国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2016/06/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成28年(2016)6月29日(水曜日)
          通算第4946号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

BREXIT(英国のEU離脱)に続くは、Frexit,Itexit,Nexitだ
  仏蘭伊に拡がるナショナリズムの嵐とEU離脱の国民投票の声
***************************************

 英国のEU離脱を「ショック」とか「時代錯誤」とか書いている新聞がある。離脱は予測された通りの事態ではないのか。
 僅差で否決されたもののスコットランド独立の動きは沈静化していないし、移民への反感が強まってきた英国社会が、これ以上のEU残留を望むというのは考えにくいことだった。

 英国離脱ショックという論調の策源地は英国のファイナンシャルタイムズと週刊『エコノミスト』誌である。
 両誌ともにグローバリズムの最前線を走るメディアで、その基調に便乗した欧州の左翼メディア、日本のリベラルなマスコミ、とどのつまりグローバリズムを獅子吼する国際左派がその思想的退潮を嘆いているのである。

 「ひどい結末だ」と、グリンスパン元FRB議長が発言したように、これはミルトン・フリードマン以来の市場自由主義時代の「終わり」の始まりなのである。またEU本部のあるブラッセル官僚主義政治の敗北でもある。

 ところが日本の論調を読んでいると、独自の国益の視点から論じたものはなく、英国進出日本企業が困惑しているとか、ナショナリズムは危険だとか、国際協調に背を向けた反動的な流れだとか、偏見にみちた『解説』が目立つ。

 英国を襲ったのは「英国のトランプ」こと、ボール・ジョンソン前倫敦市長(次期英国首相に最有力)が、グローバリズムに反対して、国民に強く呼びかけ、国民投票をリードしたからである。
これで英国は国内的にはスコットランド独立、アイルランドと北アイルランドとの統合など、ナショナリズムの動きも活発化することになる。同時に不法移民への不満をかれらが吸収することに成功した。

 政権内部事情からいえば、キャメロン辞意を受けて次期首相をめぐる党内闘争が激化するだろうが、次期確実といわれた親中派オズボーン財務相の政治的影響力が著しく後退したとみても良いだろう。

 グローバリズムに立脚するのが国際市場だから、世界では、肝心の英国より、ほかの国々の株価が悪影響を受けた。
NY、日本はむろんだが、ドイツで6・8%下落、フランスで8%、スペイン12・4%、イタリア12・5%と惨憺たる株価暴落が起きた。英国は3%の下落だったから、欧州全体のほうが衝撃が大きかったことを物語る。


▼これでTPPの成立は展望できなくなった

 欧州では「独仏蜜月」によるEU、通貨統合『ユーロ』という従来のグローバリズムの基本姿勢が真っ正面から朝鮮を受けたかたちとなり、エリートの政策決定機関をいわゆる『ブラッセル』というが、方々で潜在的マグマとなっていた『反ブラッセル感情』の爆発が今後も継続されるだろう。

 げんに「BREXIT」につづいて「FREXIT」(フランスの離脱),「ITEXIT」(イタリア同),「NEXIT」(オランド同)の動きが顕在化したと『ワシントンポスト』が伝えた(5月27日付け)。
オバマはTPPが、これで絶望的になったことを嘆きつつ、キャメロン英首相に電話して慰めたそうな。

しかしヒラリークリントンは「TPPに反対し、みなさんの雇用を守り、米国を守る」と発言しており、トランプ、サンダースもTPPに反対しているから、米国議会での批准は望めない展望となった。つまりTPPは空中分解へ至る。

 フランスでは2017年5月に予定さる大統領選挙でルペン率いる国民戦線が勝利しそうな勢いであり、すでにハンガリーは保守政権。ハイダル党首はオーストリア首相の一歩手前まで躍進している。

 今後、何が起きるか。
 英国は経済が沈み、景気は沈滞するという説がある。EUとの離脱交渉は、英国の新政権が交渉を開始し、最短でも二年、最長で七年が予測され、明日、何かが変わるということはない
 過剰反応と市場の狼狽は、投資家のパニック心理を表すものでしかない。

 長い目で見れば、欧州結束、政治同一化という長年のブラッセルのエリートが夢想した政治統合が幻想となっておわり、EUはやがて分裂を繰り返し、ユーロからギリシア、スペイン、ポルトガルの離脱が予定され、欧州の弱体化がおきるだろう。

      ◎◎◎ミ◎◎◎ヤ◎◎◎ザ◎◎◎キ◎◎◎ 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  ♪
イギリスのEU離脱決定は、我が国の移民問題・TPPへの解答モデルである
**********************************
                                              
  イギリスの国民投票によるEUからの離脱決定に関して、我が国内での議論に危うさを感じるので申しておきたい。 
 何故、危ういのか。それはこの度の決定が、EUに留まるのがイギリス国民の「理性」であるべきところ、その「理性」が、EUから離脱しようとする「感情」を抑えることができなかった結果である、との解説が大勢を占めているからである。
 即ち、離脱賛成が過半数を占めるということは、英国有権者が抱く反EUの「民族的感性」が、加盟維持という「国際主義的理性」を凌駕したということ。
 従って、あの英国でも、大衆迎合的ナショナリズムが本格的に始まったことを意味する。
 という解釈が大勢となっている(産経新聞「正論」平成28年6月27日)。さらに、この産経「正論」では、離脱の「民族的感性」は「ダークサイドの覚醒」であり、それは、「現在世界中で醜く、不健全で無責任な、大衆迎合的ナショナリズムが闊歩している」、その一環なのである。
 このようにこの度のイギリスのEUからの離脱決定を理解してしまうと、我が国においては、イギリスの離脱を、我が国とは無関係な別世界のイギリス国民がとうとう呆けて理性がなくなり、感情に走った結果だと言うことになる。
 
 しかし、違う。
 イギリス国民のEU離脱決定は、別世界のことではなく、実は我が国も突き付けられている同じ問題へのイギリス国民の解答なのである。それは、グローバリゼイションへのイギリスナショナリズムの解答である。つまり移民問題へのイギリスの解答なのだ。
 そもそも、「民族的感性」は「国際主義的理性」によって抑止すべき「醜い不健全で無責任なダークサイド」なのであろうか。
そうではない、
 「民族的感性」こそは国民国家を成り立たせる大切な精神的要点であり、「国際主義的理性」こそ民族的感性を崩壊させて国民から拠り所を奪い国民国家を解体させる「醜い不健全で無責任なダークサイド」なのだ。この「国際主義的理性」つまり「グローバリゼイション」によって、「21世紀に入り世界各地で貧富の差が一層拡大した」(産経「正論」)
 健全な国民国家こそ、人類の幸せを確保する要である。

 健全な国民国家の崩壊は、グローバリゼイションという弱肉強食の暴力と無秩序をもたらす温床であり、それは、何れ世界を一人の絶対的独裁者に支配させる道である。
 そもそも、20世紀までのヨーロッパにおいて、「理性」と「感性」のどちらが人類に惨害をもたらしてきたのか。キリスト教の原理主義即ち「理性(偽善)」がもたらした惨害、 マルクスの「理性」つまり「インターナショナリズム」がもたらした惨害、ロベスピエールやヒトラーの「理性」がもたらした惨害を思い起こすべきだ。狂気と偽善は、いつも「理性」の姿をして顕れていたのだ。そして、大惨害をもたらしてきた。
 これに対して、「民族的感性」は豊かで多様なヨーロッパの文明を生み出してきたではないか。
 以上で明らかであろう。イギリスのEU離脱決定は、実は我々日本国民が直面している同じ問題に対するイギリス国民の「民族的感性」に基づく解答であった。その直面している問題とは、「移民問題」そして「TPP」である。
 イギリス国民は、民族的感性によって、移民を拒否する回答を出したのである。我々日本国民も、民族的感性によって、同じ回答を出すべきである。
    ◎□▽◇◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1432回】  
――「生蕃ノ支那人ヲ見ルコト仇讐モ啻ナラス」(長谷川2)
長谷川鏡次『台灣視察報告書』(明昇舎 明治廿九年)
 
   △
 元来の台湾住民は「現今ノ蕃人」であり、「支那人ハ近時移住シタルモノ」である。だが、大陸からの移住者の方が圧倒的に多数派で、やがて「蕃人ハ漸次山間ニ蹙メラレ」た。「化熟」、つまり文明化された「蕃人」は極めて少ない。これに対し「支那人ハ後年移住シ來リシモノト雖モ其數蕃人ニ二十陪シ今ハ客ヲ以テ主ニ代ユルニ至」っている。主従逆転し、大陸からの移住者が台湾住民のうちの多くを占めるようになった。
 
住人を大別すれば「蕃人」と「支那人」となり、「蕃人中更ニ二種アリ即チ純粋ノ生蕃ト半化セル熟蕃ナリ」。一方、「支那人中ニモ廣東、福州、厦門、泉州等ノ數小別アリ」。この他、「生蕃界ト熟蕃界」との間に挟まるようにして客家人部落が認められる。
 
 以上の長谷川の見解を言い換えるなら、元来から台湾には文明化されていない「生蕃」と文明化された「熟蕃」の2種の原住民が住んでいた。そこに主に福建省南部(=?南)や広東出身の大量の漢族が新天地を求めた移住してきて肥沃な平地を奪い取り、「生蕃」と「熟蕃」を山岳高地に追いやってしまった。これが高砂族ということになる。
 
 やがて広東、福建、江西の山岳地帯に住んでいた客家もやって来たが、肥沃な平地は先住漢族の主流である?南出身者が押さえている。そこで誰も住んでいない「生蕃界ト熟蕃界」の間の未開地に入植して生きるしかなかった、というわけだ。
 
 大陸からの漢族の中では広東人が特異な存在で、「他移住民ノ嫌惡ヲ受クル」ものの、だからといって他の移住者に負けているわけではない。彼らは「徃々爭闘ヲ起シテ戰血ヲ各部落間ニ流スコトアリ」。出身地別、ということは方言の違いによる争いは激しかったが、「一般共有ノ精神トモ稱スベキハ勤儉貯蓄ノ美風ニシテ家ニ數千圓ノ貯財アルモ尚且身ニ襤褸ヲ纏ヒ一日十餘錢ノ賃金ヲ得ントスルモノ多々アリ(但シ亞片吸引者ハ此限リニアラズ)」と。海峡を東に渡った台湾でも、先祖伝来の「勤儉貯蓄ノ美風」をシッカリと守り、「襤褸ヲ纏ヒ」、爪に火を点すようにして貯蓄に励むのであった。
 
 台湾の「陋習」として、長谷川は「鴉片ノ流行」と「婦人ヲ賣買スル」ことを挙げる。
 
 「第貳章 商業ニ關する事項」に移ると、台湾の商業は「外國トノ貿易」「支那大陸トノ貿易」「内地間ノ商業」「蕃人トノ交易」に分けられる。日本からの輸入品は好評ではあるが、「皆外國人ノ手ニ依リ輸入セラレ邦人ハ與カラズ實ニ遺憾ト云フベシ」。「現今商權ハ全ク洋人ノ掌握スル所ナリ」というから、やはり「實ニ遺憾ト云フベシ」である。
 
 「支那商人ノ一致力ニ富メルハ天性」であり、その「天性」は台湾でも発揮されていて、「臺北臺南ノ如キ商業繁盛ノ都會ハ兎モ角鳳山以南ノ辟邑ニ於テスラ尚且協同組合ノ法ヲ採」り、大資本家は当然のこと、「微々タル商人ト雖モ僅々數十圓ノ據金ヲ以テ一組合ヲ組織シ利益アレバ重ニ其元資本ニ組入ルヽヲ通常ト」し、仲間内から金銭管理者が選ばれて差配することになる。
 
「東洋ノ猶太人」と呼ばれる彼らだが、不思議なことに一旦組合に参加したうえは「互ニ其人ヲ信用シ規律嚴正秩序整然シテ乱レズ我合資會社組織ニ勝ルアルモ劣ルナキノ感アリ」。かくして「商業上信用ヲ重ズル風習ハ彼ノ變幻詐僞極ナキ支那民族中ニ之アラントハ實ニ意想外ナリ」と。
 
たとえば複雑極まりない交換レートによって行われる両替に際しても、後で「?査スルニ毫末ノ差異ナク商業上ニハ例ノ『チヤン』根性モアラザルガ如シ」である。それしても「チヤン」の3文字だが、振り返ってみれば文久2(1862)年の千歳丸以来、長谷川にして初めての登場ではなかったか。どうやら、この時代になって「變幻詐僞極ナキ支那民族」を初めて「チヤン」と呼ぶようになったと考えて強ち間違いはなさそうだ。
《QED》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)イギリスのEUからの離脱、宮崎先生が予測されていた通りに成りましたですね。これでトランプ陣営が勢いづくかもしれませんね。
 難民の問題は日本国政府も、国民も真剣に考えてもらいたいものです。
 難民受け入れ拒否は人権侵害だ、人種差別だと頓珍漢な連中が声高に騒ぎますが、内乱による難民の問題は、難民を生じないように内乱を終息させてやるのが正しい国連の役割だと思っています。
 内戦を激化させても終息の手立ては何も取らないで、難民を受け入れよ、の一
辺倒では話に成りません。難民となる人たちも、生まれ故郷を捨てて言葉も習慣も違う国へ往ったところで必ずしも幸せが待っているとは限りません。自国が安定すればそれに越したことはない筈です。(尤も、内乱などがなくても故郷を捨てたがっている厄介な民族も近くにいるようですが)
  難民として移民しても、其の国が難民に対して最低限でも生活できる様な特権でも与えないかぎり、真正面な生活はできないと思います。
 時が経つにつれ高度の補償を要求し、人権侵害だ、人種差別だなどと喚き法外な保障を要求する集団と化するでしょう。必要もない特権を迂闊にも与えてしまったがため、図に乗って、郷に入っては郷に従わぬ不埒な連中が肩で風をきって、堂々と闊歩するようになった。
  ヘイトスピ-チが起こるのも当然の成り行きだと思っています。
  民族破滅の元凶に繋がる○○トンネルの促進や、外国人地方参政権の付与など断固許してはならない。国体の乱れの本です。尊王の下、2676年の長きに亘って英英と引く次がれてきた、他国に例を見ない高度な文化を有する日本国を、無分別な難民・帰化人等々によって努努壊されてはならないと思っています。
  経済問題が重要であることは百も承知ですが、今の金融界が遣っている事は「鹿を追う者山を見ず」と同じで、「金を追うもの人心を見ず」、ではないでしょうか。
 これでは国民が憤慨するのも当然ではないかと私は思っています。
  民族が殆んど入れ替わってしまっている、何処かの国の様になってしまっては話に成りません。
   (北九州素浪人)
         △◎□◎ ◇○○○ ○△◎ □◎◇○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の最新刊   宮崎正弘の最新刊   宮崎正弘の最新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
最新刊、7月1日発売!
宮崎正弘、石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――中国の経済崩壊が鮮明になっていますが、その崩壊ぶりが、大方の予想を超える規模になりそうだという観測が出てきています。
そこで経済崩壊のハードランディングのシナリオがどうなるのか、そしてそれが引き金となって中国共産党体制が崩壊するのではないか、それはいつなのかという話を、中国に詳しい専門家3人が綴ります。
――巻末には鼎談「習近平はなぜ最悪の選択肢を選んだのか?」を収録。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4800255082/
 (アマゾンで予約受付中です)
      ○○○○ ○○○○ ○▽○○ ○□▽◇    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊案内  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラー 
***********

『トランプ熱狂、アメリカの反知性主義』(海竜社、1404円) 
 http://www.amazon.co.jp/dp/4759314938/
『中国大恐慌以後の世界と日本』(徳間書店、1080円)
『中国大失速、日本大激動』(文藝社、1620円)
『「中国の終わり」にいよいよ備え始めた世界』(徳間書店、1080円) 
『アジアインフラ投資銀行の凄惨な末路』(PHP研究所、999円)
『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収・合併する日』(ビジネス社)
『日本と世界を動かす悪の「孫子」』(ビジネス社。1188円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、定価1620円)
『中国・韓国を“本気で”見捨て始めた世界』(徳間書店 1080円)
『台湾烈々  世界一の親日国家がヤバイ』(ビジネス社、1188円)
『中国 大嘘つき国家の犯罪』(文芸社文庫、713円)


<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 宮脇淳子 『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 石 平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円)
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、1080円)
宮崎正弘 v 川口マーン惠美『なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?』(ワック)
宮崎正弘 v 西部 遭『日米安保五十年』(海竜社)  
宮崎正弘 v 佐藤 優『猛毒国家に囲まれた日本』(海竜社)
       ◎み□◇▽や□○ざ◎□○き○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2016 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/06/29

    いつも感心して拝読しています。

  • 名無しさん2016/06/29

    カゴメがトマト缶詰24万個回収、金属片混入の恐れ (TBS News) 

    http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/113.html



    どんな食生活をしている人が危ないのか 

    http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/106.html



    体調不良で原因不明と診断され困っている人が増えている まず内部被ばくを避けるべし 

    http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/103.html

  • 名無しさん2016/06/29

    【リテラ】とは、朝日の手下のサイゾーが運営する

    反日工作紙です





    【リテラ】エンジョウトオル「関東大震災での朝鮮人暴動はデマ。 朝鮮人虐殺は現代の韓国・北朝鮮へのヘイトスピーチの原点」

    http://blog.goo.ne.jp/nanamin-lead-wink/e/cb918e71e3d559d834ce483fcadcae46



    【リテラ】エンジョウトオル氏、朝日包囲網に危機感「このままだと、権力に批判的なメディアはすべて消えさるかもしれない。安倍の言論包囲網を止める術はないのか」

    http://rejapan.blog.jp/archives/1011804423.html

  • 名無しさん2016/06/28

    安倍政権は日本を米国の戦争マシーンに組み込んで主権を米巨大資本に贈呈だが、マスコミは無視

    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201606280000/



    森山農水相ら自民党議員がTPP対策の見返りに現金授受! 安倍内閣の悪質賄賂疑惑をテレビはなぜ報道しない(リテラ)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/536.html



    いつまで麻生大臣の“世迷い言”を許すのか 二極化・格差社会の真相(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/524.html



    グローバリズムはオワコン

    http://my.shadowcity.jp/2016/06/post-9597.html

  • 名無しさん2016/06/28

    ロスチャイルド家が新金融システムを乗っ取りに来たらしい、それがはっきりしたのは、パナマ文書がリークされた時です。この事件の黒幕は、ジェイコブ・ロスチャイルドだと考えられるからです。

      しかし、どうもその後の経過を見ていると、彼らの野望は潰えたように見えます。

    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4472.html





  • 名無しさん2016/06/28

    EUからの離脱を問う英国の国民投票で離脱派は勝ち、EUを米巨大資本に隷属させるTTIPが困難に 

    http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201606270000/



    対シリア戦争をおこすネオコン候補、ヒラリー・クリントン

    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-6a34.html



    BREXIT(英EU離脱)の光と闇

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51988638.html



    EU残留派の移民とシオニストは民主主義を完全無視

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51988478.html



    暗号通貨によって日本のメガバンクが日銀にとって代わる日

    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4472.html



  • 名無しさん2016/06/28

    闇の支配者(ロックフェラー家とロスチャイルド家)は世界人口削減(70億→10億)と人類家畜化の布石を一つ一つ打ってます。

    捏造テロ、戦争、生物兵器(新型インフルエンザ、エボラ、エイズ)、気象兵器により医療、石油・資源、食糧、兵器、金融、メディアの支配を続け、利権を守っています。



    PART1)報道されない真実−マスコミ100の超タブー最新版

    「特別会計の闇」

    日本には「一般会計」と言う表帳簿と「特別会計」と言う裏帳簿が存在します。二重帳簿は日本を闇から支配する米国に捧げるためです。それに加担しているのが悪徳官僚達。総額は国会議員ですらチェック不能。すでに1000兆円以上。消えた年金と合わせ、大半は米国債購入の為に使われたと見られる。

    この使途不明金1000兆円がなければ、日本の借金1000兆円はなかったはずです。



    「リニア新幹線の恐怖」

    リニア新幹線の乗客は猛烈な発がん電磁波により、安全基準1ミリガウスの1万〜4万倍も被爆する。1日浴びるとその後、発がんリスクは16〜24倍で、この事実がバレれば利用客はゼロになります。



    PART2)新聞・テレビが絶対に報じない日本の秘密

    「首都圏直下地震」

    藤井聡・京大名誉教授によると、2020年の東京オリンピックまでに首都圏直下地震が起こる確率は100%。

    犠牲者100万人、東京湾は埋立地で、液状化現象による約7000基もの石油・天然ガス備蓄タンクは爆発、東京湾は炎上し、400℃の熱地獄、火災旋風と地上では自動車火災の連鎖、電車の脱線事故、地下鉄は水攻め、火攻めで全滅です。また、「ゼロメートル地帯」の下町は水没、「超高層ビル」はキラーパルス(3〜7秒のゆっくりした周期地震)が直撃すると一撃で100m超のタワービルは倒壊します。幻のオリンピックにならないことを祈ります。



    「原発と医療利権」

    米国は日米合同委員会なる組織を通じて、日本の最高裁と検察と官僚を支配しています。あらゆる政策もリチャード・アミテージの年次要求書で行われています。まさに日本を操る「影の政府」です。原発は日米原子力協定と言う密約によって縛られています。日米密約で米国から燃料や資材をベラボーに高く買い取って、国民から電気代を高く騙し取って不正送金する密約があるからです。その見返りに官僚や政治家は巨額の利益を得ます。医療費も同様です。米国は日本を組織的に支配しているだけでなく、巨額のカネを奪い、収奪によっても支配しています。



    PART3)日本人には知らされない世界の秘密

    「第3次世界世界大戦による人口削減」

    イスラム国(IS)の指導者バグダデイはサイモン・エリオットと言うユダヤ人でイスラエル秘密警察モサドの工作員です。9.11NY同時多発テロは米国がイラクの石油利権を奪う為に起こした自作自演のテロで、パリの同時多発テロも同様です。9.11ではWTCに勤務する3000人のユダヤ人には直前に「出社するな」の指令が届いており、パリのテロの前にはユダヤ人コミュニテイに「近々、フランスで大規模なテロがある」と事前警告があった。さらにクライシス・アクターと呼ばれる役者が複数のテロに犠牲者として出演しています。闇の支配者は頻発テロで緊張、紛争をあおり、それを全世界に拡大して、第3次世界大戦を起こし、10億単位の人口を削減することです。



    「マイクロチップによる人口削減」

    米国は2017年までにすべての国民の体内にマイクロチップ(キラーチップ)を埋め込む法案(医療保険制度改革法案)が2014年6月に成立した。この法案はGPSで人間の行動力をチェックし、支配者に逆らえば、アプリを操作するだけで殺すことができます。米国の軍人はすでにマイクロチップは埋め込まれており、後は米国の民間人に埋め込むだけになっています。そしてドイツ、ブラジル、インドネシアでもマイクロチップの埋めこみ作業が進んでいます。また、日本は安保法案成立の影に隠れて、マイナンバー法案が成立しました。マイナンバー法案は個人情報や個人資産がすべて国によって管理されます。このマイナンバー法案の意図は表向きには行政事務の簡素化ですが、本当は日本人にマイクロチップ(キラーチップ)を埋め込む為のものです。マイクロチップ(ナノチップ)を体内に注入する、もっとも大規模に行われているのが、ワクチン接種です。ワクチン接種=マイクロチップ接種です。すべてのワクチン接種は危険です。



    「HAARP(電磁波)による人口削減」

    HAARP(地震兵器、気象兵器)

    ・地震兵器・・・大地を共振させ人工地震を起こす。

    2010年ハイチで死者20万以上を出した巨大地震はHAARP(電磁波)による攻撃と言われています。2011年3.11東日本大震災が発生する前日、震央部分の上空にHAARP(電磁波)でなければ説明のつかない急速な電離層の加熱が起こっていたことが確認されています。



    ・気象兵器・・・世界の気象パターンを操作する。

    旱魃、集中豪雨、猛吹雪さらにはハリケーンなど、どんな気象も自由に作り出せます。気象とはエネルギーが様々な周波数で振動していますから一定の周波数を発生させれば、それに伴う気象が得られます。それは気象兵器として他国を攻撃することもできます。気象兵器により食糧支配が可能になります。



    「フッ素化合物(毒)による人口削減」

    米国では水道水にフッ素化合物が添加されています。フッ化添加物の主な材料は有毒な化学物質のフッ化ナトリウムです。ナチスの強制収容所では収容者をおとなしくさせるために飲料水にフッ化ナトリウムを入れてました。この物質は昔から殺鼠剤として使用してきた。鼠殺しの猛毒物が米国全土の飲み水に混入されています。

    猛毒を水道水に混入する決定をしたのはロックフェラー家です。免疫異常、染色体損傷、発がん、黒色肉腫、神経阻害、脳卒中、情緒不安定になります。米国はフッ化物添加が直接の原因で3万〜5万人が死亡しています。フッ化物は人間をロボット化し、人間を家畜化できます。日本のメディアではフッ素の毒性については触れていないし、水道水には混入されてませんが、フッ素入り歯磨剤や小学校で推奨されているフッ素洗口は危険です。



    「フリーエネルギー」

    世界はエネルギー問題から解放され戦争はなくなります。「水」は燃え、水エンジン車も登場。「水が燃える」メカニズムは特定周波数で水素を分離させ燃やします。水は酸素と水素が「共有結合」によって結びついている物質で、この「共有結合」の電子が共鳴するような周波数の電磁波をあてるとほんの少しのエネルギーで酸素と水素に分解します。その混合気体で電磁波発信に要した何倍ものエネルギーを得ることができます。その周波数の一つが926kHz(キロヘルツ)であることも解明されてます。これこそフリーエネルギーです。

    1リットルの水で350〜400キロも走行でき、発明家スタンリーマイヤーは83リットルの水で米国の大陸横断もできました。しかし、発明家マイヤーは闇の支配者に毒殺されてしまった。



    PART4)あなたの生命力を支配する医療マフィア(1000兆円、医療利権を支配する医療マフィア)

    「医療マフィアに潰されたSTAP細胞」

    STAP細胞はあります。だから小保方晴子さんは正しい。STAP細胞の正体はリンパ球です。食は血となり、肉となる。だから血(血球細胞)が万能細胞であるのは当然です。「食」は「腸」で赤血球に変化する「腸管造血」。さらに赤血球は白血球を生む。これら血球細胞は万能細胞として体細胞に変化(同化作用)。飢餓状態では逆に「体細胞」は「血球細胞」さらに「栄養源」となります(異化作用)。だから現代医学の「骨髄造血説」や「体細胞」は「万能細胞」にならない説は根本的に誤りです。生命現象は「同化」「異化」作用で成り立ちます。さらに細胞は分裂増殖するのではなく、腸管造血の現実を見れば、食物の消化物から新たに形成されます。(千島博士、森下博士)



    「がん治療は医療殺戮の典型」

    がん治療を受けた患者の平均寿命は3年。受けない人は12年6か月。抗がん剤(原料:石油)は超猛毒で「がんを治さず、悪化させ、副作用で人を殺します。猛烈・発がん性で2次がんを多発させ人を殺します。」そして高額な医療費を請求されます。抗がん剤治療は1人1000万円かかります。白血病は血液のがんと言うのは嘘で、白血病細胞とはストレス、過労で疲弊した白血球にすぎない。長期に発熱するのは白血球を増やそうとする正常反応。そこに解熱剤を打つため、患者は疲弊し、白血病は悪化し、死なせています。骨髄移植などは必要ありません。(大沼博士)多くの芸能人が殺されています。



    「食べなきゃ治る糖尿病」

    糖尿病の5大要因は1過食、2肉食、3ストレス、4運動不足、5砂糖です。糖尿病は万病の元です。それは全身の抹消血管を詰まらせ、あらゆる臓器を破壊します。それは動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、肝臓疾患、網膜病から失明、手足が腐る壊疽となり、さらに全身の多臓器不全で死ぬかあるいはがんで死にます。または肝不全を発症し、人工透析に送り込まれます。そして、インシュリン注射と血糖降下剤による低血糖症シュックにより命にかかわります。糖尿病はファスティング療法で簡単に直ります。



    PART5)知らずに食べさせられている戦慄の食品

    「ハム・ソーセージに発がん性、WHO公表の衝撃」

    ハムやソーセージを加工するときに発色性の亜硝酸塩を使う。それが肉類のアミン類と化合して強烈な発がん物質ニトロソアミンを生成します。肉食すると8〜10倍心臓病が高まり、大腸がんが5倍に激増、動脈硬化、脳卒中リスクが高まり、糖尿病死亡率が3.8倍に増えます。肉食は危険です。



    「遺伝子組み換え(GM)食品、がん多発性商品」

    ・フランケンフイシュ・・・カナダ産の怪物サケ

    ・米国産の牛肉・・・ホルモン注射で和牛の600倍の発がん率

    ・米国産の大麦・・・日本の大手ビール会社で使用

    TPPが締結されると遺伝子組み換え表示されていない食品が米国から日本に大量輸入され、がん患者が急増します。



    闇の支配者の目指す理想の社会は世界人口を10億にして、「NWO:新世界秩序」のもとに「世界統一政府」を樹立する事です。

  • 名無しさん2016/06/28







    ○貴メルマガが報じる英国のEU離脱の影響。英国のブレイクショットで筆者お見込みのとおり、欧州の結束はガタガタ、長期的弱体化は避けられないだろう。ISやアルカイダによる大規模テロ(生物・化学兵器等大量破壊兵器自爆テロ?)の切迫した脅威と、ロシアによる持久戦的政治外交軍事篭絡分断工作、時限爆弾的イスラム人口爆発による欧州イスラム化危機、中国共産党の長征野望工作・・・、種々の脅威のコングロマリットの挑戦に対し、欧州で起きる政治現象とは?筆者ご指摘のとおり「反ブラッセル感情」の爆発、で、あの闇黒の記憶が甦るのか?新しい髭ありヒトラーが民衆の熱狂の中で登場し、新しい時代の情報媒体、政治催眠工作、洗練されたプロパガンダ技術で、一つの単純なスローガンを何百回も何千回も民衆に刷り込むのでは?



     「欧州よ、目覚めよ!われらの真の敵に覚醒せよ!われらの未来を奪う敵を攻撃せよ!今、偽装的平和は終焉を迎えた。本当の意味での真剣な、民族の命をかけた闘争が始まったのだ!アーリアを源泉とするわが欧州よ、団結せよ!欧州はわれらの家(故郷)である。われらの職を奪い、乙女の純潔を汚し、青年の夢を砕き、老人を絶望させている『奴ら』を、わが欧州から叩き出すのだ!われらは『あなた』を必要としている。さあ、ともに立ちあがろう!そして、ハーケンクロイツの旗を掲げ、松明行進に加わろう!一つの欧州、一つの国家、一つの党の下に、われら欧州の意志の勝利を!ジーク・ハイル!」



     欧州の民族主義の結末は、とどのつまり毎度の「反ユダヤ」に行きつくだろう。年季の入った手垢のついた「ユダヤ陰謀説」が吹聴喧伝され、同じ歴史を繰り返すことになるのか?欧州もまた残念な民度だった。が、二度と再びアウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所を稼動させることがあってはならない。今、欧州がなすべきは、古い時代の殻に閉じこもるのではなく、その大地に沁み込んだユダヤ人の血潮の記憶を更新し、深い反省の上に立ってイスラエルと協力・連帯することである。ホロコーストの惨害を経て建国されたイスラエルは、2千年ぶりに「約束の地」に回復されたユダヤ国家であると同時に、アラブ敵性国家群のど真ん中で自由と人権を尊重する唯一の民主国家として屹立している。イスラエルの生存権すらも否定する邪悪で不条理なテロや攻撃、戦争にも真正面から対峙し対決し、勝利し続けている。このイスラエルにこそ教えを請い、イスラエルとともに立つべきである。それが欧州の、いや自由と人権に価値を置くすべての国家、民族の、個々人の、まさに生き残りの道である。今求められているのは、「ナチス的超人」ではなく、イスラエルと連帯するナチスとは真逆の人間である。が・・・。



     そして、あぁ、愛するわが日本は・・・。「ナチスの手口」を学び、ゲッベルスのプロパガンダ術を駆使し、「憲法を変えさえすれば全部うまく行く」との政治催眠で超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)を目論む戦犯三世髭なしヒトラーら。「戦争万歳!」の長州押し付け憲法で、長州に抗う者らを戦場に送り込み粛清、何が何でも長州幕府を継続せんとする。相も変わらぬ「ユダヤ陰謀説」を吹聴喧伝する反ユダヤ・プロパガンディストらも何の規制も受けることなく跳梁跋扈している有様である。今夏の選挙は、長州VS全日本国民のような様相を呈するのだろう。が、野党勢力もまた長州謀略政治の別の顔であり、与野党どっちに転んでも長州の手のひらで踊り続けることとなるだけか。旧GHQが残置した「戦前」が日本人の政治的霊的覚醒を阻害し、永遠の絶望に監禁する魔界の牢番と化している。残念な民度だった。



     果たして国民主権ならぬ国民棄権の世間様は、日本版ナチスに“No”を突きつけることができるのか?杉原千畝になるのか、それともアドルフ・アイヒマンになるのか?「千畝国家:日本」か、「ナチス・ジャパン」「アイヒマン国家:日本」か?今、日本もまたぎりぎりの瀬戸際に立たされている・・・。



     えっ?英国流大どんでん返し?即日辞任?内閣総辞職って?じゃあ、新しい日本の顔は?野党懐柔篭絡狙いであの人か?(Mr.Doubt:さらば、戦犯三世髭なしヒトラー。「滅びの美学」はお一人で・・・)



  • 名無しさん2016/06/28

    ≪参院選≫ アベノ演説が示す 選挙後起きる超恐ろしいこと(田中龍作ジャーナル)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/488.html



    参院選を前に女性たちが安倍政権に危機感…ファッション誌「LEE」も「自民党に改憲を許す」危険性を警告(リテラ)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/469.html



    稲田朋美が改憲で「自民党は国民主権、平和主義、人権尊重は変えない」と大嘘! 自民党改憲案とお前の過去の発言を読み直せ

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/480.html



    28年前の創価学会婦人部編のマンガが今の日本の状況とそっくりと話題に! 健康ブログ

    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a4587c0219735cd37831cd229277820a



  • 名無しさん2016/06/28

    EUは破産しており、それはその統治機構が基本的に変化するからである。



    最近の英国国民によるブロックを離れる投票を含む欧州連合における目下のトラブルの本当の理由は、欧州連合が破産していることである。ソ連の破産が、ポーランドの最初のドミノによりワルシャワ協定がばらばらになった本当の理由であることを振り返ることで分かる。同じ理由で、英国が欧州連合における崩壊の最初のドミノであることを予測できる。



    国防総省アナリストが解説するように、新しく興った一致した見解は「BrexitはFrexit(フランス離脱)、銀行崩壊、ポピュリズム、国家主義と反グローバル主義につながる可能性がある」これはまた、ハザールマフィアの支援のイスラム移民を終わらせることにつながる可能性が高い。



    フランスの状況はすでに非常に混沌としていて、フランス警察は国中で起こっている毎日の暴力的デモに対するだけで余りにも疲れきっていると言っている。たった11%の支持率しかないフランス大統領フランシス・オランドはデモを禁止しようとしているが、誰が見ても彼の禁止を実行することは難しい。言い換えれば、フランスは革命に向かっている。



    「今は私が思い出す限り最悪の期間であり、今までの経験がない」とは、元FRBのグリーンスパン議長が英国離脱に続く一般状況と市場の混乱について述べた言葉である。



    http://www.zerohedge.com/news/2016-06-24/greenspan-worst-period-i-recall-theres-nothing-it



    今はグリーンスパンとそのロックフェラー、ブッシュのスポンサーが思い起こす限り最悪な時期であるが、ロスチャイルドは全ての株式市場と先物金を繋げることで金曜日一日で2.5兆ドルを稼いだ。これはワーテルローの内部取引以来の彼らの最大の大当たりである。ロスチャイルドが言うように「街が流血騒動のときに金を稼ぐのに最良のときだ」



    実際流血がうまく起動することがある。CIA幹部専門家ですら、欧州と米国で革命が迫っていると公に言っている。



    http://thespiritscience.net/2016/06/26/ex-cia-spy-a-global-open-source-revolution-is-about-to-begin/



    しかし、適切に対処すれば、この状況は米国、欧州と他の世界にとって良いことになりうる。取り扱いを間違えると、欧州、米国と日本において混乱、戦争と苦難につながり、つまり世界の他の国ではより少ない程度になるだろう。



    ロシア大統領ウラジミール・プーチンによれば、破産した欧州連合はかってのソ連よりもさらに独裁的になっている。プーチンの言葉;「欧州議会によってなされた必須の決定の割合は、その共和国メンバーに関するソ連最高会議による必須の意思決定より大きくなっている」



    http://www.informationliberation.com/?id=55071



    最終的に起こるであろう事を適切に処理すれば、欧州諸国はロシアを含むより大きく、緩やかに、自由な連合を形成するであろう。このシナリオに於いては、英国はスイスのように自由貿易によって欧州とつながる中立国になるだろう。



    欧州の破産は欧州最大の銀行であるドイツ銀行の破産を引き金に起こる。

    ドイツ銀行は今、中国の管理下に置かれている。中国がドイツ銀行の救済に踏み出さなければ、その崩壊は欧州、そして西側銀行システムを完全に崩壊させるドミノ効果を引き起こす。



    この破産への秘密の局面もあって、それは太平洋における軍事行動に遡ることができる。中国と米国の大規模な統合艦隊が先週、フィリピン沖で演習に従事していた。



    http://www.mirror.co.uk/news/world-news/chinese-warships-join-forces-massive-8255107



    また、中国と米国を含む27カ国の軍隊を含む大規模な合同演習が6月30日にハワイ近くで始まることが、国防総省公式ホームページで確認できる。



    http://www.defense.gov/News-Article-View/Article/799099/rim-of-the-pacific-exercise-2016-begins-june-30



    先週の演習の本当の目的は、インドネシアのナビレのハザールマフィア潜水艦基地からの潜水艦による金塊の密輸を遮断することであった。

    この演習の結果は潜水艦基地近くのフリーポート・マクモラン金鉱山は突然20億ドルで売りに出された。フリーポート・マクモランの取締役会のメンバーにはヘンリー・キッシンジャーやゴドフレー・スティルマン・ロックフェラーと言った文字が含まれている。



    https://en.wikipedia.org/wiki/Freeport-McMoRan



    フリーポート・マクモラン鉱山はオーストラリアの前衛企業を通じて中国に提示されている。これは、昨年中国によって進められたインドネシアが20−30億ドルの完済を期待する方法である。しかし、米側は彼らが実際は空の穴を得ろうとしている事を知っている。



    一方、フリーポートの前の所有者はフリーポートの今の鉱区であるグラスバーグ鉱山から5−7マイル内の他の山に移動しようとしている。この取引で誰かが損をしようとしている。意図した冗談ではない。大規模統合海軍演習はなにかを隠そうとしていたと思う。



    中国はスハルト政権時代からフリーポートの50%所有者であり、彼はスハルトとキッシンジャー配下の例えばカバル(ハザールマフィア)との間の有益な合弁事業との引き換えに株式を与えられた。



    鉱山がキッシンジャー、ロックフェラー等に与えられた一つの理由はインドネシア大統領スハルトが1975年に東チモールへ侵略し併合した代償として支払われた。



    鉱山はその金のほとんどは採取されたと思われるので、これが実際意味するところは、ハザールマフィアはもはやアジアやその他の世界との貿易赤字を埋める金塊は持っていないということである。アジアのバーの女の子に「金がなければ、蜂蜜はない」と言われるように、アジア人は紙に印刷した空約束は受け取らない。



    次に何をするかについてハザールマフィアの幹部レベルで深刻な内紛がある。彼らのファミリ会議は続いており、彼らは7月まで待ってくれるよう頼んでいる。彼らは7月10日までの期限を与えられ、その後はハザールマフィアは新しい公平で、もっと地球に優しい金融システムの立ち上げに参加する機会を失うことになる。彼らはまた、彼らを破産と全くの無名に必然的に導く完全に絶対的なボイコットの対象となるだろう。



    かってジョージブッシュ・シニアに率いられていたハザールマフィア派はドナルド・トランプに保護を求める元ブッシュ幹部ギャングのドナルド・ラムズフェルドとディック・チェイニーと、ヒラリークリントンの保護を求めるブレント・スコウクロウト、ハンク・ポールソンとリチャード・アーミテージに分かれている。



    しかし、これらの候補はどちらも長くこれらの犯罪者を保護できる地位にいない可能生が高い。トランプは今まではチェイニーとラムズフェルドと一緒に来たが、一時的な措置に過ぎない。



    一方、必要とあればヒラリークリントンに到達するためにバラク・オバマと司法長官ロレッタ・リンチを引き摺り下ろす。



    ユダヤマフィア(ハザールマフィア)は、オーランドの偽旗攻撃が6月20日の銃規制に対する上院のブロックに会い失敗した後、大西洋の両側でパニック状態になっており、上院は6月22日、令状無しでのFBIのウェブ閲覧や電子メールを拒否し、最高裁はオバマの移民計画を抹殺した。



    明らかに、多くの国々が権力構造の頂点で変化が起こっている事実に目覚めている。例えば一つの兆候として、イスラエル、エジプトとシリアは上海協力機構への参加を申請している。そのことはイスラエルは同時に大敵イランもまた参加している軍事同盟に参加を申請していることになる。それはまた、彼らの長い間の同盟国であり保護者であると思われる米国とNATOに理論的に敵対する組織である。



    http://www.fort-russ.com/2016/06/syria-egypt-israel-apply-to-join-sco.html



    東欧のポーランドやその他の国もまた、彼らは、ロシアから中国へ東に向かう主要交通機関を建設を意味する中国の新「一帯一路」構想への統合を承認しているので、彼らは物事は今までとは違うことを理解していることの表れである。



    http://news.xinhuanet.com/english/2016-06/21/c_135454841.htm



    東へのつながりの建設は、EUは支配を失っているので、ポーランドにとって理にかなっている。欧州中央銀行は莫大な偽ユーロを発行しており、それは裏付ける担保を持っていないことを意味している。



    ユーロは元が金で裏打ちされているので国家通貨によって置き換えられ、新米ドルは印刷されて、世界通貨のリセットと盗まれた資金による数百兆ドルの発行の発表を待っている。



    しかし、世界通貨のリセットにはブッシュ/クリントンマフィアのメンバーによって騙されやすい人に不正に売られたジンバブエドルのような物は含まれない。しかし、イラク・ディナールへ投資した米軍のメンバーに対しては強化される可能性があり、但しそうなっても、ブッシュ/クリントンマフィアには利益にならない。



    日本ハンドラーのマイケル・グリーンに起こるであろう事、彼は牢獄へ行く。ケニス・カーチスはおそらく一人取り残される、







  • 名無しさん2016/06/28

    <有権者発>英ショックで年金不安 積立金の損失必至、株運用拡大の落とし穴

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201606/CK2016062802000121.html



    英EU離脱ショック 株暴落でGPIF「年金30兆円損失」の恐怖

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/184449



    円急騰で自殺者続出か 英EU離脱でFX投資家“数千万円損”も(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/340.html



    安倍自公政権は年金損失30兆円の責任を取れ。(日々雑感)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/504.html

  • 名無しさん2016/06/28

    ユダヤ勢力は、イスラム教とキリスト教をくっつけた新しい「一神教」を作ろうとする陰謀を企てている一方、イスラム圏では、イスラム教徒自身の手で緩やかな統一運動が起こっている。イスラム圏には、トルコ系の遊牧文化と、メソポタミア文明を受け継いだペルシャ系定住文化という2つの文化圏がある。そして、遊牧系がスンニ派、定住系がシーア派になってきた。部族社会のメンタリティは、強力なリーダーを求める。力が正義なのである。つまり、現在のイスラム圏は、プロレスでいう「バトルロイヤル」が起こっている。この戦いを経ないとまとまらない。そうしてイスラム共同体を作ろうと戦っているのに、乱入しているのが石油利権を狙う欧米諸国で、この統一運動で恩を売って石油利権を守ろうとしている。問題は、IS(イスラム国)であり、ISがこの統一運動を邪魔している偽イスラム教徒なのである。



     ISは、サウジアラビア、カタール、トルコ、米国の民間警備会社アカデミ(旧ブラックウオーター)、共和党マケイン・M16(英諜報機関)などが裏で糸を引いている。イスラム過激派であるはずのISがなぜか攻撃しない国がイスラエルである。ISのリーダーの一人が「米国から資金援助を受けた」と語っている。ワシントン・タイムズでさえ、「米政府は、トルコ向けの原油密輸に際して、テロ組織ISを支援している」と本当のことを報道した。つまり、ISは「隠れユダヤ人」に主導され「隠れユダヤ組織」である。ヒトラーのナチスと同じ構図なのである。よって、ユダヤ米国から資金援助されて当然なのである。シリアのISを叩かないのは、ISをアサド政権攻撃に使うためである。



     ISの背後にいるのは、イスラエルのユダヤ勢力である。ISの最高指導者であるアブ・バクル・バクダディは、モサドのサイモン・エリオットである。ワシントンDCマフィア勢力の実働部隊を率いているのがジョン・マケインである。彼の事務所スタッフのスマホから、IS兵士が映画スタジオで首切りシーンを撮影している記録映像が出てきた。つまり、あのような斬首シーンは偽物、ヤラセなのである。「なんて酷いテロをするのだ」と情報操作をするのが目的である。米系民間軍事会社の傭兵部隊が現地で多くの住民を殺害しているのは事実である。本当の殺し屋をイスラム圏に送り込んでいるのはユダヤ勢力なのである。



     アメリカ軍がワシントンDCと手を切って、対立していることが、アメリカ軍、ロシア軍、中国軍、イラン軍が協力してISを叩いていることからもわかる。



     サウジアラビアからクウェートなどの湾岸諸国は、旧スタンダードオイル系エクソン・モービルのロックフェラーに、ロイヤル・ダッチシェルのイギリス王室、つまり、ロンドン・ロスチャイルドが相乗りしている。これに対して、21世紀躍進してきたのが、プーチン大統領率いるロシアのガスプロムと中国共産党の中国石油化工集団公司であるが、こちらはイランとシリアに利権を持っている。



     アメリカがワシントンDCとペンタゴンの内戦状態になった。この分裂で、ペンタゴンはイスラエルを見捨てた。今のイスラエルをアシストしているのは国務省である。イスラエル本国には、冷戦崩壊後、旧ソ連のエリアから大量のスラブ系ユダヤ教徒が移住して来て、今では国民の4割がスラブ系だ。つまり、ユダヤ人そのものはアメリカに多く、イスラエル人そのものはロシア系が主流になっている。

  • 名無しさん2016/06/28

    森山農水相、西川元農水相ら自民党3議員 TPP交渉の裏で現金授受〈週刊朝日〉

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/516.html



    ガリガリ君に逆ギレ 安倍首相“セコイ支出”に動かぬ証拠(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/519.html



    安倍総理の嘘、誤魔化し、はぐらかしの数々(3)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/515.html

  • 名無しさん2016/06/28

    親中派オズボーン財務相の政治的影響力が著しく後退したとみても良いだろう。←これはGJですね。エリザベス女王も内心はEU離脱、(/・ω・)/だったりして・・ですよね。んで、宮崎先生、EU崩壊でむしろ、ヨーロッパは強化されるんじゃありませんか!弱体するのは、ドイツだけだったりww

  • 名無しさん2016/06/28

    ★不正選挙に言及すると殺されるのか?

    http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15099.html



    【不正選挙】参議院選挙開票立会人の告発 

    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12174658850.html



    不正選挙シャーロックホームズ<謎の予備票大量蒸発事件> 小野寺光一 

    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/07bbe7329db572ba8ae98f2da235a72d

  • 名無しさん2016/06/28

    ≪拡散希望≫ 英国のEU離脱で、アベノミクスは吹っ飛んだ。(永田町徒然草)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/490.html



    日経平均上昇の“茶番”と暴落懸念(GLOBAL EYE )

    http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/362.html



    国民はATM? 室井佑月「おなじ手で騙そうとする方もアレだけど…」〈週刊朝日〉

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/484.html



  • 名無しさん2016/06/28

    近藤誠医師 がん手術が転移・再発を引き起こす可能性を指摘

    http://getnews.jp/archives/1225045



    因みに朝鮮人以外には中国人でも通名犯罪はほとんどない。

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/926



    英EU離脱−防衛的ナショナリズムなのでは? 

    http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/71299701.html



    英EU離脱選挙勝利は、開票手作業とプログラムの事前チェックのお蔭か?!http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/7e4efbe4bca55b8dd4de53b54e805e48



    【都知事選】民進党、片山善博というひと

    http://2chcopipe.com/archives/52031273.html

  • 名無しさん2016/06/28

    ありがとうございます。あべ

  • 名無しさん2016/06/28

    「地獄絵図来たぁぁぁwww」英国EU離脱で死屍累々の個人投資家たち〈AERA〉

    http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/360.html



    政界地獄耳 アベノミクスは崩壊した(日刊スポーツ)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/510.html



    英EU離脱ショック 株暴落でGPIF「年金30兆円損失」の恐怖(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/506.html