国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(ウィキリークの中国機密暴露第貳弾)

2010/12/08


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)12月8日(水曜日)貳
       通巻3155号 (あの真珠湾から65年)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 もっと度肝を抜かれるウィキリークの中国指導部の赤裸々な発言
  こんどは李克強副首相「中国のGDPは作為された数字、信用に値しない」
****************************************

 みんな知っていることだけど、国家指導者がそこまで言って良いのか?
 前号では習近平のハリウッド映画大好きという「機密」を紹介したが、次なるは、その習のライバル=李克強副首相(次期首相に最有力。胡錦濤の右腕)に関する噂。

 ウィキリークは当時(08年四月)の在北京米国大使クラーク・ランディの国務省宛機密電報に書かれていたことを漏洩しているが、三年前、習錦平は浙江省書記だった。このときライバルの李克強は遼寧省書記だった。
 ランディ大使は李克強ともある晩、食事をともにした。

 李克強はこう言った。
 「中国のGDP統計は作為された数字であり、だからこそ信用できない」
 (うぅーん、小誌がいつも言ってきたことだけど、最高責任者が同じ台詞を吐いていたとはお釈迦様もびっくり仰天だ)。

 「あの数字がインチキなんて、なんとも驚くべきほどの率直な告白であろう」とランディ大使は打電した。「予想以上に現政治局トップらは率直であり、開かれている」という感想をつけて。

 またランディ大使の機密報告には李克強(現在副首相。政治局常務委員)に関して「オフィシャルな情報に依拠せず、情報アンテナを独自に張り巡らしており、国際情勢に正確に通じている」と評価し、また「李は自由貿易と法治を支持しており、遼寧省では教育の不備、貧富の格差、スラム街の最貧なる実態に関しても精通していた」と報告していた。

 「李克強の個人的趣味はウォーキングで毎日の日程に組み込んでいる」「最後の訪米は2001年のオクラホマできわめて印象深かったとも李は語った」。
 チベットの暴動は胡錦濤が最高責任者だったことも判明したが政治局で胡の方針に逆らう者は誰もいなかった、とも大使は機密報告のなかで述べていた。


 ▲「中国は覇権を求めていない」という人為的作文の読み方

 さて、この事実を把握してから次の公式発表を読むと、笑いがこみ上げてこないか。

 香港紙『明報』(12月7日)が下記を報じた。
 「国務委員の戴乘国は中国は平和を目指しており、決して米国に代替するような世界覇権をもとめず、外国が中国に反対して結束する必要はない、と外交路線を発表した」(拙訳)。

 戴国務委員は次のように続けた。
 「中国は独特の社会主義を掲げているが対外的に社会主義を輸出していないし、経済的にも一国の繁栄ではなく世界同時繁栄を希求しており、また軍事的にも覇権を追求していない。国際的に「中国はホンネを隠している」などとする論説があるが、中国の平和路線は明白であり隠し事はなく、陰謀を企んでいることもない。トウ小平同志が言い残したように我が国は目立たず、拡張せず、覇権を求めず、ひたすら平和を願って行動しているのも中国が世界に対して責任を全うしているからだ」トサ。
    ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆西村真悟のコラム  ★西村真悟(前衆議院議員)のコラム☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

西村真悟のコラム 
☆★☆★☆★☆★

コミンテルンは生きている
                      


 中国共産党の独裁国家中共は、当然、共産主義を信奉する国家である。従って建前は、マルクス、レーニン、毛沢東主義を掲げている。
 そこで、中国共産党の幹部連中であるが、彼らにとって、二十世紀前半から断絶することなく続いている「共産主義運動」の方式とは何か。また、彼ら共産主義者から見て、我が国の民主党と菅内閣は如何に映っているのか。これらのことに思いを巡らせているとき、浮かんだ言葉は、コミンテルンであった。

 思えば、ソビエトが崩壊して中共が改革開放路線に転換して、守銭奴のようになっているので、過去の概念だと思いがちであるが、中共は、建前では、依然として共産主義を標榜しているのである。そして、彼らが権力を握った方式は、国際共産主義運動の指令に基づく方式であった。この国際共産主義運動がコミンテルンである。
 他方、菅内閣の、菅、仙石とは何か。これらも、コミンテルンの影響下に学生生活を送った、正真正銘の左翼である。
 ここから、中国共産党幹部が、菅内閣を如何に位置づけているのかが分かる。つまり、中共の連中は、菅、仙石をコミンテルンの手下と見ているのだ。これが、九月以来明らかになった中共幹部の我が国に対する傲慢な態度を生み出した。

今日は、このコミンテルンについて短文ながら書いておきたい。日常忘れているが、コミンテルンはつい最近まで我が国をも突き動かしていた共産主義運動である。そして、気がつけば、この運動のなかで育った左翼が、我が国の政権にありついている。まさに、コミンテルンの運動方式が、我が国で成功しているのだ。

思い返せば、私が大学に入学したのは、昭和四十三年だった。その時既に大学紛争に火がついており、大学は左翼一色だった。入学式当日には、全入学生に「マルクスの資本論」の共同購入申し込み用紙が配られた。
学生は、すぐその色に染まって、「紅萌ゆる」という第三高等学校寮歌を歌うよりも、「インターナショナル」を歌うようになった。私などは、校庭で「軍歌」を、「あー、あー、大君に召されたるー」と歌っていて笑われた。

この雰囲気のなかで、コミンテルンという言葉と運動は、日本の革命を目指す指針として語られていたのだ。菅、仙石は、その時この雰囲気に生きて数年を経ていた。
さて、コミンテルンは、第二インターナショナル解体後の一九一九年三月、モスクワで結成され、一九三五年まで第七回の大会を行った。別名、第三インターナショナル、共産主義インターナショナルともいう国際的共産主義運動である。
 何故、前進の第二インターナショナルが解体されたのか。その理由は、第二インターが、第一次世界大戦において各々の母国を支持したからである。従って、この経験を経たコミンテルンの運動方針には、国家の解体が強調されている。

コミンテルンの運動方針は次の通りである。
「世界のブルジョアジーを打倒するために、さらに、国家の完全な廃止に向けての過渡的段階としての国際的ソビエト共和国の建設のために、軍事力を含むあらゆる可能な手段によって戦う」
 現在は、この方針のなかの「国際的ソビエト共和国」のところを「中華人民共和国」に入れ替えればよい。ソビエト崩壊後は、中共がこの運動の承継者だからである。
 つまり、現在は、各国の共産主義者は、「国際的中華人民共和国」建設のために戦うべし、というのがコミンテルンの方針となる。

このコミンテルンは、昭和に入って、第六回と七回の大会で、「共産主義者は各々の自国を戦争で敗北させること、敗戦から内戦を起し、内戦から革命に移行せよ」と指令し、次に、「共産主義者は身分を隠してブルジョア組織のなかに潜入し、統一戦線(フロント)を結成せよ」と指令する。

中国共産党と毛沢東は、このコミンテルンの指令通りの謀略を展開して権力を握った。即ち、内戦から国共合作、抗日民族統一戦線、また内戦そして革命成功というプロセスである。
そこで、注目すべきは、このコミンテルンの全ては中華人民共和国建設のためにというスローガンと、中国が世界の中心だという伝統的中華思想は見事に一致するということである。
これが、中共の、他国の国境を平気で無視し何でもできると思いこんだ傲慢な態度の原因である。

今度は、我が国の民主党と菅内閣に目を転じよう。まず鳩山由紀夫という御仁の言動。
「国民というより市民といいたい」、「日本は日本人だけのものではない」、「東アジア共同体」・・・これらは全て、日本の国家の枠組みを取り除こうとする言動である。

菅氏は、いわずと知れた「市民運動家」で、仙石氏は「地球市民」を目指している。
では、この彼ら三名が期せずして強調する「市民」とは何か。それは、「国民」に対立する概念である。つまり、彼らは、国民と国家を否定するために「市民」という言葉を多用しているのだ。従って、彼らには、「国民」が無いのであるから、外国人が我が国の参政権を行使するのは当然のこととなる。さらに、「国家」を護る軍隊また自衛隊は、有害な暴力装置ということになる。

ここにおいて、「国家の完全な廃止に向けて」というコミンテルンのテーゼを思い起こせば、彼ら三人の言っていることは、国家否定のコミンテルン指令そのものではないか。また、民主党のいう「ポストモダン」とは、何も新しいものではなく、コミンテルンの「国家の完全な廃止」を指向するものである。

次に、コミンテルンの「共産主義者は身分を隠してブルジョア組織のなかに潜入せよ」という指令に着目したい。
鳩、菅また仙石は、各々民主党という身分を隠すための徒党に入ってから、共産主義者から見ればブルジョア組織そのものの日本国政府のなかに潜入し、今や総理と官房長官としてそのヘゲモニーを握ることに成功している。
 そして、我が国の防衛予算を削減し、基地移転問で日米の信頼関係をずたずたにし、盛んに官僚批判を続けて我が国の統治機構を弱体化させ、外国人参政権を推進して内政干渉を合法化し、北朝鮮労働党の日本国内の宣伝洗脳機関に税金を与え、悪質な中国船長を釈放して我が国の法秩序を無視して中共に屈服し、夫婦別姓を推進して我が国の伝統的な家族のあり方を解体させようとしている。

菅そして仙石両氏は、ここにおいても、コミンテルン指令を忠実に実施している共産主義者、コミンテルンの本家である中国共産党から見れば、忠実な手下そのものであると言える。


菅氏が特に気に入っている千葉景子という人物の思考回路に触れたい。
 この者は、法務大臣の時、死刑には反対だが、死刑を見ておく必要があると勝手に思いこんで二人の死刑を執行させた。これは、共産党独裁国家で今も続く見せしめのための「公開処刑」の発想である。
死刑を執行された二人の囚人は、死によって罪を償うためではなく、この千葉という人物に自分が殺されるところを公開させるために殺されたのである。何と哀れか、可哀想ではないか。これが、法治国家なのか。

これは、死刑執行という法治国家の形式を借りた殺人の公開ではないか。そして、このことを平然と実行し、「人が殺されるところを見学した」千葉景子という人物の思考回路こそ、ブルジョア組織のなかに潜入してブルジョア組織を破壊する左翼コミンテルンの典型だと指摘しておきたい。
以上の通り、コミンテルンの指令は、現在の鳩山そして菅内閣によって我が国で実現されている。

従って、この民主党内閣はコミンテルンの指令の下にあり、必然的にコミンテルンの本家である中国共産党に吸収されていく。 ということは、日本国民は、民主党内閣が続く限り、中共の我が国に対する無礼な脅迫と恫喝を受けねばならないということである。そして、この事態に至った病根は深く、それは、二〇世紀の世界に惨害を及ぼした国際共産主義運動に源がある。

共産主義、コミンテルンと戦う必要があったのは、二〇世紀だけではない。今も我が国は、コミンテルンと共産主義者に歴史観を奪われたままである。
従って菅内閣をはじめとする二〇世紀から持ち越されたコミンテルンの残滓を一掃するための、我が国の国体を護る徹底的な戦いを今こそ始めねばならない。
(了)

(にしむらしんご氏は前衆議院議員。著作多数)
    ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ DOKUSHANOKOE 読者の声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)米中接近の歴史を語る資格もないが、キッシンジャーが関係している。頭超えされた日本政府のその後の対中姿勢も情けない。
べトナム戦争で疲弊した米経済が1の理由。ニクソンは、通商を始めれば中国を宥和できると考えたようです。それが2の理由。
老獪なトウ小平はこれを好機とみた。カーター、レーガン時代、円借款などで、中国にインフラ整備が進む。カネに汚いクリントンは、天安門事件にも拘わらず、MFN(最恵国待遇)を与えた。
アメリカが自由民主主義運動を無視したとなりますね。
これで中国共産党が増長しないわけがない。さて、2010年も終幕のとき、そのアメリカにも、中国の自国中心主義に嫌気が差したようです。ニクソン以来の目論見がみごとに外れたわけだから。
英国も日本もオーストラリアなどの経済小国も、このUSの対中宥和政策に翻弄された。だが軌道修正はついに始まったと考えます。今、USは、北朝鮮を中国に押し付けようとしている。“少なくとも、北朝鮮はおまえがやれ!”と。それにしても日本の為政者らは、いったい何を考えているんでしょうかね?
ところで『フォーリン・アフェアズ』にでた「チャイナの挑戦」を読んで下さい。オバマが大統領となった頃、フォーリン・アフェアズは親中派だった。だが、ついに警告を出した。
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
  (伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)なにも考えていないのですよ。それが問題なのです。
後節の当該雑誌はエリザベス・エコノミー女史の所論ですね。彼女は女性研究者として中国の軍事戦略をカバーする希有の論客として知られ、“アメリカ版・櫻井よしこ”というところでしょうか。
二年前、エコノミー女史が来日された折、小生も一度会ったことがあります。



  ♪
(読者の声2)貴誌にでた宮崎さんの台北取材日記、丁寧に二回読みました。あ、これが足で歩く取材なんだという感じ。ホテルの部屋にゲストにきて貰った話を聞くような横着な某テレビジャーナリストとはまったく異なって、生の情報というのは、第一に豊富な人のネットワークなのですね。
 また宮崎さんが台北でお会いになった人の名前のなかには著名な人も多いですが、わたしの知り合いもいて、急に親しみを覚えました。
    (NG子、横浜)


(宮崎正弘のコメント)若い頃は午前二時まで呑んでいましたから、いま、台湾でも午後十一時前にホテルに帰って寝るなど、ちょっと昔は考えられないことです。ただし、その分、早起きではありますが。



  ♪
(読者の声3)貴誌3153号にでた袁紅冰さんのご意見は、敵を知るという意味での高度なモノとして参考になります。あくまでも参考に、、、。
中共打倒には、中朝戦争が最も近道で確実だと思っています。
それも現実味を帯びてきておりますので、そうなった場合の宮崎先生のご意見はいかがでしょうか。
田久保忠衛さんのように「仮想にもとづいたことに対して意見を述べることは出来ません」と言われるかもしれませんが、重要で身近な現実となっています。
(keishy)


(宮崎正弘のコメント)もし、そうなれば或いは日本が立ち直る千載一遇のチャンスとなりうると思います。



  ♪
(読者の声4)日曜日の日米安保50年特集を病棟の休憩室で食い入るように見ました。
改めて鳩山前総理の沖縄での普天間基地県外移転の発言ビデオを見ると怒りがこみ上げてきます。
国家の最高責任者として、何の勝算もなく気分で発言したのでしょうか?
とんでもない「から手形」を振り出して。日米同盟関係を混乱させて日中戦争まで引き起こしかねない尖閣問題やロシア大統領の北方領土訪問などを引き起こしています。
おまけに厚生労働省をさんざん引っかきまわした「ミスター年金」こと長妻某は何をしたのでしょうか?
唯一確認できたことは、職員の定時退社と食堂を早めに閉めること。開いているのは地下のコンビにだけになりました。国家公務員が普通のサラリーマンに成り下がりましたね。本社がこれだけ没落すれば支店の士気が上がるはずがない。市町村では伝統行事が次々事業仕分けで中止や延期が相次いでいる。
本当に民主党は「ばか者集団」である。
  (つけめんだいおう)


(宮崎正弘のコメント)国民の大多数が保守回帰なのに、今度は社民党と再接近という、左翼バネへの回帰をやっていて、逆噴射ですかね。いまや日本は“菅”没(陥没)です。



  ♪
(読者の声5)「教育勅語渙發百二十年記念講演會」が開催されます。
《開催趣旨》明治二十三年十月三十日、明治天皇より教育勅語(「教育ニ關スル勅語」)が下賜されて百二十年。この節目の年に當り、別記次第により記念講演會を催します。
講師にお招きするのは尊皇文武の志士として、知る人ぞ知る森田忠明氏です。森田氏の志士たる信條・氣風・見識を吐露した著作は、歌集を含めていろいろありますが、中でも異彩を放つのが『教育勅語いま甦る―逸話に學ぶ大和ごころ―』(財團法人日本精神修養會發行)です。上下二卷計七百五十頁のこの大册は、學校法人日本航空學園の教材として平成二十年に出版されたものであり、市販されてゐないのが殘念ですが、教育勅語の解説書としては比類がありません。
教育勅語の渙發は、歐米文物流入の中で道徳が輕視され國民思想が混亂する時代風潮を深く憂慮された明治天皇の聖旨が結實したものと申せませう。以來百二十年、同樣の時代風潮は遥かに惡化した樣相で祖國を覆ひ盡し、亡國の慘状を呈してゐます。今日ほど教育勅語の精神が見直されるべき時はありません。その見直しの最適任者の一人が森田樣であります。有志各位の御來席をお待ちしてゐます。
平成二十二年十二月吉日

《主催者及び呼掛人》 教育勅語渙發百二十年記念講演會實行委員會( 魚谷哲央・四宮正貴・中村信一郎・福永武・藤本隆之・三澤浩一・小川力・小田内陽太(正五十音順)
   記
【日 時】十二月十九日(日曜)十四時〜十六時半
【會 場】靖國會館二階 田安の間
【講 師】森田忠明樣(東京文武館館長 日本歌壇代表)
【演 題】教育敕語の現代的意義
【參加費】千圓
【問合せ】090−4815−8217(中村)
【申込先】參加申込みはFAX又はEメイルにて下記宛に(但し定員になり次第締切り)
  FAX:03−3712−8862(電話兼)
  Eメイル:nakasin@pop11.odn.ne.jp 又は caq97080@pop11.odn.ne.jp

〔講師略歴〕 昭和二十四年兵庫縣生れ。國士舘大學政經學部に學び、東亞學院中國科卒業。陸上自衞隊勤務後、文筆業に從事、傍らガイドとして中國大陸を巡る。平成十二年、國士養成を目的に山梨縣に森田塾を創設、二十年一月玉鉾書院に改名。機關誌布衣之風發行。櫻風歌會主宰。千三歌會講師。在野活動網國民行動幹事。皇居勤勞奉仕團體玉鉾奉仕團團長。大詔奉戴祭竝びに天長節を祝ふ會實行委員長。
〈著書〉『獄中ナンバー689』、『憂國と望郷―昭和浪人逍遙賦』、『まづ一獻―荻窪醉夢談』、『颯颯と―森田忠明隨筆集』〈共著〉『國風―戊寅合同歌集』、『長城―甲申合同歌集』、『國士内田良平―その思想と行動』。



  ♪
(読者の声6)佐賀県ならびに北九州方面の読者の方へ。
 「佐賀土曜セミナー」のご案内です。
とき   12月11日(土曜)午後二時
ところ  佐賀市天神 アバンセホール
http://www.chizumaru.com/czm/objlist-41G0309X469059.709Y119724.006S500D72f@002454.htm

講師   佐々淳行(初代内閣安全室長)
演題   「菅内閣と日本の将来」
入場無料  どなたでも予約無しに参加いただけます。
お問い合わせ 0952−23−5020(松永)
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
番組名:「闘論!倒論!討論!2010 日本よ、今...」 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

桜チャンネルよりお知らせ
@@@@@@@@@@@@

 下記の特別番組があります。インターネットでも後日閲覧できます!
     記
テーマ:「経済討論第15弾!2011年 どうなる!?日本と世界経済の行方」

放送予定日:平成22年12月11日(土曜日) 20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!217チャンネル)
インターネット放送So-TV(http://www.so-tv.jp/

<< パネリスト:(50音順敬称略) >>
小黒一正(一橋大学経済研究所准教授)
小山和伸(神奈川大学経済学部教授)
田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
三橋貴明(作家・経済評論家)
宮崎正弘(拓殖大学日本文化研究所客員教授。評論家)
司 会: 水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆★☆★☆★☆★ サイト情報 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
日米韓外相会談
(1)前原大臣、クリントン国務長官、金星煥韓国外交通商相の日米韓3カ国外相は12月6日、ワシントンで会談し、共同声明の中で、3カ国は共通の価値観を持つ主要経済国として、アジア太平洋地域および世界の安定と安全保障を維持する理念と責任を共有するとした。
共同声明 Trilateral Statement Japan, Republic of Korea, and the United States、U.S. Department of State, December 6, 2010
http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2010/12/152431.htm
(2)記者会見
http://www.state.gov/secretary/rm/2010/12/152443.htm
(3)会談前の3カ国外相の発言 
http://www.state.gov/secretary/rm/2010/12/152423.htm
(4)国務省国際情報プログラム局の記事
http://www.america.gov/st/peacesec-english/2010/December/20101206171014nehpets0.7018396.html
    ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@ ☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★ @@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
< 宮崎正弘の最新刊 >
 『上海バブルは崩壊する』(清流出版、1680円)
 http://www.amazon.co.jp/dp/486029341X/
 (↑ アマゾンから入手できます!)

♪♪
< 宮崎正弘のロングセラーズ >
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/12/08

    次期衆議院選には西村先生を必ず当選させましょう。彼こそ日本を真剣に思っている政治家はいない。

    以上

  • 名無しさん2010/12/08

    「あれ〜〜〜、中国人がアメリカの技術使って日本の資源をストローでちゅーちゅーしちゃってるよ〜〜〜」



    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1309796.html

    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1309799.html

  • 名無しさん2010/12/08

    何も考えていないから、何も言えない日本、本当に怖いことです。

  • 名無しさん2010/12/08

    西村真吾先生の特別寄稿大変参考になりました。ありがとうございました。

  • YK2010/12/08

    <教育勅語いま甦る―逸話に學ぶ大和ごころ>は日本航空學園へ御願いすれば購買可能です。小生は半年ほど前に購入しました。是非皆さんも手にとって御読みください。良書です。