む者皆夙に知る所なり」と語った後、「此國以外世界到る處數多の大國あるを告」げたが、「彼等唯呆然たるのみ」。かくて「無智の頑民憐れむ可し」と記し、「清國が由來屢々是等頑民の爲めに誤まられて、動もすれば國際問起題を惹し、其度云ふべからざる不利を招き、爲めに國運日に非なるに至りては、其情眞に悼むべきなり」と結論づけた。

ここから判断できるのは、中国内陸部では20世紀を目前にした当時にあっても、地球上には「中國の外朝鮮ある」のみだったということだ。彼ら「土民」にとっては日清戦争も、アヘン戦争も、あるいは清朝皇帝も一切関係なし。「無智の頑民憐れむ可し」ではあるが、「無智の頑民」にとっては日常生活圏を超えた世界の出来事など、どうでもよかったに違いない。これを無智蒙昧というのか。唯我独尊というのか。はたまた鼓腹撃壌というのか。

 この時から1世紀ほど後の中国内陸部の生活を描く『中国最後の証言者たち』(欣然 ランダムハウスジャパン 2011年)には、「最西端の最も貧しい地域に、東部に集中する中央政府当局が発した政策や命令が到達するには、二〇年以上もかかった。生活条件の改善にも同じだけの歳月がかかった」。「貧困地帯の公務員は教育水準が低くて、法的自由に対する関心も薄く、政府の運営する施設だけをやみくもに尊重する傾向があ」り、「小さな町はよく知られる大きなモデル都市と比べて、一〇年、二〇年、三〇年と後れをとっている」と記されている。ならば、19世紀末の内陸部の「土民」が日本を知らなくても驚くほどのことでもなさそうだ。

 それにしても、である。「是等頑民の爲めに誤まられて、動もすれば國際問題を惹起し」とは、なにやら昨今の中国の国際的な振る舞いを示唆しているようにも思えてくるから不思議で仕方がない。21世紀初頭の現在であろうが、海外旅行に興じ“爆買い”に血道を上げる「頑民」からすれば、海外における振る舞いが「動もすれば國際問題を惹起し」ようが、やはり馬耳東風。ならば習近平にしせよ李克強にせよ、「頑民」と五十歩百歩だろうに。

 やがて黄河を渡る。「構造極めて堅固にして容積約三百噸の大船」に乗船するものの、「船夫は概ね剽悍無頼の惡棍にして往々舟を河の中央に駐め、乘客を要して無法の賃錢を貪る事あり、甚敷は人を河に投じて荷物を奪ふに至ると云ふ」。船員は時に追?になり、時に船員になる。これを無原則といい融通無碍といい、はたまた生活知恵という。

黄河を渡って「北京を距る西南我百三十餘里」の保定へ向かう。
 そこは「陸路要衝の都會なるを以て、近來外人此地を過ぐるもの少なからず、然るに狡猾なる通譯の清人等、動もすれば外人の威を假りて、城内宿舎の際不當の手數料を貪り、甚敷に至りては己れ其半を窃取うる事あり、店主不足を訴ふれば事情に通ぜざる外人は、二重の請求を爲すものとし、叱責して顧みず其儘通過するより、昨今窃に外人の無道を怒るもの多く、彼等外人と見れば成る可く宿舎を謝絶するに至れり」。どうやら問題は「狡猾なる通譯」にありそうだ。かくて紛糾の原因は「中間通譯の奸猾に出で、外人は何事も知らざるなり」とし、「憎む可きは彼の狡猾奴」と結論づけた。まあ、油断も隙もあったものではない、ということ。これまた21世紀初頭の現在でも通用する“鉄理”といっておこう。

  某所における昼食休憩の際の体験を、「土民群り來りて頻に雜貨食物を鬻ぐ、既に北京に近きしを以て土人等頗る外人に馴たり」と綴る。「外人に馴」れると、これだからなァ。

 漢口発は3月15日。「中間二十二日を費やし」、「幸に佛祖の應護に依り、猊下は些の御恙も無く、心愈々御健全にて」北京に到着。4月8日に日本公使館武官官舎に入った。
《QED》
      ▽△◎◎ヒ□◇▽イ□◎○ズ◎□○ミ○□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)今朝(1月12日)の朝日新聞に珍しく中国批判の記事がでています。簡単に言えば大量の中国人観光客はフェリーで福岡にくるが、格安客ばかり。しかも観光は有料の福岡タワーは外から見るだけ、太宰府(無料)の散策へつれていき、あとは免税店に何軒も立ち寄るスケジュール。しかも免税店では高価な健康食品ばかり。業者はこの利ざやで格安ツアーをまかなっているが、日本人が入れないので実態は不明と示唆した記事です。
 こういう悪質はインバウンド業者を規制出来ないでしょうか?
   (BN生、川崎市)


(宮崎正弘のコメント)いつぞやも、この欄で書きましたが、太宰府は中国人だらけでしょ。そもそも太宰府で祀られているのは菅原道真。かれはシナとの関係を断絶(遣唐使の廃止を建言し、その通りになった)人じゃありませんか。
 こういう歴史的事実をおそらく中国人ツアー客は知らないのでしょうね。
 先月、別府に往ったのですが、外国人が目立ち、とくに中国人のツアーが多く、驚きです。朝食会場で、ネクタイをしているのは韓国の人、中国人は風呂にはいるとすぐにわかりますが、最近はマナーが良くなりました。いや、中国人ツアーは夜遅く着いて、早朝出発が多いですから、朝もうんと早くに済ませてますね。
 さてインバウンド業者は中国人経営で、しかも免税店も中国人経営で、これは嘗ての日本人ツアーのパターンを真似ているものです。いずれ旅行客の目が肥えて、この類のツアーは廃れると思います。
 法律で規制する動きは国会にありますが、その前にブームはおわるのではないですか。

     ◇○◇□☆☆○□☆○◇□○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
新刊 明後日(14日発売!)
宮崎正弘『トランプノミクス  日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  海竜社 240ページ、予価1000円(+税)
  アマゾンで予約募集中です!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4759315187/

 ――アベノミクスとトランプノミクスの両輪で世界経済を牽引できるか
 ――トランプラリーはいつまで続くか?
 ――トランプ外交の対中敵視政策は本物か、すると、どうなる日中関係?
 ――中国とEUは、これで沈没してしまうのか?

       ○○○ ▽▽▽ ◇◇◇ △△△ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. トランプのマスコミ排除を批判する一方で…橋下・安倍のメディア圧力を批判できない日本のマスコミのだらしなさ(リテラ)  ←日本にはアベチャンネルしか存在しないし新聞は政府広報に過ぎない。
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/921.html

    室井佑月「2017年もこれ」〈週刊朝日〉
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/860.html

    癪に障るかな、この写真。おぞましくはあるけど――  ←どちらへ転んでも日本会議というカラクリ。
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/828.html

    いわゆる「保守派」は、「現実派」ではなく「幼児派」である 
    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12234633095.html

    もう仕事をしないで欲しいマスゴミその他のお歴々
    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12237377963.html

     2017/1/13

  2. 「痛風薬」を飲み続けてはならない!

    (死ぬまで止められない薬地獄)

     友人に、医者から言われるまま何年も飲み続けている者が多い。すると「痛くて薬を止められない」という悪循環に陥る。医者・製薬メーカーにすれば狙った通りである。

    !)「ザイロリック」→痛風薬として処方される。ところが、この薬毒が腎臓に蓄積されやすい。副作用も恐ろしい。体中の皮膚が向けてしまう「皮膚粘膜眼症候群」や「手足のしびれ」「めまい」「アナフィラキシーショック」(血圧低下など)が報告されている。心臓病の患者が飲まされる血液凝固を防ぐ薬「ワーファリン」などと一緒に飲むと薬毒代謝を妨げて肝臓・腎臓機能を痛める可能性がある。副作用が出てしまったら、痛風の激痛を取るか、重篤な副作用を取るか、究極の選択を迫られる。

    !)「フェブリック」→最近開発された痛風薬で、重篤な副作用は報告されていないが、「添付文書」に載っていないだけである。今後、様々な副作用や併用の奏上被害が続々と報告される可能性がある。

     「どんな副作用があるかわからない薬の力を借りずに、痛風の恐怖から逃れるためには、生活習慣病を変えて尿酸値を下げていくしかない」(週刊現代)

     飲めや歌えの暴飲暴食を繰り返し、痛風になったら、慌てて医者に行って、本来、有毒な化学物質である「痛風薬」を飲む。薬毒を定期的に摂取すれば死にも関わる症状(副作用)に襲われるのは当然である。

    「痛風の薬が恐ろしいのは、一度飲み始めると、永久に飲み続けなければならない」ということである。「激痛から逃れるために一度手を出すと、そこから先は永久に蓄積していく副作用の恐怖が待っている」(週刊現代)

     まさに、覚醒剤中毒と同じ症状である。これは、他のすべての薬に言える恐ろしさである。

    (ファスティング(1日1食)で完治する)

    友人は、見事に痛風を完治させた。それは1日1食を実行したからである。それで痛風は治り、体調は見事に回復し、体は引き締まり、見かけは若返り、さらに仕事もはかどるようになった。

    (生理痛薬で死に直結する腸閉塞)

     「女性が飲み続けると危ない薬」も、「週刊現代」は警告している。「ロキソニンで腸閉塞」「ナサニールは骨が弱くなる」「プレマリンは発癌リスク」「クロミッドは飲み過ぎると卵巣が腫れる」などである。

    !)「ロキソニン」→これは生理痛、頭痛に女性が痛み止めとして使う薬である。2016年3月に重大な副作用があることが判り、製薬業界が震え上がったという。これも多くの女性の人体実験で発覚したのである。厚労省が公表した重大副作用に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」が「添付文書」に追加された。つまり、「腸が詰まる」「腸閉塞」は即、死に直結する。痛み止めは血行を抑える作用があり、体温が低下し、多くの女性が苦しむ「冷え症」「肩凝り」を悪化させる。より深刻なのは「子宮が冷える」ことで、「子宮筋腫」などの婦人病が発症しやすくなる。(週刊現代)

    (更年期の薬で乳癌が2倍になる)

    !)「ホルモン薬」(更年期薬)→更年期の女性は危ない。病因に行くと医者は様々な「ホルモン薬」を処方する。しかし長期服用すると、乳癌発症リスクが高まる。イギリスの大規模研究によれば、使用期間1〜4年で1・7倍、5〜9年で2・17倍になる。更年期の薬を飲み続ければ2倍以上が乳癌になるわけである。

    !)「避妊用ピル」→これも成分はホルモン剤(女性ホルモン)である。低用量ピルに重大副作用、血栓症リスクがある。これは血管が詰まる病気で、脳梗塞、心筋梗塞などの致命的な結果を引き起こす。日本産婦人科学会に寄せられた情報だけでも、ピルを服用していた女性13人の血栓による死亡例が報告されている。

    !)「生理痛薬」(スプレキュア)→「生理痛」「月経過多」「子宮内膜症」に使われる薬であるが注意が必要である。「性欲減退」「精神症状」などから「骨を弱くする」深刻症状まで引き起こす。「骨量・骨密度」の低下は骨折、背曲りなどの女性高齢者に思わぬ副作用をもたらす。

    !)「排卵誘発剤」→高齢者や不妊症の女性に投与される「クロミッド」は、卵巣が膨張するという不気味な副作用がある。医者は、それを抑えるために、さらに他の薬を投与する。即ち、薬地獄が始まる。

     医者の言うまま、言われるままに、安易に薬を飲み続けた代償で、命を落とすという悲劇が多発している。そして誰も気づかないという恐ろしさがある。

     2017/1/13


  3. 国民の福祉を削って重税を押しつける一方、1%(ユダ金・ネオコン)の御主人様に命じられるがまま海外に大金をバラマキ続ける忠犬アベ公!

    安倍晋三、フィリピンに一兆円支援 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/928.html

    クセが出た!安倍が30億ドルばら撒き宣言 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/513.html

    安倍政権がイギリスの原発に1兆円(税金)支援へ!ネットは「さすがに意味不明」「貧しい日本国民を救え!」の声
    http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/636.html

    「チョンさんいい加減にしてください」3:「安倍政権が外国にばらまいた金額一覧」 
    http://quasimoto2.exblog.jp/23461943/

    安倍晋三によって日本が殺される! 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/917.html

     2017/1/13


  4. 日本が貧困になっている理由
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000788.html

    ≪蟹工船2.0≫ アベ政権が舵をとる「労働者生き地獄」への航海(田中龍作ジャーナル)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/818.html

    日本では、ホームレスが凍死しても、公的機関がその数を集計したり、ましてや発表することはありません 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/835.html

    日本の恥部な総理大臣の安倍晋三の生き方を望むか? ウルグアイの大統領のホセムヒカの生き方を望むか? 
    http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/270.html

    植民地暮らしは毎日が罰ゲーム 
    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12236457695.html

     2017/1/13

  5. いつも毎朝読んでいます。大変さんこうになります。

     2017/1/13


  6. トランプ氏、ロシアに弱み握られていないと断言−「偽ニュース」と批判
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-11/OJMEQPSYF01T01

    トランプを攻撃するためにCNNが伝えた証拠を示さない「秘密文書」の形式や内容に疑問が噴出
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701120000/

    真実に対するクーデター
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-a5a9.html

    ロシアの高性能な地対地ミサイルがシリアへ配備され、イスラエル全域が射程圏内に入った影響 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701110000/

    ハンガリー政府、ジョージソロスが支援するすべてのNGOの摘発に乗り出す。
    https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-01-10/trump-s-win-prompts-hungarian-call-for-crackdown-on-soros-groups

     2017/1/12


  7. メリル・ストリープのトランプ批判は安倍政権のヘイト思想に侵された日本社会にこそあてはまる!(リテラ)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/831.html

    東京MX番組で"沖縄ヘイト"か 
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12182-shimpo425798/

    ≪スゲー納得≫「ニュース女子」と「そこまで言って委員会」の制作会社は同じということが判明!
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/579.html

    竹田恒泰がチンピラにしか見えない件 〜 天皇制ダメなんじゃないかって思わせるパワーがすごい! 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/781.html

    見苦しい松本人志 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/792.html

     2017/1/12

  8. トランプ氏の1月20日の大統領就任に向けて、“強力な最後の抜け目ない取引が行われている”とし、“我々の惑星と種は危機に瀕している”。ウィキリークスの情報で、“エリートらは来年1月12日から14日にかけて第三次世界大戦を勃発させる予定です”とありました。またもギリギリのところで危機を回避出来ました。
      
      トランプ氏の大統領就任後、犯罪者の排除がうまくいけば、残る問題は新金融システムの操縦桿を誰が握るのかという争いになります。新金融システムが金塊で裏付けられるのか、それとも金塊とGDPの両方で裏付けられるのか、そしてどのようなグループがその金塊は俺のものだと主張しているのか、その辺のことが全く表に出てこないので、外から見ている分には、ほんの一握りの関係者が未来の権力を巡って骨肉の争いをしているように見えます。
      おそらく最終的には、地球上の富を人々が分かち合えるように、金塊の権利を主張しない人たち以外は誰も生き残れないのだろうと思っています。地球上の富は元々人類全員のものなのであって、特定の一族のものでは無いからです。

     2017/1/12

  9. 出入国管理及び難民認定法施行規則等の一部を改正する等の省令案について(意見募集)
    http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130106&Mode=0

    『蓮舫「二重国籍」のデタラメ』
    https://shinyokan.jp/senryu-blogs/tetsuo/2737/

    川崎市・言論規制弾圧条例問題(2)
     ヘイトスピーチ対策で公園や施設の利用を禁止する動きが
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53216622.html

    街頭インタビューに同一人物!
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6523.html

    麻生太郎閣下「米韓スワップの廃止理由知ってる? 韓国は金を返さない
    http://asianews2ch.jp/archives/50412354.html

    日本人の韓国への怒りがNHKの世論調査の数字にも!
    http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/feede7965e91d36e46b90eaea1c540ac

    韓国壊滅、絶対『祟り』のせいだわ‥ 日本人なら分かるよな‥
    http://wakuwaku-japan.blog.jp/archives/11724474.html

    ついに「難民批判」を解禁したドイツ政府の驚くべき変わり身 
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4645.html

    電通社員、「殺人的」長時間残業&パワハラ蔓延を告発…入院者続出、部下を平手打ち
    http://biz-journal.jp/2016/10/post_16958.html

    新成人の女性 花魁・太夫・夜鷹の違いを知ってください
    https://1kando.com/41957#Q7wq6xx.twitter_responsive

    コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実一覧 
    http://ameblo.jp/matsui0816/entry-11860099034.html

    お前が言うか!竹中平蔵「日本は物凄い格差社会になる。介護難民や若者のホームレスだらけ。
    http://blog.goo.ne.jp/houjou73/e/f75b7c237e012f3c0e9978f49478a5aa

    前田南駅
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%8D%97%E9%A7%85&biw=902&bih=359&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwij6dyfk7zRAhVHerwKHcNdApwQ_AUIBygC

    絶対に不要なワクチン9種
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12188621427.html

    音の風景が広がる 「この世界の片隅に」後篇  
    http://holozoa.hatenablog.com/entry/2016/11/16/184209

    民主党大不況(その1)
    http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/1-ffc3.html

    蓮舫
    http://i.imgur.com/W2j2ymY.jpg

    慰安婦問題の論点 ピンボケ朝日 
    https://sites.google.com/site/aikokusaha/home/ianfuno_ronten

    アメリカ真の支配者、ロスチャイルド家の崩壊・分裂とは?ロックフェラーと手を組み、日本潰しを計画していた。
    http://www.news-us.jp/article/233918936.html

    放射能汚染列島を生き抜く味噌、ビール、乳酸菌の効能 船瀬俊介マスコミのタブー100連発月刊「ザ・フナイ」9月号より
    http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/419.html

     2017/1/12


  10. 新聞・テレビが報じられない天皇陛下「安倍総理への不満」 2017年、ニッポンの火種(週刊現代)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/882.html

    安倍首相とメディアの不敬、ここに極まれり! 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/854.html

    裁判所がベストセラー「日本会議の研究」の出版を差し止めるのは異例 
    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12236015528.html

    現役宮司が日本会議を批判 全体主義のこわさに警戒を〈AERA〉
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/877.html

    「日本スゴイ」なんて自己陶酔する「この国」はアホの限界(サンデー毎日)  ←アベシンゾ−のことかと思ったw
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/872.html

     2017/1/12

  11. 糖尿病治療は受けると危ない!

    (糖尿病の薬は飲むな)

     「長生きしたければ、病院に行ってはいけない」とは「週刊現代」(講談社)が組んだ特集見出しである。同誌は医療批判では、マスコミの先鞭をつけている。「飲み続けると、すごい副作用が、あなたの身体を壊す」「糖尿病の薬はもう飲まなくていい」(7月2日号)

     同誌の主張には根拠がある。2016年5月20日「日本糖尿病学会」と「日本老年医学会」が、糖尿病の判定基準値の見直しを発表した。これまで血糖値が6・5%を超えると、一律に「糖尿病」と判定していたのに、高齢者は7・5%まで、75歳以上なら8%までOKとした。さらに、認知症の人は8・5%まで宜しいとした。つまり、「糖尿病」ではないとしたのである。

    「そんなにいい加減なものだったのか?」と大人しく従ってきた患者も憤る。同誌に登場した医師は、「高血圧より、低血圧の方が、よほど恐ろしい。血糖の下げ過ぎで体調を悪くしている高齢者が多い」と言う。糖尿病学会は、その事実を知っている為、コッソリ基準値の見直しを発表したわけである。同誌は告発する。

    「心臓病で亡くなる高齢者の中に、日ごろから糖尿病の薬を常用している人が少なくない。薬による低血糖で心不全になり、亡くなった人が、実際には相当数、混じっている」

     こうなると完全な薬害、巨額の損害賠償裁判を起こされても仕方がない。学会の対応は、それを恐れ、「糖尿病薬を飲んだり、インスリン注射が逆に大事な寿命を縮めている。こんなバカバカしいことはない」としている。

    (インスリン注射で死亡率22%悪化した)

     2001年からアメリカ、カナダで大規模な実験が行われた。それは糖尿病患者の2つのグループを比較したものである。

    Aグループ→インスリン投与で血糖値を厳しくコントロールしている。

    Bグループ→インスリン無しで血糖値も気にせず食事療法をしている。

    3年後の死亡率はAの方がBよりも22%も高かった。つまり、薬で無理に血糖値を下げると、心臓に負担がかかり、心筋梗塞を起こすことが判明したのである。

    (薬で後戻りできなくする仕掛け)

     医者の勧めるまま血糖降下剤とインスリンを併用すると、血糖値が下がり過ぎ、倦怠感、抑うつ病状になる。重症低血糖状態が続くと、血糖値を上げるためにアドレナリンを分泌し、血管が収縮する。高齢者の場合、心筋梗塞を引き起こしたり、認知小脳を衰えさせることが珍しくない。血糖降下剤で膵臓はボロボロになり、二度とインスリンを作れなくなってしまう。後戻りはできない。すると、インスリン注射に移行する以外、策はなくなってしまう。(渡辺昌医師)

    (医者が薬を売りたいだけであるから、もう飲むな)

     良心的医師も現在の糖尿病治療を全否定する。「そもそも、現在主流になっている体内のインスリン濃度を上げ、血糖値を下げるという治療法が間違っている。薬を過剰に使い、低血糖の発作が起きれば、命を落とす危険性がある。高齢の方であればなおさらです」(新井圭輔医師)

     糖尿病にかかる医療費は、年に1兆2000億円超であり、血糖降下剤などの治療薬の売り上げも4000億円を突破している。医療産業は糖尿病依存症なのである。同誌は結論付ける。

    「医者が薬を売りたいだけ。多くの人にとって、もう糖尿病の薬は使わなくてもいい。医者や病院のために糖尿病薬を使い続ける必要など全くない」

    (薬の組み合わせで死ぬ)

     日本の高齢者は、薬漬けである。「降圧剤」「糖尿病薬」「コレステロール低下剤」などである。これらには副作用があり、さらに副作用と副作用の相乗効果により死ぬことがある。医師は「添付文書」を全く読んでいない。だから、薬の危険な相乗効果で命を落としている患者は夥しい数に上る。

    !)「ブラビックス」→これは血液を固まりにくくする薬である。心筋梗塞や脳梗塞の再発を防ぐために処方されている。医者は「血液ドロドロを改善する薬だ」と患者に説明する。しかし、こういう患者が手術を受けると、出血が止まらなくなり死亡する。

    !)「降圧剤」→「ディオバン」など降圧剤と痛み止め(ロキソニンなど)の相乗効果で危ない。消炎鎮痛剤は血圧を上げる作用があり、降圧剤の処方が過剰になってしまう。アクセルとブレーキを同時に踏むのと同じである。身体には深刻な負担となる。

    !)「コレステロール低下剤」→「スタチン」は筋肉が溶け出す横紋筋融解症と言う深刻な重大副作用がある。ところが、他の高脂血症薬や免疫抑制剤などとの併用は、副作用を加速させる。

    !)「血糖降下剤」→他の薬と併用すると、血糖値を下げ過ぎ、手足の震え動悸を招く。利尿剤と併用すると、尿が出過ぎて脱水症になる。

     飲み合わせによる死亡事故は新薬の方が多い。認可の時、他の薬との相乗効果は治験が行われない。そのため、添付文書に副作用記載がない。だから安全だと考えるのは間違い。厚労省に副作用情報が寄せられて初めて「併用禁忌」が「添付文書」に書き加えられていく。つまりは、患者は人間モルモットなのである。

     2017/1/12


  12. アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」
    http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i24268

    大スクープ!米ケリー国務長官が超重大発言「アメリカはシリアのアサド政権を打倒するためにISIS(イスラム国)を結成した」
    http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/195.html

    筋金入りの反戦主義者・ケリー米国務長官は、IS(イスラム国)をつくったのは米国だと非公式に認めていた(?):なぜ、米国はシリア・アサド政権を打倒したいのか 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36469285.html

    CIAの特殊部隊→ISIS
    http://my.shadowcity.jp/2017/01/ciaisis.html

    トルコの大統領が、「アメリカはISISを支援している」と非難、というんだが、どの口でそれを言う、という話もあるんだが、いよいよISIS滅亡の時を迎えて、責任者出て来い、という騒ぎですw まぁ、トルコも散々、ISISから原油買って、金銭的援助をしていたんだけどねw 火のないところに火をつけて煽って炎上させるというアメリカのやり口が、そろそろ通用しなくなって来た。プーチンが有能すぎるw

     2017/1/12

  13. 【共謀罪】(スパイ摘発)に反対のサヨク朝鮮人

    「共謀しよう、捕まえたければ捕まえてみろ」― 市民連合・山口二郎 2017年1月7日 

    ■山口二郎(民進党ブレーン、有田ヨシフの仲間)

    民進党ブレーン・山口二郎教授「従軍慰安婦を否定するような言説を唱える奴は民間人でも処断しろ」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1451417024/
    山口二郎 「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」
    http://blog.goo.ne.jp/irukanoutada11/e/a0c7df5c09c2c79a60b9a6be0af7bc0a

    【社民党】福島みずほ「共謀罪なんて、何と凶暴な内閣」..."テロ等組織犯罪準備罪"の国会提出に対し、デマ交え批判
    http://www.honmotakeshi.com/archives/50387291.html

    ■福島みずほ(趙春花)

    社民党・福島瑞穂「何百年たとうが日本の子や孫の世代、その先の世代も永遠に韓国と中国に謝罪し続けろ」
    http://hamusoku.com/archives/8945468.html
    ★慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂
    http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51804890.html

     2017/1/12

  14. 2017年1月11日、NYのトランプタワーには内外250名余の新聞記者、テレビ関係者が集合し、異様な熱気に包まれた。
     大統領当選後、じつに300回前後もメッセージをツィッターで発信しながら、トランプは一度も記者会見を開いてこなかった。←トランプ大統領は暗殺のターゲットになっていると思います。ですから、記者会見等ひらかず、Twitter大統領でいいんじゃないかとおもいます。

     2017/1/12


  15. ≪(゚Д゚)ハァ?≫安倍総理「共謀罪 成立なしで五輪開けない」⇒ネット民「五輪中止決定!」で満場一致
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/866.html

    五輪と共謀罪はセットと安倍首相は言うが、そこまでして財政負担ばかりの五輪はやりたくない(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/864.html

    裏取引はあったか? 20分で終わった小池・安倍会談の中身(日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/867.html

    「殺人的企業」電通、東京五輪で独占的巨額利益は許されるのか?電通のための東京五輪(Business Journal)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/836.html

    小説家・松井計さん「仮にですよ、基本的人権を制限しなきゃ五輪をやれないなら、じゃオリンピック止めよう、となるのが正しい
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/730.html

     2017/1/12

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/01/15
    読者数:
    13270人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2016/12/27
    読者数:
    17065人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/01/18
    読者数:
    5517人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/01/13
    読者数:
    7068人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/01/12
    読者数:
    3144人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事