国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2010/11/25


 きょうは三島由紀夫没後四十年 追悼会の日です
  午後五時から九段会館大ホールで「憂国忌」が開催されます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)11月25日(木曜日)
       通巻3143号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 猛烈インフレが中国を襲っている。暴動と社会擾乱の原因はつねに物価狂騰にあり
   天安門事件直前にも28%の猛烈インフレに襲われていた
****************************************

 何が直接のきっかけとなったかは後の世の経済史家の研究に委ねることにしよう。
 1988年、中国のインフレは18・8%を記録した。
「89年六月までにインフレは28%にも膨らみ、それが天安門事件へと繋がる一因となった。学生、労働者らの不満は自由、平等を求める胡耀邦追悼だけがきっかけではなかった」(ロイターのコラムニスト、ジェイムズ・サフツ、ITI、11月24日付け)。

 2010年10月の物価上昇は中国の公式統計で4・4%。ところが野菜、生鮮食料品は62%平均で暴騰しており、たとえばキムチは韓国への輸出急増が原因だから、輸出をやめろという声も上がる。
 
 伝統的漢方薬も50%から100%、価格が高騰している。
 社会不安、社会擾乱、インフレは中国の為政者の強敵、過去にも王朝がひっくりかえる最大要因となった。

 庶民の不満は物価騰貴の原因より、腐敗と富裕層への憎しみに転化する。物価高騰が生活を貧窮させている一方でBMWやベンツを乗り回して高級レストランで食事をし、美女とホテルで戯れる富裕層への憎悪が拡大する。
 ガス抜きに「反日」を利用したが、これも効き目なく、逆効果だ。

 企業は賃金アップを認め、政府は最低賃金を嵩上げしたが追いつかない。いや、経済原則から言っても賃金上昇がインフレに追いつける筈がないのである。


 ▲食品高騰の背後にも投機集団がいる

 今回のきっかけをFRBの通貨拡大政策に求めるエコノミストもいる。
 FRBは6000億ドルを注入して長期国債を購入すると発表するや、ドルは減価した。
ドル安とアメリカの輸出競争力アップを狙っての措置だが、これが人民元に跳ね返る。人民元はドルとペッグしているため、対円、対ユーロに対しても安くなる。

 それはたしかに中国の輸出競争力を増すが、輸入物価を押し上げる。とりわけ原油、ガス、石炭さえも中国は一部を輸入し、さらに牧畜、畜産業に欠かせない配合飼料は米国からの輸入。トラクターも苗も種子も、そして穀物野菜生鮮食料を運搬するトラックのガソリンも高騰し、悪性のスパイラルは諸物価高騰となる。
 円高デフレに悩む日本と正反対。人民元安はインフレを運ぶのだ。

 そのうえ、中国的特質とは、「投機」である。
すなわち昨今の食料品高騰は、背後に投機集団が存在し、猛烈な物価高騰を仕掛けていることだ。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
憂国忌のお知らせ 憂国忌のお知らせ 憂国忌のお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 三島由紀夫を通して日本を考える機会です!
■憂国忌のお知らせ
 >>>>>>>>>>><<<<<<<<<<<
  ♪
いよいよ本日です!

第四十回 三島由紀夫氏追悼会
 『憂国忌』
 ――三島由紀夫を通して日本を考えようーー
   たとえ大雨でも雪がふっても命日に憂国忌は行われます!
        記
 と き   11月25日 午後五時(四時開場)
 ところ   九段会館大ホール
 http://www.kudankaikan.or.jp/access/index.html
 会場分担金 1000円(記念冊子を差し上げます)
   記
 プログラム
第一部鎮魂祭(齋主 乃木神社宮司。祭主 松本徹)1700−1755
第二部シンポジウム 『没後四十年 日本はここまで堕落したか』 
<1810−2010を予定>
井尻千男、遠藤浩一、桶谷秀昭、西尾幹二(司会 宮崎正弘)
  
当日会場ではロビィに関連グッズの展示。また関連図書の頒布があります。とくに入手の難しくなった森田必勝遺稿集『わが思想と行動』、弊会編『憂国忌の四十年』、鼎書房の『三島由紀夫研究』などが頒布されます!

 どなたでも予約なしで参加できます。あの驚天動地の三島事件から四十年、追悼儀式のあと、明日の日本を御一緒に考えましょう!
 ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は26日から12月2日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
<< サイト情報 >>
オバマ大統領は11月19と20日、ポルトガルのリスボンで開催された北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議に出席。欧州連合(EU)との首脳会談も行った。NATO首脳会議では、アフガニスタンの安定化や、ミサイル防衛システム、NATOとロシアとの協力関係強化についてが話し合われ、サイバー攻撃や核拡散などの21世紀の脅威に対処するための今後10年間の「新戦略概念」を採択した。
(1)首脳宣言 Lisbon Summit Declaration、 North Atlantic Treaty Organization, November 20, 2010
http://www.nato.int/cps/en/SID-3EABED20-F3AAEA7E/natolive/official_texts_68828.htm   
(2)NATOの防衛と安全保障に関する「新戦略概念」
Strategic Concept for the Defense and Security of the Members of the North Atlantic Treaty Organisation、Adopted by Head of State and Government in Lisbon
http://www.nato.int/lisbon2010/strategic-concept-2010-eng.pdf (PDF 131 KB, 11p.)
(3)ホワイトハウスのファクトシート
Fact Sheet: President Obama’s Participation in NATO Summit Meetings The White House, November 20, 2010 
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2010/11/20/fact-sheet-president-obamas-participation-nato-summit-meetings-lisbon 
(4)NATO首脳会議後のオバマ大統領の記者会見
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2010/11/20/press-conference-president-after-nato-summit   
(5)米EU首脳会談後のオバマ大統領の声明
Statement by the President at end of the EU-U.S. Summit
The White House, November 20, 2010 
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2010/11/20/statement-president-end-eu-us-summit   
(6)NATOに関する国務省のサイト
United States Mission to NATO、U.S. Department of State
http://nato.usmission.gov/   
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 METOROPOLITAN TV
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
東京メトロポリタン・テレビからお知らせです。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「西部邁ゼミナール―戦後タブーをけっとばせ」が放映されます。
〜〜「友愛の海」か「紛争の海」か―日中関係のゆくえ
11月27日土曜日 午前11:00〜11:30
 28日 日曜日7:30〜8:00(再放送)
 出演 宮崎正弘、西田昌司、富岡幸一郎、西部邁ほか。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  ((((((((((((((((((((((((((((((  宮  )))))))))))))))))))))))))))
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
<宮崎正弘の最新刊>
 『上海バブルは崩壊する』(清流出版、1680円)
 http://www.amazon.co.jp/dp/486029341X/
 (↑ アマゾンから入手できます!)


<宮崎正弘のロングセラーズ>
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。