国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(ドイツ、ついに金塊の返還を米仏へ要求)

2013/01/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成25(2013)年1月17日(木曜日)
        通巻第3860号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ついにドイツは米仏に金塊の返還を要求した
   世界は金本位制復帰に向かっているようである
****************************************

 ドイツ中央銀行(バンデスバンク)は1月17日、フランスと米国に対して正式に金塊の返還を要求した。金備蓄の50%を2020年までにドイツは国内備蓄に切り替えると言明してきた。
そのうえでドイツは水面下で仏米両国に預託金塊の返送を要求してきたのだ。

 なぜ水面下の交渉かと言えば、かつてイランとリビアが同じ要求を米国に行い、米国は逆に両国の在米資産凍結措置をとって、結局、バランスオフをはかり金塊は返さなかった。日本は、問題の意味さえわからず、NY連銀に保管してもらっている700トン余の金塊の返還を求めた形跡さえない。

 もし、ドイツの要求通りの金塊返還が実現すれば、史上空前の出来事となる。
 第一にニューヨーク連銀が保管するドイツの金塊は1500トン、このうち300トンを2020年までにドイツへ返送するとしている。
米国では昨年の大統領選挙の最中に、ロン・ポール下院議員が共和党保守派の意見を代弁して、米国の金本位制復帰を主唱した。とのとき、ついにで発言した注目部分は「米国の保管する金塊ははたして本物か、タングステンにメッキしたモノではないのか、見せろ。外国のものは外国へ返せ」としたポイントにある。
ドイツは、このロン・ポール議員の発言に便乗してきたのだ。

 フランスが預かるドイツの金塊は374トン、ちかくドイツへ返還するとフランス中央銀行は発言している。英国が預かっていたドイツの金塊は940トンだが、すでに2001年にドイツへ移送を完了している。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 850回】      
   ――――事実は小説より奇なり・・・「偉大な中華民族」の現実(3)
        『中国当代社会階層分析』(楊継縄 江西高校出版社 2011年)


 ▽
文革開始2年前の1964年に共産党に入党した著者は、共産党の情報工作機関でもある新華社で35年の長きに亘って記者生活を送り、中国新聞学院で教授を務め、84年には中国初の全国優秀新聞工作者に選ばれている。
これまで記した調査報告のなかには、毛沢東、周恩来、鄧小平などの承認を得て、中共中央、中央弁公室、さらには国務院の公文書として全国要路に配布されたことも少なくないとか。ということは超一流の共産党御用達記者、いや情報工作員ということになるらしい。

「社会の和諧(調和)における最も大切なカギは、社会の各階層の間が和諧しているか否かにある」(「前言」)という視点から、現在の中国社会にみられる各階層の実態を分析し、その問題点を指摘する。
 
著者は財産、権力、社会的名望の有無による階層の違いを歴史的に振り返りながら現状を概説した後、現在の中国に見られる階層を?最大の階層(農民)、?都市と農村を流動する階層(農民工)、?改革の痛みに直撃された階層(労働者)、?歴史の彼方から蘇った階層(私企業家)、?最も憂い憤る階層(知識人)、?最も批判・罵倒される階層(官吏)、?歴史の不幸を再現するに階層(外資勤務者。著者は「新しい買弁」と規定する)、?社会の有害階層(黒社会)――と大きく分類し、統計数字など“根拠”を示しながら詳細に分析し、「現在の中国は多様な階層によって総合的に構成されている」と結論づける。

労働者・農民・兵士によるかつての“超単純な中国社会”は、30数年の改革・開放の過程で跡形もなく消え去ってしまったらしい。毛沢東時代を知るだけに、寂しい限りだ。

著者は「市場経済という条件下で公平な交易と公平な競争を制度的に確立することこそが社会の公正を実現する条件」と説き、?市場参入機会の平等、?土地、資金、技術、経営権、株式上場資格などの社会資源獲得のための機会の平等、?公平な税制、?公平な法律環境――が確保されてこそ、「民間活力が積極的に生かされ、執政集団は主体的に改革を進め、両者が互いに刺激し合いプラスに連動することが、新たな段階の改革への推進モデルとなるべきだ」と強く提言する。とはいうものの現実は・・・トホホそのもの。

2011年春、第11回全国人民代表大会の記者会見でのことだ。「執政集団」の代表的存在になるだろう温家宝首相は、「公平正義は社会主義の本質的特長であり、同時に社会安定の礎でもある。我われは分配の公平を期すことに止まらず、収入の格差拡大現象を徐々に減少させ、教育や医療などの資源分配の不公平を解決し、人民に改革開放の成果を享受させたい。こういったことを進めることで、経済体制の改革と政治体制の改革を推進すべきだ」と説教を垂れた、いや“大見得”を切って見せた、というべきか。

それから1年半ほどが過ぎた12年秋、『ニューヨーク・タムス』は温首相一族が邦貨で数千億円規模の不正蓄財をしているとスっパ抜く。

「社会主義の本質的特長であり、同時に社会安定の礎でもある」「公平正義」を公言するゴ当人がアッケラカンと「公平正義」を破っているわけだから、盗人猛々しいにも程がある。悪い冗談としかいいようはない。やはり貪官汚吏の伝統は拡大再生産されるばかり。
「執政集団が主体的に改革を進め」るって・・・ふ〜ん、できるものならやってみろ。
《QED》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号の「読者の声」で 毎週日曜日、大阪の読売テレビで放映している「たかじんのそこまで言って委員会」のことが紹介されました。
私は 初期の頃から見ております。大阪の橋下市長が まず府知事として政界に出て行くことになったのも この番組で顔と発言が目立ち、番組司会の やしきたかじんの バックアップもあつたからであります。 
この番組は 過激発言が売りとなっており、全く関西人のノリで番組が進行していきます。私もスタジオ収録に参加しましたが、放送当日は カット または 頻繁なる音消しがされていました。関西人の本音発言が飛び出しますので、東京から参加する出演者は皆一様にビックリ。東京の番組では とても口にできない発言がポンポン飛び出すわけです。 その空気に慣れると、三宅さんや そのあとを引き継いだ 津川雅彦氏も 自由に発言される訳です。さて この番組は 私の知るところでは 関西 四国 九州 中部 北海道では 放映されています。東京で放映できないのは 司会の やしきたかじんが 東京では放送させない。放送したら番組を降りると、ガンとして東京を拒否しているからです。 直接 彼が語っていますが 東京の放送局は上から目線で あれはいかんこれはいかんと クレーム・規制をしてくる。あまりの態度に 彼はキレてしまい、 東京の局で デイレクターかADかを ボコボコに殴りつけたという出来事があり、それ以後 彼は東京の番組には出ないと発言。よって 自分の名前が冠となっている「たかじんのそこまで言って委員会」は 東京では 放映できないのであります。 関西人である小生は 息子と大笑いしながら 毎週、楽しみに見ております。 高校生の息子とは、この番組の内容について話し合うこともでき、子供の教育上でも とてもありがたい番組であります。それにしても 永田町小学校物語は 面白いですね。 とある特集では、 クラスの山口君に 「君はどうしますか」と意見を聞くと 山口君は 「塾の池田先生に相談してきます」と答えるわけです。 関西ならではの番組です。
   (GG生) 



  ♪
(読者の声2)今年初、米国でペプシコが重要な発表を行いました。何故だか日本では全く報道さえていませんし、米国でも小さくしか報道されていません。
ペプシコは、今後人工甘味料の aspertame を使わないと発表しました。
aspertame を使わなくても製品を作れる方法が見つかったとだけ発表し、何故 aspertame を使わないことがそれほど意義があるのかには全く触れませんでした。aspertame は1960年代前半に開発され、それ以来約20年間FDAが使用許可しなかったものの、1983年にやっと承認されました。ネズミでの実験で脳腫瘍ができることから反対運動が起きていましたが、人間での実験で因果関係が証明されていないことから使用許可になったものです。
人間でそんな危険な実験はできるわけがないので、これは実際には詭弁です。
現在では、ペプシコーラ、コカコーラ等のカロリーゼロの飲み物にはほとんど使われています。
アルコールだけでなくカロリーもゼロのいわゆる「オールフリー」ビールにも使われています。
世界中で aspertame が使われ、世界中で脳腫瘍の発生率がじわじわと上昇し、大規模な人体実験が今行われつつあります。おそらく10年後くらいには、因果関係を否定できない状況になっているのではないかと推察いたします。
そんな中、はっきりとした理由を説明せずにペプシコ社が使用中止を発表したということは重大事です。
因果関係があるから使うのを止めたといえば、今迄にペプシコの製品で aspertame を使用していたものを飲んでいて、脳腫瘍ができた人の中からPL法に基づきペプシコを告訴する人が出てくることでしょう。
こっそりと使用中止にして、因果関係が証明される頃には、ペプシコの aspertame を使った製品を飲んでいた人は発病して既に死んでいるか耐性があって発病しないかとなっていて告訴から逃れられるというのが狙いでしょう。
これから世界中で食品会社が徐々にこっそりと aspertame を使用中止にしていき、因果関係が公表される頃には、日系企業のみが aspertame を使っているという事態になるかもしれません。
東京大学医学部の藤堂教授が画期的な脳腫瘍の治療法を研究していることが注目を集めていますが、これとて使わないで済ませる方が良いに決まっています。私としては、成分表に aspertame がある食品は買わないという自衛策をくらいしか思いつきません。
何百万人もの命が懸っているのに情けない話ではあります。
   (ST生、千葉)



  ♪
(読者の声3)貴誌に書評がでた、菅原出著『秘密戦争の司令官 オバマ』(並木書房)について、「嘘つきオバマの偽善と、汚職の権化=カルザイが織りなす狐と狸」との評を読むと、パキスタンやアフガンの汚職・蓄財など、中国政治と似たレベルだと思えば当たり前なのでしょう。
戦前の本を読むと蒋介石の蓄財は中国人誰もが知っているが、蒋介石ほどの立場なら当たり前と誰も問題にしないことが、なかば驚き半ば諦めをもって書かれています。
世界標準からすると日本人が異常に潔癖症なのかもしれません。お隣の韓国にしても歴代大統領は身内の汚職やらでほとんどが悲惨な末路。東南アジア諸国でも程度の差はあれ腐敗は見られますが中国ほど格差はひどくない。16日は歌会始の儀でしたが、いにしえより民の竈を気にかける天皇を戴き、震災でも略奪ひとつない日本と日本人はやはり特別なのでしょうか。
数学者の岡潔氏の随想集を読んでいたら、日本人の代表として莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)をあげていました。父(応神天皇)の寵愛を受け兄たちをさしおいて太子になったが、父の死後、兄(のちの仁徳天皇)に位を譲る。しかし兄も固辞して受けず、譲り合いが3年にもおよんだ後、ついに自殺して兄を位に就けたという話で、いかにも日本人らしい感覚だと思えます。
対する中国人、岡潔氏はどう見たか。文化大革命の頃に書かれたものですが、毛沢東については「まるで大きな泥人形のようなもの」ではないか、という。たしかに何千万人もの命を食い尽くした毛沢東、二元論的世界観でいう闇あるは魔というか何か、見えない存在に操られていたのか。
岡潔氏は世界を物質界と生命界(生命界には心霊界も含めています)に分けていますが、面白いのが日本人の起源。
日本人の祖は30万年ほどまえに宇宙からやってきたとしか思えない、チベット高原あたりに降り立ったのが高天原の伝承なのだろうという。
のちに黄河上流域に下り(尭舜の治世でしょうか)、西に移動しペルシャ湾岸に至る。さらにいろいろな人々を取り込みながらシンガポール辺りを経て日本までたどり着いたという荒唐無稽とも思える説です。
しかしながら日本人の顔立ちを見ても古代エジプトから地中海・西アジア系、南方系、チベット・タイ系とさまざまですから案外当たっているのかもしれません。
伊勢の内宮(ご祭神天照大神)こそが日本の真髄であるとする岡潔氏、万葉集と芭蕉も高く評価していますが、7〜8世紀の歌が今でもそのまま理解できる日本語、式年遷宮を迎える伊勢神宮、あらためて素晴らしい国に生まれてきたものだと感謝したいものです。
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声4)昨年、一度漢詩を送付しました、先日、迷作が出来ました。
中文の五七五調俳句です。
 「習洗金銭暴 近近未来世界包 平常愚民抛」
 まだまだ旧正月に向け厳寒のおり、お身体をご自愛ください。
 (MT生)
           ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は、1月19日、20日の週末、休刊になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  +++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪ 
<宮崎正弘の新刊>
『中国を動かす百人』(双葉社)
 国際通は必携、1社に一冊。年賀にとまとめてご購入の企業もあります!
 352頁、写真200葉以上、定価1575円。分厚い人名辞典、廉価。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4575304875/

♪♪
『習近平が仕掛ける尖閣戦争』(並木書房、232p、並製。定価1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4890632999/

♪♪♪
『現代中国 国盗り物語―――かくして反日は続く』(小学館101新書、定価756円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4098251450/

  ♪
<宮崎正弘のロングセラーズ>
『中国権力闘争 共産党三大派閥抗争のいま』(文芸社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4286127214/
『中国が世界経済を破綻させる』(清流出版、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4860293851/
『オレ様国家 中国の常識』(新潮社、1470円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4103290617/

♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ>
『2013年の中国を予測する』(石平との対談第三弾 ワック、980円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316700/
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
『増長し無限に乱れる欲望大国、中国のいま』(石平と対談第二弾 ワック、945円)
『絶望の大国 中国の真実』(石平氏との対談シリーズ第壱弾。ワック、933円)
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との対談。徳間書店、1575円)
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社宮崎正弘事務所 2013 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 皇国の雉2013/01/19

    マリとアルジェリア

    マリは金が取れます。

    USGS

    2010Minerals Yearbook

    http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/country/2010/myb3-2010-ml-ng.pdf

    2010 Minerals Yearbook

    U.S. Department of the Interior

    U.S. Geological Survey

    ALGERIA

    http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/country/2010/myb3-2010-ag.pdf



    アルジェリアは非難をされていますが

    キャメロンはおそらくミスターマルボロ相手に

    やるなら張り切りすぎるので自重しろと言うメッセージじゃないでしょうか



    メキシコ湾でBPはヒュンダイのリグで多額の賠償金を払う事になり

    シェールガスで今後アメリカは中東依存は減りつつある

    アベノミクスでロシアとシナは困っている時に

    NATOはトルコにパトリオットを置いた。

    EUから逃げたいキャメロンとマリを抑えたいオランド、

    手持ちの金を取り戻したメルケル、さて一番の役者は誰なのでしょうか?

    どうやらドイツはシナから逃げ遅れた様ですね。



    リピアではキャメロンは電光石火でSASを派遣させましたけど。

  • AU生2013/01/18

    ・消極作戦で苦戦した文永の役に懲り、弘安の役では気迫十分、積極作戦で迎え撃ち元軍を撃退した日本。今、尖閣を狙う中国の脅威に対し、先島諸島にF15を配備し前方展開(検討中。但し、破壊工作を受ける危険あり)、尖閣への領空侵犯も、上陸作戦も断固撃退する決意を示す。同盟国米国も、第五世代戦闘機F22を嘉手納に配備し、万全を期す。日本国の領土・領海・領空を、主権を、日米同盟で守り抜く決意と強固な防衛体制を示すことで戦争の事前防圧を。



     ところで、中国人民解放軍は、どんな作戦、奇策を用意しているのだろう。世襲政治家の「太子党」は、先代への引け目から無謀な策を強行する恐れもある。「超限戦」をも想定する軍隊である。何を仕掛けてくるか、分からない。偽装漁船(実は軍事艦)や巡視艇、貨物船、タンカーに空母、フリゲート艦と数千隻の「海の人海戦術」で押してくるのか。プロペラ機から輸送機、最新鋭戦闘機まで、数千機を集中飛来させる「空の人海戦術」か?あるいは、数万人の人民解放軍兵士が泳いでくるのか?意表をついて○○奇襲攻撃か?



     日中を戦争させることで利を得る北朝鮮独裁者は、核実験や対韓軍事攻撃で中国の側面支援をしたり、日本国内の工作員や協力者、内応者らを動員、対中戦争へ世論誘導したり、軍事基地や重要施設へのテロや国内動乱を招く事件、事故等破壊工作を仕掛けてくるかもしれない。

    また、中国共産党の尖閣への軍事的野望が、中華民国(台湾)を刺激し巻き込んだ場合、中華民国は、日米とともに戦うのか、それとも中国共産党を助ける国家的共匪となるのか。尖閣→台湾(中華民国)→香港(経済特区)→中国全土・・・と、共産党打倒のドミノ倒しが起きるのか。尖閣のスイッチの行方とは?



     それでも、戦争だけは避けてほしい。心から願う。尖閣で戦闘状態が現出すれば、流される血とともに「9条」は消える。長征を野望する中国共産党の思う壺だろうし、戦前日本への回帰を狙う者らも、益々鼻息荒く国家神道による全体主義的核武装軍事国家建設を声高に叫ぶだろう。それにしても「友愛の海」(鳩山首相)とは、一体なんだったのか。無神論の共産党相手には、全く通用しなかった。とにかく、同盟国米国との連携で中国共産党の野望を粉砕してほしい。



     あの元寇のとき、二度までも台風が襲来し、元軍の船を根こそぎ沈没させてしまった。この度、新世紀の元寇に際しては、どんな「風」が吹くのだろうか。平和の風であってほしいのだが・・・。自由中国の誕生と真の日中友愛を願いつつ。

  • 名無しさん2013/01/17



    宮澤は、本人も誇らしげに告白しているように、憎悪をもって敵視した英米憲法については、死ぬまで無知で無教養であった。関心がなかったのではなく、わずかでも知れば、自分の革命憲法学が崩壊するので、・・・「英米憲法は一切学ばない」の方針を貫いた。 中川八洋『悠仁天皇と皇室典範』





    「道徳の支配」と「法の支配」は、自由と美徳の大輪の花をこの自由社会に燦然と咲かせる憲法原理(「自由の原理」)の両輪である。このいずれをも欠いたレーニンのソ連でも、ヒットラーのドイツでも、圧政と悖徳の暗黒の社会となった。(『悠仁天皇と皇室典範』中川八洋)





    “立法による強制”だけしかない「立法者の立法だけを法とする体制」では、道徳は存在しえない。もともと「道徳のない社会=ユートピア」を創ることを夢想して、ベンサムらの命令法学も、ケルゼンらの「人定法主義」も考案されたのである。(『悠仁天皇と皇室典範』中川八洋)