国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(習李体制は多角的運営)

2013/03/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年3月30日(土曜日)
  通巻第3911号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

北風抄コラムより
 「習・李体制」は多角的運営に
@@@@@@@@@@@@@@@

           宮崎正弘

三月の全国人民代表者会議は習近平ー李克強政権(習李体制)の正式スタートになったが、行政改革、腐敗防止、ソフト外交の演出など多くの話題を呼んだ。
しかし習近平には独自の派閥がないことが露呈し、これからの政局運営は団派(共産主義青年団)が主導し、上海派がときに妨害という状況が予測され、新皇帝=習近平のアキレス腱が明確に露呈した。

わけても団派の大躍進は国家副主席に李源潮、李克強首相のしたの副首相三人(馬凱、王洋、劉延東)が団派、昨秋に決まった軍のトップ(党中央軍事委員会)にも習近平に近い軍人は二人だけ、多数派は団派である。権力中枢の基軸が団派有利にずれているのだ。
 ところが内外マスコミは全人代に選ばれたジャッキー・チェン、ヤオミン、莫言らの動向ばかりを追いかけ、なんだか芸能ショーみたいな報道をしていた。李鵬の娘の李小琳、トウ小平の娘、トウ楠、朱容基の娘の朱燕来らが出席して積極的な発言を繰り出した。

会期中、北京の空は真っ黒、PM2・5以上の塵芥、放射能、煤煙。そこで世界のマスコミが注目したのはプロバスケット選手ヤオミンが北京の環境汚染、とくにPM2・5について聞かれ、「かろうじて呼吸している」と答えた台詞が強烈だった。

しかし今回の両会において中国政治に従前と異なる特色が幾つも露呈したことは注目に値する。
第一に財閥、特権階級の汚職にメスを入れるポーズ、反汚職キャンペーンの効果が別の方面からでた、つまり海外へ逃げた高官は一万八千名に及んだこと。しかし太子党を中軸とする特権階級は維持されるのである。
第二に「海洋強国」「戦争の準備をせよ」などと習近平が発言し、中国の本質が軍国主義に急傾斜したこと。外交上の硬軟両道使い分けを継続するものの、対米姿勢に敵対的な要素が露呈していることである。しかも会期中にオバマ米大統領はハッカー攻撃に業を煮やし中国を名指しで批判した。

第三に毛沢東思想の復活とトウ小平の改革開放路線の継続という二律背反が鮮明になって、その不整合がもたらすであろう諸矛盾の爆発が射程にはいってきたこと。
第四に著名人やら芸人を動員しての中国政治協商会議でいかように親民路線を演出しようともネット空間における共産党ならびに高官への批判はますます高まり、習近平は共産党王朝のラストエンペラーとなりそうだ。

次の関心事はこれからの外交である。
とくに中国のソフトパワー外交の進出方法である。「孔子学院」はカナダから一部撤退、米国でスパイ機関と見られており、先進国で頓挫している。米国ではレノボ、華為技術、中国通訊(ZTE)の三社の製品を米国政府機関及び公務員は購入しないよう通達がでた。このため中国はソフトパワー外交を歌手芸術家総動員路線に切り替え、なんとファーストレディの膨麗媛が習近平の外遊に同行するばかりか、単独でも積極的に海外公演に打って出ることになった。前代未聞の演出である。中国が良い方向へ変わる可能性は少ないが多角的動きがでてきたのである。
 
(この文章は北国新聞、3月25日付け「北風抄」の再録です)

(註 王洋の「王」はさんずい。朱容基の「容」は金編。トウは登におおざと。膨麗媛の「膨」はさんずいトル) 
      ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 881】        
    ――「乳臭の学生に何の政治問題が解るのか」
       『絵の旅 ――朝鮮支那の巻』(石井柏亭 日本評論者 大正10年)


 ▽
 日本画家を父に彫刻家を弟に、明治15(1884)年に東京に生まれ、昭和33(1958)年に没した版画家・洋画家・美術評論家の石井柏亭は、北京で五・四運動が勃発し、反日機運が高まっていた大正8(1919)年の5月、上海とその周辺を歩いている。

 先ず彼の眼に留まったのは纏足の農婦だった。「よくあれで労働が出来たものだと思う」と感心し、次いで今や兵営へと変貌した「寺前の広場で小人数の教練をみたが、年取ったのと若いのと、丈の高いのと低いのと入交って実に滅茶苦茶なものだ。而して彼らは暇さえあれば近隣の茶館に入って賭博でもやるのだろう。其鼠色の軍服にしても実にだらしないものだ」と呆れる。古くから伝わる「好鉄不当釘、好人不当兵(いい鉄は釘にならず、いい人は兵にならない)」の10文字の意味を知ったようだ。

 また河東碧梧桐と同じように、共同墓地の異様な姿にも驚きを隠さない。上海郊外で「麦秋の野に働く農民の点々たるを見る。処々に隆起する塚がある。塚とは墓とかなって居るのはいいが、共同墓地に棺がごろごろして居る其間を歩いたりするのは気持ちが悪い。楠かなどで丈夫に出来て居る棺であるにしろ、其なかに死体が今如何なる状態になって居るかが地中に埋もれているよりも余計に聯想されるからである」と。確かに、それはそうだ。

 街では反日運動に遭遇し、「辻々の少し明いた壁面には種々様々な伝単が盛んに張られていた。『餓死東洋鬼』と云うようなひどい誹謗的な文句も見える。日本と云う文字を亀の形にもじったものもある。稚拙笑う可き漫画の類もある。工務局ではそれ等の誹謗的伝単を禁止する旨の触れを出し、巡警が一々それ等を剥して歩いたりしても、又何時の間にか貼られる。まるで飯にたかる蠅と同じで始末にいけない」と悲憤慷慨の態だ。

 「東洋鬼」とはお馴染みの日本人に対する別称で、亀はアホな男を指す。些か下劣な表現だが、今風に表現すれば、東洋鬼も亀も排日のキーワードということになる。

 工務局、つまりは治安当局による伝単禁止令がでると、「今度はそれに代ゆるに『堅持到底制日貨』等の文字を大書した白旗」が持ち出される。夜明け前までに「抵制日貨と云う板を作って、それを電柱と言わず壁と言わず手当たり次第に捺してゆく」。

そこで「商賈が店を閉めだした。学生等に迫られてするのが大部分であろうが、学生等は商賈の閉店は自発的と主張して居る。女学生迄が尻馬に乗って電単を配ることなどを手伝って居る」。「店が閉まると其表戸は又伝単の貼場になった」。市場も閉鎖され、住民は食糧の心配をはじめる。それでも中国人は何とかなろうが、手立てのない日本人は困ってしまう。労働者までもが罷業に入り、交通機関はマヒ状態となる。

 だが北京で「曹、章、陸と云うような所謂親日的の官吏が罷められたことによって、排日運動にも一段落着がついた。市中の商賈は数日前から其店を開け出した」。だが「まだ騒ぎが静まりきったとは曰われない。市場は復旧したが、支那商店の或ものは単に日貨を排斥するに止まらず『日人免進』と云う貼札をして日本人に物を売らぬという馬鹿げた真似をして居る」。

さらには「日本人が支那服に仮想して水道とか食品とかに毒を入れて歩くと云う馬鹿馬鹿しい流言が割合に下級民の信ずるところとなって居て、それが為めにとんだ危害を被るものも鮮なくなかった」。「少し普通の支那人と相貌が違」っていた友人などは、「車上に在って群集に『東洋人』と叫ばれ困った」らしい。

 ここで「日本人を罵倒することは中国人の暇潰しの一種」との林語堂の“至言”が頭に浮かぶが、反日感情は永遠に不滅であることを、やはり肝に銘じておくべきだろう。
《QED》
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もう一本
==========

【知道中国 882】             
   ――「所詮支那程下らない国は何処にもあるまいと考えた」(芥川の上)
          『支那游記』(芥川龍之介 改造社 大正14年)
 

 ▽
 芥川を乗せた筑紫丸が上海に向けて出航したのは大正10(1921)年3月21日。遅くとも24日には上海の埠頭に降り立ったことだろう。芥川の上海到着から4ヵ月後の7月、上海フランス租界の一角で中国共産党第1回大会が行われている。芥川は、なんとも面白い時期に中国を体験したものだ。

 「埠頭の外に出たと思うと、何十人とも知れない車屋が、いきなり我我を包囲した」。「我我とは社の村田君、友住君、国際通信社のジョオンズ君並に私である」。ここで芥川は、「抑車屋なる言葉が、日本人に与える映像は、決して薄汚いものじゃない。寧ろその勢の好い所は、何処か江戸前な心もちを起させる位なものである。処が支那の車屋となると、不潔それ自身と云っても誇張じゃない。その上ざっと見渡した所、どれも皆怪しげな人相をしている」と、車屋つまり人力車夫の姿に呆れはてる。

 上海の中国人街を歩いて、「支那の紀行となると、場所そのものが下等なのだから、時時は礼節も破らなければ、溌溂たる描写は不可能である。もし嘘だと思ったら」と断わったうえで、今は寂れたが由緒正しき茶館の前で、「その一人の支那人は、悠悠と池へ小便をしていた」光景を記し、中国で何が起ころうが、世の中がデングリ返ろうが、「そんな事は全然この男には、問題にならないに相違ない。少くともこの男の態度や顔には、そうとしか思われない長閑さがあった。曇天のそばに立った支那風の亭と、病弱な緑色を拡げた池と、その池に斜めに注がれた、隆隆たる一条の小便と、――これが憂鬱愛すべき風景画たるばかりじゃない。同時に又わが老大国の、辛辣恐るべき象徴である」と納得するのだが、「そう云えば成程空気のなかも、重苦しい尿臭が漂っている」と付け加えることを忘れない。

 乞食に出会った芥川は、「支那の乞食となると、一通りや二通りの不可知じゃない。雨の降る往来に寝ころんでいたり、新聞紙の反古しか着ていなかったり、石榴のような肉の腐った膝頭をべろべろ舐めていたり――要するに少少恐縮する程、ロマンティックに出来上がっている」。

そこで日本の乞食と比較して、「日本の乞食では支那のように、超自然的な不潔さを具えていない」と断じた後、彼らが位置する前の「敷石を見ると悲惨な彼の一生が、綺麗に白墨で書き立ててある。字も私に比べるとどうやら多少はうまいらしい、私はこんな乞食の代書は、誰がするのだろうと考えた」と、乞食の“商法”に興味を示す。

 じつは70年代戦半の香港留学時でも経験したし、最近の中国の地方都市を歩いても目にすることだが、乞食が目の前の道路に墨痕、いや白墨痕も鮮やかに自らの来歴を綴っていたのに出くわし、酷く“感激”したし、するものだ。
「字も私に比べるとどうやら多少はうまいらしい」どころか、やや大袈裟にいうなら、日本では習字教授の商売もできそうな程に上手い字も少なくない。もちろん文章も素晴らしい。ということは、こと乞食商売に関していうなら、伝統的商法は健在といえそうだ。

 汚い話に戻るが、芥川は「一体上海の料理屋は、余り居心地の好いものじゃない」と苦言を呈し、上海で超一流の料理屋で友人にご馳走になった際の経験を、「給仕に便所は何処だと訊いたら、料理屋の流しへしろと云う。実際又其処には私より先に、油じみた包丁(コック)が一人、ちゃんと先例を示している。あれには少なからず辟易した」と綴る。

 九江での話は、やはり一種の感動モノといってもよさそうだ。芥川の目の前を進む「船の蓬の中からは、醜悪恐るべき尻が出ている。その尻が大胆にも、――甚尾籠を申し条ながら、悠悠と川に糞をしている。・・・・・」。
芥川も相当に面食らっただろう・・・に。
《QED》
○○○ ○○○ □□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)ミャンマーで仏教徒とイスラム教徒の住民による衝突について思い出したことを書きます。
ミャンマーのムスリムはインド系+バングラデシュ系です。ミャンマーのインド人にはヒンズー教が多く、ムスリムインド人はミャンマーではマイノリティ(インド人)のなかのマイノリティ(ムスリム)になります。
2つの出来事を書きます。気分が悪くなる方もいるかもしれないので注意してください。読みとばしていただいて結構。
ある日、泰・緬国境のメーサイからタチレクに入国したときのこと。英語のできるインド系でしたが、ずっとひっついてきます。あれには閉口しました。「あっちいけ」といってもいってもいってもついてくる。「カネはやらないぞ」といっても着いてくる。
最後に、ちょっと話したので50バーツやろうとすると、「少なすぎる」と文句をいう。泰には「インド人とコブラをみたら、先にインド人を殺せ」ということわざがあるそうですが、その意味がわかりました。また、乞食というものは執拗についてくるものだとわかりました。インド人ガイドは英語はできますが悪質です。
もう一つの出来事は、チェンマイで合った30過ぎのミャンマー人女性のこと。ムスリムで元々はバングラ系でタウンジーで生まれ。チェンマイには嘘か本当かは知らないが、タイ語の勉強にきて、夜はカラオケで働いていたとのこと。日本人と結婚して日本に住んで、なぜか今はチェンマイにいます(夫から連絡がないとのこと、大方捨てられたのでしょう)。日本語できました。その女性ですが、電話がかかってきて「今タチレクにいるので来てくれ」という。ちょうど入国期限が近づいていたのでタチレクでいったん出国し、3ヶ月延長の判子(今は一ヵ月だけ、当時はチェンマイ在住)をもらうついでにタチレクにいくことにしました。タチレクではシナ系のメコンホテルに宿泊。なぜか姪と甥(ふたりとも10歳位)の二人を部屋に連れてきます。
翌日、その女(タウンジーからタチレクに移転した)の母がごちそうするといいます。
その晩はもちろん1人で寝ましたが、「明日タイへ帰る」といえば、「7000バーツくれ」といいます。びっくりして話をきいてみると、「姪をみたか、かわいいだろ?結婚しろ」だから7000バーツくれとのこと。「10歳は無理だろ!」といえば、「一緒にタイへ戻って自分と結婚してくれればいい。部屋を借りてくれ。でも実質は姪と結婚すればいい」とのこと。
私は若いのはすきだが、ロリではない。「そんなの悪いことだろ」といえば、「姪はこのままじゃタイ語も英語もできなくなる。未来がない。タチレクでは回りから差別されている。ムスリムではこれは親孝行の良いことだからお願いします」とのこと。紫の上のようなカワイイ娘でしたが、結局、断りました。5年位前かな。あやうく鬼畜になるところでした。危ない。危ない・・・
しかし、10歳でなく14歳くらいだったら・・嗚呼自分が信じられません。その姪売りの女がロヒンギャ族だったがどうかは未確認ですが、その可能性も十分にあると思います。 
(the reaper)



 ♪
(読者の声2)貴誌前号書評に関してですが、西尾氏の中国に対する「労働鎖国」の呼びかけはどうも80年代の言説の繰り返し。
「我が国の税金で東大に中国人が千名も留学しており、やがて日本国籍を取る者が増える」ことは税金を使って中国人を留学させて卒業したらバイバイと言って身につけた技術を中国に持っていくよりずっとましではなかろうか。
中国人留学生が日本国籍を取りたくない時代が来れば、日本も終わりだと言えよう。
アメリカも労働力の供与や人口成長の問題を考える一方、近々に一千二百万人の不法移民に合法地位を与え、将来「市民権獲得への道」も移民法改革のなかに含めている。
また、科学技術系の留学生は卒業後アメリカに残れば、自動的に市民権を獲得できることになる。今日、人材育成と獲得が各国の間に激しい競争になっている時代に西尾さんのような発言はもうすでに時代遅れだ。いま住んでいるドイツでもドイツ在住7年、5年納税した人だれでも永住権を申請することができる。留学生の場合はもっと早い。グロバリゼーションの時代では贅沢は言えない、日本人になりたがる人に快くとめてもらわないと一旦日本を見捨てれば、もう帰ってこないものだ。そうすると日本はますます困ってしまう。
(FK生、ドイツ在住)
 ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
宮崎正弘の最新刊
『中国の『反日』で日本はよくなる』(徳間書店、1000円 税込み)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 沈没寸前だった日本経済はアベノミクスの奇跡の登場で復活したが、その遠景には中国の反日暴動が大きく作用した!
http://www.amazon.co.jp/dp/419863579X/
絶賛発売中です!
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 宮崎正弘の新刊案内 >> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊
『世界は金本位制に向かっている』(扶桑社新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594067778/
♪♪
『中国を動かす百人』(双葉社)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4575304875/
 352頁、写真200葉以上、定価1575円。分厚い人名辞典、廉価。
 この一冊で中国政治の舞台裏が透視できる! 一家一社に一冊。
♪♪♪
『習近平が仕掛ける尖閣戦争』(並木書房、232p、並製。定価1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4890632999/
♪♪♪♪
『現代中国 国盗り物語―――かくして反日は続く』(小学館101新書、定価756円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4098251450/


<宮崎正弘のロングセラーズ>
『中国権力闘争 共産党三大派閥抗争のいま』(文芸社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4286127214/
『中国が世界経済を破綻させる』(清流出版、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4860293851/
『オレ様国家 中国の常識』(新潮社、1470円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4103290617/

<宮崎正弘の対談シリーズ>
『2013年の中国を予測する』(石平との対談第三弾 ワック、980円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316700/
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)再版
『増長し無限に乱れる欲望大国、中国のいま』(石平と対談第二弾 ワック、945円)
『絶望の大国 中国の真実』(石平氏との対談シリーズ第壱弾。ワック、933円)
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との対談。徳間書店、1575円)
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社宮崎正弘事務所 2013 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • AU生2013/03/31

    ・長年の先軍政治で残ったのは、何の腹の足しにもならぬ武器弾薬ばかり。

     そのうち、手榴弾がハンバーグに、迫撃砲弾がビフテキに見えだすかもしれない。切り札の核実験をかましても、自分の尻に火が付いた中国共産党はもう援助してくれない。欧米や日本は見向きもしてくれない。ならばと、核兵器や生物化学兵器をアルカイダなどのテロリストや過激派に売りさばき当座の金を稼ぐのか。あるいは、一か八かで韓国へ南侵するか。在韓米軍基地を攻撃したり、米国海軍正規空母轟沈で米国の関心を引くか。それとも独裁者の首を差し出して、世界に詫びを入れるのか。とりあえず、第四回目の核実験をかまして様子見か。景気付に弾道ミサイルでもぶっ放すか。世界のどこかで日本人に成りすましてのテロでもやるか。中国共産党に核の脅しを仕掛けるか、人民解放軍との極秘ルートで援助物資を懇願するか・・・。



     何をしでかすのかわからない北朝鮮独裁者。

     生みの親は旧ソ連なれども、ここまで育んできたのは中国共産党であり、周辺諸国に迷惑をかけぬよう最期まできちんと看取ってもらいたい。そして、中国共産党自身をも解党・廃棄し、アジアから冷戦構造を終焉させてほしい。自由中国・自由朝鮮の新生を願いつつ。

     

  • AU生2013/03/30

    ・後方の道路や橋を先ず砲撃、退路を断ってから中心部めがけて長距離砲一斉砲撃とありったけのミサイル&ロケットで飽和的集中攻撃を仕掛けるのか。それとも小型化した核兵器か、生物化学兵器か、あるいは金剛山ダムの攻撃的決壊か?果たして約一千万人のソウル市民の運命は?若さゆえの無軌道や、自作自演の失敗、現場の誤判断で偶発的戦闘が始まるかもしれない。



     一方、米国はB52,B2に加え、中東から航空母艦まで回してくるという。韓国軍天安号撃沈のように、今度は米海軍正規空母を狙うのか。バカはやめてほしい。



     北朝鮮独裁者の後見人中国共産党はどーするのか?独裁者を諌めるか、排除するか。それとも、空母キラー弾道ミサイルを手渡すか?今、筆者ご指摘のように、中国人民のインターネット・コミュニティでは、共産党のプロパガンダやデマゴギーは通用せず、習近平がラストエンペラーになりそうな情勢という。まさに歴史の必然であり、慶事である。1日も早く、北朝鮮独裁者もろとも中国共産党も消え去ってほしい。



     何が起きても慌てず騒がず、日本政府には同盟国米国と連携・協力し、武装難民対策に、朝鮮半島戦場化に、在留邦人救出に、日本国内でのテロ完全防圧に、万全を期してほしい。そして、何が何でも北朝鮮による日本人拉致被害者(含特定失踪者・日本人妻)を待ちわびる家族の許へと連れ戻してほしい。また、独裁者なきあとの朝鮮半島のガバナンス・スキームや中国崩壊プログラムを、米国やロシアをも交えてグランド・デザインしておいてほしい。

  • 名無しさん2013/03/30

    こちらのブログを読んでいて中国という国が日本に対してどういう国であるか十分過ぎるくらいに分かっているであろうにFK氏のような発想になるのが不思議。



    米国もヨーロッパも、まだ、キリスト教という共通の基盤があるからいいんでしょうけど、それでも、米国は数十年後には白人が過半数割れになるとのこと、、、その頃、世界は、ほんと、どんなことになっているんでしょうか。

  • 名無しさん2013/03/30

    (読者の声2)の(FK生、ドイツ在住)氏へ

    全くもって話にならない。

    少しはマシな提案をして欲しい。

    ひょっとして某国のスパイなのですか。

  • 名無しさん2013/03/30

    朝鮮人が起こした犯罪リスト。オウム、カレー、光市母子、女子高生コンクリ、酒鬼薔、リンゼイさん、ブラックマンさん、池田小学校、そして尼崎コンクリ・・強姦、殺人多すぎて書ききれない・・嘘だと思ったら検索して下さい。驚嘆する新たな事実が色々出てきます。通名、改名の禁止を!



  • 名無しさん2013/03/30

    ドイツ在住のFK生よあなたわ日本人とはと考えたこと有るのかな、日本人としての特性矜持を備えているのか、肉食文化の中心のドイツにいて、東亜細亜において人肉食文化が跋扈してきているが、南アジアの人々はこれを警戒している、日本国内の労働人口の減少を嘆く前に、多くの国民は75歳まで半日労働、三分の一の賃金でも働きたいと希望している人の多いこと、工夫次第で豊富な経験を生かした方策が有ります、逆にこれにストップを掛ける様な行政、は考え物です、日本文化を破壊するいかなる人種も排除するのが、適切で西尾さんが言う事は古くも何でもない事です、老人を食い物にしている、医師、行政、が赤字国債の元です、口先差しさわりのないことを言い、さも自分は善人面している人が多過ぎ、3−4流大学は封鎖して、左翼教授を排斥しよう、税金の無駄使いです、世界中の人口の半分は、大学に行く必要は無い勉学より、特性を生かした職業人にさすべき、日本の税金でチャイナ人、朝鮮人を教育させるべきでは無い、パホーマンスはやめよう、日本国人への帰化は非共産党が条件です

    20世紀において、レーニン、スターリン、毛沢東、金日成、ポルポト、共産勢力に殺された一億人は浮かばれない、黒ラブ

  • 名無しさん2013/03/30

    ドイツ在住のFK氏は多分日本人じゃないでしょう。或いは、日本における支那人の振舞を知らないのでしょう。