国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(残留孤児? 農村残留児童が5800万人)

2012/06/04

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成24(2012)年6月4日(月曜日)
         通巻第3671号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国農村の「残留児童」は5800万人。職は都会にしかなく
  両親は出稼ぎにでて、子供達は異口同音に「三年間ほど会っていない」。
****************************************

 胡錦涛は北京市内にある「少年宮」を訪問した。教育現場の視察というふれ込み、少年達を慰問したと中国の報道機関が伝えた(6月1日)。
ところが、大事なことを無視した。

 経済の成長、高度工業化にともなって都会に職を求め故郷を離れた農民が夥しいが、都会では子供の戸籍を都市戸籍に変更することが難しく、したがって小学校に就学させることが出来ない。
あげく北京では「私学」、つまりもぐりの小学校が30あったが、閉鎖命令がでた。深センも同様な措置を敢行し、10校を閉鎖した。
しかたなく、両親は故郷の祖父祖母のもとに子供らを送り返した。

 農村に残留する児童は、じつに5800万人。「この殆どが1-3年もの間、両親の顔を見ていない」(『北京早報』、6月1日)。

 温家宝首相が湖南省湘西土にあるミャオ族自治州を訪問したところ、この地区から都会へ職をもとめて出て行った農民が57万人もいることがわかり、「留守児童」(つまり残留児童)が14万人、大きな社会問題となっている事を改めて知らされる。

 このような悲惨な状況がうまれるのも共産党の恐怖政治と反作用としての農民暴動、社会不安への懼れからである。つまり北京や上海の大都会で失業者が溢れ、社会擾乱が惹起されることを極度に恐れるあまり、それなら流入した労働者を定住させないためにも、かれらの子供が学校へ行けなくすれば、失業流民は田舎へ戻るだろうという冷酷な計算からである。
 なにごとも社会の公正ではなく、都市に住む共産党幹部の安全が最優先されるのである。

 上海市の人口は2350万。旧市内の人口だけでも750万人だが、このうちの70%が20歳から34歳という若い移民である。
国家統計局のしらべで、若者移民の44%が製造業に、10%が建設現場で就労し、蟻の巣といわれる簡易ベッドに生活している。生活が豊かになると信じて都会にやってきたが、最貧困生活に喘ぎ、社会保障は受けられず、病気になっても医療保険がない。だからやけくそになる若者も夥しい。
調査によれば、僅か8・6%しか、現在の環境に満足しておらず、また一年に何回も職場を変える労働者が多いのも中国的特徴である。

上海では6歳以下の幼児が39万人いるが、上海戸籍がもらえないため、将来の就学が危ぶまれている。

学校の増設、教員増という計画は存在せず、また15歳から19歳の移民残留の若者が57万人もいるが、上海の高等学校の定員は17万人しかない(数字は英誌『エコノミスト』、2012年6月2日号)。
 ごっそりと溢れる若者に怒りがどこへ向かうか?
    ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ◇ブックレビュー ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本の復興は国体観の回復にあり
  戦後レジームに自ら固執する愚かさが日本衰退の元凶だ


西村真悟『国家の再興』(展転社)
@@@@@@@@@@@@@@@

 年に何回か、何処かで、あるいは共通の知人のパーティで西村氏とお目にかかることがあるが、ことしは意外にも新宿・花園神社で開催された「岡潔を偲ぶ会」の第一部の講演会がおわったあと、第二部の懇親会に西村さんがわざわざ関西から駆けつけた時だった。
 最近は台湾とミャンマーへもよく行かれるようで、四年前に台湾で日程が同じということがわかり、台北で電話をかけて食事の約束をしようとしたら、お互いに別の予定をいれていてすれ違いになった。なぜ四年前? 総統選挙だったから鮮明に思い出すのである。
 さて本書は憂国の西村節の奏で。激越な熱気がほとばしる。
 悠久の歴史に立脚する日本の根源的モラル、文化的振る舞いの根っこにあるのは天皇伝統であり、これを根本から揺らすのが連合国、とりわけ米国が注入していった「戦後レジー目」と「平和主義」という似非神話だ。この擬制の戦後体制、そのいかがわしさから脱却し、国体観を取り戻せねば、日本の再興はあり得ない。
 本書はそのことを重厚に繰り返し訴える。
 いくつか、引用したい文章が多いが、とくに次のふたつ。

 「(大東亜戦争の)敗因は(日本が)悪かったからではない。将兵の比類無き勇戦奮闘に反して、政府及び軍中枢が戦争指導、戦略・戦術を誤ったからである。これが結論である。従って、われわれ日本人は、
 『男らしく厳粛な態度を取る者なら、戦争が社会構造によって起こったというのに、戦後になって、『責任者』を追求するなどという愚痴っぼいことはせず、敵に向かってこう言うであろう。われわれは戦いに敗れ、君たちは勝った。さあ決着はついた』(マックスウェーバー『職業としての政治』)

 「毛沢東の『政権は銃口から生まれる』、そしてコミンテルンの『戦争から内乱へ、内乱から革命へ』の方針は、日本を大陸に引きずり込んで戦争の当事者にすることによって成就したのだ。中国共産党にとって、(その革命が成功した)第一の貢献国は日本であり、第二の貢献国がF・ルーズベルトのアメリカである」。
じつにお人好しでとんまな日本は、自らの『貢献』によって周辺に脅威を作り出した。日本の平和憲法と、中国へのODAが、共産主義の猛威をむしろ拡大させたのだ。
西村氏の語彙で言うと、
「我が国は『平和を愛する』中国共産党の『公正と信義に信頼して』、世界一の邪悪な不安定要因をつくり出していたのだ」
 そして、
「コミンテルンの戦略が支那において具体的に動き出す大正十三年(1924)年の中国国民党と中国共産党との第一次国共合作から昭和十二年(1937)の廬講橋事件を経て終戦まで、我が国は中国共産党が政権を獲得するために貢献した。」
その後の経済援助、無償援助、貸し付け、合弁、そして大々的的な日本企業の中国進出によって、中国は経済発展を成し遂げた。
その利益の多くが、日本を将来攻撃するためのミサイル開発や火砲、爆弾、海軍装備の拡充、核兵器の充実に回されたからである。
  ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 758回】           
    ――「重走南僑機工抗日滇緬路」という新たな統一戦線活動

 
   △
南僑機工とは自動車の運転や修理技術を持った東南アジア各地の華僑青年である。彼らは1939年夏、歓呼の声に送られシンガポールの怡和軒倶楽部を出発し、南ヴェトナムのサイゴン(現ホーチミン)を経て汽車と徒歩で国境にたどり着き、畹町橋を渡る。

当時の日本側の動きを追っておくと、昭和13(1938)年1月10日に御前会議で「支那事変処理根本方針」が決定され、16日には近衛首相が「国民政府相手にせず」と声明。国家総動員法公布1週間後の4月7日、大本営が徐州攻略作戦を許可。
以後、厦門(5月10日)、徐州(5月19日)、広州(10月21日)、武漢三鎮(10月27日)と日本軍は中国南部の要衝を次々に攻め落とす。蒋介石が逃げ込んだ重慶への空からの猛爆は12月からはじまるが、その直前に援蒋ルートが完成している。

昭和14(1939)年には5月に勃発したノモンハン事件でソ連軍と戦いながらも、日本軍の中国南方戦線での進撃は続いた。援蒋ルートに関連した動きをみると、11月にフランスに、昭和15(1940)年6月にイギリスに、日本政府は援蒋行為の中止を要求している。7月にはイギリスは日本の要求に応じ、援蒋ルート閉鎖の方針を打ち出した。

ところがアメリカが対日攻勢に転ずるや、それまでの融和策を捨て、イギリスは援蒋ルートの再開を宣言する。さらに1年が過ぎた昭和16(1941)年になるとアメリカの対中援助は急拡大し、満州事変以来の日中戦争は、中国西南を戦場とする日米戦争へと様相を一変させ、ついに12月8日の真珠湾攻撃へと突き進んでいった。

1939年9月から日本軍がビルマ全域の占領を果たした1942(昭和17)年5月までの間に、南僑機工が滇緬公路を使って運んだ物資は45万トンを超えたともいわれている。3200人のうち3分の1強が滇緬公路に斃れ、1000人ほどが東南アジアに戻り、残りの1000人ほどが国共内戦の時代を越えて、雲南、四川、海南島で共産党政権下に生きたという。

それから40年ほどが過ぎた1980年代になり、その活動を検証し歴史に留めようとする元南僑機工やその子や孫によって、「南僑抗日機工雲南聯誼会」(現在は「雲南南僑曁眷属聯誼会」)が雲南で組織された。

さらに四半世紀ほどが過ぎた2005年12月11日、畹町橋を見下ろし、遥かミャンマーを望める畹町北方の小高い山の上に「南洋華僑機工回国抗日記念碑」が建立された。横幅6mで高さが16m。記念碑の前にはシンガポールを拠点に華僑抗日運動を指導し、南僑機工募集の先頭に立った陳嘉庚(1874年〜1961年)の白玉像が立っている。

国共内戦では毛沢東率いる共産党を支持したことから彼は「愛国華僑」の代表として49年の建国を迎えている。翌50年にシンガポールに戻ったものの、英国籍を失い国外退去処分を受けた。かくて生まれ故郷に近い福建省の廈門に居を定め、ゴム園や新聞経営で蓄えてあった莫大な財産を投じ、インフラ整備や教育事業を行った。

毛沢東が強行し4000万人以上を餓死させたといわれる大躍進運動の渦中で人生を終えている。死に臨んで、彼は孫文に革命資金を提供し、毛沢東を支持した自らの政治的決断の誤りを悔やんだことだろう。
もっとも“死に時”だけは間違えなかった。かりに文革の時代を生きていたら、紅衛兵という毛沢東原理主義の若者たちの手で嬲り殺しにされていたはずだ。それというのも彼は、紅衛兵にとっては不倶戴天の怨敵である資本家だったからだ。

そんな陳が「偉大的愛国者」として息を吹き返し、昨年夏頃、南僑機工の亡霊たちを従えて畹町橋付近を彷徨いはじめたというのだ。愛国主義教育ミステリーである。
《QED》
    △○ ○△ ○ ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READER‘S OPINIONS 読者之声 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)ホワイトハウスへの慰安婦石碑撤去の請願です。転送歓迎。
英語が問題なようで、以下にやり方がユーチューブにアップされています。皆さん頑張ってくださいませ。
http://www.youtube.com/watch?v=yux-x4WQxB8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=4_Mn2tG6INc&feature=youtu.be
   (HT生、大田区)



  ♪
(読者の声2)御新刊など拝読しました。現地レポートで系統だって事情を整理することが出来ました。私の知らぬ事情ばかりで、宮崎さんはどこからこれらの情報を収集しておられるのか、驚くばかりです。
それにしてもシナはどこまで「発展」するのでしょうか。
バブルが弾けるのは「オリンピック後」、「万博後」と言われながらも、独裁国の強み(?)で反対者を潰して(殺して)しまうので、まだ(経済は)浮かんでいるようにも見えます。
おまけに外交では日本の政治家は能力劣化で彼らは(日本を)完全に舐めているでしょう。
この点、彼らの一番の安心は日本の政治家が程度の悪いことでしょう。日本人としては誠に悔しく、残念なことです。
何時になったらシナと同等orそれ以上の外交官・外務大臣が日本に出てくるのでしょうか。
  (AO生、静岡県)


(宮崎正弘のコメント)「五輪後」、北京では表の数字はともかくとして、不動産は値下がりをはじめました。現在のそれは4年前の五輪直前からおよそ40%、目抜き通で落ち込んでおり、建国門外のSOHO地区から国貿ビルあたりまで(東京でいえば丸の内から八重洲に該当)はガラ空きビルが目立ちます。
「万博後」の上海も、一部地区はともかく、俄かに開発された地区や、となりの杭州へ行くと、不動産価格はやはり30%前後のおちこみです。バブルの崩壊は始まっているのです。



 ♪
(読者の声3)南シナ海のスカボロー礁をめぐってフィリピンと中国の睨み合いが続いていますが、中国が領有権を主張する範囲はベトナム・東マレーシア・ブルネイ・フィリピンのすぐ沖合までですから周辺各国が納得できるはずもありません。
http://globalnation.inquirer.net/files/2012/04/scarborough-shoal1.jpg
http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/09/34/jyuugoro/folder/191774/img_191774_12878391_0?1336883310

中国は例によって、フィリピンバナナの通関を遅らせ港で腐らせたり、フィリピンツアーをキャンセルしたりの圧力をかけ、香港ではフィリピン人のアマさんが解雇される例も出ているのだとか。フィリピンから海を隔てて隣国といえば台湾・ベトナム・中国。台湾ではかなり以前からフィリピン人労働者が働いていました。
出稼ぎといえば自国よりも給与・生活水準が上の国に行くのが普通で、以前から人気の香港には15万人ものフィリピン人アマさんがいるといわれます。フィリピンは国内雇用を諦めているためか高学歴の女性もアマさんとして出稼ぎに行きます。フィリピン人は家政婦のプロとして中国人の2倍〜3倍の収入もざら、近年では中国本土でも人気で、上海など都市部で働くフィリピン人女性は6万人とも。フィリピン人といえば怠け者のイメージを持つ人も多いかもしれません。
しかしフィリピン本国と比べて高額の収入が得られる海外では本当によく働きます。知人の日本永住資格を持つフィリピン女性、日本人配偶者の収入が十分にあっても昼はパート、夜はパブ・スナックと掛け持ちで働く。
「そんなに働いてどうするの? 」と聞くと国の母親にアパートを買ってあげたなどという。仕送りは親戚にたかられるだけだから今はしていないという女性も多かった。親族が生活保護の不正受給をしていた芸人に爪の垢でも飲ませたいもの。そんなフィリピン女性がベトナムでも人気だといいます。

ベトナム・サイゴンでの散歩の際、シティ・マートというスーパーがありました。
ちょっと高級そう、調べるとシンガポール資本が入っている。シティマートにはロッテリア+小さいながらフードコート、それもかなり特殊でシンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム料理の店が並びます。フードコートとはいえ冷房の効いた店内、値段もそれなり。甘ったるいフィリピン料理など食べたくもない。タイ料理の定番、鶏挽肉のバジル炒め+ご飯で7万5千ドン(300円)、ぼくの好きなサンミゲルビールは市価の2倍以上の3万ドン(120円)。味はバンコクのファミリーマートの冷凍弁当よりはるかにマシ、セブンイレブンのチルド弁当並み、化学調味料が効きすぎですがバンコクの食堂の平均レベル。
ところでフィリピン料理の店などタイでは見たことがありませんからベトナムではよほどフィリピン人が多いのでしょう。その証拠にフィリピンの国民的ファストフードのジョリビーまで進出している。ネットで調べたらサイゴンの富裕層の間ではフィリピン人の家政婦を雇うのが一般的だとか。ベトナムでは「おしん」と呼ばれ、家事全般からクルマでの送迎までこなすスーパー家政婦、それほどよく働くということなのでしょう。ベトナムの日本大使館ではフィリピン人によるイカサマトランプ詐欺に注意喚起しています。英語が話せても本国に仕事がなければ外国で家政婦か詐欺師、英語公用語化論者が決して触れない部分です。中国進出であえなく敗退した楽天、英語は万能ではありません。ベトナムのフィリピン人、日本語サイトではほとんど情報がありません。
英語サイトを見ると観光ビザで入国し期限が来るとカンボジアでビザを再取得という不法就労が多いらしい。運転手からエンターテイナーまでさまざま、それでも月に500〜100
0ドル稼ぐというから本国よりよほど高収入。ASEAN域内国として入国は楽、観光
ビザで仕事というのはかつてバンコクでも多かった手口。タイでは外国人の不法就労に厳しくなり、オーバーステイ一日当たり500バーツの罰金もあり今ではほとんどなくなりました。
かつては東南アジア随一の経済力を誇ったフィリピン、高架鉄道を開通させたのは1984年でバンコクの15年も前でした。1992年、ろくな軍隊も持たないのに米軍を追い出したとたんに中国はスカボロー礁の領有権を主張、当時のコラソン・アキノ大統領は1988年に故郷の福建省の村で大歓迎され植樹までしています。昨年8月にはコラソン・アキノの息子で現大統領のベニグノ・アキノ氏も故郷を訪問。中国はフィリピンを懐柔しながら攻め込んでくる。フィリピンは権利ばかりを主張してストを頻発させ外資企業を撤退に追い込み、自国の産業を発展させるよりも安易な人材輸出に走り、その結果、いまでは輸出入の総額でタイの1/4、ベトナムの2/3という体たらく。GDPが半分のベトナムにまで出稼ぎに行くほど落ちぶれてしまった。
マニラのショッピングモールの巨大さはバンコク以上、その消費が海外からの送金頼りという不自然さにフィリピン人は慣れすぎてしまったようです。
沖縄の反米・親中国の論調を見ていると反日メディアの主導とはいえ自分の置かれた立場をわかっていない点ではフィリピンとなんら変わりがない。普天間基地の問題にしてもかつては基地の周りは空き地だらけだったのに、基地があることを承知の上で住み着いた人たちが文句を言うのはおかしい、とは誰も言わない。
フィリピンとともに中国の脅威に悩まされるベトナムは6月3日からアメリカのパネッタ国防長官の訪問を受け入れています。
アメリカと本気で戦ったベトナムだからこそアメリカの実力を知っている。長官は米軍の基地でもあったカムラン湾で補修のため同湾に停泊中の米海軍補給艦リチャード・E・バードを訪問。中国に対する牽制の意図がありあり。
そこに自衛隊の艦船でも停泊していればもっと効果的だったでしょう。慰安婦や南京事件で日本叩きに加担するのもアメリカならばシーレーン防衛の主体もアメリカ。アジアの安定とアメリカの反日勢力を抑えるためにも日本がシーレーン防御の前線に出る時期が来ているように思えます。
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声4)どなたかが既に投稿されてましたが、貴著新刊『中国が世界経済を破綻させる』(清流出版)は、まことに快著ですね。
中国経済のことと読み始めたら、はなしはいきなりユーロ危機に飛んで、先週来のギリシアからスペインへの危機の移動も、現地スペインの事情報告があり、米国大統領選挙のゆくえが日欧そして中国に与える影響、さらには北朝鮮の行く末まで。世界史的同時進行パースペクティブのなかに中国経済の興亡という貴論が展開されていて、きわめて博学になりました。
 世界経済をこのような巨視的な文脈から捉えると、過去に見えなかったものが見えてきたように思えました。
  (KY生、大阪)
@@@ @@@ @@@ @
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 宮 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の最新刊 
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『中国が世界経済を破綻させる』(清流出版、1680円)
 アマゾンから注文が出来ます ↓
  http://www.amazon.co.jp/dp/4860293851/


宮崎正弘のロングセラー
@@@@@@@@@@@
『国際金融危機 彼らは「次」をどう読んでいるか』(双葉社新書、840円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4575153877/
『2012年 中国の真実』(ワック、930円、新書版)
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316557/
『中国大暴走 高速鉄道に乗ってわかった衝撃の事実』(1365円、文藝社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4286114228/
『中国は日本人の財産を奪いつくす!』(徳間書店 1260円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4198631565/
『オレ様国家 中国の常識』(新潮社、1470円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4103290617/

  ♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ>
 +++++++++++
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『絶望の大国 中国の真実』(石平氏との対談。ワック、933円)
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との対談。徳間書店、1575円)
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
       ○○○ ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2012 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/06/04

    中国に関して言えばジャスミン革命なんて

    綺麗な名称ではなく、ドクダミ革命で宜しいのでは?