国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(イランがホルムズ海峡封鎖と脅迫)

2011/12/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成23(2011)年 12月28日(水曜日)
      通巻第3527号    <年末最終号>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 イランが国際社会を石油を武器に威嚇
 「もし西側が制裁するなら、ホルムズ海峡を機雷封鎖する」
****************************************

 イランの第一副大統領モハマド・レザ・ラヒミは「もし西側がイランを経済制裁するならば(対抗措置として)、ホルムズ海峡を機雷で封鎖する」と発言した(アルジャジーラ、12月27日)。

 イラン国営IRNAが報じたもので「一滴たりとも、ホルムズ海峡から原油タンカーを通過させない。敵の制裁目的は、この軍事的措置により潰えるだろう」
 或る意味で、この発言は軍事的威嚇。NY原油相場はたちまち1バーレル=100ドルを突破した。

 ホルムズ海峡を通過する石油は、じつに世界需要の三分の一を占める。
 日本に関して言えば60%前後はホルムズ海峡を通過するタンカーによる。もし、ホルムズ海峡が封鎖されるような事態となれば、世界で一番悪影響をうけるのは日本である。原油価格は1バーレル=150ドルを軽々と突破することになるだろう。

 ホルムズ海峡はわずか6・4キロという狭窄な海峡であり、ここを通過する原油とガスはイランのみならず、その奥にイラク、クエート、サウジアラビア、UAE,カタール、オマンがある。

 単なる脅しではなかった。
 イラン海軍は艦船ならびに航空機を駆使して機雷をばらまく訓練をしたのだ。「もっとも
イラン海軍は定期的に機雷封鎖訓練を行っており、今回が初めてではない」と軍事専門筋は分析しているものの、すでにテヘランの英国大使館を襲撃するという暴挙がおきており、英国は激怒してイラン大使館を閉鎖した。

 イラン議会の多くは、海軍の軍事行動を選択すべきではないとしている。
 イラン原油はEUが輸入する原油の18%、一日平均で45万バーレル。
 EUの参加国27ケ国で構成するEU閣僚会議は一月にもイラン制裁案を討議するが、まだ制裁の具体的内容は俎上に乗っておらず、さらに中国がイランに「激情にかられての軽率な軍事行動」を警告している。中国も日本についでイラン原油に輸入の20%程度を依存するからだ。
 
 世界の火薬庫はイラク、アフガニスタンからイランへ。
    ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の休刊)小誌は暦通り明日12月29日から1月3日まで休刊します。ただし1月1日は新年特別号を発行します。1月4日より通常通りです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ♪
宮崎正弘の新刊! 
売り切れ店がありますが、増刷は1月10日出来です
 『2012年 中国の真実』(ワック)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4898316557/(アマゾンは在庫切れ、新年10日入荷)
  定価930円、216ページ 新書版

   ♪♪
『2012年 中国の真実』の内容
――いよいよ中国バブルの大崩壊が始まった!
 ――がら空きの工業団地、幽霊屋敷のようなショッピング街、住民がいない団地!
 ――2010年、発生した暴動は18万件
 ――四大銀行の帳簿から80兆円の不良債務が突如として消えた
 ――GDP成長率はマイナス10%、インフレは16%が本当の数字
 ――次は人民元大崩落だ!
 もっとも先鋭的な中国経済、現場からの報告と未来展望!
△△
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
   Advertisement
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
   ♪
 <宮崎正弘のロングセラー> 
『中国大暴走 高速鉄道に乗ってわかった衝撃の事実』(1365円、文藝社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4286114228/
『中国は日本人の財産を奪いつくす!』(徳間書店 1260円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4198631565/
 『中東民主化ドミノは中国に飛び火する』(双葉社新書、880円)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4575153753/
『震災大不況 日本に何が起こるのか』(徳間書店、1260円)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4198631670/
『ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢』(並木書房、1470円)
『オレ様国家 中国の常識』(新潮社、1470円)

 ♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ>
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『絶望の大国 中国の真実』(石平氏との対談。ワック、933円)
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との対談。徳間書店、1575円)
 ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の休刊)小誌は暦通り明日12月29日から1月3日を休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−11 ◎転送自由。転載の場合、出典を明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • I6nImkeL2016/04/27

    You have shed a ray of sunhnise into the forum. Thanks!

  • 8pwe22011/12/30

    北朝鮮が核廃絶すれば、世界はずっと平和になる。

  • 名無しさん2011/12/30

    日帝が解体した?



    日本は解体していないんだが。むしろ、解体したのは朝鮮半島の国である。





    日本人民と沖縄人民??



    日本国民で両方の意味になる。国語力を磨くように。





    朝鮮人民とも団結?



    沖縄の米軍基地は北朝鮮からも守ってくれている。敵国と団結するバカはまともな日本人にはいない。

  • 名無しさん2011/12/30

    善良な多くの日本国民が朝鮮人にレイプされた事を思い出す必要がある。親北朝鮮国賊は恥を知れ!

  • 名無しさん2011/12/30

    また米帝の産軍複合体は戦争を始めようとしています。今度はイラン人民が標的です。かつて日本も経済封鎖で真珠湾攻撃を余儀無くされた。日帝が解体した事は自業自得だが善良な多くの日本人民が米帝に殺戮された事を思い出す必要がある。日本人民と沖縄人民は朝鮮人民とも団結し沖縄の米帝基地をイラン人民殺戮の為に使わせてはならない。対米従属派国賊は恥を知れ!世界人民に平和な年が訪れん事を。