国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(ミャンマー大統領が豪を訪問)

2013/03/19

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年3月19日(火曜日)
  通巻第3906号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ミャンマー大統領が訪豪、防衛技術援助解禁など話し合った模様
   1974年以来の椿事、豪外交のアセアン重視路線もより鮮明に
****************************************

 ティンセイン・ミャンマー大統領は17日から訪豪している。この外交上の椿事は1974年以来。11年に米国は突如、ミャンマーとの関係回復に乗り出してクリントン国務長官(当時)をヤンゴンに差し向け、翌年にはオバマ大統領もヤンゴンを訪問した。

 突然の雪解けにとまどいはあったものの、日本の財界は本腰をいれてミャンマー進出を開始し、ANAは直行便を飛ばし、そしてこの一月には麻生財務相が訪問、直後に経団連は140名の大型ミッションを送り込んだ。
日本の本格的進出が始まる。

 オーストラリアは、現在インドネシアと東チモール問題のもつれから外交関係がガタガタしているが、他にアセアン諸国との間に大きな障害はなく、この時点でミャンマー大統領が訪問を受け入れたのも状況の変化に対応したものだろう。
    ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の最新刊予約受付開始
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の最新刊
『中国の『反日』で日本はよくなる』(徳間書店、1000円 税込み)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 沈没寸前だった日本経済はアベノミクスの奇跡の登場で復活したが、その遠景には中国の反日暴動が大きく作用した
 22日発売

 下記アマゾンで予約受付を開始しました ↓
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%8F%8D%E6%97%A5%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%82%88%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B-%E5%AE%AE%E5%B4%8E-%E6%AD%A3%E5%BC%98/dp/419863579X/ref=sr_1_fkmr0_1?s=books&ie=UTF8&qid=1363563087&sr=1-1-fkmr0
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 877】         
    ――「支那通」に「第一類」「第二類」「第三類」の三種あり
           『雲荘随筆』(入沢達吉 大畑書店 昭和8年)


 ▽
入沢達吉の生まれは元治年間というから1865年前後。没年は昭和13(1938)年。東京大学医学部に学び、お雇い外人のベルツに師事した。ドイツに留学し、東大医学部教授。大正末年には葉山御用邸で大正天皇の治療に専念する。奇遇というべきか、伊東忠太が設計した入沢邸は、後に近衛文麿が購い、昭和10年代の日本政治の重要な裏舞台になった。

入沢が福建、南京、青島、広東、長江流域、北京などを旅した明治39(1906)年から大正12(1923)年の間、中国で起こった主な出来事を拾ってみると、清朝の崩壊(1911年)、中華民国誕生(12年)、大隈政権による対華21か条要求(15年)、パリ講和会議に絡む反日運動と反儒教を掲げた近代化を掲げた五・四運動(19年)、共産党誕生(21年)など。
まさに中国社会は疾風怒濤の大混乱にあったはずだが、主に「外務省から嘱託された文化事業の用向き」での中国旅行といったわけでもないだろうが、やはり入沢も社会情勢というよりも殊に風物歴史への高い関心を示している。ただ1ヶ所、中国側の日本への不満を思わせる記述がみられる。それが、広東大学を訪問した際の出来事だ。

入沢は「余は対支文化事業の要務を帯びて往った為め、或る日の夕方から広東の大官名流が多数参集された。孫文は、丁度上海及日本に行かれて居られなかった為め、其代理者の大本営総参謀長の胡漢民氏が臨席された。・・・胡氏の演説中には、対支文化と云う名称は、甚だ面白く無い。之は『東洋文化事業』と改めて欲しいとの注文もあった。(広東大学校長の)鄒魯氏は、日本の文化事業関係者は、宜しく支那側の意見をも聞いて、それを参酌して貰い度いと云われ、孰れも相当に長く、且つ忌憚なき演説であった」と特記する。

当時、孫文は広東に組織した自らの政権を拠点に、軍閥の野合組織とでも形容しうる北京の中央政権打倒を掲げていた。入沢によるなら当時、日本政府はソフトパワーによって孫文系との連携を求めていたと判断できる。だが、胡漢民や鄒魯など孫文幕下の重要人物をして「対支文化という名称は甚だ面白く無」く、「日本の文化事業関係者は、宜しく支那側の意見をも聞いて、それを参酌して貰い度いと云わ」しめた点が気になる。あるいは孫文側が日本の姿勢に逆効果を危惧したのかも知れない。であればこそ「対支」のように支那の文字を使うのではなく、「東洋」の2文字で日本を表してくれという要望になったのだろう。日中交流全般に就いての歴年の齟齬を考えると、現在は日本側による過度の自己規制が専らだが、どうやら当時は中国側が日本側に“お願い”していたようだ。

大正12年、入沢は初めて北京に足を踏み入れるが、長年の中国旅行を振り返って、「此頃世の中に、所謂支那通と云わるる人が尠くない。然し熟ら考うるに、是にもおのずから、種類があることと思う。/第一類の支那通は、唯支那をアチコチ通過した丈の支那通である。/第二類の支那通は、昨年は天津北京へ三度、上海へ五度往復したと云う類で、所謂支那通いをしている支那通である。/第三類の支那通に至っては、支那の風俗民情より言語思想に至るまで、支那の社会万般の事、細大残らず心得て居る。真個の支那通である」とし、「余の如きは・・・無論第一類に属するものである。或は是から用務の都合で、追々第二類になるかも知れぬけれども、第三類は到底企て及ぶところでは無い」と記す。

当時すでに「第一類」「第二類」「第三類」の三種の支那通があるが、第三類は少なく、前2者の言説が大いに幅を利かせ日本の与論をあらぬ方向に導き、対中政策を捻じ曲げていたことを、入沢は言外に訴える。それから100年余が過ぎるが、日本の対中理解が当時に較べ格段に深化したとはいえそうにない。
入沢の嘆きは時代を超えて猶も続く。
《QED》
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国鉄道部(鉄道省)解体のニュースは以前から流れていましたが、貴誌の解説でジェスチャーでしかないことに納得。中国の鉄道といえば鉄道部とは別に、どこもかしこも地下鉄の建設ラッシュ。地下鉄は日本でも黒字化はなかなか難しい。近年、急速に路線を伸ばした上海地下鉄は毎年8億元の赤字、同じく北京地下鉄は10億元の赤字といいます。
日本でも地下鉄の黒字化には何十年もかかります。中国で建設中のものでは大連地下鉄は軟弱地盤による陥没事故が多発だという。地下鉄が本当に必要かどうかではなく、地方都市のメンツで建設が進められている状況ですから、事故は多発、赤字だけが積み上がることも予想されます。
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/01/html/d75024.html
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=53945

上海の地下鉄では新しい路線ほど事故が多い印象でした。中国の地下鉄新路線に乗るのはちょっと怖いですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)赤字解消は簡単で、値上げすれば良いのですが、それをやると、きっと暴動が起きるでしょうね。



  ♪
(読者の声2)ギリシャ哲学の大家であった田中美知太郎氏の1970年代の政治評論を読んでいたら、当時は「日の丸・君が代」どころか「国益」という言葉すらタブーに近いものだったようです。
「世界市民」などといった浮ついたことばで日本の政治をすべて否定しようとする左翼が全盛だった時代、環境汚染や新幹線・航空機の騒音(当時の新幹線やジェット機の騒音は現在とは比較にならないほど大きかった)など「公害」として大企業・政府批判が大はやりでした。
ちょうど40年前に書かれた「また暗い予言者の時代」という評論、民主党政権の3年間を予言したかのようです。1973年の第一次石油ショックのころに書かれたもので、左翼の悲観的予測がオンパレードの当時にあって、実際の歴史の進行は、いわゆる大衆消費社会のゆたかさを生みだしたとしています。「左翼が暗い未来を嬉々として語るのは、公害を非難し訴訟を起こしたりすることがすべてであって、それが解決の方向をとることは、むしろ困ることなのである」、「ベトナム和平にいちばんがっかりしたのは、ベトナム反戦の人たちであったのと同じことである」。なにやら慰安婦・反原発・オスプレイ反対を叫ぶ勢力に通じます。沖縄に限らず、怪しげなNPO・NGOなど左翼利権屋・環境利権屋とでもいうべきものが存在します。
1970年の大阪万博をはさんでの数年、日本はまさに「バラ色の未来」に向かっていた時代でした。日本列島改造論に浮かれていた社会の気分はよくおぼえています。それが石油ショックで暗転しますが、本当に物価が軒並み2倍になるというインフレ。1972年に出されたローマ・クラブの「成長の限界」というレポートも田中美知太郎氏がいう「暗い未来の予言者」に近いものだったように思います。食料や石油などエネルギー資源の枯渇、人口爆発、環境汚染(公害)の深刻化を予測。日本はそれらの課題を克服しましたが、現在の中国はまさに成長の限界を感じさせます。
日本は1980年代にも第二次石油ショックを体験していますから、インフレ恐怖症が染み付いてしまい、デフレが10年〜20年と続いてもインフレ対策の経済政策ばかりしてきたのでしょうか。
田中美知太郎氏は当時の政治状況において、「暗い予言者を落胆させる政治こそ求められなければならぬ」。としていましたが、野田内閣までは「日本は人口減少で衰退する」「財政破綻は避けられない」という暗い予測ばかり。菅直人首相の「最小不幸社会」にいたっては夢も希望もなかった。
安倍内閣が「脱デフレ」宣言をして初めて株価も為替相場も反転しました。本当に景気は「気」なのですね。
  (PB生、千葉)
    ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三島由紀夫研究会からのお知らせです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三島由紀夫研究会、次回「公開講座」は3月23日(土曜日)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 

とき  3月23日 午後二時半(二時開場)
ところ 高田馬場駅前「ホテル・サンルート高田馬場」 三階大会議室
     http://www.sunroutehotel.jp/takadanobaba/access.asp
講師  三浦小太郎氏(評論家)
    http://www.youtube.com/watch?v=xVR7XCW1mG8
演題 「三島と吉本隆明、大江健三郎、そして神風連」
会費  おひとり 2000円(会員は千円です)
要領  1430−1630を予定(質疑応答を含む)
また修了後、付近の居酒屋で懇親会があります。(会費別途3000円程度) 

◎◎◎◎◎
 三島研究会 春の墓参のご案内
 @@@@@@@@@@@@@@

日時:  3月24日(日) 14:00〜
集合:  13:30に多磨霊園正門前「よしの家」にご集合ください。
     電話042−361−2176
     直接は多磨霊園10区1種13側 平岡家のお墓前にお越しください。
     終了後、「よしの家」で直会を予定しております。
    ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 宮崎正弘の新刊案内 >> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊
『世界は金本位制に向かっている』(扶桑社新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594067778/
♪♪
『中国を動かす百人』(双葉社)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4575304875/
 352頁、写真200葉以上、定価1575円。分厚い人名辞典、廉価。
 この一冊で中国政治の舞台裏が透視できる! 一家一社に一冊。
♪♪♪
『習近平が仕掛ける尖閣戦争』(並木書房、232p、並製。定価1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4890632999/
♪♪♪♪
『現代中国 国盗り物語―――かくして反日は続く』(小学館101新書、定価756円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4098251450/


<宮崎正弘のロングセラーズ>
『中国権力闘争 共産党三大派閥抗争のいま』(文芸社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4286127214/
『中国が世界経済を破綻させる』(清流出版、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4860293851/
『オレ様国家 中国の常識』(新潮社、1470円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4103290617/

<宮崎正弘の対談シリーズ>
『2013年の中国を予測する』(石平との対談第三弾 ワック、980円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316700/
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)再版
『増長し無限に乱れる欲望大国、中国のいま』(石平と対談第二弾 ワック、945円)
『絶望の大国 中国の真実』(石平氏との対談シリーズ第壱弾。ワック、933円)
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との対談。徳間書店、1575円)
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社宮崎正弘事務所 2013 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。