トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み <蔡英文(台湾総統)中南米訪問途次、クルーズ上院議員、アボット知事、ターナー市長らと面談

発行日:1/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月10日(火曜日)弐
       通算第5159号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 蔡英文(台湾総統)中南米訪問途次、ヒューストンに宿泊し
   テッド・クルーズ上院議員、アボット知事、ターナー市長らと面談
***************************************

 「一つの中国には縛られない」とトランプ次期大統領がツィート。米中関係は一気に緊張した。中国は人民日報系『環球時報』に「もし、台湾と外交関係をみとめ、『一つの中国』を守らないとすれば中国は報復する」(1月9日付け)と息巻いた。

 2017年1月8日、台湾の蔡英文総統は米国テキサス州ヒューストンに降り立った。
飛行場には在米台湾華僑、台湾関係協会ら多数が出迎えて歓迎した。テキサス州だけで、五万人の台湾系家人が住んでいる。
 空港にはテキサス州選出の連邦下院議員ブレークフェア・ホールドらが出迎えた。ヒューストン市長のシルベスタ・ターナーとも別個に面会した。

 翌日1月9日、日曜日。テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員とグレッグ・アボット知事が蔡英文の宿泊したオムにホテルをそれぞれ訪問した。
 クルース事務所は「有意義で多角的な討議ができた。われわれの優先課題は米国と台湾の通商の拡大であり、交流の維持拡大が極めて重要ということだ」とし、また「武器供与問題は話題に出た」が、具体的な内容には触れなかった。

 直前に中国のヒューストン駐在領事からクルーズは手紙を受け取っており、「蔡英文と会うことは、台湾独立派を刺戟し、米中友好関係を傷つける。ゆえに面談も交流も歓迎しない」とする内容だったことを明らかにした。

 「これは客人をむかえるアメリカ人の礼儀であり、干渉される必要はない」とクルーズは答えたという(ワシントンポスト、1月10日)。

 また滞在中の蔡英文にジョン・マケイン上院議員から電話があったとスポークスマンが発表した。
マケインは昨秋にも台湾を訪問し、蔡総統と面談している。

 蔡一行は『トランプ政権引き継ぎチームのメンバーとは会わない』としており、公式的予定には入っていない。しかし台湾の『自由時報』の報道に拠れば、9日の昼飯を、ヘリティジ財団のフルナー理事長らと取ったとされ、蔡英文オフィスは、この報道を否定した。

 このあとニカラグア、グアテマラ、エルサルバドルを訪問し、1月14日にサンフランシスコに立ち寄って帰国する。

 北京は蔡英文訪米に共和党の有力議員等が続々と会見したことに苛立ちを覚えて当面、口撃を絶やさないだろう。

    ◇○◇□み☆☆☆◎や○□☆☆ざ○◇□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ どくしゃのこえ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)桜チャンネルよりお知らせ。本日(10日)午後8時からの『ジャパンフロント』(ホスト福島香織)に宮崎正弘氏が出演します。
 話題は台湾総統の訪米、中国経済、トランプ政権の行方、日本経済は再生するのか、等多岐にわたります。
   (日本文化チャンネル桜)

     ◇○◇□☆☆○□☆○◇□○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
新刊 14日発売決定!
宮崎正弘『トランプノミクス  日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  海竜社 240ページ、予価1000円(+税)
  アマゾンにて、予約募集を開始
 https://www.amazon.co.jp/dp/4759315187/

 ――アベノミクスとトランプノミクスの両輪で世界経済を牽引できるか
 ――トランプラリーはいつまで続くか?
 ――トランプ外交の対中敵視政策は本物か、すると、どうなる日中関係?
 ――中国とEUは、これで沈没してしまうのか?
       ○○○ ▽▽▽ ◇◇◇ △△△ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 新刊ラインアップ
***************
『日本が全体主義に陥る日〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2017 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1. ≪年金消滅か≫「高齢者は75歳以上」と学会が提言。65〜74歳は「支えられる側」から社会の「支え手」に
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/773.html

    「高齢者は75歳から」に違和感 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/642.html

    国民との約束を反古にして年金を支払うまいとする政府に言いたい。人間は、ただ働くために生まれてきたのではない、と
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/674.html

    小泉進次郎がまた悪魔の囁き 「悲観的な考えしか持てない1億2千万人より、自信ある6千万人の国の方が良い」 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/683.html

    どんだけ年金払いたくないのか
    http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10407.html

     2017/1/10



  2. 最後のハザールマフィアの地下基地と拠点が陥落するのに伴い、地球をめぐる戦いは終わりに近づいている。しかし、まだドナルド・トランプの1月20日の大統領就任が近づくにつれて、東と西の間で強力な最後の抜け目ない取引が行われている。我々の惑星と種は危機に瀕している。

    終了すべき大きな戦いは、この惑星の本当の力の源であるお金を作り配布するプロセスを当に支配する人に関することである。別な言い方をすれば、危機にあることは種として我々が将来何をするかを決めるプロセスである。

    トランプの大統領就任まで一週間あまりに迫っているが、彼の名前に関わらず、この高い掛け率の世界ポーカー試合において切り札を持っているのは彼だけではないことに注意する時期だ。

    第二次世界大戦後、米ドルは事実上の世界通貨になったとき、それは金塊と世界GDPの50%によって裏打ちされていた。今はいわゆる米ドルは何にも裏打ちされておらず(米国は金塊を持っていない)、そして米GDPはIMFの測定によれば購買力平価基準で世界GDPの15%である。さらに米国は第二次世界大戦の終了時には世界最大の債権国であったが、今はこの惑星の歴史上最悪の負債を持った国である。

    反対に、中国は世界GDPの17,9%を支配しており、金塊も十分持っており、世界最大の債権国である。中国主導のアジアインフラ投資銀行のメンバーは、100カ国を超えており、世界GDPの80%を占めているが、米国と奴隷国家日本は、最終的に反AIIB保有額として20%以下を占めるのみである。

    このことは、中国とその西側同盟国が世界金融システムの支配を獲得しようとすれば、彼らは成功することを意味している。

    しかし、米軍産複合体はその多くが秘密の宇宙高度技術計画に関連している多くのカードを持っている。米科学アカデミーによると米秘密政府は国家安全保障上の理由で秘密にされている6000件の特許の背後にある技術の多くを含むこれらのカードを切る準備をしている。これらの秘密のいくつかが明らかにされるとき、我々が答えを求めている本当の疑問は二つの別個の現実なのか?宇宙植民地に関することと地球の境界が一つに合体しようとしているのか?

    1970年代に有人宇宙探検が突然止められた理由のようなものについて答えを要求し受け取っている。それは、地球を離れようとする全ての有人探査機は表向き電離層によって破壊された多くの事故から明らかになっている。

    表の米国大統領を超える高レベルの許可によって、銀河系間戦争に敗北した後、非常に危険な実体がここの保護層を取り払ったので、この惑星は隔離されている。これらの実体は今は降伏しており、この過程でこの惑星上の人質の人々を解放している。

    これらの人々が言うことが真実であれば、近い将来、慈悲深い銀河勢力が南極大陸でワームホールを開き、地上の人類が宇宙全体と接触することを可能にしてくれる。今月、ロシアのウラジミール・プーチンがそこを訪れる最新のお偉方になる予定である。

    https://themoscowtimes.com/articles/putin-to-visit-antarctica-21017

    第二次世界大戦以降初めて、米国が航空機運搬船をすべて港に閉じ込めている事実は何かが起こる予兆かもしれない。そうであれば、我々はまもなく南極からある大きな衝撃的声明を期待できる。待ちましょう。

    これは多くの我々に受け入れられるように思えるが、この惑星上で高度の難解な戦いが行われていることは間違いがない。

    たとえば、西側の指導者達が大量殺人に関与していたことが法廷や戦争裁判で支持されている多くの証拠がある。過去から離れることなく、20世紀に殺された何億の人々のことは置いておいて、2000年以降の出来事を見てみましょう。そのとき以来、国際法を無視して、テロと大量殺人を使い自国民と他国を戦争に駆り立てる政権が米国にできた。

    最新のテロキャンペーンは2001年9月11日の偽旗テロ攻撃によって始まった。米指導者は中東に侵入して、数百万ではないかもしれないが数十万人を殺した。また大規模パンデミックを始めるために、HIV、SARS、エボラ、鳥インフルなどの生物化学兵器をばら撒いた。西側指導者達は、農民を食料に代わって燃料を育てるように買収して大規模飢餓を造り出すためにドル印刷システムを使った。また、ハイチ、インドネシア、日本などに対して核兵器による地震や津波を使った。これは大量殺人であり、ジョージ・ブッシュ・ジュニア、ヒラリークリントン、デイビット・ロックフェラー等の人々に直接つながっている。



    竹中は計画の背後でロスチャイルドとロックフェラーのハザールマフィアのために仕事をしている。

    彼らの益々汚く必死の心理戦争戦術は、これらの人々がいかにパニックに陥っているかの兆候である。何の証拠もなしにロシアが米国の選挙を乗っ取ったと主張することでトランプ大統領就任を混乱させる先週の哀れな企てを見てみましょう。トランプの大統領就任を混乱させるこの絶望的パスは、事前投票の再集計のように完全に失敗したので、トランプ暗殺を含む何か別なことを彼らは行うかもしれない。フランス、ドイツと今はイスラエルの彼らの偽のトラック攻撃もまた望む結果を生まなかった。人々は大衆を操作するためのストリートシアターに免疫ができたので、彼らの声明の数分以内に偽旗攻撃が日常的に暴露される。

    トランプの大統領就任まで、いくつかの作業を進めている。大赦を拒否した徒党が終わったようにより深い地下軍事基地は破壊された。ニュヨークの核兵器は解除され、バンクーバーの地下鉄は破壊された。

    1月15日のパリ会議もまた、ハザールマフィアの最後の拒否者であるイスラエルに二国間決議を課すために召集され、そこの政権に本当に平和を作ることを強制する制裁を使用することになる。世界はイスラエルの人類に対する犯罪に苦しんでいる。

    取引の話に戻すと、西側軍産派はアジアの対して二つの挑戦をしている。一つはアジアと対等な立場に立つために、ロシア、欧州、アメリカとアフリカのキリスト教派とキリスト教同盟を模索している。もう一つは、彼らはハザールマフィアのような国際的犯罪グループが二度とこの惑星上で戦争、テロと苦しめをさせない能力主義、民主的で透明な新世界構築の創造を支援する。

    全体に、犯罪者の排除が終われば、西側軍産複合体は人類への奉仕に技術力、軍事力を提供するだろう。

    そして、2017年が始まり、新しい年が展開を始める。黄金時代にしましょう。


     2017/1/10


  3. 元アメリカ海兵隊員「今の日本はイラク戦争前のアメリカと酷似しています」(週刊女性PRIME)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/794.html

    元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”とは(週プレNEWS)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/796.html

    (仏)ル・モンド紙 / 「神道と日本政治」
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/775.html

    右翼研究その一<本澤二郎の「日本の風景」(2484) <安倍内閣で正体さらす> <日本会議=国家神道派=神社本庁>
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/771.html

    日本の神道は、大日本帝国と共に太平洋戦争を推進した共犯者だった! 
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12235531483.html

     2017/1/10

  4. 共謀罪・秘密保護法(スパイ防止法)

    民進・蓮舫氏「大きな懸念」「立法府の軽視だ」 「共謀罪」法案で 2017.1.8 
    http://www.sankei.com/politics/news/170108/plt1701080011-n1.html

    ■中国の指令で日本の安保を妨害する工作員

    【改憲問題】 「憲法九条だけは絶対に改正しない。これは私の信念だ」 蓮舫氏が民進党代表選出馬で強調
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1470642216/

    蓮舫【支那工作員】の実績(証明)
    ・心も言動も政策も支那共産党員!自分を「華僑」、日中を「中日」 
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6359.html

    蓮舫「私は華僑(国外中国人)」 
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/china/1295707707/l50

    蓮舫「台湾は国じゃない」 →台湾激怒
    http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1473798860/l50


     2017/1/10


  5. 経団連の榊原定征会長「何故個人消費が増えないのか・・・。」⇒国民から批判殺到!「お前たちのせいだ」
    http://www.asyura2.com/16/hasan117/msg/599.html

    口を開けば「改革道半ば」 安倍政権4年間の成果ゼロ(日刊ゲンダイ)  
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/342.html

    やれ、日露首脳会談、真珠湾訪問等で浮かれている中で、日本は完全に不況に入ってきたのではないか。(孫崎享氏)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/807.html

    「亡国の首相安倍晋三」が育てている「貧国日本」は,若者にとってみれば「未来への希望がない」「ふつうに醜い〈美しい国〉」である
    http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1063512774.html

    無いものは使えない。はい!論破!
    http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10419.html

     2017/1/10

  6. 蓮舫と言えば、「犯罪者」
    ________________________
    1、違法な二重国籍である
    2、22歳までに外国籍を離脱してないから日本国籍無効
    3、帰化したと経歴詐称して当選、公職選挙法違反 
    ________________________

    ・父親が大陸生まれの中国人
    ・子供にも中国名(翠蘭・琳)
    ・北京大学に留学し対日工作員教育を受ける
    ・日本との二重国籍状態(違法)で、国会議員と閣僚をしていた

    ■蓮舫「在日の中国国籍」と宣言 (朝日1993/3/16)
    http://i.imgur.com/W2j2ymY.jpg

    ■蓮舫「自分の中のアイデンティティーは『日本とは違う』 (朝日1992/6/25)
    「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」

     2017/1/10


  7. 安倍首相が「共謀罪」法案強行を表明!〜難癖、こじつけ、拡大解釈で市民を簡単に逮捕も! 
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12236085445.html

    安倍首相が「共謀罪」法案強行を表明!“テロ対策”は建前、市民運動やジャーナリストも簡単に逮捕できる社会へ
    http://lite-ra.com/2017/01/post-2834.html

    共謀罪の対象は676の罪 安倍政権が方針 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/723.html

    ≪批判殺到≫菅官房長官「共謀罪は一般人は対象外」⇒ネット「一般人かどうか決めるのは政府だろ」 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/696.html

    テロ対策と五輪が“口実” 安倍政権が企む「共謀罪」の恐怖
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-368329/

    小説家・松井計さん「仮にですよ、基本的人権を制限しなきゃ五輪をやれないなら、じゃオリンピック止めよう、となるのが正しい  
    http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/730.html

     2017/1/10

  8. 蓮舫「二重国籍」のデタラメ
    http://bookmeter.com/b/4864105340

    ほらね、相手をするだけ無駄だって事だ!二度と関わらない事が大事 〜 偽証罪を怖る韓国人はいない 「約8割が執行猶予」「国会での偽証は処罰されるケースは少ない」 
    http://hannichigukoku.info/blog-entry-15898.html

    偽慰安婦の本番前リハ目撃…知られざる朝日幹部の捏造
    http://dogma.at.webry.info/201406/article_3.html

    アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」
    http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i24268

    パヨクの脅迫による言論弾圧、しかし・・・
    http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34549593.html

    【痛快!テキサス親父】極秘のマッカーサー電文に明記された「竹島は日本領」「韓国が不法占拠」 
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140306/dms1403061748011-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140306/dms1403061748011-n2.htm

    「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに戦時中の徴用労務者について」という外務省資料
    https://www.sanae.gr.jp/column_details415.html

    君の名は。 前田南駅
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%80%82+%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%8D%97%E9%A7%85&biw=1536&bih=770&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj5qZyy_7XRAhVGObwKHcKUAd0Q_AUICCgD&dpr=1.25

    韓国に対する愛情はないのかー! 
    http://copipe.cureblack.com/c/5259

    韓国「おい在日。平昌五輪に協力しろ。カネを出せ!!!」 ついにキタ━━━━(°∀°)━━━━!!!
    http://www.news-us.jp/article/20170103-000011z.html

    日本で報道されない、リーマンショックの本当の原因 
    http://ameblo.jp/daigennsui/entry-10670680541.html

    結局のところ統一教会って 
    http://ameblo.jp/disclo/entry-10013916589.html

    高須克弥氏、韓国紙に怒り「盗人たけだけしいのはどっちだ」「謝罪して慰安婦像撤去するまで許すな」
    http://jpsoku.blog.jp/archives/1063598336.html

    新型予防接種と水銀とADHD 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11380447456.html

    学校統廃合と廃校活用-地域活性化のノウハウ事例集- 
    http://blog.livedoor.jp/utsunomiya_takanori/archives/68298253.html

    通名神主や僧侶も
    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2430.html

    自民・二階幹事長「エキセントリックになるのが韓国」「10億円受け取った後にこういうことではおかしい」
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48782079.html

    百田尚樹「韓国とこんな合意書を交わしても破棄してきますよ?」安倍総理「韓国は破棄できませんよ」 
    http://aresoku.blog42.fc2.com/blog-entry-5017.html

    音の風景が広がる 「この世界の片隅に」前篇 
    http://holozoa.hatenablog.com/entry/2016/11/16/183203

    日韓断交アラカルト
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/07/1453-%e6%97%a5%e9%9f%93%e6%96%ad%e4%ba%a4%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/

    船瀬俊介氏「今の福島市の放射線量は1年間でX線を700回 受けるのと同じ」 
    http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11431964668.html

    日本の国籍法
    http://blog-imgs-93.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/img_3_m_201609160816446ea.jpg

     2017/1/10

  9. 近代医学理論は、どれもこれもペテンだった!

    (近代医学理論の概要)

    !)細胞起源説→近代医学の父・ウイルヒョウの過ちは「機械論」だけではなく、「細胞は細胞分裂のみから生じる」と断定し、「細胞起源説」を唱えた。現在、世界の生物学、医学テキストの中心には、「細胞は細胞のみから生じる」と書かれている。だから、生物学者や医学者は、それを至極当然な絶対律と信じきっている。ところが、その後、多くの医学者たちが、細胞以外の物質から細胞が発生する現象を観察している。例えば、千島・森下学説で知られる千島喜久男博士は、鶏卵から赤球細胞等が生じる様子を観察し、森下敬一博士も、小腸で消化された栄養源から、赤血球が発生する事実を証明している。これらが「腸管造血」「細胞新生」を裏付けている。「細胞起源説」はこうして否定された。

    !)癌無限増殖説→ウイルヒョウは「癌細胞は一つでも生まれると、宿主である患者を殺すまで増殖する」と唱えた。ところが、その後の研究で、人体には毎日、平均して約5000個もの癌細胞が生まれていることが判明した。もし、ウイルヒョウの説が正しいのであれば、人類は100万年前に絶滅していたはずである。毎日、数千個の癌細胞が生まれているのに、癌にならないのは、体内をNK(ナチュラル・キラー)細胞がパトロールして、癌細胞を攻撃、殺しているからである。NK細胞が発見されたのは1975年であり、このNK細胞理論こそが、ウイルヒョウ理論を完全否定する。しかし、未だ世界の医学教科書は癌無限増殖説を盲信している。誤った癌理論に洗脳された医者に癌が治せないのは当然である。

    !)パスツール理論→パスツールは細菌の存在を最初に発見し、証明した業績で有名である。彼は「病気は目に見えない病原菌によって起きる」と主張し、細菌(バクテリア)は細菌のみから分裂して生じ、自然発生などありえないと主張した。しかし、後に千島・森下博士たちがバクテリア等の自然発生を証明している。そのためか、パスツールも臨終の言葉として次のよう残している。「現代医学は大きな嘘に基づいている」と。

    !)ジェンナーの種痘→ジェンナーは予防接種の父と称えられている。彼は8歳の少年に牛痘にかかった農婦の膿を接種し、6週間後に少年に天然痘を接種したら発病しなかった。このわずかな1例の人体実験で、彼は英国政府に称賛され、その種痘法は欧州全土で熱狂的に推進されたが、逆に爆発的な大流行を引き起こした。「種痘が原因だ」とドイツの宰相ビルマスクは激怒し厳禁したほどである。

    (栄養学の父フォイトですら詐欺師の頭目だった)

     フォイトは栄養学界の大ボスである。その第1の罪は、肉食礼賛である。彼は動物タンパク質を絶賛し、植物タンパク質を劣等と切って捨て、炭水化物は「栄養が乏しい。食べないように」と否定した。彼はドイツ国民の栄養状態を調査し、成人1人48グラムのタンパク摂取を確認し、「国民よ、1日118グラムのたんぱく質をとれ」宣言した。フォイトには、たんぱく質=肉である。さらに「良いものにとり過ぎなどない」と暴言を吐いている。

     なぜ、肉食推進を行ったのか? 
    食肉業界と癒着していた。国民が2・5倍肉を食べれば、食肉の売り上げは2・5倍である。軍部の思惑もあった。肉食は体位向上と攻撃性、俊敏性を養うからである。これらは兵士には理想の素質である。しかし、現在、肉食者の死亡率は、菜食者に比べて、心臓病は8倍、大腸癌は4〜5倍、乳癌は5倍、糖尿病は4倍と肉食の惨憺たる有害性が判明している。フォイトの肉食礼賛は大量の病人製造理論だった。

    (奇人学者の妄想が栄養学の中心になった)

     第2の罪は、カロリー理論である。フォイトはエネルギー源は食物が酸素と化合する熱量と考えた。食品を実際鉄釜で燃やして熱量を測定し、カロリー量から生命維持に必要熱量を算出する。成人は1日2400キロカロリー、寝ていても1200キロカロリー必要と算定し推奨した。しかし、生体と鉄釜の同一視は荒っぽい。船瀬氏の友人である森美智子氏は1日青汁1杯だけで20年生きている。僅か50キロカロリーである。基礎代謝熱量の24分の1である。フォイトに言わせれば、確実に餓死する量である。しかし、彼女はふっくらしている。彼女の存在こそ、カロリー理論破綻を証明している。後の研究者はフォイトの栄養学を「科学・医学・統計学の何ら検証も無い空想の産物」と酷評している。しかし、奇人学者の妄想が、今も世界の栄養学教科書の中心に居座っている。それは、フォイトの弟子たちが、世界中に伝道したからである。こうして肉食信仰は世界中に熱病のように広まり、人類は肥満、心臓病、脳卒中、糖尿病、癌、難病など肉食の弊害に悩まされている。ちなみに、生命エネルギー源は、1酸化系、2解糖系、3核反応系、4宇宙エネルギー系の4つが確認されている。

     2017/1/10

  10. 蔡英文(台湾総統)中南米訪問途次、ヒューストンに宿泊し テッド・クルーズ上院議員、アボット知事、ターナー市長らと面談←蔡英文総統閣下、クルーズ上院議員、アボット知事、ターナー市長の胆力と矜持に拍手です!

     2017/1/10

  11. 大スクープ!米ケリー国務長官が超重大発言「アメリカはシリアのアサド政権を打倒するためにISIS(イスラム国)を結成した」
    http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/195.html

    来日し、安倍首相らと会ってカネの使い方を話し合った投機家のソロスが置かれた厳しい状況 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701100000/

    ソロス:トランプは、NWO新世界秩序を脅かす「独裁者になる」とパニック 
    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12233797802.html

    トランプ次期大統領の周辺と国防長官に内定しているマティス大将が同省の人事で対立している 
    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701090000/

    日本を乗っ取る米国戦争勢力は彼らの傀儡・ヒラリーを大統領にできなかったのであせっている:トランプ陣営がどこまで米国防総省人事を牛耳れるか、まったく不透明! 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36466923.html

     2017/1/10

  12. 実にめでたい。“ジョージ・ソロスの世界が崩壊しつつある”との事。“彼が何百ドルも、ウクライナの親欧米運動に注ぎ込んだのを思い出そう”とあります。そのウクライナですが、現在破綻国家になっています。ジョージ・ソロスにしてみれば、自分の後ろにIMFがついているので絶対に負けるはずのない賭けだったのです。ところが、今となっては完全に計算が狂ってしまいました。ロシアのプーチン大統領が、はるかに上手だったのです。ロシアは欧米の経済制裁も乗り切ってしまいました。逆に、崩壊の危機にあるのがアメリカとEUです。当のソロスがEUの終焉を予言しているとあります。“経済成長が停滞し、難民危機が手に負えなくなって、 EUは崩壊の瀬戸際”だとし、ソ連崩壊と似た状況になると言っています。
      “ジョージ・ソロスたちグローバリストは、この危機を利用してグローバリズムをさらに推し進め、EU各国の主権を放棄させ、財政政策もEUがトップダウンで行えるように、EU全体の構造改革を推し進めようとするだろうが、絶対にそうはならない、グローバリズムは崩壊する運命にある”というようなことをずっとコメントして来ました。 5年以上経って、ようやくこのことが実現したと言えるのではないでしょうか。
      ジョージ・ソロスはパニックになっているようで、支離滅裂で、自分の失敗をメルケル首相に擦り付けるだけでは怒りが収まらず、全て悪いのはプーチンだと言いたいようです。オバマと同様、今となっては負け犬の遠吠えです。
      もちろん誤解のないように言っておくと、ジョージ・ソロスはすでに死んでいます。引用されているジョージ・ソロスの言葉というのは、当然ですが、代理が書いたものです。

    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-3ce1.html

     2017/1/10

  13. 台湾、シナでプラント建設に従事したことがあるがやはり台湾を応援する。過去日本が台湾の領土は放棄したがいまだに主権は放棄してない。これが歴史の事実。
    以上

     2017/1/10

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    7055人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    2876人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事