国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み < 「約束された金融改革はなにひとつ実現していない」とドイツ中国大使

2016/12/20

★小誌愛読者23800名! ★メルマガ・オブ・ザ・イヤー2年連続受賞
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成28年(2016)12月21日(水曜日)
        通算第5144号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「約束された金融改革はなにひとつ実現していない」とドイツ中国大使
  改革というより、規制強化。あまりにも緩慢であると不満爆発
****************************************

 ミカエル・クラウス駐北京ドイツ大使が言った。
 「中国が約束した市場の改革の進捗状況は緩慢にすぎ、現実を前に矛盾を来している」(サウスチャイナ・モーニングポスト北京支局とのインタビューに答えて)
 
 同紙(16年12月20日)に拠れば、クラウス大使は次のように続けている。
 「三年前、中国共産党は状況を睨みつつ、市場改革をはかり、市場原理主義に基づく改革を成し遂げるための決定的なリーダーシップを発揮すると約束した。『必要とされる改革の理想に適応させるため』というより、今日の状況では『社会の安定』が優先的課題となった。市場の開放と外国の算入により、直接投資をさらに円滑化させるとしながらも、つい最近は資本流出を理由に『破壊的安定』と金融危機を防ぐためだとして諸政策が逆方向に流れている」

 市場改革どころが金融ルールは逆戻りするかのように、資本規制がなされ、企業の能率的再編は滞り、在庫は解消されず、外国企業は中国への投資を躊躇しているのが現実である。

 「製造業を活性化させ、ハイテクの自製化をはかり、2025年までに目標を達成すると主唱していたが、むしろ企業や個人の海外送金を制御し、人民元の為替を管理している。この目的は資本の海外流出をふせぐことに置かれ始めた。このため海外企業の送金などに支障がではじめ、世界的グローバル化の波にさからって、中国は逆方向に進み、しかも外国企業への制約や規則の改正は、われわれの関与できない不透明なプロセスで唐突になされることが多く、EU諸国は当惑している」と大使。

 ドイツばかりかEU諸国から声があがり、EUと中国は共同でチームを発足し、事態の改善ぶりを観察して、提言してきた。この措置は杭州のG0でも確認された。
 「しかし過剰在庫の解消、国有企業の再編、金融市場の改革は遅れに遅れている」。

 親中派のドイツですら、このような不満を公然と口にするようになった。トランプの中国批判は、ちょっと語彙が過激と言うだけである。

     ◇○◇□み☆☆☆◎や○□☆☆ざ○◇□○き○◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 近代化をいそいだ江戸末期、福沢諭吉はパリで何を見たか
  シラク大統領が開いた美術館で福沢の写真が発見された 

  ♪
山口昌子『パリの福澤諭吉』(中央公論社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@

 パリで発見された福澤諭吉の写真から、インスピレーションが湧いた。新しい角度から福澤諭吉が蘇った。
 近代と現代をタイムカプセルのようにワープした傑作である。福澤の知られざるパリでの滞在記、そしてパリで撮影した写真が、最近になって発見された。パリ滞在二十一年という産経元パリ支局長が、このミステリーに挑んだ。
 大分県中津市に福澤諭吉記念館がある。
評者(宮崎)も二回見学したことがあるが、『一万円札』の一番札と二番札がおおきく飾られている。
福澤諭吉が果たした偉業はいまさら紹介するまでもないが、当時、ジャーナリスト、そして教育者として明治近代化の寵児となった福澤諭吉は、江戸幕府の派遣で米国と欧州を遣欧使節団の一員として使節随員に通訳官として加わっている。
幕末の彼は下級武士、緒方洪庵の摘塾にあって頭角を現し、オランド語を学んでいたが、途中から独学で英語を身につけていた。
帰国後、かれの書いた『西洋事情』は『文明論の概略』『学問のすすめ』とならんで大ベストセラーとなった。
 福澤本はひろく人口に膾炙されたが、多くの謎が残った。
とくにパリで具体的に彼はいかように過ごしたのか。誰と会い、どこで 何を食べ、そして何を見て何をしたのか。
 謎の肖像写真の出現が山口女史を『歴史の空白』のミステリー解明の取材行に旅立たせた。
 総工費2億3300万ユーロを投じた「ブランリー河岸 ジャック・シラク美術館」は、親日政治家だったシラク元大統領が発案し、起工し、2016年にブランリー河岸美術館から「ブランリー河岸ジャック・シラク美術館」と改称された。
 その所蔵品になかに「ガラス板のネガとポトーのアトリエで焼かれたオリジナルのプリント写真が保管されていた」のである。

 この写真を見てフランスの人類学者デッカーが「日本人の典型的なエリート顔」と称賛したほどだった。
 表紙にかざられた写真を評者も初めてみた。精悍な風貌のなかに、きりりと立って、武士の象徴である刀を立て、野心の輝きが表情にでている。
 諭吉は下級武士ゆえにパリでナポレオン皇帝との使節団との謁見には立ち会えなかったが、そればかりか最初の日々はホテルからの外出も制限され、窓からパリの町を見ていた。なぜなら日本では攘夷が盛んで外国人が襲われる事件が頻発していたからである。
 ところがパリで外出自由となるや、諭吉はホテルを飛び出し、町を巡り、好奇心の赴くままにフランス人の生活ぶり、下町の様子、図書課の蔵書に圧倒され、また議会、民主主義、その仕組みなどを青年の頭脳で、感動を交えながら吸収した。多くのメモを残した。そのメモが『西洋事情』の元となる『西航記』だった。

 ▼マルタの国立図書館に遣欧使節団の記録が残っていた 

 パリ滞在中に驚くべき事件が日本でおきていた。
ロシア軍が対馬に上陸して不法占拠したのだ。諭吉はパリで知遇を得たジャーナリストのロニを通じて、ニュースを知った。
 「ロニは複数のフランスの新聞記事を示しながら『ロシアの対馬占領事件』について、これらの記事が伝える通り、日本が全島を譲渡したのか否かの真偽を質した。フランスをはじめヨーロッパでは、ロシアが軍艦ボサドニック号を浅茅湾・尾崎に停泊させ、一時期、滞留した」が、日本がそれをロシアに譲渡したという誤報が伝わっていたのだ。
 結局、英国が介入し、ロシアに圧力をかけてくれたのでロシア艦は撤退するのだが、当時の?川幕府の軍事力では為す術がなかった。
 諭吉は「島国日本の井の中の蛙状態に危機感を抱いた。同時に日本が置かれている国際的立場の危うさや微妙さを改めて痛感した」(79p)

 「自立自尊」の信念は、このパリで遭遇した事件が大きな動機となったのかも知れない。
 
 さて諭吉もくわわっての江戸幕府の遣欧使節団は英国、ドイツ、フランス、ロシアを回って、条約改正などをおこなう外交使命も帯びていたが、インド洋からスエズを超えて地中海に入り、最初にマルタに寄港しているのである。
 マルタに三泊四日も停泊を余儀なくされ、使節団のなかでは侃々諤々の論議が行われていた。
それは英国に先行するか、フランスにまず上陸するか、欧州の情勢が日々変化しており、英国が受け入れ準備を終えたと知ったフランスが突如受け入れを表明するという経緯があった。このときのフランスは?川幕府への最大の武器供給国であった。
 著者の山口さんは、マルタへも取材に飛んだ。
 まずは「国立古文書館」が保管している「港湾局の入港記録」を調べた。1862年3月28日、使節団が到着したとの記録があった。
 保管されていた『ロンドンタイムズ』には幹部三人だけが上陸を許可されたものの、諭吉ら下級武士は船から出られなかったと記されていた。

 好奇心旺盛な福沢諭吉は「甲板から早速、島の様子を観察した。それで例によって船員をつかまえては質問を浴びせ」、同時に「丘の上に聳える砲台」に驚く(たぶんバレッタ、スリーシティにある砲台だろう)。
その諭吉の「熱心な探求心に敬意を表し」、船員らは知っている限りの情報を教えてくれた(117p)。
 つぎに山口女史がでかけたのは「首都バレッタの国立図書館」だった。
 「一行到着に関する記事を掲載した地元有力紙『マルタ・マタン』が保管されている」からだった(22p)。

 ▼費用はゆうに一億円を超えていただろう

それらの記事は詳細を極めて一行のマルタ寄港理由、代表三名の上陸、そして「使節の目的に関しては訪英についてのみ、が記された。
「日本の大君と合意した条約の開港に関する幾つかの条項の実地の延期をイギリス政府に要請するため」とマルタの新聞には書かれていた。
 諭吉はマルタでの三泊四日を費やした議論を通じて欧州の複雑な政治情勢を知り、また英仏の国益をぶつけた外交駆け引きを知り、生涯のテーマのひとつに「外交問題」が浮上するのである。
 このマルタで一行が先にフランスを訪問することが決まったのだった。

 またこの労作には一行の欧州全域でのホテル代など、豪勢な食事も毎晩のように行えたのだが、その費用をいったいだれが支払ったのか、外交儀礼では受け入れ国が全額を支払うが、江戸幕府は「借りを作りたくない」として、全額を支払った事実が判明した。
 今日の額面で、およそ一億円をゆうに超えた額が遣欧使節団に費やされたことも調べ上げた。(273p)

 ともかく謎の写真を撮ったフランス人写真家の行方を同時に追求しつつ、年月をかけての取材が実り、本書は知られざる福沢諭吉の謎を解明した。
読み応えのある一冊である。

    ◇□◎▽○◇◎▽□○○○○◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  加瀬英明のコラム 加瀬英明のコラム 加瀬英明のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
加瀬英明のコラム
@@@@@@@@
 
   ♪
 サウジ崩壊危機の影響は
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本の国力は、電力によって支えられている。
 砂漠と、ナツメヤシとラクダと、石油が噴出する国々が集中するアラビア半島に、日本のエネルギーの80%以上を依存している。
 シリアはアラビア半島のわきにあるが、イスラム国(IS)と、米ロ、英仏、シリアのアサド政権、反体制派、トルコ、イラク、イラン、レバノンのヒズボラ、クルド族などの国や、諸派の軍や民兵が入り乱れて、死闘を繰りひろげている。出口が見えない。

 私はワシントンを訪れて、安全保障の関係者に「中国とサウジアラビアのどちらが先に崩壊するか、賭けをしよう」というが、賭けが成立しない。全員が私と同意見で、「サウジアラビアだ」と答える。
 サウジアラビアにイスラム国の無気味な黒い旗が翻る可能性は、かなり高いものがある。
 イスラム国は、イスラム原理主義のイデオロギーだ。イデオロギーはいくら爆撃してみても、粉砕できない。
 もし、サウジアラビアが崩壊して、アラビア半島が混乱に陥れば、日本は原発の稼働を停めているから電力が停まって、“蛍の光、窓の雪”の生活を強いられることになる。

 サウジアラビアと中国は、3000万人対14億人と人口こそ違うが、双生児(ふたご)のように、よく似ている。
 中国は習近平国家主席をはじめ、300のファミリーが支配している。サウジアラビアは数えかたによるが、3000のプリンスのファミリーが支配している。両国とも政治、集会、言論、表現の自由がまったくない警察国家だ。

 サウジアラビアは反目する多部族から構成されているが、これまで潤沢な原油収入によって、家賃から光熱費、水道料、医療費、教育までタダという、バラ撒きによって、国内不満を抑えていた。

 原油価格の暴落を受けて、政府は脱石油による経済大改革を試みているものの、もはや手遅れだ。原油高価格という“黄金の杖”を失ない、社会不安が増大している。
 中国も社会安定を、右肩上がりの経済成長に頼ってきたが、魔法の杖を失ってしまっている。我武者羅な経済運営が破綻して、体制が大きく揺らごうとしている。

 おそらくトランプ政権はシリアをアサド政権を援けるロシアに委ねて、手を引き、イスラエルと結び、エジプトを守ることにしよう。
 さて、日本はどうする?
             (かせひであき氏は外交評論家)

    ◇○◇□K☆☆☆◎A○□☆☆S○◇□○E○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)年末の日曜日、ようやく貴著新刊『日本が全体主義に陥る日』を読了しました。旅好きな老生も、世界をかなりまわって自慢のタネにしてきたのですが、いやはや旧ソ連全部に東欧、バルカン半島の総てを回ったとは。たいへんな行動力と、関心ばかりするうちに読み終えたのですが、いまのバルカン半島の状況には興味を深くした次第です。
   (SN生、高知)



  ♪
(読者の声2)貴誌前号を読んで、サラエボの故事を思い浮かべました。
 ロシア大使暗殺。まるで「サラエボの銃弾」です。第一次大戦前夜の当時と現在とは、背景も情況も違うとはいえ、オスマントルコもボスニア(サラエボ)もロシアも、かつて治めていた宏大な版図ゆえに、歴史の因果に翻弄されているように思いました。
来年の国際情勢も「複雑怪奇」になりそうです。
   (淺野生)


(宮崎正弘のコメント)エルドアン(トルコ大統領)はただちにプーチンと電話会談を行い、テロリストと暗殺事件の真相究明を共同チームであたることを決めた。またプーチンは「手段はひとつ、テロリストを徹底的に排除する」と声明した。
 アレッポを巡る新展開でシリア問題は方向性がみえてきました。つぎなるはトルコの大混乱と停滞を避けられるか、どうか、複雑怪奇は古今東西政治の世界の常識ではありますが。。。。
        ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、12月23日から25日は休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
宮崎正弘 書き下ろし 大好評発売中 !
 『日本が全体主義に陥る日 〜旧ソ連邦・衛星国30ヵ国の真実』(ビジネス社)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
カラー写真31枚を含め百葉超の写真付(1600円 +税)
――ソ連解体から25年、ロシアからプーチン大統領が来日
  ――旧ソ連の15ケ国、東欧、旧ユーゴスラビア、合計30ヶ国すべてを回ってみた
https://www.amazon.co.jp/dp/4828419292/
 

  ♪♪♪
新刊ラインアップ
********
『世界大乱で連鎖崩壊する中国、日米に迫る激変 』(徳間書店、1080円) 
『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社、1512円)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)

♪♪♪
最新刊対談本の三冊
*********
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動で、どうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)

♪♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
@@@@@@@@@@@@@@
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上三つは1080円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
**************
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
    ◎□◇▽□○◎□○  ◇◇◎○◎○□□▽▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の休刊)小誌は12月28日から2017年1月5日まで休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2016 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。